アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

マヤ暦 「第五の太陽の時代」の終わりとは?

 さてマヤ暦の基本的な部分を押さえたところで、「第五の太陽の時代」の終わり、2012年12月23日(日本時間では12月21日)をもう一度、見直します。マヤ暦の起点となる日から数えてCuenta larga(長期暦)が終了となる日とされております。

マヤ文明 Uxmal_nunnery_01
【マヤ ウシュマル (Uxmal) 遺跡】

◇ 2012年12月21日夜とされる通説

 マヤのCuenta larga(長期暦)は360日を1年として400年の単位baktunが13回繰り返されたところで終了とされますので、400(年) x 13 = 5,200年が1周期となりますが、これは360 x 5,200 = 1,872,000日に相当します。西暦に直すには、4年(1,460日)に1回巡って来る閏年(うるうどし)の1,281日分を差し引いた1,870,719日を前項で申したシンプソン説によるマヤ暦の起点である紀元前3114年8月11日に足せば良いこととなります。それが日本時間における2012年12月21日、マヤ暦にするとTzolkin(ツォルキン)暦: 4 ahau(アハウ)、Haab(ハアブ)暦:3 kankin(カンキン)となるわけです。

 紀元前3114年8月11日を起点とした長期暦の終わり
  = 2012年12月21日 4 ahau(アハウ)3 kankin(カンキン)


 実は私個人はこの計算方法に少しだけ疑問を持っておりました。心の中で引っ掛かっていたのは、現行の西暦に直すために閏年(うるうどし)を計算する部分です。別の機会に詳しくご説明したいと思いますが、マヤ暦において1日1日を大切にその時間の流れに意味を持たすのはTzolkin(ツォルキン)暦であり、260のkin(日)の繰り返しで表します。このTzolkin(ツォルキン)暦では閏年の2月29日のkinは3月1日と同一に扱いますので、閏年の概念は含まれないこととなります。

 マヤ暦のTzolkin(ツォルキン)暦には閏年の概念は無い

 つまり、本来のマヤ暦に計算されない閏年の部分を差し引いた長期暦の終わりを算出して西暦に合わせていいのかどうか?、というところです。そう思って、ネット検索をし直しますと、なんとそのような考え方が他でもなされておりました。閏年を計算に入れないと言うことは、長期暦の終わりはもう少し先、具体的には、上で申した閏年の1,281日分、つまり2012年よりも3年半くらい(?)先になるとの考え方です。

◇ マヤ暦の終わりを2015年9月3日とする説

 私の考えと同じかどうかは解りませんが、マヤ暦の終わりを2015年9月とする説がアメリカのマヤ研究家の間で囁かれ、それがエジプト学者の間で波紋を呼んでいるとのことです。以下、理解の範囲を超える部分にてネットの引用でご容赦いただきますと、、、。

 *****

 太陽神ホルスの母である「女神イシス」を祀っている、古代エジプト宗教の信仰の聖地「イシス神殿」、この神殿の壁には、1465体の神々が描かれており、ある伝説があります。それは、この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に一体ずつ神々の加護が失われるというもの、、、。そして、すべての神々が去った年の秋分の日に、世界が水没するというのです。神殿はローマ帝国により550年に閉鎖。以降、毎年1体ずつ神々が去っていくとなると、「2015年の9月に世界が水没する」計算になるのです。

 古代エジプトの信仰では2015年9月で一致?

 *****


 他にも2015年説を後押しする話があります。ケネディ大統領の暗殺、ルーズベルト大統領の死などを予言した故ジーン・ディクソンはハルマゲドンの混乱は1990年から徐々に始まり、2030年代まで続き、2015年に混乱のピークを迎えると予言しており、2015年に何か大きな破局を迎えるのでは?との暗示とされています。

◇ 長期暦5,200年「第五の太陽の時代」のもつ意味

 ここで全くの私見を申します。1年=360日や閏年を含む含まないと言った細かい部分を抜きにしてもっと大雑把に考えます。マヤのCuenta larga(長期暦):400年の単位baktunが13回繰り返されたところで終了とされる、400(年) x 13 = 5,200年の1周期とはどういう数字でしょうか?

 長期暦5,200年「第五の太陽」で思い出される数字

 そのまま読んで字の如く、この5,200年間が「第五の太陽の時代」と言うことであり、その前の5,200年間は「第四の太陽の時代」となり、つまり「太陽の時代」が5,200年ずつで、その5回目がそろそろ終了すると言う概念となります。そうなると本当の最初の時は5,200 x 5 = 26,000年前となります。

 本当の起点は5,200 x 5 = 26,000年前

 この26,000年と言う数字、以前にも触れました、地球の歳差運動の周期と奇妙に一致いたします。これも以前に申しましたが、地球の自転軸における歳差運動は春分点を魚座から水瓶座に移動させつつあります。これが「水瓶座時代の到来」として、アセンションの一つの現象と考える向きがあります。

 「太陽の時代」26,000年は歳差運動の周期に一致

 マヤ暦で言う「第五の太陽の時代」の最初の時は26,000年前であり、その時も実は歳差運動の最初のスタートライン、つまり前回の「水瓶座時代の到来」の時であったと言う発想です。ちょっと考え過ぎかも知れませんが、古代文明に地球の周期を考える学問として天文学が広く用いられていたのは確かのようです。マヤ暦において、5,200年を単位として考える周期、それが5回繰り返されて合計が26,000年に及ぶこと、現代にアセンションが噂されていること、そうした全ての符号が一致するのでは?、妄想の域を出ないのは言うまでもありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジーン・ディクソン
http://news.livedoor.com/article/detail/7278251/


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する