FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《レシピ:和食>御飯>魚貝》ほたて御飯と鯛とタコの刺身定食


 レシピ投稿、しかも御飯物が続きます。今回はホタテを使ってみました。今回も一人前です。値段は税抜き価格です。

◇ 材料

1.ホタテ 169円

 生の刺身用もありましたが、大きな貝柱部分のみで貝ひもの部分が取られており、しかもお値段が少し張るので、8個入りの蒸したものを選択しました。出汁があまり出ないのでは?、と言う危惧はありました。

蒸しホタテ

2.油揚げ 100円、舞茸 100円

 一緒に炊き込む具材として今回は油揚げと舞茸を選択しました。いずれもカットタイプの小袋、お求めやすいものがありました。でも使用したのはいずれも2/5ほどです。

刻みあげ

舞茸

3.鯛とタコの刺身 580円

 メインディッシュのお刺身、こちらはお皿に盛るだけです。

タコと鯛の刺身


◇ 下準備

 炊き込む食材を刻む作業ですが、ホタテは一工夫いたしました。

1.ホタテ

 米と混ぜ合わすものと上に乗せるものを分けました。すなわち、形の良いもの4つほど濃口醤油に漬け込んで、残る4個は細切れにいたしました。

ホタテ前処置

2.油揚げ

 もともと刻んだものを買いましたがさらに細かく刻んで5mm角ほどのチップとしました。

あげ前処置


◇ ホタテの炊き込み

1.米

 米は前回同様1/2合です。

かま入れ01

2.味付け

 味付けには前回と同じ「昆布つゆ 白だし」を使いましたが、今回は濃厚な味付けをプランして つゆ 1:5 水 としてつゆを15ccとして、さらにホタテを漬け込んだ醤油も入れてしまいました。

つゆの素の利用

出汁

3.具材

 細切れのホタテを入れて米と混ぜ合わせました。

コメセット01

 ついで油揚げ、舞茸の順に入れますが、こちらは上を覆うように投入して表面を馴らすだけに留めます。

コメセット02

コメセット03

 最後に醤油漬けにしたホタテをそっと上に載せます。

コメセット04

4.炊き込み

 炊き込みは、今回もシロカ製の電気圧力鍋を用いました。白米モード、加圧時間は8分です。

電気圧力開始


◇ 炊き上がり

 8分の圧力後、約10分ほどで上がっていたピンが落ちて炊き上がりです。表面に乗せたホタテ4個を別の皿にとります。

炊き上がり

 米、細い切れのホタテ、油揚げ、舞茸を入念にかき混ぜます。

かき混ぜ


◇ 盛り付け

 お重に御飯を盛って、別に避けていたホタテ4つを盛り付けます。

盛り付け

 鯛とタコの刺身を盛り付け、生わさび、吸い物(即席)を添えて完成です。

ホタテごはん、お刺身の定食


◇ 総評

 大変、上手にできました。材料費のみで合計949円、1000円以下ですので経済的には合格です。ちょっと御飯が濃い味となり、刺身を醤油で食べますので、そこは一方向性の料理となってしまいました。前回同様、三つ葉や山椒の葉と言った香りものを添えませんでした。なぜかと言うと、一人前であるため無駄になってしまうためですが、なければ無いで良いかな?、と思います。今回は筍を使いませんでしたが、醤油を入れた濃い味には筍があったほうがいいと思われました。今回も星3.5ですね。

星3.5


スポンサーサイト