アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

「六輔永(ろくすけ なが)のお別れ会」における黒柳徹子さんのスピーチ


 大ヒット曲、「上を向いて歩こう」の作詞などを手掛け、本年7月7日、83歳で死去した放送タレント 永 六輔 さんのお別れの会が8月30日、東京都港区の青山葬儀所で開かました。この際の、自称「60年来の友達」、黒柳徹子さん(83歳)のスピーチは、ささやかに、そして優しく故人の一面を語るものであったと思いました。さすがは黒柳さんだなと思わせるスピーチの全文を記録しておきます。

永六輔お別れ会

 *****

 永さんは私が死んだときの葬儀委員長をやるとおっしゃっていたのに、思惑が外れて申し訳ありませんでした。60年以上お友達でしたけど、一度もけんかしたことがありませんでした。本当に仲の良いお友達と言っていいと思います。亡くなる4日、3日ほど前にお見舞いに行きました。それまでは行かない方がいいかな、と思ったんですけど。永さんはずっと寝ていましたが「永さん!!」って呼ぶとぱっと目を覚まして私の方を見て、あははははってうれしそうに笑ってまた寝ちゃいました。3回か4回同じことを繰り返して…それでお別れしました。

葬儀における黒柳徹子さん

 今日はなるべく楽しいお話がいいというので、永さんのあごが外れた話をちょっとします。夜中に原稿を書いていて、あくびを止めようとほっぺたをたたいたらあごがガクッと外れちゃったそうです。どうしていいのか分からなくて、電話帳で整形外科を調べてタクシーに乗って行こうと思ったんですが、あごが外れるとしゃべれないってことを気づかないで、運転手さんに「あががが…」「あががが…」って言ってたら、運転手さんがお化けだと思って「降りてください」って言ったんです(会場爆笑)。家に戻って今度、紙に「あごが外れた、驚かないで」って書いて奥さまの昌子さんに見せたら、すぐに一緒に行きましょうってことになり整形外科の先生に看てもらったそうです。あごを入れるのは相当乱暴な仕事だそうで、最終的には寝てなさいと言われて足で抑えて上からガーンってやったら入って、「あ、永さんだったんですか」ってその先生が言ったって。

故 永六輔さん

 若いころは私たち渥美清さんとも仲が良かったんです。NHKに出ていたんで有名になるのは早かったんですが、お金がなくてみんな貧乏でした。中華料理を一緒に食べに行ってエビチリを頼んだんですが、人数からしてエビチリの数が少ないとけんかして、私は3個くださいって頼んだんです。渥美さんは「徹子、俺が働いて、数えなくてもいいように食わしてやるよ」って言ったんです。後で考えてみると、本当に寅さんのようでした。その時、永さんが「いや、そんなことないよ。今が一番幸せなんだよ。年とって食べられなくなって、いっぱい余っていても食べられなくなる方が不幸せじゃないか。今のようにみんなで“3個!”って言ってる今が一番幸せだ」って。そのとき、永さんは大往生のことをおっしゃってらしたんだなって思います。

故 渥美清さん

 奥さま、昌子さんが亡くなったあと、永さんが「講演に行って『僕は黒柳くんと結婚しません』って言うと、みんながわーっと笑うんだ」って言ってました。しばらくしたら受けなくなって、「このごろ黒柳くんと結婚しますって言ったら受けるんだよ」って。…でも、私はあなたとは結婚しないと思う、って言ったら、お嬢さんが「ダメだと思います。2人で朝から晩までしゃべって、どっちも言うこと聞いていないと思います」って言われたの。それもそうかなと。永六輔さんほどの難しい人とあんなに長く結婚されていた昌子さんは本当に良い奥さまだったと思います。多分、もう昌子さんにはお会いになったんでしょう。一番永さんが待っていたこと-。

永六輔夫妻

 徹子の部屋も39回の最多出場者で、そこで面白い話をしようと方々駆けずり回っていつも新しい話を仕入れてくれていました。もう、こんな長い話して、最初5~6分っていうことでしたんでね(会場爆笑。すでに20分ほど予定を上回る)、止めることにいたします。永さん、私はあと10年「徹子の部屋」をやろうと思っていますけど、はっきり言って永さんがいらっしゃらないこの世の中は非常につまらないと思っています。あなたが守ろうとした子供たちが、幸せに生きていってくれればいいと思っています。永さんが亡くなられたのは最後の一撃っていうふうに感じています。どうか永さん、私たちを見守ってください。「夢であいましょう」であなたがいっぱいお書きになった歌、忘れないようにして生きていきます。永さん、60年以上いいお友達でいてくれて本当にありがとうございました。心から永さんの優しさに感謝します。またどうせ近いうちにお会いすると思います。そのときに…また。じゃあね!

永さんお別れ会で黒柳徹子さん

 *****


 謹んでご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

八角鏡の風水


 長浜の「黒壁スクエア」という商店街にあるガラス細工の店で八角形の鏡(八角鏡)を見つけました。大小展示してありましたが、予期せぬスピリチュアリズムが感じられ、思わずその小さい方は購入しました。「八」および「八角形」の意味を勉強いたしました。風水の話です。

黒壁スクエア街並み

黒壁スクエアマップ

DSC_2434.jpg
黒壁スクエア(上)と八角鏡(下)


◇「八」の持つ意味

 「八」は、古来から日本人が好む、最高位を占める数字とされます。「八」を「末広がり」といって喜ぶのは、裾が開いた形からくるイメージです。

八 図

 わが国最古の歴史書である「古事記」(712年)あるいは「日本書紀」(720年)には、「八」へのこだわりが多く見られます。「大八島」、「八尋殿」、「八咫烏」、「八十建」,「八衢」、「八重雲」と言った「八」を含む単語が多数見られます。日本神話において、天孫降臨の際にニニギ(瓊瓊杵尊)が天照大神から授けられたという「三種の神器」(鏡、玉、剣)のうち鏡、玉はそれぞれ「八咫鏡(やたのかがみ)」、「八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)」と呼ばれ、「八」の形容詞を冠らせています。八は多大の意の日本における聖数であり、呪力のある数といえるのです。

三種の神器 写真
三種の神器

 大陸、中国においても、「八」という数字は、古くより非常に重大な意味をもっていました。紀元前十世紀ごろまとめられた易経における八卦に関係していて、宇宙のすべては、陰と陽を八卦で組み合わせることによって生まれるとされています。
 西洋でも「八」を数字の「8」で表し90度倒して横にすると「∞」となり、これは西洋では宇宙に末広がる、「無限」という意味にもなります。キリスト教の教義では、「8」は霊魂の再生、復活を表す数字とされてきました。

無限 図

 このように、「八」、「8」という数字は古今東西を問わず縁起が良い数字であります。


◇「八角形」の意味

 数字の「八」のみならず、「八角形」も古来の日本や中国の風水でも尊ばれて来ました。
 7世紀後半から8世紀はじめに造られた天皇陵は、「八角形」をした「八角古墳」であるとされ、天智天皇陵、天武・持統天皇合葬陵、文武天皇陵など重要な古墳の多くは、いずれも「八角形」をしています。

八角古墳 想定図
天武・持統天皇合葬陵の復元予想図

 古代中国でも、「八角形」の宗教哲学というべきものが発生し、それは天上の神(上帝)の儀式と、自然哲学、天文暦学、気象学に関連づけられた「風水」と言う思想で成立しました。そこでは、全宇宙を「八角形」として捉える宇宙論で始まり、「八方位」、すなわち東、北東、北、北西、南東、南、南西、西を宇宙の形であると考えられております。占いで使われる「八卦(はっけ)」が「八角形」をしているのもこのためであります。「八角形」の物体が、八方位に気を配り、エネルギーを引き寄せ、守りを置いて身を守ることが出来ると言われています。

八卦 図


◇「八角鏡」を置く場所

 八角形の鏡は「八角鏡(ミラー)」とも「風水鏡」、あるいは「八卦鏡」とも呼ばれます。私が購入したものは手のひらに乗るくらいの小さなものですので、カバンに入れて携帯しておりますが、風水ではその置き場所として推奨があるようです。

八角ミラーの置き方

 鏡は気の流れを遮ったり、気の向きを変えたりできるもので、置き場所を間違えなかったら便利なアイテムとされます。以下、鏡の置き場所について調べたものを列挙いたします。

 鏡の配置でおすすめの方角は西であり、西は金運や恋愛運を上げる方位とされます。

 リビングやダイニングなど部屋の入り口には鏡を配置しないようにとされています。

 1つの部屋に複数の鏡もよくなく、特に、対角上に向かい合わせになる配置は避けるべきとされます。

 玄関での鏡の置き場所は、正面を避け、左右どちらかに置くのが勧められます。

 寝室の場合、インテリアとして鏡を置くのは、あまりよくないとされています。特に、寝姿が写りこむ位置や、ベッドを写すのも運気を下げてしまいます。


イチロー選手 メジャー通算3000本安打 〜 日米野球の優劣について 〜 05(完結)


 もたもたと「日米野球の優劣について」を考えたり、取材旅行に出ていたら、ついに米大リーグ、フロリダ・マーリンズのイチロー選手が、8月7日(日本時間の8日)、メジャー通算3000本安打を達成しました。調べればいくらでも見られるものではありますが、これまでの流れから、ここでのインタビューもこの場に記録したうえで、「日米野球の優劣について」を完結といたします。


◇ イチロー選手 メジャー通算3000本安打 会見全文

 【イチロー3000本安打達成!!!】ベンチで涙も。。。 /達成シーン/ロングインタビュー/ 2016.8/8 YouTube

 *****

― 3000安打に到達しました。今の率直なお気持ちからお願いいたします。

「この2週間強ですね、随分…まあ、犬みたいに年取ったんじゃないかと思うんですけど。達成した瞬間にあんなにチームメイトたちが喜んでくれて…。ファンの人たちが喜んでくれた。僕にとって、『3000』という数字よりも、僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んでくれることが、今の僕にとって、何より大事なものだっていうことを再認識した瞬間でした。」

イチロー3000本安打インタビュー02

― 非常に高く上がった打球になりましたが、あれは打つときに少し狙ったというような気持ちが芽生えたのでしょうか?

「いやいや、まったく狙ってないですよ。そりゃイメージでは、ホームランだったらいいなとかね、考えますけど、まあそんな甘いもんでもないっていうこともわかっていますし。ただ、打球が上がった瞬間は超えて欲しいと思いました。結果的には三塁打で決めたというのは、ポール・モリターと僕ということだったので、結果的にはその方がよかったなという風に思いました。」

― あの三塁打は日米通算116本目になりました。福本(豊)さんを抜く一打で、日本記録ともなりました。

「そうでしたか。まあ福本さんですからね。もう、ごめんなさいしかないですけど。」

― 改めてですね、三塁ベース上にみんなが少しずつ近づいて来ました。あの時はどんなお気持ちだったんでしょうか?

「どういう形になるのかというのは、僕にはまったく想像できなかったですから。でも、おそらく一塁の上で達成する。まあ、達成するならシングルヒットだろうなという風に確率としては思っていたので、チームメイトに労力をかけなくてよかったなという風に思います。」

― 27歳のデビュー。これはメジャー史上でも、3000安打に到達した選手としては最も遅いデビューになります。その遅いデビューでここにたどり着いたということに関してはいかがでしょうか?

「そのことは、そんなに僕の中では大きなことではないんですけれども。2年ぐらい遅いですよね、感触としては。まあ随分時間がかかったという感触です。」

― 2998本になってから、なかなか前に歩を進められない状況があった中で、いつも敵地ですばらしい迎えられ方をしました。ただ、前に進めないという状況が続いた時、どんな気持ちで毎日を過ごしていたのでしょうか?

「セントルイスから球場の雰囲気、ファンの人たちが特別な空気をつくってくれて、迎えてくれたことから始まったんですけれども、随分長い時間、ホームで決めるというのが、何となく人が描いたイメージだったと思うんですけれども、なかなかそんなうまく行くわけもなく。まあ、それもわかっていたことですし。でも、これだけ長い時間、特別な時間を僕にプレゼントしてくれたと言う風に考えれば、この使われ方もよかったという風に今は思います。」

― その時はななかなかそういう風には思えないものと思いますが…

「もう、人に会いたくない時間もたくさんありました。もう、誰にも会いたくない、しゃべりたくない。僕はこれまで自分の感情をなるべく殺してプレーをしてきたつもりなんですけれども、なかなかそれもうまくいかず。そういう、苦しい時間でしたね。」

イチロー3000本安打インタビュー

― 1本1本の積み重ね自体がとても大変なことと思いますが。ただイチローさんのヒットにはすべて意味がある。野球という競技の中での局面であったり。ただ単に安打を打ってきただけではない1本1本の安打と感じているんですが、その辺のお気持ち、考えを教えていだけないでしょうか。

「ただバットを振って、バットを振ること以外も、そうですよね。走ること、投げること。すべてがそうですけども、ただそれをして、『3000』はおそらく無理だと思いますね。瞬間的に成果を出すことは、それでもできる可能性はありますけれども、それなりに長い時間、数字を残そうと思えば、当然、脳みそを使わなくてはいけない。使いすぎて疲れたり、考えてない人にあっさりやられることもたくさんあるんですけれども。でも、それなりに自分なりに説明ができるプレーをしたいというのは、僕の根底にありますから。それを見ている人に感じていただけるなら、とても幸せですね。」

― よくイチローさんは感謝という言葉を使われます。チームメイトだったり、仲間だったり、ファンの方だったり、支えてくれている色んな方々に。今日この『3000』というヒットを打ちました。この今日の日に感謝という言葉を1番向けるとしたらどなたに?

「それはありきたりになってしまいますよね。これだけ長い時間、色んな場所から集まってくれて、それはもう今さら言うまでもない、でも、『3000』を打ってから思い出したことは、このきっかけをつくってくれた仰木監督ですね。神戸で2000年の秋に、お酒の力を使ってですね、僕は口説いたんですけれども。その仰木さんの決断がなければ、何も始まらなかったことなので、そのことは頭に浮かびました。」

― みなさんがイチローさんの準備はすごいと言います。42歳になるまで、若い頃とまったく変わらぬ野球に対するアプローチができる、その準備も怠ることがない。おそらくイチローさんほど野球の好きな選手はいないんじゃないかと。どうしてこんなにずっと野球が好きでい続けられるんでしょうか。

「そんなこと僕に聞かれても困りますけどねえ。どうでしょう、上手く行かないことが多いからじゃないですか。これがもし成功率が7割を超えなくてはいけない競技であったら、辛いと思いますね。30パーセント、まあ3割でよしとされる技術なので、打つことに関しては。これはもういくらでも、自分の、志と言ってはちょっと重いですけれども、それさえあれば、その気持ちが失われることはないような気がしますけどね。」

― 3000安打はあくまでも通過点だと思います。イチローさんは常々、「50歳まで」という言葉を発してこられました。これから何を大事にしながら見ながら、野球を続けていくのでしょうか。

「結構、しんどかったですからね。特にこの何日かは。僕の中に、まだまだこれからという気持ちがあったら、それは残念なことだと思うんですよね。この先は子どもの時のようにとは、そこまではもちろんいくことはできない。プロである以上、それは不可能なことですけども。その時の立場というのも影響しますけれども。今は『4番目の外野手』というポジションなので。もう少し感情を無にしてきたところを、なるべく、嬉しかったならそれなりの感情を、悔しかったら悔しい感情を少しだけ見せられるようになったらいいなあ、という風に思います。」

― ちょっと2つほど伺いたいんですけれども

「2つはちょっととは言わないですけれどもね(笑)。」

― あ、すいません。

「2つお願いします、がいいかな(笑)」

― 2つお願いします。あの、アメリカでは3000本安打は偉大なレジェンドの仲間入りを意味する…

「あの、レジェンドって変な感じですよね。よく最近聞きますけどね。レジェンドってね、なんか馬鹿にされてるみたいだね。」

― 過去29人しか達成していなかった記録ですけれども、それで3000本をすごくメディアは取り上げたり、節目ということで取り上げているわけですけれども、イチロー選手にとっては3000本達成というのはどういう意味を持つ1本になるんでしょうか。

「3000本目ということですか?」

― はい、3000本に到達したという。

「これは皆さんもそうですけど、これだけたくさんの経費を使っていただいて、ここまで引っ張ってしまったわけですから、本当申し訳なく思ってますよ。それはもう、ファンの人たちの中にもたくさんいたでしょうし。そのことから解放された思いの方が…、思いの方がとは言わないですけど、そのことも大変大きなことですね、僕の中で。普段そこにあった空気が、なんとなく乱れてたっていうのも感じていましたし、明日から平穏な日々が戻ることを望んでいます。」

― もう一つ。その空気を乱してしまったのも我々だと思うんですけれども、達成感というものが今回あるとすれば、一般の人間はその達成感が今後の目標に到達する上で邪魔になると思うんですけれども、イチロー選手はその3000本の達成感をどう消化して、次の目標に進んでいかれるのか教えていだけないでしょうか。

「え?達成感って感じてしまうと前に進めないんですか?そこがそもそも僕には疑問ですけれども。達成感とか満足感というのは、僕は味わえば味わうほど、前に進めると思っているので。小さなことでも満足するっていうことは、すごく大事なことだと思うんですよね。だから僕は今日のこの瞬間、とても満足ですし。それを味わうとまた、次へのやる気、モチベーションというのが生まれてくると、僕はこれまでの経験上、信じているので、これからもそうでありたいと思っています。」

― 4年後の東京オリンピックで野球が12年ぶりに復活するということについて、野球人として率直な意見、考えを聞かせていただけたら。

「どういう形で復活するのか、ということによるんじゃないですか。オリンピックは、これは僕の意見ということですけど、昔から変わらないことですよね。アマチュアの最高の大会であるべきだ、という風に僕は思っているので。WBCという大会が、世界大会としてもう一つあるんですけれども、これはプロがベストのチームですね、プロを含んだベストのチームで戦うべきというのが僕の考え方ですね。オリンピックはアマチュアの最高の大会であってほしいなという風に思います。」

 *****


 今回のインタビューは、6月15日(日本時間16日)の日米通算4257安打の際のものとは随分と異なる雰囲気、内容でありました。記録となる安打数は前回の4257に対して今回は3000でありますが、前回が「日米通算」の成績であること、またそれに対するピート・ローズ氏の異論を唱える発言があったこと、などから、やや不本意な気持ちを滲ます会見でしたが、今回はメジャーだけの成績ですので、心から喜んでいる、達成感、感慨と言ったものが込められた会見でありました。己の記録に誰もが賞賛して、誰もが喜んでくれることにこだわりを持つ、実は極めてナイーブな人間であるように感じられました。


◇ ワールド・ベースボール・クラシックでは優劣を語れない

 イチロー選手は上のインタビューの最後で、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がプロを含むベストのチームで戦うべき世界大会と位置付けて、オリンピックはアマチュア最高の大会であるとの意見を述べております。その考え方に異論はありませんが、では果たしてこれらの大会が「日米野球の優劣」を考える材料になり得るか?、と言うと現時点では疑問符が付きます。WBCについて言及致します。

【歴代のWBC結果】
           優勝     準優勝    3位     4位
 第1回(2006年) 日本     キューバ   韓 国    ドミニカ
 第2回(2009年) 日本     韓国     ベネズエラ  米国
 第3回(2013年) ドミニカ   プエルトリコ 日本     オランダ

 WBCの過去の結果を見ると、日本、すなわち「侍ジャパン」は世界的に強いチームであると言えます。しかしながら、この結果をから日本プロ野球が米大リーグに迫るレベルであるとは言えません。この日本チームはそのまま日本のプロ野球と同じではありませんし、同様に米国チームが米大リーグと同義でもありません。
 日本やプエルトリコ、ドミニカなどのチームには大リーグで活躍中の選手も含まれるため、WBCにおけるこれらのチームは実際の自国のプロ野球よりもレベルが高い選手の構成となります。一方、米大リーグは各国のスター・プレーヤーを構成要員としておりますので、WBCにおける米国チームは米大リーグよりもレベルが落ちることになります。
 さらに言えば、米国人であっても、米大リーグの一流プレーヤーで、シーズンの公式戦を重視してWBCに参加しない選手は多数おります。球団との契約、年俸に影響するものを重視するビジネス・ライクの考え方は、日本のWBCに対する姿勢とは大きく異なるものであります。
 WBCが「日米野球の優劣」、すなわち日本プロ野球と米大リーグのレベルの違いを示すものにはなりません。


◇ 来日と渡米の異なる移籍時期

 「日米野球の優劣」を考える材料として、以下に示します幾つかのケースを取り上げて参りました。

 1)来日してから成功を修めた外国人野手たち
 2)メジャーで活躍してから来日した外国人野手たち
 3)日本からメジャーに渡った野手たち


 当ブログで取り上げたのは、日米で活躍した選手たちばかりでありましたが、実際には、米国では芽が出ずに来日してやはり日本でも駄目であった選手や、メジャーの実績を引っさげて来日したベテランが肉体的な衰えから日本では全く活躍できなかった選手もおりました。
 広く日米間の移籍選手を眺めた時、はっきり言えることは、米国から来日する外国人選手と日本から渡米する日本人選手では、個々の選手の野球人生における時期が異なることであります。

【米国から日本/日本から米国 の時期】
日米移籍の時期

 表に示した通り、米国から来日する選手は「まだ実績のない若手の時期」か「実績はあるが衰えが見えるベテラン」が多く、日本から渡米する選手でそういう時期の選手は稀でありました。一方、日本から渡米する多くの選手が「最も脂がのった旬な時期」であるのに対し、そうした時期に米国から来日する外国人選手は皆無であります。日本で活躍して渡米した日本人選手の中に米国ではレギュラーをつかめない選手がいるのに対して、米国でまさに旬の選手が来日することはなく、そうした選手が日本でどれほどすごい成績を収めるかは分かりません。このことが「日米野球の優劣」を考えるのを難しくさせていると思います。


◇ インタビューの中にヒントがある「日米野球の優劣」

 実は「日米野球の優劣」を考えるヒントが日米通算4257安打の際のイチロー選手のインタビューの中にあります。

 *****

― 日本のファンが自分たちの喜び、誇りになると国中が喜んでいる。こちらでプレーヤーとしてそういうことを与えられたということについては?

「それは嬉しいんですけど、難しいところですねぇ、合わせた記録というところが。だから、いつかアメリカで、ピート・ローズの記録を抜く選手が出てきてほしいし、それはジーターみたいな人格者であることが理想ですし、もっと言えば、日本だけでピート・ローズの記録を抜くことがおそらく一番難しい記録だと思うので、これを誰かにやってほしい。とてつもなく難しいことですけど、それを見てみたいですよねぇ。だから、日米合わせた記録とはいえ、生きている間に見られて、ちょっとうらやましいですね、ピート・ローズのことは。僕も見てみたいです。」

 *****


 イチロー選手はさりげなく言っております。

「日本だけでピート・ローズの記録を抜くことがおそらく一番難しい記録」

 それが何故なのかを考えた時に、おのずと答えが出てきます。それは、前の項で着目した「来日と渡米の異なる移籍時期」にも関連して来ますが、ローズの記録を抜くほどの旬の選手は、イチロー選手と同様、米大リーグを目指してしまいます。逆に米大リーグの最高のプレーヤーが日本でプレーすることはありません。このことが「日米野球の優劣」に対する答えであると思います。


◇ おわりに

 イチロー選手の大記録に対するピート・ローズ氏の異論に触れて、「日米野球の優劣」を考えました。両選手ともに野手でありましたので、投手については触れず、野手のみを取り上げましたので片手落ちの感は否めません。少しだけ申しますと、野手と似た様な傾向があって、米国では1勝もできなかったのに(2敗0セーブ)、横浜〜巨人の6年間で177セーブを記録したマーク・クルーン投手の様に、米国では全く通用しなかった投手が日本で大成することはよくあります。逆に、野茂 英雄 投手、佐々木主浩 投手など日本のエース・ピッチャーは米国でも成績を残しました。今年の前田 健太 投手も、全く期待を裏切ることなく活躍しております。

 さて、「日米野球の優劣」を、日米間で移籍した個々の選手の成績で判断するには限界があります。なぜならば、あくまでも個人の野球人生であり、目の前の生活にいかにして真剣に取り組むか、与えられたポジションでどう最高のプレーをするか、と言う個人の取り組み方によるところが大きいからであります。もちろん運・不運もありますし、指導者、指揮官に恵まれるか否かもあります。
 ゆっくりと1ヶ月近くを費やして「日米野球の優劣」を考えてきたのに、イチロー選手のインタビューの一言、「日本だけでピート・ローズの記録を抜くことがおそらく一番難しい記録」との発言をもって結論とするのは、あまりにも安易で、浅薄な発想かも知れませんが、米大リーグには日本プロ野球を超える、憧れ、ドリームと言うものがあって、それはお金(契約金、年俸)だけでは説明がつかないものであると思います。

 イチロー選手が、ピート・ローズ選手の記録を超えた超えない、と言ったことや、日米野球のどちらが上であるかと言った議論の前に、日本から米国に渡って、(もし米大リーグの方が優勢であるならば)より高いレベルにおいて最高のパフォーマンスを発揮した人物がいたこと、そのことがこの議論ほ始まりであって、そこにもっと大きな意義があると思います。日本人に夢と誇りを与えてくれたイチローと言う1アスリートに深く感謝する次第です。

日本からメジャーに渡った野手たち 〜 日米野球の優劣について 〜 04


 「助っ人外国人」として米大リーグから来日した野手をご紹介してまいりましたが、逆に、こちらのでのプレーが鮮明に思い出される、日本からメジャーへと渡った選手の、米国での成績を見ることにより「日米野球の優劣」が分かりやすいと思います。ここでも何人かの選手を取り上げますが、各選手の細かい経歴やエピソードは他に譲るとして、成績のみに注目いたします。


◇ イチロー

 改めてイチロー(鈴木 一朗、1973年10月22日〜)選手の年度別成績を供覧いただきますが、先の投稿でも申した通り、イチロー選手は、プロ入り9年目の2000年、日本プロ野球記録である通算7度目の首位打者、7年連続通算7度目となるベストナイン、ゴールデングラブ賞をそれぞれ獲得して、10年目となる01年、28歳のシーズンにシアトル・マリナーズにポスティング・システムでの移籍となりました、まさに脂の乗り切った、人生で最も「旬」な時期の渡米となりました。

イチロー打撃写真

【イチロー 選手 年度別打撃成績(昨年終了時点まで)】
イチロー年度別成績

 メジャーに移籍したイチロー選手、すぐに .350で首位打者となり、4年目のシーズンにはシーズン262安打の新記録で2度目の首位打者( .372)に輝き、昨年までのメジャー15年間で、200安打以上が10回、そのうちリーグ最多安打は7回にも及び、30盗塁以上も10回を数えております。この成績からは、日米野球の優劣はとても語れない、彼は日本でとほぼ同等の成功を米国でも修め、メジャー移籍によて成績が落ちることはなかったと言えるでしょう。


◇ 松井 秀喜

 イチロー選手ほどではありませんが、メジャー移籍で立派な成績を修めた野手として松井 秀喜(1974年6月12日〜)の成績も供覧いたします。松井選手もイチロー選手同様、野球人生最高の時期に渡米したことがデータから解ります。02年、28歳の彼は読売ジャイアンツにて50本塁打107打点の二冠王に輝き、自己最高打率 .334を最後に日本球界を去りました。

松井秀喜 打撃 写真

【松井 秀喜 選手 年度別打撃成績】
松井秀喜 打撃成績

 ニューヨーク・ヤンキースでの1年目、179安打、16本塁打、106打点 .287よりスタートし、2年目には本塁打30本超え(31本)、3年目に規定打席3割到達( .305)と、順調に成績を伸ばして主力選手であり続けました。極めて残念だったのは、メジャー移籍4年目の06年5月11日の本拠地ヤンキー・スタジアムで行われたレッドソックス戦の、浅めのレフト・フライを滑り込んでキャッチしようとした際にグラブが芝生にひっかかり左手首、橈骨を骨折してしまいました。また、翌年以降も内股の肉離れ、左右の膝の故障に苦しめられ、成績も以後、下降線をたどることとなりました。
 松井選手のイチロー選手との大きな違いは故障に泣かされた点であり、これはたいへん残念なことでありましたが、メジャー移籍からの3年間は日米野球の優劣を感じさせない活躍でありました。


◇ 青木 宣親

 青木 宣親(1982年1月5日〜)選手、今なお現役プレーヤーではありますが、今年は極度の不振に陥っており、ここには米国大リーグのレベルの高さを感じさせます。
 早稲田大学より03年のドラフト4巡目でヤクルト・スワローズに入団して2年目には頭角を現し、202安打、.344で首位打者に輝きました。日本プロ野球在籍の8年間で、規定打席到達の3割が6回で、そのうち3割4分以上が4回と、イチロー選手の再来のように思われておりました。

青木 宣親 打撃 写真

【青木 宣親 選手 年度別打撃成績(昨年終了時点まで)】
青木 宣親 打撃成績

 ミルウォーキー・ブルワーズでのメジャー移籍は、12年、30歳となる年であり、最初の3年間、そこそこ活躍するものの、なかなか3割には届かない年が続きました。3割4-5分の打率が2割8分台ですので、明らかに米大リーグでは日本にいた時と同等な活躍はできない青木選手がおりました。昨年、メジャー3球団目のサンフランシスコ・ジャイアンツで出場機会が減り、今年はシアトル・マリナーズに在籍しておりますが、打率 .247と不調にあえぎ、6月24日、AAAに降格となりました。
 まだ現役でありますので、今後の巻き返しに期待いたしますが、現在34歳の彼が、まだ老け込む歳ではなく、日本プロ野球にいたならば、今の状況は考えづらく、もっともっと素晴らしい成績を残せたように思います。この選手の成績を見ると、米大リーグの方が厳しい環境であったと考えられます。


◇ 川崎 宗則

 青木選手よりもさらに米大リーグの壁に当たっている選手がいます。川﨑 宗則(1981年6月3日〜)選手は、高卒2年目よりダイエー/ソフトバンクの11年間で1145試合に出場、1343安打、267盗塁を記録し、最多安打、盗塁王のタイトルを経験しており、3割の常連でありました。

川崎宗則 打撃 写真

【川崎 宗則 選手 年度別打撃成績(昨年終了時点まで)】
川崎宗則 打撃成績

 31歳の年に憧れのイチロー選手がいるシアトル・マリナーズにメジャー移籍しましたが、これまでのところレギュラーの座を掴むことはなく、昨年は23試合の出場で6安打、今年は3A暮らしが長くなっております。この選手が、今までのところメジャーで成功していない理由は解りませんが、やはり日本におれば、もっともっと素晴らしい活躍をして、一流プレーヤーの1人となっていたと考えます。メジャーの壁を思わせる1人です。この選手も巻き返しに期待です。


◇「日本からメジャーに渡った野手たち」を見て

 上で挙げた選手以外にもたくさんの野手がメジャー移籍をしており、いくらか活躍した選手もいますが、そのほとんどが野球人生において最高の状態で渡米しており、しかし、残念ながら多くの場合が日本プロ野球時代よりも成績を落としております。日本プロ野球時代と同等かそれ以上に及ぶ、イチロー選手の大記録や故障までの松井選手のような活躍は稀であります。これまでのところ、米大リーグの野球は、日本に比べて、少なくとも、選手層が厚く、ともすると容易にレギュラーから外れてしまう、そんな印象を持ちます。