FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《レシピ:中華>焼豚料理》横浜中華街の特製焼豚を使った料理集 第六版


 横浜中華街へ行くと何回かに1度は購入して帰るものがあります。それは焼豚です。いくつか売っている店を知っていますが、最も頻度が高い店をご紹介し、その焼豚の使い方を、料理を供覧します。


◇ 龍翔の焼豚

 中華街大通りに面して同發本館の斜め向かいと言う立地条件の良さから一目で判ります。

龍翔外観1

龍翔外観2

龍翔地図

焼豚

 100 gいくらと言う値段設定ですので大きさで異なりますが、こちらのもので1500円くらいでありました。それではこれを使った料理を供覧して参ります。ラップに包んで店頭に転がしている店もありますが、龍翔のように吊るして「まだ調理中」みたいなものの方が味は上です。


◇ そのままタレを付けて

 タレがついてきますので薄く切ってタレをつけて食べます。シンプルですが焼豚の味をそのまま楽しめます。

タレつけてそのまま


◇ チャーシュー麺

 定番のチャーシュー麺です。

焼豚麺と餃子

焼豚麺
旭川醤油ラーメン

IMG_4790.jpg
自家製濃厚醤油ラーメン

IMG_6104.jpg
あっさり醤油ラーメン


◇ 炒飯

 焼豚を細切れにしてレトルトの炒飯に混ぜて炒め直しました。

焼肉と炒飯定食

炒飯
エビ炒飯

IMG_6106.jpg
カニ炒飯


◇ 冷やし中華

 焼豚は冷やし中華にもぴったり合います。出来合いの冷やし中華を買ってきて様々な具材を載せただけです。もちろん冷やし中華のタレを追加しております。

冷やし中華
トマトを添えた 冷やし中華

IMG_6100.jpg
カラスミ入り 冷やし中華


◇ 冷麺

IMG_6105.jpg
具沢山の冷麺


◇ 龍翔 チャーシューネギそば 850円

 ところで、冒頭にご紹介した「龍翔」、ここならまさにこの美味い焼き豚を使った料理をだしてくれるだろうとワクワクして店へ入りました。ところがメニューを見てびっくり、いわゆるチャーシュー麺がありません。

メニュー01

メニュー02

 やっと片隅に「チャーシューネギそば」なるものを見つけて、それ以外にはどう目を皿にして見ても焼き豚料理は見当たらず(チャーシューのみ600円はありました)、これを注文することといたしました。

メニュー03

 普通の醤油ラーメンの上に焼き豚の細切りとネギをラー油で炒めたものが載せてある、しかも、その量はごく僅かであり、おそらくは焼き豚薄切り1枚分くらいでありました。焼き豚の味そのものは慣れ親しんだ懐かしい美味しさですが、他店のチャーシュー麺が同じくらいの値段で何枚もの焼き豚を載せていることを考えるとただのぼったくりでありました。加えてラー油で炒めた辛味がつゆ全体に広がっており、好きな味ではなく、大変がっかりいたしました。

焼豚ネギそば 850円
チャーシューネギそば 850円

 もちろん点数を付けるに値しない料理でありました。


 以上、横浜中華街でしか手に入らない八角が効いた焼豚、一回買って来るだけで、チルド保存で2週間はいろんな料理で楽しめます。一つだけ!、冷凍保存にすると硬くなり美味しくないです。別の料理を作ったらまた更新します。
スポンサーサイト



競馬のカテゴリーを追加します

 株式投資をやる私はかつてはパチンコも随分とやりましたし、最近は競馬にも手を染めつつあります。お金が動く妙味に博打にはスピリチュアルを感じる次第、、、。

競馬シーン

 ブログと言うものは、他人に何かを伝えたい自己主張、自己表現の場であったり、自分の日記みたいなところもあります。そして私の場合は、公開されたメモ書き、覚え書として使っており、ネットに繋がってさえいれば携帯でもPCでも、どこでもこのページから得られるものがあります。競馬のページを作ることによって、馬や騎手、調教師、レースのデータを載せておけばいつでもそれが見られますし、勉強した馬券購入の技を記載しておけば内容を反芻できます。
 自分個人のためのページとなりがちですが、そのあたりはご容赦いただきたく存じます。対象となるのは、現在のところ、中央競馬(JRA)ではなく、地方競馬であり、それも大井競馬場限定で、しかも今年の2歳馬から始めました。

地方競馬HP

 カテゴリーの題名は「馬券師のスピリチュアル」といたします。