アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

政治資金規正法のあらまし

 先日、自身の選挙区内でうちわを配ったとして追求を受けた 松島みどり 法務大臣と共に、 小渕 優子 経産大臣が大臣を辞任しました。小渕氏の場合は、政治資金収支報告書に2010、2011年の東京・明治座で開いた「観劇会」で集めた会費収入が計約742万円だったのに対し、明治座に支払った金額を計約3384万円と計上していました。さらに、小渕氏の資金管理団体より、実姉の夫が経営する東京都内の服飾雑貨店などに「品代」として2008年からの5年間で38回、計約362万円を政治資金から支出していたこと、百貨店でのベビー用品や化粧品、著名デザイナーズブランド品の購入にも支払われていたことが発覚しました。

小渕と松島の写真

 小渕 優子 議員、クリーンなイメージでしたので残念な印象はありますが、いかにも脇が甘い、お金に対して無頓着な人間であることが浮き彫りになった感は否めません。同時に、松島議員のうちわはともかく、間違った政治資金の運用なんていくらでも横行しており、これを何かのタイミングで明るみにし、国民と野党(?)の目をそちらに向けさせる、あるいはわざと政治を停滞させることが目的のような、そんなことの繰り返しのようにも思えます。


◇ 政治資金規正法のあらまし

 今回、政治資金規正法についてたいへん解りやすい文章に出会いました。恐らくは1948年に制定された原文など、とても理解できない難解な文章でしょう。この解りやすい「あらまし」を説明した総務省のページをご紹介します。

 *****

政治資金規正法 図01

目 次

1.政治資金規正法の目的
2.政治資金を規正する基本的考え方
3.規正の対象
4.政治資金の収支の公開等
5.寄附の制限
6.政治資金パーティーの対価の支払の制限
7.運用等の制限
8.罰則等



1.政治資金規正法の目的

政治資金規正法は、議会制民主政治の下における政党その他の政治団体の機能の重要性及び公職の候補者の責務の重要性にかんがみ、政治団体及び公職の候補者により行われる政治活動が国民の不断の監視と批判の下に行われるようにするため、1政治団体の届出、2政治団体に係る政治資金の収支の公開、3政治団体及び公職の候補者に係る政治資金の授受の規正、4その他の措置を講ずることにより、政治活動の公明と公正を確保し、もって民主政治の健全な発達に寄与することを目的としています。


2.政治資金を規正する基本的考え方

 治資金の規正については、大きく分けて、、、

1)政治資金の収支の公開

 政治団体に設立の届出等を義務付けるとともに、1年間の政治団体の収入、支出及び資産等を記載した収支報告書の提出を政治団体に義務付け、これを公開することによって政治資金の収支の状況を国民の前に明らかにすること。

2)政治資金の授受の規正等

 政治活動に関する寄附(政治団体に対してされる寄附又は公職の候補者の政治活動に関してされる寄附をいう)等について、対象者による制限や、量的、質的制限などを行うこと。

 、、、の2つがあり、具体的には、以下の図のとおりとなっています。

政治資金規正法 図02


3.規正の対象

 政治資金規正法の規正の対象は、政治団体及び公職の候補者です。

1)政治団体

(1)政治団体とは

 政治資金規正法においては、下記の活動を本来の目的とする団体及び下記の活動を主たる活動として組織的かつ継続的に行う団体を政治団体としています。

 ① 政治上の主義若しくは施策を推進し、支持し、
   又はこれに反対すること
 ② 特定の公職の候補者を推薦し、支持し、
   又はこれに反対すること

 また、下記に該当する団体については、政治資金規正法上、政治団体とみなされます。

 ① 政治上の主義又は施策を研究する目的を有する団体で、
   国会議員が主宰するもの又はその主要な構成員が
   国会議員であるもの(いわゆる政策研究団体)
 ② 政治資金団体
 ③ 特定パーティー開催団体(政治団体以外の者が特定
   パーティー {政治資金パーティーのうち収入の金額が
   1,000万円以上のもの} になると見込まれる政治資金
   パーティーを開催する場合には、当該政治団体以外の
   者を政治団体とみなして政治資金規正法の規定の一部が
   が適用される)

(2)政治団体の種類

 政治団体には、下記の種類があります。

政治資金規正法 図03

 また、下記のものを「国会議員関係政治団体」といい、収支報告に関する特例等が設けられています。

政治資金規正法 図04

(3)政治団体の設立等の届出

 政治団体は、その組織の日又は政治団体となった日から7日以内に、郵便によることなく文書で、組織等された旨、当該政治団体の目的、名称、主たる事務所の所在地及び主としてその活動を行う区域、代表者・会計責任者・会計責任者の職務代 行者の氏名、住所、生年月日及び選任年月日等について、下記のとおり、都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に届け出なければなりません。

政治資金規正法 図05

 また、届け出た事項に異動が生じた場合も、その異動の日から7日以内にその内容を届け出なければなりません。
 政治団体の会計責任者は、会計帳簿を備え付ける等日々の会計管理を行うとともに、年一度、都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に収支報告書を提出することが義務付けられています。
 なお、政治団体が解散し、又は政治団体でなくなった場合は、解散等の日から30日以内(国会議員関係政治団体 {収支報告書に記載すべき収入及び支出があった年において国会議員関係政治団体であったものを含む} については、60日以内) に、その旨及び年月日を届け出るとともに、解散等の日までの収支報告書を提出しなければなりません。

2)公職の候補者

 公職の候補者とは、公職にある者、公職選挙法の規定により届け出られた公職の候補者及び当該候補者となろうとする者をいいます。
 なお、公職の候補者は、その者が代表者である政治団体のうちから、一の政治団体をその者のために政治資金の拠出を受けるべき政治団体として指定することができます (指定された政治団体を「資金管理団体」といいます。資金管理団体に係る寄附の特例については [資金管理団体に対する寄附の特例] 参照)。


5.政治資金の収支の公開等

1)収支報告

 政治団体の会計責任者は、毎年12月31日現在で、当該政治団体に係るすべての収入、支出及び資産等の状況を記載した収支報告書を翌年3月末日(1月から3月までの間に総選挙等があった場合は、4月末日)までに、都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に提出しなければなりません。

[主な報告事項]

 ① 寄附
   年間5万円を超えるものについて、寄附者の氏名等
 ② 政治資金パーティーの対価に係る収入
   一の政治資金パーティーごとに20万円を超えるもの
   について、支払者の氏名等
 ③ 支出
   政治活動費のうち一件当たり5万円以上のもの
   ※(資金管理団体又は国会議員関 係政治団体である間に
   行った支出にあっては、3、4を参照)について、支出を
   受けた者の氏名等
 ④ 資産等
   土地、建物、建物の所有のための地上権又は土地の賃借権、
   100万円超の動産、 預貯金(普通預金等を除く。)、
   金銭信託、有価証券、出資による権利、100万円超の貸付金、
   100万円超の敷金、100万円超の施設の利用権及び100万円超
   の借入金について、その内容

[収支報告書に併せて提出すべきもの]

 政治団体の会計責任者は、収支報告書を提出するときは、収支報告書に記載すべき支出に係る領収書等の写しを併せて提出しなければなりません。 領収書等を徴し難い事情があった場合には、領収書等を徴し難かった支出の明細書又は振込明細書の写し及び振込明細書に係る支出目的書を提出します。

※領収書等の徴収義務は、一件当たり5万円以上のすべての支出に係ります。

2)収支報告書の公表、閲覧及び写しの交付

 ① 公表
   政治団体の収支報告書の要旨は、官報又は都道府県の公報
   により、原則として11月30日(平成20年分の収支報告書
   は9月30日)までに公表されます。
 ② 閲覧及び写しの交付
   政治団体の収支報告書は、総務省又は都道府県の選挙管理
   委員会において、収支報告書の要旨が公表された日から3年
   間、何人も、閲覧又は写しの交付を請求することができます。

3)資金管理団体の収支報告に関する特例(①については平成20年分の収支報告から適用、②については平成19年分の収支報告から適用)

 ① 人件費以外の経常経費の明細
   資金管理団体については、収支報告書に明細を記載すべき
   支出の範囲が拡大されており、資金管理団体である間に
   行った支出にあっては、人件費以外の経費のうち一件当たり
   5万円以上のものについて、収支報告書に記載するとともに、
   領収書等の写しを併せて提出しなければなりません。
 ② 保有不動産等の保有状況
   資金管理団体が平成19年8月6日前から所有している不動産
   (これと密接に関 連する不動産を含む)については、用途
   その他の個々の利用の現況を収支報告書に記載しなければ
   なりません。

4)国会議員関係政治団体の特例(平成21年分の収支報告から適用)

(1)収支報告に関する特例

 国会議員関係政治団体については、収支報告書に明細を記載すべき支出の範囲が拡大 されており、国会議員関係政治団体である間に行った支出にあっては、人件費以外の経費のうち一件当たり1万円を超えるものについて、収支報告書に記載するとともに、領収書等の写しを併せて提出しなければなりません(なお、領収書等の徴収義務はすべての支出に係ります)。
 また、収支報告書の提出期限は、翌年5月末日(1月から5月までの間に総選挙等があった場合は、6月末日)までとされています。

政治資金規正法 図06

(2)登録政治資金監査人による政治資金監査

 国会議員関係政治団体については、収支報告書を提出するときは、その支出に関し、あらかじめ、収支報告書、会計帳簿、領収書等などについて、政治資金適正化委員会が行う研修を修了した登録政治資金監査人(政治資金適正化委員会の登録を受けた弁護士、公認会計士、税理士)による政治資金監査を受けなければなりません。
 政治資金監査は、政治資金適正化委員会が定める政治資金監査に関する具体的な指針 に基づき行われます。
 国会議員関係政治団体の会計責任者は、収支報告書の提出に併せて、登録政治資金監 査人が作成した政治資金監査報告書を提出しなければなりません。

(3)少額領収書等の写しの開示制度

 国会議員関係政治団体については、何人でも収支報告書の要旨公表日から3年間、人件費以外の経費で1件1万円以下の支出に係る領収書等の写し等(少額領収書等の写し)について、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会に対し開示請求をすることができます。

[開示請求から開示決定までの基本的な流れ]

 ① 開示請求書の提出
   開示請求する方は、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会
   に対し開示請求書を提出します。
 ② 少額領収書等の写しの提出命令
   開示請求を受けた総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、
   開示請求が権利の濫用又は公の秩序若しくは善良の風俗に
   反すると認められる場合に該当するときを除き、開示請求が
   あった日から10日以内に、国会議員関係政治団体の会計責任者
   に対し、少額領収書等の写しの提出を命令します。
 ③ 少額領収書等の写しの提出
   国会議員関係政治団体の会計責任者は、提出命令があった日
   から原則20日以内に、少額領収書等の写しを総務大臣又は
   都道府県の選挙管理委員会に提出します。
 ④ 開示決定
   総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、少額領収書等の写し
   の提出があった日から原則30日以内に開示決定し、閲覧又は写
   しの交付の方法により開示します。


5.寄附の制限

1)会社等のする寄附の制限

 政治団体を除く会社・労働組合等の団体は、政党・政党の支部(1以上の市区町村の 区域又は選挙区の区域を単位として設けられる支部に限る。)及び政治資金団体以外の 者に対しては、政治活動に関する寄附をしてはいけません。
 また、これに違反する寄附をすることを勧誘し又は要求してはいけません。

2)公職の候補者の政治活動に関する寄附の制限

 何人も、公職の候補者の政治活動(選挙運動を除く。)に関して金銭及び有価証券に よる寄附をしてはいけません。ただし、政党がする寄附及び政治団体に対する寄附は認められています。

3)寄附の量的制限

 寄附の量的制限とは、政治活動に関して一の寄附者が年間に寄附することのできる金額についての制限で、寄附の総額の制限(総枠制限)と同一の受領者に対する寄附額の制限(個別制限)があります。なお、金銭等 以外の財産上の利益についても時価に見積もった金額により制限の対象となること、制 限の対象となる政治団体については本部・支部を通じて一体であることに注意が必要です。

[総枠制限] 一の寄附者ができる寄附の年間限度額

 ◯ 政党・政治資金団体に対するもの
    個人:2,000万円まで
    会社、労働組合等:750万円〜1億円まで
   (資本金の額、組合員数等により異なる {別表2参照})

 ◯ その他の政治団体、公職の候補者に対するもの
    個人:1,000万円まで

[個別制限] 一の寄附者から同一の受領者への寄附の年間限度額

 ◯ 個人がその他の政治団体及び公職の候補者に対してする
   寄附は、150万円まで
 ○ その他の政治団体間でなされる寄附は、5,000万円まで

[資金管理団体に対する寄附の特例]

 資金管理団体に対する寄附については、下記のとおり量的制限等の特例があります。

 ① 公職の候補者が、その者が公職の候補者である間に政党から
   受けた政治活動に関す る寄附に係る金銭等の全部又は一部
   に相当する金銭等により自らの資金管理団体に対してする
   寄附(特定寄附)については、総枠制限及び個別制限の適用
   がありません。
 ② 公職の候補者が自らの資金管理団体に対してする特定寄附以外
   の寄附(歳費等の自 己資金による寄附)については、個別制限
   の適用がありませんので、総枠制限 (1,000万円)の範囲内に
   おいて寄附することができます。
 ③ 公職の候補者は、公職選挙法の規定により、選挙前一定期間、
   自己の後援団体に寄附することが禁止されますが、自らの資金
   管理団体に対しては寄附することができま す。

4)寄附の質的制限
   
 寄附の質的制限とは、特定の者からの寄附に関する規制で、下記の寄附が禁止されています。

(1)補助金等を受けている会社その他の法人がする寄附

 ① 国から補助金、負担金、利子補給金、その他の給付金(試験研究、
   調査又は 災害復旧に係るものその他性質上利益を伴わないもの
   及び政党交付金を除く) の交付の決定を受けた会社その他の法人
   は、その交付の決定の通知を受けた日から1年を経過する日まで
   の間、政党又は政治資金団体に対して寄附をすることはできません。
 ② 国から資本金、基本金その他これらに準ずるものの全部又は一部
   の出資又は拠出を受けている会社その他の法人は、政党又は政治
   資金団体に対して寄附をすることはできません。
 ③ 地方公共団体から補助金、負担金、利子補給金、その他の給付金
   (試験研究、 調査又は災害復旧に係るものその他性質上利益を
   伴わないものを除く)の交付の決定を受けた会社その他の法人は、
   その交付の決定の通知を受けた日から1年を経過する日までの間、
   その地方公共団体の議会の議員若しくは長に係る公職の候補者を
   推薦し、支持し、若しくはこれに反対する政党又は政治資金団体
   に対して寄附をすることはできません。
 ④ 地方公共団体から資本金、基本金その他これらに準ずるものの
   全部又は一部 の出資又は拠出を受けている会社その他の法人は、
   その地方公共団体の議会の議 員若しくは長に係る公職の候補者を
   推薦し、支持し、若しくはこれに反対する政 党又は政治資金団体
   に対して寄附をすることはできません。

(2)赤字会社がする寄附

 3事業年度以上にわたり継続して欠損を生じている会社は、その欠損が埋められるまでの間、政党又は政治資金団体に対しても寄附をすることはできません。

(3)外国人・外国法人等からの寄附

 外国人、外国法人又はその主たる構成員が外国人若しくは外国法人である団体 その他の組織から政治活動に関する寄附を受けることはできません。
 ただし、主たる構成員が外国人又は外国法人である日本法人のうち、上場会社 であって、その発行する株式が証券取引所において5年以上継続して上場されている者等からの寄附は除かれています。

(4)他人名義・匿名による寄附

 本人以外の名義又は匿名により政治活動に関する寄附をすることはできません。
 ただし、街頭又は一般に公開される演説会若しくは集会の会場において政党 又は政治資金団体に対してする寄附でその金額が1,000円以下のものに限り、 匿名による寄附をすることができます。

5)その他公正な流れを担保するための措置

(1)寄附のあっせん及び関与の制限

 政治活動に関する寄附は、寄附者の政治活動の一環としてその自発的意思に基づいて行われるべきであり、不当にその意思を拘束し、寄附を強制することは寄附者の政 治的自由の侵害となることから、次の規制があります。

 ① 威迫等により寄附者の意思を不当に拘束するような方法による
   寄附の斡旋の禁止
 ② 寄附者の意思に反するチェックオフによる寄附の斡旋の禁止
 ③ 寄附への公務員の関与制限

(2)政治資金団体に係る口座振込みの義務付け

 政治資金団体に対する寄附及び政治資金団体が行う寄附(金額が1,000円以下 のもの及び不動産の譲渡又は貸付け {地上権の設定を含む} によるものを除く)については、口座への振込みによらなければならないこととされています。

政治資金規正法 図07

政治資金規正法 図08


6.政治資金パーティーの対価の支払の制限

 政治資金パーティーとは、対価を徴収して行われる催物で、当該催物の対価に係る収入の金額から当該催物に要する経費の金額を差し引いた残額を当該催物を開催した者又はその者以外の者の政治活動に関し支出することとされているものです。
 政治資金パーティーについては、下記の規制があります。

 ① 開催団体
   政治資金パーティーは、政治団体によって開催されるように
   しなければなりません。政治団体以外の者が特定パーティー
   になると見込まれる政治資金パーティーを開催 する場合には、
   当該政治団体以外の者を政治団体とみなして政治資金規正法
   の規定の一部が適用されます。
 ② 収支報告(公開基準)
   政治資金パーティーの対価に係る収入については、収支報告
   書に所要の事項を記載して提出しなければなりません。
   また、一の政治資金パーティーの対価に係る収入のうち、同一
   の者からの対価の支払の金額又は同一の者により斡旋された
   対価の支払の金額の合計が20万円を超えるものは、対価の
   支払者又は斡旋者の氏名等が公表されます。
 ③ 対価の支払等に関する制限
   何人も、一の政治資金パーティーの対価の支払をする場合に
   おいて、150万円を超えて支払をしてはいけません。
   また、寄附と同様に、政治資金パーティーの対価の支払に
   ついても、斡旋及び関与の制限があります。


7.運用等の制限

1)政治資金の運用の制限

 政治資金が民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財であることから、政治資金の運用方法は、金融機関への預貯金、国債証券、地方債証券の取得など、安全かつ確実なものに限定されており、株式運用等を行うことは禁止されています。

2)資金管理団体による不動産の取得等の制限

 資金管理団体は、平成19年8月6日以後新規に、土地若しくは建物の所有権又は建物の所有を目的とする地上権若しくは土地の貸借権を取得し、又は保有することが原則として禁止されています。


8.罰則等

1)主な罰則

 政治資金規正法に違反した場合の主な罰則には、下記のものがあります。

政治資金規正法 図09

2)公民権停止

 政治資金規正法に定める罪(政治資金監査報告書の虚偽記載、政治資金監査の業務等に関して知り得た秘密の秘密保持義務違反を除く)を犯した者は、公職選挙法に関する罪を犯した者と同様、下記の期間、公民権(公職選挙法に規定する選挙権及び被選挙権)が停止されます。

 ① 禁錮刑に処せられた者
   裁判が確定した日から刑の執行を終わるまでの間とその後
   の5年間
 ② 罰金刑に処せられた者
   裁判が確定した日から5年間
 ③ これらの刑の執行猶予の言い渡しを受けた者
   裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなる
   までの間

 なお、政治資金規正法違反によりその公民権を停止される場合においては、あわせて 選挙運動も禁止されます。

3)没収、追徴

 寄附の量的、質的制限等違反による寄附に係る財産上の利益については、没収又は追徴されます。
 また、匿名による寄附及び政治資金団体に係る寄附で振込みによらないでなされたも のについては、国庫に帰属し、その保管者等が国庫に納付することとなります。

政治資金規正法 図10

政治資金規正法 図11

政治資金規正法 図12

http://www.seijishikin.soumu.go.jp/

 *****



◇ 麻生財相 政治資金で「銀座高級クラブ」

 堅苦しい文章を、コピペとは言え、書式を統一させたり苦労して作ったところで、またもおバカな記事を見つけてしまいました。

 *****

日刊ゲンダイの10:30記事

 これでもかと不祥事が噴出している安倍内閣の中でも、この男のカネ遣いの荒さは尋常ではない。日刊ゲンダイ本紙は26日、麻生財務相が資金管理団体「素淮会」の「交際費」名目で、六本木の会員制サロンに高額支出を繰り返す実態を伝えた。経営者は過去に週刊誌で「元愛人」と書かれた女性で、10~12年の間に政治資金から計23回、1865万5000円を払っていた。

麻生大臣の飲んでる写真

 麻生大臣のデタラメ支出はこのレベルで済まない。政治資金で“美人ホステス”がそろう銀座の「高級クラブ」に途方もないカネを落としている。

 行きつけは、銀座6丁目の「クラブ由美」と「クラブ麻衣子」、銀座8丁目の「ファーストクラブ」。いずれも「座っただけでウン万円」の老舗クラブ。中でも「由美」と「麻衣子」はメディアにも登場する有名ママが切り盛りし、銀座で一、二を争う超高額店だ。
「ボトルをキープしてあっても1人最低6、7万円。一番安い焼酎のボトルで2万円、もちろん、もっと高い酒を入れるのが暗黙のルールですが……。行く時は15万~20万円の予算を見ておかないと、恥をかきます」(銀座の飲食店関係者)

 庶民には高根の花である夜の世界に、麻生大臣は気前よくカネを弾んでいる。10~12年の間に政治資金の「交際費」から由美に計12回、453万1250円、麻衣子に計5回、94万8860円、ファーストに計7回、71万6975円を支出。ほかにも銀座7丁目の「club ueda」に計2回、17万6720円、銀座6丁目の高級クラブ「BON!」に1回、61万9520円を計上。11年4月1日には一晩で六本木のサロンに81万円、銀座の由美に26万8610円、ファーストに11万4975円、uedaに7万4660円をそれぞれ支払っていた。

 銀座の高級クラブに渡った政治資金は3年間で、総額700万円近くに上る。これだけ金銭感覚がトチ狂った大臣にこの先も国家財政を任せるのは危険だ。

 *****


 政治資金(国民の税金も含む)で「六本木の会員制サロン」に「銀座高級クラブ」、呆れてものが言えませんが、だから政治家は止められないし、野党に転じたら必死になって政権を取り戻しに行くんですね。


http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/naruhodo01.html
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154525/2


スポンサーサイト

エボラ出血熱、感染対策が後手に回った理由は?

 エボラ出血熱関連のニュースが連日報道されております。今回の感染流行は昨年12月頃から、ギニアをはじめとする西アフリカにて始まり、本年10月15日までのWHOまとめでは、感染疑い例も含め8,997名が感染し、4,493名(49.9%)が死亡したとされます。過去の流行においては多くても300人弱の死亡者でありましたが、今回はその15倍以上にまで膨れ上がる状況です。

2014年エボラ出血熱地図

 一昨日の記事からは米国ニューヨーク在住の医師(33歳)が、「国境なき医師団」の一員として渡航した西アフリカのギニアから10月17日に帰国、21日より疲労感を自覚するも、友人たちとボウリングに出掛け、地下鉄、タクシーにも乗車したところ、23日より高熱が出現、陽性と判定され隔離されたとのことです。世界有数の巨大都市に、エボラ感染の恐れが拡大したことにより、国際社会にも大きな衝撃が走っております。

 遅まきながら、この病気について知識をまとめ、このような感染拡大に至った原因と展望を考えてみます。


◇ エボラ出血熱

1.エボラ出血熱の概要とその病原体

 エボラ出血熱(Ebola hemorrhagic fever, EHF)またはエボラウイルス病(Ebola virus disease, EVD)は、エボラウイルスを病原体とする感染症で、死亡率が50-80%にも及び、人類が罹患するウイルス感染症の中で最も危険なものの1つと言われております。
 エボラウイルスはフィロウイルス科エボラウイルス属と呼ばれ、大きさが80-800 nmの細長いRNAウイルスであり、ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず多種多様とされます。

エボラウイルス画像

 なお、「エボラ」の名は、コンゴ民主共和国で発病者が出た地域に流れるエボラ川から命名されました。

2.感染経路

 英科学誌「ネイチャー」(2005年)によると、ガボンのフランスビル国際医学研究センターなどのチームの調査で、オオコウモリ科のウマヅラコウモリ、フランケオナシケンショウコウモリ、コクビワフルーツコウモリ等が、エボラウイルスの自然宿主とされ、現地の食用コウモリからの感染が研究論文で発表されています。

 自然宿主はコウモリが有力

 また、感染したカニクイザル、ゴリラ、チンパンジーと豚が発見されており、これらはヒトと同じ終末宿主と考えられます。サル(チンパンジー)から人への感染例も報告されており、中央アフリカではサルの燻製を食する習慣があるためと考えられております。

 同じ終末宿主であるサルからも感染

エボラウイルスの感染経路

 人同士の感染は、患者の体液、すなわち血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となり、死亡した患者からも感染します。 エボラウイルスの感染力は強いものの、基本的に空気感染をせず、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないと考えられています。これまでに見られた感染拡大も、死亡した患者の会葬の際や医療器具の不足(注射器や手袋など)により、患者の血液や体液に触れたことによりもたらされたとされております。患者の隔離に関する措置が十分に行われていれば、感染することはないとされます。

 患者の体液の飛沫から接触感染
 基本的に空気感染はない


 アフリカでのエボラ出血熱の流行を調査すると、ヒトからヒトへの感染の拡大は、貧しい医療衛生環境での注射器、注射針の使い回しや家族内での濃厚な接触が原因とされます。また、防護服を着た医療従事者への感染が確認されており、防護服脱衣の際などの厳重注意が呼びかかえられております。

 医療衛生環境の重要性
 防護服を着た医療従事者への感染も確認


 その他、マラリア原虫を媒介するハマダラカが、吸血したての人の新鮮血を媒介しているという説もあります。

3.症状

 潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上)とされ、WHOおよびCDCの発表によると、潜伏期間中には感染力はなく発病後に感染力が発現するとされます。発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、腹痛などを呈し、進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血が起こります。致死率は50-90%と非常に高いです。

4.治療法

 エボラ出血熱ウイルスに対するワクチン、抗ウイルス薬、ならびにエボラ出血熱感染症に対して有効な医薬品などは確立されていません。また脱水に対する点滴や、鎮痛剤およびビタミン剤の投与、播種性血管内凝固症候群(DIC)に対するプロテアー・インヒビターの投与が対症療法として行われております。
 一方、1995年にコンゴでの流行の際、回復した元患者の血清を8人の患者に輸血し、そのうちの7人が回復をしており、その後も動物実験などで確認されつつあります。2014年9月、WHOは「回復した患者の血液や血清を有効な治療方法」と認定し、「早急に試すように」との勧告を出し、2014年には感染した米国人医師らに血清の投与や輸血などが行われております。
 また、富士フィルム・ホールディングスの傘下企業富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン錠(ファビピラビル)」はウイルスのRNAポリメラーゼの阻害薬で、疫病のマウスモデルにおいてエボラウイルスを排除する効果が確認されております。本年の流行において同薬剤の投与でフランス人とスペイン人の女性患者が治癒しました。

5.過去の流行

 1976年6月末、スーダン南部ヌザラの綿工場に勤める倉庫番の男性が出血熱様症状を示し、次いでほかの部署の男性2人も同様の症状で倒れました。これが初めてエボラ出血熱と認識された流行の幕開けでした。この3人の患者を源として家族内、病院内感染を通してエボラ出血熱の流行が拡大し、計284人がエボラ出血熱を発症して151人(53.2%)が死亡しました。
 その流行とは別に、同年8月末にコンゴ民主共和国(旧ザイール)北部のヤンブクで1人の男性(教会学校の助手)が出血熱の症状を示しました。その患者が収容されたヤンブク教会病院での治療・看護を通じて大規模な流行が発生しました。計318人の同様の患者が発生し、280人(88.1%)が死亡しましたが、これもエボラウイルスによる出血熱であることが確認されました。
 その後、スーダン、コンゴ民主共和国、象牙海岸で散発的なエボラ出血熱の流行が確認されていましたが、1995年にコンゴ民主共和国中央部バンドゥンドゥン州キクウィトの総合病院を中心として、エボラ出血熱の大規模な流行が発生しました。その流行では計315人が発症して244人(77.5%)が死亡しました。
 今世紀に入ってからは、2008年のコンゴ民主共和国での流行で32人が感染し14人(43.8%)が死亡、2011年から2012年にかけてウガンダで流行し、32人が感染し22人(68.8%)の死亡が報告されております。

 今回の流行は西アフリカが中心であり、過去の例と併せて、以下の地域にエボラ出血熱が分布していることが解ります。

 ・中央アフリカ:スーダン、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、
         ガボン、ウガンダ
 ・西アフリカ :コートジボワール、ギニア、リベリア、
         シエラレオネ、ナイジェリア


エボラ出血熱の流行が見られた地域


◇ ヒーラーがエボラ流行に関与?

 少し前ですが、8月には以下の記事が出ました。エボラ感染が拡大しているシエラレオネで、エボラ出血熱を治癒する能力を持つヒーラーによりその感染症が流行した、との報道です。

シエラレオネのヒーラーの記事

 *****

シエラレオネ、エボラ流行は一人の「ヒーラーから」 医療当局者

【8月21日 AFP】シエラレオネでのエボラウイルス感染拡大は、エボラ出血熱を治癒する特殊な能力を持つと主張していたある一人の「ヒーラー(治療師)」によってもたらされた。

 同国東部ケネマ(Kenema)地区の医療当局者がAFPに語った。

 ケネマ地区の医療当局責任者、モハメド・バンディ(Mohamed Vandi)氏はAFPの取材に対し、ギニアからエボラウイルスが持ち込まれた原因は、東部国境沿いのソコマ(Sokoma)村のヒーラーだったと述べる。
 バンディ氏は「このヒーラーの女性は、特別な治癒能力を持っていると主張していた。そのため隣国ギニアからエボラウイルスの感染者たちが彼女の治療を受けようとシエラレオネに入ってきた」と話した。また「本人は(エボラに)感染して死亡した。そして彼女の葬儀に集まった近隣の町の女性たちが感染した」とも付け加えている。
 バンディ氏によると、国内での感染はこの女性たちから連鎖反応的に広がったという。そして6月17日、エボラウイルスがケネマに到達し、以降の大流行につながった。

 今年初めにギニア南部での感染が確認されたエボラ出血熱は、まずリベリアへと広がり、5月にはシエラレオネでも確認された。

 *****


 国家に経済力が無いために、衛生面などの福祉を充実することができず、また医療の体制も整っていない地域では、ヒーラーに頼らざるを得ないのが現状で、今回のエボラ出血熱でもこうした話は出てまいりました。当然の如くヒーラーは肌に接触して治療をすることが多いため、不特定多数の患者に触れ、もしも健常人に対してもヒーリングを施すことがあったのならば、ヒーラー自身が感染源となり得ます。


◇ 過去の感染症を省みて

 ここで、過去に世界中から恐れられた感染症がどうなったのか?、天然痘と後天性免疫不全諸侯群についてごく簡単にまとめてみました。

1.天然痘

 天然痘(Variola)は、天然痘ウイルスを病原体とする感染症、非常に強い感染力を持ち、全身に膿疱を生じ、仮に治癒しても瘢痕を残すことから、太古の昔より世界中で不治の病、悪魔の病気と恐れられておりました。感染力の高さ、40%前後と考えられる高い致死率のため、時に国や民族が滅ぶ遠因となった事すらありました。

天然痘の図
天然痘の被害を伝えるアステカの絵(左)と天然痘罹患少女(右)

 天然痘の発源地はインド、アフリカとも言われますが、最も古い天然痘の記録は紀元前1350年のヒッタイトとエジプトの戦争の頃とされます。また、天然痘で死亡したと確認されている最古の例は紀元前1100年代に没したエジプト王朝のラムセス5世とされます。
 イスラム圏においては、アル・ラーズィー(865-925年)の著書「天然痘と麻疹の書」(Kitab fi al-jadari wa-al-hasbah) において麻疹と天然痘の違いについて説明されています。

 エジプト王朝からイスラムへ

 ヨーロッパでは、紀元前430年の「アテナイの疫病」は天然痘であった可能性が示唆されております。また、165年から15年間ローマ帝国を襲った「アントニヌスの疫病(アントニヌスのペスト)」も天然痘とされ、少なくとも350万人が死亡しました。その後、12世紀に十字軍の遠征によって持ち込まれて以来、流行を繰り返しながら次第に定着し、ほとんどの人が罹患するようになったとされます。フランス・ブルボン王朝の、有名なマリー・アントワネットの義父にあたるルイ15世(1710年2月15日-1774年5月10日)は天然痘で亡くなっております。

 ヨーロッパでは広範囲に伝搬

 アメリカでは、コロンブスの上陸以降、白人の植民とともに天然痘もアメリカ州に侵入し、先住民であるインディアンに激甚な被害をもたらしました。ある程度、流行を繰り返したヨーロッパと異なり抵抗がなかった当時のアメリカでは天然痘による死亡率が高かったとされています。

 コロンブス上陸でアメリカ大陸へも進入

 中国では、南北朝時代の斉が495年に北魏と交戦して流入し、流行したとするのが最初の記録であります。頭や顔に発疹ができて全身に広がり、多くの者が死亡し、生き残った者は瘢痕を残すというもので、明らかに天然痘でありました。その後短期間に中国全土で流行し、6世紀前半には朝鮮半島でも流行したとされます。
 日本には、中国、朝鮮半島からの渡来人の移動が活発になった6世紀半ば以降に海を渡ったと考えられております。585年の敏達天皇の崩御も天然痘の可能性が言われ、735年から738年には西日本から畿内にかけて大流行したとされております。ヨーロッパや中国などと同様、日本でも何度も大流行を重ねて江戸時代には定着し、誰もがかかる病気となりました。天皇さえも例外ではなく、東山天皇は天然痘によって崩御している他、孝明天皇の死因も天然痘とされ、明治天皇も幼少時に天然痘に罹患しました。

 中国、朝鮮半島、日本へも拡散

 天然痘が強い免疫性を持つことは、近代医学の成立以前から経験的に知られていました。つまり、天然痘に罹患した既往は終生の免疫を得、再罹患はないと言うものです。西アジア、インド、中国などでは、天然痘患者の膿を健康人に接種し、軽度の発症を起こさせて免疫を得る方法が行なわれていました。
 18世紀半ば以降、牛の病気で、人間にも罹患するも軽症である「牛痘」にかかった者は天然痘に罹患しないことが判明しました。その事実に注目、研究したエドワード・ジェンナー (Edward Jenner) が1798年、天然痘ワクチンを開発し、それ以降は急速に流行が消失していきました。

 免疫性の知識から「種痘」の開発、そして根絶へ

 天然痘は人間に感染する感染症で人類が根絶できた唯一の例とされます。日本国内における発生は1955年の患者を最後に確認されていず、天然痘の予防接種、いわゆる「種痘」は約40年前の1976年を境に終了しました。
 国際的には、1958年に世界保健機関 (WHO) 総会で「世界天然痘根絶計画」が可決され、根絶計画が始まりました。1970年には西アフリカ全域から根絶され、翌1971年に中央アフリカと南米から根絶されました。1975年、バングラデシュの3歳女児の患者がアジアで最後の記録となり、アフリカのエチオピアとソマリアが流行地域として残りました。
 1977年のソマリア人青年のアリ・マオ・マーランを最後に自然感染の天然痘患者は報告されておらず、3年を経過した1980年5月8日にWHOは根絶宣言を行いました。現在自然界において天然痘ウイルス自体が存在しないとされています。

2.後天性免疫不全症候群

 後天性免疫不全症候群(Acquired Immune Deficiency Syndrome, AIDS)は、ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus, HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症です。免疫が低下しますので、カリニ肺炎やカポシ肉腫などの特殊な病態を含む多彩な感染症を発症する病態です。HIV感染症の段階では無症状であり、ウイルスの侵襲で血液中のCD4陽性T細胞がある程度まで減少したところでAIDSとして症状が発現します。「HIV感染症」までの段階で抗ウイルス剤による治療が勧められております。感染様式は血液(血液製剤)、精液(性交)、垂直感染(母子感染)であり、唾液などの体液からの感染はないとされます。

 HIV感染症 → AIDS発症
 血液、精液から感染


 HIVの起源はカメルーンのチンパンジーという説が有力で、そこから人に感染して世界中に広まっていったと考えられています。1981年、米国ロサンゼルスの同性愛男性に発見され症例報告されたのが、正式に認定できる初めてのAIDS患者でありましたが、疑わしき症例は1950年代から報告されており、「やせ病(slimming disease)」という疾患群が中部アフリカ各地で報告されていました。

 カメルーンのチンパンジーが起源?
 1950年代の中部アフリカに「やせ病」?
 初の症例報告は1981年の米国


 1981年の症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がったとされ、現在全世界でのHIV感染者は5千万人に達すると言われています。下図の如くサハラ以南のアフリカで高頻度に感染が見られますが、米国でも国民の0.5-1%、ロシアでは1-2%に罹患しています。ヨーロッパ、カナダ、アジア、オセアニア、南米では0.1-0.5%程度で、日本は0.1%以下となっております。

AIDS発生国 図

 米国では、当初、AIDSが広がり始めた頃、原因不明の死の病に対する恐怖感に加えて、感染者に同性愛男性や麻薬の常習者が多かったことから感染者に対して社会的な偏見が持たれました。その後、病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得ることが知られるようになり、広く一般的な問題として受け止められた経緯があります。

 現在、抗HIV薬は様々なものが開発され、著しい発展を遂げています。基本的に多剤併用療法ですが、完治、治癒に至ることは困難であるため、抗ウイルス薬治療は開始すれば一生継続する必要があります。それでも現在では、HIV感染と診断されても、早期に適切な治療を受ければ通常の寿命を全うすることが十分可能となっています。

 現在は早期診断、早期治療で天寿を全う

 *****

 古来から長期に渡り全世界に伝搬し、数え切れないほどの人類を死に至らしめた天然痘と、20世紀になっての突然の発生、急速に世界中に感染が拡大して多数の死者を出したHIV感染症/AIDSと、ある意味、対照的なウイルス感染症をご紹介しました。対照的と申しましたが共通点もあって、天然痘は世界から完全に撲滅され、HIV感染症は、この数十年でその発症がコントロールされるまでに治療が進みました。


◇ エボラ出血熱の治療法確立の遅れ

 天然痘やHIV感染症/AIDSと、エボラ出血熱の大きな違いは、その感染範囲が世界に広がったかアフリカに限局していたかの違いかと存じます。天然痘はフランスの王室や日本の天皇にまで及びましたし、HIV感染症/AIDSは米国で初の症例報告がなされました。エボラ出血熱は、米国で初のHIV感染症/AIDSが報告された1981年より5年も前の1976年にアフリカで発生しました。細かいところに目を向ければ、HIV感染症/AIDSにしても、1981年に米国で報告される約30年前にアフリカでそれらしい病態が確認されておりました。
 エボラ出血熱に対する対策が遅れたのはアフリカに発生した感染症だったからでしょう。1950年代当初のHIV感染症/AIDSも同じでした。発展途上の大陸に発生した疾病への対応が遅れる先進国の構図と言えるかも知れません。ワクチンや抗ウイルス剤を研究開発しても、アフリカ大陸の諸国では購入できない経済事情もあるでしょう。アフリカの黒人に対する蔑視も否定できないと思います。上でご紹介した通り、ヒーラーに治療を委ねた結果、かえって感染が拡大した地域があることも、アフリカの医療事情が伺われます。

 人の命のお値段が安い民族

 これは、目を背けたいことですが、認めざるを得ない事実かも知れません。「医療ビジネス」と言う言葉を考えさせられる出来事です。


◇ エボラ出血熱、今後の展望

 エボラ出血熱感染の元患者の血清を投与することで、同疾病の患者が回復したことから、免疫抗体、ワクチンや予防接種の確立は近いと考えられますし、富士フィルムのインフルエンザ治療薬「アビガン錠(ファビピラビル)」の抗ウイルス作用が認められております。もうすでに、米国、スペイン、フランスに感染者が出現し、世界中が話題としている感染症に対してその殲滅の日は近いと思います。

 エボラ出血熱 撲滅の日は近い

 しかしながら、防護服を着た医療従事者への感染までも見られるほどに感染力が強いことも事実であります。ワクチンや抗ウイルス剤の以前の段階で、感染予防の衛生観念がアフリカ諸国に欠けている可能性は大いにあります。そして、現在、中国がアフリカを開発、貿易取引の相手として進めています。中国も衛生観念が低い国家であります。中国から朝鮮半島、日本への伝搬は可能性としてあろうかと存じます。

 アフリカ〜中国〜朝鮮半島から日本の可能性

 天然痘治療に世界が一つとなった過去の歴史、HIV感染症/AIDSの治療確立が瞬く間に西洋文明、先進諸国に広がった現代、これを考えるとエボラ出血熱の脅威は限定的です。ただ、一点、中国への感染とそこから日本への伝搬に厳重な注意が必要かと思います。



http://ja.wikipedia.org/wiki/エボラ出血熱
http://ja.wikipedia.org/wiki/天然痘
http://ja.wikipedia.org/wiki/後天性免疫不全症候群

映画「ランボー」に観るPTSD(再掲)

 カテゴリの追加見直しに伴い、過去の文章を分割して再投稿といたしました。PTSDについて記事にしたものです。

 日本における心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder, PTSD)は、1995年の阪神・淡路大震災および地下鉄サリン事件、2000年 新潟少女監禁事件、2005年 JR福知山線脱線事故 以降、よく指摘される病態となって来たと申しましたが、その1995年の13年前、今から30年以上前の1982年に公開されたアメリカ映画「ランボー」ではまさにPTSDを題材としておりました。
 シルヴェスター・スタローンが演ずるベトナム戦争からの帰還兵を通じて、反戦映画、戦場から帰った軍人への社会の冷たい目、そういった題材に加えて、「死に至るほどの重症な外傷や心に加えられた衝撃的な傷が原因となって、様々なストレス障害を引き起こす疾患」、まさにPTSDをまざまざと紹介されています。以下、コピーで恐縮ですがストーリーと映画のシーンを供覧いたします。

 *****

ランボー

監 督 テッド・コッチェフ
脚 本 マイケル・コゾル、ウィリアム・サックハイム、
    シルヴェスター・スタローン
原 作 ディヴィッド・マレル「一人だけの軍隊」
出演者 シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、
    ブライアン・デネヒー
音 楽 ジェリー・ゴールドスミス
主題歌 ダン・ヒル「It's a Long Road」

ランボー02

 1981年12月のワシントン州。ベトナム帰還兵ジョン・ランボーは、ベトナム時代の戦友を訪ねて山間の田舎町を訪れる。しかし戦友は、戦争で浴びた化学兵器の後遺症で癌を患い、既にこの世を去っていた。戦友宅を辞去し、食事をとるため街へ入ったランボーに、保安官ティーズルが声を掛ける。ティーズルはランボーがトラブルを起こしそうな身なりや顔つきだと見るや、街を出ていけと高圧的な態度で告げ、ランボーをパトカーに乗せて市街地の外れへと追い出す。それでも来た道を戻り街へ入ろうとするランボーを、ティーズルは浮浪罪とサバイバルナイフ所持で逮捕し保安官事務所へと連行する。

 事務所の取調室に入れられたランボーに、ベトナム時代に囚われの身になった時の事がフラッシュバックする。取調べにあたる保安官達はフラッシュバックにより沈黙するランボーに対し、取り調べに協力的でないとして高圧的に接し、拷問じみた嫌がらせを行う。そしてランボーの髭を剃ろうと羽交い絞めにし、シェービングクリームも付けずにその顔へ剃刀を近付けた瞬間、ランボーの脳裏に、かつてベトナムで受けた拷問の様子が鮮烈に蘇ってくる。その場にいた保安官全員を素手で叩きのめし、ランボーは没収されたナイフを奪い返して山中へと逃走する。

ランボー01

ランボー02

ランボー03

ランボー04

ランボー05

ティーズルは部下を率いて山狩りを開始し、絶壁まで追い詰める。しかしヘリに乗っていた保安官が独断でランボーの射殺を図り、身を守ろうとしたランボーが投げた石によってヘリから転落し、命を落とす。「これは事故だ、彼を殺す意志はなかった」と戦闘の停止を呼びかけるランボーに対し、死んだ保安官の独走を知らないティーズル達は仇討ちとばかりに発砲。これをきっかけにランボーは反撃へと転じ、グリーンベレー仕込みのゲリラ戦で保安官達を1人ずつ無力化し、最後に残ったティーズルの喉元にナイフを突き付けて「この山では俺が法律だ」と言い残し、山奥へと姿を消す。

ティーズルが麓へ戻ると、州警察と州兵によって組まれた対策本部へ、国防総省からサミュエル・トラウトマン大佐が派遣されてくる。ランボーのベトナム時代の上官である大佐は、ゲリラ戦においてランボーがどれだけ優秀な兵士であるかを語り、被害を最小限に抑えるため、一旦ランボーから手を引いて山から下ろし、別の街へ移動したところを改めて逮捕することを提案する。しかしティーズルは自分の手でランボーを捕えることに固執し、大佐の案を聞き入れない。ランボーを説得するため、大佐はベトナム時代のコールサインを使って無線で呼び掛ける。応答したランボーは、ベトナム時代の戦友たちが彼を除いて全員死んだことを伝えつつ、先に仕掛けてきたのは保安官達だと告げ、投降の意思がないことを明確に表す。

夜が明け、ランボーがねぐらにしていた廃坑を州兵が包囲する。戦闘慣れしていない州兵たちはランボーの戦闘力に恐怖し、ティーズルが生け捕りにしろと言うのも聞かず、坑道にロケット弾を撃ちこんでランボーを生き埋めにする。跡形もなく崩れ落ちた廃坑を見て、州兵、州警察、ティーズルは、ランボーの死を確信する。しかし生きていたランボーは坑道の中をひたすら進み、出口を見つけて地上へと脱出。そして通りかかった州兵のトラックとM60機関銃を強奪して再び街へと姿を現す。

ランボー06

ランボー07

ランボーはガソリンスタンドを爆破して街の注意をそちらに向けた後、保安官事務所の電源を断って近所の銃砲店を破壊し、保安官事務所に乗りこむ。ティーズルは天井の吹き抜けに潜んで待ち伏せていたが、ランボーに返り討ちにされ、重傷を負う。とどめを刺そうとするランボーの前に、大佐が現れる。周囲は完全に包囲され、もう助かる見込みはない、投降しろ、戦いは終わったと告げる大佐に、ランボーは「まだ終わっちゃいない!戦争は続いている!」と絶叫する。そしてその口から、戦争終結から7年経った現在でも続くトラウマと悲劇が語られる。

戦争に負けて帰還した時に浴びせられた反戦デモの罵声。ベトナムの戦場には助け合える友人がたくさんいたのに、本土では誰も助けてくれない。100万ドルの兵器を使いこなした歴戦の勇士でも、本土では駐車場の警備員の仕事にすら就けない。そして今なお悪夢として自分を苛む、博打好きだった親友の無惨な爆死。戦友とは、この戦争が終わったらラスベガスでスポーツカー(吹き替え版ではシェビー)を乗り回そうと楽しそうに語って、約束していたことも。ランボーはまるで子供のように泣きじゃくり、凄惨な事件の背後にある悲劇を知った大佐は、ただランボーをその胸に抱きとめることしかできなかった。

そしてランボーは投降。救急車で搬送されるティーズルを横目に大佐の手で連行されていき、事件は終結する。

ランボー08

ランボー09

ランボー10

ランボー11

ランボー12

ランボー13

ランボー14

ランボー15

ランボー16

ランボー17

ランボー18

ランボー19

ランボー20

ランボー21

ランボー22

ランボー23

ランボー24

ランボー25

ランボー26

ランボー27

ランボー28

ランボー29

ランボー30

ランボー31

ランボー32

ランボー33

 *****


[広告] VPS



裁判員に発症したPTSD補償の是非(再掲)

 昨年の記事です。裁判員裁判で裁判員を勤めた女性が殺人現場のカラー写真などを見せられ急性ストレス障害になったとして、福島県の60代女性が国に損害賠償を求めた訴訟があります。これに対して、この原告の主張の正当性について、裁判員裁判の制度そのものの是非、などと様々な意見が散見されております。まずは記事のご紹介から、、、。

◇ 河北新報社 2013年9月25日(水)記事

 *****

女性、制度違憲と主張 裁判員ストレス障害訴訟 福島地裁

 強盗殺人事件の裁判員裁判で裁判員を務め、現場写真を見るなどして急性ストレス障害になったとして、郡山市の無職青木日富美さん(63)が国に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が24日、福島地裁で開かれた。青木さんは裁判員制度を違憲と主張したのに対し、国側は「広く国民に司法参加を求めるための合理的な要請で、辞退できる制度も設けている」と請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

裁判員女性

 青木さんは意見陳述で「今も幻覚、幻聴のフラッシュバックが続いている。裁判員になって心身に大きな傷を負い、平穏な生活を奪われた」と時折、声を詰まらせながら述べた。 陳述書は夫と準備したA4判7枚。全部読み上げると10分以上かかるが、「生々しすぎて読めない」と途中で省き、意見陳述は約5分で終わった。
 訴えによると、青木さんは福島地裁郡山支部で3月にあった強盗殺人事件の裁判員裁判で、殺害現場のカラー写真や被害者が消防署に助けを求める録音テープを見聞きしたことで、吐き気や不眠に苦しむようになった。 青木さんは急性ストレス障害と診断され、現在も治療を続けている。長期間休職した影響で、7月には勤務先の介護施設の雇用延長を拒まれた。 青木さんの提訴を機に、東京地裁は7月、裁判員選任時に遺体や現場の写真など衝撃的な証拠があることを予告したり、不安が強い候補者の辞退を容認したり柔軟に運用することを申し合わせた。

 青木さんは閉廷後に記者会見し、実名の公表に応じた上で「裁判員をやった人でないと、この苦しみは分からない」と話した。

「つらい思い、私で最後に」

 「つらい思いをするのは私が最後であってほしい」。第1回口頭弁論を終え、福島市の福島県弁護士会館で記者会見した青木日富美さん(63)は涙声で訴えた。裁判員裁判に参加して半年たった今も吐き気や不眠に悩まされている。自宅の鏡に強盗殺人犯が映ったように見え、階段から転落したこともあった。
 口頭弁論で青木さんは、「裁判員制度は、憲法18条で禁じる『意に反する苦役』に当たる」と主張したが、国側は「辞退できる制度も設けている」と反論した。代理人の織田信夫弁護士は「これが苦役に当たらないなら何が苦役なのか」と批判。「裁判員制度を違憲と認めさせ、制度を廃止させたい」と話す。「この苦痛を理解してもらいたい」と自ら陳述書の朗読を決意した青木さん。「関わりがない人の量刑を決めるのは本当につらい」と絞り出すように語った。

 *****



◇ 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder, PTSD)について、精神科教科書およびネット文章からまとめてみました。

【定義/病態】
 まずこの疾患の定義は、死に至るほどの重症な外傷や心に加えられた衝撃的な傷が原因となって、様々なストレス障害を引き起こす疾患とされます。心的外傷またはトラウマは、事故や災害時における急性のものから、日常的に繰り返される児童虐待や長期間の拘束など慢性的なものまで含まれます。なお、原因となる事象から1月以内を「急性ストレス障害(Acute stress disorder, ASD)」と呼び、症状が1月以上に及ぶ場合にPTSDと診断されます。

【歴史】
 PTSDの概念および研究は、主として精神科の分野において、19世紀後半、フランスの神経学者ジャン・マルタン・シャルコーにヒステリー研究、女性の心的外傷の原型として始まったとされます。その後、ジークムント・フロイトにより、「外傷的な出来事に関する、耐え難い情動反応が一種の変成意識をひきおこし、この変成意識がヒステリー症状を生んでいる」と説明されました。
 一方、別の流れでは、「戦闘ストレス反応」として、第一次世界大戦における塹壕戦(戦争で歩兵が砲撃や銃撃から身を守るために使う穴または溝での戦い)の経験を踏まえ、戦争において精神的に崩壊する兵士が驚くべき多数に上ったことから認知されはじめました。戦後米国と英国から始まり、ベトナム戦争後にさらに確立していったとされます。
 日本においては、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件、新潟少女監禁事件、JR福知山線脱線事故の時に広く病名が知られるようになりましたが、当然のごとく、東日本大震災とそれに伴う津波、福島原発事故もPTSDの原因になりうる大事件であり、今後も話題として挙る可能性は高いでしょう。

【原因となる事象】
 心的外傷またはトラウマに値する事象に、生命が脅かされたり、人としての尊厳が損なわれるようなものとして、災害、人災、犯罪に分類され、以下が挙げられております。
 ・災害:地震、津波、火山、洪水、火災
 ・人災:戦争、紛争、内乱、デモ
 ・犯罪:テロ、虐待、監禁、強姦、体罰、いじめ

【診断基準】
 以下の診断基準に沿って、本人のトラウマ体験、症状の内容の強さ、心理状態などを調べます。これらの結果を総合し、専門医がPTSDかどうかを確定して治療方針を決めます。

 *****

A.患者は以下の2つがともに当てはまるトラウマ的な出来事にさらされた

 1.実際に命に関わるような出来事(または重傷を負うようなこと)、
   あるいは自分または他人の身体の保全がおびやかされるような
   危険を、自ら体験したか、目撃したか、直面した。
 2.患者の反応は、強い恐怖、無力感、戦慄をともなった。

B.再体験症状:トラウマ的出来事は少なくとも以下の1つの形で再体験
  されつづけている

 1.できごとが繰り返し、意図しないときに、苦痛をもって想起される
   (想起の形にはイメージ、思考、においなどの知覚がある。)
 2.出来事についての苦痛な夢の繰り返し。
 3.トラウマ的出来事が再び起こっているかのように行動したり、
   感じたりする(体験がよみがえる感覚、錯覚、幻覚が起こる。
   あるいは現在いるところから意識が離れてしまいもっぱらその
   体験の中に入ってしまう)。
 4.トラウマ的出来事の、なんらかの側面を象徴していたり類似して
   いたりするきっかけ(自分の感覚や外的な何か)によって生じる
   心理的苦痛。
 5.トラウマ的出来事の、なんらかの側面を象徴していたり類似して
   いたりするきっかけ(自分の感覚や外的な何か)によって生じる
   身体の反応。

C.回避・マヒ症状:トラウマに関連した刺激の持続的回避と、全般的な
  反応性のマヒ(トラウマ以前には存在しなかった)で、以下のうち3つ
  (またはそれ以上)が存在する。

 1.トラウマに関連する思考、感情、会話を避けようと努力している。
 2.トラウマを想起する活動、場所、人物を避けようと努力している。
 3.トラウマの重要な場面を思い出すことができない。
 4.重要な活動への関心または参加の著しい減退。
 5.周囲の人々から孤立している、疎遠になっているという感覚。
 6.感情の範囲の縮小(例:愛情を感じなくなる)。
 7.将来が短縮した感覚(仕事、結婚、子供、寿命を期待しない)。

D.覚醒亢進症状:トラウマ以前には存在しなかったもので、以下のうち
  2つ(またはそれ以上)が存在する。

 1.不眠(寝つきが悪い、眠りが浅い)
 2.イライラする、あるいは怒りの爆発
 3.集中が困難
 4.過度の警戒心
 5.過剰な驚愕反応

E.基準Bの再体験症状、Cの回避・マヒ症状、およびDの覚醒亢進症状が
  一か月以上持続している。

F.その人に強い苦痛をもたらしている、または生活上に大きな支障(社会的、
  職業的、ないしは他の重要な領域の機能障害)を引き起こしている。

 *****



◇ 裁判員のPTSDに補償すべきとの見解

 今、話題となっているのは、裁判員制度そのものよりも、裁判員に発生したPTSDに対する補償の義務が国にあるか否かとの話しが多い印象があります。これに対しては「弁護士ドットコム」というHPに以下の文章が載っておりましたので引用いたします。裁判員に発生したPTSDに対して、法律に基づいて補償すべきとの見解ですね。

 *****

凶悪犯罪の写真を見ることもある「裁判員」
精神疾患になったら補償はあるか?


 裁判員裁判は、殺人などの凶悪犯罪や、社会の耳目を集めた重大犯罪について判断することが多い。法廷で証人や被告人に質問したり、裁判官が同席した評議に参加して、事件の真相とは何か、刑の重さはどのくらいが適切かなどについて意見を述べることが求められる。そもそも、裁判員は精神的な負担が大きい。直視できないような凄惨な証拠写真を見たことで体調を崩すこともあるだろう。では、このような裁判員を想定した補償制度はあるのだろうか。大竹健嗣弁護士に聞いた。

裁判員は「非常勤」の裁判所職員
国家公務員災害補償法の適用を受ける

 大竹弁護士によると、「法曹の卵である司法修習生でも、死体解剖に立ち合った際には、最後まで立ち会うことができす、口を押さえて解剖室から逃げ出す者もいる」のだという。「一般の人から選ばれた裁判員は、通常であれば目にすることのない血まみれの殺害現場のカラー写真や音声などの証拠を確認する必要に迫られます。これらの写真や映像、音声を経験すると、精神的・身体的ショックを受けることは想像に難くないでしょう。ですから、裁判員から強い精神障害を受けるとの申出を受け、裁判所がこれを認めた場合、カラー写真をモノクロに変更したり、状況によっては補充裁判員に交替させるなどの配慮が必要となります」

 では、裁判員が後々にも残るような心の傷を負った場合は、どのような補償が受けられるのだろうか?「裁判員が障害を負った場合にも、裁判所職員と同様の補償が受けられるべきです。裁判所の裁判員に関するホームページにも、『裁判員は、非常勤の裁判所職員であり、常勤の裁判所職員と同様に、国家公務員災害補償法の規定の適用を受けます』と記載されています。したがって、裁判員は同補償法における、国家公務員の負傷、疾病、障害と同様に補償され、これらを患った場合は、療養補償として必要な療養やその費用を受け取ることができることになります(同法10条)」

このように法的な説明をした上で、大竹弁護士は次のような見解を述べている。

「多くの裁判員は、事件を通して、生と死を考え、あるいは家族や周囲の大切さに感謝し、自分の生き方を根本から考え直す良い機会と捉えて、苦労を乗り越えてくださっているのではないかと推察しています」

 *****



◇ 裁判員のPTSDに対する厳しい意見

 今回の問題に対して、上記とは正反対の厳しい文章をあるブログで見つけました。客観的な判断基準を得るためには極端なご意見にも耳を傾ける必要はあろうかと思いますのでご紹介します。全文は無理ですので一部、抜粋でコピペします。

 *****

裁判員 PTSD関連ブログ
http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/356088771.html

元裁判員の泣き言に構うな

 「元裁判員ストレス障害:食欲失い、幻覚も 『心壊れたのは私だけでしょうか』」とのタイトルで、裁判員裁判に出た女性が訴えを起こしたそうだ。(毎日新聞4月18日付)

 記事のリードには、


 +++

「生まれて初めて見た他殺体のカラー写真に食欲を失い、自らも「選択」した死刑判決に悩んで眠れない日々が続く。裁判員を務めた後「急性ストレス障害(ASD)」と診断された福島県の60代女性は取材に「心が壊れたのは私だけなのでしょうか」と問いかけた。4年前に始まった裁判員裁判は、死刑判決の可能性がある重大事件も対象になる。「司法に市民感覚が必要ならば、身近で軽微な事件から始めてほしかった」という訴えは重い。」

 +++


 とあった。なにが「訴えは重い」だ。「心が壊れた」?? 冗談言うなよ。他殺死体と言ったって、写真でしょ? そんな程度のことで、たやすく心が壊れたなんて言うな。それをまたマスゴミの記者が甘やかして重大事のように煽る。

 +++

◇ケア体制、不十分
 変調に気づいたのは行政書士の夫(60代)だった。「どうした?」「眠れないの」。裁判員に選任された3月1日の夜、女性が夜中に布団の上に座っていた。担当するのは、昨年7月に県内で起きた夫婦2人の強盗殺人事件。残虐な犯行だと報じられていた事件だが、夫は当初、妻は大丈夫だと考えていた。
 迎えた同4日の初公判。帰宅した女性は無口になり、肉料理をいやがった。審理が進むにつれ、食べても嘔吐(おうと)を繰り返し、体重は急激に減少。夜中に突然起き上がり「夢に出てきて怖い」と震えた。認知症のお年寄りも預かる福祉施設に勤める女性は、職場での夜勤中に「幻覚を見る時もあった」と漏らす。
 評議の内容を口外してはいけないという守秘義務も重くのしかかった。「いろいろと話せれば気が楽になるかもしれないのに、どこまでが守秘義務に反するのか分からない」。職場でも公判のことを話せず、同僚も気遣って聞かなくなった。他の裁判員や裁判官との評議の結果は、死刑。14日の判決公判後には、その重い判断に加わったことへの悩みも抱えた。
 女性の様子を見て、夫は裁判員のためのカウンセリング制度の存在を知り「裁判員メンタルヘルスサポート窓口」に電話した。面談できる場所は東京が最も近く、1人5回まで無料だという。しかし「裁判で有給休暇を使っており、さらに仕事を休んで交通費をかけてまで行けない」。センターに紹介された県内の保健所に電話すると「裁判員のための相談は知らない」「必要なら精神科を紹介する」と言われ、がくぜんとした。

 +++


 あえていうなら、こんなだらしない女を裁判員にするのが間違いであるが…。この事例に対して、なんと渥美東洋・京都産業大学法科大学院教授なるご仁が、「国の補償は当然」とのたまっている。アホか!残酷な写真などを見れば、誰でも有害なストレスを受ける」だから今回のような事例が起きたら国が補償するのは当然だ、と主張している。

 なんというヤワ、なんという甘やかし。

 いかにも殺害写真なんか気持ちのいいものではないのは認める。しかし、生の殺害現場じゃないんだから、割り切るしかない。そんなことを言ったら警官はみんな心に有害な生の現場で、食い入るように見なければならず、総員みな急性ストレス傷害で心が壊れるってか? 刑事とか鑑識とかは、誰かがやらなきゃならないんだよ。ある監察医は、阪神大震災のとき亡くなった死体を何千体も解剖した。その成果で、遺伝子の世界的解明を成し遂げたのである。辛かっただろうが、ひと言も泣き言は言わなかった。

 この「心が壊れた」女性は、裁判員制度が世の中のためだという精神が欠落している。裁判員制度には賛否あろうが決められたことであり、一応市民の義務になったのだ。建前に過ぎないかもしれないが、社会の悪をただすためである。裁判員を引き受けたときに、それなりの覚悟をしたはずではないか。
 他殺死体の写真は気持ちが悪い、幽霊が出てきそうだ、残像に悩まされる、は、ウソではないだろうけれど、そういう誰もが賛同してくれることにこそ、弱音は吐くものではない。辛さだけ味わわない人生を構築するチャンスと思わなければ、進歩はない。

 例えば。 沖縄戦では民間人が巻き込まれて悲惨な修羅場になった。わずか15、16歳の幼い少女たちまでが、糞尿や血の匂いが充満する洞窟で、飛び出した兵士のはらわたを腹に仕舞い、もげた手や足を拾って包帯で巻いて……戦いで傷ついた将兵を看護し、死をみとり、それこそ生の、残酷な試練を受けたのだ。それを良いと言うのではむろんないが、彼女ら「ひめゆり学徒隊」「白梅学徒隊」「なごらん学徒隊」など8つの高女や師範学校の女子学生たちが献身的に戦場で尽くしてくださったのである。彼女らの誰一人として、正視できない残酷な体験をしながら、「心が壊れました」だの、PTSDになりましただの、言うことはなかった。それがどれほど辛かったかは想像に絶するが…。

 (中 略)

 人生には逃げたくても逃げられない場面がくるものだ。3・11の大津波が押し寄せた現場にもおそらく、多くのこうした残酷な、死や重症の場面があっただろう。残酷はいやだと言わずに立ち向かってくれた人がいたから、助かった命が無数にあったことだろう。

 そんなときのために、立ち向かう魂を創るべきである。

 なんで、マスゴミの記者はこうやって一般人を甘やかし、軽薄な同情を寄せ、とにかく政治を批判すれば自分が一段高い所にいられるかの錯覚をするようだ。マスゴミは、公共事業は「バラマキ」と揶揄するくせに、こういうみっともない女の泣き言には税金をバラまけと?「心が壊れた」などと甘ったれたことを言う輩には、ただ「シャキッとしろ」と言えば済むことである。今でいうなら、シリアやパレスチナに生まれたらどうするつもりか?

 そういうと、自分は弱者だ、生まれながらに強い心を持った人と一緒にするななどと反論してくるのだろう。バカ言うな、生まれついての臆病も、強靭な精神の持ち主もいない。すべて精神力を鍛えたか、鍛えなかったかなのだ。鍛えないから、こういう「心が壊れた」などといって、被賞金をせびろうとする。こういうせびり、たかりの者どもは、今の日本ではマスゴミも応援してくれて、プレッシャーをかけるから、国の補償が得られるかもしれない。それで彼らは得した気になれるかもしれないが、天網恢々粗にして漏らさず。やがて報いがやってくる。
 
 (以下略)

 *****



◇ 一般の病気に置き換えて考える

 制度や法律について賛否を述べるのは簡単でも、真理はいろんな観点から考えるべきと思います。今回の訴訟に対して、国側は「辞退出来る制度」を主張しているようですが、任命された国民全てが辞退したら成り立たない制度であることも事実でしょう。他のブログあるいはコラムには「人選を誤った」との文章も散見されました。しかし、人選にしろ辞退の判断にしろ、PTSDに繋がる刺激的な写真や音声に暴露される前には難しいとも思われます。どうやって向き不向きを決定するのか?、国から要請を受け、責任感と大丈夫だと思って臨んだ結果、発症してしまったPTSDを「人選が悪かった」、「嫌なら辞めればよかっただろう」と言うのは、言うのは簡単なことかも知れません。

 人選や辞退の困難さは否定できない

 一方、上でご紹介したブログの中で、精神論的な記述と社会の甘やかしのような発想が見られます。阪神大震災における監察医や沖縄戦の経験者を挙げて、大丈夫な人はたくさんいるとの考え方です。でも、それは精神、心の病いだからそのような発想が出て来るのだと思います。

 心の病いだから軽く考えがち
 一般の疾病で考えれば答えは出るのでは?


 例えば、一般の病気に置き換えて考えたらいかがでしょうか? 古い話しですが、三重県四日市市の石油コンビナートからの大気汚染による喘息は行政の責任が認められました。当時の環境においても喘息を起こさず元気だった人も多数いたと思いますが、だからと言って、喘息を発病した人に「お前は肺が弱い!」と言うでしょうか? 発ガン物質と癌の発症もそうですが、疾病において原因と発病の因果関係がはっきりしていても、同じ条件でも発病する人としない人がいることは極めて一般的によくあることです。



http://news.goo.ne.jp/article/kahoku/nation/kahoku_K201309250A0S106X00001_091154.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/心的外傷後ストレス障害
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/ST140110/2/
http://about-ptsd.matchkk.com/about/standard/
http://blogos.com/article/62296/
http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/356088771.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/四日市ぜんそく

カテゴリの追加のお知らせ

 5月、7月に続いてまたもカテゴリの追加をいたします。理由は「スピリチュアルの周辺」記事が増えてきて、その内容に、本や映画、楽曲を紹介する一群の範疇があることに気付きました。今後もそうした投稿は続くと思われますので、「文学、芸能、演説から」と題したカテゴリを独立させることといたしました。

アディポネクチン (Adiponectin)、その脅威のアンチエイジング効果

 今年になってから、食事法や栄養、遺伝子など、健康やアンチエイジングを目指した勉強をして参りました。以下、題名をクリックしていただければそのページに移動します。

マクロビオティックのスピリッツ(01月02日)
科学?/非科学? 今、密かなブーム「糖質制限食」の是非(01月23日)
パレオ(パレオリシック Paleolithic,旧石器時代)ダイエット(07月04日)
健康レシピ:アボガドとクルミ入り麻婆茄子(マーボナス)(07月17日)
もっと健康なレシピ:スモーク・サーモンのアボガドとクルミ添え、亜麻仁油のドレッシング(07月22日)
科学?/非科学? ファスティング(断食)の美容・アンチエージング・疾病における有効性を検証(08月11日)
マグロ ユッケのアボガド和え、亜麻仁油、クルミ添え(08月31日)
解明されつつあるサーチュイン遺伝子のアンチエイジング効果(09月07日)

 当ブログの元々の目的はアセンションでありました。もうお気づきかも知れませんが、アセンションに加えて、己の健康を見直してアンチエイジングを是非とも自ら実現したい、と言う気持ちでおります。私にとってブログは、「勉強おまとめノート」みたいな場でありますが、参考にしていただきお役に立つことがあれば幸いです。

アンチエイジングの画像

 さて、アンチエイジングで検索すると、少なからずヒットしてくる物質があります。「アディポネクチン」、今日はこの聞き慣れない脂肪細胞由来のホルモンを取りあげます。


◇ アディポネクチン概要

 アディポネクチン (Adiponectin) は、主として脂肪細胞から分泌される、ある種のホルモンであります。1996年、大阪大学医学部の松澤裕次教授(現住友病院長、内分泌代謝学)により発見されました。この発見は瞬く間に世界に広がり、世界中の医学界にとって希望の光となっています。血中濃度は一般的なホルモンに比べて桁違いに多く、μg/mlオーダーに達するとされ、その世界が注目する生理作用は以下の通りです。

 ・インスリン受容体を介さない糖取り込み促進
 ・細胞内の脂肪酸減少からインスリン受容体感受性亢進
 ・肝AMPキナーゼを活性化させてインスリン感受性亢進
   →高インスリン血症、糖尿病の改善
 ・脂肪酸の燃焼
 ・血管内皮細胞と単球の接着阻害作用
 ・マクロファージの貪食能の低下作用
 ・血管平滑筋細胞の増殖抑制作用
   →動脈硬化抑制、心筋肥大抑制
 ・抗炎症
 ・肺気腫の改善
 ・抗がん作用


 血中アディポネクチン濃度は内臓脂肪量に逆相関するとされ、肥大しすぎた脂肪細胞からはかえって分泌量が減少します。痩せ過ぎで脂肪細胞が少ない場合でも分泌が不十分となり、適度な脂肪量が良いと言われます。


◇ アディポネクチンの抗メタボリックシンドローム効果に関する論文

 まずは論説のようなかたちの医学論文が見つかりましたので、これを全文、供覧いたします。in vitro(生体の機能や反応を試験管内で行わせる試験や実験)、in vivo(生体の機能や反応を生体内で行わせる試験や実験)の両面から、アディポネクチンの糖代謝への関与、心血管病への有効性が詳しく説明されています。ちょっと長いですが、解りやすい文章だと思います。

 *****

糖尿病と動脈硬化 [II] 脂質代謝とアディポサイトカイン

アディポネクチンと糖尿病・心血管病の分子メカニズム

門脇 孝、山内 敏正、窪田 直人

 生活習慣病・糖尿病の最大の原因は肥満であり,肥大脂肪細胞から過剰に分泌されるTNFα,レジスチン,FFAなどの作用の結果,インスリン抵抗性が惹起される. このようなインスリン抵抗性惹起性の悪玉アディポカインに加え,インスリン感受性増強作用を有する善玉アディポカインの役割が注目されている (Nature Medicine 2001 ; 7 : 941―946). 代表的な善玉アディポカインであるアディポネクチンはAMPK (AMP-activated protein kinase) を骨格筋および肝臓において活性化することにより脂肪酸の燃焼と糖の取り込みを促進しインスリン抵抗性を改善する (Nature Medi- cine 2002 ; 8 : 856―863). アディポネクチン自身の遺伝子多型 (日本人の約40% が有する) や高脂肪食による肥満などの環境因子によりアディポネクチンの欠乏が惹起され,インスリン抵抗性の原因となっている (J Biol Chem 2002 ; 277 : 25863―25866, Diabetes 2002 ; 51 : 536―540).
 また,動脈硬化モデル動物 ApoE欠損マウスとアディポネクチン遺伝子過剰発現マウスとを交配したマウスを作製・解析したところ,アディポネクチンによってマクロ ファージにおける脂質蓄積が抑制され,その結果ApoE欠損マウスの動脈硬化が抑制されること,さらにアディポネクチン欠損マウスで血管の炎症性内膜肥厚が亢進することから,アディポネクチンはインスリン抵抗性改善作用に加えて,動脈硬化抑制作用を持っていると考えられる (JBiolChem 2002;277:25863―25866,JBiol Chem 2003 ; 278 : 2461―2468).
 最近発現クローニングによって2つのサブタイプ (AdipoR1 並びに AdipoR2) のアディポネクチン受容体を単離・同定することに成功した (Nature 2003 ; 423 : 762― 769).骨格筋には主にAdipoR1が,肝臓には主にAdipoR2が発現し,血管やマクロファージにはAdipoR1/AdipoR2の両者が発現している. AdipoR1は骨格筋におけるアディポネクチンの糖の取り込み・脂肪酸燃焼の促進を媒介し,AdipoR2 はアディポネクチンの肝臓における脂肪酸燃焼促進を媒介する. また,肥満モデルマウスではAdipoR1/AdipoR2のダウンレギュレーションとそれに伴うアディポネクチン抵抗性が認められる (J Biol Chem 2004 ; 279 : 30817―30822). したがって,アディポネクチン受容体の作動薬や受容体増加薬は新規の効果的な抗糖尿病薬,抗炎症薬,抗動脈 硬化薬として期待できる.


The Role of Adiponectin in Molecular Mechanisms of Diabetes and Cardiovascular Diseases.

TAKASHI KADOWAKI, Department of Metabolic Diseases, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo.


アディポネクチン論文 門脇氏

Key words
 肥満
 インスリン抵抗性
 アディポカイン
 アディポネクチン受容体



はじめに

 現在,メタボリックシンドローム(代謝症 候群)は,心血管病の最大のリスクファクター ではないかと考えられている. メタボリックシンドロームがどのようにして起こるかにつ いて,現在,理解されているアウトラインを図 1 に示す. 最近の欧米型生活習慣に代表さ れる高脂肪食,運動不足など,エネルギー過剰に陥りやすい生活習慣のもとで肥満が惹起 され,肥満がインスリン抵抗性の原因となり,インスリン抵抗性によって,糖尿病,高脂血 症,高血圧など心血管病のリスクファクターが一個人に集積する. 本稿では,肥満がなぜ インスリン抵抗性を起こすのかということを,脂肪細胞から分泌されるさまざまな生理活性物質アディポカイン,アディポネクチンに関する最近の話題を中心に,メタボリックシンドローム・心血管病の成因や,あるいは新しい治療法などについても展望しながら述べる.

アディポネクチン論文 図1

1.アディポネクチンのインスリン感受性促進作用

 われわれはアディポネクチンが最も重要なインスリン感受性調節アディポカインである と考え,メタボリックシンドローム形成にお ける役割を検討してきた.
 アディポネクチンは,大阪大学の松澤佑次先生のグループを含め世界の4つのグループが独立に発見したホルモンである. アディポネクチンの構造は,補体のC1qと相同であ り,N末端にCollagen-like domain,C末端にGlobular domainを認め,脂肪細胞から分泌を された後,Lodishらの報告によると一部はプロセスされて短いアディポネクチンも生成す る.
 メタボリックシンドロームのモデルマウスであるKKAyマウスは,高脂肪食下で肥満と インスリン抵抗性,高脂血症を起こすマウスである. 非常に興味深いことに,高脂肪食下 で肥満や脂肪細胞肥大が惹起されると,アディポネクチンは脂肪細胞特異的なホルモンでありながら,著明なダウンレギュレーションを受けることがわかった. そこでわれわれは遺伝子組換えでアディポネクチンを作製し,高脂肪食下のKKAyマウスに部分的補給をすると,インスリン抵抗性や高中性脂肪血症が改善したことから,肥満に伴うメタボリックシンドロームの重要な原因として,アディポネクチンのダウンレギュレーションが重要であることを初めて提唱した(図 2)(1).

アディポネクチン論文 図2

 アディポネクチンの作用機序について,われわれは短いフォームのアディポネクチンと 長いフォームのアディポネクチンがそれぞれ骨格筋と肝臓にはたらくことを報告してい (2). アディポネクチンは骨格筋と肝臓において,糖取り込みや脂肪酸の燃焼を起こす鍵 分子である AMP キナーゼを活性化する(図3)(2).

アディポネクチン論文 図3

 AMPキナーゼの活性化は,骨格筋では糖を取り込み,脂肪を燃焼する. また,AMPキナーゼの活性化は,肝臓では糖の新生を抑制し,脂肪を燃焼する. AMPキナーゼの活性化に加え,アディポネクチンの刺激は,より慢性的にはPPARαという脂肪酸燃焼のマスターレギュレーター,転写因子を活性化し,これらの作用が相まって,骨格筋と肝臓で中性脂肪の含量が低下し,IRS-1やIRS-2の機能を活性化することよりインスリン抵抗性を改善する.

2.アディポネクチンとメタボリックシンドローム

 脂肪細胞分化に伴って,アディポネクチンの発現が誘導される(図 4). このように非肥 満の小型脂肪細胞では,インスリン感受性亢進分子のアディポネクチンの発現が非常に多 いが,脂肪細胞が肥大するとアディポネクチンの転写が抑制される. レジスチンやTNFαでは逆のことが起こる. したがって肥満とは, 脂肪細胞のサイズが大きくなるということのみならず,アディポカインの転写がグローバ ルに変化する形質転換であると表現すること ができる(図 4)(3, 4).

アディポネクチン論文 図4

 脂肪細胞分化が障害された脂肪萎縮性メタボリックシンドロームにおいても,逆に脂肪 細胞肥大を伴う肥満においてもアディポネクチンの不足によりメタボリックシンドローム が発症し,それの病態はアディポネクチンの補充により部分的に改善する(1). また,チア ゾリジン誘導体は,脂肪萎縮性メタボリックシンドロームのみならず,肥満に伴うメタボ リックシンドロームの場合にも脂肪細胞分化を促進し,脂肪細胞を小型化させることによ り血中アディポネクチンレベルを上昇させることが知られている. このようにアディポネ クチン欠乏は,メタボリックシンドローム発症の中核的役割を担っている.
 また,肥満に伴って後天的にアディポネクチンの遺伝子の発現が低下するのみならず, ヒトにおいては遺伝子多型によって,体質的にアディポネクチンの分泌が一部既定されて いることがわかっている. われわれが(5)ヒトアディポネクチン遺伝子の SNP 解析をした結果,プロモーター領域の 2 つのSNPと連鎖不平衡関係にあるintron 276というSNPを同定した.
 GかTの組み合わせによりアディポネクチン遺伝子には3つの遺伝子型があるが,G/ G型は生まれつきT/T型にくらべてアディポネクチンの血中レベルが 2/3に低下し,インスリン抵抗性と糖尿病のリスクが亢進することが認められた. さらに,われわれの検討(5)により,日本人の40%はこの G/G型を持っており,このアディポネクチンの遺伝子多型で日本人の2型糖尿病の遺伝子素因の約15%を説明しうることがわかった(図 5). 実際にアディポネクチンの血中レベルが下がることが本当に糖尿病のメタボリックシンドロームのリスクとなることを確認する意味で,アディポネクチン欠損マウスを作製した. アディポネクチン欠損マウスは,インスリン抵抗性,耐糖能障害,高中性脂肪血症(6)と高血 圧(7)などメタボリックシンドロームを呈した(図6). 大変興味深いことに,インスリン抵抗性のみでは通常は高インスリン血症が起こってくるが,アディポネクチン欠損マウスはインスリン分泌がかえって低下し,アディポネクチンはインスリン分泌にも保護的に働く可能性も示唆された.

アディポネクチン論文 図5

アディポネクチン論文 図6

 また,動脈硬化モデル動物ApoE欠損マウスとアディポネクチン遺伝子過剰発現マウス を交配したマウスを作製・解析したところ,アディポネクチンによってApoE欠損マウスの動脈硬化が抑制されること(図7)(8),アディポネクチン欠損マウスで血管の炎症性内膜肥厚が亢進することから(6),アディポネクチンはインスリン抵抗性改善作用に加えて, 血管障害抑制作用をもっていると考えられる(図7).

アディポネクチン論文 図7

 したがって,アディポネクチンが低下すると,実際にメタボリックシンドロームにより 間接的に心血管病リスクが高まるのみならず,直接的にも動脈硬化が促進される可能性も想定される. アディポネクチンの欠乏は,アディポネクチン遺伝子多型など遺伝的な要因と,戦後の急速な生活習慣の欧米化による肥満など後天的要因とが合わさって惹起されると考えられる(図8).

アディポネクチン論文 図8

3.アディポネクチン受容体の構造・機 能・調節

 これらの結果から,アディポネクチンの欠乏は糖尿病・メタボリックシンドロームとそ れに伴う大血管障害の原因となっており,アディポネクチンの作用を増加させる治療は糖 尿病・メタボリックシンドローム・大血管症の根本的な治療法となることが示唆された. アディポネクチンの作用メカニズムを分子レベルで明らかにするためには,アディポネク チン受容体の同定がその第一歩となる. しかしながらこれまで,アディポネクチン受容体 同定の報告はなかったので,試みた.
 FACS (fluorescence-activated cell sorter) を用いてアディポネクチンとの結合を指標に骨格筋のcDNAライブラリーをスクリーニングした. アディポネクチンとの特異的結合を認めた分子の骨格筋細胞・肝臓細胞への発現実験あるいは,small interfering (si) RNAを用いた発現抑制実験などにより,アディポネクチンの細胞表面への結合やアディポネクチン作用への影響を検討した.
 その結果,骨格筋のcDNAライブラリーから7回膜貫通型のアディポネクチン受容体 (AdipoR)1をクローニングすることができた. 興味深いことに,AdipoR1は種を越えて酵母にまで保存されていた. さらに,この酵母ホモログは,グルコース欠乏時の脂肪酸酸化に重要な役割を果たすことが報告されている蛋白であった. 次に,ヒトゲノムデータベースをサーチすることにより,AdipoR1に高い相同性(アミノ酸レベルで66.7%)を示す遺伝子がつだけ存在し,AdipoR2と名付けた. AdipoR1は骨格筋に多く発現が認められたのに対し,AdipoR2は肝臓に多く発現が認められた. AdipoR1とR2は7回膜貫通型の構造を有し,G蛋白質共役型受容体(GPCR)である可能性が考えられたが,N末端側が細胞内,C末端側が細胞外となるtopologyを示したこと,及び既知のGPCRのセカンドメッセージに影響を及ぼさなかったことより,異なった受容体ファミリーに属するものと考えられた(図9). AdipoR1もしくはR2の培養細胞への発現は,globularアディポネクチン及び全長アディポネクチンの特異的結合を増加させ,アディポネクチンによるAMPK,p38 MAPK及びPPARαの活性化を増強し,脂肪酸燃焼及び糖取り込みの促進を増強した. アディポネクチンによるAdipoRを介した脂肪酸燃焼及び糖取込みの促進作用は,優性抑制型AMPKあるいはp38MAPKの特異的阻害剤によって,部分的ではあるが抑制された. これらの結果により,アディポネクチンはAdipoRを介したAMPK及びp38MAPKの活性化によって少なくとも一部,脂肪酸燃焼及び糖取り込みを促進していることが示唆された. 逆に,siRNAを用いて内因性AdipoR1もしくは R2の発現レベルを低下させると,globularアディポネクチン及び全長アディポネクチンの細胞膜表面への特異的結合が減少し,アディポネクチンによるPPARαの活性化や脂肪酸燃焼・糖取り込み促進効果が減弱 した(図 10).

アディポネクチン論文 図9

アディポネクチン論文 図10

 次に,われわれのアディポネクチン受容体の発現調整についての最近のデータを示す. ob/obマウスは肥満のモデルマウスとして最も代表的なものであるが,筋肉や脂肪組織で アディポネクチン受容体AdipoR1,R2の発現量が著明に低下していることがわかった. ob/ob マウスは著明な高インスリン血症を呈するので,インスリンがアディポネクチン受 容体発現量低下に関与するのではないかと考えた.
 そこで,in vitroのマウス骨格筋細胞 (C2 C12) では10^-8 Mのインスリン添加によって, AdipoR1,R2発現量は低下したが,その作用はPI3K阻害薬 (LY29002) によって消失するが,MAPキナーゼ阻害薬 (PD98059) によっては消失しないことも明らかとなった.
 したがって,インスリンによるAdipoR発現量の制御作用としては,インスリンがPI3Kを活性化し,そのことによりAdipoRの発現が抑制されると考えられる. 次にAdipoR遺伝子の上流を検索すると,転写因子Foxo1が結合しうるinsulin responsive elementとよばれる配列をAdipoR1でもR2でも多数同定することができた. PI3KによりAktが活性化しFoxo1のリン酸化を起こすことから,リン酸化されたFoxo1は核内から追い出され,転写がoffになる仮説を考えた. そのことを証明するために,恒常的活性型Foxo1 (ADA) をマウス骨格筋細胞 (C2C12) にtransfectionするとAdipoR1,R2発現量は増加し,ベーサルが上昇し,インスリンによる発現量低下効果もなくなった. つまり,Foxo1がアディポネクチン受容体の転写に関与し,インスリンはFoxo1の不活性化を起こすことがわかった.
 以上,このアディポネクチンの欠乏が肥満や遺伝素因によって起こり,インスリン抵抗 性に行き着くが,そのときに同時に肥満で認められる高インスリン血症は,アディポネク チン受容体のダウンレギュレーションを起こし,アディポネクチン抵抗性,アディポネク チン作用不全を惹起し,インスリン抵抗性を強め,インスリン抵抗性は高インスリン血症 を,よりさらに悪循環をきたすであろうということがわかった(図11). したがって,アディポネクチン欠乏や高インスリン血症に陥る肥満へと進行しないことが非常に重要である.

アディポネクチン論文 図11


おわりに

 アディポネクチンのさまざまな作用について,肝臓,筋肉,血管での作用を述べたが,視床下部や膵β細胞にもアディポネクチン受容体が非常に豊富に存在している. アディポネクチンは視床下部ではエネルギー消費調節に大きな役割を果たし,膵β細胞ではインスリンの分泌を促進する生活習慣病やメタボ リックシンドロームと非常にかかわりの深い分子であることがわかった(図12).

アディポネクチン論文 図12

 今後はアディポネクチン受容体に特異的に結合する低分子化合物のスクリーニングを行 い,抗糖尿病薬,抗炎症薬,抗動脈硬化薬の開発を行っていきたい.
 最近,植物防御ペプチドファミリーPathogenesis related (PR) proteinsの一種PR-5に 属するタバコ由来のオスモチンの立体構造がglobularアディポネクチンと相同であることがわかった. さらに,オスモチンは酵母にアポトーシスを起こすがその受容体は酵母におけるアディポネクチン受容体のホモログであることがわかった. 興味深いことに,植物ペプチドは哺乳類の細胞において,アディポネクチン受容体に結合し,アディポネクチン受 容体を介してAMPキナーゼ活性を上昇させることがわかった(11). これは,アディポネク チン/アディポネクチン受容体が,植物から動物まで進化上保存されている可能性の高いこ とを示している. また,オスモチンを始め植物防御ペプチドファミリーに属する蛋白は 種々の植物 (野菜・果物など) に豊富に多種類存在し,消化・分解されにくい. オスモチン以外にもAdipoR活性化能を有する蛋白の存在する可能性がある. したがって,摂取する植物の種類・量がメタボリックシンドロー ムの分子基盤の一部を形成している可能性がある. また,経口可能なAdipoRアゴニストを開発出来る可能性がある.

文献

1. Yamauchi T, et al : Nat Med 2001 ; 7 : 941.
2. Yamauchi T, et al : Nat Med 2002 ; 8 : 1288.
3. Okuno A, et al : J Clin Invest 1998 ; 101 : 1354.
4. Yamauchi T, et al : J Biol Chem 2001 ; 276 : 41245.
5. Hara K, et al : Diabetes 2002 ; 51 : 536.
6. Kubota N, et al : J Biol Chem 2002 ; 277 : 25863.
7. Ouchi N, et al : Hypertension 2003 ; 42 : 231.
8. Yamauchi T, et al : J Biol Chem 2003 ; 278 : 2461.
9. Yamauchi T, et al : Nature 2003 ; 423 : 762.
10. Tsuchida A, et al : J Biol Chem 2004 ; 279 : 30817.
11. Narasimhan ML, et al : Molecular Cell 2005;17:171.

質疑応答

 座長(岩本) どうもありがとうございまし た. 門脇先生には,初めの春日先生のintroductionにありましたアディポサイトから分泌される多様な生理活性物質のひとつ,特に善玉であるアディポネクチンを中心にお話しいただきました.ご質問,ご討議をお願いいたします.
 佐藤龍次(昭和大) これに関してはまったくの素人なのですが,実際にアディポネクチ ンというのは,現在市販されているキットは大塚や,つい最近は富士レビオなどを小耳に はさんでいるのですが,先生のお話しのキットはこれらの方法ですか.
 門脇 これは第一化学薬品と共同開発したもので,これまでに特に市販はされておりま せん.これまでのものは総アディポネクチンを測るものが主だったと思います.
 佐藤 そうしますと,今回先生のご研究というのは,エラスターゼか何かで分解したも のということですか. ちょっとわからないのが,大塚のキットというのは,ただ熱か何か で測定するのですか.
 門脇 熱変性なしでネイティブなアディポ ネクチンを測る方法も現在臨床治験中だと理解しています.
 佐藤 そうしますと,エラスターゼで分解した方法と,熱で変性させた方法とでは,たとえば年齢によってアディポネクチン値は変化するものなのでしょうか.
 門脇 年齢の影響も多少はあるかもしれませんが,性の影響,gender differenceが非常に強くて,女性で高く,男性で低いのですが,high molecular weightを測るとその差はもっ と顕著で,女性は high molecular weight は非常に高いです.
 私どもがアディポネクチンの切断活性を有する酵素として同定したエラスターゼはneutrophilのエラスターゼです (Waki H, et al : Endocrinology 2005 ; 146 : 790―796). 私どもは,globularアディポネクチンの切断活性をさまざまな臓器や細胞系で見ました が,私どもが検討した中で切断活性を認めたのが好中球にあるエラスターゼで,その意味 づけとしては次のように推測しています. globularアディポネクチンは非常に強い抗炎 症効果を持っています. 炎症があるとそこにneutrophilが集まってきて,globularアディポネクチンが生成をされて炎症の終結に関わるのではないかと考えています.
 佐藤 そうしますと,たとえば女性などでは,やはり閉経後になってきますと,Body Mass Indexも増えてくるわけですから,アディポネクチンは当然低くなるわけですね.
 門脇 それは閉経後に内臓脂肪蓄積が強くなることと関連しているかもしれませんし, 性ホルモンの影響,たとえばエストロゲンが低下したりすることが関係している可能性が あります.
 佐藤 血中からアディポネクチンが漏れ出 てくるというのはどういう部分からでしょうか. やはり脂肪細胞から漏れ出てくるのですか.
 門脇 脂肪細胞だけが分泌をします.
 木村武量(阪大学生) アディポネクチン関連の薬剤と,従来型のインスリン抵抗性改善 薬であるビグアナイド製剤を併用した場合に,相乗効果は期待できるのでしょうか.
 門脇 アディポネクチンは肝臓でのAMP-kinaseを活性化して,筋肉でも活性化するわ けですが,ビグアナイド薬の作用機序は,今のところ肝臓でのAMP-kinaseの活性化作用が主であると考えられていると思います. そうしますと,アディポネクチンの作用の中に包含されてしまう可能性がないわけではないかもしれないと思っています. ただアディポネクチンには食欲を抑制する作用はないのですが,ビグアナイド薬ではその作用機序は不明で,もしかしたら脳内でAMP-kinaseを介している可能性もあります. そういう作用はアディポネクチンの作用と重なっていない可能性があって,その場合には併用すると効果があることになると思います.
 座長 どうもありがとうございました.

 *****



◇ アディポネクチンの慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する有効性

 慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease, COPD)は喫煙や排気ガスなどの大気汚染が原因となり、肺気腫や慢性気管支炎により引き起こされる肺の生活習慣病とされます。2020年には世界における全死因の第3位になることが予想されておりますが、根本的な治療が無いのが現状であります。以下、アディポネクチンがCOPDに有効であることを報告した日本経済新聞2011年1月21日の記事を掲載します。

 *****

 大阪大の研究グループは、ヒトの脂肪細胞で作られる善玉ホルモンが、喫煙などで起こる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療に有効なことをマウス実験で突き止めたと発表した。「アディポネクチン」と呼ばれるホルモンで、メタボリック(内臓脂肪)症候群や糖尿病を防ぐ効果が知られている。これを増やせればCOPD治療に役立つ可能性がある。阪大の武田吉人助教と中西香織医師らの成果。

 COPDは喫煙や大気汚染が原因で肺気腫や気管支炎になり、息切れやせきやたんが続く。肺の生活習慣病といわれ、国内患者は500万人以上とみられるが、根本的な治療法はない。
 研究チームはアディポネクチンを体内で作れないように遺伝子操作したマウスを調べた。高齢になると肺の組織が壊れ、COPDとよく似た症状が出た。血管を保護する働きを持つアディポネクチンが失われ、肺の構造を保てなくなった。
 生後8週のマウスにアディポネクチンを外から補うと、肺の構造がほぼ正常に戻り、2~3割低下していた呼吸機能もほぼ正常まで回復した。今後、ヒトでも同様の効果があるか調べる。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌され動脈硬化などを防ぐ。肥満や喫煙で分泌量が減ると糖尿病などを発症しやすくなるとされる。成果は米医学誌電子版に掲載された。

 *****



◇ アディポネクチンの抗がん作用

 インスリン自体にがん細胞の増殖を促進する作用があると言われます。また、インスリンはがん細胞の増殖を促進するとされるインスリン様成長因子-1 (IGF-1) の活性を高め、高インスリン血症は、IGF-1の活性を制御しているIGF-1結合蛋白の産生量を減少させ、その結果、IGF-1の活性が高めるとされます。このIGF-1は、70個のアミノ酸からなり、インスリンと似た構造をしていて、がん細胞の増殖や血管新生や転移を促進する作用があります。IGF-1受容体とインスリン受容体も類似しており、IGF-1とインスリンが交差反応することが知られています。高インスリン血症では、インスリンがIGF-1受容体に結合して、IGF-1と同じように細胞の増殖を促進します。
 さらにプレ糖尿病から糖尿病になって血糖が上がると、がん細胞はブドウ糖をエネルギー源として大量に取り込んでいるため、がん細胞の増殖に有利になります。高血糖は活性酸素の産生を高め、血管内皮細胞や基底膜にダメージを与えて、血管透過性を高め、転移を起こしやくするという説もあります。
 大腸がんの患者は健常な人と比べて、血糖値や血中のインスリン濃度が高いという報告があります。高インスリン血症は肝臓における性ホルモン結合グロブリンの産生を抑制するので、フリーのエストロゲンが血中に増えて、乳がん細胞の増殖を促進することも指摘されています。
 このように様々な理由で、高血糖や高インスリン血症は、がん細胞の発生や増殖や再発のリスクを高めることになるのです。

 アディポネクチンに抗がん作用があることが報告されています。人の胃がん細胞を移植したマウスにアディポネクチンを注射すると、がんが著しく縮小したという報告があります。また、アディポネクチンの低い人ほど大腸がん、前立腺がん、子宮体がん、乳がん、胃がんの発生率が高いという報告があります。
 このアディポネクチンのがん予防効果は、インスリン感受性を高めて血中のインスリン濃度を低下させるためと推測されています。つまり、インスリン感受性を高める(=インスリン抵抗性を低下させる)ことはがんの予防に効果が期待できることが指摘されています。また、アディポネクチンはがん細胞の増殖を抑えるAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)を活性化することも明らかになっています。


◇ アディポネクチン分泌を促す食生活

 アディポネクチンの分泌を促す(食)生活を勉強しました。

1.糖質制限、ファスティング、フィットネス

 「概要」で示しました通り、アディポネクチンは肥大しすぎた脂肪細胞からは分泌量が減少します。一方、痩せ過ぎで脂肪細胞が少ない場合でも分泌が不十分となり、適度な脂肪量が良いと言われます。こうした体型を獲得する方法として、当ブログでも取りあげました糖質制限、ファスティングに加えて脂肪を燃焼するフィットネスが有効と考えられます。糖質制限やファスティングによって、摂取カロリーが制限されたところでフィットネスでカロリー消費、エネルギー源として、体脂肪分を分解する「自己融解現象」が起こります。その結果、肥大した脂肪細胞が減少して、アディポネクチン分泌に理想的な体質を獲得すると言う考え方です。

2.アディポネクチン分泌を促す食品

 アディポネクチンの分泌を促す食品として以下が指摘されております。

 ・マグネシウム
 ・食物繊維
 ・エイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid、EPA)
   =サバなど青魚に含まれるフィッシュオイル
 ・大豆タンパク(豆腐)
 ・酵母(ビール酵母など)

豆腐画像001
アディポネクチン分泌には豆腐摂取が1番!

3.アディポネクチン類似物質の摂取

 トマトやジャガイモ、キウイなどに含まれるオスモチンという成分が、アディポネクチンに似た構造をしており、こちらはペプチドタンパクで口から食べても吸収されるため、
肥満者のアディポネクチン不足を補えるのではないかと期待されております。


◇ アディポネクチンの分泌を促進するサプリ

 サーチュイン遺伝子でもそうでしたが、アンチエイジング効果を持つ物質を促すサプリメントはあっと言う間に開発、販売されます。人体に害が無ければ効果は二の次みたいなところを感じますが、いちおう一つばかりHPを掲載します。

アディポネクチンサプリのページ


http://ja.wikipedia.org/wiki/抗老化医学

中国汚染食品特集

 企業の決算発表の季節です。日本マクドナルドホールディングス【2702】は、先日10月7日、取引終了後に2014年12月期の通期業績予想の修正を発表、営業損益は94億円の赤字(前期は115億円の黒字)の見込みとして、上場来初の経常赤字に転落したことが判明しました。同社の株価は(下図)、7月下旬の、チキンナゲットの仕入れ元である中国上海福喜食品が期限切れの鶏肉を使用していたことが発覚した際と、今回とで大きく急落しました。

日本マクドナルド社株価

 今回、中国、上海福喜食品が期限切れの鶏肉を使用していた記事を紹介し、この国の汚染食品を調査しましたので特集を組みました。


◇ マクドナルドとKFCが賞味期限切れの肉を中国から輸入していた記事

マックチキンショック記事写真

 *****

 米ファストフード大手のマクドナルドとケンタッキーフライドチキンで知られるヤム・ブランズは7月21日、肉を仕入れている上海の企業との取引を中止すると発表し、中国の消費者に陳謝した。この上海の企業は、賞味期限切れの鶏肉と牛肉を販売していたとして当局が調査している。
 マクドナルドは中国版の公式ブログで20日、品質に懸念があるとして、イリノイ州の米食材卸大手OSIグループの傘下にある上海福喜食品が提供する肉の使用を中止するようすべての店舗に指示を出したと発表。ヤム・ブランズも20日に、中国全土のケンタッキー・フライドチキンとピザハットが上海福喜食品への肉の注文を中止したと発表した。
 マクドナルドは声明で、「食品安全はマクドナルドにとって最も重要で、安心してわが社の食品を楽しんでもらうために、国の法律や規制、関連する水準を厳しく順守する」と語っている。

18カ月前にも食品スキャンダル

 中国の新華社通信によれば、中国政府は、上海福喜食品が期限切れの肉を販売していると地元メディアが20日に報じたことで、上海福喜食品を営業停止にした。OSIグループの代表者は、メディアに対して、上海福喜食品に調査が入っていることを認めている。
 マクドナルドとヤムは18カ月前にも、中国で起きた食品安全スキャンダルに巻き込まれている。2012年12月、上海の当局は、第三者機関によって10〜11年に行われた調査で、中国最大のファストフード・チェーンであるヤム・ブランズに卸された鶏肉から高濃度の抗生物質が検出されたと発表。マクドナルドも同じ肉を仕入れていた。

 *****


 
◇ 「上海福喜食品」従業員の告発記事

 さらに、記事に出て来た上海福喜食品の工場現役従業員の告発記事がありましたので、こちらも掲載いたします。

上海福喜食品従業員告発記事

 *****

 消費期限が切れた肉や床に落ちた肉を再利用していたことが発覚した中国・上海の食品加工会社「上海福喜食品」の現役従業員が、週刊文春のインタビューに応じた。

 この従業員は10年以上、上海福喜食品に勤務しているベテラン。工場内の様々な現場を見てきたという彼は、こう明かした。

 「床に落ちた肉を拾うのはそもそも工場のルールなんです。機械を回しながら肉を投入するのでどうしても床に落ちてしまう。だから設置された青いプラスチックの容器に拾って入れなさい、と。容器がいっぱいになったら肉を回収し、『菌敵』という細菌殺菌薬を200倍に薄めた溶液で洗浄する。仕上げに度数70%のアルコールでさらに消毒し、再利用するんです」

 彼はさらに恐ろしい実態を明かした。

 「2010年に上海万博が開催された時には、海外や国内から多くの人が上海を訪れ、ファストフード向けの鶏肉が足りなくなりました。すると、どこからか、ものすごい異臭を放つ20トンくらいの腐った手羽先の山が工場に運び込まれてきました。その手羽先に業務用スプレーで菌敵の溶液を吹き付けて消毒してから、利用しました」

「菌敵」の主成分は塩酸ドキシサイクリン。人にも動物にも使われる抗生物質だが、類似成分で催奇形性に関する報告があるため、妊娠期には経口摂取はもちろん、動物への投与作業をするのにさえ注意が必要だ。

 上海福喜食品の親会社であるアメリカの食肉大手「OSIグループ」は、上海福喜食品が出荷した全製品の回収を決定している。

 中国鶏肉の危険性について、週刊文春が約1年前に警鐘を鳴らした特集記事「あなたはそれでもチキンナゲットを食べますか?  マクドナルドの中国産鶏肉が危ない!  奥野修司+本誌取材班」(2013年5月2日・9日ゴールデンウィーク特大号)は、「週刊文春デジタル」にて緊急再録され、7月31日(木)午前5時に公開される。

<週刊文春2014年8月7日号『スクープ速報』より>

上海福喜食品
上海福喜食品工場

 *****



◇ 数々の中国汚染食品

 中国の汚染食品について、調査、検索し、引っかかって来たものを列挙いたします。この項目は新しいものが見つかり次第、随時、更新して参ります。

1.食用として地溝油を使用

 中国国内では、厨房の排水溝などにたまった廃食用油を違法に再加工した「地溝油」が食用として、コスト減を図ろうとするレストランなどで流通しており、「食の安全」が問われる中、大きな社会問題となっております。2011年2月、法整備がなされた後も密造は続いているとのことです。下の写真は摘発され、押収された「地溝油」のタンクです。

摘発した地溝油

2.ビニールで造られた中国産ワカメ

 ワカメの中に黒いビニールが含まれていたと言う記事です。製造の過程で混入したものか、重量を割り増すために意図的に入れたものかは不明です。

ビニール製のワカメ

3.病死した豚の肉を羊肉と称して販売

 福建省州市の冷凍食品販売企業が摘発され、冷凍庫に病死した豚の肉が山のように積まれており、出荷中のトラックに積まれていたものも合わせて計32トンが押収されました。 3人の容疑者が逮捕されましたが、驚くべきことにそのうち2人は村政府に雇われていた職員だったとのこと、、、。 病死した豚を回収し処理する仕事でしたが、これを羊肉と偽って販売しておりました。

病死した豚の肉を羊として販売

4.メラミンで汚染された粉ミルク

 下の写真は2008年、河北省石家荘のメーカー「三鹿集団」製の粉ミルクです。このミルクは有害物質メラミンで汚染されており、飲んだ乳児が腎臓結石になるなどの健康被害を引き起こしました。健康被害は約29万6000人に広がり、6人が死亡したとされます。牛乳を水で薄めたことをごまかすため、にメラミンを混入してたんぱく質含有量を高めたものを原料に使っていたためで、原料を製造していた業者が逮捕され、そのうち2人が死刑になったとのことです。

メラミンを含む「三鹿集団」製の粉ミルク

5.滋養強壮剤として「人肉カプセル」

 中国国内で製造されて韓国に密輸入された「人肉カプセル」と言うものがあったそうです。韓国関税庁が公開しました。カプセルの中身は、死産の赤ん坊の肉を乾燥させて作った粉末で、滋養強壮薬として密かに流通していたのを、2011年7月に韓国メディアの報道で明るみに出ました。韓国当局の検査では、保存状態が劣悪なため腐敗して雑菌が繁殖したり、耐性のあるバクテリアが混入したりしていた例もあったそうです。関税庁は人体に致命的な影響が及ぶ恐れがあるとして、注意を呼び掛けています。

人肉カプセル

6.腐った月餅の餡(あん)だけ消毒して再利用

 月餅は中秋節(旧暦8月15日)に贈答品として利用されますが、ある工場では、なんと1年前の餡を再利用しておりました。腐ってカビだらけになった月餅から餡を抜き、薬品を加えて殺菌、消毒して再び月餅を創りあげていたとのことです。現場には悪臭が立ち込め、調理油の鍋には死んだネズミが浮いていたと言います。中国では、経済成長とともに贈答品としての月餅の需要が急増しており、ひと儲けしようと、悪徳業者が増加していると2012年9月26日付の中国紙「大粤網」が報じています。

腐った月餅の餡だけ消毒して再利用

7.塗るだけで牛肉になる魔法のクリーム

 中国では豚肉が塗るだけで赤い牛肉に変身するという牛肉クリームが市販されています。発表によりますと、牛肉クリームの原材料は「牛肉抽出物、食塩、砂糖、化学調味料、香辛料、デンプン等」で、牛肉への変身所要時間は約90分とのことです。

塗るだけで牛肉になる魔法のクリーム製品

塗るだけで牛肉になる魔法のクリーム

8.ネズミから作られる鳩料理

 中国では鳩を食べる習慣がありますが、ネズミから鳩料理を作る映像がありましたので供覧いたします。

[広告] VPS


9.その他

 その他、検索によりヒットしたものをただ列挙いたします。

・「冷凍ギョーザ」に有機リン系の殺虫剤のメタミドホスとジクロルボス
・「小豆」にジクロルボス
・「ナッツ類(くるみ)」にアフラトキシン
・「セロリ」にクロルピリホス
・「サヤエンドウ」からは殺虫剤のシペルメトリン
・「いんげん」からジクロルボス
・「ウーロン茶」で検出された殺虫剤フィプロニル
・「冷凍焼きアナゴ」から大腸菌
・「きくらげ」、「しいたけ」など乾燥食品に漂白剤(二酸化硫黄)
・「活はまぐり」、「あさり」からは除草剤プロメトリン
・「冷凍あさり(むき身)」から下痢性貝毒
・「焼き鳥・つくね串」から大腸菌
・「中国茶」からDDT
・「漬物」から残留農薬
・理髪店で回収した人毛からアミノ酸を抽出して「人毛醤油」製造
・「アヒルの卵」と「オレンジ」に着色料スーダンレッドを使用
・肥だめから汲み上げた人間の大便から「食用の油」製造
・カドミウムを含んだ「米」が流通
・可塑剤入り「酒類・しょうゆ」
・「キノコ」からホルムアルデヒド
・「フリーズドライキムチ」に入っていた乳化剤、ポリソルベート
・「清涼飲料水」に保存料、安息香酸
・「中国製の冷凍食品」から基準に反する農薬
・「キツネやネズミの肉」を牛や羊の肉と偽って販売する食肉偽装
・「ポップコーン」を白くみせるため漂白剤
・「落花生」の皮を黒く染めるために重金属
・「白菜」の白さが失われないようホルマリン
・「ニラ」に硫酸銅を噴霧して出荷
・廃液セメントを溶かし香料を混ぜて「ミルクティ」を製造
・ホルマリン漬け残飯肉が小学生の大好物である「牛肉棒」
・白ゴマに墨汁に漬けた「黒ゴマ」
・腐った肉塊の詰まった「北京ダック」のパック
・添加剤に浸して染色した「毒饅頭」
・染色された「ケーキ」


◇ 中国からの輸入食品違反事例

 厚生労働省がネット上で公開している「輸入食品違反事例」によると、2013年度、中国からの輸入で以下のような食品が不適格とされております。下表は指摘された輸入食品と混入されていた有害物質であります。

不適格となった輸入食品


◇ おわりに

 文章を作っていて、なんだか気持ちが悪くなりました。はっきり言えること、それは、こんなに簡単に、中国の汚染食品を見つけられるのに、その国から鶏肉を仕入れていたとは!? 冒頭、日本マクドナルドホールディングスの株価の下落を紹介いたしましたが、それは仕入れた肉が不良であったと報道されたからではありません。ローコストとは言え、そういう食文化の国から材料を仕入れていた、食品会社の「食の安全」に対する意識の低さが露呈したと言う、根が深い問題だと思います。

宮崎県産1380円、鹿児島県産1880円

高知県産しょうが1個170円、青森県産にんにく1個341円、岐阜県産しいたけ6個246円

 ララポートにある東急ストアで見つけました。うなぎ、宮崎県産1380円、鹿児島県産1880円、高知県産しょうが1個170円、青森県産にんにく1個341円、岐阜県産しいたけ6個246円です。この他、すごく久しぶりに日本製、秋田県産の山菜を見つけました。

 安くて危険なものよりも高くても安全なものを!

 是非とも、心がけましょう!

チャネラーなのでは? ノーベル平和賞、マララ・ユスフザイさん(当時16歳)の国連本部での演説

 「日本の憲法九条をノーベル平和賞に!」との気運もありましたが、本年のノーベル平和賞はパキスタンのマララ・ユスフザイさん(17)とインドのカイラシュ・サトヤルティ氏(60)に決まりました。
 史上最年少での受賞となったマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai、1997年7月12日 -)さんはパキスタンのフェミニスト、人権運動家で、ちょうど2年前の2012年10月9日(当時15歳)、通っていた中学校から帰宅するためスクールバスに乗っていたところを複数の男に銃撃され、頭部と首に計2発の銃弾を受け負傷しました。犯人は武装勢力パキスタン・ターリバーン運動(TTP)のメンバーとされ、女性に対して教育を受ける権利はないと主張する立場でありました。
 彼女の思想と「日本の憲法九条」のどちらがノーベル平和賞に値するか?、彼女の16歳の誕生日、2013年7月12日、ニューヨークの国連本部で、「すべての子どもに教育を受ける権利の実現を」と訴えた演説を供覧します。彼女のスピリッツに大いに共感し、スピリチュアルの周辺記事といたします。↓↓以下をクリックいただければYouTube動画を供覧できます。

マララ・ユスフザイ 2013年7月12日、ニューヨーク国連本部における演説

[広告] VPS


 *****

マララ・ユスフザイ

国連本部における演説 和訳

マララ写真

 慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において、パン・ギムン国連事務総長、ブク・ジェレミック国連総会議長、ゴードン・ブラウン国連世界教育特使、尊敬すべき大人の方々、そして私の大切な少年少女のみなさんへ、アッサラーム・アライカム(あなたに平和あれ)。

 今日、久しぶりにこうしてまたスピーチを行えてとても光栄です。このような尊敬すべき人たちと共にこのような場にいるなんて、私の人生においても、とてもすばらしい瞬間です。そして、今日、私が故ベナジル・ブット首相のショールを身にまとっていることを名誉に思います。

 どこからスピーチを始めたらいいでしょうか。みなさんが、私にどんなことを言ってほしいのかはわかりません。しかしまずはじめに、我々すべてを平等に扱ってくれる神に感謝します。そして、私の早い回復と新たな人生を祈ってくれたすべての人たちに感謝します。私は、みなさんが私に示してくれた愛の大きさに驚くばかりです。世界中から、温かい言葉に満ちた手紙と贈り物をもらいました。それらすべてに感謝します。純真な言葉で私を励ましてくれた子どもたちに感謝します。祈りで私を力づけてくれた大人たちに感謝します。私の傷を癒し、私に力を取り戻す手助けをしてくれたパキスタン、イギリス、アラブ首長国連邦の病院の看護師、医師、そして職員の方々に感謝します。国連事務総長パン・ギムン氏のGlobal Education First Initiative(世界教育推進活動)と国連世界教育特使ゴードン・ブラウン氏と国連総会議長ブク・ジェレミック氏の活動を、私は全面的に支持します。みなさんのたゆまないリーダーシップに感謝します。みなさんはいつも、私たち全員が行動を起こすきっかけを与えてくれます。

 親愛なる少年少女のみなさんへ、つぎのことを決して忘れないでください。マララ・デーは私一人のためにある日ではありません。今日は、自分の権利のために声を上げる、すべての女性たち、すべての少年少女たちのためにある日なのです。何百人もの人権活動家、そしてソーシャルワーカーたちがいます。彼らは人権について訴えるだけではなく、教育、平和、そして平等という目標を達成するために闘っています。
 何千もの人々がテロリストに命を奪われ、何百万もの人たちが傷つけられています。私もその1人です。そして、私はここに立っています。傷ついた数多くの人たちのなかの、一人の少女です。私は訴えます。自分自身のためではありません。すべての少年少女のためにです。私は声を上げます。といっても、声高に叫ぶ私の声を届けるためではありません。声が聞こえてこない「声なき人々」のためにです。それは、自分たちの権利のために闘っている人たちのことです。平和に生活する権利、尊厳を持って扱われる権利、均等な機会の権利、そして教育を受ける権利です。

 親愛なるみなさん、2012年10月9日、タリバンは私の額の左側を銃で撃ちました。私の友人も撃たれました。彼らは銃弾で私たちを黙らせようと考えたのです。でも失敗しました。私たちが沈黙したそのとき、数えきれないほどの声が上がったのです。テロリストたちは私たちの目的を変更させ、志を阻止しようと考えたのでしょう。しかし、私の人生で変わったものは何一つありません。次のものを除いて、です。私の中で弱さ、恐怖、絶望が死にました。強さ、力、そして勇気が生まれたのです。私はこれまでと変わらず「マララ」のままです。そして、私の志もまったく変わりません。私の希望も、夢もまったく変わっていないのです。
 親愛なる少年少女のみなさん、私は誰にも抗議していません。タリバンや他のテロリストグループへの個人的な復讐心から、ここでスピーチをしているわけでもありません。ここで話している目的は、すべての子どもたちに教育が与えられる権利をはっきりと主張することにあります。すべての過激派、とりわけタリバンの息子や娘たちのために教育が必要だと思うのです。私は、自分を撃ったタリバン兵士さえも憎んではいません。私が銃を手にして、彼が私の前に立っていたとしても、私は彼を撃たないでしょう。これは、私が預言者モハメッド、キリスト、ブッダから学んだ慈悲の心です。これは、マーティン・ルーサー・キング、ネルソン・マンデラ、そしてムハンマド・アリー・ジンナーから受け継がれた変革という財産なのです。これは、私がガンディー、バシャ・カーン、そしてマザー・テレサから学んだ非暴力という哲学なのです。そして、これは私の父と母から学んだ「許しの心」です。まさに、私の魂が私に訴えてきます。「穏やかでいなさい、すべての人を愛しなさい」と。
 親愛なる少年少女のみなさん、私たちは暗闇のなかにいると、光の大切さに気づきます。私たちは沈黙させられると、声を上げることの大切さに気づきます。同じように、私たちがパキスタン北部のスワートにいて、銃を目にしたとき、ペンと本の大切さに気づきました。

 「ペンは剣よりも強し」ということわざがあります。これは真実です。過激派は本とペンを恐れます。教育の力が彼らを恐れさせます。彼らは女性を恐れています。女性の声の力が彼らを恐れさせるのです。
 だから彼らは、先日クエッタを攻撃したとき、14人の罪のない医学生を殺したのです。
だから彼らは、多くの女性教師や、カイバル・パクトゥンクワやFATA(連邦直轄部族地域/パキスタン北西部国境地帯)にいるポリオの研究者たちを殺害したのです。だから彼らは、毎日学校を破壊するのです。なぜなら、彼らは、私たちが自分たちの社会にもたらそうとした自由を、そして平等を恐れていたからです。そして彼らは、今もそれを恐れているからです。
 私たちの学校にいた少年に、あるジャーナリストがこんなことを尋ねていたのを覚えています。「なぜタリバンは教育に反対しているの?」。彼は自分の本を指さしながら、とてもシンプルに答えました。「タリバンはこの本の中に書かれていることがわからないからだよ」。彼らは、神はちっぽけで取るに足りない、保守的な存在で、ただ学校に行っているというだけで女の子たちを地獄に送っているのだと考えています。テロリストたちは、イスラムの名を悪用し、パシュトゥン人社会を自分たちの個人的な利益のために悪用しています。パキスタンは平和を愛する民主的な国です。パシュトゥン人は自分たちの娘や息子に教育を与えたいと思っています。イスラムは平和、慈悲、兄弟愛の宗教です。すべての子どもに教育を与えることは義務であり責任である、と言っています。

 親愛なる国連事務総長、教育には平和が欠かせません。世界の多くの場所では、特にパキスタンとアフガニスタンでは、テロリズム、戦争、紛争のせいで子どもたちは学校に行けません。私たちは本当にこういった戦争にうんざりしています。女性と子どもは、世界の多くの場所で、さまざまな形で、被害を受けています。
 インドでは、純真で恵まれない子どもたちが児童労働の犠牲者となっています。ナイジェリアでは多くの学校が破壊されています。アフガニスタンでは人々が過激派の妨害に長年苦しめられています。幼い少女は家で労働をさせられ、低年齢での結婚を強要されます。貧困、無学、不正、人種差別、そして基本的権利の剥奪――これらが、男女共に直面している主な問題なのです。

 親愛なるみなさん、本日、私は女性の権利と女の子の教育という点に絞ってお話します。なぜなら、彼らがいちばん苦しめられているからです。かつては、女性の社会活動家たちが、女性の権利の為に立ち上がってほしいと男の人たちに求めていました。しかし今、私たちはそれを自分たちで行うのです。男の人たちに、女性の権利のために活動するのを止めてくれ、と言っているわけではありません。女性が自立し、自分たちの力で闘うことに絞ってお話をしたいのです。

 親愛なる少女、少年のみなさん、今こそ声に出して言う時です。そこで今日、私たちは世界のリーダーたちに、平和と繁栄のために重点政策を変更してほしいと呼びかけます。世界のリーダーたちに、すべての和平協定が女性と子どもの権利を守るものでなければならないと呼びかけます。女性の尊厳と権利に反する政策は受け入れられるものではありません。
 私たちはすべての政府に、全世界のすべての子どもたちへ無料の義務教育を確実に与えることを求めます。私たちはすべての政府に、テロリズムと暴力に立ち向かうことを求めます。残虐行為や危害から子どもたちを守ることを求めます。私たちは先進諸国に、発展途上国の女の子たちが教育を受ける機会を拡大するための支援を求めます。私たちはすべての地域社会に、寛容であることを求めます。カースト、教義、宗派、皮膚の色、宗教、信条に基づいた偏見をなくすためです。女性の自由と平等を守れば、その地域は繁栄するはずです。私たち女性の半数が抑えつけられていたら、成し遂げることはできないでしょう。私たちは世界中の女性たちに、勇敢になることを求めます。自分の中に込められた力をしっかりと手に入れ、そして自分たちの最大限の可能性を発揮してほしいのです。

 親愛なる少年少女のみなさん、私たちはすべての子どもたちの明るい未来のために、学校と教育を求めます。私たちは、「平和」と「すべての人に教育を」という目的地に到達するための旅を続けます。誰にも私たちを止めることはできません。私たちは、自分たちの権利のために声を上げ、私たちの声を通じて変化をもたらします。自分たちの言葉の力を、強さを信じましょう。私たちの言葉は世界を変えられるのです。なぜなら私たちは、教育という目標のために一つになり、連帯できるからです。そしてこの目標を達成するために、知識という武器を持って力を持ちましょう。そして連帯し、一つになって自分たちを守りましょう。
 親愛なる少年少女のみなさん、私たちは今もなお何百万人もの人たちが貧困、不当な扱い、そして無学に苦しめられていることを忘れてはいけません。何百万人もの子どもたちが学校に行っていないことを忘れてはいけません。少女たち、少年たちが明るい、平和な未来を待ち望んでいることを忘れてはいけません。無学、貧困、そしてテロリズムと闘いましょう。本を手に取り、ペンを握りましょう。それが私たちにとってもっとも強力な武器なのです。

 1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。教育こそがただ一つの解決策です。

 エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。

 ありがとうございました。

 *****


 マララさんはノーベル平和賞受賞において「この賞は、ただ部屋にしまっておくためのメダルではない。終わりではなく、始まりに過ぎない」と表明しています。

 私は、あまりにも若くして真実に目醒めたこの少女が、自分の心の中で構築した考え方というよりも、1つのひらめき、直感が働いたもの、もっとはっきり誰かからのメッセージを伝えている、すなわちチャネリングが起こっているように思わざるを得ない、そんな衝撃を受けております。もちろん、ノーベル平和賞として「憲法第九条」が比較の対象にもならないと思うのは私だけではないと考える次第です。

「癌の告知」について 第二版

 今日は、「癌の告知」について、昨年の5月3日にも取りあげた内容ですが、文章と図を加えて更新し、第二版としてもう一度、記事にさせていただきます。

 私が初めて癌患者と身近に接したのは小学校1年生、6歳ぐらいのことでした。母親の姉が若くして胃癌に罹り、その病室を訪れる際「ガンという言葉は絶対に口にしてはダメ」と言われて、「ガンバって!」すら言ってはならないと硬く口を閉ざしていたのが想い出されます。今から思えば、叔母は若い女性に多いスキルスから癌性腹膜炎状態だったようで、昭和40年代の当時、本人に病名は知らされていませんでした。
 多くの有名人が癌に罹患し、不幸の転機を聞くことが少なくなく、今も昔も、癌は治療困難な病気であります。もちろん昭和の時代と今とでは、治療法に試行錯誤から改善が図られ、治療成績に向上は見られておりますが、己が癌であることを知ったその瞬間から死を意識せざるを得ないのは昔も今も変わりありません。日本人の人生観や死生観に大きな変化が生じているとは考えづらく、その昔、タブーとされた「癌の告知」について、その是非を検証いたします。


◇ 昭和の医療 渡辺 淳一 氏の小説から

 昭和の代表的な医学系小説家で、春先に他界された、故 渡辺 淳一 氏(1933年 [昭和8年] 10月24日 - 2014年 [平成26年] 4月30日、享年80歳)は昭和49年発刊の「無影燈」の中で、進行胃癌の患者に対する手術で切除不能で終わった際の、主人公である直江医師と若手の小橋医師の会話を以下のように描写しています。

無影灯 写真

 *****

  小橋 患者になんと説明するのですか?
  直江 大きな潰瘍で、できるだけ切除したと言えばいい
  小橋 そんなんで騙せるものですか? 
     良くならないと言って迫ってくるんじゃないですか?」
  直江 癌である以上、騙さなければならない
     患者は迫ってなどこない
     患者は、医者が嘘をついていると知りながら、
     その嘘に一縷の望みを託して、
     嘘のなかに入って行こうとするものだ
     最後の最後に、命尽きる時、
     医者を恨むだろうがそれでいいのだ

 *****


 昭和の時代、乳癌や白血病など他分野はともかく、消化器において癌は不治の病であるとの前提の下、その告知は本人の落胆、精神力の減退、苦しみを惹起する一方、告知しないことにより患者は精神の安定から安らかな生活を送れると信じられておりました。これは、死に直面する者に対する精神的配慮と言えるものだったと思います。こうした傾向は、平成7, 8年頃まで続きましたが、私は平成6年4 月より秋田県の病院に勤務しましたので、その秋田では「癌の告知」は行わない時代でありました。

癌の告知の是非、精神的配慮から

 この発想に基づいて、冒頭で申し上げた、3人の学童期息子/娘をもちながら若くして進行胃癌に罹った私の叔母にも、癌の告知はなされなかったことは想像に難くありません。そして、その叔母が、癌の告知がなされずに、元気に笑顔でいられた時間が少なからずあって、「とても本人には伝えられない」としていた母方の親戚一同の雰囲気が想い出されます。癌を告知しないことにより、患者がその「嘘の中に入ってくる」、故 渡辺 淳一 氏の考え方は決して間違いではないと思います。現在においても、患者家族の方から本人への告知を避けて欲しいとの要望がしばしば聞かれます。それはそれで、あり得る心情だと思います。
 しかしながら、今現在、「癌の告知」が普通に行われているのはなぜでしょうか? いくつか思い当たることを挙げてみます。


◇「癌の告知」の根拠として考えられること

 先に一般的に言われている根拠を述べますと、、、

 ○ 情報化社会のため隠し果(おお)せない
 ○ 合併症、危険性を含む病名、治療概要説明の必要性
 ○ 自分の余命を知って充実した余生を送りたいとする考え方
 ○ 代替・統合医療など、自ら治療法を選択する権利

そんなところでしょうか? それぞれについて若干の考察を加えます。

1.情報化社会のため隠し果(おお)せない

 「医者からもらった薬がわかる本」(法研)の初版が1985年(昭和60年)であり、これまで29版を重ねております。患者が自分が受けている治療の概要を知ると言う今では常識的なことは、この本が大きなきっかけとなったように思います。

医者からもらった薬がわかる本 図

 また、今の時代はブログやFace Book、ツィートなどとSocial Networking Service、SNSが発達しており、インターネットを介して、見ず知らずの人の闘病生活を知ることができます。他者との比較から、自分がどんな病気でどう治療されているかを知ることは至極簡単なことであります。「癌の告知」をせずに隠匿していたのが、あっさり患者にバレてしまう、そういう「情報化社会」の流れと言う考え方です。

2.合併症、危険性を含む病名、治療概要説明の必要性

 現代は契約の時代であります。とりわけ医療の分野では、インフォームド・コンセント(informed consent, IC)と言って、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念が定着してきて、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上で、対象者が自らの自由意思に基づいて医療従事者と方針において合意する概念であります。日本では、1997年(平成9年)の医療法改正によって、医療者は適切な説明を行って、医療を受ける者の理解を得るよう努力する義務が初めて明記されました。

手術検査同意書 図

 上で示しましたごく一般的な手術(検査)承諾書においては、病名、麻酔法とその副作用、合併症と、手術(検査)の目的、必要性と、やはり副作用、合併症、さらには手術(検査)後の経過、見通しまで明記して、患者、家族に署名をいただきます。最後の文章に大きな意味があります。

 なお、医学的常識に基づく施術が行われたにもかかわらず、万一発生した不可抗力の事態に対しては、異議申し立てをいたしません。

 つまりこれがインフォームド・コンセントの実際であり、合併症などの「不可抗力」に対する訴訟などを予防して、はっきり、医療サイドを守るためものであります。これも、偽らざる現実であります。しかし、これが医療における「契約」と考えれば至極、当然のことでもあります。
 こうした流れの中で、「癌の告知」をしないことは、あり得ない、と言うのが現状です。上で申し上げた、1997年(平成9年)の医療法改正で初めて明記された「医療者は適切な説明を行って、医療を受ける者の理解を得るよう努力する義務」、このあたりが、正確に「癌の告知」が一般化された時期かと存じます。

 1つ、申し上げたいこととして、この時期(平成9年当時)の前、私たち外科医は、患者に対して「癌の告知」を行うべきか否かをずいぶんと議論して参りました。その現れが故 渡辺 淳一 氏の主張であり、患者によっては「この人には話しても良いのでは!?」って思うケースはしばしばでした。上記流れの医療法改正を機に、難しいことを考える必要がなくなったのは医師の方なのであります。

3.余命を知って充実した余生を送りたいとする考え方

 余命を意識することによって残りの人生を考えることは、今に始まったことではないと思います。現代医療が確立される以前は、むしろそういう時代であったかも知れません。命の儚さ(はかなさ)や、限られた人生に対する心構えなど、、、。

BJ死ぬ直前の芸術作品 図

 上に示したのは、前にも提示したことがあります(昨年7月19日記事「解ってほしい! ヒトがいきること、ヒトがしぬことを」)。故 手塚 治虫 氏の「ブラック・ジャック」、1976年(昭和51年)8月に発刊された第9巻に収録された「絵が死んでいる」と言う作品の1場面、末期癌の画家が絵を完成させるシーンです。故 手塚 治虫 氏は昭和の内科医、故 渡辺 淳一 氏も昭和の時代に整形外科医でありましたけれど、告知や余命に対する考え方が両者に大きな開きがあったとは思いますせんが、それぞれに医師としての考え方があったと思います。
 ここで申し上げたいことは、生きている間に自分がやれること、芸術作品や誰かに何かを伝えたいこと、あるいはやり遂げたい仕事があって、自分が癌であるならそう言ってほしい、予後はどの程度であるのかを知りたい、そう言う考え方がが表面に出て来ているように思います。でも、これはもっと前からあった概念だと思います。

4.代替え医療など、自ら治療法を選択する権利

 「癌の告知」がタブーであった時代には己の治療の概要は不明瞭で、投薬すらも詳しい説明がなされませんでした。癌であることが告げられていないのですから、治療法を選択する余地すらもなかったわけです。
 例えば、癌に効くとされるサプリメントや温泉、玄米などの食事法、免疫力を高める笑いなどの生活習慣、あるいは自己啓発や信仰、お祓いなどなど、数えきれないほどに、現代の西洋医学以外にも癌に対する有効なものがあります。

代替療法・統合療法「日本がんコンベンション」会場風景

 上の写真は今年の7月に出席してきました「第20回 代替・統合療法 日本がんコンベンション」の会場風景です。癌治療にけける、現代医療の限界を指摘するのみならずそれを弊害とする立場の人があまりにも多いのに驚きました。こちらの分野はまた機会があれば勉強の成果をお知らせしたいと思いますが、中には高い説得力があるお話もありました。先日取りあげた「科学?/非科学? ファスティング(断食)の美容・アンチエージング・疾病における有効性を検証」(8月11日)や「解明されつつあるサーチュイン遺伝子のアンチエイジング効果」(9月7日)はこの「代替・統合療法」で仕入れたネタでありました。
 こうした、現代医療、少なくとも保険診療の範囲の外側に、もしかしたら癌に有効な治療法があるかも知れないことを私は否定しません。私だって自らが癌に罹れば、いろんな免疫力を高める工夫をすると思います。

 さて、こうした時代において、「癌の告知」は患者にその治療法を選択する権利を与えるものともなって来ました。手術の後に化学(放射線)療法を行っいる患者から「体に良いと言われてヤクルトを飲んでいます」と言われたり、「秋田の玉川温泉に行きたいのですが良いでしょうか?」と質問されたりします。癌を告げているからこそ、病院で受ける治療以外に、自分でも代替療法を模索されているのです。
 しかし、時には困ることもあります。抗癌剤治療は受けたくない、代替医療一本で行きたと言う患者もたまにはいます。「強化インスリン療法」や「高濃度ビタミンC療法」、「高度活性化NK細胞療法」と言った、有効性が証明されていない、すなわち保険診療として認可されていない治療法が、自由診療で行われており、これらを選択する患者も出現してきており、「癌の告知」の時代に入り、、、

 治療法を選択するのは患者の権利

となって来ているのです。これに対して否定的な意見を述べることはあっても、絶対にダメとは言えません。現代医学が完璧なわけではありませんし、患者の自分の命ですから、その治療法選択は患者の権利なわけです。


◇「癌の非告知」、本当の問題は!

1.嘘で始まり嘘をつき続ける医療

 まずは以下のスライドをご覧下さい。患者に「癌の告知」をしない、すなわち別の病名を告げると言うことは以下のような説明になると言うことであります。

患者に話した嘘の数々 スライド

「胃潰瘍で一部に悪性が疑われますので切除します」
 :これくらいなら許されますでしょうか?
「腸に潰瘍があって血が止まらないから切除しましょう」
 :腸ってどこの腸よ!?、それに潰瘍??
「腸が長すぎて一部に狭いところがありますから切ります」
 :腸が長いって私はウサギ?、狭いってどういうこと?
「胃がただれているから今のうちに切っておきましょう」
 :ただれくらいで切られたら日本人はほとんど胃切除になりますが?
「お腹の中の癒着を取る薬を使いますよ」
 :「癒着」ってすごく神秘的な単語でよく使いました
「術後、元気が出る薬を使います。でも吐き気がして毛が抜けます」
 :「元気?」。「吐き気?」、「脱毛?」
  どっ、どういう意味!? よくそんなこと言ったもんだ!


 これは実際に癌の患者さまに申し上げた言葉であります。もうちょっと上手な嘘をつけよな〜!、と言われるかも知れませんが、私が考えたわけではなく、医局の先輩たちが使っていた言葉を私も使いました。これらは嘘ですよね! 命に関わる疾病に罹患した患者に対してこれらの言葉は「無いな〜!」と思いました。でも、そうしてました。そういう時代でありました。

 お年を召されて苦痛なく平穏な生活を送っているご老人や、学童期の子供にはあえて病名を告げる必要のない場合はあるでしょう。社会的地位や家庭を支える立場にある年代ではどうでしょうか? 
 私は外科医として最初の何年か、無数の消化器癌患者と接して数え切れないほどの「嘘」をついて来ました。癌を潰瘍と偽り、再発を体調不良と説明し、その都度、癌とそれに伴う病態を告知しないことが本当に患者にとって良いことなのか自問自答の日々でありました。まさに、「嘘で始まり嘘をつき続ける医療」でありました。患者のなんとなくよそよそしい態度と、つきそう家族の困ったような暗い表情には常に引っかかるものを感じていました。絶対に間違った医療だと思っておりました。

2.非告知で信頼感の欠落した家族と孤独に陥る患者

 患者に対しては癌ではない、例えば胃潰瘍のように話して、その家族には真実を伝える、そうしたやり方が家庭内のどのような変化を生ずるか、当時は考えてもいませんでした。患者に「癌の告知」をしないことは、「とても本人には伝えられません」と言う家族も同意しておりましたから、、、。
 あらゆる癌患者のいる家庭に、と言うわけではありませんが、多くの場合、患者以外の家族間で「噂話し」が発生します。まさか葬式や遺産相続の話と言うわけではなく、例えば、、、

 「今日、病院に行ったら、お父さん、再発しているみたいなの」
 「あの温泉が効くそうで連れて行きたいけど本人は知らないからね」

 と、そんな話だと思います。そんな家庭環境で、患者が、ともに住む家族間の様子、肉親だったり、苦楽をともにした配偶者の表情に違和感を持たないわけはありません。はっきり、「何か隠しているだろう!」って思うこと、言うことがあったと思います。家族間に秘密があって、患者は家族を疑い、ぎくしゃくして家族間に信頼感が欠落、患者は孤独に陥る、そんな情景が脳裏に浮かびます。

患者に告知しなかった場合スライド

 秋田におりました頃、癌の術後に外来通院していた患者がある時から来れなくなり、ご家族が薬だけをもらいに来るようになって、「本人はどうしてますか?」と尋ねると、「最近、会話していません」、「食事もあまり摂れていません」、「暗い方をぼ〜っと見ているようです」、「夜はあまり眠れていないようです」と、そんな話を聞きました。患者が、自分が癌ではないかという疑いと恐怖から、医者と家族に対する疑念を持ち、誰も信じられない!、1人孤独の日々を送っているのは明白でした。口にはしませんが、明らかに、本人に「癌の告知」をしなかったことに対して、私と患者のご家族との間に後悔の気持ちが生まれておりました。ここでも、果たして癌治療のあり方としてこれで本当に良いのだろうか?、という疑問がつきまといました。


◇「癌の告知」で家族全員で癌と闘う!

 癌は現在、日本人の死亡原因第1位であります。ですから「癌の告知」は患者本人にとって「死の宣告」に近いものであることには今も昔も変わりはありません。もちろん、進行癌の患者に対して「余命何ヶ月」とか「手の施しようがない」と簡単に申し上げるものではありませんが、どのように話しても患者は、多くの場合、動揺と焦燥を隠せません。しかし、患者本人と家族が同席の下、その両者に全く同じ内容で真実を告げ、予後や死亡率と言った悲観的な話ではなく、確固たる治療法、治療計画を説明した時、もちろん患者本人の落胆は否定しませんが、ほとんどの場合、励ます家族と勇気づけられる患者、そして癌治療に心血を注ぐ医療サイドとの間に強い一体感が生まれる実感を得ます。

「癌告知」の家族スライド

 担癌患者に免疫力増強が有効であることが証明されつつあり、患者が癌と闘う同志(家族、医師)を得て、強い意志を持って治療に専念する、こうした形は免疫力を増強させもする、これこそが今なお死亡率の高い癌に対する治療のあるべき姿と考える次第です。

告知による医療患者家族の図


GATEWAY EXPERIENCE:Wave VI Odyssey CD1

 体外離脱について勉強したところで、久しぶり、“HEMI-SYNC RECORD”記事、ゲートウェイ・イクスペリエンス関連のものは約4ヶ月ぶりとなります。いよいよ最終、“Wave VI Odyssey”に入りますが、エクササイズを繰り返しすうちに新しい発見が少なからずあり、また、過去の解釈が間違っていたと気付くこともあります。今後、それぞれのエクササイズについて更新版を出すことも考えておりますが、あくまでも最初のスタンスは、自分自身の記録、メモ書き、覚書であります。また、ゲートウェイ・イクスペリエンス以外にも多数のヘミシンクCDはあり、またヘミシンク以外にも音響、その他の瞑想法はあります。「瞑想/ヘミシンク関連」のカテゴリは今後も発展させていきたく存じます。


◇ CD1 #1 Sensing Locale 1:エネルギー体(第2の体)をF10で感じ、F12にて知覚

1.“Locale”の意味

 CD1の2つのセッションの題名に“Locale”と言う単語が使われております。これは、一般的に、外来語にもなっている“Local”=「地方、ローカル」に似てますが、“Locale”「場所、場面、ロカール」と言う区別された単語であります。体外離脱の記事でご紹介した故 ロバート・モンロー 氏は “Locale 1 & 2”を以下のように呼びました。

 Locale 1 = こちらの世界(物質界) = ここ(Here)
 Locale 2 = 向こうの世界(非物質界)= あそこ(There)


 モンロー氏の著書“Journeys Out of the Body”「体外への旅」の中で、氏は体外離脱した「第2の体」、「第2の状態」がどこへ行くのか?、と言う質問に対して、上記Locale 1, 2に加えてLocale 3(反転したイメージ)を挙げています。そのうちLocale 2, 3については別の機会に勉強するとして、身近なLocale 1を説明しますと、もっとも馴染みのあるこの物質界の人と場所で成り立つところとされます。もっとも一般的な体外離脱で行くLocale 1では、見たことのない生き物や場所や出来事に出会うことはないとされます。

2.セッションの目的

 さて、当セッションでは「Focus 10でエネルギー体(第2の体)を感じた後、Focus 12に移行してこれを知覚する」ことを目標にします。体外離脱の記事の中で、モンロー氏の経験としてコメントされてましたし、「体外離脱のコツ」と題した項目の中にも紹介しました「離脱直前の振動」は、実際には肉体ではなく、非物質であり、当セッションで取り組む「エネルギー体、(第2の身体 Second body)で起こっているとされます。モンロー氏によると「貴方を取り囲むエネルギーの場」、「振動し生きている貴方の肉体の延長」、「肉体に活力を与える生命の力」とのことです。体外離脱の記事の中で、「神智学における体系」の一つとしてご紹介した「エーテル体(Etheric body、生気体、形成体、生命体)」がこれに相当するとも言われます。
 「第2の体」を知覚すると共に、もう一つ重要な目的は、Locale 2へ行く準備段階を確立することです。ゲートウェイ・イクスペリエンス Wave VIの最後の2つのエクササイズはLocale 2の入り口を経験するものです。残念ながら、モンロー氏が言うところのLocale 2も3も完全には経験できないようです。さらなるエクササイズが求められるところのようです。

3.エクササイズの流れ

 1)エネルギー変換ボックス
 2)レゾナント・チューニング
 3)アファメーション
 4)F10でリラックスして第2の体のエネルギーを感じる
 5)エネルギーを拡張しつつF12に移行
 6)右腕を伸ばして「よく知っているもの」を掴む
 7)その「もの」を押し、乗り越え、さらに向こうに腕を伸ばす
 8)同じ操作を左手でも行う
 9)F12からカウントダウンでCI(覚醒の状態)に戻る


◇ CD1 #2 Expansion in Locale 1:第2の体で振動と上昇

 当エクササイズは、拡張した意識、あるいは拡張したエネルギー体の中で体外離脱を行うものです。

1.セッションの目的

 #1 Sensing Locale 1が第2の体を知覚するのを目的としましたが、その続きで、当セッションの目的は第2の体に馴染み、その振動を体感し、上昇する感覚を体験するものです。

2.セッションの流れ

 1)エネルギー変換ボックス
 2)レゾナント・チューニング
 3)アファメーション
 4)F10でリラックスして第2の体の振動を感じる
 5)エネルギーを拡張しつつF12に移行
 6)身軽となる感覚から第2の体の上昇
 7)数分感のフリーフロー(自由行動)
 8)F12からカウントダウンでCI(覚醒の状態)に戻る