FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

浜スタ 雨天不参加に「思い」の持ち方で罪悪感から贅沢感へ


 プロ野球が6月に開幕して、7月からは観客ありで、やっと今年も横浜スタジアムに通う日々がやっと始まりました。早速、23日の木曜日祭日に行って来ました。6-0 の快勝で良いスタートを切ったところです。

200723.jpg

 ところが本日、今年2回目の浜スタを目論んで7000円のチケットを購入しておりましたが、家を出る時間には豪雨が吹き荒れており、横浜の関内駅周囲の予報も6時以降もけっこう強く降る模様でした。野球場で雨に会うのはよくあることで、これまでも横浜まで行きながら、大雨で試合途中での帰宅や試合そのものが中断、ノーゲームと言うこともありました。
 悩んだ末、今日はせっかく買ったチケットを放棄して不参加を決めました。山芋とタコを買い込んで自宅でたこ焼きパーティーとしました。でも、行かないと決めてからもやはりいろいろと思いを巡らせました。どうしてもネガティブな発想は起こって来ます。順不同で列挙します。

 ・せっかく7000円ものチケットを買いながらもったいない
 ・そんな無駄遣いする余裕なんて無いのに
 ・観客5000人と制限されていて行けない人に申し訳ない
 ・行けば行ったでけっこう楽しめたのかも知れないのに


 そんなところです。ともすると自己嫌悪、罪悪感すら感じてしまいます。一方、人間の心理と言うものは自己防衛的に働くもので、「思い」は自分に対する慰めも生じて来ます。

 ・わざわざ横浜まで行って大雨では辛いよね
 ・雨の中ではビールも美味しくないし
 ・横浜中華街とビール代の分セーブマネー(節約)になるし
 ・身体が濡れて体調崩してコロナも怖いし


 と、いろいろな形で納得するよう「思い」が走ります。そして最後に思わぬ「思い」に出会いました。それは次、、、。

 ・せっかくのチケットがもったいないから雨天でも観戦するって貧乏?
 ・チケット買っても雨天なら行かないって贅沢でリッチな感覚ではないか?


 7000円のチケットは安くはないですが、それに縛られることによってかえって苦痛を感じるのであれば、それはお金に縛られている、お金に支配されているのでは?、と言う発想です。「思い」の持ち方で罪悪感が贅沢感にも変わる、自己啓発として己の内面を記録した次第です。

 *****

 と、言うことで心穏やかに1人たこ焼きパーティーをやりました、テレビ観戦しながら。ちなみに本日の横浜スタジアムの観客動員数は4982人で、紛れもなく5000人がチケットを入手したはずで、当日不参加の18人の1人でありました。雨は少ししか降りませんでしたが、もうそんなに悔やむ気持ちはありません。明日は行きます(笑)。

関連記事
スポンサーサイト