アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

堪える悔し涙にたくましい将来を観た 濵口 遥大 投手(横浜DeNA)


 一昨々日の16日、テレビの野球観戦で少し心を動かされるシーンがありした。広島東洋カープ 対 横浜DeNAベイスターズ戦のこと、横浜の選手についてですので「大洋〜横浜」のカテゴリでも良いのですが、内容から「アスリート」といたしました。


◇ 試合展開

 簡単に昨日の試合を振り返りますと、広島先発はエース 野村、横浜はドラフト1位の新人 濵口でありました。4回まで、野村は横浜打線に3安打1四球を許すも要所を締める投球で無失点、濵口は持ち前の全力投球とチェンジアップが冴え渡り、無安打2四球で5三振を奪う好投でありました。試合が動いたのは5回表、横浜の攻撃、キャッチャー高城がエラーで出塁し、バントで二塁に送ったところで、9番ショートで出場の倉本のライト前ヒットで、横浜が1点を先制しました。

【濱口 4回までの投球】
   広 島   1 回 2 回 3 回 4 回
 (遊)田中広  四 球     四 球
 (二)菊 池  二ゴロ         三ゴロ
 (中) 丸   左 飛         左 飛
 (右)鈴 木  空三振         右 飛
 (左)エルド      空三振
 (一)新 井      空三振
 (三)ペニャ      空三振
 (捕)石 原          空三振
 (投)野 村          右邪飛

 その裏の広島の攻撃、大きな落とし穴が待っておりました。先頭のエルドレッドに対して濱口、力が入ったのか初球のチェンジアップが外に外れたところで3球続けて速球が上ずりストレートのファーボールとなりました。次の新井に対しては、チェンジアップ2球で空振りとボール、フォークで空振り、フォークがボール、チェンジアップもボールと、一転して変化球の連投に続いてストレートが外に外れて連続ファーボール。続くペーニャに対しては気を取り直して2ストライクナッシングと追い込みながら、2ボール2ストライクまで粘られ、7球目の高めのストレートをセンター前にこの日初めてのヒットを許してしまいました。あっという間にノーアウト満塁です。打順は下位打線、8番キャッチャー石原となって、1ボール1ストライクからチェンジアップが高めに浮いたところをレフトに犠牲フライ、同点に追いつかれました。でも、1アウトを取ってランナーは1, 2塁、バッターはピッチャーの野村ですから、なんとか同点止まりにできる期待はありました。
 ところが、ここからさらなる悪夢が待っておりました。当然のごとくバントの構えをするピッチャーの野村に対してストライクが入りません。ストレートのファーボールで再度の満塁、1アウトです。続く田中広輔にライト前に運ばれ勝ち越し、なおも満塁、続く菊池はレフト前ヒットでさらに追加点で満塁、3番丸には3ボール1ストライクからファーボール、押し出し、ここでノックアウトとなりました。

【濱口 5回の投球】
   広 島   5 回
 (遊)田中広  右 安
 (二)菊 池  左 安
 (中) 丸   四 球
 (右)鈴 木  
 (左)エルド  四 球
 (一)新 井  四 球
 (三)ペニャ  中 安
 (捕)石 原  左犠飛
 (投)野 村  四 球

 新人・若手投手が、リードをもらって勝ち投手の権利を得る5回にファーボールから自滅して、同点から投手まで歩かせてタイムリーと押し出し、よくあるシーン、取り立てて解説するまでもありませんが、ラミレス監督が投手交代を告げて、マウンドを降り、ベンチに戻って、タオルで顔を拭う濱口投手の姿に少し心を動かされた、とただそれだけの話です。


◇ 濵口 遥大 投手

 ごくごく、簡単にこの投手をご紹介いたします。

 1995年3月16日、佐賀県の生まれで、左投げ左打ち、佐賀県立三養基高等学校入学後より投手に専念し、3年春にはエースとして県のベスト8に貢献、夏の予選では全試合に完投(2完封)で27イニングで31三振、6失点の力投を見せるも甲子園出場は叶いませんでした。神奈川大学進学後、2年時には急速150 km/hをマークし、全日本大学野球選手権で2年時に準優勝、3年生の時にはベスト4にチームを導きました。
 2016年10月20日に行われた2016年のプロ野球ドラフト会議で、柳 裕也(明治大学)、佐々木千隼(桜美林大学)の抽選を外した横浜DeNAベイスターズから外れ1位で指名され、契約金9000万円、年俸1500万円(金額は推定)で入団、背番号は26です。

濱口投球フォーム00

濱口 投球フォーム01

濱口投球フォーム02

濱口投球フォーム03

 写真を何枚か供覧しましたが、力感溢れる力投型で急速150 km/hを超える速球と120 km/h台のチェンジアップがほぼ同じ極めて速い腕の振りで繰り出され、その他、カーブ、スライダー、フォークと多彩な変化球が荒れ球気味に投球される、そんな投手であります。


◇ ノックアウトのシーン

 上述の試合で広島の丸選手に押し出しのファーボールを出して降板、ノックアウトとなるシーンの動画を供覧します。なんてことのないよく観るシーンのようですが、心に伝わるものがありました。

濱口投手がノックアウトで降板するシーン

濱口 涙01

濱口 涙02

濱口 涙03


◇ あとがき

 ある時、悔し涙を見せるある選手を見て、テレビ解説をしていた、元横浜、大魔神こと、佐々木主浩 氏が、「嬉し泣きするやつは大成しないけど悔し泣きする選手は有望です」と言ってました。彼が誰のことを言っているのか、その時すぐにピンと来ましたが、それはいいとして、私も同じ感覚でいます。加えて、ただ涙を見せれば良いと言うものではなく、己の弱みを見せたくない、とする姿勢にもさらに期待感を持ちます。
 先発投手として4回1/3ノックアウトとなった濱口 投手が、潤む眼から涙をこぼすことなく、顔を拭く動作でそれを抑えるその姿に、心からの悔しさと、でも人前で涙は流すまいとする負けず嫌いが感じられ、我がベイスターズの選手として贔屓目ながら、このアスリートの将来に大きく期待するものであります。

スポンサーサイト

六星占術の「12年間の運命周期の始まり」を迎えて? 様々な転機と己の転換


 さて私事、私が細木数子さんの「六星占術」では火星(—)であることは以前にもご紹介いたしました。その際、この占術の仕様については詳細なご提示をさせていただきました。

  2015年08月11日 細木数子さんの「六星占術」覚え書き

 この記事は2015年8月の、まさに大殺界、停止の年、停止の月に掲載しましたが、今年、やっと大殺界が終了、「種子」の周期に入りました。「12年間の運命周期の始まり」を迎えた途端、様々なことが身の回りで起こっており、この運気の流れは利用しない手はない!、とばかりに積極的に動いているこの半年間でありました。


◇ 12の運命周期

 ここでは、六星占術の「12の運命周期」のみをおさらいします。各運命星の陽(+)/陰(—)毎に12の「運命周期」が与えられております。各運命星は、年運、月運ともに、12の運命の周期で運気が決められているとされます。運気の流れを示したのが下図となりますが、各運命周期についてはサイトより引用して供覧します。

六星占術の運気の流れ

01.種子

 12年間(ヶ月)の運命周期がはじまります。総合的に、自分の運命がよい方向に回転をはじめる時期、物事を開始する時期と考えてください。結婚、就職、引越しなどによい時期です。この時期に知り合った人は、将来あなたにとって大事な人になります。新しく商売をはじめたりすると、将来、大きな実りが期待できるでしょう。

02.緑生

 大地にまかれた種が芽吹き、根をはり、グングン成長する時期です。愛情運も高まり、この時期にあらわれた異性は、ほぼ本物とみていいでしょう。財運、仕事運しもによし。ただし、この芽はまだひ弱なため、ちょっとした環境の変化で、ポキッと折れてしまうこともあります。油断していると、大きな落とし穴にはまってしまう危険もあるので、慎重な行動を心がけましょう。

03.立花

 今後の基本的な方向を決定づける重要な時期です。この時期に成し遂げたことは、生涯、不動のものになります。とくに経済的には、この時期に得たものは生涯あなたが財運に恵まれる要素となります。ただし、ほかの運気と重なると、その運気を強烈にする働きがあるので、「殺界」と重なったときは要注意です。

04.健弱

 「小殺界」です。しかし、まだ決定的なものではありません。<種子>からの成長でたまった「運気のウミ」を出す時期です。とくに肉体面にはっきりとあらわれてくるのが特徴ですが、経済面、愛情面でも無理な行動はやめ、冷静に、自分も周囲もかえりみる小休止の時期です。

05.達成

 文字どおり、自分の望みが叶い、目的が達成されるという強運気です。<立花>で果たさなかったことは、この時期に完成させるといいのです。運気は最高潮に達しているので、愛情運、家庭運ともに充実しています。経済的にも好調で、収穫するほどの実りといった感じではないものの、何をやっても楽しい時期です。

06.乱気

 「中殺界」です。<健弱>で肉体的な「運気のウミ」を出したのに対し、こんどは5年間たまった精神的な「運気のウミ」を出す時期です。働きずくめできた人は、ここでひと休みしましょう。新たな事をはじめようとしても空回りするだけなので、現状維持を心がけてください。もちろん結婚はいけません。身内に不幸が起きやすいとというように、精神的なダメージを受けることの多い時期です。

07.再会

 結婚、就職、転職、開業、引越しなど、すべてにおいて、新しい事を仕掛けるチャンスが再度到来しました。愛情面でもやり直すよい時期です。人との出会いに幸運のカギがあります。また、前年に起きたトラブルも、この時期に働きかければ、以前よりよい状態に改善できます。

08.財成

 収穫の時期です。とくに財運は強く、やることすべてがお金になり、何をしても成功に結びつきます。12年に一度だけ訪れる蓄財の年なので、大いに稼ぎまくってください。ただ、大切な人との別れが生じる可能性があります。財を得たら、何か人のため、世のためになることに使うことで愛情運が上昇します。

09.安定

 すべての成果をを勝ち取り、人生の果実を味わう時期です。ここでは、新たに事を起こそうなどと考えず、優雅に充実した生活をおくるように心がけましょう。がむしゃらに押しまくることはやめて、これまでの8年間の人生を静かに振り返り、次にくる「人生の冬」に備えることです。

10.陰影(大殺界)

 冬の到来、「大殺界」です。運気がただひたすら降下します。周囲に対するものの見方が歪み、それが原因で判断をあやまったり、大きな錯覚におちいったりしがちです。あなたのまわりでも、あなたを不安におとしいれるような心配事が相次いだり、判断に苦しむような得体の知れない出来事が起こるのも特徴です。

11.停止(大殺界)

 「大殺界」のど真ん中、まさに八方ふさがりといった言葉がビッタリの状態です。だれもあなたのいうことに耳を傾けてくれません。だからといって、自分一人で行動すると大きなミスを犯し、周囲に大きなダメージを与えたり、他人の信用を損ねたりします。ただおとなしく耐える時期です。

12.減退(大殺界)

 「大殺界」のラストです。多少運気が上昇に向かっていきますから、なんとなく気分は明るくなります。しかし、油断は禁物です。自分が信頼していた人に裏切られたり、身内や愛している人が突然亡くなったりと、取り返しのつかないことが起こりやすい時期です。そして、とかく悪い運気が自分の内側へ内側へと向かってくるので、心の病気におかされやすいのもこの時期です。金銭的には、身につけたものをゼロにしてください。ここで金銭を惜しんでいると、運気はさらにマイナスになり、翌年訪れる<種子>の運気まで損なう恐れがあります。

 では、ここからは、今年に入って己に起こった「12年間の運命周期の始まり」を迎えての様々な転機をご紹介します。極めて私事、ご容赦くださいませ。


◇ 02/20 スマホからiPhoneへ

 元々、携帯電話はdocomoの契約、シャープ SHシリーズやAQUOS、SONYのXperiaなど、Androidで受け継いで来ました。MacユーザーとしてiPhoneに換えることの利便性を理解してはいましたが、なかなかそのタイミングが来ないでいたと言った次第でした。
 ところが、「スマホからiPhoneへ」、その転機が来ました。昨年、Xperiaに入れていたSuicaが突然作動しなくなり不便を感じていたところ、今年になって、以前から調子が悪かった充電の接続の不具合が顕著となりました。そんな矢先、昨年11月より、iPhone7で使えるSuicaも使えるApple Payがスタートしていたと知り、ついに2月20日、iPhone7 Plusに機種変更をいたしました。
 誰でも経験する機種変更ですし、スマホからiPhoneの乗り換えだって珍しいことではありませんが、モバイルの日常が一変する、目の前の景色が大きく変わる出来事となりました。

image1-1.jpg


◇ 04/10 ブルーレイ/DVDレコーダー DIGA + 19型TV VIERA

 モバイルが変わると、ますます自分を取り巻く環境に変化を求めるようになりました。そこで、「お部屋ジャンプ・リンク」と言うPanasonicの機能に注目しました。リビングのメインのテレビに接続したレコーダーより有線あるいは無線で別の部屋のテレビに映像を送ることができます。離れた場所のモバイルでもレコーダーからの映像が見られるそうです。1, 2週間ほど取材を重ねたところで、Panasonicのブルーレイ/DVDレコーダー DIGA + 19型TV VIERAを一括購入としました、¥87,477。

DIGA のCM

 19型テレビは寝室兼書斎の机、PCの横に設置しました。地デジおよび無料のBS, CS放送は、リビングのメインのレコーダーで受信したものをリアルに観られます。有料の放送についてはレコーダーに録画したものが時間差で観られますが、今は、現在、録画している番組をその操作を行いながら再生して観られます。1時間前に始まった今なお録画しつつある番組を1時間前の番組開始の時間から再生して観られますし、別の部屋でリアルに観たければ、録画しつつ5分でも数分でも遅れて録画放送を観ることができます。
 こうすることで、別の部屋で、例えばベッドに横になって、あるいはPC操作などデスクワークをしながらテレビが観られます。これは「お部屋ジャンプ・リンク」を使わなくともメインのレコーダーだけでできることですが、テレビ番組はその時間に縛られずに観られます。これまでやって来た、番組の開始時間に合わせて行動する必要はありません。録画さえしておけば、録画し終わってから観るのではなく、数分遅れでもその番組を最初から観られる。
 とっくに世の中ではやられていることですが、恥ずかしながら、そうしたテレビ視聴生活も、新しい生活感を得る年となりました。


◇ 04/20 Mac ProからMac miniへ

 テレビとレコーダーを追加購入した矢先、突然、職場のPCに不具合が生じました。Mac Pro、もう6年経ちますが30数万を投入した 2.6 GHz Dual Core Intel Core i5, 6GB SDRAM, 2TB Hard Drive は当時としては、一般の町医者が持つには最高級のものでありました。

Mac Pro旧型

 今年になって、なんとなく起動が遅く感じられており、ふと虫の知らせが走ったので、4月になってOSを最新バージョン、mac OS Sierra 10.12.4 にアップグレードしました。Mac固有の機能として、トラブルにより本体を買い換えることとなっても、外付けハードディスクに接続しておれば、タイムマシーンと言うアプリケーションによってハードディスクの内容をすっかりそのまま再現できる、と言うものがあります。ただ、そのためには、トラブルが生じた時のOSは最新バージョンでなければなりません。「ふと虫の知らせ」と申しましたが、それこそ半年ぶりくらいバージョンアップでありました。
 その数日後のこと、突然、Mac Proにフリーズが起こるようになりました。すぐにスイッチをOFFとしてすぐに電源を入れても起動せず、時間をおいてから電源を入れると復活する、そんな繰り返しとなり、「もしかしたら」と言う予感がありましたので、速やかにインターネットやメールの設定をメモして、極力、操作を行わずに放置しました。タイムマシーンによるアップロードを促すためです。そしてついに、異変が生じた翌日のこと、事切れるようにMac Proは起動するはことなくなりました。修理業者にお願いする時には、完全に買い替えのつもりで、新機種も決めておりました。
 幸いMac純正の27インチLEDモニターは無傷ですので、さすがに新型Mac Proにする余裕はありませんが、Mac miniでも、これまでのものよりもハイスペックなシステムは可能でありました。と言うことで、3.0 GHz Dual Core Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.5 GHz), 16 GB 1,600 MHz LPDDR3 SDRAM, 2 TB Fusion Drive に医局のPCが生まれ変わりました。

image1.jpg

 携帯電話iPhone、テレビとレコーダーのシステム、医局のPCと電化製品ばかりでありますが、身の回りの大きな変化が起こりつつあるのは間違いありませんでした。


◇ 05/13 ついには外勤の職場までも

 さらなる偶然が続きます。どこまで全国的なことかは解りませんが、私が育った東北地方とは異なり、関東圏の一般病院の勤務医には研究日と称して平日に休みがあります。要は週4.5日勤務の契約に基づくものでありますが、ほとんどの医師はその研究日に外勤と言うかたちでどこかの病院に非常勤でアルバイトをする訳で、私も今年で9年目、ある病院の外科外来を週に1回勤めております。
 9年もいるといろんなことが起こるもので、最初の2年くらいは私が行く前からの外科常勤医2人体制でありましたが、突然、その2人が辞めて外科不在となり、都内の私立大学の医局から派遣の医師が2人来て、その2人も1年くらいで退職、またも外科不在、流れ者のような常勤医が入りましたが、その方も短期で辞め、ついには昨年、今の常勤医が系列病院からの異動で来ました。ところが、その外科医師もクリニックを開業する決意を固めたとのこと、病院側としては、系列病院からのローテードで対処することとなり、その結果として非常勤医は解雇の運びとなりました。
 有り体に言えば「クビ」でありますが、これも「12年間の運命周期がはじまり」!、とすんなりと受け入れて、久しぶりに就職活動に精を出していました。いくつかに絞り込みをして、この土曜日 5/13 午前、一番に希望する病院に面接に行き、11時、採用の通知を受けました。あっさり来月から新しい外勤病院に勤務することとなり、細かいところでは手書きのカルテが電子カルテとなって、税金でならされはしますが給与は25%アップ、これまでの病院は近くにゴルフの練習場があって昼休みに練習していたのが、今度の病院はすぐ隣が練習場と、私のための病院のよう、、、。そして何より大きなところで、外科外来ではなく総合診療を行うこととなりました。これはいい歳してスキルアップ!と、早速、「総合診療専門医マニュアル」なる教科書を注文して備えている次第です。

総合診療専門医マニュアル


◇ おわりに

 携帯やら電気製品の買い替え、購入などと、極めて個人的な消費生活と、アルバイト先が変わったなどと、これまたどうでもいい個人の事情ではありますが、ここまで己を取り巻く環境が変わりゆくのも珍しいことであります。
 私自身、六星占術の大殺界が終わりを告げて、「種子」のタームに入ったことを一番の理由に考えがちではありますが、少なくとも今は、一つの変化の時期に入ったのは間違いない感覚でおります。そして、この機会を上手に振る舞うことがこれからの生活に好結果を生むことも実感しております。
 今、思っていることは、仕事にしろ、私生活にしろ、新しい感覚に切り替えることであります。昨年まで己に染み付いていた、何がしかの習慣や、ルーチン・ワーク、物事への考え方などと言ったものを、少しずつ転換していくそんなシーズンに入ったと感じております。

 人にはそうした転機が必ず来ると思います。

思わぬ不幸・災害から立ち直るスピリッツ 「いつも何度でも」


 今から22年前、平成7年(1995年)の4月のある肌寒い晴天の朝、神戸市にある長田区長田小学校の一室で、白衣を着て外来診療の椅子に腰掛けておりました。この年の1月17日に発生した阪神淡路大震災に対する、秋田市の事業として派遣された医療救護班であります。神戸にはその数年前に学会で訪れたことがあり、美味しい神戸牛をいただきましたので、変わり果てた街の惨状に驚きと落胆と悲しみを覚えたものでした。ただ、私たちが派遣された時は、震災から3ヶ月が経っており、春の日差しともに、人々の顔に少しずつ希望と意欲が感じられつつあった、そんな時間が神戸の街に流れておりました。
 その後の日本、平成23年(2011年)3月11日には東日本大震災とそれに伴う津波により多くの命が失われ街は破壊され、さらには福島第一原発事故で多数の避難者が出ました。昨年4月14日には平成28年熊本地震が発生して多くの死傷者と避難者を生みました。復興に携わるべき政治家の心無い失言が散見されはしましたが、東日本にしろ、熊本も、必ず確実に元の姿を取り戻す、世界的にも災害の多い我が国の国民は、そうしたものから、少しずつ、少しずつ立ち直る小さくても強い精神を持っているように思います。

 「いつも何度でも」

 日本人の死生観にも繋がる国民性、スピリッツの琴線に触れる楽曲であります。日本人で知らない人はほとんどいない、2001年のスタジオジブリの長編アニメ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌でありますが、その歌詞の持つ意味を検証した報告は多くはありません。いささか想像の域を出ない部分はありますが、私なりの解釈でご紹介して参ります。

千と千尋の神隠し ジャケット


◇「いつも何度でも」

 この曲が生まれた過程について、作詞の 覚 和歌子 女史のインタビューがありました。まだ「千と千尋の神隠し」が作られる前、「煙突描きのリン」という映画の企画があって、それに合わせて書いた詩とのことでした。地震で廃墟となった町に唯一残った銭湯の煙突に、美大生が絵を描く、その女の子が屋根の上で口ずさむという設定であり、覚 和歌子 女史は東日本大震災を思い浮かべて詩を書いたとのことです。残念ながらこの企画は流れてしまいましたが、スタジオジブリの 宮崎 駿 氏から新しい映画に曲を使いたいと話があり、ああいう形で世に出ることとなって、「千と千尋の神隠し」のストーリーとは若干、異なる内容の主題歌になりました。

 *****

 いつも何度でも

いつも何度でも ジャケット

 作詞 覚 和歌子
 作曲 木村  弓
 歌  木村  弓


 呼んでいる 胸のどこか奥で
 いつも心踊る 夢を見たい

 悲しみは 数えきれないけれど
 その向こうで きっと あなたに会える

 繰り返す誤ちの そのたび 人は
 ただ青い空の 青さを知る

 果てしなく 道は続いて見えるけれど
 この両手は 光を抱ける

 さよならの時の 静かな胸
 ゼロになる体が 耳を澄ませる

 生きている不思議 死んでゆく不思議
 花も風も 街も みんな同じ

 ラ ラ ラン ラン ラ ラン
 ラハハハハ
 ラン ラン ラ〜 ラン ララララ
 ラン ラン ララ ラン ラ〜ララ
 ラン ララララ ラン

 ホホホ ホホホホ
 ホホホホ
 ルルルル ルルルル
 ルルルル〜 ルル
 ル〜ン ルルル〜


 呼んでいる 胸のどこか奥で
 いつも何度でも 夢を描こう

 悲しみの数を 言い尽くすより
 同じくちびるで そっと歌おう

 閉じていく思い出の その中にいつも
 忘れたくない 囁きを聞く

 粉々に砕かれた 鏡の上にも
 新しい景色が 映される

 始りの朝の 静かな窓
 ゼロになる体 充たされてゆけ

 海の彼方には もう探さない
 輝くものは いつもここに
 私の中に 見つけられたから

 ラ ラ ラン ラン ラ ラン
 ラハハハハ
 ラン ラン ラ〜 ラン ララララ
 ラン ラン ララ ラン ラ〜ララ
 ラン ララララ ラン

 ホホホ ホホホホ
 ホホホホ
 ルルルル ルルルル
 ルルルル〜 ルル
 ル〜ン ルルル〜

 *****


「いつも何度でも」カバー YouTube URLです↓(冒頭に “h” を入れて入力して下さい)
 ttps://search.yahoo.co.jp/video/search?rkf=2&ei=UTF-8&dd=1&p=いつも何度でも


◇「いつも何度でも」歌詞の解釈

 呼んでいる 胸のどこか奥で
 いつも心踊る 夢を見たい


 災害があって、現実を見れば落ち込む気持ち、でも、胸の奥には未来に向けて心踊るような夢を見たい、そうした自分でありたい。

 悲しみは 数えきれないけれど
 その向こうで きっと あなたに会える


 悲しみは数えきれないけれど、それを乗り越えたその先の向こうに、自分が夢に思う誰か、自分(?)にきっと会えるだろう。

 繰り返す誤ちの そのたび人は
 ただ青い空の 青さを知る


 発展し過ぎた文明の誤ちに降りかかる災害が起こるたび、人間は青い空の青さ、すなわち自然そのものの大きさに気付かされる。


 果てしなく 道は続いて見えるけれど
 この両手は 光を抱ける


 心身共に立ち直る、復活、復興への道は果てしなく続くけれど、その両手にはしっかりと希望の光を抱いている。

 さよならの時の 静かな胸
 ゼロになる体が 耳を澄ませる


 不幸が起こり、知人との別離を迎えて、しかし、かえって心は落ち着いて、耳を済まして初心に返る自分がいる。

 生きている不思議 死んでゆく不思議
 花も風も 街も みんな同じ


 自分が生きていることの不思議、知人が死んでしまった、いわゆる運命の不思議は、それは、花すなわち自然も、風それは時間、そして街においても同じこと。


 呼んでいる 胸のどこか奥で
 いつも何度でも 夢を描こう


 災害があって、現実を見れば落ち込む気持ち、でも胸の奥に、いつも何度でも、未来に向けて夢を描く。

 悲しみの数を 言い尽くすより
 同じくちびるで そっと歌おう


 悲しい出来事を言葉にするよりも、未来への夢を細やかに語りたい。

 閉じていく思い出の その中にいつも
 忘れたくない 囁きを聞く


 悲しい出来事を拒絶するように薄れゆく記憶の中に、でも、忘れたくない言葉があって。

 粉々に砕かれた 鏡の上にも
 新しい景色が 映される


 粉々に砕かれて、激しく壊れた街の上に、復興した未来の新しい街並みが浮かんで来る。

 始りの朝の 静かな窓
 ゼロになる体 充たされてゆけ


 災害があって、そこから立ち直る始まりにおいて、一からやり直す心身が強い気持ちで充たされて欲しい。

 海の彼方には もう探さない
 輝くものは いつもここに
 私の中に 見つけられたから


 苦境から立ち直る、その強い情熱、未来への希望、高い志しを、はるか彼方に探したりはしない。大切なもの、それは自分の中に見つけることができから。


◇ ナターシャ・グジーさんが歌う「いつでも何度でも」

 この曲は、ウクライナ出身でチェルノブイリ原発事故に遭ったナターシャ・グジー Nataliya Gudziy さんの歌でも有名であります。彼女はこの歌詞を深く理解して、自分の経験として熱い思いで歌っております。

「いつも何度でも」Nataliya Gudziy YouTube URLです↓(冒頭に “h” を入れて入力して下さい)
 ttps://www.youtube.com/watch?v=6JiOQ1UBkzU

ナターシャグジー いつも何度でも

 彼女の経験と「いつも何度でも」に対する気持ちをご紹介します。

 *****

「いつでも何度でも」を歌うナターシャ・グジーさんのインタビュー

 いまから、22年前にチェルノブイリ原発が爆発しました。当時わたしは6歳でしたが、お父さんが原発で働いていたので、家族全員で原発からわずか3.5キロのところに住んでいました。事故が起きたのは、夜中だったので、ほとんどの人たちは、そんなに大きな事故が起きたとは知りませんでした。

 そのため次の日は、普通に生活していました。子どもたちが学校に行き、お母さんたちが小さな子どもを連れて一日中外で遊んでいました。そして、一日中、目に見えない放射能を浴びていました。

 事故のことを知らされたのは、その次の日でした。たいした事が起きていません。でも、念のために避難してください。三日間だけ避難してください。三日後に必ず帰ってきますので、荷物は持たずに避難してください。そういわれて、わたしたちはみんな、荷物を持たずに、町を出てしまいました。でも、三日たっても、一ヶ月たっても、そして二十年たっても、その町にもどることはありませんでした。

 子どものころ、毎日遊んでいた美しい森も、たくさんの思い出がつまった家も、放射能のせいで、壊されて、土の中に埋められました。いまそこには、なんにも残っていません。かつて、命が輝いていた町は、死の町になってしまいました。あの恐ろしい事故で、わたしたちが失ったのはふるさとだけではありません。とってもたくさんの人が亡くなっています。わたしの友達も、なんにんも亡くなっています。
 
 そして当時、わたしと同じように子どもだった人たちが、もう大人になり、結婚したり、子どもを産んだりしています。そして新しく生まれてくる赤ちゃんたちの健康にも、異常があります。人間は、忘れることによって、同じ過ちを繰り返してしまいます。悲劇を忘れないでください。同じ過ちを繰り返さないでください。そう願ってわたしは歌を歌っています。

 *****



◇ あとがき

 震災や洪水、台風、火山の噴火、そして限りなく人災に近い原発事故に見舞われた人が、絶望の淵から立ち上がって、なんとかして元の生活を取り戻そうと頑張っています。そうした情景を思い浮かべてこの「いつも何度でも」の歌を口ずさむと、人間の平和への強い意志を感じ、人間の愛情の深ささえも感じます。さらには、「人間とはかくも強い存在なんだ!」と言う感情を持ちます。
 曲の題名、「いつも何度でも」に目を向けます。曲中におけるこの題名のフレーズは一箇所だけであり、「いつも何度でも 夢を描こう」であります。これは人間社会に、繰り返される自然災害や人災など、大きな不幸に見舞われる歴史があって、絶望の淵に追いやられても、でも、いつの時代においても、何度でも、そこから立ち直ろうとしてきたことを言っているのだと思います。
 不幸から「いつも何度でも」立ち直る精神、日本人だけではありません、チェルノブイリ原発事故を経験したウクライナ人、ナターシャ・グジーさん、に留まるものでもありません。世界中に伝えたい強い感情だと思います。