アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

北朝鮮 ミサイル発射および核実験の年表


 昨日4月5日午前8時過ぎ、北朝鮮が同国東岸から午前6時42分ごろに弾道ミサイル1発を発射したとの報道がなされました。米中首脳会談を前に核実験の準備も噂される北朝鮮の、これまでのミサイル発射、核実験を簡単な年表でまとめてみることと致しました。以下は今回の事件の記事であります。

北朝鮮 ミサイルの記事


◇ 北朝鮮のミサイル発射および地下核実験

 北朝鮮のミサイル発射(青字)および地下核実験(赤字)の歴史を年表にいたしました。参考までに、同国の最高指導者、故 金日成 氏以降の3名の統治を先に示します。

 1972年12月28日〜1994年07月08日     故 金 日成(キム・イルソン)
 1994年07月08日〜2011年12月17日     故 金 正日(キム・ジョンイル)
 2011年12月17日〜2017年04月16日 現在    金 正恩(キム・ジョンウン)


1993年

05/29 ノドン1号を日本海に向けて発射 能登半島北方に着水

1998年

05/28 パキスタンにおいて地下核実験 パキスタンにないプルトニウム型にて北朝鮮の代理実験の疑惑
05/30 パキスタンにおいて地下核実験 北朝鮮の代理実験の疑惑

08/31 テポドン1号を発射 日本上空を横断して太平洋に着水

2006年

07/05 スカッドC ノドン/スカッドx2 テポドン2号 スカッド ノドンx2の7発を日本海に向け発射
10/09 北朝鮮本土における初の地下核実験 TNT換算で最大規模15kt

2009年

04/05 人工衛星打ち上げ用ロケット 銀河2号 を東方に向けて発射 事実上の弾道ミサイル発射実験
05/25 2度目の地下核実験 最大規模4kt

2012年

04/13 人工衛星 光明星3号を搭載した銀河3号を打ち上げたがブースト段階の不具合で軌道投入失敗
12/12 光明星3号を搭載した銀河3号を打ち上げ衛星軌道への投入成功

2013年

02/12 3度目の地下核実験 最大規模12.5kt

2016年

01/06 4度目の地下核実験 初の水素爆弾 最大規模6-9kt
02/07 光明星4号を打ち上げ沖縄上空を通過して衛星軌道に投入成功
09/09 5度目の地下核実験 最大規模10kt

2017年

04/05 スカッドミサイルを発射 日本海に着水


◇ 寸評

 ミサイル開発や核開発の進歩や朝鮮半島の情勢に伴う変化はあるでしょうが、北朝鮮を建国した 故 金 日成 氏の22年の統治下ではミサイル発射実験1回でありましたが、故 金 正日 氏に変わってその統治17年間ではミサイル発射実験は3回、本国における核実験が2回であり、現在の 金 正恩 氏に変わってから現在までの5年半ではミサイル発射実験4回、核実験3回と、その頻度は明らかに増加しております。

 金 日成 統治下(22年間):ミサイル発射1回、核実験0回
 金 正日 統治下(17年間):ミサイル発射3回、核実験2回
 金 正恩 統治下(05年半):ミサイル発射4回、核実験3回


金とミサイル

 米国トランプ新大統領から発せられる、ともすると過剰なまでに感じられる危機感は、実は国家を守るためには必要なことかも知れません。


関連記事
スポンサーサイト