アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

コヴィー 博士 の「7つの習慣(The 7 Habits of Highly Effective People)」

 当ブログの1つの大きなテーマである自己啓発、具現化(引き寄せ)のカテゴリーとして、今回、「原因と結果の法則」あるいは「引き寄せの法則」をベースに、さらに具体的な実践法を説いた「7つの習慣(The 7 Habits of Highly Effective People)」を勉強いたしました。これは、スティーブン・R・コヴィー 博士 によって書かれた人生を幸福に導く成功哲学です。著作権に抵触しないよう、なるべく本書に書かれた文章の引用は避けて、要約して参りたいと存じます。

7つの習慣 表紙


◇ インサイド・アウト(内から外へ)

 「7つの習慣」のベースにはインサイド・アウト(内から外へ)という考え方があります。これは、「原因と結果の法則」で言うところの「思い」が「人格」を作り、それが己の「環境」にも働きかけるとする発想に基づいたものです。真の成功と幸福に導くものは優れた人格を持つことであり、自分自身の内面(インサイド)から外(アウト)に働きかけることであると説いています。「影響を受ける」より、「影響を与える」を推奨しています。人生の扉は、中から開くことしか出来ないのです。


◇「7つの習慣」の概要

 「7つの習慣」は上述の「インサイド・アウト」の考え方から派生した、成功の鍵を握る「7つの習慣」が示されます。これらは独立して存在するものでなく、それぞれが深く関連しています。「7つの習慣」は3つに分類されています。

1.私的成功

   第一の習慣:主体性を発揮する
   第二の習慣:目的を持って始める
   第三の習慣:重要事項を優先する

2.公的成功

   第四の習慣:Win-Winを考える
   第五の習慣:理解してから理解される
   第六の習慣:相乗効果を発揮する

3.再新再生

   第七の習慣:刃を砥ぐ


 これらが「習慣」とされている理由は、本書の中で引用されている、以下の、アリストテレスの言葉に従っております。

 人格は繰り返す行動の総計である
 それゆえに優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である


7つの習慣模式図


◇ 私的成功

 第一の習慣~第三の習慣までは、「私的成功」を達成するものとして位置づけられています。これらは依存から自立への成長を促すものです。

第一の習慣:主体性を発揮する

 出発点となる第一の習慣は「主体性を発揮する」です。人は誰でも「思い」のあり方によって自分の反応を選択する能力を持つと言うことです。例えば、起こったこと、他人の行動や発言に対して、不快になることも、許すことも、そして感謝することもできます。外界に対してどう反応するかを自分で選択しているのです。この自らの反応のしかたを主体的にコントロールし、周りの状況に左右されることなく、率先的に状況を改善する行動を起こすこと。それがまずもって求められる能力です。

第二の習慣:目的を持って始める

 これは、人生の最後の姿を思い描いて、自分自身をどう創り上げるかを決めることです。ここでは“ミッション・ステートメント”と呼ばれる、個人的な決まりごと、あるいは信条を書き上げることが勧められています。自分の目標、行動の基礎となる価値観や原則を文章化するのです。そしてこの“ミッション・ステートメント”をあらゆるものごとを計る「ものさし」として使うのです。

第三の習慣:重要事項を優先する

 目標が決まれば、次はそれをどのように実現するかが大切になってきます。それが第三の習慣「重要事項を優先する」です。“ミッション・ステートメント”に照らし合わせて「重要なこと」を優先する姿勢です。電話や会議や接待などの単に「緊急なこと」に振り回されることなく、また、遊びやテレビや待ち時間などの「重要でないこと」に流されることなく、「重要なこと」を優先するのです。


◇ 公的成功

 第四の習慣~第六の習慣は、「公的成功」を達成するものに位置付けられています。これは信頼を元手に人と協力体制を築き、より大きな成果の達成を目指すことです。

第四の習慣:Win-Winを考える

 “ Win-Win”とは「自分も勝ち、相手も勝つ」という考え方です。当事者全員が望ましい結果を得て、満足できる状態を目指すことです。「最後に笑うのは誰か?」という“ Win-Lose”の考え方や、「ご主人様の仰せのままに」という“ Lose-Win”の考え方とは対称的な発想です。自分だけが利益を得たり、犠牲になると言う考え方は、多くの場合、万民の賛同は得られません。双方ともに、参加者全員が利益を得る発想が人の心をつかむのです。そしてもし、万が一、双方の “ Win-Win”を実現できないときには、勇気を持って“ No Deal”(取引しない)を選択すべきと説いています。

第五の習慣:理解してから理解される

 “ Win-Win”の発想を持って、高度な信頼関係を築いて行く最初の一歩は、お互いを理解しあうことから始まります。本当の意味で理解しあうために必要な習慣は、自分のことを理解してもらう前に、相手のことを理解しようとする習慣です。相手を評価したり、探ったり、助言しようとしたり、解釈しようとしたりしようとせず、相手に感情移入し、相手の目を通して人生を見つめるのです。そのために最も効果的な方法は、相手以上に相手の立場をうまく説明することです。

第六の習慣:相乗効果を発揮する

 公的成功の最後は「相乗効果」についてです。これは、本書では「全体の合計が各部分の和よりも大きくなること」としており、1+1を2よりも大きくする創造的な協力体制を目指すものです。相乗効果的な人間関係は、多くの場合、防衛的な本能が働き、実現は稀です。全ての当事者が「私的成功」を備え、第四~第五の習慣を実践し、不安や不満に打ち勝って相手との相違点を尊ぶことができたとき、初めて発揮できる能力です。


◇ 再新再生

第七の習慣:刃を砥ぐ

 最後は他の全ての習慣を支える、人生の基本的な4つの側面の維持について説かれております。以下4つの側面についてバランス良く取り組むことで、「自分自身」という最も大切な資源を維持するのです。

 ・肉体
 ・精神
 ・知性
 ・社会・情緒


 肉体とは、食事と休養と運動に取り組み、主体性を発揮できる高いエネルギーを手に入れることです。精神は揺るぎのない穏やかで明朗な心を持つ事です。知性は、読書などから先人たちの知恵や知識や思考法を学び、適切なアウトプットによって知的側面の刃を砥ぐことです。社会・情緒とは、社会における良好な人間関係を築くことで情緒的な安定を得ることです。対外的な安定は情緒的な安定と深く結びついているのです。


◇ あとがき

 コヴィー 博士 の「7つの習慣」はビジネス・ライクに考えられがちですが、人生や実生活のいろんな局面に役に立つ考え方です。本書を何度も読むのは困難ですが、各タイトルを理解して心の片隅に置いておくことで、必ずや未来が開ける、そんな成功哲学の一つかと存じます。


関連記事
スポンサーサイト