FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《店舗:中華>お粥>横浜》二日酔いや食べ過ぎにはもってこい、謝甜記のお粥

 以前から長蛇の列に興味がありました、横浜中華街の中華粥の店、「謝甜記(しゃてんき)」に行くことができました。多くの店が 11:00 開店、僅かの店が 10:00 開店とする中、この店は 9:00 の開店で、いかにも昨夜、飲み過ぎた人、朝食は胃に優しいものを!、って人向けの店と言う感じです。

外観

看板

謝とく記 たべろぐ

 たべろぐ口コミは3.73、場所は中華街大通りの外れ近くと言うよりもみなと未来線、本町・中華街駅のすぐ近くです。華正楼の向かえです。

地図


◇ メニュー

 お粥だけではなくしっかりとした中華料理も出しますが、つゆそばは扱っていません。

メニュー01

メニュー02


◇ 貝柱粥 1164円

 もっともお値段の高い貝柱粥を注文しました。見た目は殺風景なお粥です。

貝柱粥 1164円

 隣の他のお客さんのところに運ばれたもの、おそらくは貝柱ではない料理を観ると、外観ではなんの粥かは分からない、どのメニューも同じように見えるものでありました。

貝柱粥02

 ところがレンゲで中をすくってみますと、しっかりとした帆立の貝柱が合計5つ入っておりました。さっそく口に運んでみますと、これは美味いです! 薄味にほんのりと磯の香り、小さなカスのようなものを拾って食べてみますと、これは干した貝柱を戻したものでした。歯応えがしっかりあって、そのピースの部分は塩気が強く、なんとも言えない懐かしい味です。中に入っていた貝柱の粒は生のものをそのまま使ったものであり、二種類の貝柱が使用されている、たいへん芸が細かい一品であります。

薬味

 レンゲを乗せるお皿がついて来てそれには刻んだ生姜と醤油風味のタレが入っておりました。いかにもそれを付けてお召上がりくださいと言わんばかり、、、。

薬味をつけて

 ほんの僅かのタレと生姜片を付けてお粥を口にしますと、まったく別の料理のような風味となり、これはこれで楽しめます。素晴らしい料理に出会えたと思いました。是非とも別のお粥も試したく存じます。お値段が高い分、差し引いて星4.5といたします。

星4と半


◇ 2020年10月18日 vs 巨人 戦

201018 梶谷の記事


関連記事
スポンサーサイト