アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

ストーカーのスピリチュアル

 三鷹女子高校生殺害、またも起きてしまったストーカーによる悲劇に対し、スピリチュアルの観点からストーカー行為を考えてみました。もちろん、私は、心理学者でも精神科医でもない、外科医ですので素人の域を出ないことをご容赦下さい。


◇ストーカーの概要

1.定義

 現在、ストーカー(stalker)とは特定の他者に対して執拗に付き纏う(まとう)行為を行う人間のことをいい、その行為はストーカー行為あるいはストーキングと呼ばれます。現在と申しましたのは、この呼称は1990年代より定着したものであり、以前は「痴情のもつれ」のような表現だったようです。

2.発生件数の推移

 現代で言うストーカー行為およびそれに伴う悲劇に該当するものとして、昭和6年の埼玉県の14歳女子学生、昭和19年同性愛者の男性、昭和22年栃木県の女性などが挙げられ、必ずしも最近になってから発生したものではないようです。被害届け出や警察への訴え件数は確実に増えておりますが(図1)、概念が確立してきて、盛んに報道されるようになり、若者の認知度が上がったためとも考えられ、水面下も含めた実際の件数が増加しているかは不明です。

ストーカーDV件数
図1.認知されたストーカーおよびDV件数の推移

3.ストーカー行為の分類

 2000年(平成14年)に制定されたストーカー規制法の定義では、ストーカーとは同一の者に対し、つきまといなどを反復してする者を指し、ここで言う「つきまといなど」とは、「恋愛感情その他の好意」や「それが満たされなかったことに対する怨恨」により、相手やその関係者に以下のいずれかの行為をすること、とされています。

【ストーカー規制法に示されたストーカー行為】
 1号:つきまとい・待ち伏せ等     7607人(51.3%)
 2号:監視していると告げる行為    1092人( 7.4%)
 3号:面会・交際の要求        7738人(52.2%)
 4号:乱暴な言動           3069人(20.7%)
 5号:無言電話・連続電話       4453人(30.0%)
 6号:汚物等の送付           139人( 0.9%)
 7号:名誉を害する行為         793人( 5.3%)
 8号:性的羞恥心を害する行為      987人( 6.7%)
 同法で規制されていない嫌がらせ行為   294人( 2.0%)


◇ ストーカーの背景

1.年齢/性別

 ストーカー事例の年齢は、被害者は20歳代(35.0%)と30歳代(29.2%)、40歳代(16.5%)を合わせて8割(80.7%)を占め、10歳代、50歳代、60歳代、70歳代以上はそれぞれ10%未満であります。一方、加害者は30歳代(25.7%)が最も多く、20歳代(18.4%)、40歳代(18.1%)、50歳代(10.7%)と合わせて7割(72.9%)を占め、10歳代、60歳代、70歳代以上はそれぞれ10%未満で、年齢不詳が16.7%とのことです(図2)。

ストーカー被害者と加害者の年代別
図2.ストーカー被害者/加害者の年齢

 性別は、大方の予想通り、被害者は女性、加害者は男性が優位に多くなっております。具体的には、下表の如く平成24年の被害者は男性206人(14.3%)、女性1231人(85.7%)であり、加害者は男性1198人(83.4%)、女性195人(13.6%)、不明44人(3.0%)でありました。

【ストーカー被害者/加害者の性差】
ストーカー性別

2.ストーカー行為発生前の関係

 ストーカー事例の被害者と加害者の関係は、交際相手(元含む)の51.5%、配偶者〈内縁・元含む〉の8.2%を合わせて、恋愛関係がほぼ6割(59.7%)を占め、知人友人(10.5%)、勤務先同僚・職場関係者(8.7%)、密接関係者(3.0%)まで含めて、顔見知り、人間関係のあるものが8割(81.9%)とのことで、近隣居住者、タレントのファンなど(4.2%)、面識のない相手(5.6%)、行為者不明(8.3%)は、合わせて2割に満たない程度(18.1%)であります(図3)。

ストーカーの前の関係
図3.被害者と加害者の関係

3.動機

 ストーカー行為の動機は以下の通りで、好意の感情(62.9%)、好意が満たされず怨恨の感情(25.6%)で88.5%を占めます。

【ストーカー規制法に抵触する動機】
 ・好意の感情             9322人(62.9%)
 ・好意が満たされず怨恨の感情     3791人(25.6%)
 ・精神障害(被害妄想含む)       71人( 0.5%)
 ・職場・商取引上トラブル        8人( 0.1%)
 ・その他怨恨の感情           75人( 0.5%)
 ・その他                154人( 1.0%)


◇ ストーカーの心理(福島章 氏)

 精神科医の福島章氏はその著書の中でストーキングを行う者の心理を以下の5つに分類して考察してます。

 *****

1.精神病系

 精神病によって抱く恋愛妄想、関係妄想によってストーキングを行う。現実には自分と無関係の、スターに付き纏うようなタイプが多い。警察庁の統計によれば、ストーカーに占める精神障害者の割合は0.5%である。

2.パラノイド系

 妄想によりストーキングを行うが、妄想の部分以外は正常で、話すことは論理的で、行動は緻密であることが多い。現実の恋愛関係の挫折による付き纏い行為もあるが、現実には自身と無関係の相手に付き纏うタイプが多い。

3.ボーダーライン系(境界人格障害)

 性格は外交的・社交的で、「孤独を避けるための気違いじみた努力」が特徴で、病気ではなく、人格の成熟が未熟で、自己中心的で、他人・相手の立場になってみてものを考えることが出来ないタイプで、このタイプの人は精神医学の専門家でない人が想像するよりも世の中に多いという。人間関係は濃く、相手を支配しようとするところに特徴があるという。

4.ナルシスト系(自己愛性人格障害)

 自信・自負心が強く、拒絶した相手にストーキングするものが多く、行動的な分類からは「挫折愛タイプ」に属するものが多い。現実の人間関係は深い。

5.サイコパス系(反社会的人格障害)

 被愛妄想を持つ(相手が自分を好きであると信じる)のではなく、自分の感情・欲望を相手の感情と無関係に一方的に押し付けるタイプで、性欲を満たすための道具として相手を支配するものが多い。「凶悪・冷血な犯罪者」、「典型的な犯罪者」というイメージが特徴で、人間関係は強引で、「相手に取り憑く能力を持っている」ことが特徴であるという。

 *****


 福島氏は、上記タイプの中で、男女を問わずストーキングを受けた者が最も困難に陥れられるのはボーダーライン系(境界人格障害)であると述べており、これは精神障害の診断と統計の手引き(DSM)の中で、演技性人格障害・自己愛性人格障害(ナルシスト系)・反社会性人格障害(サイコパス系)とともに「不安定なグループ」に分類されます。

 ボーダーライン系(境界人格障害)が最も困難

 さらに福島氏は、ストーカーの一般的特徴として「被愛妄想(エロトマニア)」という言葉を挙げています。自分が相手を好きという感情は、どんなに強くても恋愛感情であって恋愛妄想ではありません。被愛妄想(エロトマニア)とは、自分が相手に愛されているものだと曲解する、極度の妄想癖を持った精神病のことであり、この症状を分析した精神科医の名前から別名「クレランボー症候群(Clérambault's syndrome)」とも言われています。

 被愛妄想(エロトマニア)= 自分が愛されていると曲解

 また、ストーカーの一般的特徴は、拒絶に対して過度に敏感な反応を示し、すべてのタイプに共通して、相手の感情に想像力を働かせず、甘え、思い込み、欲求不満を攻撃に替えて解消する、というところだと指摘しています。

 拒絶に対して過度に敏感な反応
 相手の感情に想像力を働かさない
 甘え、思い込み、欲求不満を攻撃に替えて解消



◇ ストーカーの心理パターン(ミューレン)

 オーストラリアの医師でストーカー研究の第一人者であるミューレンの説に基づくストーカーの心理パターンを4つに分けて紹介されていたので引用いたします。

 *****

1.拒絶型

 元恋人や元妻から拒絶されたことでストーキングをするタイプで、一番多いタイプでもある。2012年に発生した逗子での殺人事件も拒絶型のストーカーによって行われたと考えられている。拒絶型は最初によりを戻そうとする行為をとることもあるが、最終的には自分をふった相手に対して復讐をするようになっていく。心理的な背景には相手への執着心、自尊心を傷つけられた被害者意識、関係喪失をつなぎとめる為の悪あがき等の要素が複雑に絡んでおり、傷害事件や殺人事件に発展してしまう危険性が一番高いタイプ。

2.憎悪型

 あまり親しくない人やほとんど知らない人に対して、相手に恐怖や混乱を与えることを目的としてストーキングを行うタイプが憎悪型である。ストーキングを起こすきっかけになる出来事(ささいな被害を相手からうける)を通して自分は被害者なので、ストーキングは当然という風に正当化し、日常のストレスや不満をストーキング対象にぶつけるタイプが憎悪型である。

3.親密希求型

 親密希求型は相手と相思相愛になることを目的とし、一方的に自分の好意を押し付けてくるタイプである。ストーキング対象を過度に理想の相手と見なし、自分の孤独感や窮状を救ってくるのは彼女(彼)しかいないという考えに取り付かれ、ストーキング対象に保護者的な愛情を求めているパターンが多い。ストーキングを孤独感からの逃避手段として行っている傾向が強い。

4.無資格型

 人格障害などの精神的な疾患が原因で、相手の立場を理解することができずに自分の欲求を相手にぶつけるためにストーキングをするタイプが無資格型である。ストーキングすることに対して罪悪感はなく、相手は自分の欲求に答えるのが当然であると考えている身勝手なタイプともいえる。

 *****



◇ ストーカー男性の特徴

 犯罪心理学者の越智啓太氏が、加害者として頻度の高い男性に限り、ストーカーとなる人物像を紹介していましたので要約いたします。


1.見栄っ張りだが女性からモテなくはない

 男性ストーカーと言えばモテないから女性への執着心が強いと思われがちですが、越智氏によると、実はストーカー男は必ずしもモテないわけではないとのことです。ストーカー男の特徴として見栄っ張りという点が挙げられ、実際以上に自分をよく見せることに余念がないそうです。ストーカー男の見せかけの魅力にだまされる女性もいるとのこと、、、。

2.同年代や年上の同性からは敬遠される

 ストーカー男は見栄っ張りなので自分を大物に見せる嘘をつく傾向があり、その虚勢を見て「この人すごい!」と錯覚する女性はいるかも知れません。しかし、同年代および年上の同性からすれば、ストーカー男は単なる「鼻持ちならない奴」でしかありません。一方、年下の同性からはストーカー男の大風呂敷が通用する余地があり、また、ヨイショされるのに気を良くして、奢ってあげたり面倒見がよかったりする一面もあるので、後輩や下級生にはウケが良いとのことです。

3.自己愛が強い

 ストーカー男が、自己愛が強いことはよく言われます。「自分は特別な存在」という意識があり、自分以外の人間の長所を認めることができないとのこと、、、。自分が褒められると単純に喜びますが、他人が褒められると機嫌が悪くなるそうです。

4.交際相手の過度の束縛

 元交際相手に執拗にメールや電話をするというのは典型的ストーカー行為、これは別れをきっかけ始まるわけではなく、交際中から過度に連絡をとりたがる傾向があるとされます。連絡無精な一般の男性と異なり、ストーカー男は非常にマメで、メールすると即レスが返ってくるし、デートの後に「無事に帰宅した?」などと女性を気遣うようなメールまで送るそうです。ストーカー男が頻繁にメールしたり電話したりするのは相手への愛情というより、そうしなければ自分が不安だから、「無事に帰宅した?」というメールも彼女の安否を気遣うより、自分が彼女の位置情報を把握しておかないと気が済まないためとのことです。ですから、彼女の側でメールの返信が遅かったり、電話に出なかったりすると、怒ったりするのもストーカー男の特徴とされます。

5.仲直りのための過剰なサービス

 交際相手が愛想を尽かしたとき、喧嘩になると、ストーカー男は特徴的な行動、過剰なまでのサービス精神を発揮するとのことです。「俺が悪かった!」と土下座したり、収入に不相応な高額なプレゼントを贈ったり、ヨリを戻すためには手段を選びません。普段はプライドが高く「俺様」的な彼の変貌ぶりに心が揺れる女性がいるかも知れません。「ここまでしてくれるということは、今までのことをすごく反省しているにちがいない」と言うところです。


◇ 「ストーカー 逃げきれぬ愛」より

 日本でストーカーと言う言葉が認知され始めた頃、16年前の1997年、日本テレビ系列で放送されたストーカーを題材とした「ストーカー 逃げきれぬ愛」と言うドラマがありました。加害者を渡部篤郎が演じ、被害者役は高岡早紀であり、二人の迫真に迫る非常に高い演技力とストーリーの特殊性、坂本龍一 氏 作詞作曲のテーマが極めて良くマッチした素晴らしいドラマでしたのでご紹介いたします。残念ながら、VHSビデオは発売されておりますが、DVDにはなっていないようです。また、ドラマ放映後に小説化された単行本はあります。なお、同時期、TBS系列で放映された「ストーカー・誘う女」(陣内孝則、雛形あきこ)と言う、女性のストーカーのドラマもありました。

「ストーカー 逃げきれぬ愛」

 1997年1月7日〜1997年3月6日 月曜日22:00 - 22:54

 制作局      読売テレビ
 演 出      上川 伸廣、唐木 昭浩
 脚 本      野依 美幸、尾崎 将也
 プロデューサー  堀口 良則、小泉  守(イースト)
 出演者      高岡 早紀、渡部 篤郎、河相 我聞、
          井上 晴美、遊井 亮子、井澤  健、
          宮崎 彩子、赤座美代子、神田 正輝 ほか
 オープニング   「The Other Side of Love」
          坂本 龍一、feauturing Sister M
 エンディング   「愛を殺して…」
          梶原ユキコ

 第1話 君が運命だ [視聴率14.3%]
 第2話 危険な断わり方 [11.9%]
 第3話 拒絶には罰を [12.4%]
 第4話 君を支配する [11.6%]
 第5話 壊れていく男 [11.4%]
 第6話 君は僕の一部だ [12.8%]
 第7話 侵入 [13.4%]
 第8話 嫌がらせ自殺 [14.3%]
 第9話 監禁 [14.9%]
 最終話 君と永遠に… [17.7%]

逃げきれぬ愛小説家

○ ストーリー

 雅彦(神田正輝)と不倫関係にある海(高岡早紀)は、クリスマスイヴの夜ひとりで街を歩いたとき、眼科医の辰也(渡部篤郎)と出会います。実は、辰也はこの時、ストーカー行為を行っていた別の女性が自殺してしまい、うちひしがれていました。海は辰也にローズマリーの花束を渡して「メリー・クリスマス!」と、、、。これが悪夢の始まりでした。辰也の海に対するストーカー行為が始まります。徐々に明らかになる辰也の家庭の問題、母親との確執など、ドラマの終盤では離れていた弟の聡が事故で肝不全となり生体肝移植が必要な状態で、、、。ストーカー男と被害者の典型的な会話がありましたので、スナップショットと併せてご紹介します。

二人00

高岡0
ドラマの冒頭、海は辰也にローズマリーの花束を渡して「メリー・クリスマス!」と、、、

 *****

 ドラマ最終回の二人の会話です。いかにも、ストーカーの男性には正論は通じない、そんなシーンです。

二人

二人01

 辰也:(自分を捨てた母親)あの女は死んだんだ

 海 :(母親は)死んでなんかない
    貴方の心の中で 生きている
    貴方は 私におんなじことをしているのよ
    私の心は関係なく ただ支配しようとしてる
    私を所有物にして ずっと監視したいだけでしょう


 辰也:違う!

 海 :貴方がやってることは 貴方のお母さんがやっている
    ことと同じことなのよ


 辰也:違う! 僕はキミを愛しているんだ

 海 :愛してなんかない
    貴方が一番嫌う愛を
    貴方は私に押し付けているだけじゃない
    お母さんへの恨みを私にぶつけているだけよ


 辰也:違う! あの女の話しはやめてくれ!

二人02

 海 :ちゃんと向き合えば解ってくれる
    逃げないで ちゃんと向き合って
    自分自身を しっかり見つめ直して

    私もおんなじだった 誰ともちゃんと向き合えなかった
    でも今日 貴方とちゃんと向き合おうと
    している自分に気付いたの
    貴方と出逢ったことによって
    私も変われるんじゃないかって思った

    今 貴方を愛することはできない
    でも貴方の愛を信じることはできる
    だからお願い 愛情を見せて
    弟を助けてあげて (肝移植のドナーとして)
    聡くんの力になってあげて お願い


 辰也:あいつのことがそんなに好きなのか
    僕はどうなる? キミに救われた僕はどうなる?
    花束をくれたのはキミだよ キミが花束をくれたんだ
    クリスマスローズをくれたんだ


 海 :私はあのとき貴方が とてもかわいそうな人に見えたの

 辰也:何も望んでいない僕に キミが花束をくれたんだ
    だからあの日から 僕はキミしか見えなくなった
    あのクリスマスローズが原因なんだ
    すべてキミが原因なんだ


 海 :私はあのとき 本当の貴方の姿を知らなかった

 辰也:あのときキミはいらない花だと言った
    あの男からもらった花を いらない花だと言った
    あのときキミは悲しんでいた とても悲しんでいた
    僕の部屋であの花 毎日僕に語りかけていた
    キミは僕に 助けを求めていたんだよ


 海 :違う・・・

 辰也:君は僕に愛を求めていたんだよ

 海 :違う!

 辰也:だからあの男からも家族からも 僕が助けてあげたんだ
    そうだ! そうだよ 
    キミはもっと 僕に感謝しなきゃいけないんだ
    キミを助けたのは僕なんだから
    キミが始めたことなんだ キミが望んだことなんだ


 海 :私はそんなつもりなかった

 辰也:どうしてくれるんだよ キミが原因を作っておきながら
    僕をどうしてくれるんだ!?


 海 :解りました 
    私が原因で貴方をそんなふうにしてしまったのなら
    なんでもする


 辰也:僕と一生 一生 一緒にいてくれ
    なんでもできるなら 僕と暮らしてくれ
    もう僕に残された道はそれしかない
    今日から一緒にいてくれ たった今から一緒にいてくれ

    その約束をすれば 僕も約束する
    あいつを 弟を助けてやる


 海 :解りました

 辰也:いつの日か いつかきっとキミは 僕のことを愛する
    僕たちはず〜っと 一緒に暮らすんだ
    そうだろう
    移植が終わったら二人で どこか遠くにいかないか


 海 :(小さくうなずく)

 辰也:僕は一生キミのそばにいる
    キミもず〜っと 僕のことを愛し続ける
    一緒にいたい 一緒に逃げてくれ
    永遠の愛を 誓ってくれ


二人03

○ オープニングテーマ

 坂本 龍一 氏 作詞作曲のオープニングテーマ「The Other Side of Love」はまさに屈折した愛情を歌った曲で、詩の意味を噛み締めるとストーカーの気持ちが解るような気がします。原文が見つかりましたので和訳をつけて供覧します。

The Other Side of Love
坂本龍一 作詞作曲

51jF+nKYwgL.jpg

The Other Side of Love
(↑クリックするとyoutubeで実際の楽曲が聴けます)

In my heart, I know I must be right.
Darkest shadows will someday come to light.
I've been down, but I can rise above.
I keep searching for the other side of love


心の中で 私は間違ってはいないと知っている
闇の中の私にも いつか光が射すでしょう
これまで辛かった でも立ち上がることができる
別の側からの愛を 私は探し続ける

Looking for fun was just a game to me.
Never knew what each lonely day would bring.
Now I'm so tired of trying to run away.
I've got to find a love that's here to stay.


戯れはただのゲームでしかなかった
孤独になるなんて 思ってもみなかった
もう逃げることに疲れた
私が私である為に 目の前の愛を探し求める

In my heart, I know the day will come.
We'll be laughing and dancing in the sun.
What I've found has never been enough.
I keep searching for the other side of love.


心の中で いつかそんな日が来ることを知っている
私たちは太陽の下で踊っている
でもまだ私が見つけたものは足りなくて
別の側からの愛を 私は探し続ける

I always heard that love's supposed to be
more than a word and more than just a dream.
Someone to share your every joy and pain.
Someone who's there for sunshine and the rain.


私はいつも聞いていた 
愛とは「言葉」や「夢」以上のもの
愛とは 誰かと喜びや痛みを分かち合うものであり
誰かと晴れた日も雨の日も傍にいること

In my heart, I know I must be right.
darkest shadows will someday come to light.
I've been down, but I can rise above.
I keep searching for the other side of love.


心の中で 私は間違ってはいないと知っている
闇の中の私にも いつか光が射すでしょう
これまで辛かった でも立ち上がることができる
別の側からの愛を 私は探し続ける

In my heart, I know the day will come.
We'll be laughing and dancing in the sun.
What I've found has never been enough.
I keep searching for the other side of love.


心の中で いつかそんな日が来ることを知っている
私たちは太陽の下で踊っている
でもまだ私が見つけたものは足りなくて
別の側からの愛を 私は探し続ける

I know what I see.
I see exactly how it'll be.
He'll be strong enough to be kind.
He won't need to be tough to know he's mine.


私は 自分が何を見ているのか知っている
それがどうなるかも解っている
彼は優しくなる度に強くもなる
きっと彼は私のものとなる事を拒まない

And I must believe what I feel.
I'll feel it deep inside when it's real.
And I know when day is done.
He'll be so close to me that we'll be one
on the other side of love.


私は自分の感情を信じなければならない
それが現実となる時 私はさらに深く感じるはず
必ずその日が来る事を 私は知っている
彼が近付いて来て 私たちがひとつとなる
別の側からの愛で


◇ 三鷹の事件 被害者側の0.1%の非、SNSへの提言

 最後に少しだけ三鷹の事件について触れます。警察署の不手際や、殺害までの足跡、母親の国籍や自身の学歴など交際中の犯人の嘘が報道されており、対照的に、海外へのホームステイや英語の成績、女優としての仕事、将来の夢など、育ちの良い被害者の女の子としっかりしたご家庭がうかがわれます。これに対して、自分のことに嘘をついて交際に及び、別れてからは身勝手なストーカー行為、ついには殺人に及んだわけですから、ほぼ100%犯人が悪いと思います。しかし、ほぼ100%と申しました、数字にするのも変な話しですが、0.1%くらい、つまり1000分の1くらい被害者の女の子あるいはご家族側にも非があったのではないかと思います。それは「心の隙」ですね。

 ・周りにはいないタイプのヒトと知り合いたい
 ・素敵な異性なら交際したいし恋愛もしたい
 ・優等生の日常とは違うところで冒険したい、ちょっと悪い事もしてみたい

 普通の高校生の女の子ならこうした希望があってしかるべきだと思いますし、悪いことではないと思います。そんなところで出逢ってしまったのが犯人のような男性だとしても、高校生では相手を見る目、判断力が乏しいのも仕方ないと思います。
 しかしながら、今回の出会いの媒体となったFace Bookをはじめ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の危険性、相手が自分の身の上を偽って近づいてくる可能性、相手に対する把握が不十分な段階で交際が始まってしまうことの危うさ、そこへの認識が甘かったと思います。これは、被害者の女の子自身が己にストップをかけられる時があったと思いますし、ご家族も、もっと注意すべきところ、未然に防ぐ余地はあったかも知れません。
 さらに、もっと広いところに目を向ければ、社会として未成年に対するSNSの規制があっても良いのではと思います。例えば、SNSを未成年が利用する場合には保護者の監視が可能、と言った簡単なシステムの変更です。未熟な若者を危険に曝す場はすなわち未熟な若者を間違った道に進ませる場でもあります。

 「被害者側の0.1%の非」としましたが、実は今の社会の問題、このような事例が事件になってはいなくとも、実は水面下で多数起こっていて、徐々に表面化して来るかもしれません。何か教訓を残していかないと、10年、20年前には無かったことが、これから増えて行く、そんな時代かと思います。

 心からご冥福をお祈りいたします。



http://ja.wikipedia.org/wiki/ストーカー
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/stoka/jokyo_1.htm
新版 ストーカーの心理学(福島 章 著)2002年 PHP研究所
http://ja.wikipedia.org/wiki/エロトマニア
http://www.men-joy.jp/archives/39941
http://getnews.jp/archives/374610
http://ja.wikipedia.org/wiki/ストーカー_逃げきれぬ愛
http://www.youtube.com/watch?v=CeebBKLkENM
関連記事
スポンサーサイト
12:このドラマ

この渡部篤郎さんのドラマ、ここ最近の安っぽいドラマとはクオリティが全く違いますね。
ストーカーという言葉が一般的では無い時代、よくここまで踏み込んだドラマを作ったなと感心して見ていました。

無条件の愛を与えられないまま大人になってしまった人の悲劇、トラウマ。

渡部篤郎さん演じる三枝の突飛な言動を、面白おかしく見せるのではなくて、なぜ彼がそういう行動を取るのかを見せてくれました。

2014.04.03 12:01 れいか #- URL[EDIT] 返信
13:Re: このドラマ

コメント、ありがとうございます。

> この渡部篤郎さんのドラマ、ここ最近の安っぽいドラマとはクオリティが全く違いますね。
> ストーカーという言葉が一般的では無い時代、よくここまで踏み込んだドラマを作ったなと感心して見ていました。

そうですね。未来を予見して時代の先を行くドラマだったと思います。すばらしい出来でしたね。

> 渡部篤郎さん演じる三枝の突飛な言動を、面白おかしく見せるのではなくて、なぜ彼がそういう行動を取るのかを見せてくれました。

的確な解説をありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

2014.04.03 13:44 FC2USER854001YLT #- URL[EDIT] 返信
16:

被害者の方と犯人の写真の掲載は、適切なものではないと思います。
ご遺族の方への配慮を願います。

2014.07.14 22:27 お名前をお入れ下さい #- URL[EDIT] 返信
17:Re: タイトルなし

仰る通りでした。削除いたします。

2014.07.15 09:11 FC2USER854001YLT #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する