FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《現地レポート》シャンゼリゼ通り〜エトワール凱旋門〜コンコルド広場 −3–


 昼食を終えた一行はシャンゼリゼ通りを西へ、いよいよエトワール凱旋門へと向かいました。8月20日の晴天でありますが暑さは全く感じられない、過ごしやすい陽気でありました。

凱旋門へ向かう

凱旋門へ向かう02

凱旋門〜コンコルド広場


◇ エトワール凱旋門へのアプローチ

 エトワール凱旋門は太いロータリーの中央に建っており、横断歩道も陸橋もありませんので、シャンゼリゼ通りから向かって凱旋門の右側にトンネルの入り口があります。そこから地下道を抜けて凱旋門直下へと出ます。トンネル内では、東洋人風のバイオリンの流しがいて、とても良いメロディーを奏でておりました。

凱旋門への入り口

凱旋門へのトンネル

凱旋門下から


◇ 入場〜階段〜中二階

 ここからが有料となります。入り口から入って螺旋階段を登り中二階まで来ました。どこにでもある土産もの売り場があります。

凱旋門 階段

凱旋門内部01

凱旋門内部02


◇屋上

 さらに螺旋階段を登り屋上へと進みました。まずは凱旋門直下から、東方、シャンゼリゼ通りからコンコルド広場方面に目を向けて、ズームをかけて行きます。手前左がわに赤い屋根、先ほど行きましたBrioche Dreeが見えます。

シャンゼリゼ通り01

シャンゼリゼ通り02

シャンゼリゼ通り03

シャンゼリゼ通り04

 少し南側に移動しますとエッフェル塔が見えますね。

南側


◇ 無名戦士の墓

 螺旋階段を降りて、土産物をいくらか求めたところで外に出ました。そこには無名戦士の墓があり、チロチロと火が灯っておりました。主に第一次世界大戦ほか、フランスの為に亡くなった兵士たちを祈念しています。

無名兵士の墓


◇エトワール凱旋門の概要

 エトワール凱旋門 Arc de triomphe de l"Etoile(正式名称「エトワール広場の凱旋門 Arc de triomphe de l'Etoile」)は、フランス・パリのシャンゼリゼ通りの西端、シャルル・ド・ゴール広場にある凱旋門であります。冒頭の地図で示します通り、12本の通りが放射状に延びたその中央にあり、その形が地図上で光り輝く「星=etoile」のように見えるので、この広場が「星の広場(エトワール広場 la place de l'Etoile)」と呼ばれたことに由来しております。
 エトワール凱旋門は、前年のアウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年、ナポレオン・ボナパルトの命によって建設が始まり、ルイ・フィリップの7月王政時代、1836年に完成しました。建設を命じたナポレオンは完成する前に既に死去しており、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時でありました。1885年のヴィクトル・ユーゴー国葬における遺体安置、あるいは1919年7月14日の第一次世界大戦の同盟国の勝利のパレードなど、国家の歴史的な出来事を執り行う場所として機能してきました。


スポンサーサイト