アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

橋下大阪市長の発言について

 橋下徹 大阪市長の発言が物議を呼んでおりますが、スピリチュアル的な発想 (?)で私見を申します。ツイッターや記者会見でたくさんの発言があり、反論やら釈明やらもありますので、ごくごく一部のみを紹介しますと、、、。

 *****

◇橋下氏発言

「人間、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実、特に戦場を駆け抜けた男達であれば、そういう心身を休める手段は必要であった」として、当時の慰安婦の必要性を強調。

沖縄における性犯罪の実態に触れ、沖縄の在日米軍海兵隊幹部に、風俗業者を活用するよう求めて、「米軍が法律で認められた日本の風俗業を利用することに何ら問題はない」と力説。

慰安婦に関して「今の視点で良いか悪いかと言われれば、良いことだとは言えない。ただ、世界各国を見れば、軍人の性的欲求の解消策が存在したのは事実」と当時の出来事として容認、加えて、これを集団レイプの如く扱われ日本だけが責められるのは不当であることを主張。

 *****


 従軍慰安婦について、橋下氏の発言は、現在において許されるものではなくとも、過去のその時点においては容認されるものとのご意見であり、男性の性への欲求を満たす手段として風俗営業の活用を推進する姿勢と受け止めております。さらには、従軍慰安婦について日本だけが軍による集団レイプであるかのような扱いをされていることに不満を示しているようです。
 これに対して、「女性の尊厳を著しく傷つけるもの」、「公人として見識と品位が疑われる」、「他国に同じような過去があったとしても、それで日本の慰安婦問題が許容されるわけではない」などと、各新聞で攻撃されている模様です。

 道徳的かつ恒久的な害悪の容認、正当化には反対

 個人的見解として、、、。歴史認識がどうであるか?、過去のその時点において正当な行いであるか?、政治家(公人)の発言としてどうか?、と言う以前の問題があると思います。あらゆる生きとし生けるものに魂があるとしても、畜生と比較して人間は高い精神世界を持った存在と言えるかと存じます。つまり、高い精神性に基づいて、弱肉強食の畜生とは異なり、人間には道徳があります。例えば黒人奴隷制度(アパルトヘイトを含む)やユダヤ人虐殺(ホロコースト)、無差別なテロ、その他の人権侵害、差別、暴力と言ったものは、人類が経験した非道徳的行為であり、これらは、道徳的かつ恒久的に害悪と見なしていいものだと思います。すると、あらゆる人間は精神世界に生きており、道徳の観念から考えて、これらのものについて、いかなる理由があろうとも容認、正当化は成り立たないものと考える次第です。

http://twilog.org/t_ishin
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する