FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《店舗:蕎麦>流山》地域に愛された十割蕎麦の店 くぼの


 少し遠くても通いつめたい蕎麦屋があって、毎回、別のものを注文しては写真に納めて来ましたが、ついに全てのメニューを達成できずに、本日、店は閉店となりました。もうやらない店を紹介してもしかたないですが、一つの記録として残します。メニューと撮影し得た写真のみを供覧します。

外観

閉店の知らせ


冷たいそば

◇ もりそば ¥650
もり

◇ ざるそば ¥700

◇ たぬきせいろ ¥750
たぬきせいろ

◇ 芽かぶせいろ ¥750
めかぶ

◇ とろろそば ¥860
とろろ

◇ 辛味大根おろしそば ¥860
辛味ダイコン

◇ 葉わさびせいろ ¥860
葉わさび

◇ 鴨汁そば ¥960
かもせいろ

◇ かき揚げもりそば ¥1050
かき揚げもりそば

◇ 野菜天せいろ ¥1050
野菜天せいろ

◇ 天せいろ ¥1270

◇ けんちんせいろ ¥890
けんちんせいろ


温かいそば

◇ かけそば ¥680

◇ たぬきそば ¥750
たぬき

◇ 肉南蛮そば ¥860

◇ 鴨南蛮そば ¥960
かも南蛮

◇ 天ぷらそば ¥1080
天ぷら

◇ けんちんそば ¥890
けんちん



 長い間、お疲れ様でした。星四つ半でお願いします。

星4.5
スポンサーサイト



【速報】 女子競泳 池江璃花子 選手「白血病」を公表


 女子競泳で、東京オリンピックにおけるメダル獲得が期待されていた池江璃花子さんが体調不良で合宿中のオーストラリアから緊急帰国、精査の結果、「白血病」の診断で治療が開始されたとのこと。

池江記事
 
 競泳女子で来年東京オリンピック(五輪)の金メダル候補の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、白血病であることを自身のツイッターで告白した。

 *****

「応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

 ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子」(原文まま)

 池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。

 池江は15年世界選手権で中学生として14年ぶりに代表入り。得意は100メートルバタフライで、自己ベストは56秒08。16年リオオリンピック(五輪)決勝進出して5位入賞。昨夏のパンパシフィック選手権で主要国際大会初優勝。ジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠で、女子初の大会MVPに選出された。現在、個人種目12個とリレー種目9個、計21種目の日本記録を保持している。

 なお、白血病は医学の進歩もあり、復帰したスポーツ選手もいる。昨年11月にはJ2新潟のDF早川史哉(24)が約2年ぶりに復帰。02年にはプロ野球オリックスの岩下修一投手が1年のブランクを乗り越えて復帰している。
 
 *****


 なんと申し上げたことか!、これを自分の最大の不幸と捉えて悲しみにくれるか、大きな試練として乗り越える気概を持つか、彼女は今、その双方に揺れ動く気持ちだと思います。彼女の置かれた思わぬ人生のイタヅラに私はぐっと涙が出てきますね。治療が功を奏して早期に復帰してほしい、でも無理はしないでほしい、と言うところです。


《店舗:中華>品川》イマイチであった品川の中華 栄華楼グランドセントラルタワー店


 武田薬品と大塚製薬で提供しているプロトンポンプインヒビター「タケキャブ」の発売4周年講演会で品川に行きました。その帰りに予約して行った中華の店をご紹介します。「栄華楼グランドセントラルタワー店」と言う店です。

栄華楼外観

栄華楼グランドセントラルタワー 食べろぐ

 店は品川駅から300 mほどのビル内1Fで、駅ビルのATREから渡り廊下があるのですが、よく分からず道路をトボトボ歩いて、随分と遠回りしました。立地条件はイマイチです。店は中国人が経営する横浜中華街に似た雰囲気で、あまり綺麗な印象はありませんでした。

【コース名】
 北京ダックや上海カニみそ入り小龍包、ふかひれ三種入りスープ付 豪華コース ¥7,020

 以下、出された料理順に寸評を記録します。


◇ 五種類前菜盛り合わせ

 まずは前菜です。5種類は右上のピータン、左上焼き豚、右下は棒棒鶏、左下の鴨のハム、そして中央クラゲ冷製です。斬新だったのはクラゲ冷製に唐辛子がまぶしてありピリ辛の度合いが通常よりも強かったところです。焼き豚には八角の香りがあまりなく、これは日本の焼き豚とほぼ変わらず物足りなさを感じました。全体に量が多く、キャベツの千切りの上に盛られた見た目のボリューム感があるちょっと下品な盛り付けでありました。星3つ相当です。

IMG_3189.jpeg


◇ 車海老のチリソースと車えびのマヨネ-ズ和え

 こちらは美味しゅうございました。エビチリもエビのマヨネーズ和えも一人一つは物足りないかな?と思いましたが、食べてみますと非常にエビが大きくボリュームを感じました。マヨネーズ和えは揚げてありサクサク感と酸味があって、新しい風味を楽しめました。こちらは星4つの料理でした。

IMG_3190.jpeg


◇ あわびのカキ油煮込み

 とても残念な料理でありました。豊かな盛り付けにアワビがふんだんに使われており、オイスターの香りがプンプンしてとても美味しそうに見えましたが、アワビそのものが最低でありました。まず硬い、臭い、塩辛い、そして極め付けはやや酸化したような酸っぱさがあって、保存方法や賞味期限を疑う品でした。こんなものを客に出してはいけません。星はあげられない一品でした。

IMG_3191.jpeg


◇ 牛肉とホタテのオイスターソース炒め

 とても味付けがよく、牛肉とホタテの柔らかさが火の通し方の良さを感じました。美味しい料理でした。星3.5でしょうか。

IMG_3192.jpeg


◇ 伊勢海老とタラバカニ肉入り揚げ団子

 タイトルはすごいですが、伊勢海老とタラバカニってそんなの創造がつかない料理でした。サクサクした食感は良かったですが、味は磯の風味があるな、と言うくらいでありました。星3つですかね?

IMG_3193.jpeg


◇ 北京ダック

 全く当たり前の北京ダックでありました。他所と違うのはポンとお皿を置いてくだけで、野菜と北京ダックとソースを巻くのはセルフサービスでありました。ボリュームがあって満足感のある料理に星3.5といたします。

IMG_3194.jpeg


◇ モンゴウイカのxo醤炒め

 イカのプリプリした食感が楽しく、味わいがあるいい料理でした。星4つ。

IMG_3195.jpeg


◇ ふかひれ三種入りスープ

 どこにでもある、レトルトで自宅でも作れるふかひれスープでした。よく見るとエノキダケと春雨の分量が多く、ふかひれは少ない印象でした。あまり感心しない一品に星2つです。

IMG_3196.jpeg


◇ 上海カニみそ入り小龍包

 カニみそ入りと言うところにだいぶ期待しましたが、それほどでもありませんでした。火の通し方が上手く、スープの量が多かったのは楽しい食感でした。星3つ。

IMG_3197.jpeg


◇ 海鮮炒飯

 薄味で、これ一品では物足りなさがあったと思われますが、これだけ料理を食べてくると、この上品さが良いような印象を受けました。ただ、海鮮との触れ込みですが、具が乏しく、味も香りも海鮮を感じられませんでした。そこらの街のラーメン屋にも劣る気がしました。星2つ。

IMG_3198.jpeg


◇ 自家製杏仁豆腐or自家製マンゴープリン

 可もなし不可もなし。星3つ。

IMG_3199.jpeg


◇ 総合評価

 以上まとめますと、ボリュームは十二分にありました。味付けもまあまあ、、、。ただ、アワビがとても残念であったのと、料理の順番がこれで良いのか?、と思いました。エビチリ、アワビ、牛肉の炒め物3点が次々と、ほぼ同時に運ばれて来て、その慌ただしさは、さっさと食事を出せば良い、と言った感覚でありました。味の異なる料理を短時間で出すわりには取り皿が置いてなく、店員さんにお願いしてもなかなか持ってこない、そんなところはいかにも中国人の店でありました。
 どうしても品川で中華を食べる状況で、安くてボリュームを求めるならオススメですが、自分ではもう一度行くかと問われると、都内には他にいくらでも探せるので「否」と答えざるを得ない、可もなし不可もなしの星三つとさせていただきます。

星3つ

野田の女児の他 虐待を受ける子供の代弁となるか? 鬼束ちひろ さんの「月光」


 連日のように、野田の10歳女児の虐待死の報道がなされております。繰り返される幼児虐待の問題、児童相談所や学校その他、周囲の対応の問題など議論は尽きないところですが、まずは、唯一頼りにする両親から愛情を得られず天に召された少女のご冥福をお祈り申し上げます。
 人間には幸不幸の「運」みたいなものがあり、努力している人、優れた能力、素晴らしい人格があっても思うようにいかない天命があって、ともすると大きな不幸に見舞われます。個人で良い仕事をしてもそれがその社会で通用しない、あるいは、貧困や戦争など所属する国家の問題、突然にやってくる災害も人生に大きく左右します。
 ただ、大人にはある程度は選択肢があって、自己責任のような部分はあります。熟慮と英知で自分の未来を自分で切り開くことができます。もちろん、失敗してもやり直しが効くこともあります。子供はどうか?、当たり前のことですが、ある子供が幸せであるかどうかは100%、その両親、家族、あるいは育児にあたる人物に寄ります。たとえ貧困に苦しむ国家であろうとも、紛争で難民の状態にあろうとも、子供にとっては身近な頼れる存在によって小さな幸せを得ることはあります。逆に、日本のように、豊かな国にあっても両親から虐待なんてされればこの上ない不幸な子供です。
 前置きが長くなりましたが、野田の女児の他 虐待を受ける子供の代弁となるか?、2000年、鬼束ちひろ さんの「月光」をここに記録します。

鬼束 月光

 *****

 月 光

 作詞:鬼束ちひろ
 作曲:鬼束ちひろ
 編曲:羽毛田丈史


 I am GOD'S CHILD
 (私は神の子供)
 この腐敗した世界に堕とされた
 How do I live on such a field?
 (こんな場所でどうやって生きていけばいいのだろうか?)
 こんなもののために生まれたんじゃない

 突風に埋もれる足取り
 倒れそうになるのを
 この鎖が 許さない

 心を開け渡したままで
 貴方の感覚だけが散らばって
 私はまだ上手に 片付けられずに

 I am GOD'S CHILD
 (私は神の子供)
 この腐敗した世界に堕とされた
 How do I live on such a field?
 (こんな場所でどうやって生きていけばいいのだろうか?)
 こんなもののために生まれたんじゃない

 「理由」をもっと喋り続けて
 私が眠れるまで
 効かない薬ばかり転がってるけど
 ここに声も無いのに
 一体何を信じれば?

 I am GOD'S CHILD
 (私は神の子供)
 哀しい音は背中に爪跡を付けて
 I can't hang out this world
 (私はこの世界で過ごす事は出来ない)
 こんな思いじゃ
 どこにも居場所なんて無い

 不愉快に冷たい壁とか
 次はどれに弱さを許す?

 終わりになど手を伸ばさないで
 貴方なら救い出して

 私を 静寂から
 時間は痛みを 加速させて行く


 I am GOD'S CHILD
 (私は神の子供)
 この腐敗した世界に堕とされた
 How do I live on such a field?
 (こんな場所でどうやって生きていけばいいのだろうか?)
 こんなもののために生まれたんじゃない

 I am GOD'S CHILD
 (私は神の子供)
 哀しい音は背中に爪跡を付けて
 I can't hang out this world
 (私はこの世界で過ごす事は出来ない)
 こんな思いじゃ
 どこにも居場所なんて無い

 How do I live on such a field?
 (こんな場所でどうやって生きていけばいいのだろうか?)

 *****


 歌詞には作詞家の情念が込められており、この詩を通じて当時19歳であった鬼束さんが伝えたかったはもう少し大人の自分かも知れません。しかし、楽曲はそれを聞く個人が自由な受け止め方をして良いと思います。この曲は虐待を受ける幼い子供達の代弁となり得るものであります。小さな子供の、声にもならない声、訴えにしっかりと耳を傾ける社会が求められますね。