アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

人生を思いっきり楽しんでいる人の「10のコツ」


 以前にも紹介したコラムのサイト、TABI LABOに「人生を思いっきり楽しんでいる人の『10のコツ』。他人を変える努力なんてしない」とのタイトルの文章がありました。人気ライターのPaul Hudson氏がElite Dailyにまとめたものを引用しています。「人生を楽しむ」ための1つの方法論、自己啓発術としてご紹介、若干の解説をお付けします。「人生を楽しむ」ためですので、逆を言えば「こうしていると楽しめない」と言うことの裏返し、逆の発想に立っているのが感じられます。

人生を思い切り楽しむ人のコツ HP

 *****

 驚くべきことに、「自分の人生が好き」と言える人がそう言えない人とまったく違う生き方をしていることが分かりました。人生、いろいろあります。でも、好きと言えるかどうかは自分次第なのです。幸せは、物事をどう捉えるかによって大きく変わります。そして、人生では自分が望んではいないことも起こります。でも、いま自分がいる状況は、これまでに自分が決断し、行動してきたことの積み重ねと言えますよね。「我が人生に悔いなし!」と言える人になるためには、これから説明する10のことを心がけてみましょう。

 *****



◇ 01. 周りの視線を意識せず自分の判断で行動!

 言うまでもなく、周りの視線を意識して行動することが求められる時はあります。正しい判断力に欠ける人ならばなおさらです。しかし、周りの目を気にすることで己の行動が制限されたり、躊躇することがあるならば、それはつまらない束縛です。つまり、周りの目など気にせずに自分の判断で行動することは束縛からの解放です。

他人の目を気にすればするほど損


◇ 02.“義務感”でやるのではなく、やりたいからやる

 「義務感」と「したい気持ち(欲求)」とでは、同じ行動だとしても動機付けとしては正反対です。その結果として、義務感によるマイナス・サイクルに陥ることがあり、逆に、したい気持ちに従って行動することによるプラス・サイクルを生み出すことがあります。

義務としたいのサイクル

 自分の人生を楽しんでいる人は、すべてにおいて自分主導です。何かをするのも、どこかへ行くのも、それらはすべて彼らが望んでやっていることです。「やらされている」と思うのを、「自分から希望している」と心を転換することでプラスを生み出し、人生を楽しめると言うことです。


◇ 03. 大切に想うからこそ、友達には頼らない

 友達を頼ると言うことは、その友達にとって頼られることによる義務感が生じます。つまり、02で取り上げた通り、友達は義務感で行動する、「人生を楽しむ」のに反する行動となります。大切に想う友達には人生を楽しんでもらいたい、そのためには頼りにしないことが肝要です。これは友達との距離感にもつながるものでしょう。

友達の図002


◇ 04. 肩書きなど気にせず、どう生きるかを重要視

 世の中には「肩書き」が溢れております。「どう言う仕事をしていますか?」とか「これまでのご経験は?」と言う質問に対して、「私は部長です」と答える人はいません。「肩書き」がその人間の資質を示す場合を否定しませんが、それよりなにより、どのような生き方をしているか?、こそが重要だと言う考え方です。「肩書き」に惑わされたり、「肩書き」によって肩に力が入ったり、「肩書き」に慢心したり卑屈になったり、自分にとって損なことも多いのが自他の「肩書き」です。そんなものを気にせずに、生き方に目を向けることで「人生を楽しむ」ことができるのです。

肩書きの数々 図


◇ 05. 地球を自分の家にする!

 ひとところに永住することを否定するものではありません。しかし世界は広く、人間は地球上の多くのところに生息できます。人生を楽しむ1つのコツとして、自分の生活空間を限ることなく、「地球は自分の家!」と思えるくらい、いろんなところに出歩くことを勧めています。 

地球を持つ図


◇ 06. 自分の哲学を生み出す

 「この本に影響を受けた」、「あの人に人生を教わった」、そんな言葉を聞くことはありますし、そうした形で哲学を身につけることは悪いことではありません。でも、自分の生き方を他に依存してばかりいると、複数の異なる考え方に出会った時に困ります。自分独自の哲学を持つことは、他の哲学からの自由、解放を意味します。

古代ギリシャの図


◇ 07. いつ死んでも後悔しないよう日々を全力で生きる

 人間はいつか死にます。どのような人生を送っていたとしても、最期は必ずやってきます。「人生を楽しむ」人々は、時間が有限だと知っているので、時間を大切にしていると言います。死を避けることはできません。それならば、その現実を受け入れることが大切であり、いつ死ぬかをコントロールすることはできないけれど、どのように生きるかはコントロールすることができます。

今日の無駄な1日は昨日死んだ人の明日


◇ 08. 自分が体験したことのみを事実とする

 他人の体験談を聞いて、それを事実と認識することは普通にあることです。でも、今、自分が生きている環境は、自分の価値観や感性で作り上げたものです。いろんな経験をすることで、自分の目で見たもの、自分が感じたものを事実として受け入れる機会が多いほど、自分の周りの環境を自分で作り出しており、「人生を楽しんでいる」と言えるでしょう。

自分で体験すること


◇ 09. 将来を見据えた目標を持つ

 過去は過ぎ去った時間であり、未来は未だ来ない時間です。過去ばかりに縛られていても先へは進みませんし、ただ待っていても明るい未来は来ません。今を大事に生きると言うことは、未来に期待し、夢を持ち、目標を掲げることから始まります。「将来を見据えた目標を持つ」ことは「人生を楽しむ」ための基本であります。

目標に向かう長い道


◇ 10. 他人を変える努力をするより“どう付き合うか”を考える

 「どう付き合うか」と言うと、それは友達であったり、恋人、夫婦間、上司と部下など身近な人間関係から、中韓や米国など国家間の場合にも使われる言葉です。誰かを自分に合うように変えることは、簡単なようでいて難しいもの、国家間なんてまさにそうです。ですから、そのために時間を費やすのは無駄な時間です。相手に嫌なところを見てしまった時、それを改めさせようとすると、それはしばしば苦痛を伴います。「他人を変える努力」なんかしなければ、むしろ苦痛はありませんし、心は穏やかなことも多いでしょう。また、どうしても嫌なところに耐えられない場合には「サヨナラ」も一案です。

どう付き合うか 図

スポンサーサイト

言ってることとやってることは!? 戦後70年の安倍首相談話より


 本日、戦後70年目の節目として、安倍首相が談話を発表しました。いろいろ、「侵略」、「植民地支配」、「反省」、「お詫び」など過去の文言が盛り込まれるかどうか?、などと物議をかもしておりましたが、なんとなく波風立たない、常識的な文章に終始したようでありました。しかしながら、良い作文をして、それを読み上げる、あるいは暗記して発表することに、どれほどの意味があるのか?、「言ってることとやってること」が一致してこそ意味があるものと思われます。「音楽・芸術・演説等から」と題したカテゴリとして扱いますが、すごく評価するもものではないことをお断りしておきます。

 *****

戦後70年の安倍首相談話 全文

安倍首相の70年談話

 終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

 百年以上前の世界には西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が日本にとって近代化の原動力となったことは間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。
 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は一千万人もの戦死者を出す悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

 当初は日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で、日本は孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムはその歯止めたりえなかった。こうして日本は、世界の大勢を見失っていきました。
 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り戦争への道を進んで行きました。

 そして七十年前、日本は、敗戦しました。戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の哀悼の誠を捧げます。
 先の大戦では三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が無残にも犠牲となりました。
 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。
 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない苛烈なものです。一人一人にそれぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。
 これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。

 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。
 先の大戦への深い悔悟の念と共に我が国はそう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

 我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。
 こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。ですから、私たちは、心に留めなければなりません。戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

 戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。
 私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。
 そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。

 私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。
 私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。
 私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。

 平成二十七年八月十四日

 内閣総理大臣 安倍晋三

 *****


 当然の如く、戦争や植民地支配に対して批判する発言に終始しており、平和の尊さ歌い、我が国の歩むべき道を示しております。唯一の戦争被曝国として核兵器の不拡散をも訴えております。この談話を批判する意見は少ないところだと思います。まさに「言ってること」は正しいと言うところ、、、。
 では、「やってること」は?、思い返してみますと、安全保障法政、集団的自衛権の行使に向けて法整備、九条をはじめとする憲法の改正などと、日本が戦争をしやすい環境を整えつつあります。世界の平和を唱えつつ、武器輸出を強力に進めており、自国の利益のためならば、どこかの国で戦争をするお手伝いをしましょうと言う姿勢です。唯一の戦争被曝国でありながら原子力発電所(原発)を山ほど作って、しかもそれが事故を起こしておきながら、その原発を海外に輸出しようとしております。
 安倍首相の談話を見聞きして「言ってることとやってることは?」って思ったのは私だけではないと思います。


細木数子さんの「六星占術」覚え書き


 私は細木数子さんの「六星占術」では火星(—)であり、この運命星の2015年の年運は大殺界真っ只中の「停止」、月運も7月は「停止」であります。つまり私は、今月、12年に1度の凶運の1月を生活していることになります。今回は、この「六星占術」についてまとめてみました。


◇ 六星占術の概要

 「六星占術」とは?、細木数子さんのオフィシャル・サイトに説明されているものをそのままもって参りました。

細木数子 オフィシャルサイト 図

 *****

 「六星占術」という占いは、中国四千数百年の昔に人間が生みだし、それ以来長い時間をかけて育んできた統計学です。 その膨大な占術資料をもとに、細木数子が今日の時代に合わせて新たに編み出しました。
 今の世の中、両手に余るほどの占いがあります。とても古い時代から伝えられている占いもあれば、つい最近になり、突然話題にのぼってきた占いもあります。 洋の東西を問わず、私たちはそうした占いに関心を寄せてきました。その理由はただひとつ、誰もがあの人との恋愛を成就させたい。幸せな人生を送りたいと思っているからといえるでしょう。 逆の見方をすれば、不幸や災厄から逃れたいという願いのあらわれともいえます。
「六星占術」という占いは、そうした不幸や災厄がいつやってくるか簡単に、しかしきわめて正確に言い当てることができます。 なぜなら、はるか昔から中国の権力者たちが、みずからの権力の座を守るために駆使してきた算命学や万象学を土台にした膨大な統計にもとづいているから。 生年月日さえ分かれば、ひとりの人間の運命は、生まれてから死ぬまで、日ごとに予知することができる──それが「六星占術」なのです。

 六星占術では、生まれもった運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの星に分けて占います。これは生年月日によって決定され、自分の力で変えることのできない”運命星”なのです。

運命星の図

 土 星:理想が高く、現実になかなか満足しない、常に上を求めながら行動する。
 金 星:明るく開放的で人から好かれる。無駄を嫌い自由を求める自由主義者。
 火 星:プライドが高く、シャイで人見知り。本質を見抜く洞察力に長ける。
 天王星:チャーミングで楽天的な現実主義者。感情や人情を優先する。
 木 星:万事に貴著面、冷静沈着で地道に努力する。強い精神力を持った大器晩成型。
 水 星:生まれつき華やかでソフト・ムードを備えている。意思が強く独立心旺盛。

 *****



◇「六星占術」における「運命星」の求め方

 六星占術では、生まれもった運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの星に分けて占います。 これは生年月日によって決定され、自分の力で変えることのできない「運命星」なのです。 以下の手順で求めます。

1.生年月と「運命数表」から「運命数」の割り出し

 運命数は、生まれ年と月から導き出します。ここで必要なのが、以下に添付した「運命数表」であります。 この表には以下の如きある一定の法則性が見られます。例えば、昭和41年6月15日生まれを例にとると、運命数は「28」となります。

 【運命数表の法則性】
  ・01月は前年11月+1
  ・02月は前年12月+2
  ・03月は同年01月-1
  ・04月は同年02月-1
   ※03,04月の法則は昭和23年より4年毎に03月は01月、04月は02月と同数
  ・05月は同年03月+1
  ・06月は同年04月+1
  ・07月は同年05月+1
  ・08月は同年06月+1
  ・09月は同年07月+2
  ・10月は同年08月+1
  ・11月は同年09月+1
  ・12月は同年10月+1
  ・全ての数字は61までであるが、60+1は61であるのに対し60+2は2

昭和20年〜平成27年までの年別月別運命数表
運命数表更新

2.「星数」の算出

 以下の計算で運命数と生まれた日から「星数」を出します。昭和41年6月15日生まれの場合、運命数28 – 1 + 15 = 32 となります。但し、星数が61以上の人の場合は、そこからさらに60を引いた値が星数となります。

 運命数 - 1 + 生まれた日 = 星数
 運命数 - 1 + 生まれた日 -60 = 星数(得られた数字が61以上の場合)


3.「運命星」と「陽(+)/陰(-)」の決定

 自分の星数を下の表にあてはめて「運命星」、干支から「陽(+)/陰(-)」を決定します。昭和41年6月15日生まれは星数32の午年ですから天王星人の陽(+)となります。

 《星 数》   《運命星》  
 01〜10    土 星     
 11〜20    金 星
 21〜30    火 星
 31〜40    天王星
 41〜50    木 星
 51〜60    水 星

   《干 支》 《陽/陰》
 子 ( ね )  陽(+)
 丑 (う し)  陰(-)
 寅 (と ら)  陽(+)
 卯 ( う )  陰(-)   
 辰 (た つ)  陽(+)
 巳 ( み )  陰(-)
 午 (う ま)  陽(+)
 未 (ひつじ)  陰(-)
 申 (さ る)  陽(+)
 酉 (と り)  陰(-)
 戌 (い ぬ)  陽(+)
 亥 ( い )  陰(-)



◇「運命星」に与えられた性格

 六星占術では「概要」でも触れましたが、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの「運命星」毎に性格が異なるとされます。以下にはサイトからの引用で「運命星」に与えられた性格を供覧します。なお、この手の話になると、恋愛運や適性の職業など、様々な見方がありますが、ここでは性格のみに言及いたします。それ以外は他の専門サイトを参照ください。

1.土星人:孤独な世界に住む理想主義者

 極端に言って、土星人は「心の世界」に住んでいます。理想が高く、従って現実世界にはなじみにくい、という宿命を負っています。土星人は、まず、何ごとにもつけても、白黒のけじめをはっきりさせないと、なっとくできない面があります。清潔な性格で、正義感にもあふれ、実利よりも名誉を重んます。よく言えば「理想主義者」、悪く言えば「唯我独尊」タイプです。
 土星人が住んでいるのは「孤高の世界」ということができるでしょう。とにかく融通のきかなさ、無器用さ、要領の悪さ、逆に言えば、筋を通すということに関しては、土星人の右に出る者はいないほどです。責任感の強さも、他に例を見ません。土星人は、頼まれた仕事は体をこわしてでもやりとげるでしょう。
 こうした土星人特有の性格は、独創的な世界では、他人の追随を許さぬ独創性を発揮する一方、ときには、とくに対人関係の万では「融通のきかない頑固者」と思われて、他人から嫌われる原因にもなりかねません。

2.金星人:明るく行動的な自由主義者

 金星人は、一言で言うと、行動の星で、「せっかちな自由主義者」です。こよなく自由を求め、何ごとにつけ、合理主義にのっとって行動します。理屈に合わないことは絶対にしようとしないし、古き伝統とか、迷信などというものもあまり信用しないのが金星人です。ですから、現代的なセンスにあふれています。流行にもとても敏感で個性的なお洒落をします。
 生活態度も、行動的な性格が反映し、なんでも見てやろう、なんでもやってやろうの精神で、好奇心も旺盛。思い立ったら即座に行動に移す尻の軽さが特徴です。ただし、こうした行動力の反面、ものごとを深くじっくり考えたりすることは苦手で、どうしても、人間的な軽さがつきまといます。ふだんは、「便利屋」として重宝がられるのですが、ここ一発、という人生の肝心なところでポカをやるし、また、ポカをやりそうな不安を人に与えるので、真の信頼がなかなか勝ち得られません。

3.火星人:プライドが高いフィーリング人間

 火星人は「知恵の世界」に住み、マイペースでプライドが高く、反骨精神が旺盛です。しかし、その行動において「奇人・変人」が多く、まわりが理解されない傾向があります。
 火星人は、初対面の人に対して、とても”人見知り”をします。これは多分に火星人の中にあるプライドの高さや、警戒心の強さが影響しています。つまり、プライドが高いために、人に腹をさぐられたり、自分の考えていることを先回りして指摘されるのが何よりも嫌いですし、人から干渉されるのも大嫌いなのです。また、「知恵の世界」に住むだけに、ものごとを深く考えすぎたり、警戒心も強く、そのため、心の底で思っていることを、なかなか人に明かそうとはしません。本音と建前をうまく使いわけ、相手の質問をはぐらかして楽しんでいるようなところがあります。
 そてでいて、ひとたび心を許すと、相手を徹底的に信頼し、親密につきあるところもあるのです。それに火星人はマイペース人間ですから、人見知りをするのも親密につきあうのも、火星人にとってはごく自然な振舞いなのですが、でも第三者には、そのことはなかなか理解されません。そのため、人から誤解を受けることもしばしばです。

4.天王星人:チャーミングで楽天的な現実主義者

 天王星人は、物事にけじめをつけたり、きちんと筋をとおしたりすることが大の苦手です。とにかく、なあなあの「事なかれ主義」で、物事を収めてしまおうとするのが特徴で、理性や知性より感情や人情を優先するタイプといえるでしょう。寛容な精神の持ち主だけに、他人に対しても広い心で接することができます。どんな人の考えでも、また、どんな意見にでも耳を傾けますし、性格や表情もチャーミングで人見知りをしません。どんなときでも人づき合いを大切にしますから、なんでも話せる友人がたくさんいるのも天王星人の特徴でしょう。ただ、いつもだれかがそばにいないと不安でたまらないという「寂しがり屋」でもあります。しかし、こうした性格は、ビジネスの世界においては、「けじめのないルーズな人」と評価されがちです。また、恋愛面では、かえってだらしなさが目立ち、異性間のトラブルに巻き込まれることも少なくありません。とくに”大殺界”にはいると、不倫や三角関係の中心人物となってしまい、人間関係の泥沼にはまるといったこともよくあります。
 とかく優柔不断なため、何かを決めなければならないという局面でも、決断力に乏しい面が顔を出します。こちらを立てるとあちらが立たないといった具合に迷うのですが、それは同時に、「人」を大切にしようとする優しさをもっていることを意味しているのです。
 その半面、天王星人は現実主義的な面も持ち合わせています。たえば、好意をもった人には言葉でいわず、品物を贈ってその意思をあらわします。また、人から物をもらったりすると、心がこもっているかどうかということよりも、それが金銭的に高価なものか、または安価なものかで、その価値を判断しがちです。どんなに心のこもった贈り物でも、安価なものでは喜ばないところがあるのです。愛情をお金に換算してしまうタイプといえるでしょう。ただ、困難な状態におちいって一時的に落胆するようなことがあったとしても、そうした気分を引きずることはない楽天家でもあります。将来はこうなりたいという大きな夢をもつと、何があってもくじけない強さをもっていますから、夢をみつづけることができるロマンチストともいえるでしょう。

5.木星人:困難を乗り越える強い精神力をもった大器晩成型

 木星人は、何ごとに対してもコツコツと着実に成し遂げていく努力家です。几帳面で忍耐強く、一度目標を決めるとそれに向かって邁進し、どんな困難な事態におちいっても、目的を達成するまで努力しつづけます。リーダーとして周囲をグングン引っ張ったり、突出した才能によって華々しい活躍をすることは少ないものの、目標に向かって、確実に一歩一歩、階段を上がっていこうとする姿勢は、生涯を通じて強力な武器になります。
 また、感情よりも理性を重んじるタイプですから、木星人の行動にはつねに理性による裏づけがあります。そのため、たとえ自分の意にそわない状況であっても、感情に流されて衝動的な行動をとることはまずありませんが、半面、自分の思ったことを相手にうまく伝えられず、まわりの人から誤解されやすいところもあります。
 そんな実直でまじめな木星人は、縁の下の力持ち的な存在として一目おかれるなど、周囲の人たちから多大な信頼と尊敬を得ることができるでしょう。しかし、石橋をたたいて渡る堅実な性格が、かえって裏目にでることもあります。自分の行為が正しいと納得してからでないと行動をおこさないため、ときには周囲と足並みそろわず、異性から“カタブツ”と敬遠されたりします。
 しかも、保守的で冒険を好まない性格に加え、情報をいち早くキャッチして自分のものにするのが大の苦手です。信用を積み重ねてやっと手がけることができた仕事を土壇場で他人にさらわれたり、決断を遅らせたためにチャンスを逃したりすることが、ままあります。そればかりでなく、人づき合いがあまり上手でない性格が災いして、その後のフォローがうまくいかずに悩む人も少なくないようです。
 とはいえ、どんなにつらい目にあっても、それをはねのけ、乗り越えていく強い精神力をもっているのが木星人の長所です。初対面で相手に悪い印象をもたれたとしても、じっくり時間をかけて誤解を解いていくでしょうし、要領が悪くて失敗したとしても、地道な努力によって信頼を回復していくことでしょう。長年にわたって裏方に徹しながら人を動かす立場に立つと、驚くほど才能を発揮する木星人には、まさに大器晩成という言葉がピッタリです。若いころは、重厚にみえる外見のわりに中身がともなっていないといったギャップで損をすることもありますが、年齢を重ねるにつれて、味のある人物に成長していきます。じつは、俗にいう"影の実力者"といわれる人にいちばん多いのが木星人なのです。

6.水星人:財運抜群、だがクールな利己主義者

 水星人は、非常に利己的でクールな性格の持ち主です。ある意味で、人生をつねに醒めた目で見ているところがあります。それでいて、生まれつき華やかでソフトなムードをそなえていますから、男女ともに、とても強烈な個性の持ち主が多いと言えましょう。他人は他人、自分は自分と、割り切って行動しますから、他人からは、自分勝手で独善的な人間と思われやすい傾向がありますが、なんと思われようと、それを意に介さないのも水星人の大きな特徴の一つです。それは、裏を返せば、意思が強く、つねに自分を見失わないで冷静に行動するということでもあります。
 事実、水星人には、一時の情熱に身を任せて、自らを破滅させてしまうようなことはめったになく、怜悧(れいり)とも思えるくらい、確実に自分の人生の目的を実現していくタイプが多いのです。

7.霊合星人

 全ての人は上記運命星と陽(+)/陰(-)を掛け合わせた12通りに分類されるのですが、自分の生まれた年が、下記の12の「運命周期」において「停止」にあたる人を特別霊合星人と呼びます。具体的には以下に示す運命星と生まれた干支の組み合わせとなります。

 土 星(+) 戌年生まれ
 土 星(-) 亥年生まれ
 金 星(+) 申年生まれ
 金 星(-) 酉年生まれ
 火 星(+) 午年生まれ
 火 星(-) 未年生まれ
 天王星(+) 辰年生まれ
 天王星(-) 巳年生まれ
 木 星(+) 寅年生まれ
 木 星(-) 卯年生まれ
 水 星(+) 子年生まれ
 水 星(-) 丑年生まれ


「霊合星人」の特徴は、だいたい次の三点に整理することができるとのことです。

1)向かい側にある運命星の影響をうけるので、通常の運気(メインの運気)のほか、占命盤上で向かい合わせの運気(サブの運気)も併せて見る必要がある。そのため、二つの運命星が混ざり合っているため、周囲の人も性格・気質がつかみにくい。

2)せっかくの好運気でも、それを100パーセント活かせないことがある。逆に、ひじょうに悪い運気のときでも、不思議と救われるときがある。

3)若くして(あるいはほんの短期間で)人生のエネルギーの大半を消費してしまい、志をまっとうすることができない場合と、いわゆる「細く長く」という言葉に示されるような、地味ではあっても、その世界で長い間活躍するというパターンの、どちらかに偏りやすい。

 事実、霊合星人は、幼少時から一風変わった人が多く、世間からの常識から外れ、変人・奇人となる危険性をはらんでいます。どちらかというと、精神や理論ばかりが先行して、現実がともなわない傾向が出てくるわけです。
 従って、正直なところ、現実社会では、出世しにくということができます。といっても霊合星人は、想像もつかぬような鋭い発想や、奇抜なアイデアを持っているわけですから、精神面を充実させ、長所で弱点をカバーするよう心がけると、大変な成功を収めることができます。


◇ 12の「運命周期」

 六星占術では各運命星の陽(+)/陰(—)毎に12の「運命周期」が与えられております。各運命星は、年運、月運ともに、12の運命の周期で運気が決められているとされます。運気の流れを示したのが下図となりますが、各運命周期についてはサイトより引用して供覧します。

六星占術運気の流れ図

1.種子

 12年間(ヶ月)の運命周期がはじまります。総合的に、自分の運命がよい方向に回転をはじめる時期、物事を開始する時期と考えてください。結婚、就職、引越しなどによい時期です。この時期に知り合った人は、将来あなたにとって大事な人になります。新しく商売をはじめたりすると、将来、大きな実りが期待できるでしょう。

2.緑生

 大地にまかれた種が芽吹き、根をはり、グングン成長する時期です。愛情運も高まり、この時期にあらわれた異性は、ほぼ本物とみていいでしょう。財運、仕事運しもによし。ただし、この芽はまだひ弱なため、ちょっとした環境の変化で、ポキッと折れてしまうこともあります。油断していると、大きな落とし穴にはまってしまう危険もあるので、慎重な行動を心がけましょう。

3.立花

 今後の基本的な方向を決定づける重要な時期です。この時期に成し遂げたことは、生涯、不動のものになります。とくに経済的には、この時期に得たものは生涯あなたが財運に恵まれる要素となります。ただし、ほかの運気と重なると、その運気を強烈にする働きがあるので、「殺界」と重なったときは要注意です。

4.健弱

 「小殺界」です。しかし、まだ決定的なものではありません。<種子>からの成長でたまった「運気のウミ」を出す時期です。とくに肉体面にはっきりとあらわれてくるのが特徴ですが、経済面、愛情面でも無理な行動はやめ、冷静に、自分も周囲もかえりみる小休止の時期です。

5.達成

 文字どおり、自分の望みが叶い、目的が達成されるという強運気です。<立花>で果たさなかったことは、この時期に完成させるといいのです。運気は最高潮に達しているので、愛情運、家庭運ともに充実しています。経済的にも好調で、収穫するほどの実りといった感じではないものの、何をやっても楽しい時期です。

6.乱気

 「中殺界」です。<健弱>で肉体的な「運気のウミ」を出したのに対し、こんどは5年間たまった精神的な「運気のウミ」を出す時期です。働きずくめできた人は、ここでひと休みしましょう。新たな事をはじめようとしても空回りするだけなので、現状維持を心がけてください。もちろん結婚はいけません。身内に不幸が起きやすいとというように、精神的なダメージを受けることの多い時期です。

7.再会

 結婚、就職、転職、開業、引越しなど、すべてにおいて、新しい事を仕掛けるチャンスが再度到来しました。愛情面でもやり直すよい時期です。人との出会いに幸運のカギがあります。また、前年に起きたトラブルも、この時期に働きかければ、以前よりよい状態に改善できます。

8.財成

 収穫の時期です。とくに財運は強く、やることすべてがお金になり、何をしても成功に結びつきます。12年に一度だけ訪れる蓄財の年なので、大いに稼ぎまくってください。ただ、大切な人との別れが生じる可能性があります。財を得たら、何か人のため、世のためになることに使うことで愛情運が上昇します。

9.安定

 すべての成果をを勝ち取り、人生の果実を味わう時期です。ここでは、新たに事を起こそうなどと考えず、優雅に充実した生活をおくるように心がけましょう。がむしゃらに押しまくることはやめて、これまでの8年間の人生を静かに振り返り、次にくる「人生の冬」に備えることです。

10.陰影(大殺界)

 冬の到来、「大殺界」です。運気がただひたすら降下します。周囲に対するものの見方が歪み、それが原因で判断をあやまったり、大きな錯覚におちいったりしがちです。あなたのまわりでも、あなたを不安におとしいれるような心配事が相次いだり、判断に苦しむような得体の知れない出来事が起こるのも特徴です。

11.停止(大殺界)

 「大殺界」のど真ん中、まさに八方ふさがりといった言葉がビッタリの状態です。だれもあなたのいうことに耳を傾けてくれません。だからといって、自分一人で行動すると大きなミスを犯し、周囲に大きなダメージを与えたり、他人の信用を損ねたりします。ただおとなしく耐える時期です。

12.減退(大殺界)

 「大殺界」のラストです。多少運気が上昇に向かっていきますから、なんとなく気分は明るくなります。しかし、油断は禁物です。自分が信頼していた人に裏切られたり、身内や愛している人が突然亡くなったりと、取り返しのつかないことが起こりやすい時期です。そして、とかく悪い運気が自分の内側へ内側へと向かってくるので、心の病気におかされやすいのもこの時期です。金銭的には、身につけたものをゼロにしてください。ここで金銭を惜しんでいると、運気はさらにマイナスになり、翌年訪れる<種子>の運気まで損なう恐れがあります。


◇ 運命星毎の運命周期

 以下に月運と年運における運命星毎の運命周期表を作成しました。月は1〜12月まででありますが、年運については過去に遡って、また未来に照らして検討できるよう、1980年から2050年までと、長期にわたる運命周期を示しております。

六星戦術 月運 更新

六星占術 年運 更新


◇ 停止の年の停止の月を迎えて 〜 あとがき にかえて 〜

 六星占術は、たいへん知名度が高く、日々の生活において話題になりやすい占いとなっております。真剣に信じている人、この占術に従って生きたことにより、不運から脱却できた、あるいは成功を収めた人がいることを否定はしません。
 しかしながら、具体的に身の上を考えた時、例えば私自身、今年の7月は、停止の年、停止の月であり、大殺界の年と月が重なっておりますが、なにも問題なく生活しております。私は「OWN HISTORY」と題して、生まれてから現在までの自分の歴史を年表にしております。上で年別の運命周期を載せましたが、自分の不運だった時、幸運だった時を振り返っても、この運命周期には全く合致いたしません。

 OWN HISTORYに全く合致しない六星占術の運命周期

 上の例えで挙げた昭和41年6月15日生まれの人物は天王星人の陽(+)でありますが、実は1990年5月30日未明、交通事故で他界しました。天王星人の陽(+)にとって1990年は「種子」であり、新しいことを始める出発の年のはずでありました。5月が天王星人の陽(+)にとって「減退」であるからとするにはちょっと無理があるかと思います。

 そもそも、スピリチュアルの立場に立った時、運気や身の回りに起こっていることは自分が引き寄せたものである、とする考え方、人生において、幸福と不幸は紙一重、表裏一体であり、内面が投影されたものであるとの考え方があります。運命周期が決まっていて、人間は、ただそれを受けいれる受動的な立場ではない、積極的に運気を上げることが可能であり、人生を自分で切り開くことができる存在であると考えます。数ある占術の自分の人生、生活における位置づけをどこに持って来るかは個人に委ねられるものであり、不変の真理たり得ないと考える次第です。
 

広島、長崎への原爆投下から70年、核保有国はどうなっているのか?


 今から70年前、第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、マリアナ諸島テニアン島を飛び立った米国軍B-29エノラ・ゲイ号(機長 ポール・ティベッツ大佐)により、広島県広島市にウラン235原子爆弾(原爆)が投下され、当時の広島市の人口推定35万人のうち、9万~16万6千人の命が被爆から2~4ヶ月以内に失われました。その3日後の1945年(昭和20年)8月9日、テニアン島から出撃して第一目標である福岡県小倉市に向かったものの、天候上の問題から第二目標である長崎市へと移動した米国軍B-29ボックスカー号(機長 チャールズ・スウィーニー少佐)が、午前11時2分、長崎県長崎市街地から約3 kmの松山町上空へプルトニウム239を使用した原爆を投下、当時の長崎市の人口推定24万人のうち約7万4千人が死亡しました。これらが実戦で使用された人類史上1発目と2発目の核兵器でありました。

原爆ドーム

 原爆の、そのとてつもない破壊力と、無差別に人の体を蝕む非人道性について、日本の受けた大きな傷は、敗戦国とは言え、多くの国家に対して多大なる教訓として伝わったはずでありました。少なくとも、世界で唯一の被爆国となった我が国は広島、長崎の悲劇を世界に向けて発信し続けて来たと思います。これまでのところ、広島、長崎以降の戦争では使用されてはいませんが、現代の世界に核保有国は少なくありません。
 繰り返しますが、世界で初めて核兵器が戦時下に使用されてから70年、核兵器の悲惨さを振り返り、世界の国々の核保有の実態をまとめておきます。


◇ 写真で見る広島、長崎の惨状

1.広島平和記念資料館より

広島原爆資料000

広島原爆資料001

広島原爆資料002

広島原爆資料003

広島原爆資料004

広島原爆資料005

広島原爆資料006

広島原爆資料007

広島原爆資料 人影の説明

広島原爆資料008

2.長崎原爆資料館より

長崎原爆資料館001

長崎原爆資料館002

長崎原爆資料館003


◇ 核兵器による被曝の人体への影響

 核兵器による被曝の人体への影響を急性期および慢性期、さらには被曝二世について言及いたします。ここでは、広島、長崎の被曝経験にも基づく病態をご説明しますが、原発事故や放射線治療、X線診断などの低線量被曝の影響については別の機会といたします。

1.急性放射性症候群(acute radiation syndrome, ARS)

 核兵器により人間が被爆した場合、火傷などの直接的な外傷とは別に、頭髪の脱毛、皮下出血、歯茎からの出血、鼻血、下痢や嘔吐などの急性放射線症候群(acute radiation syndrome, ARS)を発症します。これは、体細胞が電離放射線を被曝することによる確定的影響によって生じる放射線障害であり、その発症機序は、電離放射線の電離作用が直接・間接的に体細胞の遺伝子である、デオキシリボ核酸(DNA)を傷害することにより、遺伝情報が損傷することによるものであります。DNAが回復不能なほど重度な傷害を受けると、細胞はプログラム細胞死を来すか、遺伝情報を損傷したまま固定化してしまうことになります。前者の場合は、大量の細胞が失われることによって組織は急性の機能不全に陥り、プログラム細胞死を来した細胞が比較的少数であった後者の場合も、生存した細胞の遺伝情報に損傷が残っていると、正常細胞を産生することができず、機能不全からの回復が阻害されることになります。

2.原爆症(atomic bomb injury)

 原爆による被曝直後を乗り越えた後は、白血病やがん、骨髄異形成症候群などを発症する可能性が高く、この晩発性の放射線障害を原爆症と総称されます。発症は被爆直後の場合が多いですが、10年、20年経った後に発症することも少なくなく、60年以上経った現在でも、新たに発症するケースが見られます。また、直接被爆をしていなくても、原爆投下直後に救援等のため被災地に入ったことによっていわゆる「入市被爆」したり、放射性降下物を含んだ「黒い雨」を浴びたり、さらに母胎内で被爆して生まれた子供にも発症しました。広島市、長崎市では被爆直後は健康に見えた人の容態が突然悪化し、死亡したケースが数多く確認されており、多くの場合、体にだるさを感じた後、目が見えなくなったり、節々に痛みを感じたりした後に死亡したとされます。

【主な原爆症】
 ・悪性新生物:甲状腺や消化器などの固形癌、白血病
 ・副甲状腺機能亢進症
 ・心筋梗塞
 ・甲状腺機能低下症
 ・慢性肝炎、肝硬変
 ・放射線白内障

3.被曝二世

 差別や偏見に曝されることが多かった「被爆二世」については、遺伝的影響はないとの意見が定説となっています。原爆傷害調査委員会(ABCC)による被爆二世に対する調査では、新生児の障害、染色体異常、血中タンパク質の異常などの発生率に健常人との間で差はないと結論されております。また、放射線影響研究所は2007年に、被爆二世への遺伝的な影響は、死産や奇形、染色体異常の頻度、生活習慣病を含め認められないと発表しています。厚生労働省健康局総務課はこれらの研究から国会答弁において被爆二世の健康への影響はないと考えられるとしています。
 一方、被爆二世の健康への影響を疑う意見も存在します。1988年に結成された全国被爆二世団体連絡協議会は、2004年に坂口厚生労働大臣に対して被曝二世、三世に健康に関する不安があり、なんらかの対応を求める請願書を提出しました。同会の2006年の総会決議では原爆症と同じ症状で死去した二世が存在すると指摘しています。2012年6月3日、長崎原爆資料館で開催された第53回原子爆弾後障害研究会において、広島大学原爆放射線医科学研究所研究グループの「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」(鎌田七男名誉教授)で、被爆二世の白血病発症率は特に両親ともに被爆者の場合に高くなる遺伝的影響があるとされております。


◇ 核保有国

1.核保有国の概要

 核保有国とは、核兵器(一般には原子爆弾)を保有している、または保有している疑いが強いと国際社会からみなされている国のことであります。
 2014年現在、核実験を公式に成功させた国は8か国であります。そのうち核拡散防止条約(Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons、NPT)で核兵器保有の資格を国際的に認められた核保有国はアメリカ合衆国、ロシア(ソ連からの継承)、イギリス、フランス、中国の五大国)であり、それ以外(NPT非批准)の核保有国はインド、パキスタン、北朝鮮の3か国、他に、核保有が確実視されている国にはイスラエルがあり、核保有または核開発の疑惑国にはイラン、シリア、ミャンマーなどが挙げられます。

2.核保有国一覧と世界の年別核実験回数

核保有国の表

世界の核実験回数グラフ


◇ あとがき

 広島、長崎への原爆投下は第二次大戦を終結させるための一つの手段であったと、言えば言えなくもないところです。戦争に至った我が国の非は明らかであり、その敗戦への過程の中で、沖縄大虐殺や東京大空襲と同じ次元で原爆による攻撃があったと米軍は言うかも知れません。しかし、広島ではウラン型、長崎にプルトニウム型と、異なるタイプのものを使用して、その後の健康被害への調査を行うなど、核実験、あるいは人体実験的な要素は大きく、しかも無抵抗な市民への攻撃は、明らかな無差別殺人でもあります。
 どの国も、核兵器の脅威を知りながら、核廃絶を訴えながら、そして、放射線による後年までも続く健康被害に非人道性を理解しながらも、しかし、現実には核兵器を作り続けた歴史があって、各国の核保有数には誠に驚かされます。改めて、戦争による唯一の被曝国として、核兵器廃絶に向けた姿勢を貫く必要性を感じる次第です。

Kingda Ka 「世界一怖い!、一生で一度は乗ってみたい」と評判の新時代 - 21世紀型コースターのご紹介


 夏休みの旅行シーズンにて、ちょっと変わった題材を「世界の名所へのご案内」のカテゴリとして取り上げます。「Kingda Ka」、米国、ニュージャージー州、ジャクソンにある「Six Flags Great Adventure & Safari」と言うテーマ・パーク内にあるローラー・コースターは、これまでのコースターの概念を覆す新時代のものと思われます。同タイプのコースターは、すでに世界に3つくらいはあるようですが、ここKingda Kaは「世界一怖い!、一生で一度は乗ってみたい」との口コミがあります。

SixFlags great Adventure Safari HP図
1 Six Flags Blvd Jackson NJ 08527
Six Flags Great Adventure & Safariのロケーション:1 Six Flags Blvd, Jackson, NJ 08527, USA


◇ これまでのローラー・コースターの概念と動力

1.概念

 ローラーコースター (Roller coaster) は、遊園地に設置されている遊具、アミューズメント・マシーン(ライド)の一種で、絶叫マシン(スリル・ライド)等と呼ばれる種類の乗り物の一つであります。日本ではジェット・コースターと呼ばれることが多いが、ジェットエンジンなどは使われていません。ローラー・コースターの乗客は、急勾配や角度の付いたカーブするレールの上を高速で駆け抜け、時には一回転して天地逆転するスリルを味わいながら一周することでこの遊具を楽しみます。

2.動力の仕組み

 基本的に、ローラー・コースターの乗客が乗る列車自体に動力は存在せず、一般的にはチェーン・リフトによってレールの最高到達点まで車両を巻き上げ、ここから下りの傾斜を走らせることで位置エネルギーを運動エネルギーに転換して速度をつける仕組みになっております。そして、ある程度下ったら再び傾斜を駆け上がらせて運動エネルギーを位置エネルギーへと転換します。この間、運動エネルギーは摩擦や空気抵抗などの要素によって減衰しているため、第二の山以降では頂上が徐々に低い位置におかれます。この動作を繰り返すことでローラーコースターは進んで行き、最後に車両に取り付けられた金属板をレールに設置されたブレーキパッドで挟んで摩擦を起こし、運動エネルギーを主に熱エネルギーとして放出して停止します。


◇ 新時代のコースター Kingda Ka

1.コースの概要

 Kingda Kaのコースは極めて単純で、仮に上空から見降ろした場合、半円と長方形 = □が合わさった形態であり、グルっと一周弱して来て終わりです。平地から行って上がって旋回して下って、帰って来る、そこにちょっとした山があって、終わり、とそんなコースであります。

Kingda_Ka 01 全行程
Kingda Kaの外観

Kingda Kaのコースシェーマ
Kingda Ka上空から見降ろした場合のコース・シェーマ

【Kingda Kaのスペック】
 開  業  2005年5月21日
 製  造  Intamin AG
 仕  様  Accelerator Coaster
 設  計  Ingenieur Buro Stengel GmbH
 全  長  950.0 m
 最高位置  139.0 m(世界第1位、地上45階相当)
 落  差  127.4 m(世界第1位)
 上昇角度  90°
 落下角度  90°
 最高速度  206.0 km/h(世界第2位)
 乗車時間  28秒

2.スタートからの急加速

 ホームで乗車して身体を固定した後に、20〜30 m移動してから停車します。スタートの放送が流れたところで動き出しますが、実はそこからの数秒がこのコースターにおいて最高の恐怖の瞬間と言えます。スタートからたったの3.5秒で最高速度の206.0 km/hにまで到達する時間は、顔面の皮膚が空気抵抗でのっぺりと拡げられて痛いような緊張を感じます。急加速に伴う反動で後頭部はヘッドレストに押し付けられ、小刻みながら強い振動が全身に伝わり、何か事故があれば確実に死に至る、「世界一怖い!」とのコメントが理解できます。

Kingda Ka 001

Kingda Ka スタート直後 02

3.勢いをつけた垂直上昇

 206.0 kg/hの速度で放たれた車両は速やかに地面との角度を上げて垂直まで行きますと、車両のスピードが徐々に低下しながら、恐怖心とは逆の、むしろ青空を見ながら昇天する爽快な感覚を得ます。

Kingda Ka 垂直上昇し始め 03

4.頂上に到達してからの水平移行

 一気に頂上付近まで登りつめたところで、右へ90°旋回して水平状態へと移行します。通常のローラー・コースターで遠心力によりしばしば感じる身体が浮く感覚よりも、ほとんどスピードが無い状態での無重力感で下降ラインへと向かいます。

Kingda Ka 頂上で反転 04

5.右旋回から下降ラインへ

 頂上から下降ラインへは右270°の旋回で移行します。一瞬ですがこの旋回には恐怖を覚えて、地面に真っ直ぐに向かう下降ラインでは、全くの垂直落下を体験しますが、これは従来のコースターでも実感できるものに近く、スタート直後の急速な加速感に比べると自然落下の感覚には安心感すら感じます。

Kingda-Ka 落下し始め05

Kingda Ka 落下中 06

6.垂直落下が終了した後

 落差127.4 mの垂直落下が終了したところで水平移行から緩やかな山がありますが、最初からほぼ全行程を知っていることもあって、もうこれは普通の子供用のコースターレベルの感覚で昇り降りしますが、それはそれで事故なく完了した爽快感があります。短い時間で様々な感覚が得られるKingda Kaに「一生で一度は乗ってみたい」気持ちは解ります。

Kingda Ka 落下した後 07

Kingda Ka もう一山超えて最後の下り 08

7.全行程の動画

 乗車中のYouTube動画をご用意しました↓
 Kingda KaのYouTube動画


◇ 付録:世界のローラー・コースター 速度ランキング

世界コースター速度ランキング

01 アブダビ フォーミュラ・ロッサ
アブダビ フォーミュラ・ロッサ

03 米国 トップ・スリル・ドラッグスター
米国 トップ・スリル・ドラッグスター

05 日本 ドドンパ
日本 ドドンパ

05 米国 スーパーマンエスケープ・フロム・クリンプトン
米国 SUPERMAN: Escape from Krypton

052 豪州 タワー・オブ・テラーⅡ
豪州 Tower of Terror II

07 米国 フューリー325
米国 Fury 325

072 日本 スチール・ドラゴン2000
日本 スチール・ドラゴン2000

09 米国 ミレニアム・フォース
米国 Millennium Force

10 カナダ レヴィアタン
カナダ Leviathan

フランスより寄贈された「自由の女神像」、正式名称は「世界を照らす自由」(更新)

 会社の仕事で、ニューヨークに1ヶ月も出張、と言う羨ましい話を聞き、ちょっと「自由の女神像」(Statue of Liberty)を勉強しました。今回はその覚え書きです。タイトルに記した如く、正式名称は「世界を照らす自由」(Liberty Enlightening the World)だそうですが、ここでは慣れ親しんだ「自由の女神像」の呼び名で統一させていただきます。

自由の女神像0001


◇ 自由の女神像の概要

 アメリカ合衆国のニューヨーク港内、リバティ島にある像、「自由の女神像」はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人の募金によって贈呈され、1886年に完成しました。アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴であるとともに、19世紀以来絶えることなく世界各地からやってくる移民にとって新天地の象徴ともなっています。1984年にはユネスコの世界文化遺産に登録されました。


◇ 発案から完成までの歩み

1.背景と建造への呼びかけ

 1776年7月4日のアメリカ合衆国独立から100周年を迎えようとしている米国では、奴隷解放をめぐり勃発した南北戦争(1961年4月12日 - 1865年4月9日)後の混乱に苦しんでおりました。一方、海を隔てたフランスでは、ナポレオン3世(Napoléon III, 1808年4月20日 - 1873年1月9日;フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの弟ルイ・ボナパルトの息子)の専制下にあり、同国の法学者で政治家のエドゥアール・ド・ラブライエなる人物が、自由の象徴たる像を建造することで、両国民に真の自由を見て欲しいと考え、アメリカに対し両国の深い友情の証となりうるモニュメントの寄贈を提案し、寄付の募集を呼びかけました。この提案に賛同した彫刻家、フレデリック・オーギュスト・バルトルディらの助言を受けて、「世を照らす自由の炎を静かに掲げる女神像」の制作始まりました。

エドゥアール・ド・ラブライエ 図
エドゥアール・ド・ラブライエ

2.制作の開始と強度の獲得

 1874年、ラブライエよりフレデリク・バルトルディに設計が依頼されましたが、高さ46.5 m、重さ110 tにもなる建造物には強度の問題が懸念されましたが、パリのエッフェル塔を設計したアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェルが設計に加わり、像内部の鋼鉄を用いた骨組みで弾力性を持たせることで嵐などにも耐えうる設計をしたとされます。

エッフェルとエッフェル塔
アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェルとエッフェル塔

3.像のデザイン

 像のデザインはウジェーヌ・ドラクロワの絵「民衆を導く自由の女神」とバルトルディの母親をモデルにしたものとされ、また一部では、バルトルディがフリーメイソン所属であったことから、フリーメイソンが崇拝している魔女メデューサであるとの説もあります。

4.建造の資金

 本体制作では、フランス国内で資金集めのため記念像建造キャンペーンとして、宝くじや、1878年の万国博覧会であるパリ万博に完成頭部を展示し約40万ドル相当の寄付金を集めたとされます。台座部分の建設資金は、「ニューヨーク・ワールド」紙社主ジョセフ・ピューリッツァが資金集めのキャンペーンを行い、アメリカ国民の寄付によってまかなわれました。

パリ万博に置かれた自由の女神
パリ万博に置かれた自由の女神

5.パリからニューヨークへの移動、そして除幕

 自由の女神像は1984年に完成、1985年まではパリのシャンゼリゼ通りに設置されていましたが、約350のパーツに解体され、フランス海軍軍用輸送船イゼール号でニューヨークに運ばれました。1985年6月に無事ニューヨークに到着しましたが、台座の完成が資金難のため遅れていたため港に待機、1986年4月台座完成により女神像の組み立てが開始されました。

建造中の自由の女神 図

 1886年10月28日に除幕式が行われました。当日はあいにくの雨でしたが、グロバー・クリーブランド大統領をはじめ100万人以上の観衆が集まり、顔にかけられたフランス国旗を製作者のバルトルディが除幕しました。


◇ 自由の女神像の仕様

1.性別・材質・サイズ・重量

 自由の女神像は、ローマ神話における自由の女神リーベルタースがモデルであり、性別は女性であります。銅製で、台座から像の頭の部分までの高さは33.86 m、台座から右手持つ松明(たいまつ)までの高さは46.05 m、台座の高さが47 mなので、台座部分も含めると全長は93 m、総重量は225 tであります。

2.右手の松明

 右手に握られ高く掲げられた松明は移民たちの希望を表す象徴とされます。元々は、その炎の部分は純金で作られておりましたが、現在は1984-1986年の修復工事の際に取り替えられたもので、24金の金箔で覆われています。オリジナルは台座のロビーに展示されております。

自由の女神 松明 図

3.王冠

 女神がかぶっている冠には7つの突起があります。これは7つの大陸と7つの海に自由が広がることを願って作られたとされます。各々3.7 mの長さです。

自由の女神 王冠 図

4.左手に持つ独立宣言書

 左手には独立宣言書を持っており、アメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とフランス革命が勃発したバスティーユ襲撃の日である「1789年7月14日」と、ローマ数字で刻印されています。

自由の女神独立宣言書 図

5.鎖と足かせを踏みつける足元

 自由の女神像の足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけています。全ての弾圧、抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しているのです。

自由の女神 足元 図

6.台座の記念碑

 自由の女神像はフランス系フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に交わされた贈り物でありましたので、台座の記念碑には以下の文言が刻まれています。

 *****

AT THIS SITE ON AUGUST 5TH, 1884, THE CORNERSTONE OF THE PEDESTAL OF THE STATUE OF "LIBERTY ENLIGHTENING THE WORLD" WAS LAID WITH CEREMONY BY WILLIAM A. BRODIE, GRAND MASTER OF MASONS IN THE STATE OF NEW YORK. GRAND LODGE MEMBERS, REPRESENTATIVES OF THE UNITED STATES AND FRENCH GOVERNMENTS, ARMY AND NAVY OFFICERS, MEMBERS OF FOREIGN LEGATIONS, AND DISTINGUISHED CITIZENS WERE PRESENT. THIS PLAQUE IS DEDICATED BY THE MASONS OF NEW YORK IN COMMEMORATION OF THE 100TH ANNIVERSARY OF THAT HISTORIC EVENT.

仮訳:この地にて1884年8月5日、「世界を照らす自由の女神」の像の台座の礎石は、ニューヨーク州メイソン団のグランド・マスター、ウィリアム・A・ブロディーによる式典とともに設置された。グランド・ロッジの構成員ら、合衆国およびフランスの政府の代表ら、陸軍および海軍の将校ら、諸外国の使節団の構成員ら、ならびに名高い市民らが参列した。この銘盤はかの歴史的事件の第100周年を記念してニューヨークのメイソン団により捧げられる。

 *****



◇ 自由の女神像の観光

1.本体へのアプローチ

 台座部分にはエレベータが設置されており、エレベータの最上階(10階)からは像の中のらせん階段を上って王冠部分の展望台に登ることができます。

自由の女神王冠の中 図
自由の女神 王冠の中の様子

2.フェリーで行くリバティ島

 本体台座から内部へ入りたい、間近で見上げたいと言う人はマンハッタン島最南端にあるリバティ島・エリス島行きフェリー発着所、バッテリー・パークより、夏季は15-20分毎、冬季は30-40分毎にリバティ島への運行があります。

リバティ島行きフェリー

3.スタッテン島往復フェリーからの見学

 スタッテン島住民がマンハッタンへの通勤ルートとして利用している公共交通機関からも遠目に自由の女神像を眺めることができます。

4.ヘリコプターの上空から自由の女神像を見学

 様々のヘリコプターツアーがあって、自由の女神やエリス島を空から眺めるリバティ・ヘリコプターの「ビッグアップルツアー」(15分$150)が有名です。

ヘリツアー 自由の女神 図


◇ リバティー島に渡り自由の女神を反時計周りに撮影

自由の女神 反時計周り01

自由の女神 反時計周り02


◇ リバティー島から観たマンハッタン

NY.jpg

お詫びと訂正、更新のお知らせ

 2つほどご案内があります。

 7月23日投稿の「六星占術、大殺界の年、大殺界の月を過ごしつつ思うこと」の中で、◇ 運命星毎の運命周期 と題して掲載した月運の表に誤りがありました。謹んでお詫び申し上げます。現在、これを削除しており、近日中に正しいものと差し替える予定です。

 7月13日投稿の「フランスより寄贈された『自由の女神像』、正式名称は『世界を照らす自由』」に写真を加えましたので(更新)として再掲載いたします。

 以上です。