アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

ドロレス・キャノン氏によるアセンションの解釈 講演全文

 前項で「アセンションを終末思想あるいは人類滅亡論的に捉えているヒト」と申しました。ここでは世界的に有名なヒプノセラピストであるドロレス・キャノン氏によるアセンションの解釈をご紹介いたします。彼女の「2012年とその後 ー今地球になにが起こっているのか?ー」と題した講演です。

 世界的に有名なヒプノセラピスト
 ドロレス・キャノン氏によるアセンションの解釈

 *****

ドロレスキャノン

 私たちは相当長い間この惑星地球を破壊してきました。人口過多、環境問題など地球そのものへの破壊行為です。そしてついに地球は、もうそれに耐えられないところまで来ているのです。そこで、言ってみれば時の権力者によってこれら全ての状況を変えていくためには新しい地球を開発するしかないと決められたのです。完全に違う地球、言葉に出来ないほど美しく純粋な地球にするのです。
 私たちはそれをどう実現するのでしょうか? 私はここ数年間、私たちは今、新しい地球に移行しているということを聞かされてきました。私たちは古い地球を離れています。地球は2つに分かれて行っているのです。私たちは、地球の周波数、ヴァイブレーションを上げることによってまったく違う次元に入っていきます。私たちは新しい次元にシフトして行っているのです。

 新しい地球を開発
 宇宙中を見ても初めての出来事

 これは全宇宙、宇宙の存在たちすべてが注目する地球の一大イベントです。なぜなら、これは宇宙中を見ても初めての出来事だからです。つまり、惑星全体が新しい次元にシフトしていくことは初めてのことなのです。この時、地球が2つに分かれるということが起こります。古い地球は全てネガティブなこと、全てのカオス(混乱)と共にそのまま残されます。そして、新しい地球は離れます。そこは完全に新しく美しい地球です。今まで、身体のヴァイブレーション周波数をあげてきた人は新しい地球にシフトしていきます。

 現在、様々なことが起こっています。多くの人がこの変化を身体の異変として感じています。説明のしようがない症状が彼らの身体に出てきているからです。これは身体がシフトする時、身体のヴァイブレーションをその周波数に変えていくために起こっています。周波数はすぐに変えられるものではありません。急に変わることは身体にとってダメージが大きく負担がかかりそれをしたら死んでしまうからです。ですから変化は、徐々にゆっくり行われなければならないのです。この地球の変化に対して準備が整っている人、受け入れている人は身体のヴァイブレーション、周波数を上げることによって新しい地球に移行していく人たちです。そのような人は積極的にこれらのことをよく学び受け入れていく必要があります。

 身体のヴァイブレーション 周波数に変える諸症状

 症状の例として伝えられているのはうつ状態、動悸、高血圧、間接の痛み、筋肉の痛みなどがあります。たとえ病院に行ったとしても、ドクターは “悪いところは特に見当たらない” と言うでしょう。もちろんドクターは薬を与えるでしょうが悪いところは見つけることはできないのです。これらは、身体が違った周波数に調整していくための症状です。身体がその影響を受けているのです。
 症状はしばらく続いてなくなります。そして、そのようなことを何度か繰り返します。年を取っていればいるほど肉体的な症状はきつくなってきます。身体にあるたくさんの問題を新しい周波数に変化させ調整するからです。中年期の人はそれほどでもないでしょう。子どもたちの場合はほとんど何の影響も受けないでしょう。彼らは地球にやってくる時すでに周波数とDNAを変えてきているからです。その他の人たちは、シフトすること、調整することが楽ではないでしょう。しかし身体、つまりDNAは確実に変わっています。

 子供はすでに周波数とDNAを変えてきている

 私たちは食事に気をつけるようにと言われています。赤肉をたくさん食べることはやめ軽い食物を取らなくてはならないのです。他の次元にシフトしていくために身体を軽くし、上昇させていかなくてはならないからです。重たい食事をし続ければ進歩を妨げてしまうのです。人々はすでにお肉を欲しがらなくなっていることに気がついています。理想的な食事は、新鮮な食べ物つまり、果物や野菜です。さらに、身体が軽くなっていくにつれ飲み物にも注意が必要だと言われています。

 次元上昇のために身体を軽くする食事

 私たちは新しい地球に入っていくにあたって初めのうちは肉体をもっていきますがしだいに純粋な光に変わっていきます。それにもかなりの時間がかかるでしょう。しかし、新しい地球に行かない古い地球に残る人はネガティブなことに巻き込まれ変化を望まない人であり、彼らは自分が創造した世界に残るでしょう。その他の人たちは残りません。彼らはこれ以上ネガティブな密度の世界にいたくないと望んでいるからです。自分の創造した世界に残る人たちはカルマがあれば、カルマを解消するために彼らは古い地球に残らなくてはなりません。彼らは死んだ後もう地球に戻ってくることは許されないでしょう。なぜなら、地球はかなり変わってしまっているからです。彼らはネガティブなことが残っている惑星に送られ、そこでカルマを解消に取り組むことになります。しかし、それも問題ではありません。いつかは彼らも次元上昇するからです。

 古い地球に残る者はカルマを解消しなければならない

 しかし、今の段階では2つの世界の分離が起こっています。聖書の黙示録にもありますが、残された人たちが新しい世界、新しい地球のことを話す場面がありますが今起こっているのはそのようなことです。残された人というのはまだ準備が整っていない人ということです。彼らはそんなに急にヴァイブレーション、周波数を変えることができないのです。変化はゆっくりと行われなくてはならないのです。先に進むためには、今の段階でその状態になければならないのです。たとえこれに気がついたとしても遅すぎなのではと思います。この時点で取り組んでいる必要があるのです。
 それから、あなたは、誰一人として人を変ええようとするべきではありません。すでに目覚めている人、今何が起こっているかに気づき先に進んでいる人は彼らは彼らの居場所にいるのですからそれを心配する必要はありません。どちらにせよ深くネガティブに入り込んでいる人たちを私たちが変えることはできないのです。彼らは自分で道を切り開かなくてはならないのです。私たちは、誰一人人を変えようとしてはいけないのです。しかし、どちらに行っていいのか迷っている人に対しては働きかけなくてはなりません。話してあげなくてはならないことは、ことは起こっているということ、ものごとは変化しているということ、私たちはまったく新しい世界に移って行っているということです。

 先日あるコンファレンスで「メアリーから世界へのメッセージ」を書いたアニー・カークウッドに会ったのですが、彼女が自分に起こったことその時のビジョンを話してくれました、これはよく現しているなと思います。彼女は、ボールのようにまるい地球を見ました。それから、世界が細胞分裂するように2つに離れていくのを見たというのです。そして真っ二つに分かれた2つの地球を見たのです。こちらの地球の人が“やった!やった!やった!”と言い、こちらの人は“なんて残念な!あんなことを信じこんで死んでしまうなんて!”と言っているのを見たというのです。つまり、どちらも相手のことがわからずにいるということです。

 世界が細胞分裂するように2つに離れていく

 これは聖書に書かれていることです。畑で働いていた2人のうち一人は連れて行かれ、もう一人は残されたという話、一緒に寝ていた2人がいて一人は連れて行かれ、もう一人は残されたという話、聖書で言われているのもこのことです。ですから、私たちも何が起こったのか気が付かないことでしょう。しかし、どちらの地球にいくべきかを決めるのはあなたです。これはもうすでに起こっていて誰も逆行させることはできません。なぜなら地球を救うことの出来る唯一の方法はまったく新しい地球を創造し先に進んでいくことだからです。

 人間は、長い歴史の間、何度も文明を崩壊させてきました。そのたびに、人間はマインドの力を間違って使ってしまったのです。そのたびに、人間は最初から新しい文明、世界を創り直しやり直さなくてはならなかったのです。
 しかし今回はそう悠長には行きません。それはできないのです。時間を無駄にできないのです。これは私たちの霊的能力を取り戻すことでもあります。これまでのやり方を変えるのです。なぜなら、私たちは世界を破壊して最初からやり直すのではなく、そのまま続行させていくからです。
 古い地球は、地震や津波、火山の噴火、戦争等がある世界です。カルマに取り組まなくてはならないのでそれらは古い地球に残ります。頑張って、それらを全て解消していくことになります。それらに関わる人々は自分たちが創造したその環境にも凝らなくてはならない人たちです。しかしそれ以外の人で、そこを離れまったく新しい美しい地球に行きたいと思う人はそちらに移っていきます。今起こっているのはこのようなことです。

 2012年に終わると言われるマヤ暦ですが、その真意ですが、それはマヤの人々自身がシフトしたということです。突然姿を消した民族、文明というのはたくさんあります。マヤ人に関しても彼らに何が起こったのか知る人は誰もいません。また、ネイティブ・アメリカンのいくつかの種族も突然姿を消しましたが誰も何が起こったのかわっていません。

 マヤ人たちは既に次元をシフトした

 私の研究によってわかったことは、彼らが突如とし、ヴァイブレーションをあるところまで上昇させることができ、文明全体が団体で他の次元にシフトしたということです。マヤ人は相当優れていたので自分たちが何をしているのかわかっていました。彼らは未来の時代を予知することもでき、この地球全体も新しい次元にスフトするという一大イベントが起こるということも分かったのです。それを彼らが見たのが2012年だったということです、だから、カレンダーがその時点で終わったのです。2012年というのは最終的なシフトに美香って様々なことが移行して落ち着いていく時間だと言われます。ですから私たちにはもうあまり時間がないのです。

 今、私たちに様々な問題が浮上しカオスを体験しているのは、2つのうちどちらにいくのかを決め変化していく時だからです。ですから、今私たちはとても大事な時代を生きているのです。

 宇宙中でこの地球を助けるためのボランティアを募っている

 今新しく生まれてきている魂達がたくさんいますが、彼らはその変化のためにきています。彼らは自ら進んで地球を助けようとしてここに来ています。宇宙中でこの地球を助けるためのボランティアを募っているのです。彼らは純粋で、暴力を知らず、解消しなくてはならないカルマもない魂達でそういう魂達しか来れないのです。彼ははここにいる人々の意識を高めるためにやってきています。彼ら自身も自分がその一員だとは気づいていません。それも私の研究でわかったことです。彼らは自ら進んでやってきたこと、世界の意識を上げるために自分のエネルギーを使っていること、自分がその一員であることなど意識もしていません。それも私の研究で分かりました。今、ポジティブの方がネガティブを覆い隠してしまう程になり始めているからです。

 私たちは新しい世界に移行しています。そこはあなたの創造を遥かにこえた世界です。もう後戻りするには遅過ぎます。すでにその過程にあり起こっていることなのです。

 *****


http://www.jp-spiritual.com/2012event1.htm



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する