アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

潜在意識の記憶によるブロック 〜 ある母子の場合 〜


 人間には潜在意識と顕在意識があります。潜在意識の「記憶」があるために顕在意識において物事に対して「思い」を持つとされます。快い記憶であれば明るい思いに繋がりますが、不快な記憶は時として「感情のしこり」を生み出します。心理カウンセリングの世界では「ブロック block」と呼ばれ、これは「障害物」、「一時的に思考が停止した状態」を差します。
 例えば、潜在意識に報われない悲しい記憶があると、努力してもダメなことを考えてしまいますし、失敗した時の悲しさが増幅されます。その結果、失敗を顧みずに努力できない、あるいは、失敗は大きなダメージを生むこととなります。愛情に飢えた記憶がある人は、本当は愛情に飢えているのに、愛情を表現したり、上手に作り出すことが苦手でだったりします。
 潜在意識の記憶が顕在意識の思いに影響を及ぼし、それが個人の行動を阻む障害となるのであればそれはブロックなのです。

 ある、高校生の息子さんがいる主婦の方から相談を受けました。その、母子のやりとりに、双方共に潜在意識にある種の記憶があって、それに伴うブロックが生じているものと思われました。


◇ 母親からの相談

 高校生二年生の息子を持つ普通の主婦の方からの相談です。ご自身も高校の英語教師をしておりますが、息子さんとは違う学校とのことです。少し、脚色してご紹介しますと以下の通りです。

 *****

 私は反抗期になった長男とすぐぶつかってしまいます。成績優秀でスポーツマンで、とても自慢の子供なのですが、家では全く勉強をしません。ゲームばかりやっています。それなのに成績が良いのは学校の授業と週1回の塾でしっかり勉強しているからだと思いますが、あまりにも机に向かわないので心配になるのです。
 もうすぐ三年生で大学受験もちらついてくる時期、読書や音楽鑑賞ならまだしも、家ではゲーム漬けの日々に、見るに見かねて声を荒げてしまいます。「家でももっと勉強しないと成績が落ちて大学受験で苦労するよ!」と。すると、長男の逆ギレが始まります。「お母さんがそいう言うから勉強したくなくなるんだ!」と大声をあげたりもします。
 子供の頃は実に素直に言うことをきく子だったのに、最近は全然ダメです。特に私の言うことには耳をかさないようになってしまいました。高校教師として、家での勉強は大事だと思うんですが、私が叱れば叱るほど意固地になるようで、今は長男が一番の悩みなんです。

 *****


 なんてことはない、どこにでもあるような、あるいは誰でも経験するような、母と子供の関係ですが、家で勉強しなくとも成績優秀と言うところが珍しいと思いました。内面で起こっている出来事を母親と長男の双方から考えて見ました。


◇ 母親の記憶とそれに基づく思い

 とりあえず成績が優秀なら様子見で良いのではないかと、他人事のように思いますが、あんまりゲームばかりでは不安になるのは解ります。親として当然の発想でしょう。ましてや高校教師ですので、大学受験の厳しさを知っていて、学校と塾だけではない、自宅での勉強の重要さは言うまでもありません。至って正論であり、母親として当然の意識でありますが、現実には、その思いがうまく回らず、長男を歪めてしまっています。

 母親の潜在意識に、自宅で勉強することの美徳に加えて、ゲームへの嫌悪、と言った記憶があります。40代後半のこの女性は、高校時代に自宅でゲームをした経験はなく、また、教師としても、スポーツは健全なもの、読書や音楽鑑賞は芸術的に優れたこと、そう言った価値観が確立している可能性は高いと感じました。

【母親の潜在意識における記憶】
  自宅での勉強        ○
  健全なスポーツ       ○
  芸術的な読書や音楽鑑賞   ○
  ゲーム           ×

 ゲームは良くないものとの潜在意識における記憶は、家では勉強をしないでゲームばかりやっている長男に対して、ゲームに対する嫌悪感と、それを止めさせたい思いが顕在意識に芽生えます、成績は優秀なのにです。結果として、成績優秀であることを褒めることも、家でゲームをしていることに寛容になることもできない、いわゆるブロックがかかった状態となっております。これはもう、勉強をしないでゲームばかりやっている長男の問題ではなく、母親の内面の問題なんです。


◇ 記憶に基づいて母親に反発する長男の思い

 こちらは母親よりももっと一般的で解りやすいです。大きく二つの可能性があると思います。一つは人間に備わった生来の「記憶」で、今ひとつは子供の頃の経験で作り出された後天性の「記憶」です。子供の時の経験に基づくものを「インナー・チャイルド」とも言いますが、それは別の機会に勉強したいとおもいます。

1.束縛や不自由に対して不快な記憶

 人間誰でも備わっている生来の記憶として「束縛や不自由に対する不快感」はあります。勉強すれば好成績を維持できる、もっと上を目指せる、大学受験にも勉強が必要なこと、それらを長男が知らないわけはありません。ゲームは目に良くないですし、学校や塾ばかりでなく家での勉強が大切なことも、、、。ではなぜ家では勉強しないのか?、本人は言っています、

 「お母さんがそいう言うから勉強したくなくなるんだ!」

と。その理由には勉強もゲームもありません。ただ束縛や不自由に対する不快な記憶がブロックとして働いているのです。

2.子供の時からの記憶

 別の考え方として、母親からの言葉にヒントが隠されています。

 「子供の頃は実に素直に言うことをきく子だったのに」
 
 母親は学校の教師ですし、初めての子供に対して、「歯を磨いて!」、「顔洗って!」、「ハンカチ持って!」、「もう寝なさい!」、と普通の家庭でも当たり前のしつけがあったと思われます。それ自体は責められるものではありませんが、長男が長い時間の中で、母親から色々言われ続けて来たことに対し、「母親からの命令に服従することへの不快感」を記憶として持った可能性はあります。
 受験を控えて、当然のごとく母親は勉強について言ってくる、それを予知した段階で、潜在意識の母親からの命令に服従することへの不快感の記憶が、母親がまだ叱っていない段階で、家での勉強にブロックをかけた可能性です。

  「特に私の言うことには耳をかさない」

 これは「母親個人に対する」感情、記憶であるところがミソです。他の人、ご主人とか?、学校の先生?、まだ現れていない誰かが言うとすんなり聞き入れることがあります。特定の人物の言うことには従わないのに、他の人だと素直に聞く、と言うのは、その人物の言い方が悪いのではなく、その相手との間にできた個別の記憶のためなんです。生来の記憶と異なり、子供の頃の記憶の場合は、誰かを特定して反応することがよくあるんですね。


◇ 指導と雑感

 お母さんに申し上げました。息子さんを叱るのを止めることです。嫌な顔をするのも、できれば嫌な思いをすることもやめましょう。大学受験を控えた高校生は家でも勉強するべき、ゲームは良くないとする、いかにも当たり前で正当な考えを消しましょう、と。むしろ、あんなに家では遊んでいるのに成績優秀な息子はすごい!、あれだけ家で遊んでいるからむしろ学校や塾の授業に集中できるんだろう、くらいに考えたらどうでしょうとも申し上げました。

 人間の顕在意識の人生における役割は潜在意識の記憶を浄化あるいはクリーニングすることだと、様々な宗教や教えで説いてます。それは、自分の潜在意識に記憶があることを知ることが第一歩だと私的には思っています。その記憶が生来のものなのか、前世なのか、あるいは子どもの時のものなのかは人それぞれですね。

関連記事
スポンサーサイト