FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

惜しまれる濱口-高城 バッテリーの解消


 オールスター明けの7月9日、横浜DeNAは、白崎浩之内野手(27)、高城俊人捕手(25)と、オリックスの伊藤光捕手(29)、赤間謙投手(27) との2対2の交換トレードが成立したと発表しました。なんてことのないシーズン中のトレードで、この4選手ともに、己の持てる最高の力を出せずにいる状態ではありました。ただ、この中にあって高城選手については他の選手とはちょっと違う印象でおりました。次の映像、見られるでしょうか?、これもなんてことのない二塁牽制タッチアウトであります。

[広告] VPS


 6月24日、ナゴヤドーム対中日戦、6回裏中日の攻撃、1アウト1, 2塁、モヤの打席でのこと、二塁ランナーはアルモンテでありました。繰り返しますが、なんてことない二塁牽制タッチアウトでありますが、よく見ると、高城捕手からのサインプレーに濱口投手がよく反応した、年間何回もない見事なプレーでした。

濱口牽制01

濱口牽制02

濱口牽制03

濱口牽制04

濱口牽制05

濱口牽制06

濱口牽制07

濱口牽制08

 プロ2年目の濱口投手は昨年の10勝を全て高城捕手相手で挙げました。今年はついにこのコンビでの勝ち星は得られず、この牽制アウトはこのバッテリーの、もしかしたら最後の好プレーであったかも知れません(濱口投手、この試合はこのイニングで降板、次の試合で4連続押し出し四球で2回KO)。
 その後の濱口投手、移籍の伊藤捕手とのバッテリーで今季初勝利を挙げますが、高城捕手と積み上げた10勝を忘れはしないと思います。さらなる成長の期待がかかります。一方の高城捕手、「強肩強打のすごいヤツ」、すでに横浜でレギュラーをつかみかけた経験があります。是非とも新天地で花開いてほしいものです。


関連記事
スポンサーサイト