アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

神の島、世界の中心、人類発祥の地?と、その歴史を伝承するある女性、沖縄 久高島ツアー記 – その2


 久高島ツアー記の続きです。まだ2泊3日の初日、夕方であります。

◇ ある拝所にて

 ガベール岬を後にした一行は、真栄田さんの先導である拝所へと案内されました。

 ある拝所にて

1.記帳の文字を見て個人の問題を指摘

 6畳くらいの狭い部屋に入り、全員が記帳をしたところで、真栄田さんはその文字を見て、一人一人に話しかけて来ました。「◯◯さんと読むんですね?」と言って、顔をジッと見つめた後、目を閉じて霊視を行うようにして、私には「腸の具合が悪くて気にされているようですね?」と言われました。そう言われればそうかも知れませんが、最近、アンチエイジングの記事を書きながら、食物繊維や焼き海苔を食べる習慣を取り入れている、そうした腸への意識を読まれたのかも知れません。同じように、「肥満体質を治さないと成人病に罹りますよ!」と言われた男性は少し前に脳梗塞を患ったとのことでしたし、何かと自信なさ気で、オドオドした態度の男性には「1日1回、どこかで大きな声をあげるようにしたら良いですよ」とアドバイスされてました。

2.先祖に守られていることへの自覚について

 一人一人へのアドバイスに続いて、真栄田さんから、ご先祖様についての考え方のお話がありました。これは、先日、久高島について予習した際にご紹介した「祖霊信仰」、すなわち既に死んだ祖先が生きている者の生活に影響を与え得ると言う信仰に基づくものでありました。
 それは、「『ご先祖様』と言うと、何代前くらいまで思い浮かびますか?」との問いかけから始まりました。「せいぜい、おじいさん、おばあさんの親の代くらいまででしょう?」と続きます。確かに自分のご先祖様がどこにルーツがあるのかを正確に言える人は極めて少ないでしょう。真栄田さんの口から「1000年、2000年前のご先祖様」と言う言葉が発せられ、これは身近にはない、もっともっと壮大な意味が込められていることが伝わって参りました。

 「1000年、2000年前のご先祖様」と言う発想

 確かに、親から子供へ、そして孫へと言う命の連続性が絶たれない限り、血の繋がった「1000年、2000年前のご先祖様」は必ず確実に存在したはずであります。真栄田さんが言うには、すべてのご先祖様が個々の人間を守っているのであり、そうした過去の人間に守られて今があり、そして未来に向けて今度は自分の子孫を守って行く、そうした先祖と子孫を繋ぐ「中継点」に人はいるとのことでした。

 すべてのご先祖様が個々の人間を守っている
 過去の人間に守られて今があり
 未来に向けて今度は自分の子孫を守って行く
 人は誰でも先祖と子孫を繋ぐ中継点にある


 お彼岸では我々が先祖の元に出向いて供養し、お盆では先祖が我々の元に来てくれる、と一般的には言われておりますが、真栄田さんによると、2、3代前くらいの近いご先祖様はお墓にいるけれど、もっと前のご先祖様はもう自然界に溶け込まれた神であり、積極的にお呼びしなければならず、それが供養であり、ご先祖様(神様)に差し上げるお供えが必要である、とのことでした。
 
 さらに言えば、海の彼方にあるニライカナイよりガベール岬に降り立った、女性のアマミキヨと男性のシネリキヨが最初の人類であり、その二人こそが我々の2000年前のご先祖様かも知れないと、、、。


◇ 海ぶどう(クビレズタ)

 夕食は、島に2つしかない食事処の1つ「とくじん」で「海ぶどう丼定食」をいただきました。海の香りがほんのりとして、プチプチとした歯ごたえ、食感がなかなか美味でありました。ここでは、お土産で買って帰りました「海ぶどう(クビレズタ)」について勉強しました。

食事処とくじん
食事処「とくじん」

海ぶどう丼定食
海ぶどう丼定食

海ぶどう丼
海ぶどう丼

海ぶどう土産
お土産 海ぶどう(1箱600円、3箱で1000円)

海ぶどう中身
お土産 海ぶどうの中身

調理の仕方図
お召し上がり方
 1)食べる分だけ取り出して水気を切ります。 
   ※食べきれない分は袋に水気を残しておいて下さい。
 2)水に浸して味見をしながらお好みの塩加減に整えて下さい。
 3)サッとすすぐと歯ごたえが戻ります。
 4)お好みで酢醤油、ポン酢、ドレッシング等でお召し上がり下さい。
   ※調味料を直接かけると食感が失われしぼみます。
   ※つけてお召し上がり下さい。

海ぶどう土産内容
お土産 海ぶどう 但し書き

1.海ぶどう(クビレズタ)の概要

 海ぶどう(クビレズタ、学名:Caulerpa lentillifera)は、イワズタ科イワズタ属に属する海藻で、沖縄県や鹿児島県では、「海ぶどう」や「グリーンキャビア」と呼ばれ、食用にしています。日本では南西諸島に、海外では東南アジアやオセアニア等の浅海域に分布し、主に、潮間帯の下部から漸深帯の砂地に生育しています。長さ2-5m程度まで成長し、匍匐茎(ランナー)を伸ばし、匍匐茎の途中から直立する茎が生えます。この直立する茎が食用になる部位で、球状の小枝(葉のような形状)が密生しており、「海ぶどう」の由来にもなっています。また、和名のクビレズタ(くびれた蔦)は、直立する茎と小枝の間がくびれていることから名がついたとされます。

海ぶどう写真

2.食用として

 沖縄県では、昔から食べられており、生で醤油や三杯酢等をタレのように浸けながら食べますし、刺身の付け合わせにもされます。ご飯の上にのせて三杯酢をかけた「海ぶどう丼」や、味付けせずに沖縄そばの上に乗せて「海ぶどうそば」として食べることもあります。調味液に長く浸すと、プチプチとした食感をもたらす粒状の部分がしぼんでしまうので、食べる直前にタレをつけて食べるのが推奨されます。また低温に弱く、冷蔵庫で保存すると萎んでしまいます。

3.海ぶどうレシピ

 いくつかネットで拾った海ぶどうレシピをご紹介します。

海ぶどうサラダ
海ぶどうサラダ

海ぶどうとアボガドわさび醤油
海ぶどうとアボガドの海苔巻き(わさび醤油で食べます)

山芋と海ぶどうあえ
山芋の海ぶどうあえ

4.にぎり寿司を使った海ぶどう料理の試作

 磯の香りが強い海ぶどうですので、寿司メシや魚介類に合うのは当然のことですが、パックのにぎり寿司を買ってきて、以前も紹介した焼き海苔で巻く手法で海ぶどうをいただきました。素晴らしい味わいでした!

海ぶどう タコ
タコ:寿司メシ少々とわさびを加えています

海ぶどう エビ
エビ

海ぶどう エンガワ
エンガワ

海ぶどう マグロ
マグロ

海ぶどう だけ
寿司ネタなしで海ぶどうだけでも十分に美味しゅうございました


◇ 久高島宿泊交流館にて夜の勉強会

 夕食後、宿泊施設である久高島宿泊交流館に戻ったところで、真栄田さんによる夜の勉強会が開催されました。

1.禁酒・禁煙について

 やはり、久高島の夜は、酒と喫煙は禁止でありました。これはこの島自体がそうだと言うのではなく、実際、交流館内には「オリオンビール 冷えてます」と張り紙がしてありました。単純に真栄田さんが酒、タバコが嫌いだからのようにも思えますが、真栄田さんに言わすと「島が汚れるからダメ」だそうです。タバコはともかく、酒については、ちょっと納得がいかない気もしますが、ま、神々がおわす久高島ではありますが、バッカス(Bacchus:ローマ神話のワイン神)はいらっしゃらないご様子でした。

2.真栄田さんが島に戻った転機

 真栄田さん自身の話をうかがいました。ここでは、別に記載されている文章と併せてのご紹介となります。すでに中村文昭氏の文庫本にもなっている内容です。
 真栄田さんは、久高島で神に仕えるのに反発して15歳の時に島を出て、普通に結婚してお子さんにも恵まれました。どんな商売をやっても繁盛して、一時期は4店舗ほど同時にやりくりしていたとのことです。昔から不思議なことが当たり前で生きてきて、特別な努力とか勉強とかせずとも、直感だけで上手く行ったのではとされます。

 島を出て普通の家庭で商売繁盛

 ところが、約20年前頃になると、島に帰って来るようにと、盛んにシグナルを受けるようになったとのことです。そのシグナルは、屋根から落ちるような不測の事態や、体調不良と言うかたちで真栄田さんに降りかかり、ご自身が言われるには、「全く鎮痛剤が効かない体質」にて、ずいぶんと痛い思いをされたとのことです。

 「島に帰れ!」とのシグナルに苦しめられ

 50代くらいの頃でしょうか?、体調不良は、主として胃潰瘍と子宮筋腫だったようですが、病院に行っても一向に良くならず、最後の方は死神に憑りつかれたかのような形相をしていたそうです。そんなある日、とにかく栄養をとろうとある食堂に這うように出て行ったとき、先にいた一人の女性客が真栄田さんを見て言ったそうです。

 「あなた、大変なもの背負ってるわね。それ、あなたの病気じゃないから。
  逃げちゃダメ、決めなさい!」

 すべてを見透かされたような口調で、真栄田さん自身もその意味するところは解っていました。「島に帰れ!」、と言うこと、もう逃げられない、心の中で「はい!」と言って、食堂を出て家の玄関に着いた瞬間、まるで出産するかのようにボトッと子宮筋腫が落ちて、そこで出血もピタリと止まり病気を克服したそうです。それが今から19年前のこと、、、。

 こうして、久高島ツアー、長〜い1日目が、禁酒のままで終わりました。

関連記事
スポンサーサイト