FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

うさぎ飼育のポイント 覚書


 ネザーランド・ドワーフを購入する直前です。ネットや単行本でこれまで勉強したうさぎの飼育方法をまとめておきます。複数の情報源から共通する指導と異なるご意見があって、取捨選択しております。

うさぎと暮らす 本


◇ 飼育環境

 1)室内の制限なし、2)室内ケージ内、3)室外ケージ内、4)室外囲い内(土の上) の4通りの選択肢がありますが、なによりもうさぎが温度差に弱い動物であることから室外(外、庭)での飼育は考えておりません。カラスや野良犬などの外界の敵の危険性も無視できません。また、うさぎはそこかしこの物を齧る習性があり、室内で制限なしと言うのはコードを齧るリスクを伴います。以上から飼育場所は室内ケージを第一に考えます。

うさぎ ケージ


 温度差に弱い動物としましたが、適正な温度は18-26℃、湿度は40-60%とされておりますが、急速な温度の変化に特に弱いとのことにて、24時間連続の冷暖房で室温を一定にしたほうが無難であり、乾燥する冬は湿度計に目をやり適宜、加湿することが寛容で、このことは我々人間の健康にも繋がることであります。また、うさぎは直射日光は苦手とのことです。



◇ 食 事

 ペットショップで見かけるうさぎには、餌箱に入った粒状(ペレット)の餌と牧草が与えられています。また、ショップに陳列されたフードには果物のおやつのようなものが置いてあります。これらの基本的な与え方をまとめます。

1.牧草=主食

 まず押さえておきたいのは、うさぎの主食は牧草であり、うさぎに必要な繊維質を摂るための最も重要な食べ物になります。全摂取量の75%以上を牧草で!、とされており、それも新鮮なものがよろしいとされます。牧草を食べることで一生伸び続ける歯を磨耗させ奥歯の不正咬合を防ぎますし、牧草の繊維質が胃腸の蠕動運動を助けることにより、うっ滞や毛球症・軟便などを予防し体を健康な状態に保ちます。さて、牧草には2種類あって、生後6ヶ月までの育ち盛りの時期までとそれ以降の大人で使い分けます。

 1)アルファルファ
  :マメ科の植物でカルシウムと栄養が豊富、生後6ヶ月まで
 2)チモシー
  :イネ科の植物で繊維質が豊富で低カロリー、6ヶ月以降の大人

アルファルファとチモシー

 味わいが良く食欲増進とされるアルファルファは、あくまでも成長過程における栄養を主眼としたもので、大人になってからもやり続けるとカルシウム摂取過多による尿管結石、栄養過多による肥満に繋がる恐れがあります。チモシーへの切替が必要です。

 投与量については様々な記載があります。基本的にはチモシーであれば食物繊維が主成分でカロリーは低く無制限にあげてもうさぎの側で摂取量を調節するようです。食べ過ぎよりも、むしろ食べないことの方が心配で、次に紹介するペレットの量を制限したり、牧草の味や香りに気を配る必要があるようです。

2.ペレット=副食

 ペレットは牧草を元に作られた総合栄養食です。なくてはならないビタミン、ミネラルが配合され、健康に良い乳酸菌を添加したものもあります。幼少時から大人、6歳以降のシニアまで様々な種類のものが売られています。

ペレット各種

 こちらは牧草と違って投与量に制限があります。1日量として幼少時(6ヶ月未満)では体重の3-5%、成人したら1.5-2%を1日2回に分けて投与します。味わいがよろしいのでペレットばかり食べるようになる危険があり、主食の牧草を食べさせるため投与量には注意が必要です。

3.おやつ

 美味しそうなおやつがたくさん販売されておりますが、これらはあくまでもご褒美、仕付け、コミュニケーション用として使うようにとされます。

うさぎのおやつ フルーツ

4.水

 うさぎの飲水には制限がありません。昔はうさぎに水をやる必要なないと言われた時代がありましたが、それは自然の草や野菜を与えていた頃のことで、食物から十分に水分が摂れたからです。うさぎの水分摂取量は体重(kg)あたり50ml〜100mlとされ、これは人間の摂取量(40ml/kg)より多いくらいです。給水器として、給水ボトルタイプでノズルを舐めて水の滴を飲むタイプが多く見られますが、水がこぼれて飲水の効率が悪いとされる向きもあります。清潔な水を随時供給されるトレーから舐めるよりもたっぷり飲水できる給水器がありお勧めです。

ドリンクボウル

5.うさぎの幸福感を満たす餌のやり方

 野生の血が流れるうさぎは本来、自分でエサを探し出して食べる動物です。家で飼われることで、エサは当たり前のように用意されていますが、探し物をすることが大好きな習性を満たしてあげることは大切です。この、うさぎの探す、引っ張り出すという行為は「フォレイジング」と言って、うさぎの幸福感がアップすることが分かっています。牧草をかじり木のおもちゃに隠したり、トンネルハウスやうさぎハウスに隠して置いてみます。匂いを頼りに探す楽しみや、引っ張り出す楽しみを与えてあげることがポイントとされます。
 

◇ 抱っこから仕付け まで

 うさぎは抱っこが好きでない動物とされますが、健康チェックや仕付けにおいて抱っこが必要とされる場合があります。抱っこが好きなうさぎに育ってもらう工夫が必要です。いかにふれあい方と仕付けについてまとめました。

1.最初の3日〜1週間とその後

 家に迎え入れての最初の3日〜1週間はケージに入れてまったくの放置、とされている文献がほとんどです。餌を与え糞を掃除してあげ、新しい環境に慣れること、ここにいる人は黙って自分の世話をしてくれている、良い人と思わせることが肝要です。この期間を過ぎたところで徐々に、手渡しで餌をやるとか、短時間(10分程度)ケージの外に出すとか、徐々に行動範囲を広げてあげるとのことです。

2.抱っこの仕方

 うさぎの遺伝子には野生動物時代の記憶が組み込まれているとされます。狼や鷲と言った肉食の動物に襲われることから身を守る習性です。間違っても背後からグッと掴むような持ち方はいけません。上から力強く押さえるような触れ方も好ましくありません。抱っこの第一段階は、うさぎの前方から怖がらせることなく手を刺しのべて、うさぎの体の下に手を差し入れて、次いでお尻にを持ち上げるやりかたであります。

うさぎの抱っこ1 右手をお腹の下に

うさぎの抱っこ2  おしりを持つ

 うさぎは骨が弱いので落とせば簡単に骨折します。抱っこして落とさない工夫としてうさぎの顔を腋窩に入れてやると洞窟に入ったように安心するとされます。

3.トイレの仕付け

 室内でペットを飼う上で衛生面、健康面からも重要なのがトイレの仕付けです。うさぎは決まった場所で排泄する習慣があり、また自分の身が安全な場所で排泄しようとします。トイレを壁際のケージの隅、あまり他人から見られないところに置いて、うさぎの糞尿をトイレに臭い付けとして少量置いておけばそこに排泄するようになるとされます。

うさぎのトイレ

4.褒め方

 正しいおトイレなど成功した時やおりこうな事をした時には、優しい言葉「いいこ、いいこ」をかけ、ご褒美としておやつを1つ与えて褒めてあげます。おやつはご褒美として与えるのでおかわりは禁物です。

5.叱り方

 いたずらをしたらきちんと叱る必要があります。叩くのは厳禁です。叱る際には、手や足もしくは新聞を丸めた物で床を叩き音を鳴らします。これはうさぎが警戒時に後ろ足を地面 に叩き付けるスタンピングという行為に似た音を鳴らすためです。決して叩いて叱る事はいけません。ただ怖がるだけになります。

6.咬み癖

 咬む事で自分の主張が通る(だっこしている時に放して欲しいなど)と覚えこませない事が大切です。咬まれても知らんぷりをする、上記の叱り方で悪い事だと 覚えさせることが大事です。しかし、うさぎは攻撃的な動物ではないので個体差はありますが、咬む時はよほど嫌な事があるからだと考えた方が良いかもしれません。

【うさぎが咬むほど嫌がる行為】
 ・無理矢理だっこする
 ・耐えれない程の嫌な扱いをされた
 ・急に顔の前に手を出すなどでびっくりした時
 ・極限状態までストレスがたまっている時


◇ その他

 その他、うさぎの飼育に必要なことをいくつか取り上げます。

1.ブラッシング

 毛球症や皮膚病の原因にもなりますのでブラッシングは重要です。背中は撫でられるのが好きなため比較的容易に行えます。ただし、大きなブラシですと怖がる子もいますので、小さめのブラシか手袋型のブラシを使うと良いです。ブラッシング嫌いな子は逃げ出そうとします。暴れたら逃げれると覚えてしまわないようにしっかり抑えておきます。また針金のような素材のブラシは皮膚を傷つけてしまうことがあるので避けたほうがいいとされます。

2.グルーミング

 ブラッシングに似たお世話としてグルーミング(毛繕い)は、うさぎの被毛と皮膚を美しく保つのに欠かせません。ただ、うさぎをじっとさせてグルーミングをするのは以外に難しいことです。グルーミング初心者の飼い主さんは、まずハンドグルーミングから始めます。これはブラシなどの道具を使わず短時間ででききるグルーミングです。まずグルーミング用のスプレーを手の平に吹き付けるか目に入らないようにしてからだ全体にかけて、うさぎのからだを撫でるようにすり込みます。何回か擦り込むようにして撫でると手の平に沢山抜け毛がつきます。抜け毛は、両手をすり合わせると毛が縒れて取り除きやすくなります。こうしてからだを何回かハンドグルーミングをするだけでも抜け毛を取り除きグルーミングすることができます。うさぎの扱いが慣れていれば、膝の上でブラシやコームを使ってグルーミングができるようになります。グルーミングする場合は、必ずグルーミングのスプレーを使ってください。被毛や皮膚が綺麗になるばかりでなく、毛の飛び散りや静電気の防止にもなります。また、グルーミングをする時には、毛を吸い込まないようにマスクとかじられてもいい様なエプロンをつけた方がいいです。

うさぎ グルーミング

3.爪切り

 うさぎには、前足が5本、後ろ足には4本の爪があります。爪は、血管が通っていて切りすぎると出血してしまします。色が濃い爪は、血管が透けて見えないためライトで照らしながら切ります。初めてつけ切りをする場合は、爪をきる人とうさぎを保定する人の二人でやるのがお勧めです。慣れない時にすべての爪を切るのは時間もかかり難しいので、最初は一回に一本ずつ切る練習をすればいいです。

4.かじり木

 うさぎの歯は一生伸び続ける性質を持っていますが、繊維質の多い食事や木などの硬いものをかじることによって、上下の歯をこすり合わせて削っているため、適切な長さを保つことが出来ます。かじり木にはそのままだと一生伸び続けてしまう歯が伸び続けるのを防ぎ、また、かじることによってうさぎの欲求不満の解消、気分転換にも役立ちます。

かじり木つき牧草入れ




関連記事
スポンサーサイト