アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

チャップリンの「独裁者」 演説

 ガイドとの接触の場に「オストリッチの中庭」を選択、などとしましたが、少し横道に逸れますけれど、チャールズ・チャップリンの映画『独裁者』の最後の演説の原文が手に入りましたので日本語訳をつけて掲載します。これもひとつの平和を願うスピリットであります。
 ご存知の方は多いと思いますが、この映画はナチスドイツのヒトラーがユダヤ人迫害、フランスやポーランドへの侵攻を進める最中に公開されたもので、こうしたファシズムに対する風刺、批判精神を訴えたものであります。映画の中で、素朴な床屋を扮するチャーリーが、ふとしたことから世界征服が実現して皇帝に就任するヒンケルと入れ替わり、その就任挨拶の演説の壇上に立つことになりました。
 この演説を現代の映像を組み込んだYouTube作品を見ますと、現代、世界が抱える問題点にも通ずる点が多々あり、70年以上も前のチャップルンの危惧は今なお続いていると言うところでしょう。

 *****

 映画『独裁者』演説 YouTube動画↓
チャップリン「独裁者」演説


I'm sorry but I don't want to be an Emperor. That's not my business. I don't want to rule or conquer anyone. I should like to help everyone if possible, Jew, gentile, black man, white.


 申し訳ない 私は皇帝になりたくない。そんなことは私のすべきことではない。私は人々を規制したり征服したりしたくない。私はできるだけ多くの人を支援したい。ユダヤ人であろうと黒人であろうと白人であろうとも。

We all want to help one another, human beings are like that. We all want to live by each other's happiness, not by each other's misery. We don't want to hate and despise one another. In this world there is room for everyone and the earth is rich and can provide for everyone.

 人類はお互いに助け合って生きるべきだ。本来人間はそういうものだ。私達はお互いの幸福を願って生きるのであって、互いに憎しみあったり、見下したりして生きるものではない。世界には全人類を養う充分な場所がある。

The way of life can be free and beautiful. But we have lost the way. Greed has poisoned men's souls has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed.

 人生は自由で美しいはずであるのに、私たちは道を違えてしまっている。貧欲が人々の魂を蝕み、その貧欲が世界を憎しみで分断し、悲劇と流血を招いている。

We have developed speed but we have shut ourselves in, machinery that gives abundance has left us in want. Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.

 私たちは急速に発展したが、その発展という檻のなかに本来の私たちを閉じ込めてしまった。発展した機械は私たちのあるべき姿を置き去りにした。私たちの知識は私たちを利己的にし、私たちの英知は私たちを不親切な人間にした。

We think too much and feel too little, more than machinery we need humanity, more than cleverness we need kindness and gentleness, without these qualities, life will be violent and all will be lost.

 私たちは考えすぎ、そして感じることが少なくなった。人間性や親切心がなければ、私たちの人生は暴力的になり、そして私たちは全てを失う。

 The airplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all. Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and little children, victims of a system that makes men torture and imprison innocent people. To those who can hear me, I say "Do not despair".

 飛行機やラジオは私たちお互いの距離を縮めた。そしてそれらの発明品を扱うには善意や人間愛や団結が必要だ。今、この瞬間、私の声は世界中の数百万人の人間耳に届いている。絶望した男性、女性、小さな子供たち、これらの人々は人を拷問し無実の人を投獄するシステムの被害者だ。私の声を聴く彼らに対し私は言う、「失望してはならない!」

 The misery that is now upon us is but the passing of greed, the bitterness of men who fear the way of human progress, the hate of men will pass and dictators die, and the power they took from the people will return to the people, and so long as men die, liberty will never perish.

 今私たちを覆っている惨めさは、本来の人間の繁栄を恐れる人たちの貧欲さや敵意からもたらされるものであり、この感情が去れば、独裁者たちは死に、かつて独裁者が人々から奪った権利は人々の元に返されるだろう。人類が滅亡しないかぎり私たちの自由は失われることはない。

Soldiers, Don't give yourselves to brutes, men who despise you and enslave you - who regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.

 軍人たちよ!、残忍な奴らに自分の身を委ねるな!。そいつらはお前たちを侮辱し、奴隷にし、厳しく生き方を強制し、お前たちに「何をすべきか」、「何を考えるべきか」、「どう感じるべきか」を言って来る。お前たちに軍事訓練をさせ、お前たちに餌を与え、お前たちを家畜のように扱い、末には砲弾の餌食にする、そういう奴らだ。

Don't give yourselves to these unnatural men, machine men, with machine minds and machine hearts. You are not machines. You are not cattle. You are men.

 そんな非人間たちに身を委ねるな! 機械的な奴らは機械的な心しか持っていない。お前たちは機械ではない! お前たちは家畜ではない! お前たちは人間なんだ!!

You have the love of humanity in your hearts. You don't hate, only the unloved hate. Only the unloved and the unnatural (hate). Soldiers! Don't fight for slavery, fight for liberty.

 お前たちの心には人間らしい愛がある。お前たちは憎しみ合うことはない。愛を知らぬ者、非人間性の者だけが憎み合うのだ! 軍人たちよ!、奴隷化のために戦うな、自由の為に戦え!

In the seventeenth chapter of Saint Luke it is written "the kingdom of God is within man" - not one man, nor a group of men - but in all men - in you, the people.

 聖ルークの第17章に「神の国は人々の心にある」と記されている。1人の人間のなかでも、1つの集団のなかでもない、君たちすべての人々の心のなかにあるんだ。

You the people have the power, the power to create machines, the power to create happiness. You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

 君たちには力がある。その力が機械を創り、その力が幸福をもたらす。そして君たちが持っている力が人生を自由で美しく、そして素晴らしい冒険の旅にしてくれるのだ。

Then in the name of democracy let's use that power - let us all unite. Let us fight for a new world, a decent world that will give men a chance to work, that will give you the future and old age and security.

 民主主義の名の下に、その力を使おうじゃないか! 団結するんだ! 新しい世界の為に戦おうじゃあないか。本来あるべき世界は、人々に働く機会があり、若者に明るい未来を示し、お年寄りには社会保障、そんな社会なのだ。

By the promise of these things, brutes have risen to power, but they lie. They do not fulfil their promise, they never will. Dictators free themselves but they enslave the people.

 こうした約束に基づいて力を付けた権力者は、しかし約束を守らなかった。彼らがその約束を実現することはない、絶対に。独裁者たちは自分たちだけを自由にして人民を奴隷にしている。

Now let us fight to fulfil that promise. Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do away with greed, with hate and intolerance. Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men's happiness. Soldiers! In the name of democracy, let us all unite!

 今、約束を果たすために戦おう。自由な世界のため、国境を取り外すため、貧困や憎しみ、不寛容を取り除くために戦おう。意味ある世界のために、科学や発展がすべての人々を幸福に導くために戦おう。軍人たちよ、民主主義の名の下に今こそ団結しよう!

Hannah, can you hear me? Wherever you are, look up Hannah. The clouds are lifting, the sun is breaking through. We are coming out of the darkness into the light. We are coming into a new world. A kind new world where men will rise above their hate, their greed and their brutality.

 ハンナ、聞こえるかい? どこにいようと顔を上げるんだ。雲が消えて太陽が輝いている。我々は暗闇から明るい世界へと脱出して来ている。新しい世界だ。人々は憎しみや貧欲を乗り越えた。

Look up Hannah. The soul of man has been given wings - and at last he is beginning to fly. He is flying into the rainbow - into the light of hope, into the future, the glorious future that belongs to you, to me, and to all of us. Look up hunna. Look up.

 ハンナ、見上げてごらん。人の魂には翼があったんだ。少なくとも今、彼は飛び始めている。彼は虹に向って飛んでいる、未来の希望の光に向って、その未来とは、キミに私にも、すべての人間にとって輝く未来だ。見上げてごらんハンナ、見上げてごらん!

チャップリン

http://www.geocities.jp/ryunk/contents/chaplin/last_speech.html
http://www.youtube.com/watch?v=CfAHws-6CMY
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する