アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

マヤ暦 その精密な暦の実際

 マヤ暦で記された「第五の太陽の時代」の終わり、2012年12月23日(日本時間では12月21日)を人類滅亡とする考え方と、これをアセンションの始まりとする説があり(まったく関連がないとする向きもありますが)、その期日(昨年12月)はとうに過ぎてしまったものの、何かが起こり始めている、あるいは地球がその存在を危ぶまれている、そうした考え方には何ら変わりはないのように思います。ここでは、言うなれば「火付け役」となったマヤ暦についてその基本的事項を多くの文献、HPを参考にまとめてみました。

275px-Tikal_Giaguaro.jpg
マヤ Tikal(ティカル)遺跡

◇ 基本的なマヤ暦の種類

 マヤ暦は基本的かつ最もよく知られたところで、Tzolkin(ツォルキン)暦とHaab(ハアブ)暦、それらを組み合わせたRueda calendárica(カレンダーラウンド)、さらにはCuenta larga(長期暦)があります。それぞれの暦日と用途は以下の通りです。

 1.Tzolkin(ツォルキン)暦
   ・13 x 20 = 260日が1単位の祭祀暦
   ・各日をKINで表記し時間の流れに意味を持たす
   ・生誕日のKINから人間の資質をも判定
 2.Haab(ハアブ)暦
   ・18 x 20 + 5 = 365日を1年とした太陽暦
 3.Rueda calendárica(カレンダーラウンド)
   ・Tzolkin(ツォルキン)暦とHaab(ハアブ)暦の組み合わせ
   ・Tzolkin 260日とHaab 365日の最小公倍数18980日 = 52年
 4.Cuenta larga(長期暦)
   ・西暦と同様に起点を持つ直線的な暦
   ・紀元前3114年8月11日が起点
   ・5桁の20進法で合計5200年で1周期

◇ Tzolkin(ツォルキン)暦

 それでは一つずつ解説して参ります。まずはTzolkin(ツォルキン)暦です。Tzolkin(ツォルキン)暦は以下に示す20の「太陽の紋章」に13の数字(下図)を掛け合わせて20 x 13 = 260日を1周期とする暦です。

太陽の紋章一覧
太陽の紋章

マヤの数字 のコピー
マヤの数字

 これは20の「太陽の紋章」を刻んだ左の歯車と13のマヤ数字を刻んだ右の歯車の噛み合わせで考えると判りやすいです。20の「太陽の紋章」は時計回り、13のマヤ数字は反時計回りで、1 imix (1イミシュ)から始まり、2 ik (2イク)、3 akbal(3アクバル)と進み、13 ben(13ベン)の次は 数字が1となり ix と 組み合わさって1 ix(1イシュ)、2 men(2メン)…、13と20の最小公倍数の260日目に 13 aháu (13 アハウ)が来て260日の1周期が完了、再び1 imix に戻ります。

ツォルキン暦
Tzolkin(ツォルキン)暦の歯車

◇ Haab(ハアブ)暦

 Haab(ハアブ)暦は1年が 365日の暦で、0から19までの20日間と名前のついた18の月:pop(ポプ), uo(ウオ), zip(シブ), zot(ソッツ), tzec(ツェク), xul(シュル), yaxkin(ヤシュキン), mol(モル), chen(チェン), yax(ヤシュ), zac(サク), ceh(ケフ), mac(マク), kankin(カンキン), muan(ムアン), pax(パシュ), kayab(カヤブ), cumuku(クムク)の組み合わせで360日、更に1年の最後の不吉な日とされるuaybe(ワイェブ)5日間を加えた1年 365日で構成します。正確な太陽暦では1年が 365.2422日で閏年調整を行いますが、Haab(ハアブ)暦ではこの調整がない為、おおよその1年、ヴェイグ・イアー (año vago) とも呼ばれ、大体正確に季節感を表していると言えます。

ハアブ暦jpg
Haab(ハアブ)暦

◇ カレンダーラウンド Rueda calendárica

 Tzolkin(ツォルキン)暦とHaab(ハアブ)暦、それぞれ 260日と 365日で 1年を構成するこの二つの暦を組合わせる事によって、18980通りの異なる日を特定でき (260と365の最小公倍数)、ハアブ暦換算で52年を1周期としています。Rueda calendárica(カレンダーラウンド)も歯車で示すことができます。Tzolkin(ツォルキン)暦260日(左歯車)とHaab(ハアブ)暦365日(右歯車)を噛み合わせることにより18980日の暦を創りだせます。

マヤカレンダーレウダ
Tzolkin暦とHaab暦の組み合わせによるRueda calendárica

◇ Cuenta larga(長期暦)

 Cuenta larga(長期暦)は以上の循環的な暦とは異なり、西暦と同様に起点を持つ直線的な暦です。西暦ではキリストの生誕が起点で紀元前後とされておりますが、マヤ暦においてはトンプソン説が最も信じられており、それによると西暦における紀元前3114年8月11日が起点とされます。
 Cuenta larga(長期暦)の仕組みは、これまた複雑で以下の如く、最小単位であるkin(キン、日)よりuinal(ウィナル、月), tun(トゥン、年), katun(カトゥン、20年), baktun(バクトゥン、400年)と桁が上がって行き、最大単位であるbaktun(バクトゥン、400年)が13で終了となるため、。400 x 13 = 5200年で長期暦の1周期であります。なお、1年が360日としての5200年ですから、1年を365.2422日で計算すると西暦の5125.3661年分に当たります。

長期暦
Cuenta larga(長期暦)の桁の繰り上がり

 以上、Tzolkin(ツォルキン)暦、Haab(ハアブ)暦、それらを組み合わせたRueda calendárica(カレンダーラウンド)、Cuenta larga(長期暦)について、そのごくごく表面的な仕組みをご説明しました。これ以外にもserie inicial(イニシャル・シリーズ)、cuenta corta(短期暦)と言うのもありますが詳しくは他に譲ります。もうお気づきかも知れませんが、長期暦の起点とされる紀元前3114年8月11日にその周期である5125.3661年を足すと2012年12月23日になるわけです。また、マヤ暦の凄いところは、Tzolkin(ツォルキン)暦でご紹介した「太陽の紋章」の一つ一つに意味があり、これによって、時間の流れに意味を持たし、また生誕日のKINから人間の資質をも判定するところです。これについてはまた後日、触れるといたしましょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/マヤ文明
古代マヤ暦の暗号 メムノシスJr著 2007年 ぶんか社
http://ja.wikipedia.org/wiki/ツォルキン
http://ja.wikipedia.org/wiki/ハアブ 
http://ja.wikipedia.org/wiki/長期暦
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する