FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

ついに始まった 韓国の 福島原発 放射能汚染への追求、そしてその後の予想


 16日、ウィーンにおける国際原子力機関(IAEA)総会にて韓国政府の代表が、東京電力福島第一原発にたまり続ける、放射性物質を含んだ汚染水の扱いについて「今も解決されていないままで、世界中に恐怖や不安を増大させている」として国際的な問題であると強調しました。

IAEA日韓応酬

 ****

韓国「原発汚染水は国際問題」 IAEA総会で日韓応酬
9/17(火)

 国際原子力機関(IAEA)の総会が16日、本部のあるウィーンで始まった。韓国政府の代表は、東京電力福島第一原発にたまり続ける、放射性物質を含んだ汚染水の扱いについて「今も解決されていないままで、世界中に恐怖や不安を増大させている」などと述べ、国際的な問題であると強調した。これに対し、日本政府の代表が反論し、IAEAでも日韓が応酬することになった。

 総会には韓国政府の代表として文美玉(ムンミオク)・科学技術情報通信省次官が出席。日本の原田義昭前環境相が処理済みの汚染水について「海洋放出しかない」と発言したことに触れ、「もし海洋放出するなら、もはや日本の国内問題ではない。世界全体の海洋環境に影響しかねない深刻な国際問題だ」と訴えた。IAEAの積極的な関与を求め、「日本は十分かつ透明な措置をとるべきだ」とした。

 これに先立ち、日本の竹本直一・科学技術担当相は福島第一原発事故後の情報提供で「国際社会に対して透明性をもって丁寧に説明してきている」と述べ、汚染水についても「議論の共有を含め、取り組みを継続していく」としていた。

 *****


 これまで、韓国、文在寅政権は、慰安婦や徴用工など日本が受け入れられない問題をぶり返し、レーダー照射や旭日旗辞退・削除要求、竹島での軍事演習など常軌を逸する行動に出て、ついにはGSOMIA(軍事情報に関する包括的保全協定)を破棄すると言う暴挙に出てきました。次に日本を叩き、半日感情を燃え上がらせるネタは何か?、と考えた時、「福島原発の放射能汚染」ではないかと思っておりました。全く予想通りの展開です。


◇ すでに始まっている「日本は危険」という情報発信

 すでに韓国々内向けにはメディアを通じて日本叩きが始まっておりました。歴史の捏造、半日教育と同じ手法です。

1.中央日報の記事(8/14)

 韓国主要メディアの一つである中央日報に、「韓国政府『原発汚染水対策を要請』 安倍首相の最も痛いところを突く」と言ったタイトルの記事が掲載されました。記事には「『福島汚染水処理問題』と『東京オリンピック』を結び付けたような今回の立場表明は安倍晋三政権の最も痛いところを狙った模様だ」などの記述が並んでいます。

2.韓国MBC放送(8/14)

 「7ヵ月後には、済州に達する 私たちの海の汚染、あっという間に」というタイトルで、福島の「汚染水」が海を広く汚染するかのような動画付きの記事を配信しました。

福島汚染に関する動画

3.2020東京放射能オリンピック

 韓国の国会議員で、文在寅 大統領候補総括特報団長でもある閔丙梪(ミン・ビョンド)氏の認証付きツイッターアカウントに、オリンピックのシンボルに旭日旗と放射線警告マークを重ね「2020東京放射能オリンピック」と書かれた投稿も確認されています。

東京オリンピックと放射線

 別の韓国語ユーザーのツイートには、韓国の公共放送KBSのロゴが入った画像と共に「東京オリンピックを照準」とし、韓国メディアが福島の「危険性」をよりアピールしていくかのような内容が書かれております。

福島原発についての韓国の記事


◇ 韓国政府の動き

 8月17日、韓国政府は廃プラスチックなどリサイクル用廃棄物3品目について日本とロシアの2か国から輸入する際、放射性物質などの検査を強化すると発表しました。19日には、韓国外務省がソウルにある日本大使館の公使を呼び、「(トリチウムを含む水の)環境への影響を懸念する韓国国内の声を伝えた」こと、21日になると日本から食品を輸入する際に行っていた放射性物質の検査について、23日から17品目の検査を強化すると発表されたことなどが報道されました。


◇ 今後 起こりうること

 今後の韓国、文在寅政権がやりそうなことを考えてみました。文在寅 大統領 のみならず韓国のいつものことです。反日を煽ることで国民の意識を国外に向けさせて自分の身を守る、支持率を上げる、、、。日本に未来永劫、謝罪させる環境、日本から少しでも保証金やら損害賠償と言ったお金を引き出す環境、そうしたものを作って行くのでしょう。

1.さらなる危険報道

 まず、世界中に対して、放射能汚染から日本の製品は危険であるとの発信をして行くものと思われます。同時に、日本の放射能対策の不備を追求する姿勢を変えないでしょう。従軍慰安婦像を各国に設置したように、欧米諸国が韓国に追従せざるを得ない環境作りも水面下で行って行くでしょう。日本を陥れる世論作りです。

2.捏造されたウソのデータ発信

 これも必ずやって来ること、、、。韓国で捕獲された魚介類や収穫された農作物に放射能が検出された、と騒ぎ出すでしょう。実際には微塵も検出されていなくともです。中国から来たものが自国のものか、判定不能のものに対して福島原発の放射能汚染が韓国に及んでいる証拠としてウソのデータです。竹島が韓国領であるとか、作り出された従軍慰安婦問題、様々な文化、スポーツが韓国起源であるとか、捏造して自分に有利な歴史を作るのはなんとも思わない国家です。

3.賠償と謝罪の請求

 そしてこれまで通り、福島原発からの放射能汚染により韓国の産業は多大な損害を受けたとして、日本に対して賠償金を要求して謝罪を迫ってくると思われます。なんとか「日韓○○条約」まで結びつけてお金を引き出そうとするでしょう。

4.司法の立場から損害賠償判決

 国と国の外交上解決した問題であっても、さらに韓国の司法は、東京電力に対して福島原発放射能汚染により被害を受けたとされる人々への損害賠償を求める判決を言い渡すものと思われます。韓国内にあるかどうか知りませんが、東京電力の施設を差し押さえたりするかも知れません。

ムンジェイン盗人たけだけしい

 恐ろしい国です、、、。


スポンサーサイト