アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

霊魂が見える看護師

 過去に勤めた病院ですが比較的最近の話です。こちらも20代の女性の看護師でした。交際している男性がいて、ごく普通の女性でありましたが、彼女は霊魂が見えると言います。

 嫌でも霊魂が見えてしまう

 「The Sixth Sense」と言う映画のコールと言う少年は死者が見えてしまう「第六感(霊感)」がありました。まさに、それと同じ、彼女は霊魂(地縛霊?)が見えてしまうとのことでした。怖いし、誰に言っても信じてもらえないし、日々、苦しそうでした。「ほら、そこにいるじゃない!、あっ!、あそこにも」などと言っていました。病院には亡くなられた患者さまを安置する霊安室と言うのがありますが、その裏手にある機材置き場には常に無数の霊魂がいるのだそうです。

 彼女には見えるけれど私には見えないものを「見えないものは信じられない」としたならば、スピリチュアルの世界で確認されたものが自然科学の分野で証明できないから「エビデンスの無いものは認められない」とすることと同じですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/霊視
http://ja.wikipedia.org/wiki/シックス・センス
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する