アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

映画「エデンの東」、ジュリー・ハリスさん死去

 一昨日、8月24日、映画「エデンの東」(East of Eden, 1955年)でジェームズ・ディーンの相手役を務めた米女優のジュリー・ハリスさんが米北東部マサチューセッツ州の自宅で心不全のため亡くなられたとのこと、87歳とご高齢には最初、少し驚きました。私が知っている彼女は、永遠に「エデンの東」の中の聡明で愛情深い女性“アブラ”でありましたから、、、。

East of Eden2
映画「エデンの東」

ジュリー・ハリス
ジュリー・ハリス 「エデンの東」のワンシーン

250px-James_Dean_in_East_of_Eden_trailer_2.jpg
ジェームズ・ディーン「エデンの東」のワンシーン

 私にとっては主人公キャルを演じたジェームズ・ディーンの影がある演技も好きでしたけれど、ジュリー・ハリスさんの観覧車でキャルとキスする時の葛藤の表情、エンディングのキャルの父アダムに対する心を込めた懇願がいつまでも心に残っております。
 エリア・カザン監督、ジョン・スタインベックの同名小説をポール・オズボーン脚色、24歳で事故死したジェームズ・ディーンが初の主演映画で彼はこの役でアカデミー賞の最優秀主演男優賞にノミネートされた、レナード・ローゼンマン氏作曲の名曲もあり、有名な名作ですので観た人は多いと思いますが、いつまでも私の心に残る作品を、ちょっとご紹介させて下さい。

◇ 物語の基礎となったカインとアベル

 「エデンの東」は、スタインベック氏が小説の執筆に際して、旧約聖書「創世記」第4章に登場する、アダムとイヴの息子たち、兄のカインと弟のアベルを題材に、父親からの愛を切望する息子の葛藤、反発、そして原罪などを描いたものと思われます。ですから、登場人物の名前は聖書に出て来る名前に類似しています。

 弟  キャル = カイン(聖書では兄)
 兄  アロン = アベル(同弟)
 父  アダム = アダム(同父)
 恋人 アブラ = アブラム?(別の時代の男性)


 エデンの園にて、主なるエホバ神よりアダム(男)は「善悪の知識の実」だけは食べてはならないと言われていましたが、その後に創造されたイブ(女)が蛇に騙されてその実を食べてしまい、アダムにもそれを勧めてアダムも食べて、エホバはアダムとイブをエデンの園から追放しました(失楽園)。

200px-Durer_Adam_and_Eve.jpg
アダムとイブ(アルブレヒト・デューラー画)

 カインとアベルは、アダムとイヴがエデンの園を追われた後に生まれた兄弟であり、兄のカインは農耕を行い、アベルは羊を放牧するようになりました。
 ある日、二人は各自の収穫物をエホバに捧げることとなり、カインは農耕による収穫物を、アベルは肥えた羊の初子を捧げました。しかし、エホバはアベルの供物に興味を示すものの、カインの供物は無視したため、カインは嫉妬にかられて野原にアベルを誘い殺害してしまいます。その後、エホバにアベルの行方を問われたカインは「知りません。私は弟の監視をする者(子守り)なのですか?」と答えたとされます。これが人間のついた最初の嘘とされています。

 人類最初の殺人者
 人間がついた初めての嘘


 大地に流されたアベルの血はエホバに対してカインの罪を訴え、エホバはカインを「エデンの東」にあるノド(「さすらい」の意)の地に追放しました。

 カインの追放先が「エデンの東」

 これがスタインベック氏の「エデンの東」の題名の由来であり、ストーリーの基本となる逸話であります。テーマは「愛と原罪」と言えるかも知れません。

Cain_leadeth_abel_to_death_tissot.jpg
アベルを死へと導くカイン(ジェームズ・ティソ画)


◇ 映画「エデンの東」ストーリー

 1917年、アメリカ合衆国カリフォルニア州サリナス、トラスク家の双子の兄弟の次男ケイレブ(キャル)は、無賃乗車してモントレーの港町に通っていました。そこにあるいかがわしい酒場を経営しているケートが、死んだと聞かされていた自分の母親かも知れないとの情報を得て、探りを入れていたのです。父アダムに問いただしたことはありましたが、父は母との不和を話したものの、彼女は死んだと念を押されます。

 キャルが探っていた両親の過去

 キャルは不真面目な不良青年の印象で、優等生の良い子である兄アロンが父より評価されているのを不満に思っていました。父アダム・トラスクもアロンも聖人君子のような人間で、世の中の汚いこと、醜いものに対して目を背けるタイプの人間でありました。ある日、キャルは「父から愛されていない」という悩みを兄アロンの恋人アブラに打ち明けます。キャルに対して恐怖心を抱いていたアブラも、後妻を迎えた自分の父親に対して同じ悩みを抱えていたことを語り、初めてキャルとアブラの心が通い合います。

 劣等生の弟キャルと優等生の兄アロン
 アロンの恋人アブラはキャルに共感


 そんな中、父アダムは冷凍保存したレタスをニューヨークに輸送する事業に失敗し多額の借金を負います。キャルは父の損失を取り戻すため、戦争で値段が高騰すると考えられた豆の栽培を計画し、モントレーのいかがわしい店で働くキャルとアロンの母、ケートのもとへ向かい資金を求めます。そこで、ケートが家を出た理由は自由を求めたから、アダムがインディアンとの戦いで負ったと言っていた傷はケートが家を出るときに彼女に撃たれて負ったとのこと、ケートも息子キャルと同じようにアダムから聖書を引用した叱責を受けたこと、などが語られ、話の最後に資金の提供を受けることになります。結果として、戦争を控えて、豆の栽培とその販売は大成功を納め、キャルは大金を手にすることとなります。

 父アダムの事業失敗をキャルは取り返そうと画策するが、、、

 戦争が始まったある祭りの場でキャルは、アロンと待ち合わせしていたアブラと偶然に出会います。アロンとの待ち合わせの時間までアブラはキャルと行動を共にします。二人は観覧車に乗り、アブラは、アロンとの間には何か違和感を感じること、アロンは美しいもの、正しいもの、善に目が向いており、母のいないアロンが自分に対して美しい母親の像を求めていることをキャルに打ち明けます。アブラは、自分はそんなに善人ではない、アロンは本当の自分を愛しているのではなく、美化した母親を自分に求めているのではないか?、そんな誰にも言えない気持ちをキャルに話したのです。二人は先のキャルの打ち明け話と併せて、同様な気持ちを共有し、急速に愛が芽生えます。以下、観覧車でのシーンを撮影しました。

 観覧車の中で愛情が通い合ったキャルとアブラ

IMG_0402.jpg

IMG_0404.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0409.jpg

IMG_0411.jpg

IMG_0414.jpg

IMG_0417.jpg

 豆の取引で得た利益を父に渡すタイミングを考えたキャルは父アダムの誕生会をアブラと共に計画します。しかし、アダムはその頃、戦争における徴兵を選ぶ辛い立場にあり、戦争のおかげで利益を得たキャルの金は邪悪だとして受け取れないと断ります。一方、兄、アロンはアブラの意向を聞かずにアブラとの婚約をアダムに誕生プレゼントとして伝え、これに対してアダムはこの上無い清らかなものとして喜びます。
 キャルは自分の贈り物を邪悪として断り、兄には笑顔を向ける父アダムに絶望して激しく嘆きます。そして、アロンをモントレーにいる母、ケートと店で対面させるという報復を行います。アロンは美しい母親の幻想を持っていたため激しく傷つき、狂乱し、誰彼かまわず喧嘩をふっかけ、その日のうちに戦争に向けて出兵します。アロンの行方をアダムに問われたキャルは「知らないね、僕は兄さんの子守りじゃない!」と返答し、ケートが家を出た理由にも触れ、父との決別を告げます。

 キャルの贈り物は邪悪、アロンのアブラとの婚約は美しいもの
 キャルはアロンが美化して考えていた実母にモンテレーで会わせる
 アロンは激しく傷つき、狂乱し、その日のうちに戦争に向けて出兵


 アロンの出兵を駅で見たアダムは脳卒中を起こしてその場で倒れます。聖書の中でカインがエデンの東へ追われたように、自分もどこかに去らねばならないと決意したキャルはアダムの前で最後の懺悔を告げます。その時、アブラは無動無言のアダムに対して、キャルが父の愛を求めていたことを語り、このままではキャルは一生が破滅であるとして、キャルに対するささやかな愛情を示して欲しいと懇願します。この時の原文を入手しましたので、日本語訳を付けて掲載いたします。

 脳卒中で倒れたアダムにキャルへの愛情を懇願するアブラ

 +++++

Mr. Trask, it's awful not to be loved. It's the worst thing in the world. Don't ask me, even if you could, how I know that. I just know it. It makes you mean and violent and cruel.

 トラスクさん、愛されないというの辛いことです。この世の中で一番辛いです。何故そんなことがわかるかなんて聞かないで下さい。私にも覚えがあります。愛されないと心がねじれます。

And that's the way Cal has always felt, Mr. Trask. All his life! Maybe you didn't mean it that way but it's true. You never gave him your love. You never asked for his. You never asked him for one thing.

 これはキャルがいつも感じてきたことなのです、トラスクさん。彼の人生においてずっとです。貴方の本心ではないでしょうけれど、これは真実です。貴方はけっして彼に愛を与えず、彼に愛を求めませんでした。彼に何一つ求めはしませんでした。

Cal did something very bad and I'm not asking you to forgive him or bless him or anything like that. Cal has got to forgive you for not having loved him or for not having shown your love. And he has forgiven you. I know he has.

 キャルはとても悪いことをしてしまいました。私は貴方ににそれを許して欲しいとも認めて欲しいとも、何かして欲しいとも言うつもりはありません。キャルは貴方が彼を愛さなかったこと、貴方が愛を表さなかったことを許さなければなりません。そう、キャルは貴方のことを許します。私には分かります。

But you must give him some sign, Mr.Trask,,,,some sign that you love him or he'll never be a man. All his life he'll feel guilty and alone unless you release him.

 でも貴方は彼になにか示して下さい、トラスクさん、彼への愛を示して下さい、でないと彼は破滅です。彼の心の鎖を解かなければ、彼は一生罪人です。

I love Cal, Mr. Trask. And I want him to be happy and strong and whole. And only you can do it. Try! Please try! Find a way to show him! Ask for something. Let him help you, so he knows you love him.

 私はキャルを愛しています、トラスクさん。私は彼にずっと幸せで強くいて欲しいです。そしてそれは貴方にしか出来ません。お願いです。何か彼に示して下さい。彼に何かを求めれば、彼は貴方の愛を悟ります。

 +++++

 アブラに「今を逃したらお父さまと話す機会は永遠にない」と促されてアダムのベッドサイドにキャルは行きます。アダムは「あの看護師は我慢がならない!」と告げ、キャルに看護婦に替わって付き添ってくれと頼みます。キャルの心が報われた瞬間でありました。以下、テレビの撮影で供覧します映画のラストシーンです。

IMG_0418.jpg

IMG_0421.jpg

IMG_0423.jpg

IMG_0424.jpg

IMG_0428.jpg

IMG_0430.jpg

IMG_0431.jpg

IMG_0433.jpg

IMG_0438.jpg

IMG_0442.jpg

IMG_0439.jpg

IMG_0443.jpg

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2501K_V20C13A8CC1000/?dg=1
http://ja.wikipedia.org/wiki/エデンの東_(映画)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジュリー・ハリス
http://ja.wikipedia.org/wiki/カインとアベル


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

◆ スピリチュアル株式投資:ソフトバンク [9984-T1] にトレンド変化は?

 あまりにも場違いな内容の記事に驚かれた方が多かったかも知れませんが、株式投資をスピリチュアルとして捉えていることを先日申し上げ、その中でソフトバンク(9984-T1)と言う銘柄にトレンドが変化した可能性を挙げました。今日は、前回の記事から2週間になりますので、あの後、この銘柄がどうなったのかフィードバックの意味を込めて見直してみます。まずは、前回のおさらいとしてソフトバンクのトレンドに変化の兆しとした根拠のチャートです。

SB05.jpg
図1.7月下旬〜8月上旬の出来事(前回提示)

 スピリチュアル的に申せば、ソフトバンクと言う企業に対して国内外の多くの投資家が未来への可能性を感じているから、昨年に10月以降、上昇トレンドを維持して参りました。ところが、いよいよ2500円以下から上がりつめて来て7000円を超えた7月下旬以降、大きく上げた直後の大きな下落、ダイナミックな動きが観られました。スピリチュアル的には更なる上昇への期待から、2度に渡って高騰に臨むものの、きつい下落を経験してしまい、買いの意欲が萎えるところです。こうした経緯から「ダイナミックな動きでトレンドの変化」の可能性を申し上げた次第です。
 以下に、その後のソフトバンク銘柄のチャートを示します。一見すると、デッドクロス(5日移動平均線が高値から安値へと25日移動平均線と交差)を経験したものの、そのまま大きく下落することなく小幅な動きを示しています(図2、上段)。

ソフトバンクチャート8:25
図2.ソフトバンク6ヶ月チャート(8/23現在)

 このチャートに対して高値および安値のレンジ(*1、*2)、さらには新たに発生した高値抵抗線(*3)と安値支持線(*4)を描いてみました(図2、下段)。これを少し解説しますと、話は5月20日頃に戻りますが、株価は6000円を越えたところで跳ね返され5000円まで下落しました(#1)。これを見事に7月20日あたりからの数日で越えて来ました(#2)。これは出来高を伴う、同銘柄における「セリングクライマックス(大商い)」であったと思います。
 
 7月20日からの数日はセリングクライマックス
 高値抵抗線(?)が安値支持線に変換


 このクライマックスにより、ともすると6000円超えのところに高値抵抗線ができ兼ねない状況であったのをクリアしたと同時に、その6000円少し越えがその後の安値支持線となったことをこの2週間のチャートが示唆しています。
 一方、「ダイナミックな動き」と「デッドクロス」によるトレンドの変化は確かに起こっており、この2週間は上昇のパワーが感じられません。スピリチュアル的には上述の安値支持線が形成された安心感はあるでしょうが、高値抵抗線として7000円前後が意識されています。

 確かにトレンドは変化した

 以上から、高値レンジの*1線と安値レンジである*2の間を往復するトレンドであったソフトバンク株価は、この1月でトレンドが変わり、高値抵抗線*3と安値支持線*4の間で往復するトレンドに変わったと思います。この数日は安値支持線(6200円前後)に觝触する形態を取っておりますので、ここは「買い」かと思いますし、上がったとしても7000円を超えるのは厳しいので追求しないのが肝要ではないかと思います。

 6200円は買い、7000円で売り、このレンジ内!


人気ブログランキングへ

木村 鶴彦 氏 臨死体験で観た超古代文明とその最後

 先日、「科学?/非科学? 臨死体験(死後の世界)について」と題してアダムス・ストーク症候群の患者の経験や臨死体験に関する米科学アカデミーの研究発表を紹介しました。また、「ネバダ州湖底の線画が北米最古の1万年以上前のもの」とする新聞記事に対して「科学? / 非科学? 有史以前の超古代文明はどこまで解明?」と題して、現時点で仮説となっている超古代文明について、スピリチュアル周辺記事として論述いたしました。

 臨死体験と超古代文明に触れて、、、

 なんとなく、物足りなさ、「確かこの方面で取り上げるべき人物がいたような?」、そんな感覚でネットを調べておりましたら、見つけました、と言うか、思い出しました。木村鶴彦氏、20歳代の臨死体験で超古代文明とその最後を観て来た人物がおりました。今日は、ネット各所に散見される文章を引用して、この方をご紹介いたします。

 カテゴリーはスピリチュアル
 
 環境保護や人生についてなど、多岐に渡る活動をされておりますものの、その中からこれまでの行きがかり上、「超古代文明とその滅亡」を中心に取り上げますが、あくまでも臨死体験に基づくものとして、カテゴリーはスピリチュアリズムとして扱わしていただきます。

◇ 木村鶴彦 氏のWikipediaにおける紹介(抜粋)

 *****

木内 鶴彦

 小学5年生の時に池谷・関彗星を見て以来、彗星に興味を持つ。学生時代には天文同好会に所属。卒業後も長野県臼田町(現佐久市)にて天体観測を続ける。
 臨死体験者としても有名。航空自衛隊にて運航管理者(ディスパッチャー)として勤務していた22歳のとき、当時としては大変珍しい上腸間膜動脈性十二指腸閉塞で一度死亡を確認されるも30分後蘇生した。死後蘇生したことが医師のカルテに記録されている例としては国内で唯一である。その経過は学会で報告され、本人側の記録も木内の著書として刊行されている。

 医師のカルテに記録された死後蘇生としては国内唯一

 回復後は、航空自衛隊を退官し、彗星捜索を再開する。コンピュータによる軌道計算と写真乾板による彗星探査が普通である中で、木内は電卓と大型双眼鏡での眼視によって、当時行方不明になっていたスウィフト・タットル彗星を再発見するほか彗星を3つ発見して、全世界から一躍注目をあびた。木内の当時の彗星捜索のスタイルは、毎日、大型双眼鏡を八ヶ岳の山中にかつぎ上げ、眼視で観測することが特徴であった。

 スウィフト・タットル彗星の再発見

 2010年現在、全国で講演会・観望会を行い、天文や環境問題を説いて回っている。特に光害と、そこから派生する自然環境破壊を強く訴える。光害への取り組みのきっかけは、1994年「第一回世界将来世代京都フォーラム」において、木内は、自ら再発見したスウィフト・タットル彗星が、将来地球に衝突する可能性を主張した際に始まる。ある植物学者より、同年ヨーロッパで発表された「夜が明るすぎて植物が休息する時間が少なくなっているため、2011年頃から植物が枯れ始める」という説を教えられ、彗星の衝突よりも、光害のほうがより人類にとって緊急性が高いという認識を得たからであるという。しかし、その学者名や推測の根拠や理論などについては、参照文献としてすら一切言及されていない。

 夜が明る過ぎることによる「光害」の主張

 臨死体験で見た「過去」においては、月は1万5000年程前に、地球に多量の水をもたらした彗星であり、その核が現在の月として地球の衛星となったのを見たとしており、地球の重力もそれ以前は増えた水の質量分弱かったと述べている。また、太古の地球では水の性質が今と違っており、その太古の水の性質を再現する方法を考案したと述べ、その水を「太古の水」という名称で代理店を通じて販売している。この水はNMRで調べてみると、固有振動数が普通の水とはまるで違い、また原液を薄めて飲むと体にとても良く、末期癌などが完治した人もいると著書の中で述べているが、それを立証する実験結果や論文・研究データ、またそれに携わった研究者の実名等については一切言及されていない。

 「太古の水」の発明

 2008年7月、2003年に出願していた、太陽光を利用した炭素化炉システムの特許が日本をはじめ各国において認可された。2011年、年内完成を目指して実証試験炉を建設中である。炭素化炉は、巨大な反射鏡により太陽光を集光し、真空透明容器に入れられた廃棄物等に照射することで処理を行う。通常の物質は炭素・水素・ナフサなどに分解し、二酸化炭素や有害ガス等は発生しない。ダイオキシンや化学兵器、爆薬なども安全に処理することができ、理論上は核廃棄物も処理可能であるという。太陽光により処理するため、燃料費が不要であり、環境汚染の恐れがない、あらゆるものの処理が可能であることが最大の特徴である。また、生成される炭素・水素・ナフサは高純度であり、産業での利用が期待される。

 太陽光を利用した炭素化炉システムの考案

 2009年7月、皆既日食観測のため訪れた中国・杭州近くにて、胃からの大量出血による吐血と下血のために倒れた。その後、中国政府の援助もあり、約1カ月の入院ののち、日本への帰還を可能にした。その間、再びの臨死体験をした。 2010年になって、活動を再開している。

 *****


木内氏著書
木内 鶴彦 氏 著書


◇ 臨死の現場において

 ここからは、著書である「宇宙(そら)の記憶―彗星捜索家の臨死体験」および「生き方は星空が教えてくれる」、あるいはいくつかのブログに掲載された木内氏の講演会の内容から要約した、氏の臨死体験の内容をご紹介します。死線期に及んだ病名は上腸間膜動脈症候群ということです。私も症例として実は経験して論文(症例報告)も書きましたが、そんな死に至るような激烈な病態との認識はありませんでした。ちょっと意外な印象です。

 上腸間膜動脈症候群で臨死

 十二指腸の閉塞による嘔吐とそれに伴う脱水、恐らくは電解質異常、酸塩基平衡の異常から生死の境を彷徨い、いよいよ死ぬ瞬間について、「心臓の鼓動が、ドックン、ドックン、ドックン、ドックンと脈打っていたのが、急に、ドッ…、トッ という感じで、ピタリと止まるのが解った」、さらに呼吸も「スー、ハー、スー、ハー、スー、ハー、スー、ハーと呼吸していたのが、急に、スー、スッという感じで、息が吸えなくなり、文字通り、『息を引きとる』のが解った、その瞬間は、まったく、苦しくなかった」、そんなふうに述べています。この臨死における霊体の状況は以下に示す通りだったとのことです。

【臨死における霊体の状態】
 1.自分の死体を眺めるていた
 2.視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚などの五感は維持された
 3.遺族(父親)の身体に入り込み遺族の視点から己の死を観た
 4.死後の世界は真っ暗な洞窟や光の世界、三途の川があった
 5.すでに亡くなっていた従兄弟や伯母さんに会った
 6.「あの時のあそこに行く!」と念じた瞬間にその時間と場所にテレポート


◇ 6歳の自分に声をかけて助けた

 霊体となった彼は、6歳の頃、自分と姉で川べりの岩場に行ったその時点を訪れたそうです。その時分、転がり落ちてくる岩に対して上の方から「危ない!」との声を聞き、姉を助けようと咄嗟に突き飛ばしたら、姉は岩からは避けられたものの爪を剥がす怪我を追ってしまい、悪者にされたとのことでした。その現場に行った霊体となった彼が、幼い自分ら兄弟を観ていたら上の方から岩が崩れ出し、それに対して霊体の彼が思わず「危ない!」と叫び、それに6歳の彼が反応したんだそうです。つまり、未来の自分が霊体となって過去の6歳に自分に声をかけたことが臨死体験で知ったとのことでした。全く余談ですが、これに似たようなことがハリーポッターでもあったように記憶しておりますが、、、。


◇ テレポートで訪れた先々で証拠を残した

 霊体となった彼は、時間と空間に束縛されすに自由にどこにでも行けることが分かったので、好奇心のおもむくままにいろいろな時代、場所に行ったそうです。その時代の人の肉体に、いわゆる憑依するかたちで入りこみ、いろいろなことをやったり見たり聞いたりしたそうです。その一つの行為として、人の肉体を借りて、有名な神社や遺跡に証拠として、自分にしか分からない文字などを残したそうです。臨死体験体験から戻ってきた時に、それを実際に確かめに行ったら、本当にその証拠が残っていたそうです。例えば日本のある神社の柱や巻物に、自分の名前の「鶴」の文字を残してきて、現世でその神社を訪ねて神主さんに事情を話したら、「そうでしたか! これでようやく謎が解けました。私たちは、どうしてこの時代に突然、鶴という漢字が出てきたのか、ずっと不思議に思っていたのです」と言われたそうです。


◇ 宇宙の始まりを観て来た

 宇宙や太陽系の始まりも観てきたそうです。宇宙というものは「ひずみ」から始まったそうです。当初、「膨大な意識」というものに「ひずみ」が生じ、そこから宇宙が始まったそうで、所謂、「ビッグバン」はその後だったそうです。最初の元素が水素で、それからヘリウムやリチウム、いろいろな元素ができ、太陽系ができたり、地球ができたりしたそうです。球での生命体は「藻」のようなものから始まったそうです。これはミトコンドリアの祖先のようなもので、その後にミトコンドリアがたくさんの地球上の生命体に入りこみいろいろな役割を果たしたとのことです。


◇ 15,000年以上前の超古代文明は恐竜と共存

 15,000年以上前の地球には超古代文明があり、主として地下都市を建設して住んでいたそうです。地上ではUFOのような浮遊する乗り物に乗って移動し、レーザーのようなもので岩を切って建物を建造していたそうです。また天文学の知識が発達しており、同時代の人に憑依して年代の特定も行ったとのことです。地下都市を建設したのは「地上に都市を建設すると植物を破壊するからやめよう」との判断だっただそうです。

 地下都市を建造した超古代人
 地上を浮遊するUFOのような乗り物
 レーザーで岩を切る技術
 天文学に関する高い知識


 また、驚くことに、その時代には地上に恐竜がいて、超古代と恐竜は共存していたとのことです。


◇ 彗星であった月が洪水を起こして地球の衛星に!

 すでに超古代文明があった15,000年以上前の時代、地球には月は無かったそうです。月は巨大彗星として太陽系に侵入、地球に接近して衛星になったそうで、この歳に巨大彗星が持っていた氷が溶けて地球に雨として降り注ぎ、これで地球上は大洪水に見舞われ、海岸線が2000 mほど上昇、陸地は水没、多くの古代人が亡くなり、恐竜は絶滅したそうです。これが「ノアの大洪水」として聖書に残されたものだったとのこと、、、。地球の歳差運動との計算で洪水の歳の北極星の位置から、それは15,000年前の出来事とであり、現世帰還後、月のクレーターの数からその推測した年数に間違いないとの確信を得たとのことです。

 月の来襲が引き起こした「ノアの大洪水」
 歳差運動に基づき15,000年前と推定

 
 洪水以前の地球は重力が今より弱く、また人々は現在よりも2000 mばかり低い場所で生活していたため、寿命が数百年もあったのだそうです。現在の地球は洪水以前の人々と比べると2000 mも高い場所で生活しているおり、地球の重力も強くなったため寿命が短くなったとのことです。

 洪水前の人類は寿命が数百年

 また、現在、我々が金星人や火星人と呼んでいる太陽系内の宇宙人は、ノアの大洪水の時に地球からUFOで避難した人たちがおり、もともとは地球人だった宇宙人もたくさんいるとのことです。


◇ 洪水前の太古の水を考案、作製

 洪水前の地球の重力、気圧から、(月が来襲する前の)太古の時代の水を推定して、これを太陽エネルギーを用いて再現することに成功、癌その他の難病に対する有効性を示し、市販化されています。

太古の水製品
「太古の水」で作られた製品(楽天市場より)

 以上、端折った内容でありますが、臨死体験と超古代文明と言う、当ブログで扱った内容を同時に併せ持つ人物の紹介でした。もちろん、完全に鵜呑みにして信ずるわけではありませんし、本人の錯覚や幻想もあり得る話しです。しかしながら、霊体としての彼の経験も、彼が描写するところの超古代文明の在り方も、説得力を感じる部分はあります。何かはあったのでは?、と思う次第です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/木内鶴彦
http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11250243674.html
http://blog.goo.ne.jp/blue77341/e/38a3d21a4a2f78bdaa18df22382dd1e8
http://new-culture.net


人気ブログランキングへ

GATEWAY EXPERIENCE:Wave III Freedom CD3

◇ CD3 #5 Energy Food:生命エネルギーを心身に取り込む

 本セッションは空気中のエネルギーを取り込むことをイメージするエクササイズです。気功で言うところの「気」、ヨガでは「プラーナ」と同じ概念で、非物質の存在です。もちろん電気や石油のような物質的なエネルギーではなく、食べ物、栄養とも違います。「生命エネルギー」と呼ばれるものです。

 気功の「気」、ヨガの「プラーナ」のイメージ

 エクササイズで両掌にエネルギーを取り込むことをイメージさせますので、両掌は予め上に向けておくとやりやすいでしょう。イメージはマニュアルによると以下の通りの記載がされております。

【掌からエネルギーを取り込むイメージ】
 ・光輝く粉が手に降る積もる
 ・降り注ぐ光のシャワーを全身に浴びる
 ・強いスポットライトが手に当たる
 ・手が暖かくなる
 ・誰かが手を握ってエネルギーを分けてくれる
 
 私は、共鳴・エネルギー・バルーンを作る際に頭頂部から湧き出る生命エネルギーと同一のものが両掌から体内にどんどん入って来る、そのまんまのイメージでジンジンと掌が熱くなる感覚でした。


◇ CD3 #6 First Stage Separation:5段階で最初の体外離脱

 いよいよ体外離脱(OBE, Out of Body Experience)の本格的なエクササイズが始まります。 これまでは共鳴・エネルギー・バルーンに包まれた形でのイメージでしたが、本セッションでは(生身の)肉体から霊体が離れる形を5つの段階でイメージするものであり、これまでとは少し感覚が異なり、またイメージしずらい印象があります。Focus 12に入ってからの手順は以下の通りです。

【5つの体外離脱方法】
 1.丸太の回転(Log-rolling)
    自分の身体が水に浮かぶ丸太となり回転するイメージ
 2.柱(Pole)
    自分が長い柱になって足首を起点に真っすぐに立ち上がるイメージ
 3.後ろに下がる(Backing away)
    ゆっくり後ろに上がり肉体から離れて自分の背中を見るイメージ
 4.流れ(Flowing)
    非物質的エネルギー、雲や霧、ガスとなって頭頂部から流れ出るイメージ
 5.浮遊(Floating)
    ゆっくりとフワーッと気持ち良く上に浮き上がるイメージ

 このセッションにおけるイメージはけっこう難しい感触でおります。つい、直前のブログ記事で「完成しつつある体外離脱のコツ」などと意識のなかで手足を動かすことを申しましたが、これは5.浮遊(Floating)において使える技かな?、と思っております。
 ただ、せっかく5つの方法論をここで学ぶのですから、それぞれを別々に身につけておいて、他のヘミシンクCDを聴きながら1つに集中してエクササイズを行うのも1つの手かと考えております。必ずしもこのWave III, CD3, #6 First Stage Separationの中だけでやるエクササイズではないと思います。


人気ブログランキングへ

完成しつつある体外離脱のちょっとしたコツ

 少しだけ、ヘミシンクにおける己の進捗状況を報告しますと、最近はガイドとの交信らしきものがあっても、なかなか得るものがない、妙な光や雑音で終わることも多く、前世についての情報や未来の予知などと言ったものは得られていません。まだまだ、次元上昇やら、チャネリング、俗物的には株式投資に役立てる、と言った段階には及ばない状況です。

 ガイドとの交信は今ひとつであるが、、、

 最近の明るい話題としては体外離脱が完成しつつある、ちょっとしたコツを覚えたと言うことです。遠い昔の学生時代に経験したことはありましたが、大人になってからは、占いをする時に意識の中でそれらしい感覚となるのみでありました。3月よりヘミシンクを始めてからは、上手く行くときもありましたが、成功率は2割弱だと思います。離脱できたと思える時とそうでない時の違いもよく解らず、ほとんど偶然出来たと言う数ヶ月が過ぎていました。
 実際のところ、ヘミシンクの状態がピークに達しただけではなかなか肉体から離れることはできません。抜け出ようなどと念じてもかえって身体がジンジンと痺れる感覚が増強して肉体への意識が高まります。頭から出てゆく自分を連想して上手く行ったことはありますが、確実性は欠けます。「どうも上手くいかない!」、「今日はダメかな?」と言った焦りや絶望、諦めに感情が芽生えてくれば不成功に終わることは多いです。

 体外離脱についても思うように行かなかったが、、、

 最近、修得した技として、盛んに手足を動かすようにしています。もちろん肉体の手足ではなく意識した手足です。平泳ぎをするように両足を広げて伸ばしたり、両腕も広げたるかいたりします。肉体とは異なる動きを念ずることで肉体と霊体が分離する感覚は高まり、徐々に肉体から離れる自分に気づきます。体外離脱を果たしてしまうと、もうこっちのもの!、自由自在の動きができます。

 意識の中で四肢を動かすことにより肉体との分離を獲得

 まだ、Gateway Experienceのエクササイズの中だけでの離脱ですので、どこかに遠隔地に訪問するまでには至っていませんが、体外離脱、こちらの方の見通しは明るい気持ちでおります。


人気ブログランキングへ

GATEWAY EXPERIENCE:Wave III Freedom CD2

 Gateway Experienceのエクササイズの目的とするところを大別すると3通りになろうかと考えております。これについての詳述は別の機会にしようかと存じますが、以下に示す3つです。

 1.未来への暗示的効果
 2.ガイドとの交信
 3.体外離脱


 これらを実現するためのツールやイメージ法を学ぶエクササイズがあり、またいくつかの意識レベルの段階があります。ここでご紹介するWave III, CD2, #3 Vector と #4 Five Questionsには同じCDでありながら、いずれもFocus 12であること以外には関連性はなく、#3 Vectorsは体外離脱のためのエクササイズであり、#4 Five Questionsはガイドとの交信の基礎を固めるものと位置づけられると思います。


◇ CD2 #3 Vectors:F12で方向性をイメージする訓練

 このセッションは、同じWave III内のCD1 #1 Lift Off(Focus 10で浮揚)の延長線上にあるエクササイズと思われます。なぜなら、Focus 12に入ることで意識の領域を広げたうえで、共鳴・エネルギー・バルーン(Resonant Energy Balloon, REBAL)に包まれた状態で空中に浮かび、CD1 #1 Lift Offのただ体を上下させるのから、このセッションでは前後左右上下と、回転したり向きを変えたり三次元的に動きます。最初は幾何学的なイメージが難しいところですが、コツとしてはうつ伏せで、頭が0(12)時、足が6時、右手に3時、左手が9時となる文字盤をイメージすること、エクササイズにおける動きはナレーションに沿っていつでも同じですので、何回か聴いた後、どういう動きを要求されるのかシュミレーションして本番エクササイズに臨むと良いかと存じます。

 幾何学的イメージに対して事前シュミレーションを!

ベクトル
#3 Vectorsにおける文字盤のイメージ


◇ CD2 #4 Five Questions:F12で人生を導く根源的質問と回答

 本エクササイズはWave II:Threshold, CD1, #2 Problem Solvingに続いてのガイドとの交信を目指したものです。Wave II の際と同様、Focus 12において質問を投げかける形式ですが、今回は以下に示す人間として根源的な質問となります。

【#4 Five Questionsにおける根源的質問】
 1.私は誰なのか?
 2.現在の物質的存在になる以前の私はどこの誰だったのか?
 3.物質の世界において私は何をすればいいのか?
 4.その目的達成のため私は何をすればいいのか?
 5.現時点で私が受け取り理解可能な最も重要なメッセーの内容は何か?

 マニュアルではガイドから答えをもらうのではなく、自分で「思い出す」と指示されていますが、「私は誰なのか?」の問いに対して「人間」とか、「何をすればいいのか?」と問えば「ヘミシンクでアセンションを目指す」などと、馬鹿正直で陳腐な答えが浮かんで来ます。このエクササイズも、もう少し己の次元が上がったところで繰り返しても良いものかと存じます。


人気ブログランキングへ

GATEWAY EXPERIENCE:Wave III Freedom CD1

 また間が開いてしまいましたがGateway Experienceを用いたヘミシンクの解説、Wave I〜VIまであるうちのWave III Freedom(自由)まで来ました。
 ここで「自由」と題された意味は、Wave IIまでで「様々な基礎的手法を学んだところで自由な探求を行う段階」と言う意味かと考えます。Wave IIではFocus 12まで意識レベルを向上させて慣れ親しみ、「問題解決」と言う形でガイドとの交信のまねごとを実践して、未来に向けた己の理想をイメージしました。Focus 10までに留まりいくつかの色の呼吸で身体の癒しを体感したり、Energy Bar Toolを作製、これを用いた己の肉体の輪郭をマップするイメージも経験しました。Wave IIはFocus 10〜12間を行き来して少しずつ様々なイメージを植え付ける段階であったと理解できます。

 Wave IIIは基礎を学んだ後の自由な探求

 Wave IIIはいよいよ中盤の山場に差し掛かった印象です。「体外離脱」および「ガイドとの交信」と言うヘミシンクにおける大きな到達点に向けてさらに一段上がったエクササイズの連続、そんな印象でおります。


◇ CD1 #1 Lift Off:F10における浮揚のイメージ、体外離脱の基礎

 体外離脱あるいは体外離脱体験(OBE, Out of Body Experience)とは「自分が肉体から離れている感覚の体験」のことで、広義と狭義で考えると解りやすいです。

 ・広義:自分が肉体の中にいることを自覚しつつ離れた場所に意識が行く
 ・狭義:完全に肉体から抜け出して離れた場所に存在し肉体の把握はない

 ゲートウェイのエクササイズで修得するのは広義の体外離脱が一般的で狭義のものは少数派とマニュアルにあります。この場合、意識は明らかに残っており、呼吸していること、寝たり座ったりしている感覚があり、手足を動かすことも目を開けることも可能である状態とされます。これは、ある種の錯覚であったり感覚であったり、自分が同時に数カ所に存在している感じ方と言えるでしょう。
 狭義の体外離脱はもっと本格的なもので、ロバート・モンロー氏が42歳で経験したのがこれだそうです。人間の身体には肉体以外に「第2の体(Second Body)」=「非物質のエネルギー体」と言うものが存在し、それが肉体から離れて遠隔地へと移動が可能とのことです。この場合は感覚や錯覚ではなく、本当に体外離脱ですので、遠隔地の出来事を目撃したり、未来を予見したりすることが可能なサイキックな領域かと思います。

 体外離脱、広義はイメージ、狭義はサイキックな領域?

 さて、Wave III, CD1, #1のエクササイズはFocus 10に移動したところで、「共鳴・エネルギー・バルーン(Resonant Energy Balloon, REBAL)」に包まれた状態での浮揚を感じるものです。自分がエネルギーのシールドに包まれた球体の中にあって(浮遊していて)、そのバルーンごと空中に浮き上がるのを体感するものであります。これの成否を決定するのは完成度の高い「共鳴・エネルギー・バルーン(Resonant Energy Balloon, REBAL)」を作製することだと思います。レゾナント・チューニングにて蓄えたエネルギーを頭頂部より噴水のように吹き出して身体を包むかたちで流して足の裏から再び取り込み、このエネルギーの流れを螺旋状に回転させて流すことで球形のバルーンを作る、そのイメージを入念に行うことで、その後のアファメーションを終えた後もバルーンは実感として残っている、そこが大きなコツになろうかと存じます。

 完成度の高い共鳴エネルギーバルーンを作る

 ナレーションに従い3回の浮揚を行いますが、いずれも外がガラス越しに見える展望エレベーターの感覚で、共鳴・エネルギー・バルーンの外側の光景が下に移動するようにイメージするとバルーンに乗った自分が浮上するように感じます。

バルーン上昇
共鳴エネルギーバルーンでの浮揚


◇ CD1 #2 Remote Viewing:F10の状態でサイキック能力の訓練

 Wave III, CD1, #2の“Remote Viewin”、これは全セッションの中でも最も難しいエクササイズのように思っております。マニュアルによると「『サイキック能力(Psychic Abilities)』を開発することが目的」と、いとも簡単に説明されていますが、言うは易しでそうそう簡単には成功しません。所謂、狭義の体外離脱の練習と考えていいと思いますが、実際、いずれも遠隔地にある、1)カードに書かれた数字を読む、2)白い綿を燃やす、3)特定の人物の情報を入手する、などと、ものすごい能力を求めるエクササイズであります。少しだけ、サイキック能力(Psychic Abilities)の定義、分類を解りやすく説明しますと、以下の通りとなるようです。

【サイキック能力(Psychic Abilities)】
 ・ESP(Extrasensory Perception):テレパシー、遠隔透視、予知
 ・サイコキネシス(PK, Psychokinesis):念力
   →これらを総称してサイ現象(Psi Phenomena)とも呼ぶ

 エクササイズには協力者が必要です。カードに数字を書いてもらい、白い綿に注目してもらい、また決められた時間に何をを念じてもらい、こちらのサイキック能力の判定をしてもらうというものです。私は協力者なしで何回かやりましたけれど、何も起こらず、このエクササイズはもう少し能力が備わった時に娘にもで協力してもらってやってみよう、とそんな感じで待機している次第です。


人気ブログランキングへ

科学?/非科学? 有史以前の超古代文明はどこまで解明?

 つい一昨日の新聞に、米国内の干上がった湖の湖底に見つかった岩石線画の制作年代が、北米最古の約10,500年から14,800年前と判明したとの記事が載りました(下記)。文章中に「1万年以上前の先住民は原始的だと考えられていたが、この線画の芸術表現や技術は、それがまったく違うことを示している」とありますが、10,000年以上前の有史以前に超古代文明があった可能性を示唆する事例は世界中に散見されております。このあたり、先日のマヤ(暦)の紀元についての記述でも触れましたが、いくつか調査したものをご紹介いたします。

 *****

ネバダ州湖底の線画は北米最古 米コロラド大など発表

 米コロラド大などの考古学者らは14日までに、西部ネバダ州ピラミッド湖の干上がった湖底の巨石に見つかった岩石線画の制作年代が、北米最古の約1万500年から1万4800年前と判明したと発表した。AP通信が伝えた。
 これまではオレゴン州の湖で見つかった約7600年前に制作されたと推定される線画が北米最古とみられていた。線画は石灰岩に彫られた抽象的な絵柄。複数のダイヤモンドを組み合わせたような幾何学模様や、樹木や葉脈のように見えるものがあるという。
 共同研究者の1人、ネバダ州立美術館のユージン・ハットリ学芸員は「1万年以上前の先住民は原始的だと考えられていたが、この線画の芸術表現や技術は、それがまったく違うことを示している」と発見の意義を強調した。約2万年前から氷結したベーリング海峡を渡りアジア大陸から南北アメリカに広がった、モンゴロイド系先住民の一部が描いたとみられるが、詳しいことは分かっていない。(共同)

ネバタ州湖底の線画
ネバダ州ピラミッド湖底の巨石に描かれた線画

* ****



◇ 文明の定義

 まず、はじめに「超古代文明」と言うからには「文明」である必要があります。例えば、上の記事にある通り「この線画の芸術表現や技術は原始的ではない」とするだけではこの線画を描いた文化が文明であったとは言えません。別に例を挙げるなら、例えば、有名なラスコー(仏)の洞窟壁画は15,000年前の旧石器時代後期のクロマニョン人によって描かれたとされており、現在、知られるもので最古と言われるショーヴェ洞窟(仏)に至っては32,000年前のネアンデルタール人によるものとされます。これらの古い人類になにがしかの文化はあったと思われますが文明とまでは言えません。

 原始人の洞窟壁画は文明ではない

300px-Lascaux_painting.jpg
ラスコー(仏)洞窟壁画

32000年前ショーヴェ洞窟壁画
ショーヴェ洞窟(仏)洞窟壁画

 辞典には「文明(civilization)とは人間が創り出した高度な文化あるいは社会を包括的に指す」とあります。この“civilization”の語源は、ラテン語で「都市」「国家」を意味する“civitas”に由来し、ローマ時代の文明とは語意の通り都市化や都市生活のことであったようです。文明についての現代の明確な定義は、20世紀になってから、マルクス主義の考古学者ゴードン・チャイルド氏が、文明と非文明の区別をする指標を挙げています。

【文明と非文明を区別する指標】
 (ゴードン・チャイルド氏による)
 ・効果的な食料生産
 ・大きな人口
 ・職業と階級の分化
 ・都市
 ・冶金術
 ・文字
 ・記念碑的公共建造物(ピラミッドなど)
 ・合理科学の発達
 ・支配的な芸術様式

 もちろん上記指標の全てを網羅しなければ文明と言えないわけではないようです。地域差があって、アンデス文明やインダス文明では文字はあまり重要ではなく、メソアメリカの諸文明では冶金術(やきんじゅつ;鉱石その他の原料から有用な金属を採取・精製・加工して金属製品・合金を製造する技術)はなかったとされます。


◇ シュメール文明

 現在のところ世界最古の文明はシュメール文明とされています。現在のイラク・クウェート南部を占めるバビロニアの南半分の地域、初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川に囲まれた「肥沃な三日月地帯」に栄えました。10,000年以上前の中石器時代から人々が住み着いたようで、その後のどの段階から文明とするかは諸説あるようですが、一般的にはウバイド期をウバイド文化と呼び、ウルク期からをシュメール文明と呼ばれています。

【シュメールの年表】
 紀元前-10000年 中石器時代:テル・アブ・フレイラで人類最古の農業
 10000 - 7000年 新石器時代:牛羊の牧畜と麦の農耕を主体とした生活
  6000 - 5300年 ハラフ文化:ハラフ式の陶器(土器)
  5000 - 3800年 ウバイド期:社会階層形成、灌漑農法開始、車輪の導入、銅器
  3500 – 3100年 ウルク期:都市文明の開始、支配階級、専門職人、商人、文字
  3100 – 2900年 ジェムデト・ナスル期:青銅製の発見、都市国家間の戦乱時代
  2900 – 2350年 初期王朝時代:ウル、ラガシュなど多くの新興都市国家
  2350 – 2113年 アッカド帝国:アッカド人サルゴンによるメソポタミア統一
  2113 – 2006年 ウル第三王朝:シュメール人により再建された最後の王朝

シュメール文明地図変遷
シュメール文明の変遷

シュメール2750-2600BC
シュメール礼拝者の像


◇ エジプト以前のスフィンクス建造の文明?

 ここからはまだ学説として確立されていない、広く認められてはいない考え方ですが、有史以前の超古代文明としての可能性を否定できない事例だと考えております。

スフィンクス
ギザ大スフィンクス

 以前、地球の歳差運動との関連でスフィンクスを取り上げました。スフィンクスが真東を向いた獅子の彫刻であることから、春分点に獅子座が来る「獅子座の時代」、すなわち、スフィンクスの正面から獅子座が昇った紀元前10,500年頃をスフィンクス建造の時期とグラハム・ハンコック、ロバート・ヴォーバル両氏は唱えております。これを後押しする学説として、ジョン・アンソニー・ウエスト、ロバート・ショック両氏がスフィンクスの岩肌には雨による浸食が見られることから、エジプトに最後の大規模な雨期が訪れたのは紀元前5000年であり、スフィンクスに水による侵食痕が認められると言うことはこの建造物が紀元前5000年より以前の時代に造られたと主張しています。

 水による侵食痕は紀元前5000年以前の建造を示唆?

スフィンクスの壁と浸食形式
スフィンクスの岩肌と雨による浸食形式

 ただ、グラハム・ハンコック、ロバート・ヴォーバル両氏はギザの大ピラミッドもスフィンクスと同じく紀元前10,500年前に建造されたと言わんばかりの勢いです。ギザのピラミッドにスフィンクスに観られるような水による侵食痕は聞いたことがありませんし、スフィンクスとピラミッドでは建造方法がまるで違います。スフィンクスだけがもっと超古代文明の産物として良いのでは?、と思えます。

 ギザのピラミッドまでも紀元前5000年以前とするのはどうか?

 それに加えて、スフィンクスの風化は、塩化すなわち地下水が上昇し蒸発するとき塩分が結晶化する際に起こる表面の破壊、が主な要因になっていること、および塩化による風化は急速に起こっておりその程度は年代的にも「通説」の年代と矛盾しないこと、という説もあります。エジプト文明はいつまでも科学と非科学の狭間に揺れ動く存在かと存じます。


◇ ストーンヘンジ、カルナック列石に文明の意志?

 ロンドンから西に約200kmのイギリス南部・ソールズベリーから北西に13km程に位置する環状列石(ストーンサークル)をストーンヘンジと言います。現在のイギリス人、アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時にはすでに存在しており、その建造者、歴史はまったくなにも解っていません。イギリス本土であるブリテン島周辺には、ストーンヘンジと同等の多数の巨石文化が残されており、同一の文化圏と考えられております。

Stonehenge2007_07_30.jpg
ストーンヘンジ(英)

 円陣状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁からなり、世界で最も有名な先史時代の遺跡であります。考古学者はこの直立巨石が紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えており、しかしそれを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡るといいます。しかし、最近になって新たな発見があり、現代の観光客用駐車場の下から、紀元前8000年頃に遡る4つの中石器時代の大きな柱穴が発見されました。柱のうち3本(あるいは4本)は東西方向に並んでおり、儀礼場としての重要性を持っていたとも言われています。

 ストーンヘンジ建造が紀元前8000年頃の可能性

Carnac-Alignement_de_Kermario.jpg
カルナック列石(仏)

 ストーンヘンジに酷似した文化がフランスのブルターニュ南部にあります。カルナック列石と言われ、巨大なメンヒルが総延長およそ4kmにわたり数列に並んでいる三つの列石群からなります。紀元前5000年あるいは、紀元前3000年から紀元前2000年頃に造られたとされますが、その目的は精霊や巨人が建てたとする伝説、戦士の墓、種族の記念碑、天文学上の目的等、あるいは生命の起源と関連付けたようなオカルト系学説など諸説があり、全く不明です。

 建造の技術と意図に文明の足跡?

 ストーンヘンジ(英)とカルナック列石(仏)に共通して言えること、壁画や岩石線画と異なり、ある意図をもって岩を切り出して移動、設置している点であり、その採石および輸送方法に文明の技術を感じざるを得ないことです。また、その岩を設置する意図として、ストーンヘンジには天文学的な意味、カルナック列石には地球上の「地表には意味のある流れ」(レイライン)があったとの説があります。そうなると、有史以前とか石器時代と言うよりもある種の発達した文明を考えさせられます。


◇ 日本近海の海底遺跡は10000年以上前?

 和歌山県の串本町の鬼が島の伝説と、実際に海底には自然の力で出来たとは思えない構造物が発見されております。もっと有名なのは与那国島海底遺跡でしょう。海底のものなのでなかなか調査が進まないのが現状で、与那国島のものに関しては、これを10000年以上前の古代文明の遺跡であるとする木村政昭教授らの意見と、モアイ像で有名なイースター島と共に12,000年前に太平洋にあったとされるムー大陸の一部との考え方もあります。これに対して「岩が侵食されてできた自然地形」であるとする説もあります。

 人為的な物だとすれば10000年以上前

 ダイバー達の多数の写真がyahooを通じて観ることができます。現時点では科学的根拠がありませんので、個人の感覚に委ねるものとなります。

よなくに海底遺跡01

yonaguni44large_2.jpg
与那国海底地形


◇ バミューダトライアングル海底に巨大都市の跡?

 有史以前の超古代文明として、太古の昔から噂されていたのがアトランティス大陸です。古代ギリシアの哲学者プラトンが著書「ティマイオス」および「クリティアス」の中で記述し、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、そこに繁栄した王国のことであります。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされております。もしも、超古代文明としてアトランティス大陸が存在し、神話の如く短期間で水没したのだとすれば、歳差運動を重要視するエジプト文明や正確な暦を作り出したマヤ文明の紀元として議論の的となったところです。
 しかしながら、現代の構造地質学が示すところによれば大陸規模の土地が短時間で消失することはまずあり得ないため、実在説の多くは島などの消失がモデルになったものとされおり、また、アトランティスの直接的モデルとなるような事件そのものが存在しないという説が有力であります。

 大陸規模の短時間の水没はあり得ない
 アトランティスの直接的モデルとなった事件の欠落


 こうした背景を覆す大発表が昨年10月ペルーでなされました。かなり前から、それこそ半世紀前くらいから話題になっていた、空を飛んでいた飛行機や海上を進んでいた船が突然消えてしまう「伝説の三角地帯」、通称「バミューダトライアングル」は有名でした。なぜ消えてしまうのかは、ブラックホール説や宇宙人による誘拐説、時空が歪んでいるための「タイムスリップ説」など、諸説ささやかれていました。

 飛行機や船の消滅が噂されたバミューダトライアングル

 そんな海域について、カナダの科学者夫妻がロボット潜水艇を使いバミューダトライアングルの海底を調査していたところ、キューバの海岸近くの海底にて古代の巨大都市と思われる遺跡を発見したとのことです。水深700メートルに眠っていたものは、ピラミッドにスフィンクス、文字の刻まれた建物などなど、、、。この歴史的ニュースを伝えたペルーのサイト「Peru punto com」には、衝撃的な海底都市の画像が公開されています。

バミューダピラミッド
バミューダトライアングル海底に発見されたピラミッド

 超古代文明の調査もついにここまで来たか!、と思わせる出来事ですが、もしも可能ではなくとも科学的に証明され得るものか?、あるいは非科学的なただの迷信や個人の思い込みのレベルであるのか?、判定は未来に委ねられるものばかりです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/シュメール
オリオン・ミステリー(ロバート・ボーヴァル、エイドリアン・ギルバート 共著、吉村作治 監修、近藤隆文 訳)1995年 NHK出版
天空の蛇―禁じられたエジプト学(ジョン・アンソニー・ウェスト 著、大地 舜 訳) 1997年 翔泳社
http://ja.wikipedia.org/wiki/ストーンヘンジ
http://ja.wikipedia.org/wiki/カルナック_(フランス)
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200904060064.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/与那国島海底地形
http://ja.wikipedia.org/wiki/木村政昭
http://www.perupuntocom.com/modules.php?name=News&file=article&sid=19334
http://ja.wikipedia.org/wiki/ムー大陸
http://ja.wikipedia.org/wiki/アトランティス


人気ブログランキングへ

臨死体験/死後の世界;アダムス・ストーク症候群では起こらない?

 医者になって一年目の、もう四半世紀も前のある日、忘れられない患者の死に出逢いました。「忘れられない」と申したのは心情的にと言う意味ではなく、経過が一瞬で衝撃的であった、との意味です。

◇ アダムス・ストーク症候群症例の経験から

 先に種明かしをしますとあれはアダムス・ストーク症候群(Adams-Stokes syndrome)だったのだろうと確信しております。

 ある勤務先の病院の暇な午後、医局に急ぎの電話連絡、療養型病棟のあるお婆さんが、隣の患者と話していて、突然、意識を失い、心肺停止状態とのことでした。急いで階段を駆け上がってみると、ベッドの上で仰向けに動かなくなったお婆さんに看護師が心臓マッサージをやっています。直ぐにマスクで酸素を送り込みながら用意してもらった心電図を見ると波形はフラット(平坦)で紛れも無く心停止状態です。
 DCカウンターなど間に合わないので、取りあえず一発、胸部をゲンコツで力の限り強打しましたところ、彼女の脈拍も呼吸も蘇りました。それだけなら、まあ「めでたし!」となるのですが、驚いたことに、お婆さんは意識を失う直前の会話をし始めました。確か花屋さんの話しだったと思いますが、「、、、あそこのお花がとっても良くてさ〜、、、」だったか?、ニコニコしています。もちろん、私のみならず、お婆さんと話していた隣のベッドの患者はびっくりして目を丸くしています。「そうそう、街(まつ)のお花屋さんの話すさ、してたのさ〜!」とのことでした。話しをしていて「うっ!」と胸を押さえて仰向けに倒れてから、心肺蘇生まで5分未満であったろうとのことでした。

 前胸部強打で心肺蘇生、直前の会話を継続
 
 元通り座って話しを再開したお婆さんに「とにかく横になって安静にしましょう!」と申し上げたのも束の間、またお婆さんは「うっ!」と言って意識を失い倒れてしまいました。この段階で恐らくは脳の異常ではなく、心臓、それも危険な不整脈だろうとは思いましたが、目の前で再度起こった心肺停止に対しては同じことを繰り返すしか術はなく、改めて、「ままよ!」、とばかりに全胸部強打、果たしてお婆さんはまたも意識が戻りました。「あすこは絶対に行かなきゃまいね!、ははは!」などと、意識消失前から全く矛盾しない連続した会話、「今、意識を失ったのですよ!」とお話しても「なんも、大丈夫だね」と、全く訴えなくケロッとしています。

 再度の蘇生後も継続した会話、症状訴えなし

 「とにかくお休み下さい」、と横にして点滴と12誘導の心電図を指示したところ、非常に残念な結末が、、、。集まってきた他の患者も看護師も私もが見ている前で、お婆さんは3度目の心肺停止、意識消失に陥りました。みなさんの期待の眼差しを受けながら、私はまたも前胸部強打、、、。今度は反応無しでした。繰り返しますが脈拍は戻りません。気道を確保して強制呼吸をしながら心臓マッサージ、DCカウンターショック、薬物の投与など、やれることは全てやりましたが、蘇ることはありませんでした。

 *****

【アダムス・ストーク症候群(Adams-Stokes syndrome)】
 急に発生した極端な徐脈、心停止、頻脈のために、心臓から脳への血液の供給が大きく低下したり停止して、脳の酸素低下を来した場合をいいます。その結果、めまい・失神・けいれんが現れて死に至ることもある危険な状態です。
 洞不全症候群・房室ブロックによる心停止か、心室頻拍・心室細動のような心拍数の極めて速い心室性頻脈(図)に分けられます。本症候群の原因の50~60%は房室ブロック、30~40%が洞不全症候群とされます。残りは、心室頻拍(多形性心室頻拍トルサードポワンツを含む)・心室細動です。まれですが、心房粗動や心房細動でも心房から心室の伝導が過剰に亢進すると高度頻脈となり、脳の虚血に陥ります。
 通常、脳の虚血症状が突然に現れます。症状の程度は、徐脈では心臓が停止している時間の長短に、頻脈では脈拍数と頻脈持続時間によって決まります。そのほかに、脳の虚血が原因で起こる全身けいれんや、二次的な頭部外傷がしばしばみられます。症状が消失した時点では神経学的な異常はみられないのが特徴です。

060502000_03_s.jpg
図.種々の心電図波形

 *****


 さて、私はこの体験から、臨死体験と言うものは数分の間では起こらないのではないか?、と身をもって感じておりました。つまり、心停止に伴い脳は虚血に陥って精神活動が停止する、その瞬間から霊体が離脱し始めて、例えば自分の身体を揺さぶったり、泣き崩れる家族を天井あたりから観る、と言うことは無いのではないか?、と言う事です。

 アダムス・ストーク症候群で臨死体験は見られない

 上で申し上げたお婆さんは、少なくとも5分以内の心停止であれば、蘇生後の脳の活動はストップする直前からの再スタートでありました。本人の申告では臨死体験と思えるものは何も聞き出せませんでした。貼付けた資料でも、「症状が消失した時点では神経学的な異常はみられないのが特徴」とのことで、私の経験と一致しております。

◇ 米科学アカデミーの研究発表

 なぜ、突然、臨死体験についての話題を持って来たかと言えば、昨日の記事で、米科学アカデミーより「臨死体験の科学的解明に前進、心停止後に『脳が活発化』 米研究」との記事がありました。要約しますと以下の通りです。

 *****

 米ミシガン大学にて、実験用ラットに麻酔薬を投与して心停止を誘発させ、脳波を記録、その結果、心臓が停止してから30秒間にわたり脳の活動が急増し、精神状態が非常に高揚していることが分かった。研究に参加した同大学麻酔学・神経外科学 ジョージ・マシャワー教授は、「脳の活動レベルが高いことに驚いた。臨死状態では、意識がある状態を示す電気信号の多くが覚醒状態のレベルを上回っていたことが分かった。これは、臨床死の初期段階において、脳が系統立った電気活動を行うことが可能であることを示唆している」とコメント。同様の結果は、窒息状態のラットの脳活動にもみられたという。論文の主著者、ジモ・ボルジギン氏は、「心停止中の酸素の減少、または酸素とブドウ糖の減少によって、意識的過程の特徴である脳活動が刺激される可能性がこの研究で示された。また、心停止を経験した多くの患者が語る臨死体験を説明するための、初めての科学的枠組みが提供できた」と話す。

ルーマニア

 *****


◇ 臨死体験

 これに対して臨死体験集と言うのが掲載されてましたので、こちらもコピーを載せます。「これらの体験が死後の世界を垣間見ているものなのか、それとも夢や幻覚の類なのかは議論が分かれる。体験者らが暗いトンネル、光の洪水、自身の死の認識、死者との再会などを「死後の世界への入口」に違いないとする一方、科学的説明が可能だという研究者も多い。」とコメントされてもいます。

 *****

○メアリー・ジョー・ラピニさんのケース
動脈瘤を患い倒れた際、「戻りなさい」という神の声が聞こえたかと思うと、突然ピンク色の光に飲み込まれた。夢のようなぼんやりした感じはなく、全てがはっきりしていた。
 
○ボブ・ウッドラフさんのケース
記者のウッドラフさんは2006年にイラクで取材時、乗っていた車が爆撃され大怪我を負った。意識不明の間にまぶしい白色の光に包まれ、下方に自分自身がフワフワ浮かんでいるのが見えた。
 
○ドン・パイパー司祭のケース
大型車と正面衝突する交通事故を起こし、乗っていた車が大破。心肺停止の間、荘厳な音楽が流れ、嗅いだことのない香りに包まれた。死んだ祖父と、何人もの故人たちが巨大な門の前で点滅する光を提げて立っているのを見た。
 
○ジェーン・シーモアさんのケース
アレルギー反応でアナフィラキシーショックを起こし、生死の境をさまよっている時に閃光を見た。無宗教のシーモアさんだが、「人知を超越した存在」の力を感じた。

imgp5187.jpg

 *****


◇ 虚血に対する脳の反応=臨死体験 には?

 記事になった実験について、脳が酸欠状態に陥った際に、そこから免れるため、危機から脱却する為に、脳自身の活動を活性化させることは、ある意味、ホメオスターシスとして生命維持の為の1つの機構として理解できます。ですから、上でご紹介した実験がそのまま臨死体験に関わるのかどうかは不明です。また、私が経験したアダムス・ストーク症候群を顧みますと、数分くらいの間で臨死体験が発生するとの考え方には否定的であり、そこから「死後の世界」にまで話しが及ぶのは飛躍が過ぎる印象でおります。

 もし仮に、死線期を彷徨う不安定な循環動態における脳の活動が「臨死体験」として記憶に残るものだとしても、「死後の世界」は身体の一部としての脳の精神活動ではなく、もっと霊的な次元であることは言うまでもありません。なぜなら、肉体が滅んだ後の段階でありますから。「臨死体験」と「死後の世界」を同列に語るのはちょっと違うのではないか?、別次元として扱うべきではないか?、と思う次第です。

http://www.qlife.jp/dictionary/item/i_060504000/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000025-jij_afp-sctch
http://rocketnews24.com/2011/08/09/119970/


人気ブログランキングへ

スピリチュアル株式投資:基本事項 ソフトバンクなどを題材に

 私の株式投資は投資家心理、これを強引に「スピリチュアル」として、これに基づいたスウィングトレード(短期売買)であると申しました。例えば、業績良好であるとか円安における輸出関連株とか、アベノミクスの金融面や公共事業などに人気が集まるのも、これも投資家心理を左右するものですが、私が申しますのは、一般銘柄における短期的な変動に投資家の心理が働いて、ある法則性をもって株価は変動する、それを利用した売買であります。

 スウィングトレードに上昇/下降のトレンドは関係なし

 短期の法則に従った売買ですので、極端な話、業績が少々悪かろうとあまり関係はありません。よく株価が右肩上がりを上昇トレンド、下がり行くのを下降トレンドなどと言いますが、いずれの場合も株価は上下動しながら推移します。大事なことは「安値で買って高値で売る」と言う大原則です。以下、ポイントを列挙いたます。

 ○ 株価レンジの把握
 ○ レンジ内安値で買い、レンジ内高値で売る
 ○ 安値支持線と高値抵抗線の把握
 ○ 安値支持線での買い、高値抵抗線での売る
 ○ トレンドの変化に注意
 ○ 三角保ち合いの投資家心理パワーを感じる
 ○ セリングクライマックス(大商い)に注目


 、、、ざっと、こんなところです。株をやる人であれば誰でも知っていて、ちょっと文献を調べれば載っている内容ですので、至らない部分についてはご容赦ください。なお、前項でも触れましたが、株式投資におけるスピリチュアルな部分以外の要素については別の投資情報を参照ください。また、基本的なチャートの見方(ロウソクや移動平均線、出来高)なども専門書を参考にしていただければ幸いです。それではソフトバンクを中心に「スピリチュアル株式投資」をご説明いたします。

◇ ソフトバンク 銘柄の特徴

 私なんかよりも詳しい方は多いかと存じます。私がソフトバンクを保有したのは昨年の10月に株価が急落した直後で、すぐに利益を得て売ってからは、時々報道に耳を傾ける程度であります。四季報の文章をそのまま転用しますと、、、

 *****

ソフトバンク 9984 東証1部

【連結】移動体通信67(21)、ブロードバンド4(21)、固定通信9(17)、インターネット・カルチャー10(53)、他10(3) <13・3>
【特色】06年ボーダフォン買収で携帯電話参入。米国スプリント買収(7月)で世界大手に。傘下にヤフー
【大台】ガンホー、イー・アクセスに加え、第2四半期から米国スプリント、ウィルコムが新規連結。主力の携帯電話はLTE端末伸ばし、ヤフーも好調継続。ガンホー連結化に伴う一時益(1500億円)も発生、スプリント赤字分埋める。営業益大台乗せ。
【米国】アンドロイド端末向けLTEのノウハウ導入し、スプリント子会社の周波数を活用へ。LTEネットワーク増強も力。

 *****


 この他、au(KDDI)とともにiPhoneの販売を行っており、米アップル社の影響を受けるとともに、KDDIとの競争関係から株価が拮抗する傾向がありますでしょうか? また、メガソーラー事業への参入をビジョンしており、代替えエネルギー関連にもなり得る銘柄ですし、孫正義氏の発言にサプライズや強い日本を感じる方が多い、そんな印象でおります。
 株価は7月下旬に7000円まで到達しましたが、すぐに下落、8月に入って再上昇も7000円には届かず、この数日は下落傾向で、本日の安値は5950円、終値は5990円と7月中旬以来の6000円割れとなりました。最近では、昨年10月株価が500円以上急落したスプリント子会社化構想の発表のような大きな報道はありません。

◇ 株価レンジからの売買

 図1にソフトバンク株の6ヶ月チャートから2月から6月下旬の部分を抜粋しました。見てごとく株価は上昇トレンドにはありますが、上がったり下がったりしています。#1, 2にその時その時の安値を記録しており、#4, 5に高値の記録があります。#1と#2の安値の値を線で結んでみますとその延長線上に#3の安値が降りて来て跳ね上がり、#4, 5の高値に線を結ぶと延長線上の#6で高値を迎えて再度下落することが見て取れます(図2)。

SB01.jpg
図1.ソフトバンク 2-6月のチャート

SB02.jpg
図2.ソフトバンク レンジ内高値線と安値線

 この図2で引いた2本の線の間がレンジと言って、この間で株価は上下動を繰り返すことが多いです。つまり投資家心理として、上昇トレンドには変わりないのだけれども、レンジ内の高値の線に近づくと割高な印象から売却する人の割合が増えて株価の下落に向い、レンジ内安値の線まで下落してくると、ここにも投資家心理が働いて割安感から買いが入って上昇する仕組みであります。

 レンジ内の高値線付近では割高感
 レンジ内の安値線付近では割安感


 ですから、チャートに線を引くことによって投資家心理をレンジと言う形で図として表現して、図3の如く次回の「買い時」と「売り時」を予測します。図3の通りに売買できたならば、4月20日過ぎに4500円以下で購入、5月15日には6000円で売却、25日間ほどで100株ならば15万円、1000株なら150万円の利益確定となるわけです。

SB03.jpg
図3.ソフトバンク レンジから見た買い時と売り時


◇ 三菱UFJの安値支持線と高値抵抗線

 レンジに似た考え方で支持線と抵抗線と言う、チャートに引く水平の線があります。この1年くらいの間にはソフトバンク株に安値支持線と高値抵抗線は見いだせませんでしたので、ここでは三菱UFJファイナンシャルグループ(8306 T1)のチャートで解説します。図4で#7のあたりから一月以上に渡り670円を超えられずにいましたが、#8で急騰740円超えまで上がったものの、#9の如く一気に下落しました。一方、安値に関しては、#10以前ではなかなか超えられなかった540円を#10の出来高を伴う急騰で越えた後は560円が安値の限界となっており、#11で一時的に560円を割り込んでもすぐに回復しています。#)で急落後も#12の如く560円以下には下がらない形態となっております。

三菱UFJ01
図4.三菱UFJ 6ヶ月チャート

三菱UFJ02
図5.三菱UFJ 高値抵抗線と安値支持線

 こうした場合に図5に示すように*1, *2の2本の水平線を引くことができます。つまり、670-680円どころに高値抵抗線、560円には安値支持線と言うわけで、安値支持線付近では買い、高値抵抗線付近で売る、それを繰り返すことができます。

 安値支持線での買い、高値抵抗線での売る

 この支持線、抵抗線はけっこう長い間維持されると言われており、急速な上昇や下落において長期間のチャートを見ることにより支持線、抵抗線を把握、株価の変動を予測できます。こうした安値と高値の限界線にも投資家心理、スピリチュアルが込められているわけです。

◇ トレンドの変化

 ふたたびソフトバンク株に戻りましょう。図6にソフトバンク株の6ヶ月チャートを示します。上述のレンジ高値線は*3から*4に修正しましたが、安値のレンジは*5が維持されていますが、今日の終値はこの安値レンジに接しつつあります。これは上で申し上げたレンジの概念からすると買い時かも知れません。しかしもしかしたらトレンドの変化がこの最近で起こっている可能性を考えてしまいます。

SB04.jpg
図6.ソフトバンク 6ヶ月チャート

 以下の図7をご覧ください。緑の枠で囲った部分を拡大してみますと、#13の2日で急騰、7000円まで上がった株価は、直後の#14で3日下落、元の値段よりも下がりました。#15で再度急騰をに臨むも7000円には届かず#16の如く4日連続の下落で、本日はさらに下げました。こうした、大きく上げた直後の大きな下落、ダイナミックな動きはトレンドを壊す可能性があります。

SB05.jpg
図7.ソフトバンク 直近の動き
 
 投資家心理としては次に上げが起こっても「また下がるのでは?」、となかなか手を出しづらい、トレンドが変わるのであればいったん処分して(売って)別の銘柄へ!、と言う流れになりやすいところです。もしかしたら7000円に少し欠けるあたりに高値抵抗線を作ってしまった可能性はありますし、実は本日の下げで5日移動平均線と25日移動平均線が交差しました。これは属に言うデッドクロスです。明日以降、安値レンジを割り込む可能性もあろうかと存じます。

 ダイナミックな動きでトレンド変化の可能性
 大きな上げ直後の大きな下げは投資家心理を萎えさせる


 今日のところはここまでとします。「三角保ち合い」と「セリングクライマックス(大商い)」については、また機会があればと言うところです。少しだけソフトバンクについて申しますと、本日、関連ニュースが全くなかったわけではありません。「米国アップル社が新しいiPhoneの発売予告を9月には発表」との記事がありました。しかし市場は全くソフトバンクに対して買いに動きませんでした。これはソフトバンクが悪いと言うよりもアップルに対する最近の不信感の現れかも知れません。こういう状況から考察するのをファンダメンタルと言うのでしょうが、私は経済は素人ですので、あくまで憶測であります。


人気ブログランキングへ

スピリチュアル株式投資:はじめに

 今日は株式投資の話をいたします。かなり意外に感じておられる方もいると思いますが、私は当ブログで扱うのに実に適した題材だと考えております。なぜならば、私個人は株式投資をスピリチュアルの一環として捉えているからです。本格的な株式投資のHOW TOは専門書あるいはサイトに譲るとして、今後、気が向いたとき、株式に及ぼすスピリチュアルの側面に触れて参りたいと思います。

 株式投資はスピリチュアルの一環

 「株式」って言うと、資本主義の悪しき側面、あぶく銭、お金儲けとか、逆に投資に失敗して破産とか、あまり良くない印象を持たれる方もいらっしゃるでしょう。確かに、世の中には株の買い占めで株価をつり上げて、さらなる買い占めから投資家を呼び寄せて、更に高騰したところで一気に売却、膨大な利益をあげる手法があります。仕手と言いますね。あるいは、株価が下がりそうな銘柄に対して架空の株式を借りて来て、本来自分が持っていたものではない借りて来た架空の株式を売却し、株価が下落したところで買い戻して返済、結果として安く買って高く売ったことになり利潤を得る、信用取引きのカラ売りと言う方法もあります。いずれも合法的に行うことは可能ですが、リスクを伴い、また他人に損をさせて儲けるような「道徳的にいかが?」と思える側面はあります。
 私の手法は、もちろんそんなに資金が豊富でないので仕手はできませんし、信用取引きもやっていません。これらの情報(その筋の情報やチャートの形態および信用倍率)には目耳を傾けてはいますが、私が最も重視しているのは株価チャートであり、この動きには多くの場合、投資家の心理が反映されたスピリチュアルの要素が大きいと考えております。

 株価チャートに反映される投資家心理を読む

 もちろん、チャートだけで株式投資はできません。様々な事柄が株価に影響するのは言うまでもありません。私が知りうる範囲の、チャート以外で株価に変動を与える要素を以下に列挙いたします。

【株価変動に影響するチャート以外の要素】
 1.企業業績:単純に会社の儲け、多くの指標あり(1株益、配当など)
 2.市場動向:分野別・市場別の市況、為替相場、外国株
 3.決算:企業業績発表、決算前の期待感や後の失望、材料出尽くしなど
 4.信用倍率:信用取引における貸し借りの割合、取り組み妙味と言う
 5.投資関連報道:証券会社やメディアの投資判断や目標株価
 6.投機筋の動き:仕手:マネーゲームなど

 まだまだあるとは思いますし、私の申すところの「株価チャートに反映される投資家心理(スピリチュアル)」はごくごく小さな要素であることは確かです。上で挙げた要素によってチャートが作りだされているのも確かです。しかしながら、上記要素が大きく影響しない時でも株価は変動しております。それも、時には「特に材料はないが、、、」と報道されるかたちでの大きな(株価の)下げや上げは日常茶飯事です。そういう局面において投資家心理(スピリチュアル)に基づく投資判断が動くと思っております。

 平成24年度 63勝30敗 勝率 .677

 少し説得力を持たすため、昨年度の株式投資における成績を上に示しました。勝率が7割以下ですので、それほど威張れる成績ではありませんが、いちおう勤務医として働きながらの片手間での収入ですので、まあまあかと、、、。これが家族旅行となり子供の教育費となっているわけです。運用資金は個人情報として伏せておきますけれど、昨年度は延べ93銘柄の売買を行ったのですが、そのほとんどが同一の銘柄について、買って売ってまた買って売って、と売買を短期に繰り返す「スウィングトレード」と呼ばれる方式です。上述の如く、様々な要素に目耳を傾けつつも、最も重きを置いているのはチャート分析であります。

 現在、私は保有していないのですが、人気の注目銘柄、ソフトバンク(9984-T1)がこの数日で大きく値を下げました。同銘柄を中心にチャート分析を解説いたします。なお、上でも申しました、当たり前のことですが、株価の変動を左右するのはチャートだけではありません。スピリチュアルに関わる(と思われる)部分以外の要素については他の文献やサイトを参照ください。また、なるべく言葉の意味など解説を加えますが、株式投資についてのごくごく基本的な事項についても専門書などをご参考にしてください。当然のことながら株式投資は自己判断でお願いいたします。

ソフトバンク
ソフトバンク(9984-T1) 3ヶ月チャート

科学?/非科学? マヤ(暦)の紀元は?

 マヤ暦について7月30日より連載して来て、もちろん私は専門家ではありませんので、いろんなサイトや文献に基づき、時にはそのコピー&ペーストを駆使いたしました。そうした机上の調査を重ねた最後に「マヤ暦とはどこから来たものなのだろう?」、と素朴な疑問に突き当たります。

 天文学の知識、0(ゼロ)の発見、マヤ文字

 マヤ暦は、13と20の組み合わせで暦を作っており、短期のものから長期に至るものまで、時間の流れを、天文学の知識と0(ゼロ)の発見で、その体型を作りました。メキシコから中米に散在し、15世紀のスペイン人の来襲で崩壊するまで2000年にも及んだ文明は謎と神秘に満ちております。ちょっとした編集後記のようなかたちになりますが、マヤ(暦)の紀元がどこにあるのか?、を検討してみます。ここで(暦)を括弧()でくくったのは暦のみならず、建築技術や天文学などと言ったマヤ文明の技術を含めた紀元を考えたい、と言う意味です。

◇ マヤ暦、天文学の象徴? チチェン・イッツァ

 チチェン・イッツァは多くの方が知っている、マヤ文明の代表的な遺跡でありますが、実はマヤ文明の歴史の中ではだいぶ近年に近い、言うなれば文明としては最後の時期に当てはまるものです。遺跡の破損が少なく、大量の絵文字が残っており、その解読が進んで来たのがマヤ暦の解明に繋がったのであります。

Chichen-Itza-Castillo-Seen-From-East.jpg
Chichen-Itza Castillo(チチェン・イッツァ カスティーヨ)

 写真のカスティーヨはマヤの最高神ククルカン(羽毛の生えたヘビ)を祀るピラミッドとされ、「ククルカンのピラミッド」、「ククルカンの神殿」とも呼ばれます。なおククルカンとはケツァルコアトルのマヤ語名であります。

 マヤの最高神ククルカン = ケツァルコアトル
 (羽毛の生えたヘビ)


 大きな9段の階層からなり、4面に各91段の階段が配されていて、最上段には真四角な神殿があり、階段は4面の91段の合計364段と最上段の神殿の1段で365段であります。また1面の階層9段は階段で分断されているので合計18段となり、これらはマヤ暦の1年(18ヶ月365日)を表すとされ、このことから「暦のピラミッド」とも呼ばれます。北面の階段の最下段にククルカンの頭部の彫刻があり、春分と秋分に太陽が沈む時、ピラミッドは真西から照らされ階段の西側にククルカンの胴体(蛇が身をくねらせた姿)が現れ、ククルカンの降臨と呼ばれています。

 春分と秋分におけるククルカンの降臨

 こうした太陽暦に基づく建造物に春分と秋分に起こる現象は、マヤ文明の天文学、暦の象徴的存在と思われがちであります。なお余談ですが、カスティーヨ内部にはジャガーをかたどった玉座や生贄の心臓を太陽へ捧げたチャクモル像が置かれていて、この像の目にはめこまれた翡翠は中国製である事が判明しており古代史の謎となっているそうです。

300px-Chichen_Itza_Observatory_2_1.jpg
旧チチェン区域にある天文台

 チチェン・イッツァの代表的な建造物にこのカタツムリ型の天文台がありますが、この屋上の階には様々な方向に穴があいており、そこから天体を(肉眼で)観察していたようです。太陽暦の1年をマヤ人は365.2420日と計算しており、現代天文学がコンピュータで計算した1年は365.2422日と、天体望遠鏡もないマヤ人はほとんど誤差なく暦を知っていました。

 太陽暦の1年をほぼ正確に把握
 
太陽だけではなく、宇宙のかなたに存在する星を毎夜観察し、月や惑星の運行を記録するとともに、起こるべき天体現象を予測していました。現存するマヤの古文書の一つ「ドレスデン・コデックス」には、日食と月食の表や金星の運行周期などが書かれているそうです。いかにもマヤ文明の天文学や暦の技術がチチェン・イッツァにおいて花開いたかのように思われがちです。

◇ マヤ文明以前に発見されたツォルキン暦

 マヤ文明の天文学や暦の技術をチチェン・イッツァの遺跡で知ることが可能であると申し上げましたが、果たしてチチェン・イッツァになって初めてマヤ暦が完成したのかと言うと、それは否定的であります。ツォルキン暦の起源は、オアハカ州のモンテ=アルバンI期(BC500年頃)の石碑で既に確認されており、マヤ以前からメソアメリカの広い範囲にいきわたっていた暦であると考えられます。

 マヤ文明以前からツォルキン暦はあった?

 マヤ文明の暦や天文学の技術がチチェン・イッツァにおいて花開いたのではないとすると、どこにその紀元があるのか?、マヤ文明が発生した古代メソアメリカ文明に目を向ける必要があります。

◇ 古代メソアメリカ文明

 マヤ文明は、メキシコ及び中央アメリカ北西部とほぼ重複する地域において、共通的な特徴をもった農耕民文化ないし様々な高度文明が繁栄した文化領域、メソアメリカ(Mesoamerica)の一つの文明として定義されます。これらの文化の特徴として、アジア、ヨーロッパ、アフリカの三大陸と無関係に、孤立した環境で発展し、鉄器文化を全く知らず、宗教においても独自な体系が成立したようです。 神殿文化は紀元前二千年紀の末に起こりましたが、それから約2500年の間、外部世界の影響や干渉を受けることなく自力で発展したとされます。

メソアメリカ年表
アステカ文明以前の古代メソアメリカ文明
(BC, 紀元前、AD, 紀元後、C, 世紀)

テオティワカン
テオティワカン

 アステカ文明(1428年頃〜1521年)以前のメソアメリカの古代文明を年表形式で作ってみました。これを見ますと、メソアメリカの文明群は、マヤ文明と非マヤ文明に分けられ、エジプトやインド、中国など、他の古代文明と異なり、中央集権とはならず、小さな文明が同時期に多中心性に発生して、時には融合したり離れたり、を繰り返していたようです。

 小さな文明群が同時期に多中心性に発生

 こうしたメソアメリカの文明群のあり方は、暦や天文学と言った技術の紀元を探るのを非常に困難にさせていると思われます。マヤの碑文には、Tikal(ティカル)、Calakmul(カラクムル)に代表される大小の王国が細かい戦いを繰り広げた歴史が残されており、なかなか統一した集権国家とはなっていなかったようです。そんな状態で、優れた暦や天文学が発達したのであろうか?、と疑問を持つのがむしろ当然であります。すると、そうした学問はマヤ文明が発生する前からあって、それが伝承されたのではないか?、とそんな学問も起こってきているのが現実です。

◇ 有史以前の超古代文明からの伝承?

 上述の如く、メソアメリカの文明とその一部であるマヤ文明は約2500年の間、外部世界の影響や干渉を受けることなく自力で発展したのは確かのようです。中央集権とはならず、小さな文明が同時期に多中心性に発生する形態など、エジプトやインド、中国など、他の古代文明と異なる性質もあります。
 しかしながら、他の古代文明と極めて類似した部分も少なからずあります。例えば、地球の歳差運動を理解していた可能性を含む天文学の知識、ピラミッドの建造、そして、農業や建築業、天文学などに知識をもたらした伝説、神話の世界の人物がいる点です。
 上で、チチェン・イッツァのカスティーヨについての解説の中で「マヤの最高神ククルカン = ケツァルコアトル」と申しましたが、このケツァルコアトル(ナワトル語: Quetzalcōātl ; スペイン語: Quetzalcóatl ; 英語: Quetzalcoatl)は、アステカ神話の文化神・農耕神であります。

Cabeza_de_Quetzalcoatl.jpg
ケツァルコアトル

 このケツァルコアトルのような存在はエジプトにおいてはオシリス、南米アンデスにはビラコチャ伝説として残っており、いずれも背の高いあご髭をたくわえた白人として描写されているそうです。

 ○ 古代エジプト:Osiris(オシリス)
 ○ 南米アンデス:Viracocha(ビラコチャ)
 ○ マヤ:Kukulcan(ククルカン)
      = Quetzalcoatl(ケツァルコアトル)


オシリスとビラコチャ
オシリス(左)とビラコチャ(右)

 背の高いあご髭をたくわえた白人の伝承者?

 マヤ(暦)の紀元は実はマヤ文明が発生する以前のメソアメリカに伝承されたものである可能性は大いにあります。そして、エジプトのオシリスや南米アンデスのビラコチャと同様に、マヤ文明にも「ククルカン = ケツァルコアトル」と言う農業や建築業、天文学などに知識をもたらした伝説、神話の世界の人物がいるとされます。もしかしたら、それは有史以前の同一の超古代文明からの伝承かも知れない、そんな説が今世紀に入って盛んに囁かれております。有史以前の超古代文明の存在については別の機会にまた検討したいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/メソアメリカ
http://ja.wikipedia.org/wiki/マヤ文明
http://ja.wikipedia.org/wiki/チチェン・イッツァ
http://ja.wikipedia.org/wiki/ツォルキン
http://ja.wikipedia.org/wiki/ケツァルコアトル
http://ja.wikipedia.org/wiki/オシリス
http://ja.wikipedia.org/wiki/ビラコチャ


人気ブログランキングへ

マヤ暦 2013年、2014年 Tzolkin(ツォルキン)表

 マヤ暦についてシリーズを組むような形で連載して参りました。一つの区切りとしてそろそろこの分野からは撤退と考えておりますが、最後に本年と来年のカレンダーにTzolkin(ツォルキン)表を付けたものを作製しましたので、活用いただければ幸いです。

 ちょっと解説しますと、本年は「回帰」の城で年が明け、そのまま前年からの続きを締めくくり、2月の13日に新しい KIN が始まりました。5月28日より「転」の城に入り、翌5月29日からと7月8日からの10日間にGAPの集中がありました。このあたりは最も不安定な時期であったようです。本年は年内にもう一度新しい KIN が始まりますが、それは10月31日であり、年内はゆるゆると日が過ぎて行く感じです。今何か新しいことを始めるつもりでいる人はこの10月31日に一つの照準を当てても良いかと存じます。

 2014年は GAP の集中が4回、激動の年かも?

 年内に新しいことが始まって、2014年の年明け早々、2月12日には「転」の城に入り、また2月13〜22日、3月25日〜4月3日にはGAPを迎え、7月17日には KIN260 が終わります。ですから、その7月18日からの新しい KIN が「転」の城に入るのが10月30日、GAPは11月初旬と12月の初旬に集中しますので、来年はGAPの集中を計4回経験します。もしかしたら、激動の年になるかも知れません。

◇ 2013年

2013前半マヤ暦

2013後半マヤ暦

◇ 2014年

20140106.jpg

20140712.jpg

平成26年2月11日 更新


人気ブログランキングへ

マヤ暦 Tzolkin(ツォルキン)暦 KIN による個人の性格判断

 Tzolkin(ツォルキン)暦では、誕生日のKINの値により個人の性格、資質、適した職業などが割り出されます。人は自分が生まれた日に宇宙に満ちているエネルギー(神の叡智)に人生を大きく支配されるとマヤでは考えます。あるいは、そういう日を選んで生まれて来たとも言われています。ツォルキン暦研究家のメムノシス・Jr氏は260の全てのKIN(誕生日)についてそれぞれ男女10人ずつ計5200人のデータを集めて分析し、それぞれの人生とツォルキン表との相関性を見いだしたと述べています。大変、興味深い発表ですが、ここでは基本的な、誕生日のKINによる個人の性格、資質、適した職業などの割り出し方を解説しましょう。

◇ KIN で規定された各要素の位置づけ

 誕生日からKINを割り出すと、「銀河の音」、「太陽の紋章」、「WS(Wavespell、ウェイブ・スペル)」、それに「GAP (Galactic Activation Portal)」の有無が明らかとなります。それぞれの要素の個人の性格、資質を計る位置づけは、前の項でも触れましたが、通り以下です。

 ・銀河の音:個人に能力、創造力、原動力、エネルギー
 ・太陽の紋章:在意識:顕在意識、表に現れる性格、意識
 ・WS:潜在意識、自分でも気付かない個人の本質、顕在意識を操る動機付け
 ・GAP:宇宙のエネルギーを受けた人、周囲に及ぼす影響が強く大きな仕事をする人


◇ 誕生日からKINの求め方

 上述の如くKINは1-260の数字の繰り返しであり、閏年の2月29日は3月1日と同等のKINとして扱われます。過去50年間にKINが1となった日を列挙いたしますので、そこから該当する日までの日数を数えればそれがそのままKINの値となります。

【過去50年間にKIN 001であった日】
 1963年04月04日、1963年12月20日、1964年09月06日、1965年05月24日、
 1966年02月08日、1966年10月26日、1967年07月13日、1968年03月30日、
 1968年12月15日、1969年09月01日、1970年05月19日、1971年02月03日、
 1971年10月21日、1972年07月08日、1973年03月25日、1973年12月10日、
 1974年08月27日、1975年05月14日、1976年01月29日、1976年10月16日、
 1977年07月03日、1978年03月20日、1978年12月05日、1979年08月22日、
 1980年05月09日、1981年01月24日、1981年10月11日、1982年06月29日、
 1983年03月15日、1983年11月30日、1984年08月17日、1985年05月04日、
 1986年01月19日、1986年10月06日、1987年06月23日、1988年03月10日、
 1988年11月25日、1989年08月12日、1990年04月29日、1991年01月14日、
 1991年10月01日、1992年06月18日、1993年03月05日、1993年11月20日、
 1994年08月07日、1995年04月24日、1996年01月09日、1996年09月26日、
 1997年06月13日、1998年02月28日、1998年11月15日、1999年08月02日、
 2000年04月19日、2001年01月04日、2001年09月21日、2002年06月08日、
 2003年02月23日、2003年11月10日、2004年07月28日、2005年04月14日、
 2005年12月30日、2006年09月16日、2007年06月03日、2008年02月18日、
 2008年11月05日、2009年07月23日、2010年04月09日、2010年12月25日、
 2012年05月29日、2013年02月13日、2013年10月31日

 このうち閏年で2月29日があるのは1964年、1968年、1972年、1976年、1980年、1984年、1988年、1992年、1996年、2000年、2004年、2008年、2012年であります。


◇山口瑠美さん 1980年01月14日 生まれ の場合

 例えば、ここである人物を例にKINから性格、資質、適職などを分析してみましょう。私は会ったことはありませんが、山口瑠美さんと言う演歌歌手がいて、彼女の生年月日は1980年1月14日であります。それ以前で直近のKIN = 1 となる日は1979年08月22日ですので、、、

 10(この日を含む8月の残り日数)+30(9月)+31(10月)+30(11月)
 +31(12月)+14(1月14日まで)= 146

 、、、となり、山口瑠美さんと言う演歌歌手のKINは146であることが簡単に計算できます。もちろん市販のマヤ暦についての単行本を買えば「西暦とマヤ暦の対照表」が付録されていますので一目で解ります。

 山口 瑠美 1980年01月14日 生まれ KIN 146
 銀河の音:3 太陽の紋章:白い世界の橋渡し WS:黄色い種 GAP (+)

山口留美

 KINから割り出される各要素の意味合いは以下に列挙いたしますが、まずはせっかくですから山口 瑠美さんについての分析を行います。

○ 銀河の音:個人に能力、創造力、原動力、エネルギー = 03
 くっつける、互いに奉仕する
 人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができ、奉仕の心を持ち、人と人との結びつきに腐心する人です。性質の異なる人・物事を結びつけたり、立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。このため社会や組織から必要とされ、信頼されます。すべてにおいて実体験を大事にします。ひとつずつの積み重ねの経験に基づくことをとても大事にします。「調整役」ということもあり、敵を作りにくい人で、トラブルに巻き込まれることも少ない人です。その分、人や物事を上手に切れない傾向があるようです。

○ 太陽の紋章:顕在意識、表に現れる性格、意識 = 白い世界の橋渡し
 死(と再生)の力、橋渡しの力、中継する
 文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。つなぐのが役目なため、その輪の中に入れないことがあります。自分があまり評価されてないと思いがちですが、前に出すぎるのはタブーです。つなぐのが役目なのです。全く接点が無いような関係性から共通点を見つけるような観察力に優れています。相手をどうおもてなしをすれば、喜んでくれるのかを無意識に理解しています。コツコツ積み上げることで信頼を生みます。つなぐのが役目ですので、非常にコミュニケーション能力に長けています。透明感があり、すっきりしたイメージの人です。一方で、大きな成功を望む野心家でもあります。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。スケールが大きく、人を惹きつけるカリスマ性を持っています。人を分けることなく、幅広い人脈を作っていく人です。人との摩擦を避けることができる人です。無意識的に気づかれしてしまうこともあるので、注意が必要です。マスコミ・政治家など多くの人にモノや情報を伝える仕事・外交官・営業などに向いています。

○ WS:潜在意識、自分でも気付かない個人の本質 = 黄色い種
 生命の種、目覚め、開花の力、探究心
 種という言葉からも連想できるように「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人、理屈で物事を考える人です。また、最初から説明しないと理解できない人でもあります。雑学が大好きでいろんなことを知っている人ですが、周りの人にとっては、どうでもいいような内容だったりします。物知りも多いのが特徴です。絞り込んでから実行する人です。くれぐれも絞って種を植える事が大事です。絞らないと、どこに何を植えたか分からなくなって収集が付かなくなってしったり、ギャンブルなど間違った方向に種を蒔くと、そちらにハマってしまいます。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい、と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。アイディアや知識で、影響を与える人なので、相談されることも多々あります。他人から見ればなんでもないことでも、自分が気に入らないと最初からやり直します。原点を知る仕事、学者・研究者・哲学者に向いています。

○ GAP:宇宙のエネルギーを受けた人 =(+)
 GAPのKINの日に生まれた人は、宇宙のエネルギーを受け止めて生まれて来ますので、周囲に及ぼす影響が強い人です。家族にGAPのKINの人がいるとその人に振り回されると言われます。反面、このKINの人は社会的に大きな役割を果たすことも多いとされます。

 以上、全くお会いしたことはない、ランダムに選んだ演歌歌手、山口 瑠美さんの性格判断です。能力を示す銀河の音(03)と顕在意識、表面形式の太陽の紋章(白い世界の橋渡し)はいずれも人と人を結びつける、「調整役」のような存在とのことで、野心もあって、潜在意識、本質を示すWS(黄色い種)は「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究する資質があるようです。GAP (+) ですので宇宙のエネルギーを受けて生まれて来たのも、社会において大きな仕事をする予感があります。身近にいれば極めて楽しみな人物でしょう。太陽の紋章に従うと「調整役」のような存在ですが、本質を示すWSと、GAP (+) であることを考えると、単独大きな事業を展開するような凄い能力の持ち主かと考えます。


◇ 銀河の音の意味

 誕生日のKINに基づき、個人の能力、創造力、原動力、エネルギーを示す13の数字の周期であり、具体的には、KIN 1 = 銀河の音1、KIN 2 = 銀河の音2、、、、KIN 12 = 銀河の音12、KIN 13 = 銀河の音13、KIN 14 = 銀河の音1、KIN 15 = 銀河の音2、とKIN 13毎に1に戻る数字です。13個の銀河の音のキーワードとその意味を以下に示します。

【銀河の音01】
 意思を統一する、意思を決定する
 後述する太陽の紋章とWSが同じ人であり、非常に迷いの無い決断力、即断即決の人です。欠点として、器用さに欠けるところがあります。始まりの「1」は、どんな人にも物にも、分け隔てなく公平・平等にふるまうことができる実直で裏表のない人です。決断力と公平性はリーダー的要素をたくさん持っているので、まわりに人が集まりやすく、とても信頼される人です。反面、望まないものも、嫌いなもの、苦手なものも引き寄せられてきます。好き嫌いをせずに受け入れ、誰に対しても何に対しても「普遍的」に接することが望まれます。

【銀河の音02】
 二極化、二元性の創造
 混沌とする2つの相反する性質のものをまとめ上げる能力に長けています。パワーが強く、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。ただ、努力家である為、周りは努力してないように見えがちです。選択・分析能力の持ち主ですが、調整するタイプではありません。決断する場面が多く訪れ、組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。表面的に、行動や発言は迷いが無いように見られますが、内面は、迷いと葛藤を抱えています。細やかなことは得意ですが、大雑把に振る舞うのが苦手な人でもあります。

【銀河の音03】
 くっつける、互いに奉仕する
 人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができ、奉仕の心を持ち、人と人との結びつきに腐心する人です。性質の異なる人・物事を結びつけたり、立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。このため社会や組織から必要とされ、信頼されます。すべてにおいて実体験を大事にします。ひとつずつの積み重ねの経験に基づくことをとても大事にします。「調整役」ということもあり、敵を作りにくい人で、トラブルに巻き込まれることも少ない人です。その分、人や物事を上手に切れない傾向があるようです。

【銀河の音04】
 計測・定義する、フォーマットを造る
 職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。普通の人がわからない微妙な違いも見分けることができるひらめきと感性の人です。探究心からの発想やひらめきが人一倍大きい人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。「音3」の人柄の素直さの安定感ではなく、「音4」の安定感は地に足がついたように、どっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。浅く広く人とお付き合いするよりも、長く深く、専門的な人と深くお付き合いする方がシンクロが起きやすいのです。探究心の塊のような人なので、周りの人が努力不足に見えることがあるかもしれません。執着しすぎると、孤立してしまいがちになります。

【銀河の音05】
 中心を定める、輝きを与える
 控え目で遠慮がちな人、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。オンとオフがはっきりしすぎているのも特徴で、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。行動には説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。ただ、目標がしっかり定まってからが力を発揮するタイプにて、中心となる目標が定まらなければ不安定な状態に置かれることもあります。目標が決まってしまえば、最大限、最速に力を発揮することができます。性格的には従順な人で、上司にも重宝される存在ですが、逆に自分が上司になると、部下にも従順さを求めます。自分でチャンスを作るというよりも周りの人に助けられて目覚める面を持っています。

【銀河の音06】
 組織を造る、バランスを取る
 沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースな人間性です。マイペースすぎて、反感を持たれたり、自分のペースを守りたい為に距離を置いたりします。一見冷たい人と思われがちですが、自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。その為、一定の距離感があり、冷めた目で見られることが多々あります。冷静沈着で、周りの状況に左右されにくい為、頼もしい存在の人です。信頼感があり調和をもたらします。危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。組織の中に一人「音06」の人がいると安定した組織になります。冷静沈着な判断はさまざまな機能を考え出すことが得意です。「バランスを取ること」や「組織をつくる」ことも向いているようです。

【銀河の音07】
 調律する、チューニングする
 情報に敏感で、自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。すべての情報が正しいとは限らないので、情報の精査、どの情報を選ぶか、整理することが求めれる人です。13個ある銀河の音の中の真ん中に位置するため、バランス感覚があり、調整能力に長けており、通常であれば、人に頼らずとも自分で結論が出せる人です。神秘的な性格の側面を持ち、自分自身も周りも理解しがたいところがある、よくも悪くも「自分探し」をする人です。自己完結型あるいは、自分で自分がわからない不可解さから神秘的な印象や謎めいた性格の人が多いようです。自己完結型の性格は、スランプやパニックに陥るとどうしようもなくなって自分が見えなくなってしまいがちです。「音02」「音12」の人など、冷静なアドバイスをくれる人を持つことがスムーズな人間関係を築きます。入って来る情報量が多いので、何に絞り込むか、何にチューニングを合わせるかが大事なポイントになります。その絞りこむものの波長に合わせることができた時、思わぬ情報を拾うことができます。

【銀河の音08】
 調和的共振、お互いを強調させる
 バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。動物からも好かれます。「音06」のマイペースの人とは対照的で、どんな状況でもすぐに溶け込める人です。調和やバランスを気に掛ける面がすべてをスムーズにさせます。ただ、コミュニケーションにおいては、はっきりと物事を言うので、結果的に高圧的になってしまい、一方的に思われ相手の気分を害してしまうこともあります。調和を取ることに長けていても、残念ながら人づきあいがさほど上手ではありません。適度な距離感と言い方を柔らかくすることがポイントです。冷静沈着で、芯のあるプライドを持っており、困っている人を放置することが出来ない人ですので、相手を尊重しながらフォローすることが対人関係もスムーズになります。無生物を相手にする仕事より、生命のあるものを相手に仕事することで、能力を発揮できます。

【銀河の音09】
 意図の脈動、ワクワク・ドキドキ
 明るくクヨクヨしない人、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人にも元気にさせるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。関心の無いことは聞くこともしませんので、「言った・言わない・聞いてない」のトラブルが発生することはしばしばです。同様に、自分にとって「耳の痛いこと」や「嫌なこと」を聞くのは嫌なので、聞いていそうで聞いていないことが多々あります。明るい性格ですので人間関係は良好で、人に好かれやすく、広く浅くいろんな人と付き合えます。物事を深く考えるタイプではありません。人の言うことに耳を傾けるとコミュニケーションも取れスムーズな関係が築けます。自分の世界に入り過ぎてしまう傾向があるので、現実を見ながら、地に足をつけ謙虚に耳を傾け、実行した方が良いです。「好きなこと」「興味のあること」を仕事とすれば惜しみなくエネルギーを注ぐ人なので、大きな成功を手に入れることができます。逆に興味の無いことが仕事になると、びっくりするほど何もしません。

【銀河の音10】
 顕現する、プロデュースする
 見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするプロデュース能力に長け、基本的に受け身タイプですが、人材育成など人を育てる事が得意です。プロディースやアドバイザーに向いている反面、若干緻密さにかける一面があります。人格的には従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。目立ちにくい人ですが、組織の中にいると不思議と調和がとれる人でもあります。しがらみを解いたり、収拾する役割を果たしますので、調整役にやりがいを見出し実行していくことで、評価され、運気アップにつながります。「人を活かし物を作る」プロデュースの仕事、人の力を引き出す能力が高いので、教育者・指導者・コーチなどが向いていますし、裏方の位置で人を活かす仕事に生きがいを感じます。

【銀河の音11】
 解放、初志貫徹
 オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。「音11」の人は、太陽の紋章とWSが必ず反対KINになる為、常に自分自身の中に堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。これは「音02」の人よりもさらに大きな葛藤となっています。一生、相克を抱えて生きていきます。粘り強く、一度決めたことは必ずやり遂げる強い意志を持った人です。また、強い破壊力の持ち主でもあり、良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。結果的に「我」ではなく「公益」をもたらすことでは、勢いに乗って大きな結果を生み出します。人間関係においては、オリジナリティーが強く、他人の真似をするのが嫌いなため、周りと不調和を起こし、混乱を招きやすい人です。強すぎる信念を持っているので、誰がなんと言おうと自分のスタイルを崩しません。「音11」の人は、自分から周りと合わせようという機能がありませんので、周囲が理解し、尊重して受け入れてもらう環境を整えることが大事です。スポーツ選手・画家・営業・政治家などチャレンジしていく職業がエネルギーを解放します。

【銀河の音12】
 複合的安定、収束させる
 人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多く、解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。一方、好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。ひとりで問題を抱えがちの傾向があり、自分が心を開いてつきあえる人が少ないので、心から信頼できる協力者やわかりあえる関係の人をつくることがポイントとなってきます。ひとりで問題を抱えた悩みが深刻であればあるほど、深見にはまり心身の健康障害が発生してしまいます。立場を理解し、苦しみを共有してくれる人や環境をさがしましょう。「分かり合う・相談に乗る」仕事、カウンセラー・コンサル・処理業務を行う弁理士・弁護士など協力しあう仕事が向いています。

【銀河の音13】
 集大成、新しいサイクルを生み出す力
 集大成の「音13」を持つ人は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。人に合わせているように見えますが、実は、ジワジワと自分の得意な形に持っていくのが上手な「音13」の人は、恐るべきマイペースさんでもあります。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。忍耐力もあるため、その物事にロックオンすれは、さらなる結果が現れてきます。器用で忍耐力もあるので、人間関係で悩むことは少ないようです。時には、リーダーとなり、ナンバー2となり、裏方にもなれるので、状況を見ながら臨機応変に必要となる役割を果たせる人です。なんでもできる器用貧乏さんタイプでもあります。「打ち込めることを決めてそれを実行し続ける」ことが出来ればどんな道でも成果につながります。


◇ 太陽の紋章とWSの意味

上述の如く、太陽の紋章は顕在意識、表に現れる性格、意識を示し、WSは潜在意識、自分でも気付かない個人の本質、顕在意識すなわち太陽の紋章を操る動機付けとされております。以下に20ある各紋章(WS)の人間の性格、資質に関わる意味合いを列挙いたしますが、これが太陽の紋章となった場合には顕在意識、WSになればそれは潜在意識、内面的な隠れた本質として扱うこととなります。

KIN 01
 母性力、創業力、熱血力、生命を育む・生み出す
 母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。つまり、パートナーとは血縁関係ではないため、血縁関係のある子供をパートナーより大事にします。自分にも、自分の友達にもプライドを持ってます。プライドが高いので、そのプライドを傷つけられると、攻撃的になってしまうことも。特に、血縁関係のある人から傷つけられると、ショックが大きいようです。人の面倒をよくみますし、よく頼られます。命を大切にすること、植物、動物、人のお世話も得意です。集中力があるので、一度決めたら全力疾走でやり始めます。その分、失敗も多く、弱音を吐かず限界まで頑張ってしまうので体を壊しがちです。根拠のない自信がいっぱいの人です。見たことがないもの、誰もやってないことなど直感的にアイディアが広がります。それが、成果に結びつくことで自分の生き方の指針になったりします。物事を誕生させるパワーのある人です。生命を大事にする愛のある人です。叩かれてもめげない強い人です。生命体に関する仕事、医師・看護士・保育士・植物を育てる林業や農業に向いています。

KIN 02
 インスピレーション、繊細な感性、スピリット(霊)、達者、感動を伝える
 人との共感やつながりをとても大事にします。同じような気持ちの人とはすぐ仲良くなれます。伝達本能が高くいいと思ったら伝えようとするメッセンジャー能力が高い人です。自分がいいと思ってるのだから、相手にもいい情報だと思ってしまい、強引に話を進めてしまうところもあります。繊細な感性の持ち主さんなので、なかなか相手に伝わらず、傷つき、それを隠そうとやせ我慢したりします。意地っ張りで、あまのじゃくで、毒舌をはくこともあります。霊的なパワーの持ち主で、人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。人に限らず、芸術(絵・音楽など)からも感じることができます。ただ、興味のないことには一切聞きません。感性が鋭い人が多いので、感性をより高める環境を作るとエネルギーが更に増加します。メッセージを伝える仕事が向いてます。アナウンサー・音楽家・クリエーターなどです。

KIN 03
 豊かさを夢見る、マイペース、囲い込み、仲間意識
 夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくてもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。なので、夢ややりたいことがなくなると、家から出なくなったり引きこもってしまったりします。自分の世界観を強く持っており、回りの人とあわせることがちょっと苦手で、好かれようと思ってないため、人に合わせようと思うこともありません。そのため誤解されやすい面もあります。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。金銭管理能力に長けており、金運が良く、衣食住には困らず、無駄使いもしません。ただ、自分からお金儲けの話をするのはタブーです。神秘的な人で、夢を語り続ける(与える)ことでエネルギーがたまります。非常にマイペースなので、人からの影響をあまり受けません。他の人に夢を与える人です。夢を語り続けるその姿はパワーを与えます。豊かさに関する仕事、実業家・経済学者・営業マンに向いています。

KIN 04
 生命の種、目覚め、開花の力、探究心
 種という言葉からも連想できるように「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人、理屈で物事を考える人です。また、最初から説明しないと理解できない人でもあります。雑学が大好きでいろんなことを知っている人ですが、周りの人にとっては、どうでもいいような内容だったりします。物知りも多いのが特徴です。絞り込んでから実行する人です。くれぐれも絞って種を植える事が大事です。絞らないと、どこに何を植えたか分からなくなって収集が付かなくなってしったり、ギャンブルなど間違った方向に種を蒔くと、そちらにハマってしまいます。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい、と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。アイディアや知識で、影響を与える人なので、相談されることも多々あります。他人から見ればなんでもないことでも、自分が気に入らないと最初からやり直します。原点を知る仕事、学者・研究者・哲学者に向いています。

KIN 05
 血と情熱、欲望(本能)をコントロールする、真実を暴く、生命力
 よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。興味がなくなると、そっぽを向いてしまうこともあります。非常に高い集中力を発揮して、神経を張り巡らせて、熱心に問題解決に取り組む努力家です。思った事が叶いやすいと言われますが、叶うまであきらめない、執念深さのような粘り強さ、あきらめない執念を持っています。蛇を思い浮かべるとイメージしやすいですが、狙った獲物は必ず仕留めます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。真実を明らかにしたいという気持ちがとても強い人です。好き嫌いがはっきりしてる自己主張型なので、言いたいことは我慢できません。言われた相手には痛いと感じることもあります。真っ直ぐな人なのでその意味ではわかりやすい人です。蛇の様に、じっくり人を観察しますので、仲良くなるまで若干の距離感がありますが、仲良くなれれば自分を出してきます。真実を探求する・本能を高める職業に向いています。

KIN 06
 死(と再生)の力、橋渡しの力、中継する
 文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。つなぐのが役目なため、その輪の中に入れないことがあります。自分があまり評価されてないと思いがちですが、前に出すぎるのはタブーです。つなぐのが役目なのです。全く接点が無いような関係性から共通点を見つけるような観察力に優れています。相手をどうおもてなしをすれば、喜んでくれるのかを無意識に理解しています。コツコツ積み上げることで信頼を生みます。つなぐのが役目ですので、非常にコミュニケーション能力に長けています。透明感があり、すっきりしたイメージの人です。一方で、大きな成功を望む野心家でもあります。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。スケールが大きく、人を惹きつけるカリスマ性を持っています。人を分けることなく、幅広い人脈を作っていく人です。人との摩擦を避けることができる人です。無意識的に気づかれしてしまうこともあるので、注意が必要です。マスコミ・政治家など多くの人にモノや情報を伝える仕事・外交官・営業などに向いています。

KIN 07
 状況を理解し把握する、癒し、遂行する
 「青い手」と言うくらいですので、「手」に関係があります。手にオーラがあり、とても手先が器用です。見返りを気にせず、相手の立場にたって、状況や環境を理解し自分が何をしたらいいのかを考えます。人のために尽くすことが心地よいと思う人です。他人を理解しようとしてる姿に癒される人もいます。チャンスやお金、人の心など掴みやすい人です。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。マッサージや料理、造形、裁縫も得意です。自分で体験しないと覚えません。あれこれ考えて、状況が飲み込めるまで動きません。また、痛いことも体験しやすい人です。一生懸命つくす反面、裏切られてしまいトラウマになってしまうこともあります。場合によっては、理屈っぽいと思われることもありますが、様々な考えに関する問題を研究し、学び、考察し、熟考し、行動します。状況によっては、要領が悪いと思われがちですが、献身的な姿に心を打たれる人もいます。手を使う仕事が向いてます。料理人・マッサージ・ヒーラー・医療関係・画家など。

KIN 08
 姿・形を美しくする、調和の美、表現する
 職人気質で、プロ意識を持つ完璧主義者です。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。ちょっとでも気に入らないところがあれば、最初からやり直すこともあります。完璧主義者なため、コツコツとやり続けるのが得意で自分が納得できるところまで形にする努力家です。美意識が高く、不恰好なものを整えたり、自分のイメージした形にするのが得意です。ノートを取っていても、気に入らないと一から書き直し、まわりには、無駄な作業だと思われることもあります。完璧主義者さんで美意識が高いため、自分の意見もはっきり持ってるし言います。こだわりがあるのでゆずれない頑固さも持ってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。医者・彫刻家・聖体師・建築家に向いています。

KIN 09
 浄化、清める、新しい流れ、強い信念
 常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。じっくりと選んで考えてから行動をするため、フットワークは重いと取れがちです。その分やると決めたら、最後までとことん納得するまで命がけでやり遂げのめり込みます。自分の信じるものをしっかりもっています。一度決めたら、最後まで徹底的にやり抜く人です。困難を乗り越えていく力を持っています。まわりを浄化するパワーをもっているので、いざこざが目に入りますが、相手や環境を浄化するので、その後は腑におちることが多かったりします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。空気や人の感情が読める人が多いですが、時として、相手をさかなでてしまうこともあります。発明家・デザイナー・クリエーターに向いています。

KIN 10
 誠実さ、家族愛、(宇宙の原理原則イディアに対して)忠実、信頼
 正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。ですが、自分が苦手な人には、助言をしません。理論的に話をするよりも、思ったことがすぐ口にでるので、言わなくていいことも話してしまうこともあります。言葉にする前に注意が必要です。「愛」について全般的に学ぶことが多いようです。家族や自分が家族と思っている人には深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。「与える愛」「受け取る愛」「愛情」そして「自分自身を大切にする愛」またそうなれないことからも学ぶことがあるようです。犬を連想するとわかりやすいですが、(人間的な価値観ではなく、宇宙の理念・イディアなど)信じるものに対して誠実です。信頼してほしいし、信頼されたいと思っています。忠実・堅実さからお仕えする要素から公務員、会社員に向いています。

KIN 11
 高い精神性、トリックスター、精神的生命を育む
 猿を連想してもらえればわかりやすいと思いますが、ふざけて見えるようでも、実はすごい頭の回転が速く他人ができないことをひょいっと軽々やってしまう人です。まわりの人もあたりまえに出来るだろうと思ってしまう面を持っています。知性・理性・精神性が高い天才型人間です。人を喜ばせることに生きがいを感じます。笑わせるつもりはないのに相手を笑わせたり、おっちょこちょいな性格が自然と笑いを誘う人です。精神世界やスピュリチュアルが大好きです。関心のあるものに出会うと、どこまでも出かけていきます。楽しいことが大好きです。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。一方で、「楽しくない」という口癖を持っています。心から楽しみを見出せてない限りずっとつきまとってしまい、堅物に見られがちですので注意が必要です。大多数の人が興味をもつところよりも、視点の違うところに楽しみを見出していく人です。なかなか理解してもらいにくい面を持っています。真面目にしていてもふざけているように見える人です。空気が読めないと思われることもありますが、本人はいたって真面目です。天才型人間の要素を持つ意味で学者、宗教家、文学者、トリックスター的要素からコメディアンに向きます。

KIN 12
 自由意志、自立、理解する
 型にはまらない自由人で、柔軟な発想をする人です。束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。多少わがままに見られることもありますが、自由主義で生きてるその姿を羨ましいと思う人もいます。タフで意思の強さを持ち合わせている人です。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。極めて一芸に秀でるからこそ他人に大きな影響を与えることができる生き方にこだわる人です。自分の意思決定も大事ですが、同じように他人の意思決定も大事にしようとします。人の気持ちに触れ、自分の成長とする気持ちの大きい余裕のある人になりたいと思っているため、人一倍、他人の気持ちをわかろうと努力します。自分が理解したことだけを人に伝えようとします。相手が理解できるように話をするため、小さいことでも話をします。話が長くなる傾向があるようですが、その裏ではきちんと自分が理解していることだからこそ、わかりやすく話しができます。一を聞いてすべてを分かったように思ってしまう傾向があり、結論から知りたがる話を最後まで聞かないせっかちな一面も持っています。独立して自由な発想と道を究める自営業・起業家に向きます。

KIN 13
 人の成長の手助けをする、体験・経験を大事する、大義名分
 面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。人のために頑張ることが大好きですですが、度を過ぎるとおせっかいになってしまいがちです。無償の奉仕の精神を持っています。世のため人のためという社会貢献・地域貢献、お世話役などの意識が高い人も多くいます。「無償の精神」という言葉が良く似合っています。何事も経験がすべて、という考え方を相手にも自分にも持っています。目で見て、触って、体験をしていくことで、新しい発想が生まれてきます。自分が大変な状況であっても、「相手の成長」につながるのであれば喜んで引き受けます。体験したことを大事にし、その経験を重ねながら成長をしていくことに重点を置いています。やさしく接するので、姉御肌・兄貴肌です。「成長の手助け」をする役割を持っていますので、空気を読むことも得意です。人に合わせることも「経験」によって磨かれていきます。冒険心も旺盛ですが、常識という言葉にとらわれて、なかなか自分の行動範囲を広げることが難しいタイプです。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。教育者・文学者・宗教家・社会活動家・科学者に向いています。

KIN 14
 罪を赦す女神、魅了する力、魔法の力
 「許す=愛す」が最大のテーマです。「許せない!」それでも「許せますか?」と試される状況が多々訪れます。自分自身の中でも「許せない自分を受け入れ乗り越えて、許す気持ちを知りましょう」と問われる場面が多くあります。人は完璧ではなく、未熟な所がたくさんありますので、その人の状況や立場、環境を知った上で受け入れる姿勢が求められます。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする、手を抜けない頑張り屋です。自分がベストを尽くすので、他人にも同じようにベストを求めがちです。周りを責める気持ちになりやすいので注意が必要です。人の気持ちを軽くすることができる人です。何事にも受け入れてくれるあなたに、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。すべてを受け入れてしまい真面目なため、自分で責任を取ろうとします。人・物・現象に対して「疑う」という機能がついていませんので、洗脳されたり、だまされるたりと痛い経験をすることもしばしばあります。芸術家・俳優・タレント・宗教・精神世界などに向いています。人の重荷を背負ってあげる意味で福祉関係にも向いています。

KIN 15
 見通す力、クールな知性、ビジョン
 「勘」が働く直感型の人です。なんとなく上手くいきそう、と思うことが多く、瞬間的に現状と未来を冷静に判断します。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。個人的な考えやビジョンが広がります。友人から相談を受けることも多い人です。鷲が大空から、獲物を取る時を連想していただくとわかりやすいのですが、どこに何があって、この後、どうなりそう、など、人の動きや人の心の動きがよく見えます。着眼点が人と違い、面白い角度から物事を捉えることができます。未来の状況を客観的に見れる一方、イロイロなことが見えすぎるため、否定的な意見も言ってしまいがちです。「先見性」と「広い視野」を持っていますので、交渉事が得意だったりします。相手が思っている懸念材料を解消しまとめるのが得意です。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。人を惹きつけ、また仕事が出来きる人です。マイナス面が目立つと、鋭い指摘とネガティブな発言が出やすくなりますので注意が必要です。政治家、弁護士、評論家、また大企業においては企画部門や郊外担当などが適職です。

KIN 16
 戦いの力、困難を突破する力、知性
 常に「挑戦」し続けることを大事にします。他人から見ても困難なことにあきらめず、楽しみながら、突破していく力を持っている頑張り屋で、めったにへこたれません。高い壁があればあるほど、チャレンジしていく人です。常に前を向いて生きていくめげない人です。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。自分に厳しく、プロセスに充実感を覚える人です。物事を何でも追求する人です。常に「なんでそうなるの?」「どうしてそうなの?」と自分にも周りにも求めます。少しの情報からも情報収集するため、回りの人は、責められているような感覚におちいりやすかったりしますが、それは、その状況を見極めようとしているだけです。生きている限りすべてが「挑戦」という気持ちを持っているので、挑戦することの楽しさ、ワクワク感やドキドキ感を持ち続けます。「挑戦」することがテーマです。行動してこそ、プラスの面がひきだち、なげださない姿勢に信頼が集まります。まわりに、黄色い戦士の方がいるのであれば、「挑戦し、やりとげる」奥義を聞いてみるのもいいかもしれません。適職はスポーツ選手です。

KIN 17
 シンクロ二シティーの力、心の連帯(つながり)、共時性
 自分が思っていることと、現実で起こることが一致します。あの人のことを考えていたら電話が来た、などです。自分にとって、いいことだけがシンクロするわけではありません。嫌だと感じていたことが現実になったりもします。そんな時は、「もしかして このことは私にとって必要なことかもしれない」と感じると良い方向に行きます。人とのつながり、絆を大事にします。信頼した人、お世話になった人など、簡単に関係が切れたりしません。お世話になった人の恩を忘ず生きてゆきます。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っており、心に響く言葉や、納得させる言葉をたくさん持っているので、スピーチなど人前でお話することも得意です。バランスがよい判断をするので、人から信頼されたり、頼られたり、相談されたりすることも多い人です。同時にいくつもの作業を平行で行ったりもできるので、要領のいい人でもあります。歴史上の人物に見るように、大衆をリードしていく人です。「絆」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。「人」を大事にし、「人」の中で生きていますので、赤い地球の性質がマイナスに出ると、寂しがり屋さんになりやすくなります。音楽家、政治家、教育者、霊能者、人の心に訴えかける職業、企業の中でプロジェクトリーダーなど人を引張る立場が向いています。

KIN 18
 永遠の美・秩序・調和、時間の超越、自立力
 儀式や礼節を大事にし、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。他人に甘えることなく、自分のことは自分でやる、という気持ちを持っています。しっかりしてるというイメージがある経済的にも精神的にも自立をめざす覚悟のある人です。物事をはっきり言い、言うことがあたっていますので、ぐさっとくることもあるかもしれませんが、「誠実」で居たい、「自立心」が大事、という根本から出てくる言葉です。本人は愛情表現だと思っていますが、時にはまわりから冷たく見られたり、手厳しさを感じるなんて言われることもあります。不誠実を嫌うので、この人の近くにいると、なんとなく不正がばれるような気がしてしまい相手が離れていくこともあります。波動が合わない人を跳ね除ける力を持っている実直な人です。「鏡」は、映し出すものを選ばないようにすべてを等身大で映し出します。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。ありのまま受け入れようとする人です。秩序が不可欠な公務員・哲学者・宗教家に向いています。

KIN 19
 変容のエネルギー、家族団らん、発散力
 嵐というだけあって、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。料理が好きで、作るのはもちろん、食べることも好きです。一度、自分の中で決めたことは、誰がなんと言おうとやり遂げます。また、「巻き込む力」が強いので、回りの人を巻き込みながら、物事を進めていきます。自分のココロに素直で前向きな面が引き立っています。やる気があるときはがっつり動くきますが、やる気が無いときはまったく動きません。何をしていいのか、わからなくなることもあります。ですが、やる気になった時は、「エネルギッシュ」に動きます。寝なくっても疲れていてもおかまいなく、持ち前の集中力を発揮します。極端な2面性を持っています。物事の「変化」を楽しんで受け入れる人です。いきなり行動に出ますので、周りの人は振り回されていると感じることもあります。分野を問わず、それぞれの分野の変革期に力を発揮することを得意です。

KIN 20
 太陽の力、円満・円熟、公平
 小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。逆に「責任」がないと、まったくやる気がありません。一貫性を大事にし、納得しないとテコでも動きません。「責任感」が強く、「一貫性」を大事にしますので、途中で変更されたり、中止されるのは苦手です。太陽のようにすべてを照らし出だし、公平でありたいと思っています。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、多少のことは気にしません。人からいろいろ言われることを嫌う傾向があります。太陽の下では隠し事が出来ませんし、元々隠し事が嫌いです。正直に生きて生きたいと思っています。秘密ごともしゃべりたくなりますので、聞かないようにするのがベストです。物質的にも精神的にも恵まれることが多いため、「感謝」の気持ちがポイントとなります。管理部門や渉外部門の仕事が向いています。また、安定成長や成就の局面に入った分野で組織や企業で手腕を発揮します。

古代マヤ暦の暗号 メムノシスJr著 2007年 ぶんか社


人気ブログランキングへ

マヤ暦 Tzolkin(ツォルキン)暦 KINのもつ意味

 マヤ暦について基本的なメカニズム、最近話題となった「第五の太陽の時代」の終わりについて触れて参りましたが、ここでは、この暦の大きな特徴、「時間の流れに意味を持たすもの」、「生誕の日からその人間の資質を判定する学問」、さらには「未来への予言」などに触れるためのメカニズムと各要素の意味合いをご説明いたします。

 マヤのTzolkin(ツォルキン)暦では1日をKINと言って番号が付けられており1-260の周期で繰り返します。この260は基本的には13 x 20 で分割されており、分割の方法により1日1日に260種類の異なる宇宙の意識、エネルギーが込められております。そうしたTzolkin(ツォルキン)暦の要素を以下に示します。

ツォルキン暦image

【Tzolkin(ツォルキン)暦の要素】
 ・KIN:260通りの誕生日によって個人のKINが決定される
 ・銀河の音:13周期で個人の能力、創造力、原動力、エネルギーを示す
 ・太陽の紋章:1日1日変化する20の周期で顕在意識を示す
 ・WS(Wavespell、ウェイブ・スペル):13日ずつ20通りで潜在意識、無意識
 ・5つの城:52ずつ5通りで起承転結および回帰の時の宇宙の流れを示す 
 ・GAP(Galactic Activation Portal):銀河に活性化したエネルギーが出入り

◇ KINの求め方

 上述の如くKINは1-260の数字の繰り返しであり、閏年の2月29日は3月1日と同等のKINとして扱われます。本日は2013年08月03日ですが、直近の KIN 0 は本年02月13日でありました。この日から本日までの暦日から本日のKINを求めることができます。
 
 16(2月13日を含む残りの2月)+ 31(3月)+ 30(4月)+ 31(5月)+
 30(6月)+ 31(7月)+ 3(8月の今日まで)= 172

 マヤ暦の専門書には「西暦とマヤ暦の対照表」が付録されておりますが、上の方法でもKINの値を計算することはできます。本日2013年08月03日のKINは172であり、これは自動的に以下の如く定義された日であります。

  2013年08月03日 KIN 172
  銀河の音:3、太陽の紋章:黄色い人、WS:白い犬、S城:結、GAP:(—)

◇ 銀河の音

 銀河の中心から発せられるパルス波、宇宙の創造の行為が以下に示す意味合いで13の段階を取り、これが原動力となって20の歯車(20種類の太陽の紋章)を動かしていくとされます。銀河の音により13日周期で日々の日常に意味を持たせ、また個人の誕生日においては個人に能力、創造力、原動力、エネルギーを与えます。
 KINに対する銀河の音の当てはめ方は具体的に、KIN 1 = 銀河の音1、KIN 2 = 銀河の音2、、、、KIN 12 = 銀河の音12、KIN 13 = 銀河の音13、KIN 14 = 銀河の音1、KIN 15 = 銀河の音2、とKIN 13毎に1に戻る方式です。

 銀河の音 1-13 は銀河より発せられるパルス波の13段階

【銀河の音の定義】
 銀河の音01:統一の力のパルス波。磁気。意思統一。引きつけ。
 銀河の音02:二極性を与えるパルス波。月。二極的対立への挑戦から安定へ。
 銀河の音03:リズムを与えるパルス波。電気。サービスを活性化させる。融合。
 銀河の音04:測定力のパルス波。自己存在、様式の定義、測定。
 銀河の音05:中心を与えるパルス波。輝きを与える。命令する。
 銀河の音06:組織的平衡を与えるパルス波。リズミカルでバランス良い組織を作る。
 銀河の音07:神秘的な力のパルス波。共振的、調律して回路を開く。
 銀河の音08:調和的な共振を与えるパルス波。銀河的。完全な調和、モデルの完成。
 銀河の音09:円環的な周期性を与えるパルス波。太陽。意図の脈動、達成、認識。
 銀河の音10:顕現の力を与えるパルス波。惑星。完全な顕現。生産する。
 銀河の音11:不協和構造を与えるパルス波。スペクトル。自由への解放。解き放ち。
 銀河の音12:複合的安定を与えるパルス波。結晶構造。協力による奉仕。普遍化。
 銀河の音13:宇宙的活力を与えるパルス波。宇宙。存在の在り様を耐え忍ぶ超越。

◇ 太陽の紋章とWS

 太陽の紋章はKIN 0から260までを1日1日変化する20個の周期、合計13回の循環であります。これに対してWS(Wavespell、ウェイブ・スペル)は、KIN 1-260を20分割して20種類、各々13日ずつの紋章を当てはめます。KINに対する太陽の紋章とWSの具体的な循環方法を以下に示します。

【太陽の紋章の循環】
 KIN 1,2,3,,,,118,19,20に対して以下の順で当てはめます。
  赤い竜 → 白い風 → 青い夜 → 黄色い種 → 赤い蛇 → 白い世界の橋渡し
  → 青い手 → 黄色い星 → 赤い月 → 白い犬 → 青い猿→黄色い人
  → 赤い空歩く人 → 白い魔法使い → 青い鷲 → 黄色い戦士 → 赤い地球
  → 白い鏡 → 青い嵐 → 黄色い太陽(→ 赤い竜)
 KIN 21,22,23,,,からはまた「赤い竜 → 白い風 → 青い夜 →」と循環します。

【WSによるKINの分割】
 KIN 001 – 013 : WS 赤い竜
 KIN 014 – 026 : WS 白い魔法使い
 KIN 027 – 039 : WS 青い手
 KIN 040 – 052 : WS 黄色い太陽
 KIN 053 – 065 : WS 赤い空歩く人
 KIN 066 – 078 : WS 白い世界の橋渡し
 KIN 079 – 091 : WS 青い嵐
 KIN 092 – 104 : WS 黄色い人
 KIN 105 – 117 : WS 赤い蛇
 KIN 118 – 130 : WS 白い鏡
 KIN 131 – 143 : WS 青い猿
 KIN 144 – 156 : WS 黄色い種
 KIN 157 – 169 : WS 赤い地球
 KIN 170 – 182 : WS 白い犬
 KIN 183 – 195 : WS 青い夜
 KIN 196 – 208 : WS 黄色い戦士
 KIN 209 – 221 : WS 赤い月
 KIN 222 – 234 : WS 白い風
 KIN 235 – 247 : WS 青い鷲
 KIN 248 – 260 : WS 黄色い星

 太陽の紋章とWSはそれぞれ顕在意識と潜在意識、無意識を表すとされておりますが、どちらも人間の本質であり優劣はありません。あえて言えば、顕在意識である太陽の紋章に対してWS、潜在意識の方がより個人の本質を表していると言えます。顕在意識である太陽の紋章は心の奥底にある潜在意識であるWSによって動機づけられていると言えます。「KINとはWSの力によって太陽を紋章する」と言う言葉があります。

 太陽の紋章=顕在意識、WS=潜在意識、無意識
 「KINとはWSの力によって太陽を紋章する」


【太陽の紋章・WSの定義】

KIN 01
 生命を育む、滋養を与える 生命の源泉、竜、血、滋養、母性エネルギー、
 誕生の力、生命のスタートを意味する。

KIN 02
 スピリット、繊細な感性 呼吸、風、宇宙エネルギー、インスピレーション、
 生命の原理、コミュニケーション。

KIN 03
 豊かさ、豊かさを夢見る 閉ざされた闇、夜、神秘的な心臓、内臓諸器官、
 物心両面ともの豊かさをもたらす、豊かさへの志向。

KIN 04
 種、イデア、開花の力 成長を命じる力、性と再生、目醒めを促す。

KIN 05
 本能、血と情熱、真実を暴く 蛇、神経系システム、自律機能の統合、
 太陽系から失われた真実を見いだす役割。

KIN 06
 橋渡しをする力、死と再生の力 死、真実を暴くこと、物質的身体の死、
 モノと心・人と人・あの世とこの世を繋ぐ、死と再生。

KIN 07
 理解、把握、癒し、手 つかむこと、閉じること、完成させる力、
 物質的身体の有限性についての認識。

KIN 08
 姿・形を美しくする、調和の美、星 星、調和、オクターブ、
 高次の生の様式についての直感的認識。

KIN 09
 浄化、新しい流れを作り出す 雨だれ、高次の生のコミュニケーション、
 浄化による新しい生命周期を生む。

KIN 10
 誠実さ、忠実さ、家族愛 犬、ほ乳類の脳、感情面における生、
 高潔さへの導き、誠実、忠実。

KIN 11
 高い精神性、トリックスター 猿、芸術家、高次の生を知的に共同創造する、
 高度な知性、芸術性。

KIN 12
 自由な意志、高次の心としての人間性 自由意志、高次の心を含有した人間、
 タフで意志の強さ。

KIN 13
 人の成長を手助けする、天と地の柱 空歩く人、天と地をつなぐ意志、
 高次の心(マインド)の成長の原理。人を助け育てる。

KIN 14
 魔法の力、魅惑、罪を赦す女神 ジャガー、猫のエネルギー、魔法の力、
 個人の意識展開の最高レベル、科学万能の現代社会に対するアンチテーゼ。

KIN 15
 見通す力、クールな知性、ビジョン 高度な集合的な心(マインド)、
 惑星的な心と意識、クールで理性的。

KIN 16
 戦いの力、困難を突破する力、知性 宇宙的な物理的力、戦う人、
 銀河意識に接触し交わる能力、困難に立ち向かい突破するチャレンジャー。

KIN 17
 シンクロニシティの力、心の連帯 大地、地の力、シンクロニシティ、
 知的共時性、大衆をリード。

KIN 18
 永遠の美・秩序・調和、時間の超越 無時間の儀礼的パターン、永遠性、
 知恵と浄化、秩序を尊ぶ現実性。

KIN 19
 嵐の変容のエネルギー、家族の団らん 嵐のパワー、生命のエネルギー、
 平凡な家庭の平和。

KIN 20
 太陽の力、次の次元に移行するエネルギーを与える 太陽の心、太陽の主、
 知恵、知識、銀河全体に焦点を合わせる能力、惑星活動のエネルギーを与える。

◇ 5つの城

 WSによるKINの分類を見るとKIN 1-52 に13個ずつ赤、白、青、黄色のWSが当てはめられ、次の KIN 53-104 でも13個ずつ赤、白、青、黄色の4つの色のWSが繰り返されます。これに緑を加えた5回の52ずつのKINの周期でKIN260まで循環します。これを「5つの城」と呼んで以下ように定義しています。日常生活において城に基づき行動の基準としている方が多いです。

 城は KIN 1-260 を5分割した起承転結+回帰

  KIN 001 – 052 赤 = 起  : 誕生の時、種の始まり、起点
  KIN 053 – 104 白 = 承  : 戦士の鍛錬、技術を磨く
  KIN 105 – 156 青 = 転  : 魔法、星を変容させる、微調整
  KIN 157 – 208 黄 = 結  : 知性、成熟した太陽、成就、収穫
  KIN 209 – 260 緑 = 回帰 : 中心への回帰、新しい旅への調整、準備

◇ GAP (Galactic Activation Portal)

 これはツォルキン表では「マヤの機織り」などと呼ばれ、以下の如く全部で52個存在します。「銀河的に活性化しされたエネルギーが出入るする日」と定義され、濃密な銀河エネルギーが流れる日です。

【GAP(Galactic Activation Portal)に該当するKIN】
 KIN 001, KIN 020, KIN 022, KIN 039, KIN 043, KIN 050, KIN 051, KIN 058,
 KIN 064, KIN 069, KIN 072, KIN 077, KIN 085, KIN 088, KIN 093, KIN 096,
 KIN 106, KIN 107, KIN 108, KIN 109, KIN 110, KIN 111, KIN 112, KIN 113,
 KIN 114, KIN 115, KIN 146, KIN 147, KIN 148, KIN 149, KIN 150, KIN 151,
 KIN 152, KIN 153, KIN 154, KIN 155, KIN 165, KIN 168, KIN 173, KIN 176,
 KIN 184, KIN 189, KIN 192, KIN 197, KIN 203, KIN 210, KIN 211, KIN 218,
 KIN 222, KIN 239, KIN 241, KIN 260

 GAPは宇宙エネルギーを受ける日

 GAPに当たる日は宇宙のエネルギーを受けやすく変化に富んだ日と言われております。上のGAPが該当するKINを見ますと赤で示した KIN106-115 と KIN 146-155 の各々10日間にわたりGAPが続いており、これはいずれも「青=転:魔法、星を変容させる、微調整」の城にあり、身の回るに大きな変化が起こる、不安定な期間となります。
 また、GAPのKINの日に生まれた人は、宇宙のエネルギーを受け止めて生まれて来ますので、周囲に及ぼす影響が強い人です。家族にGAPのKINの人がいるとその人に振り回されると言われます。反面、このKINの人は社会的に大きな役割を果たすことも多いとされます。

◇ Tzolkin(ツォルキン)暦 KIN 一覧表

 以上をまとめた KIN 1-260 の全ての要素を盛り込んだ表を以下に供覧いたします。最近の KIN 1 の日は以下の通りですし、次の項でKIN で規定される個人の性格、資質についてご説明しますが、誕生日の直近の KIN 0 の日から自分の誕生日の KIN を割り出して判定いたします。

 2012年05月29日、2013年02月13日、2013年10月31日、2014年07月18日、
 2015年04月04日、2015年12月20日、2016年09月06日、2017年05月24日、
 2018年02月08日、2018年10月26日、2019年07月13日、2020年03月30日、
 2020年12月15日

 直近のKIN 1 の日からTzolkin(ツォルキン)暦を作製

 以上のKIN 1 の起点から以下の表で未来のマヤ、Tzolkin(ツォルキン)暦を求めて日々の生活に役立てることができます。もうお気づきかと存じますが、マヤでは KIN1-260 のサイクルで同じ日が繰り返されると考えられています。KIN の数字が決まれば、その日は銀河の音、太陽の紋章、WS、城、GAPの有無のいずれも固定されており、そうした固定した性格の260日間の循環がマヤ ツォルキン暦の特徴です。

KIN260 一覧

マヤ暦 「第五の太陽の時代」の終わりとは?

 さてマヤ暦の基本的な部分を押さえたところで、「第五の太陽の時代」の終わり、2012年12月23日(日本時間では12月21日)をもう一度、見直します。マヤ暦の起点となる日から数えてCuenta larga(長期暦)が終了となる日とされております。

マヤ文明 Uxmal_nunnery_01
【マヤ ウシュマル (Uxmal) 遺跡】

◇ 2012年12月21日夜とされる通説

 マヤのCuenta larga(長期暦)は360日を1年として400年の単位baktunが13回繰り返されたところで終了とされますので、400(年) x 13 = 5,200年が1周期となりますが、これは360 x 5,200 = 1,872,000日に相当します。西暦に直すには、4年(1,460日)に1回巡って来る閏年(うるうどし)の1,281日分を差し引いた1,870,719日を前項で申したシンプソン説によるマヤ暦の起点である紀元前3114年8月11日に足せば良いこととなります。それが日本時間における2012年12月21日、マヤ暦にするとTzolkin(ツォルキン)暦: 4 ahau(アハウ)、Haab(ハアブ)暦:3 kankin(カンキン)となるわけです。

 紀元前3114年8月11日を起点とした長期暦の終わり
  = 2012年12月21日 4 ahau(アハウ)3 kankin(カンキン)


 実は私個人はこの計算方法に少しだけ疑問を持っておりました。心の中で引っ掛かっていたのは、現行の西暦に直すために閏年(うるうどし)を計算する部分です。別の機会に詳しくご説明したいと思いますが、マヤ暦において1日1日を大切にその時間の流れに意味を持たすのはTzolkin(ツォルキン)暦であり、260のkin(日)の繰り返しで表します。このTzolkin(ツォルキン)暦では閏年の2月29日のkinは3月1日と同一に扱いますので、閏年の概念は含まれないこととなります。

 マヤ暦のTzolkin(ツォルキン)暦には閏年の概念は無い

 つまり、本来のマヤ暦に計算されない閏年の部分を差し引いた長期暦の終わりを算出して西暦に合わせていいのかどうか?、というところです。そう思って、ネット検索をし直しますと、なんとそのような考え方が他でもなされておりました。閏年を計算に入れないと言うことは、長期暦の終わりはもう少し先、具体的には、上で申した閏年の1,281日分、つまり2012年よりも3年半くらい(?)先になるとの考え方です。

◇ マヤ暦の終わりを2015年9月3日とする説

 私の考えと同じかどうかは解りませんが、マヤ暦の終わりを2015年9月とする説がアメリカのマヤ研究家の間で囁かれ、それがエジプト学者の間で波紋を呼んでいるとのことです。以下、理解の範囲を超える部分にてネットの引用でご容赦いただきますと、、、。

 *****

 太陽神ホルスの母である「女神イシス」を祀っている、古代エジプト宗教の信仰の聖地「イシス神殿」、この神殿の壁には、1465体の神々が描かれており、ある伝説があります。それは、この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に一体ずつ神々の加護が失われるというもの、、、。そして、すべての神々が去った年の秋分の日に、世界が水没するというのです。神殿はローマ帝国により550年に閉鎖。以降、毎年1体ずつ神々が去っていくとなると、「2015年の9月に世界が水没する」計算になるのです。

 古代エジプトの信仰では2015年9月で一致?

 *****


 他にも2015年説を後押しする話があります。ケネディ大統領の暗殺、ルーズベルト大統領の死などを予言した故ジーン・ディクソンはハルマゲドンの混乱は1990年から徐々に始まり、2030年代まで続き、2015年に混乱のピークを迎えると予言しており、2015年に何か大きな破局を迎えるのでは?との暗示とされています。

◇ 長期暦5,200年「第五の太陽の時代」のもつ意味

 ここで全くの私見を申します。1年=360日や閏年を含む含まないと言った細かい部分を抜きにしてもっと大雑把に考えます。マヤのCuenta larga(長期暦):400年の単位baktunが13回繰り返されたところで終了とされる、400(年) x 13 = 5,200年の1周期とはどういう数字でしょうか?

 長期暦5,200年「第五の太陽」で思い出される数字

 そのまま読んで字の如く、この5,200年間が「第五の太陽の時代」と言うことであり、その前の5,200年間は「第四の太陽の時代」となり、つまり「太陽の時代」が5,200年ずつで、その5回目がそろそろ終了すると言う概念となります。そうなると本当の最初の時は5,200 x 5 = 26,000年前となります。

 本当の起点は5,200 x 5 = 26,000年前

 この26,000年と言う数字、以前にも触れました、地球の歳差運動の周期と奇妙に一致いたします。これも以前に申しましたが、地球の自転軸における歳差運動は春分点を魚座から水瓶座に移動させつつあります。これが「水瓶座時代の到来」として、アセンションの一つの現象と考える向きがあります。

 「太陽の時代」26,000年は歳差運動の周期に一致

 マヤ暦で言う「第五の太陽の時代」の最初の時は26,000年前であり、その時も実は歳差運動の最初のスタートライン、つまり前回の「水瓶座時代の到来」の時であったと言う発想です。ちょっと考え過ぎかも知れませんが、古代文明に地球の周期を考える学問として天文学が広く用いられていたのは確かのようです。マヤ暦において、5,200年を単位として考える周期、それが5回繰り返されて合計が26,000年に及ぶこと、現代にアセンションが噂されていること、そうした全ての符号が一致するのでは?、妄想の域を出ないのは言うまでもありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジーン・ディクソン
http://news.livedoor.com/article/detail/7278251/


人気ブログランキングへ