アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

パワーストーン 覚え書き 五十音順 「か」行 第二版

◇ ガーネット Garnet

 「実りの象徴」:積み上げた努力を実らせる
 オーラが強まる、積極性が高まる、人気運を向上
 信頼と愛情の石
 愛を継続させ、永遠の愛と幸福をもたらす
 性的な興奮を起こさせる


【和  名】柘榴石
【宝石言葉】「実りの象徴」とされ、目標に向かい、コツコツと積み上げてきた努力の成果を実らせて、成功へと導いてくれるといわれています。体中に活力・気力を行き渡らせ、意識を高揚させ、エネルギーをもたらす効果があります。人生の暗闇のような状態に忍耐力、精神力を強め、心の目を開かせ、洞察力を高め、物事の本質が理解できるように促し、変化をもたらします。
 この実りの効果は恋愛にも発揮され、持つ人に「一途な愛」、変わらぬ愛情を持たせ、忠実さや貞節を守らせる力があると伝えられます。愛を継続させ、恋人の移り気を防ぎ、永久の愛と幸福をもたらすと言われます。また、生殖器系に働きかけ性的な力や興奮を起こさせるとも言われます。
 人間関係の不和やトラブルを解消してくれます。身につけると、寛容になれ、自分勝手な行動に出なくなり、オーラが強まり、積極性が高まり、人気運も高まると言われます。女性の場合は特に、周りの人が持ち主とうまくやっていこうとするように作用します。
【伝  説】名前の起源は、ラテン語で“granatus”「種子」の意味に由来するとされ、日本では、ざくろに似ていることから「ざくろ石」と呼ばれます。古くから世界各地で「神聖な石」として崇められ大切に扱われてきました。古代エジプトでは、特別な彫刻を施したガーネットを強力な護符として崇め、ユダヤ教の祭司は、真理を得る石として身につけていたと言われます。ヘレニズム時代、中央アジアまで東方遠征したアレキサンダー大王は、インド産のガーネットを自国まで持ち帰ったと言われています。ローマ時代になりガーネットの人気は衰退したのですが、中世期になって、パイロープと呼ばれる血のように真っ赤なガーネットの発見により、ふたたび人々に愛好されたと伝えられています。中世ヨーロッパ時代ではこの石が示す赤色が「一族の血の結束」を表すとして王家の紋章として尊ばれてきました。
 1月の誕生石としても有名なガーネットですが、「信頼と愛の石」としてロマンティックな伝承が残されている石でもあります。
【身体効果】血液、循環系、免疫系、心臓、皮膚、うつ病、解毒、安眠、食中毒、リューマチ、関節炎
【注意事項】一途な愛を象徴するので、執着心を強める恐れもあります。
【守護対象】1月、牡羊座、獅子座、乙女座、蠍座、射手座、山羊座、辰年、結婚18年目
【浄化方法】水、太陽、月、お香、水晶クラスター、塩、土・砂、エッセンス
【弱  点】衝撃

ガーネット


◇ カーネリアン Carnelian

 行動力、集中力、知覚を向上
 大切な人との絆をより深く強めるパワー


【和  名】紅玉髄
【特  徴】カルセドニーやアゲートの中で赤色のものをカーネリアンと呼びます
【宝石言葉】明晰な思考、希望に満ちて
【一般効果】これから何かを始める時、あるいはエネルギーの不足を感じる時に有効です。臆病な気持ちを退け、力強さと勇気を与え、目標の達成や成功に導いてくれると言われます。行動力を与え仕事をテキパキとこなすのに力を貸します。集中力を高め、知覚の機能を活気付け、真実を見極めて自分の持つ最大限の能力を発揮させるので、与えられた役割の成果を上げて仕事を成功に導く力があります。
 カーネリアンの持つ明るいバイブレーションは、失いかけた希望や情熱を与え、モチベーションや好奇心を刺激し、目的に向かうエネルギーを高めてゆくので、何かを始めたい時、引きこもりがちな時、独立・新規ビジネスなどに効果的です。心身の安定をはかり、感情をコントロールしてイライラしや怒り鎮め、ストレスや嫉妬心を取り除き、悪夢にも効果があると言われます。
 さらに、友人や恋人など大切な人との絆をより深く強めるパワーをもちます。イライラした感情を鎮め、感情をコントロールし、まわりの人々との関係を平穏にしてくれます。恋愛関係においては性的なものをベースにした恋愛に働く力を持ち、恋が終わった時すぐに次の恋を運んでくれる石とも言われます。
【伝  説】語源はラテン語で「肉」という意味の“carnis”、または「新鮮」という意味の“carneolus”に由来するともいわれています。古くから世界中の人々の間で使用されてきた石で、古代エジプトでは「幸運を呼ぶ石」として身につけられていたといいます。紀元前2500年ごろのメソポタミア王墓から、この石を使用した装飾品などが発掘されています。
 古くから護符として大切にされ、戦士が戦場へとおもむく際に「勇気と勝利」のお守りとして身につけていたといわれています。またイスラム教のマホメットが身につけていたとの言い伝えから「魔力石」、「悟りの石」とも呼ばれることがあるようです。そのほか世界中のさまざまな地域で装飾品や印鑑として用いられてきましたが、なかでもナポレオンが常に携帯していたとされるカーネリアンの八角形の印章が有名です。
【身体効果】発熱、感染症、血行、止血、鼻血、心理障害、体力、神経痛、肝臓、胆嚢、膵臓、皮膚、安眠
【守護対象】7月(英)4月27日、牡羊座、乙女座、山羊座、辰年、水曜日
【浄化方法】水、月、水晶クラスター、塩、土・砂、エッセンス
【弱  点】衝撃、太陽、化粧品

カーネリアン


◇ カイヤナイト Kyanite 

 直感力、想像力、洞察力、判断力を向上

【和  名】藍晶石
【宝石言葉】平安、従順、適応、清浄、感情のバランス、精神の安定
【一般効果】依存心や甘えをなくし、独立心や探究心を強めます。固定概念を外したり悪習慣を遠ざけることによって、持つ人の世界観を確立する事を助ける石です。強く霊性やインスピレーションに働きかけ、直感力、想像力をより鋭くし、洞察力を高め、創造力や表現力を豊かにし、潜在能力を発揮させます。人生の岐路に立った時に導いてくれます。過去を断ち切り、今までと全く違った考え方ができるようになり、新しい一歩が踏み出せます。意識を拡大させ、精神的に強くし、意思を強くするので、夢や目標に対して力を貸してくれます。不安や恐れ、心配を生み出すエゴを無くし、感情のバランスを保ってくれます。
【身体効果】新陳代謝
【守護対象】8月6日、牡牛座
【浄化方法】月、水晶クラスター、エッセンス

カイヤナイト


◇ カルサイト Calcite

 世界観を拡げ視野が広がる
 スピリチュアルな領域への導き手
 透明・白:いたわり、思いやり、直感、ひらめき
 黄・オレンジ:ネガティブエネルギーの除去、心身の活性化
 茶・金:表現力、成功、金運
 ピンク:愛情による癒し、精神の安定
 緑:繁栄と成功、金運
 青:癒し
 赤:事態の改善


【和  名】方解石
【宝石言葉】世俗性と精神性
【一般効果】様々な色が存在し、中には大きくエネルギー傾向の違うものも存在しますが、総じて非常に高い周波数を持つ石であり、スピリチュアルな領域への導き手であると言えます。世界観が広がり、物事を様々な視点で捉えることができるようになり、精神的な成長を促し、様々な才能を引き出す効果があります。
○透明、白:いたわりや思いやりの心が動き出し、トラブルを避け、調和をもたらし、人間関係を円滑にします。直感とヒラメキを与えます。
○黄、オレンジ:ネガティブなエネルギーや老廃物を取り除き、落ち込んだ気分を改善し、体にエネルギーを与え、心を明るくします。交流や知的好奇心を刺激します。怒り、悲しみ、喜びなど、心を表現する手助けをしてくれます。古来、中国やチベットでは石を粉末にして、治療薬に用いたと言われます。
○茶、金:説得力のある表現や話し方ができ、成功と繁栄をもたらし、金運アップ効果があります。記憶力を高めると言われます。自己中心的な振る舞いを振り返る手助けしてくれます。
○ピンク:愛する能力を高めて、愛情による癒しを与えることができるようになり、自分自身も他者からの癒しの力を得ることができます。精神を安定させ、落ち着きと集中力を高めます。細胞を活性化させる効果があります。
○緑:繁栄と成功、金銭をもたらします。
○青:癒しの効果があります。
○赤:物事を悪い方向に捕らえるのを防ぎ、正しい心へと導きます。
【身体効果】骨、爪、肝炎
【守護対象】4月19日、双子座、蟹座、魚座
【浄化方法】月、お香、水晶クラスター、エッセンス
【弱  点】水、太陽、塩、土

カルサイと


◇ ギベオン Gibeon

 鉄とニッケルで構成された隕石
 新しい段階へ魂のレベルがシフトしていくのを助ける
 意思を強め、地に足を着ける
 物事の継続、問題解決能力、自己認識レベルを高める


【和  名】鉄隕石
【特記事項】約4億5千万年前に地球に落下したと考えられる主に鉄とニッケルから構成されています。
【宝石言葉】石物語・伝説・言い伝え
【一般効果】ギベオンを含め、隕石は全般的に地球のコアへ向かうような引力を持つようで、実際の重さよりも手に持った時に重く感じます。価値観の変容を促し、新しい段階へ魂のレベルがシフトしていくのを助ける石です。宇宙に繋がる力も持っていますが、大地にしっかりとエネルギーを繋げるような力を持ち、非常に強いグラウンディングの石でもあります。
 意思を強め、地に足を着けてしっかりと物事を進めていく助けとなります。物事の継続、問題解決能力を高め、自己認識レベルを高める助けとなってくれます。有名な時計ブランドであるロレックスもギベオンを取り入れた時計を販売していたりと、隕石の中では比較的有名で人気の高い石です。
【注意事項】傷をつけたり割れたりすると、急速に酸化するので取り扱いには注意が必要です。
【浄化方法】月、お香、水晶クラスター

ギベオン


◇ クリスタル Crystal 

 調和・統合・強化
 最大の浄化力(特に原石)
 鋭くカットされたものは邪気払いが強い
 球形のものは気を充実させる
 他の石の浄化にも利用される


【和  名】水晶
【特記事項】先端に向かってパワーが集まる特性があり、球体は、点の集合体ということになり全てが先端と言えるので、水晶の力を最大限に引き出せる形とされます。
【宝石言葉】氷の化石、純粋
【一般効果】太古の昔から、広く世界中の人々に装飾品や通貨として親しまれてきました。普段の生活にはもちろん、大切な祈祷や儀式など神聖な場所でも用いられ、あるいは病気治療の際にも用いられたと伝えられています。水晶のパワーは「調和・統合・強化」とされます。
 あらゆる面での最大の浄化力を持ち、すべてに対しての調和を生みます。特に原石は浄化力が最大と言われ、置いた場所を浄化し、正しいエネルギーへと調和し、均衡を保ちます。魔除けのパワーは強力で、悪い気から守ってくれ、悪いエネルギーをはね除け、感情的な心をコントロールして精神を安定させ、ポジティブな気持ちへ導いてくれます。 良い方向へと流れを変え、生命力を高め、体力を増強し、やる気、集中力、洞察力や決断力、創造力を高め、持ち主の能力を引き出します。細胞を活性化させるため、あらゆる病気から守ってくれます。
 鋭くカットされたクリスタルは邪気払いの効力が強く、丸みを帯びた形のものは、気を充実させてくれると言われます。潜在能力や霊感を高めると言われ、過去の情報や未来の予知も映し出してくれる石とされていています。他の石の力を引き出すのにも役立ちます。
 優れた浄化作用により、他のパワーストーンが吸収したマイナスエネルギーやさまざまな波動を、もとのクリーンな状態に戻してくれます。そういった石の浄化には、クラスターを活用すると良いでしょう。
【伝  説】古代から人々の手によりビーズや装飾品として加工され、利用されてきたため、最も親しみやすくポピュラーな石といえます。別名「クリスタル」の語源は「透きとおる氷」という意味の「クリスタロス」に由来するといわれます。また、クリスタルは和名を「水晶」と呼び、日本を代表する国石でもあります。さらに古くは「水精」と呼ばれ、精霊が宿る石とされ、霊石として神聖な儀式などに用いられていたと伝えられています。現在でも、その素晴らしい浄化作用から、他の石の浄化や石同士の調和目的にも利用されるなど、パワーストーンのなかでも特に万能的な存在として知られています。
【身体効果】発熱、外傷、下痢、皮膚、目、新陳代謝、免疫力、冷え性、コリ
【守護対象】4月(英)、1月29日、6月10日(原石)、蟹座、申年、結婚15年目
【浄化方法】水、太陽、月、水晶クラスター、お香、塩、土・砂、エッセンス
【弱  点】衝撃、熱

クリスタル


◇ クリソプレーズ Chrysoprase

 抗不安・精神の安定
 体内の毒素を排出するデトックス効果


【和  名】緑玉髄
【宝石言葉】豊穣、喜び、肉体の清浄、信じる心、希望
【一般効果】不安を和らげ、自己中心的な考え方や怒りを静めて無の状態へと導きます。精神医療の現場で使われているほどその効果は絶大です。人間関係などで受け入れがたいもの、許せないものが多く、自分の世界を狭めがちな人には、受容性を高め受け入れることを教えてくれるので、人に優しくしたい時に身に付けると良いとされます。
 洞察力、インスピレーションを高め、眠っている才能を引き出し、劣等感を克服、自信を与え、未来に向かって勇気を出して踏み出してく力を授けてくれるので、簡単にかなわないような希望も叶える手助けをしてくれます。鎮静作用が強く、緊張を和らげる力、ヒーリング力にも優れ、体内の毒素を排出するデトックス効果も高いと言われています。
 恋愛面ではひたむきな愛情を注ぐ人に、お相手もそれ以上の愛で応えてくれ、理想的な関係を築けるように導いてくれます。
【伝  説】クリソプレーズの鮮やかなアップルグリーンは、暗闇に差し込む光のような明るさと希望をイメージさせてくれます。鉱物的にはカルセドニグループに属する石なのですが、その美しいアップルグリーンから、オーストラリア翡翠と呼ばれることもあります。古代から装飾品としても人気の石で、精神面に明るさをもたらすと信じられてきました。カルセドニグループとしては比較的産出量が少なく良質な物は価格も高価になりがちです。クリソプレーズのグリーンはその明るさから強くイエローをイメージさせます。その色合いから金の中から生まれた宝石と考えられ、その事と、野菜の韮を語源としてクリソプレーズと名づけられました。
【身体効果】目、血液、心筋梗塞
【守護対象】5月(英)、10月6日、双子座、蟹座、水瓶座、魚座
【浄化方法】水、太陽、月、水晶クラスター、お香、土・砂、エッセンス

クリソプレーズ


◇ クンツァイト Kunzite

 見返りを求めない無償の愛
 恋愛・健康・美容に有効


【和  名】リチア輝石
【宝石言葉】恋人到来の前兆、無限の愛と自然の恵み
【一般効果】見返りを求めない無償の愛を教えてくれる石です。広く思いやりの心を養ってくれますので、人への批判的な気持ちを抑制し、コミュニケーションを豊かにしてくれます。やわらかなエネルギーで、人間性を高め、成熟した大人の女性らしさを引き出してくれるともいわれています。
 恐れや怒りを鎮め、神経を和らげてリラックスさせ、ネガティブな感情やをなだめ、心を前向きに導いてくれます。自然の恵み、純化された存在を象徴する石とされ、浄化力を持ち、肉体と精神、感情のバランスを安定させると伝えられます。広く思いやりの心を養い、人への批判的な気持ちを抑制し、コミュニケーションを豊かにしてくれます。インスピレーションやクリエイティブな力を高めてくれるとも言われています。
 恋愛に有効で、純粋な気持ちを育て、真実の愛を得る手伝いをしてくれます。失恋によって傷ついた心、愛への不信感、無意識なトラウマによる不安や恐れをやわらげ、心からの純粋な愛を表現できるようにしてくれ、愛する気持ちを取り戻すように促してくれます。感情をうまく伝える手助けもしてくれます。無限の愛、見返りを求めない無償の愛を教えてくれます。みずみずしい若さと健康を保つ力があるといわれ、肌のハリをもたらしシワを減らす効果もあるとされます。
【伝  説】1902年にアメリカのカリフォルニア州で発見された比較的新しいパワーストーンです。語源は、アメリカの高名な宝石学者「クンツ博士」に由来するといわれています。カリフォルニア州で発見されたことから、またの名を「カリフォルニア・アイリス」とも呼ばれます。クンツァイトは、「スポデューメン」(鉱物名)の一種とされ、特にピンク色のものをいいます。スポデューメンの語源は、ギリシャ語で「燃えて灰になる」という意味に由来します。これは、この鉱物は加熱すると著しく熱発光するため、そのように呼ばれているのです。「無限の愛・純粋さ」を象徴するとされるクンツァイトは、慈愛にあふれた気品と風格を漂わせています。
【身体効果】リンパ腺、 内分泌系、老化防止、美肌
【守護対象】4月24日、牡羊座、牡牛座、獅子座、天秤座、蠍座
【浄化方法】月、水晶クラスター、お香、エッセンス
【弱  点】光、衝撃

クンツァイト


◇ コーラル Coral 

 生命力を高め、魔除け、旅行のお守りとして有効
 マイナス思考を取り去り心のバランスを回復
 身体の発育、頭脳、体力、想像力、実行力の向上


【和名別名】珊瑚/サンゴ
【宝石言葉】確実な成長、家長の威厳、帝王、長寿、聡明、幸福
【一般効果】生命力を高めると言われており、魔除け、旅行などのお守りとしても多く用いられ、嵐を鎮める力があるして、特に海や川を安全に渡り、船乗りのお守りとして崇められました。船酔い防止になるとも言われます。悪魔や落雷、火事から守ってくれるとされ、よく子供にお守りとして身に付けさせます。母の愛のように持ち主をやさしく包み込んでくれると言われます。マイナスの思考を取り去り、心のバランスを回復させます。緊張を解き、感情と心をリラックスさせ、安定した性格にしてくれます。身体の発育を助け、体力をつけ、頭脳の発達を促すと言われ、子供のお守りにされます。
○赤:身体を強く保ち、想像力と実行力を高めます。
○ピンク:純愛、忠誠、優しさを象徴。精神、魂に働きかけ、潜在意識を開花させます。
○白:奉仕的で、犠牲的な優しさを象徴。純粋を意味し、幸せを呼ぶとされます。
【身体効果】血行(赤)、不妊症、呼吸器系、高血圧、貧血、出血、便秘、うつ、肝臓、性病、できもの
【特記事項】ターコイズとの組み合わせが好まれ、実際にこの2つの石は見た目にもエネルギー的にも非常に相性が良いです。
【注意事項】黒い珊瑚はマイナスエネルギーを持つので持たない方が良く、赤珊瑚はエメラルド、ダイヤモンド、ブルーサファイア、キャッツアイと一緒につけてはいけないとされます。
【守護対象】3月、牡羊座、牡牛座、蠍座、魚座、未年(赤)、結婚35年目
【浄化方法】月、水晶クラスター、お香、エッセンス
【弱  点】熱、衝撃、土、汗、化粧品、アルコール、酸


◇ ゴールド Gold  

 金運、富、名誉、権力、幸福をもたらす
 優れた浄化力、心身のバランスと活力


【和  名】金
【宝石言葉】至福の時、確実な助言と力
【一般効果】金運に効果があり、身に着けると、富や名誉や権力、幸福をもたらすと言われます。優れた浄化力を持ち、様々な病気の治療薬として用いられてきました。精神と身体のバランスを保ち、活力を与えると信じられています。
【守護対象】1月10日
【浄化方法】水、太陽、月、水晶クラスター、お香、エッセンス
【弱  点】塩


◇ ゴールドストーン Gold Stone 

 人や物との出逢いのチャンス
 茶:金運アップ、成功
 青:精神の安定


【和  名】砂金石
【宝石言葉】出逢いのチャンス、純粋(青)
【一般効果】人や物との出逢いなど、様々なチャンスを与えてくれます。ポジティブな方向に導き、人生に対する喜びを与えます。
○茶:金運アップに効果あり、努力を実らせ、着実に前進する力を与える効果があります。
○青:精神を安定させ、何があっても平常心で物事を処理できるようになり、眠るときに身に着けると、落ち着いて安眠できると言われます。自信とカリスマ性を与え、人の関心や信頼を獲得し、うまく自己表現するのに役立ちます。
【身体効果】青:安眠、目、過食、肥満、拒食症
【守護対象】1月12日、9月22日(青)
【浄化方法】水、太陽、月、水晶クラスター、お香、塩、土・砂、エッセンス

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する