アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

日本の、誇りに思う!、フィギュアスケート男子、史上初300点台、羽生 結弦 選手 歴代最高得点!


 昨日、フィギュアスケート、男子フリーで 羽生 結弦 選手がすごい記録を作りました。まずは記事を掲載します。

羽生300点越えニュース

 *****

羽生 史上初の300点超えで圧巻∨!SP、フリー共に世界最高得点

羽生NHK杯金メダル写真

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は28日、長野市ビッグハットで行われ、前日のショートプログラム(SP)で世界最高得点となる106・33点を記録した羽生結弦(20=ANA)が男子フリーに登場。フリーの世界最高得点となる216・07点を記録し、SPと合わせて322・40点で優勝した。300得点を超えるのは史上初めて。羽生は連覇中のGPファイナル(12月、スペイン・バルセロナ)への進出を決めた。

 前日と同じく最終滑走者として登場した羽生は、昨日に引き続きノーミスの演技を披露。パトリック・チャン(24=カナダ)の持つ、295・27点の世界最高得点を大幅に更新する、史上初の300点台の得点をを叩き出した。

 SPで95・64点の高得点を記録した金博洋(18=中国)が、合計266・43点で2位。SP3位の無良崇人(24=洋菓子のヒロタ)は合計242・21点で3位を守った。田中刑事(21=倉敷芸術科学大)は合計234・90点で自己ベストを更新し、5位に入った。

 *****



◇ ショート・プログラム 映像 YouTube

 2015年11月27日 NHK杯 羽生 結弦 選手のショート・プログラム演技 YouTube


◇ フリーの演技 映像

[広告] VPS




◇ 点数が出た瞬間

[広告] VPS



◇ インタビュー

[広告] VPS



◇ 私見

 人生において最高の時と言うのは誰にでもあると思います。「もっとも貪欲な時期」、「なんでも出来る時」、「円熟味を増した今」などなど、、、。アスリートにとっても、心身ともに最高レベルの時はあるはずです。私たち、アスリートを応援する立場の人間は、ついつい先に目が行きがちで、グランプリ・シリーズのNHK杯で優勝、ファイナル進出となると、そのファイナルでの活躍に期待します。そもそも、多くの人が、フィギュア・スケートにおいてはオリンピックを節目に思うものです。
 しかしながら、羽生選手が必ずオリンピック・イヤーに人生の最高の時を迎えるとか限りません。もしかしたら、昨日の試合が人生最高のプレーだったのかも知れません。それくらい、神が宿ったような、史上最高のプレーであり、鳥肌が立つ思いをしたのは私だけではなかったと思います。
 「血のにじむような練習をしてきた」とインタビューでの羽生選手、、、。我々に感動を与えてくれたその努力に深く感謝いたします。


関連記事
スポンサーサイト