アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

日本のパワースポット:四国地方 第二版

◇ 徳島県

大麻比古神社

祭  神 大麻比古大神、猿田彦大神
所  在 徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13
電  話 088-689-1212
アクセス JR鳴門線 徳島駅より徳島バスで42分

大麻比古神社地図

 徳島県鳴門市にある大麻比古神社は阿波国一の宮で、地元では古くから大麻山を御神山として信仰が続けられてきた神社です。大麻比古神社は猿田彦大神も合わせて祭られています。
 おだやかな境内のシンボルが御神木で樹齢1000年を越えるといわれている大楠です。楠は神社でよく植えられていますが、柔和でやさしいエネルギーを持っていて、疲れた心や傷ついた心を包んで癒してくれるとされます。大麻比古神社のエネルギーはなんと言っても背後の霊峰・大麻山からやってくる、道開きの力です。世の中ですでにいろいろな選択肢が決まっている道のりについての開運を応援してくれるパワーもありますが、それ以上に、まだ誰も分け入ったことのない未知の分野に大きな一歩を進もうとするような、新しい可能性を切り開くパワーをサポートしてくれます。無垢で純真なそのエネルギーを現実化しようとする時に必ずお力になってくれます。

 新しい可能性を切り開くパワーをサポート
 無垢で純真なエネルギーを現実化する時に有効


大麻比古神社



金刀比羅宮

祭  神 大物主神、崇徳天皇
所  在 香川県仲多度郡琴平町892-1
アクセス JR土讃線 琴平駅下車、徒歩20分、
     高松琴平電鉄 琴電琴平駅下車、徒歩15分

金刀比羅宮地図

 金刀羅宮は長く神仏習合の一大聖地として知られていました。現在の御祭神は大物主神ですが、もともとインドの神様で仏教に取り入れられたクンビーラが日本に入ってきたとき祭られるようになったといわれています。こんぴら、というのはクンビーラが訛ったものではないかとされているのです。インドのガンジス川のワニが神格化されたヒンズーの神様として、農業や漁業を守る水神であったり、豊穣や富の神様として庶民の信仰を集めるようになりました。明治の神仏分離によって、現在ではオオクニヌシノミコトの和魂(にぎみたま)である大物主神が御祭神となっています。
 ヒンズーの神様であったクンビーラは富や水を司る金龍神のエネルギーを持っていました。そこに、オオクニノヌシノミコトの柔和な性質が加わることによって、庶民にも親しみやすく、人々の様々な願いを現実の世界に反映させるパワーを担っています。豊かな生活を願う庶民の思いを実現させ、商売繁盛のサポートをしてくださいます。

 人々の様々な願いを現実に反映させる

金刀比羅宮



http://www.ooasahikojinja.jp
http://ja.wikipedia.org/wiki/金刀比羅宮
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する