アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

Kingda Ka 「世界一怖い!、一生で一度は乗ってみたい」と評判の新時代 - 21世紀型コースターのご紹介


 夏休みの旅行シーズンにて、ちょっと変わった題材を「世界の名所へのご案内」のカテゴリとして取り上げます。「Kingda Ka」、米国、ニュージャージー州、ジャクソンにある「Six Flags Great Adventure & Safari」と言うテーマ・パーク内にあるローラー・コースターは、これまでのコースターの概念を覆す新時代のものと思われます。同タイプのコースターは、すでに世界に3つくらいはあるようですが、ここKingda Kaは「世界一怖い!、一生で一度は乗ってみたい」との口コミがあります。

SixFlags great Adventure Safari HP図
1 Six Flags Blvd Jackson NJ 08527
Six Flags Great Adventure & Safariのロケーション:1 Six Flags Blvd, Jackson, NJ 08527, USA


◇ これまでのローラー・コースターの概念と動力

1.概念

 ローラーコースター (Roller coaster) は、遊園地に設置されている遊具、アミューズメント・マシーン(ライド)の一種で、絶叫マシン(スリル・ライド)等と呼ばれる種類の乗り物の一つであります。日本ではジェット・コースターと呼ばれることが多いが、ジェットエンジンなどは使われていません。ローラー・コースターの乗客は、急勾配や角度の付いたカーブするレールの上を高速で駆け抜け、時には一回転して天地逆転するスリルを味わいながら一周することでこの遊具を楽しみます。

2.動力の仕組み

 基本的に、ローラー・コースターの乗客が乗る列車自体に動力は存在せず、一般的にはチェーン・リフトによってレールの最高到達点まで車両を巻き上げ、ここから下りの傾斜を走らせることで位置エネルギーを運動エネルギーに転換して速度をつける仕組みになっております。そして、ある程度下ったら再び傾斜を駆け上がらせて運動エネルギーを位置エネルギーへと転換します。この間、運動エネルギーは摩擦や空気抵抗などの要素によって減衰しているため、第二の山以降では頂上が徐々に低い位置におかれます。この動作を繰り返すことでローラーコースターは進んで行き、最後に車両に取り付けられた金属板をレールに設置されたブレーキパッドで挟んで摩擦を起こし、運動エネルギーを主に熱エネルギーとして放出して停止します。


◇ 新時代のコースター Kingda Ka

1.コースの概要

 Kingda Kaのコースは極めて単純で、仮に上空から見降ろした場合、半円と長方形 = □が合わさった形態であり、グルっと一周弱して来て終わりです。平地から行って上がって旋回して下って、帰って来る、そこにちょっとした山があって、終わり、とそんなコースであります。

Kingda_Ka 01 全行程
Kingda Kaの外観

Kingda Kaのコースシェーマ
Kingda Ka上空から見降ろした場合のコース・シェーマ

【Kingda Kaのスペック】
 開  業  2005年5月21日
 製  造  Intamin AG
 仕  様  Accelerator Coaster
 設  計  Ingenieur Buro Stengel GmbH
 全  長  950.0 m
 最高位置  139.0 m(世界第1位、地上45階相当)
 落  差  127.4 m(世界第1位)
 上昇角度  90°
 落下角度  90°
 最高速度  206.0 km/h(世界第2位)
 乗車時間  28秒

2.スタートからの急加速

 ホームで乗車して身体を固定した後に、20〜30 m移動してから停車します。スタートの放送が流れたところで動き出しますが、実はそこからの数秒がこのコースターにおいて最高の恐怖の瞬間と言えます。スタートからたったの3.5秒で最高速度の206.0 km/hにまで到達する時間は、顔面の皮膚が空気抵抗でのっぺりと拡げられて痛いような緊張を感じます。急加速に伴う反動で後頭部はヘッドレストに押し付けられ、小刻みながら強い振動が全身に伝わり、何か事故があれば確実に死に至る、「世界一怖い!」とのコメントが理解できます。

Kingda Ka 001

Kingda Ka スタート直後 02

3.勢いをつけた垂直上昇

 206.0 kg/hの速度で放たれた車両は速やかに地面との角度を上げて垂直まで行きますと、車両のスピードが徐々に低下しながら、恐怖心とは逆の、むしろ青空を見ながら昇天する爽快な感覚を得ます。

Kingda Ka 垂直上昇し始め 03

4.頂上に到達してからの水平移行

 一気に頂上付近まで登りつめたところで、右へ90°旋回して水平状態へと移行します。通常のローラー・コースターで遠心力によりしばしば感じる身体が浮く感覚よりも、ほとんどスピードが無い状態での無重力感で下降ラインへと向かいます。

Kingda Ka 頂上で反転 04

5.右旋回から下降ラインへ

 頂上から下降ラインへは右270°の旋回で移行します。一瞬ですがこの旋回には恐怖を覚えて、地面に真っ直ぐに向かう下降ラインでは、全くの垂直落下を体験しますが、これは従来のコースターでも実感できるものに近く、スタート直後の急速な加速感に比べると自然落下の感覚には安心感すら感じます。

Kingda-Ka 落下し始め05

Kingda Ka 落下中 06

6.垂直落下が終了した後

 落差127.4 mの垂直落下が終了したところで水平移行から緩やかな山がありますが、最初からほぼ全行程を知っていることもあって、もうこれは普通の子供用のコースターレベルの感覚で昇り降りしますが、それはそれで事故なく完了した爽快感があります。短い時間で様々な感覚が得られるKingda Kaに「一生で一度は乗ってみたい」気持ちは解ります。

Kingda Ka 落下した後 07

Kingda Ka もう一山超えて最後の下り 08

7.全行程の動画

 乗車中のYouTube動画をご用意しました↓
 Kingda KaのYouTube動画


◇ 付録:世界のローラー・コースター 速度ランキング

世界コースター速度ランキング

01 アブダビ フォーミュラ・ロッサ
アブダビ フォーミュラ・ロッサ

03 米国 トップ・スリル・ドラッグスター
米国 トップ・スリル・ドラッグスター

05 日本 ドドンパ
日本 ドドンパ

05 米国 スーパーマンエスケープ・フロム・クリンプトン
米国 SUPERMAN: Escape from Krypton

052 豪州 タワー・オブ・テラーⅡ
豪州 Tower of Terror II

07 米国 フューリー325
米国 Fury 325

072 日本 スチール・ドラゴン2000
日本 スチール・ドラゴン2000

09 米国 ミレニアム・フォース
米国 Millennium Force

10 カナダ レヴィアタン
カナダ Leviathan

関連記事
スポンサーサイト