アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

伊勢神宮 参拝記 その4:「おかげ横丁」と ホテル「伊勢下宮参道 伊勢神泉」


 伊勢神宮 参拝記 付録です。有名な「おかげ横丁」へ行きましたので、横丁内で食べた「伊勢うどん」と併せてご紹介です。また、ちょっとモダンなホテルに宿泊しましたのでそちらのご案内も加えます。


◇ おかげ横丁

 おかげ横丁は、三重県伊勢市の伊勢神宮 皇大神宮(内宮)前にあるお蔭参り(お伊勢参り)で賑わった江戸時代末期から明治時代初期の鳥居前町の町並みを再現した観光地であります。運営は伊勢名物赤福餅を生産、販売する株式会社赤福の子会社である株式会社伊勢福が行っております。

おかげ横丁までの道

おかげ横丁入り口

おかげ横丁地図

【おかげ横丁 全店舗】
おかげ横丁全店舗

【おかげ横丁 飲食店】
おかげ横丁01

おかげ横丁02

おかげ横丁03地図

おかげ横丁街並み01

おかげ横丁街並み02


◇ 伊勢うどん

 伊勢うどんは三重県伊勢市を中心に食べられるうどん料理であります。かけうどんのように多量のツユに浸ったものではなく、たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なタレを、太い緬に絡めて食べるものが主流であります。店によって独特のだしが用いられ、太い麺は長時間かけて柔らかくゆで上げられております。今回はおかげ横丁内の伊勢うどん専門店「ふくすけ」で天ぷらうどんをいただきました。15分くらい並んでごった返した店内の板の間に正座して食べました。

福助

天ぷら伊勢うどん

伊勢うどん

 うどんにまぶしたタレはたまり醤油が用いられて見た目は濃厚に見えますが、あまり塩辛くはなく、旨味と甘味があってまろやかな味わいでありました。うどんは噛み心地がないほど柔らかく、歯に吸い付くような食感でありました。たいへん美味しゅうございました。


◇ ホテル「伊勢下宮参道 伊勢神泉」

 今回の宿泊は伊勢市駅から豊受大神宮(外宮)方面に歩いて2分ほど、「「伊勢下宮参道 伊勢神泉」に二泊いたしました。費用はいい値段でありましたが、部屋のベランダに露天の壺風呂があり、食事はどっしりとした濃いめの味わいで豪華絢爛でありました。

ホテル概観

001 ホテル内1

002 ホテル内2


003 夕食1
前菜 旬菜盛り込み
    春小鯛桜の葉寿司
    人参カステラ
    天豆おかき揚げ 白魚天ばら
    菜の花辛し和え 塩鴨
    水雲酢鳥貝長芋
    若牛傍平貝煮浸し
    筍と蛤の木の芽和え
    春キャベツ玉〆桜エビ

004 夕食2
御椀 帆立若芽真丈碓井豆すり流し
    帆立若芽真丈
    海老湯葉 木の芽

006 夕食4
御造 伊勢海老と地魚盛り込み
    伊勢海老 天然鯛
    縞鯵 鮪
    鮑 鰹
    あしらい菜々

007 夕食5
焼物 鰆木の芽焼
    鰆 筍醤油焼
    長芋餅 木の芽

008 夕食6
煮物 松坂牛子鍋
    松坂牛 うるい
    行者大蒜 蕗の薹豆腐

009 夕食7

011 夕食9

010 夕食8
食事 蛍烏賊芹の石焼御飯
    蛍烏賊 芹 黄菲
    伊勢海老味噌汁
    香の物

012 夕食10
水物 甘酒のプリュレ
    伊勢茶ガトーショコラ

甘味 苺大福





関連記事
スポンサーサイト