FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《一品:中華>広東料理>横浜>あさりそば》「活あさりそば」で実はかなり有名!広東料理店 吉兆(きっちょう)第三版


 横浜中華街、広東料理 吉兆(きっちょう)に2回目の訪問となりました。「活あさりそば(蜊香湯麺)」はあまりにも有名でここで取り上げるのには勇気がいるほど、と前回は申し上げました。以下は外観、ホームページ、食べログ情報です。

吉兆外観

吉兆HP

吉兆 食べログ

吉兆 地図


◇ 活あさりそば(麺蜊香湯麺)910円

 多くの口コミが様々なサイトに掲載されている、それくらい有名な一品です。元々は従業員へのまかないとして作られたものだったとのことで、恐らくは遊び気分で試しに作ってみた、そんな始まりだったと思います。

あさりラーメン01
 
 見た目、華やかさはなく、パッと見はあさりの味噌汁のようでありましたが、あさりがまあまあ大粒な印象です。香りはほとんどありませんでした。スープを飲んで、これは胡椒や酢、ラー油、にんにくなんか入れてはいけないとすぐに思いました。鶏ガラスープに豚骨風味があって、あさりの出汁、エキスが十分に溶け込んだ、濃厚な味わいですが、くどさや油っこさ、臭みはありません、すばらしいサプライズ、始めて経験する味です。

あさりラーメン02

 麺は細麺のストレートで癖がなく、スープと具材であるあさりを引き立てる、脇役的は存在でありました。具はあさり、ネギ、生姜が少々で、メンマもチャーシューも、ナルトもなしです。あさりは柔らかい食感で噛むと中身がとてもジューシーでありました。口コミで見つけましたが、このあさり、三河産の大粒の活き浅蜊を紹興酒で蒸し焼きにしてから、鶏ガラスープを注いで完成とのことですが、この柔らかさジューシーさはスープに出汁を取りつつ具材自身の食感を引き出す、ぎりぎりの火加減と時間が工夫されていると思われました。

あさりラーメン03

 あさりは13粒でした。全てのあさりが殻の中に収まっておりかしたが、貝柱で剥がれ辛いことはありませんでした。これも口コミ、残ったスープにご飯を入れて!、との提案もありましたが、それはさすがにしませんでした。でもつゆはほとんど飲んでしまいました。

 チャーシューやメンマの入っていない、100%あさり であるところに、この品の良さと物足りなさはあろうかと存じます。また行きたいし誰かに教えたい!、すばらしい一品に、悩みましたが、星4つでお願いいたします。

星4つ


◇ あさりと玉子の焼きそば(蜊香旦炒麺)920円

 あさりを使った焼きそばであります。こちらは上の「活あさりそば」とはまったく違うコンセプトです。そばの方が焼豚、野菜など他の具を入れない、あさりのみのシンプルな形式であるのに対し、「あさりと玉子の焼きそば」では、パリパリの細麺に薄焼きの玉子が被せられその上にあさりを含む、野菜の餡がかけてある、三段階の五目焼きそば形式でありました。あさり以外の具材は、タケノコ、白菜、キクラゲ、人参で、イカ、ホタテなどの海鮮や豚肉は使われておりません。

あさりと卵の焼きそば01

 とっさに思いついた食べ方として、そのまま食べに行ってはいけない!、と言うものです。餡をよけて、玉子を露出させ、それを破いて中の麺を露出させ、そこに餡が流れ込むようにして初めて、三層構造を合わせて食べる方法です。

あさりと卵の焼きそば02

あさりと卵の焼きそば03

 あさりは10個でありましたが、どれも大粒で火の通し方が素晴らしい、中身がジューシーな味わいでした。あさりの味がなんとも言えないインパクトを与えます。一方で餡については、あさりの風味が反映されていず、それでいて肉も海鮮も入っていないので、方向性の無い、ただの中華風餡かけでありました。薄焼きの玉子と一緒に食べるところが家庭的な風味でありこれは楽しく感じました。たいへん美味しくいただきましたが、あさりの風味が餡に出ていないところが残念です。そうするのであれば、豚肉、海鮮が含まれてもいいところで、このままだと中華風餡かけ焼きそばにあさりが乗っかっている、感じでありました。星3.5でお願いします。

星3.5


◇ 空芯菜のにんにく炒め 1300円

 愛群の「空芯菜の海老味噌炒め」がとても美味しかったのでここでも空芯菜の炒め物を注文してみました。にんにく炒めなのにたいへん上品な味わいで空芯菜のシャキシャキ感がとても楽しい一品です。もちろん愛群のものは海老味噌炒めであるところが全然違う味わいでありましたが、にんにく炒めも悪くはない、楽しい料理だと思いました。

空芯菜炒め

 ただ、シンプルに思うこと、愛群の「空芯菜の海老味噌炒め」は海老味噌であるため絶対に家庭では作れない貴重な味、これは星5つ、最高の評価に値するものと思いました。こちらのにんにく炒めは空芯菜が手に入らなくとも別の青野菜で代用して作れるものである、そうなると材料費から考えても1300円はちょっと高価かなと思いました。

IMG_4702.jpg

 ちなみに空芯菜は大手スーパーにはおいてありました。今度、うちでも作ってみよう!、ということで、星3つとしておきます。

星3つ


◇ 春巻き 3本 750円

 春巻きは1本いくらでありました。そこらのスーパーで売っているものとは全然違うレベルですが、横浜中華街としては標準的な一品でありました。点数はいいでしょう!

春巻き


◇ 2019年09月21日 巨人戦

IMG_4700.jpg


◇ 2020年06月15日 ヤクルト戦

ヤクルト小川のノーヒットノーラン


スポンサーサイト



☆ 現地レポート:奥日光の中禅寺湖と三大滝めぐり


 以前に訪れた、奥日光の中禅寺湖と三大滝めぐりを記録いたします。なかなかのグルメの旅ともなり、そこにも注目です。


◇ 三たて蕎麦 長畑庵

 旅の始め日光付近に入ったところでまずは「三たて蕎麦 長畑庵」に寄りました。食べログ100選に選ばれた名店で開店の11:00に到着しましたが約1時間待ちでありました。

三たて蕎麦長畑庵 外観1

三たて蕎麦長畑庵 外観2

三たて蕎麦長畑庵 地図
栃木県日光市長畑635-1

5合ざるそば2500円
五合 ざる蕎麦 2500円

 麺は細め短めですがコシがあって香ばしく存在感がありますが、つゆがその麺に負けない濃い味でありました。たいへん印象的だったのは蕎麦湯で、蕎麦粉の含有量が濃厚でトロリとした液体で、身体に良さそう!、と感じました。


◇ 華厳の滝

 日光市街地を横目に西へ向かい、いろは坂を登ったところに「華厳(けごん)の滝」がありました。エレベーターで約100 m降りたところに展望台があります。

華厳の滝エレベーター

 日本三名瀑の一つ、中禅寺湖の水が高さ97mの岸壁を一気に落下する、自然による造形美は必見です。観瀑台からは爆音とともに水しぶきが弾ける滝つぼを見ることもできます。四季折々の美しさがありますが、とくに1月から2月にかけては細い小瀧が凍り滝全体がブルーアイスに染まるため、幻想的な光景を生み出すとされます。

華厳の滝01

華厳の滝03


◇ 湯滝

 国道120号線、別名「日本ロマンチック街道」を北上して一気に湯ノ湖の南端にまで行きました。そこには高さ70メートルの豪快に流れ落ちる「湯滝(ゆだき)」があります。長さ110メートルの岩肌を水が真っ白な泡を立てて滑り落ちる、とても豪快な滝です。三岳火山の噴火によって、川がせき止められて湯ノ湖ができましたが、その湖からあふれ出ている水の流れがこの湯滝でああります。滝の下には観爆台があり、水しぶきがかかるほど間近に滝が見られます。湯滝周辺はツツジやシャクナゲなどの名所でもあり、行楽シーズンにはたくさんの観光客が訪れます。落ち口、滝壺、そして側面の三面から滝の姿を鑑賞することができ、特に滝壺の観瀑台からは目の前に迫った滝を間近に見ることができます。

湯滝 看板

湯滝02

 滝壺付近に鮎の炭火塩焼きを売っている店がありました。もちろん1匹いただきましたが、香ばしくもずいぶんと痩せた鮎でありました。炭火で焼きたてをその場で食べるパフォーマンスに600円は許します。

湯滝 あゆ看板

湯滝 あゆ01

湯滝 あゆ02
鮎炭火塩焼き 600円


◇ 竜頭の滝

 120号線を中禅寺湖畔方面に戻ってくると「竜頭(りゅうず)の滝」があります。早瀬のような滝で国道が渡る橋の付近から下の茶店のある観爆台まで、長さ210メートルに渡って続いています。観爆台から見ると、中央の岩が竜の頭に見えることから竜頭滝と呼ばれています。

竜頭の滝 看板02

竜頭の滝 看板

竜頭の滝01

竜頭の滝02


◇ 中禅寺観光センターで食事

 中禅寺湖畔にある観光センターで食事を取りました。なんてことない普通の食堂でありましたが湯葉そば、湯葉ラーメンが美味でありました。

中禅寺観光センター

中禅寺観光センター いろはラーメン 900
いろはラーメン 900円

中禅寺観光センター 湯葉ラーメン 1250
湯葉ラーメン 1250円

中禅寺観光センター 湯葉蕎麦 1250
湯葉蕎麦 1250円

中禅寺観光センター 湯葉うどん 1250
湯葉うどん 1250円


◇ 中禅寺湖 快速モーターボート

中禅寺湖ボート 案内

中禅寺湖ボート01

中禅寺湖ボート02

中禅寺湖ボート03

中禅寺湖ボート04

中禅寺湖ボート 鹿

中禅寺
中禅寺


◇ 日光駅前でスイーツ

 旅の最後は日光駅前で土産物の買物とスイーツを楽しみました。「さかえや」は まつこの番組でも取り上げられた名店でありました。

日光駅前01

日光駅前03

日光駅前02

日光駅前 あげ湯葉まんじゅう
あげ湯葉まんじゅう 200円

日光駅前 とちおとめかき氷
とちおとめ かき氷 900円


◇ 旅の最後は ゆば懐石の「和み茶屋」

 旅の最後は日光東照宮の近所でゆば懐石をいただきました。ゆばがふんだんに使われた楽しいお料理でありました。

食べログ 和み茶屋

和み茶屋 外観01

和み茶屋 外観02

和み茶屋 地図

ゆば懐石膳

ゆば懐石 2000円
ゆば懐石膳 2000円

《一品:中華>上海料理>横浜>焼きそば》有名な「梅蘭焼きそば」はアイデア商品


 やっと今年も横浜スタジアムに通う日々がやって参りました。浜スタに通うと言うことは横浜中華街に通うと言うことで、今年もお店や料理の記録を残します。有名な「梅蘭焼きそば」は初めてでした。いろんな意見があろうかと存じますが私見を申し上げます。チェーン店がいくつもあるようですが、私が行ったのは中華街大通りから中山路に入ったところです。

梅蘭 食べログ

梅蘭 外観

梅蘭 地図


◇ 梅蘭焼きそば 特製海鮮

梅蘭 焼きそばのメニュー

 せっかくだからお値段が張るところで魚介類の入ったものを注文いたしました。それにしてもお値段は少し気になるところでありました。

梅蘭 焼きそば00
梅蘭焼きそば【特製海鮮】1617円(税込み)

梅蘭 焼きそば01

梅蘭 焼きそば02

 写真に供覧した通りであります。海鮮あんかけ焼きそばの上に焼きそばを炒めて焦げ目を付けた円盤状のものを載せている、そんな食べ物でありました。円盤状のかた焼きそばを壊して中に入って行き、焦げた焼きそばと中の柔らかいそば、具材を一緒に食べると、たいへん香ばしい味わいでありました。アイデア商品として面白く評価させていただきます。
 しかしながら、中の具材について申しますと、味は良いのですが、メニューの写真とは雲泥の差でありました。エビは一欠片のみで、帆立はごく僅か、あさりが少々、ほとんどがイカで、それも業務用スーパーに売っている冷凍物であることは明らかでした。1600円超えはあんまりだろう!、と言う料理でありました。 

 アイデアは素晴らしいし一般家庭で簡単に作れるものではありませんが、もう食べないかな?、と言うことで星3つにしておきます。

星3つ