FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《現地レポート》シャンゼリゼ通り〜エトワール凱旋門〜コンコルド広場 −1–


 フランスのパリ旅行、初日は北駅近くのホテルから歩いてシャンゼリゼ通りへと向かいました。その記録です。


◇ 北駅近くのホテル〜セント・ラザール駅

 ホテルを出て西に向かうと大通りサン=ラザール通りに出ます。これをセント・ラザール駅方面へと歩きました。おおよそ10分ほどの歩みでセント・ラザール駅が右手に見えて来て、その少し前はオスマン通りと名前を変えてさらに西へと向かいます。

セントラザール駅01

セントラザール駅02

オスマン通り


◇ ショートカットでシャンゼリゼ通りへ

 そのまま真っ直ぐもう10数分も歩けばエトワール凱旋門到着!、と言う時、喉乾いた、トイレに行きたいとの声、進路を変えてシャンゼリゼ通りへとショートカットのルートを取りました。

オスマン通り02

オスマン通り〜凱旋門 地図

路地へ入って

シャンゼリゼ通りへのショートカット地図

遠目に凱旋門


◇ シャンゼリゼ通りに到着、まずはマカロン専門店へ

 シャンゼリゼ通りに合流しました。右手のエトワール凱旋門が見えますが、まずは当初予定していたマカロンの専門店、ラデュレ・シャンゼリゼ店(Laduree Champs Elysees)に入りました。こちらはシャンゼリゼ通りとランコン通りが交わった場所にあるカフェで、店内は左手にテイクアウト専門のショップになっております。

ラデゥレー外観

ラデゥレー看板

ラデュレーテイクアウト

 マカロンが有名で、20種類以上から4つを選択しました。ビスタチオ(緑)、ストロベリー(ピンク)、パッションフルーツ(オレンジ)、マリーアントワネット(ピンクの茶色の粉)の4つです。マリーアントワネットは紅茶風味でありました。隣の席の客が食べていたケーキがとても美味しそうで、"That one, please!" とこっそり指差して、併せて注文しました。もちろん英語が通じました。コーヒーはExpressoと筆頭にあり、これは日本で言うエスプレッソのことで、いわゆる普通のコーヒーはありませんでした。

ラヂュレマカロン

ラヂュレケーキ



スポンサーサイト