アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

大洋〜横浜を盛り上げた主役たち VOL.003 球団史上No.1投手は「白鳥の舞い!」平松 政次 投手(再掲)


 今年のプロ野球ペナントレースも、クライマックス・シリーズでいよいよ閉めとなります。3位横浜は広島に対して1勝リード、日本シリーズに下克上の王手をかけました。その中でジョー・ウィーランド投手の打撃が素晴らしく、しばしば 平松 政次 投手 の名前を聞きます。せっかくですから、一部のデータを加えて再掲いたします。

 +++++
 
 大洋〜横浜に関わった選手、監督、コーチなどをご紹介するコーナー、3人目はオールドファンであれば外すことはできない 平松 政次 投手です。「カミソリシュート」の異名を取る高速で凄まじい切れ味を誇るシュートを武器に、1967年 大洋ホエールズ入団、1978年より1984年まで横浜大洋ホエールズで、大洋〜横浜一筋18年間のプロ生活、球団史上最多イニング数を誇り、唯一の200勝投手であります。

平松投手 投球02


◇ 大洋で201勝の平松政次氏、殿堂入りに涙「夢ではないかと」

 まずは、本年1月16日、エキスパート表彰で野球殿堂入りが発表された記事のご紹介です。

平松氏殿堂入りの記事

 *****

 今年の野球殿堂入りが16日、都内の野球殿堂博物館で発表され、プレーヤー表彰で西武黄金時代の捕手として活躍したロッテの伊東勤監督(54)、エキスパート表彰では、監督として3球団でリーグ優勝した星野仙一氏(69)と元大洋のエース・平松政次氏(69)が選出された。

 受賞あいさつの開口一番に平松さんの正直な気持ちがあふれ出た。「この場に立っても、まだ夢ではないかと思います」。そう言うと、自ら頬をつねった。

 エキスパート部門で、ずっと次点に甘んじてきた。「若手がどんどん出て来て、今年は原(辰徳)君も(候補に)入って来た。後輩に抜かれ、もう入れないと思っていました」。電話で連絡を受けた時「涙が出た」のは、大げさではない。

 通算201勝。球団では唯一の200勝投手。実績は申し分ない。代名詞のカミソリシュートは、入団3年目のキャンプで初めて投げた。先輩の近藤昭仁、和彦から「大した球がないな。他の球は投げられんのか」と言われてかっとして、ろくに練習もしていないシュートを投げてみたら、これが大きく変化した。「シュルシュル」と音がしたという魔球伝説の始まりだ。

 巨人キラーとしても鳴らした。巨人戦51勝47敗。通算勝利数は国鉄時代の金田正一さんの65勝に次ぎ2位だが、金田さんが負け越している(72敗)のに対し、勝ち越しているのも大きな勲章になる。同郷の1年先輩で、高校時代からライバルでもあった星野仙一さんとの同時受賞。ともに巨人入団を夢見ながら果たせず、そのあこがれのチームに勝つことで存在価値を見いだしてきた。闘将・星野がナゴヤ球場のベンチの扇風機を殴って壊したシーンを、平松さんは司会を務める「プロ野球ニュース」の珍プレーで紹介しているが、平松さんにも交代させられたベンチで、扇風機を利き腕の右手で殴って壊して、骨折しかけた経験がある。長嶋さんの内角をえぐったシュートは、そんな激しい闘争心を体現したものだったのだろう。(洞山 和哉)

 *****



◇ 略歴

 1947年(昭和22年)9月19日生、6人兄姉(男2人、女4人)の末っ子、岡山県高梁市の出身、174 cm 74 kg。3歳で父親と死別しております。ここでは、平松 投手の略歴を客観的データ、記録に加え、私個人の記憶、私見を交えてご紹介いたします。

1.1965年 甲子園で優勝投手

 岡山東商業「平松 政次」が全国にその名前を知られたのは1965年(昭和40年)春の、第37回 選抜高校野球大会でありました。前年の秋季中国大会決勝で米子東高校に敗退、準優勝の成績を経ての甲子園出場でありました。

【第37回 選抜高校野球 岡山東商業の戦績】
 一回戦  岡山東商 7-0 コザ高(沖縄)
 二回戦  岡山東商 1-0 明大附属明治高(東京)
 準々決勝 岡山東商 3-0 静岡高(静岡)
 準決勝  岡山東商 1-0 徳島商(徳島)
 決 勝  岡山東商 2-1 和歌山商(和歌山)

岡山東 平松

 平松 投手は、ほとんど速球ばかりで、一回戦から準決勝まで、戦後初の4試合連続完封で勝利しました。決勝の相手は元阪神タイガースで同学年の 藤田 平 選手がいた和歌山商業で、その4回の表に失点するまでの39イニング連続無失点の大会新記録を樹立し、延長13回サヨナラ勝ちで優勝投手となりました。
 同年夏の県大会予選、準決勝で元ヤクルトスワローズのエース、倉敷商業の 松岡 弘 投手に投げ勝ちました。決勝では元東映フライヤーズでドラフト1位、高卒ルーキーでプロ初登板初完封した、関西高校の 故 森安 敏明 投手と投手戦を演じ、延長11回 2対1、サヨナラ勝ちで春夏連続の甲子園出場となりました。しかし、甲子園では一回戦の日大二高戦で8安打4失点を喫し敗退、涙を飲みました。

2.1966年 日本石油入り

 1965年11月17日、第1回ドラフト会議で中日ドラゴンズより4位指名を受けました。中日との入団交渉では契約金の上限である1000万円を超える2000万円をテーブルの上に置かれて「好きなだけやる」と勧誘されたそうですが、これを拒否、月給2万3000円の日本石油に入社しました。

 初めてのドラフト 中日 4位指名を拒否

 これについては、本命が巨人軍であったのに指名されず、との解説をよく目にしますが、負けず嫌いな 平松 氏の性格を考えると至極当然のことでありました。日本プロ野球で初めて開催された、手探り状態のドラフト会議ではありましたが、それでも指名順位はプロ球団からの評価の高さを意味しておりました。平松 投手は4位指名でありましたが、同じ岡山県で凌ぎを削った前出の 森安 投手は東映フライヤーズとサンケイスワローズからの1位指名でありましたし、憧れの巨人軍は、甲府商業で甲子園出場経験のない 堀内 恒夫 投手を1位に指名しました。甲子園の決勝で対戦した 藤田 平 選手は阪神タイガースの2位指名と、ことごとく同学年の高校生が自分より上位のドラフトで指名され、これは気の強い負けず嫌いの平松 氏には我慢がならなかったのだろうと思います。

3.1967年 日本石油で優勝後 大洋ホエールズに入団

 日本石油では都市対抗ベスト4進出に貢献するなどの活躍で日本代表入り、憧れの巨人スカウトからは1位の確約を得ていましたが、翌1966年の第2回第2次ドラフト会議において(大分国体不出場が第1次に対して国体出場が第2次)、巨人の1位指名は立教の 槌田 誠 捕手でありました。巨人は南海ホークスとの抽選の末に 槌田 選手を獲得しましたが、もし槌田 選手を外していれば 平松 投手を1位指名する予定だったとされます。

 憧れの巨人 1位指名の確約は裏切られ

 第2次ドラフト1位で近畿大学の 故 山下 律夫 投手を指名した大洋ホエールズが 平松 投手を2位に指名しました。平松 投手は大洋への入団を快諾せず、交渉は翌年までも持ち越されました。岡山東商業の大先輩で大洋の主力選手であった 故 秋山 登 投手と 土井 淳 捕手が説得にあたり、「長嶋さんと勝負するのも一つの男の道」と言われ、平松 投手は都市対抗で優勝したら入団すると約束しました。1967年8月8日、都市対抗野球決勝で日本楽器を5安打完封に抑え、日本石油を優勝に導き、MVPにあたる橋戸賞を獲得、2日後の8月10日、入団しました(背番号3)。

秋山と土井 写真
岡山東商業〜明治大学〜大洋にまで18年間バッテリーを組んだ 故 秋山 登 投手(左)と 土井 淳 捕手(右)

 ちなみに1966年のドラフトにおける大洋は、第1次で8人、第2次3人の計11人を指名しましたが、6人に拒否され、入団したのは前出の 山下律 投手、平松 投手、松岡 功祐 内野手(第1次ドラフト1位、サッポロビール)ら5人でありました。

4.プロ入り直後

 大洋入団からわずか6日後の1967年8月16日、広島東洋カープ戦でプロ初登板しましたが、後に「平松キラー」と呼ばれた 藤井 弘 内野手に2本塁打を浴びてプロの洗礼を浴びました。しかし、中3日で先発した8月20日のサンケイスワローズ戦では岡山東商業の大先輩である 土井 捕手のリードで、99球、わずか4安打、三塁を踏ませない完封でプロ初勝利を飾りました。結局、初年度は3勝4敗で終わりましたが2完封でしたので2年目に大きく期待されました。
 ところが、背番号が27に変わった2年目の1968年は、7連敗を経験し、5勝12敗と大きく負け越しました。当時の 平松 投手は代名詞の「カミソリシュート」はなく、カーブやスライダーも曲がりが乏しい、本人曰く「間違いなく150 km/hは出ていた」速球一本やりの投手で、当人はひそかに「俺のプロ野球生活は3、4年で終わりだな」と覚悟したと言います。

70年代の平松投手

5.1969年「カミソリシュート」を会得して全盛期へ

 1969年、後述するキャンプでのある出来事で「カミソリシュート」を身につけた 平松 投手は、この年は14勝12敗、防御率2.56と頭角を現し、翌1970年には生涯で最高のシーズンを送りました。初の開幕投手を務めて、51試合38先発(リーグ1)23完投6完封5無四球(リーグ1)25勝(リーグ1)19敗(リーグ1)182奪三振 防御率1.95の成績を収め、最多勝、球団史上初の沢村賞、セ・リーグ ベストナインにも選出されました。1971年も開幕投手を務め、17勝(13敗)で2年連続の最多勝、ベストナインに輝き、阪神タイガースの 江夏 豊 投手(1968年25勝、1973年24勝で最多勝)、読売ジャイアンツの 堀内 恒夫 投手(1972年26勝で最多勝)とともにリーグを代表する投手となりました。

江夏と堀内 写真
江夏 豊 投手(左)と 堀内 恒夫 投手(右)

 巨人の 堀内 投手が鋭く曲がるカーブを武器にしていたのに対し、ホップするストレートを武器とした 江夏 投手、シュートで右打者の胸元をえぐる 平松 投手の投球は威力抜群で、V9の巨人でコーチを務めた 故 牧野 茂 氏がラジオで「1970年代の 江夏、平松 は打とう立って打てる投手ではありませんでした。ただひたすら投球数が数えて衰えを待つのみでした。」と解説されておりました。以下に 平松 投手の年度別成績を供覧いたします。

平松投手年度別成績

6.計9回の開幕投手

 平松 投手がチームのエースとなって3年目の1972年は記録上の開幕投手は 山下律 投手ではあり、平松 投手ではありませんでした。これは、この年の4月9日、対ヤクルト開幕戦に先発登板したものの2回降雨コールドでノーゲームとなったためでありました。故障のため本当に開幕投手が務められなかったの1977年、腰痛でキャンプ不参加となった年が初めてでありました。従って、彼は1970年から1976年までの7年連続を含む計10回の開幕に指名され、記録上は計9回の開幕投手を務めました。これも密かに大洋〜横浜球団の記録であります。

【大洋〜横浜で開幕投手2回以上の投手(敬称略)と連続年数】
 平松 政次  計9回(登板は4年、指名は7年連続が最高)
 三浦 大輔  計7回(4年連続が最高)
 遠藤 一彦  計5回(5年連続)
 稲川  誠  計3回(3年連続)
 斎藤 明夫  計3回(2年連続が最高)
 権藤 正利  計2回(2年連続)
 大石 正彦  計2回(2年連続)
 高野 裕良  計2回(2年連続)
 森中千香良  計2回(2年連続)
 中山 裕章  計2回(2年連続)
 有働 克也  計2回(2年連続)
 盛田 幸希  計2回(2年連続)
 秋山  登  計2回(連続はなし)
 野村 弘樹  計2回(連続はなし)

 大洋〜横浜の開幕投手の記録を調べて驚いたのは、平松 投手の前の大エース、秋山 投手が2回だけで、しかも1961年と1966年と飛び飛びであったことでした。故障や監督采配などの諸事情があったのだろうと思いますが、必ずしも開幕投手だけがチームのエースではないと言えるでしょう。一方で、2009年の 三浦 大輔 投手を最後に、2010年から今年までの8年間(ランドルフ、山本、高崎、藤井、三嶋、久保、井納、石田 各投手)、横浜の開幕投手は、連続は愚か2度目の開幕投手を務める人材は出現しておりません。長期にチームのエースに君臨する投手が不在である証であり、平松 投手の開幕投手9回の球団記録に迫る投手の出現が待たれるところです。

7.12年連続二桁勝利

 1970年より球団記録、9回の開幕投手を務めましたましたが、2度の最多勝以降は、1973年17勝、1974年15勝以外は、概ね13勝止まりのシーズンでありました。それでも毎年Bクラスの弱小球団において計12回12年連続の二桁勝利はまぎれもなく球団史上No.1でありました。

【大洋〜横浜での主な投手(敬称略)の年間二桁勝利の回数と連続年数】
 平松 政次  計12回(12年連続)
 秋山  登  計9回(9年連続)
 遠藤 一彦  計7回(6年連続が最高)
 三浦 大輔  計7回(2年連続が最高)
 斎藤 明夫  計6回(3年連続が最高)
 野村 弘樹  計6回(3年連続が最高)
 稲川  誠  計5回(5年連続)
 権藤 正利  計5回(2年連続が最高)
 高野 裕良  計4回(4年連続)
 山下 律夫  計4回(2年連続が最高)
 斎藤  隆  計3回(3年連続)
 鈴木  隆  計3回(2年連続が最高)

 ただ、1977年、1978年、1980年の10勝はシーズン終盤の、当時で言う所の「消化試合」における10勝到達で、記録のための登板であり勝利であったとの印象もありました。

8.翳りを見せ始めた28歳の1975年

 投手にとって記録上の勝利や敗戦の数は打撃陣などチーム事情の影響を少なからず受けますが、登板数の減少は監督采配に加えて衰えや故障など個々の選手側の要素が反映されます。平松 投手のシーズン登板数は68-70年が50試合以上、71-74年が40試合以上を数え、これは、当時としては当然でも、現代のプロ野球における先発ローテーション投手では考えられない数字であり、これは当時の先発登板の間隔が短いうえに、先発のみならずリリーフでの登板もあるからです。昨年のセ・リーグ最多勝(16勝3敗)、広島の 野村 祐輔 投手は25試合の登板が全て先発であり、68-74年の 平松 投手の年度別成績と比較いただけば、その違いは一目瞭然であります。

 当時としては当然でも 現代では考えられない登板数をこなして来て

 1975年の 平松 投手は突然、登板数が28と減少しました。リリーフでの登板が前年の16から6と激減しておりますが、先発も前年の30から22に減りました。この原因として、前年までが野手出身の監督ばかりであったのが、この年は投手出身の 故 秋山 登 氏に変わったことはあるでしょう。一方、古い選手名鑑では 平松 投手自身が「恋に落ちて」との記載があり、実際のところはわかりませんが、事実、彼は翌年、洋子 夫人と結婚しました。
 1976年は41試合の登板と奮起しましたが、13勝17敗で防御率は3.81と必ずしも満足いく成績ではなく、それ以後、シーズン登板数が40を超えることはなく、普通の先発投手になりました。

平松 川崎時代

9.カーブを磨いて1979年 最優秀防御率

 20代前半にフル回転であった彼のキャリアにおいてはすでに晩年に当たる32歳の年、横浜に移転して「横浜大洋ホエールズ」となった2年目の1979年に最後の輝きを見せました。この年は 故 別当 薫 監督にとって最後の采配が噂されておりました(後述)。平松 投手は僅かながらのイメージ・チェンジを図りました。それはカーブであります。元々、本人曰く「僕のカーブはカーくらいしか曲がらない」と、それほど特徴的なカーブではありませんでした。ところが、1977年の新人で大きなカーブを駆使する 斎藤 明夫 投手の影響を受けたからかも知れませんが、平松 投手は大きくタイミングを外すカーブを携えて開幕に及びました。

 大きく曲がるカーブを習得して開幕へ

 さて1979年4月7日、開幕戦の相手は前年に球団史上初のリーグ優勝、日本一にも輝いたヤクルトスワローズ(広岡 達郎 監督)でありました。ヤクルトの先発は、前年に16勝をあげた同郷の 松岡 投手(前出)でありましたが、田代 富雄 内野手の猛打が爆発、1試合3本塁打を記録して味方は9得点、投げては 平松 投手、胸元をえぐるカミソリシュートとドロンと曲がる大きなカーブが面白いように決まり、3安打14奪三振の完封と、最高のスタートを切りました。中4日で先発した4月12日、広島戦では7回までパーフェクト、8回一死から 水谷 実雄 選手に対する四球で初めての走者を出し、9回の先頭バッター、この年は11本しかヒットがなかった 内田 順三 選手に初ヒットを打たれましたが、1安打に抑えて2試合連続完封勝利を収めました。さらに中4日で登板した4月17日の中日戦でも5回まで無失点に抑えて、開幕から23イニング連続無失点を記録しました。

平松フィニッシュ写真

 この年、平松 投手の完封勝利は計3回でありましたが、その3度目の完封は5月9日の横浜スタジアム 対阪神4回戦で、この試合は記録づくめとなりました。阪神の先発投手は、江川 卓 投手との交換トレードで巨人から移籍した 故 小林 繁 投手で、この年の彼は巨人戦の8勝負けなしを含む22勝で沢村賞に輝きましたが、横浜大洋には1勝4敗でありました。この日の試合で、横浜大洋 基 満男 内野手は1打席目から4打席目まで、プロ野球タイ記録となる4連続二塁打を放ち、チームは21得点を挙げました。投げては 平松 投手、6安打10奪三振 無四球完封、21点差の完封は記録的でありました(現在のところ最多特点差の完封試合は2006年3月27日、楽天0-26千葉ロッテ)。

田代と基 写真
田代 富雄 選手(左)と基 満男 選手(右)

 この年の 平松 投手、オールスターまで8勝2敗の好成績でチームを引っぱり、防御率2.39で自身初、唯一の最優秀防御率に輝き、打率 .346で首位打者の フェリックス・ミヤーン 内野手らと共にチームを15年ぶりの2位に導きました。

10.1981年 故障から 1982年 再生と「政次ボール」

 1980年、別当 監督から 土井 淳 監督に引き継がれたこの年、前年の活躍による疲労が残っていたのか、平松 投手にはだいぶ衰えが見られました。規定投球回到達としては生涯唯一の防御率4点台で(4.30)、10勝目到達はシーズン最終戦となる10月23日のヤクルト戦でありました。
 翌1981年は横浜大洋が42勝80敗と記録的な大敗で最下位となった年ですが、その大きな要因の一つに 平松 投手の故障がありました。前年に続いてアリゾナ州メサで春のキャンプを行いましたが、3月11日の対アスレチックス戦の登板で打球を左足に受け退場、シーズン開幕は二軍スタートとなりました。この年の初登板は6月25日の巨人戦と出遅れ、17試合6勝7敗1セーブと、ついに連続二桁勝利は途絶えてしまいました。この時点で183勝、球団最多勝194勝まで11勝(故 秋山 投手が193勝)、200勝までは17勝となりました。
 1982年のシーズン、長嶋 茂雄 氏の監督招聘を目論んだ横浜大洋球団は 長嶋 氏と親交が深い 関根 潤三 氏を監督としました。実はあまり知られていず、本当のところは違うのかも知れませんが、この 関根 監督就任が 平松 投手に200勝を達成させたと言う私見を持っております。関根 監督は春のキャンプで「平松を再生させる」と明言し、自身の法政大学時代の監督で、近鉄バッファローズの監督も務めた 故 藤田 省三 氏を臨時コーチに招きました。

関根監督と藤田省三氏
関根 潤三 監督と 故 藤田 省三 氏

平松投手フォーム改造

 藤田 氏は 平松 投手のテイクバックが大きすぎることを指摘しました。上の写真の左側が1970年代当時の投球フォームで右が 藤田 氏に修正を受けた後のものであります。背中を打者の方に、右腕は一塁側に向けるような大きなテイクバックから引っ張って来てリリースする投球は、左右の腕のバランスが悪く、もうこの時、35歳となる 平松 投手にはコントロールに難が生まれ、故障の原因となるとの判断でありました。ボールを持った右手とグラブの左手を体の中心から同時にわる(開く)、後述する「わりの理論」に立ち返り、大きすぎるテイクバックを是正して左手をより活用する投球フォームとしたのです。

  「わりの理論」でテイクバックをコンパクト化、フォーム改造

 結果、少しコンパクトにまとまった感のある投球フォームとなりましたが、やや肘が下がって横手投げになりつつあったのが改善され、投球における体の上下動も左右動も是正された、投球に安定感が戻って来た、そんな印象がありました。フォークボールの握りでボールの縫い目に指をかけることにより、無回転に近く揺れて落ちる「政次ボール」を開発したのもこの年であります。これも200勝に向けた秘密兵器でありました。平凡な数字ではありますが、この年、25試合25先発9勝10敗と復活を遂げ、いよいよ200勝まで8勝となりました。

  「政次ボール」は200勝への秘密兵器

 全くの余談ですが、この 故 藤田 臨時コーチの指導があって(だと思いますが)再生した投手がもう一人いました。1978年のドラフト1位、当時としては珍しい子持ちの大学生で「子連れ狼」と呼ばれた 門田 富昭 投手です。右の本格派で、快速球を低目に投げて巨人 王 貞治 選手からも三振を取り、39試合5勝11敗1セーブでありました。残念ながら、右腕だけで投げる投球フォームと酷使がたたって肩を壊してしまい、79年は1試合、80年6試合のみ、81年の一軍登板はありませんでした。彼も「わりの理論」で無理のない投球フォームを獲得して、82年は30試合26先発8勝9敗と復活しました。

11.1983年10月21日 200勝達成

 この年は左太もも痛で出遅れ、初登板は5月19日の巨人戦でしたが散発3安打に抑え、上述の1979年5月9日 阪神戦以来4年ぶり、自身通算28回目、生涯最後の完封勝利でありました。5月26日の対ヤクルト戦では5安打1失点の完投勝利を挙げて通算194勝は 秋山 投手を抜いて球団最多勝利となりました。6月18日には巨人戦で6回1/3を7安打1失点に抑えて巨人戦通算50勝目をマーク、その6日後の6月24日の阪神戦では当時史上22人目の600試合登板を達成と、まさにプロ生活の集大成の年でありました。

 対巨人50勝と通算600試合登板

 10月21日(金)、その10日前にセ・リーグの優勝を決め、西武ライオンズとの日本シリーズに備えて調整段階に入った巨人との一戦がデーゲームにて後楽園球場で行われました。私は、レフトスタンドのまばらな観客の中におり、試合開始前からシトシトと雨が降っておりましたが、傘をさしていたのは若い女性一人くらいで、大洋ファンは皆、雨に濡れながらの応援でありました。
 一回表の攻撃、巨人の先発ピッチャーはこの年15勝を挙げた 西本 聖 投手でありましたが、いきなり1番 高木 豊 選手がライトへの12号 先頭打者ホームランを放ち、連打とジム・トレーシー 選手の一発(18号)も飛び出して、1、2回で7点を挙げて 西本 投手をKOしました。

高木豊とトレーシー
高木 豊 選手(左)と ジム・トレーシー 選手(右)

 平松 投手はいつもながらの落ち着いた立ち上がりで4回まで巨人打線を0封に抑えましたが、雨は間断なく降り続け、8-0と横浜大洋がリードを広げた直後の5回裏には2点を返され、さらに6回裏、連打でピンチを迎え、レフトへの平凡な飛球をルーキーの 西村 博巳 外野手が雨水で足を滑らせて捕球できずに転倒(記録はヒット)、4点を返され試合は8-6、そんな様相の中、さらに降雨は激しくなって参りました。
 これでは試合中断だろうと思われた矢先、審判団が集まって来て、その直後に右手を挙げた主審より「ゲーム」のコール、平松 投手はマウンド上でガッツポーズ、その瞬間、平松 投手の史上19人目、200勝が達成されました。2017年現在、甲子園の優勝投手で、投手として名球会に入っているのは 平松 投手だけであります。

 W  5 2 0 0 1 0 |8
 G  0 0 0 0 2 4X|6


 この試合、球場に行くだけではなく、ラジオのニッポン放送ショウアップナイターを録音しましたので、深澤 弘 アナウンサーの実況を再現いたします。

 *****

 降り続く雨の中、さあ審判団が集まってまいりました。なにやら協議を初めて、おっと!、ゲームです! ゲーム! この瞬間、平松 政次、200勝利達成です。平松、マウンドで両手を挙げます、すごい歓声です。あっ!、選手たちがマウンドに集まって来ます。これから胴上げです、胴上げ! 平松 投手の体が1回、2回と宙に舞います。

 *****


平松200勝胴上げ

おめでとう平松 写真

 平松 投手の200勝は大洋〜横浜球団生え抜き選手として初の名球会ではありませんでした。平松 投手200勝達成の約3年6ヶ月前の、1980年4月23日、対阪神4回戦 横浜スタジアムにて、1回裏、松原 誠 選手がサイドハンドスローの 長谷川 勉 投手よりライナーで左越3ランホームランを打ち、これは大洋〜横浜球団生え抜き選手として初、史上12人目となる、 松原 選手 2000本安打の瞬間でありました。1978年に横浜移転、79年には2位と躍進して 別当 監督は勇退、80年、生え抜きの優勝経験者である 土井 監督に引き継がれた矢先の球団初の名球会選手出現に、ファンとして胸踊る気持ちであったのが思い出されます。

松原誠選手
松原 誠 選手

 ところが、松原 選手は日本プロ野球選手会を社団法人化させて選手会長として球団と議論を重ねており、その活動が大洋球団に良く思われていなかったとされます。この1980年は自身15年ぶりに100安打に到達しない不成績で、膝の故障もあり、オフには巨人 古賀 正明 投手との交換トレードで移籍となりました。「巨人に移籍しても嬉しくない。大洋で優勝するのが目標だった」と会見で涙したのが思い出されます。
 球団として初の名球会選手で将来の監督候補と考えられていた 松原 選手をこうした形で放出した球団に絶望感を覚えた、そんな1980年代初頭であり、83年の 平松 投手200勝達成は大洋〜横浜ファンにとって、再び球団に対して誇りを持てる出来事となったのでありました。

12.1984年 最後のシーズン

 もはや満身創痍(まんしんそうい)で迎えた1984年は 平松 投手にとって最後のシーズンとなりました。中6、7日での先発起用が続きますがなかなか勝ち星に恵まれません。5月10日の広島戦で 山根 和夫 投手より三振を奪い、史上10人目、当時の大洋球団としては初の2000奪三振を達成しましたが(現在の球団記録は 三浦 大輔 投手の2481奪三振)、6長打を浴びて敗戦、5月24日の神宮、ヤクルト戦は2発を含む7安打で5失点の敗戦など、開幕から4連敗のスタートとなりました。6月24日、長野におけるヤクルト戦、平松 投手は8回を6安打6奪三振で無失点、シーズン初勝利、これが彼の生涯最後の勝利となりました(201勝は球団史上最高)。オフには引退となりました。

13.引退後

 引退後はフジテレビ、ニッポン放送、テレビ神奈川の解説者を務めて現在に至ります。

 2006年06月02日 横浜スタジアム右翼席に名球会を讃えるプレートを設置された
 2012年12月01日 ホエールズ ベイスターズOB会会長に就任
 2017年01月16日 2017年度野球殿堂エキスパート部門表彰者に選出された


◇ 平松 政次 投手 主な記録

1.タイトル

 最多勝:    1970年 25勝、1971年 17勝
 最優秀防御率: 1979年 2.39

2.表彰

 沢村賞:    1970年
 最優秀投手:  1970年、1971年
 ベストナイン: 1970年、1971年
 野球殿堂:   2017年(エキスパート部門)

3.その他の記録

 通算勝利:   201勝(球団記録)
 通算完投:   145完投(球団記録)
 奪三振:    2045奪三振(球団2位)
 通算イニング: 3336回1/3(球団記録)
 与死球:    120与死球(セ・リーグ記録)
 球宴出場:   1969〜1974年、1976年、1980年
 通算本塁打:  25本(投手として歴代4位)
 巨人戦勝利:  51勝(歴代2位)


◇ 選手としての特徴とエピソード

1.短気で気が強い性格

 現役時は短気で気が強い性格として知られたそうです。若手時代に、エラーをした、プロ入りは2年早く年齢は4つ年上の、江尻 亮 選手に対し砂を蹴飛ばして首脳陣から大目玉をくらい、ベテランになってからも、31歳となる1978年7月20日の横浜スタジアム ヤクルト戦で、5-1でリードしていた3回表に4点を奪われて降板した際に、土井 淳 ヘッドコーチの叱責に対する怒りで、利き腕の右手でベンチの扇風機を叩き壊したとのエピソードもあります。ミスをした周囲に対して怒るので、コーチから「みんな懸命にやった結果なのだから変なプレーをしてもお前が助けろ」と諭されても、「俺は勝ちたいんだ! 変なプレーをして巨人に勝てるのか!」と反論したとされます。

2.「カミソリシュート」

 平松 投手の代名詞である「カミソリシュート」は、社会人時代に投げ方を教わっていたものの、本気で投げたことはなかったされます。カーブもあまり曲がらなかったため、投げる球の大半がストレートであったと言っております。ところが、あるきっかけで「カミソリシュート」は生まれました。
 プロ入り3年目の1969年春のキャンプでのこと、雨天で室内練習をしていて、平松投手は体育館の板塀にめがけて投球練習をさせられていたそうです。「プロになっても、こんな高校生みたいな練習をさせるのか」とイライラがたまっていたところに、故 近藤 和彦 選手に「そんなへなちょこボールしか投げられないのか」と言われ、腹立ち紛れに投げたのがシュートでした。プロ入り後は一度も投げていなかったこの球が驚異的な変化を見せたため驚いた 近藤 選手が 故 別当 薫 監督ら首脳陣を集めて、そこでさらに5球ほど投球したところそこでも素晴らしい変化を続けて、この6球で最大の武器が誕生しました。「カミソリシュート」の命名は 平松 投手の前のエース、秋山 投手のシュートに付けられた名前でありましたが、平松 投手が受け継ぐ形となりました。

 キャンプの偶然で生まれた「カミソリシュート」

 1974年7月9日の対巨人戦、平松 投手の投じたシュートが打席の 河埜 和正 内野手の左手に当たってバックネットに転がりデッドボールかと思われましたが、故 平光 清 球審は「ストライクのコースに入った球を河埜が打ちに行き、グリップエンドに当たった」としてファールボールを宣告しました。この判定に激高した巨人の 故 川上 哲治 監督が審判に執拗に突っかかった為、川上 監督に退場が宣告されました。これが 川上 氏の監督生活最初で最後の退場となったそうです。

 川上 監督を退場に追いやった魔球

 平松 投手の「カミソリシュート」について若干の私的解説を加えます。投手の投げたストレートが落ちる(おじぎする)ことなく捕手のミットに収まるのはボールに縦の回転が加わっているためで、この回転が強ければボールは高めに浮き上がり、これを「球が伸びる」、「ホップする」と表現します。この縦の回転がないボールは重力と空気抵抗で落ちるボールとなり、その原理で投げられているのが、その程度こそ違え、フォークボール、ナックルボール、チェンジアップなどの回転を抑えたボールです。
 球が回転していたとしても横回転であれば、やはりボールには横に曲がるのみならず、浮力がないので球は落ちます。横回転の代表はスライダーとシュートでありますが、このどちらのボールも完全な横回転だけでは浮き上がることはありません。巨人にいた 西本 聖 投手はシュートピッチャーでありましたが、彼のシュートは沈むボールであり、それを駆使して内野ゴロに打ち取るケースが多くありました。
 平松 投手のシュートは全然違いました。曲がりが大きく、ど真ん中に投げたものが右打席にまで及ぶ変化で、また低めに投じたものが、右バッターの胸元に浮き上がる軌道でありました。当時から今までの、あんなにエゲツないシュートを投げる投手は見たことがありません。あえて言えば、横浜大洋でセットアッパーを務めた頃の 故 盛田 幸妃 投手のインハイはナチュラルにシュートして浮き上がるボールであり、中日、巨人に在籍した 落合 博満 選手は大の苦手としておりました。

3.「ガラスのエース」は完璧主義者

 風邪をよくひいたり故障が多かったため「ガラスのエース」と呼ばれておりました。風邪についてはよく解りませんが、登板数はそれなりで、シーズン通じて働いた年が多かったと思いますし、故障に関して言えば若い頃からの登板過多は原因としてあったと思います。それでは「ガラスのエース」の傾向は無かったかと言うと、元巨人の投手で、巨人、大洋で投手コーチ、巨人の監督も務めた 故 藤田 元司 氏テレビ解説で言っていました、「平松 は完璧主義者なんですよ。どこか身体に変調があると投球を乱し易く、また登板を嫌がることがあるです。」と。確かに、原因不明の登板回避や、5回で勝利投手の権利を得ての突然の降板など、思い当たるふしはちらほらあります。そういう時、決まって報道されるのが「○○に違和感があって」でありました。「違和感」は風邪でも故障でもありません。私的には「完璧主義者」と言う 藤田 氏の表現がぴったりのように思っています。

4.チームで浮く存在、トレードの話も

 1978年9月9日 中日戦 7回表に フレッド・クハウルア 投手から三振を奪って、場内に「平松投手、プロ入り1500奪三振達成です。おめでとうございます!」とのアナウンスがありました。この時、横浜大洋のベンチで拍手をしたのは 中塚 正幸 選手だけとラジオのアナウンサーは言っていました。「平松に対するチーム内の風あたりは強いようですね〜」とアナウンサーは続けました。ナインのミスを許せず、自分は「ガラスのエース」と言ったところがチーム内で浮く存在になった原因かと思います。
 それが理由かどうかは知りませんが、平松 投手には横浜移転の少し前のオフシーズンにはトレード話がしばしばありました。当時、「トレード成立は時間の問題」と、最も大きく取り上げられたのは、ロッテオリオンズの 三井 雅晴 投手でありました。同投手は、1974年に新人王のタイトルを取ったものの、二桁勝利は1975年に10勝しただけで、平松 投手よりもだいぶ格下の投手でありましたが、平松 投手よりも7歳年下で、森安 投手の再来と噂される豪速球の持ち主でした。結局、トレードは実現せず、三井 投手は故障した肘に対して日本人で初めて 故 フランク・ジョーブ 博士の手術を受けました。後に 松原 誠 選手との交換トレードで巨人から移籍してきた、当時 太平洋クラブライオンズの 古賀 正明 投手もトレードの相手として噂に挙がりました。

5.打者としても球団史上投手No.1

 平松 投手は打撃にも優れており、投手では歴代4位の通算25本塁打を記録しております。漫画「巨人の星」(原作:梶原一騎、作画:川崎のぼる)にて星飛雄馬 投手の大リーグボール3号を初めてヒットにしたのは 平松 投手であります。また、アニメ「がんばれ!!タブチくん!!」(原作:いしいひさいち)で ヤスダ(安田 猛)投手からサヨナラホームランを打ったこともあります。以下、平松 投手の年度別打撃成績を供覧いたします。

平松 年度別打撃成績

 通算打率は .156と投手として平凡な数字ではありますが、故障が目立ち衰えが見え始めた1977年以降の8年間は全ての年度に安打10本以下で打率も .150未満と、通算成績を押し下げる記録でありました。これに対して76年以前の10年間の打撃は素晴らしく、10安打以上が8回、打率2割以上が3回でありました。71年は、打率は .130でしたが、年間12安打のうち5本が本塁打でありました。通算の盗塁が3個あり(成功率100%)、これがベンチのサインによるものであったかは分かりません。
 大洋〜横浜では、昨年、引退した 三浦 大輔 投手がバッティングの良い投手として有名であり、昨年7月11日のヒットで一軍公式戦の24年連続安打を記録し、これは野手を含めた日本プロ野球歴代4位タイ記録となり、またこれは「プロ野球の公式戦で投手が安打を放った最多連続年数」というギネス世界記録に認定されております。

【三浦 大輔 選手の通算打撃成績】
 25年 571試合 967打数 123安打 1本塁打 44打点 0盗塁 114犠打 21四死球 363三振 打率 .127
 ※ 年間10安打以上は1回のみ

 三浦 投手はミートが上手く、打ってから一塁への全力疾走が印象的でありましたが、平松 投手の打撃はもっと力感があり、野手顔負けのスラッガーでありました。私事ですが、三浦 投手の唯一の本塁打を憶えておりますが、平松 投手の本塁打は2本、リアルで見ました。いずれもフルスイングで見事な当たりでありました。

 また、本年の横浜ベイスターズには、ジョー・ウィーランド と言う新外国人投手が入団しましたが、この投手は高校時代はショートと投手をやっていたため非常に打撃が良く、10月1日、広島戦には3号ホームランを含む猛打賞でありました。投手のシーズン3発以上は09年ルイス(広島)以来で、DeNAでは76年に4本塁打の 平松 選手以来41年ぶり、また投手で本塁打を含む猛打賞は、88年5月11日ヤクルト戦の長冨(広島)以来で、チームでは75年4月26日巨人戦の 平松 選手以来42年ぶりとなりました。本塁打数も猛打賞も球団として40年以上もの間、「打者 平松」の名前が記録されていたのでありました。

【ジョー・ウィーランド 選手の今季打撃成績】
 21試合 48打数 11安打 3本塁打 12打点 0盗塁 1犠打 5四死球 21三振 打率 .229

三浦どウィーランド 打撃

6.巨人キラー、ONとの対戦

 平松 投手の巨人戦通算51勝は 金田 正一 投手(国鉄)の65勝に次ぐ歴代2位であります。ただし、金田 投手は国鉄時代の通算353勝の1/5に満たない65勝なのに対し、平松 投手は通算201勝の1/4以上を巨人から挙げています。また、金田 投手は65勝72敗と負け越していますが、平松 投手は51勝47敗と勝ち越しており、巨人戦30勝以上の投手で勝ち越しているのは 平松 投手、星野 仙一 投手(中日)、川口 和久 投手(広島)の3人だけであります。

【対巨人勝利ベストテン 勝敗、勝率、完封数(敬称略、2017年現在)】
 01.金田 正一(国  鉄) 65勝72敗 .474 完封 14
 02.平松 政次(大  洋) 51勝47敗 .520 完封 7
 03.山本  昌(中  日) 43勝44敗 .494 完封 6
 04.村山  実(阪  神) 39勝55敗 .415 完封 13
 05.杉下  茂(中  日) 38勝43敗 .469 完封 8
 06.江夏  豊(阪神 他) 35勝40敗 .467 完封 9
 07.星野 仙一(中  日) 35勝31敗 .530 完封 3
 08.安仁屋宗八(広島 他) 34勝38敗 .472 完封 4
 09.松岡  弘(ヤクルト) 34勝46敗 .425 完封 6
 10.川口 和久(広  島) 33勝31敗 .516 完封 8

 11.斎藤 明夫(大  洋) 31勝33敗 .484
 12.北別府 学(広  島) 30勝33敗 .476
 13.長谷川良平(広  島) 30勝35敗 .462

 平松 投手は 長嶋 茂雄 選手が最も苦手にしていた投手として知られています。長嶋 氏は 平松 投手の200勝達成記念パーティで「あの頃は寝てもさめても平松のシュートが頭から離れなかった」とコメントしています。平松 投手は 長嶋 選手を打率1割台に抑え、凡退の2割2分に当たる33個の三振を奪い、4割5分に当たる65の内野ゴロ(内野併殺7)に仕留めました。25打数無安打の時期もありました。しかし、長嶋 選手と並ぶ巨人打線の中核であった左打者の 王 貞治 選手は苦手にしており、史上最も多い25本塁打を打たれ、打率は .370、100打席以上対戦した投手としても最も打ち込まれた投手でありました。

王長嶋 写真

【平松 投手の対ON成績】
 長嶋 茂雄 181打数 35安打 08本塁打 打率 .193
 王  貞治 235打数 87安打 25本塁打 打率 .370

【王 選手の投手別本塁打ランキング(敬称略)】
 25本 平松 政次(大  洋)
 24本 星野 仙一(中  日)
 20本 江夏  豊(阪神 他)
 18本 松本 幸行(中  日)、松岡  弘(ヤクルト)
 17本 村山  実(阪  神)、安仁屋宗八(広島 他)
 16本 古沢 憲司(阪  神)
 15本 山下 律夫(大  洋)、石戸 四六(ヤクルト)

 長嶋 選手を抑えながら 王 選手に打たれる傾向は同時代に活躍した 松岡 投手や 星野 投手にも見られました。これは彼らの最盛期が 長嶋 選手の晩年(72~74年 引退、打率 .266、 .269、 .244)に重なっているのに対し、王 選手は73年、74年に三冠王を取るなど、全盛期は続き、77年まで本塁打、打点などのタイトルを取り続けたことが理由とされます。
 その説明に異論はありませんが、私見として、平松 投手に関して言えば、踏み込んで打つ 長嶋 選手の打撃に対して胸元に浮き上がって来るカミソリシュートはなんとも邪魔な存在であり、そのため外のボールも打てなくなる、そんな相性であったと思います。一方、王 選手に対しては、当時のあらゆるチームで行なっていた「王シフト」を大洋でも採用しており、平松 投手も外角への投球が多くなっておりました。個人的記憶では、カミソリシュートをレフトに本塁打された映像は残っておりませんが、いつも右方向に引っ張った本塁打を打たれておりました。これは、どうしても外角一辺倒ではカットされたり外れたり勝負にならないところで、平松 投手の負けん気の強さがインコースへの投球となって、それを 王 選手に痛打される結果となった、そんな感覚でおりました。

7.故 別当 薫 監督との確執と和解?

 平松 投手が監督として真っ先に思い浮かぶのが 故 別当 薫 監督だと思います。以下に 平松 投手の年度別登板、勝敗と監督、チームの勝敗をまとめて見ました。平松 投手は実働18年でありましたが、そのうちの8年間は 別当 監督であり、しかも最も 平松 投手が活躍した時期に重なっておりました。

【平松 投手 年度別登板、勝敗と監督およびチーム成績】
 67年 16試合10先発 03勝04敗 三原 脩 59勝71敗 4位
 68年 51試合13先発 05勝12敗 別当 薫 59勝71敗 4位
 69年 57試合25先発 14勝12敗 別当 薫 61勝61敗 3位
 70年 51試合38先発 25勝19敗 別当 薫 69勝57敗 3位
 71年 43試合32先発 17勝13敗 別当 薫 61勝59敗 3位
 72年 41試合26先発 13勝15敗 別当 薫 57勝69敗 5位 ※ 8/31より監督休養、青田代行
 73年 49試合19先発 17勝11敗 青田 昇 60勝64敗 5位
 74年 46試合30先発 15勝16敗 宮崎 剛 55勝69敗 5位
 75年 28試合22先発 12勝10敗 秋山 登 51勝69敗 5位
 76年 41試合35先発 13勝17敗 秋山 登 45勝78敗 6位
 77年 32試合21先発 10勝09敗 別当 薫 51勝68敗 6位
 78年 36試合15先発 10勝05敗 別当 薫 64勝57敗 4位
 79年 30試合25先発 13勝07敗 別当 薫 59勝54敗 2位
 80年 30試合29先発 10勝11敗 土井 淳 59勝62敗 4位
 81年 17試合16先発 06勝07敗 土井 淳 42勝80敗 6位 ※ 9/24より監督休養、山根代行
 82年 25試合25先発 09勝10敗 関根潤三 53勝65敗 5位
 83年 23試合22先発 08勝08敗 関根潤三 61勝61敗 3位
 84年 19試合18先発 01勝10敗 関根潤三 46勝77敗 6位

 一方、別当 氏にとって、通算20年の監督生活の約半分である9シーズンを大洋〜横浜で勤め、1000勝監督で唯一優勝経験がない彼の、通算1237勝のうち4割9分を占める540勝を大洋〜横浜で収めました。

【別当 薫 氏 監督成績】
 通算成績  20年 2497試合1237勝1156敗 勝率 .517 2位3、3位6、4位5、5位2、6位4
 大洋〜横浜 09年 1178試合0540勝0567敗 勝率 .488 2位1、3位3、4位2、5位2、6位1

 さらに言えば、監督が休養の期間の 平松 投手の細かい成績は入手できませんでしたので、大雑把な年度成績に基づくデータですが、別当 監督の采配で 平松 投手が投げた試合は、341試合195先発107勝であり、これは 別当 監督にとって9年間の大洋〜横浜監督で3割弱の試合に 平松 投手を登板させ、監督としての勝利の約2割( .198)が 平松 投手が勝ち投手でありました。
 逆に 平松 投手にとって、通算635試合登板のうち5割4分を占める試合が 別当 監督の下、平松 投手の通算の先発登板は421試合でありますが その4割6分が 別当 監督の起用、勝ち星については、通算201勝の半分以上を 別当 監督采配で挙げました。1年限りの監督の下、1年限りの活躍をした投手であれば、100%監督生活と選手生活が一致する監督と選手の関係になるでしょうが、片や4球団で20年の監督を務めた1000勝監督と、片や18年のプロ生活を送った200勝投手ですから、お互いに特別な存在だったと思います。

 多くの時間を共有した 平松 投手と 別当 監督、そして確執も

 そんな二人ですが、1970年代、「エース平松と別当監督の確執」が盛んに報道されておりました。「投げてくれるか?、と聞かれればそりゃあ投げますよ! だけど、あんまりですよ! こっちが壊れてしまいます」と 平松 投手のコメントがスポーツ誌や週刊誌に掲載されておりました。シーズン中は、平松 投手の右腕を持ち上げて勝利を祝福する 別当 監督の写真が新聞紙上にしばしば掲載される二人でしたが、野手出身で投手を酷使する監督と、デリケートなエース・ピッチャーの構図が浮き彫りになりました。

別当と平松

 しかしながら、私見を申すなら、この二人は意見のぶつかりこそあったものの、強い絆で繋がる盟友であったと思います。平松 投手が頭角を現し、一気に全盛期となった69〜71年に 別当 監督の大洋は3年連続Aクラスでありました。1979年は 別当 監督にとって最後の監督采配と思われるシーズンでありました。「別当 監督最後の年」、と言う意識があったかどうか?、平松 氏に聞いてみたい気持ちはありますが、この年の彼は見事に監督の期待に応えました。別当 監督の指名による4回目の開幕投手で上述のごとく素晴らしい開幕ダッシュとなりました。別当 監督は、もはや 平松 投手をリリーフで使うことはなく、先発投手として大事に起用しましたし、平松 投手はその期待の応える働きをしました。平松 投手と別当 監督が、最後に共に戦うシーズンにおいて心を一つに和解して戦ったのでは?、そんな感覚にさせる1979年2位でありました。


◇ 平松 投手、その華麗なる投球フォームは「白鳥の舞!」

 タイトルにも書きました、私の個人的な気持ちとして 平松 政次 投手は、「カミソリシュート」は良いとしても、「ガラスのエース」ではなく、最も当てはまる形容は「白鳥の舞い!」であります。過去から現在まで、数え切れないほどの名投手が出現しましたし、平松投手よりも成績、力量ともに優れた投手は多数おりますが、投球フォームの美しさは歴史上一二を争うほどだと考えております。

白鳥の舞 平松投手

 とりわけ、現代の突っ立ったままで肩腕の力で投げて、体重が後ろに残っているか、右投手が一塁側に体が流れるような、そんな投球フォームに見慣れてしまうと、平松投手の投球フォームには、その美しさに衝撃を覚えるものであります。なかなか良い動画が手に入らないので、ここでは二種類のソースに書かれた彼の投球フォームの解説を連続写真を掲載してご紹介いたします。

1.ファンブック「横浜大洋」No.21(アドスタジオ、1983年8月1日) より

ファンブック横浜大洋21号表紙

平松連続写真0102
平松連続写真0304
平松連続写真0506
平松連続写真0708
平松連続写真 ¥0910
平松連続写真1112

 写真10 で肘からボールまでの前腕の線が地面と平行に近くなっており、肘がしなっているのがよく分かります。肘を基点としたテコの原理が働いており、肘が先行してボールが後から付いて来る形となります。この肘のしなりは、ボールが一瞬、肘の裏に隠れるため打者にとって出どころが分かりづらく、ボール離すリリースをより打者寄りとさせます。
 写真7, 8, 9 で肩の線よりも肘が上に上がっており、ボールの位置が高く、そして後ろに引かれています。これは 写真4, 5 でグローブ面を打者に向けて体の近くで回すことにより、写真8, 9 でグローブを脇の下に入れつつ、左腕の引っ張りがあって胸を張ることができます。こうして、左足を上げてから下ろす際のグローブの向きの段階から、胸の張り、肘のしなりに繋がる連続した動作が生まれているのです。
 もう一つ、写真1 の顔の表情は力が抜けた自然体となっておりますが、写真7 から 8 で口元が引き締まるのが見て取れます。これは写真8 で左足が地面に付いた時であり、勢いエネルギーを爆発させている瞬間を意味しております。それまでは余分な力を入れずにボールをリリースする瞬間に力を込める投球の表れであります。

2.SPORTS NOTES “PITCHING”(平松 政次 監修、鎌倉書房、1984年9月20日) より

平松監修のピッチング

平松「ピッチング」写真01

平松「ピッチング」写真02

平松「ピッチング」写真03

平松「ピッチング」写真04


◇ あとがき

 大洋〜横浜ファンにとっては、キャンプでの練習が不十分で、春先に躍進するものの夏場には下降線をたどる、いわゆる「ぬるま湯大洋」や、主に巨人にとって苦しくなれば大洋との3連戦で貯金がもらえる「横浜大洋銀行」などと、プライドを傷つけられる描写がありました。長嶋 氏を招聘したいと言う理由で外様の監督がやってきて、ちょっと良い戦いをすると「◯◯魔術(マジック)」などと、いかにも新監督の力でチームが動いているような、監督が主役となるシーズンもありました。
 そんな弱小球団のファンでも確かに誇りを持てる、日本プロ野球球界に記憶と記録に残る大投手がおりました、それが 平松 政次 投手でありました。感謝の気持ちでいっぱいであります。あらためて野球殿堂入り、おめでとうございました。

平松さんのサインボール
スポンサーサイト

大洋〜横浜を盛り上げた主役たち VOL.002 決して裏切り者ではない! 須藤 豊 監督


 先日、今年限りで引退となった 三浦 大輔 投手に関する記事の中で須藤 豊 氏のコメントを載せたものがありました。三浦 投手については、昨年、取り上げましたし、またいずれ「主役たち」としてご紹介することがあろうかと存じます。今回は須藤 氏、大洋〜横浜に関わった期間は極めて短かったですが、この人物もファンにとっては忘れられない存在で、親分肌で素晴らしい指導者であったと評価する人と、監督の立場でありながらチームを放り出し、翌年には巨人の一軍スタッフに入閣した「裏切り者」と非難する人がいて、大洋〜横浜ファンの中では賛否の意見が分かれる人物です。私の個人的意見を盛り込んで、横浜大洋ホエールズとしては最後のAクラスとなる采配を振るった須藤 豊 監督をご紹介いたします。まずは先述の記事の供覧から、、、。

三浦大輔引退に須藤監督インタビュー

 *****

【DeNA】三浦ルーキー時代監督の須藤豊氏「立派なチームの顔になった」
09月21日 08:56スポーツ報知

 DeNA・三浦が現役引退を表明した。大洋時代、入団1年目の監督だった須藤豊氏(79)が当時の思い出を語った。

 「奈良の高校生で、いいピッチャーがいる」。私が初めて三浦の名前を知ったのは、「オーソドックスな上手投げだが、縦の変化球(カーブ)が一級品。何とか指名したい」と、担当の高松(延次)スカウトから聞いた時だった。
 もう時効だから話すが、当時、三浦の関係者に「大学進学」とアピールさせて、一本釣りすることを考えた。その年のドラフトは、東北福祉大・斎藤隆、大経大・有働克也という大学生投手を上位で指名することが決まっており、何とか単独指名を―と考えてのことだった。しかし、他球団も甘くはない。ドラフト会議が近づくにつれ、三浦の名前があちらこちらで挙がるようになり、会議当日は気が気でなかったことを思い出す。

 三浦の功績は「立派なチームの顔になった」ということだ。私は、そのチームの代名詞となるような選手を育てることがプロ球団の使命の一つと思っているのだが、三浦は大洋、横浜、DeNAの「顔」として立派に務め上げた。長い期間、コンスタントに成績を残したからこその結果であり、あらためて敬意を表したい。
 今季、グラウンドで顔を合わす機会があった。その時は「まだやめるなよ」と彼には言ったのだが、「ホエールズ」のにおいのする選手がいなくなることは、本当に寂しい。(90〜92年途中・大洋監督)

 *****



◇ 須藤 豊 氏 略歴

 須藤 豊 氏の略歴を年表形式で供覧いたします。現役時代の年度別個人成績および監督、コーチ時代のチーム成績については割愛させていただきます。

1.プロ入り前

 1937年(昭和12年) 高知県安芸郡 生まれ
 1954年(昭和29年) 高知商業二年生 遊撃手として春(ベスト8)、夏(ベスト4)甲子園出場
            同年の国体では優勝
 1955年(昭和30年) 三年生夏 高知県大会決勝で敗退、甲子園出場ならず

2.現役時代

 1956年(昭和31年) 毎日オリオンズ入団
 1957年(昭和32年) 故 別当 薫 監督、故 西本 幸雄 コーチの下、規定打席(11位、.278)到達
 1958年(昭和33年) 大映と合併(大毎オリオンズ)、佐々木信也 選手入団で控え選手に
 1961年(昭和36年) 宇野 光雄 監督就任、確執が生じる
 1962年(昭和37年) 巨人へトレード、二塁手の定位置を争う
 1965年(昭和40年) 土井 正三 選手の入団で控え選手に
 1968年(昭和43年) コーチ兼任、オフに引退

 プロ通算13年 959試合 2359打席 2149打数 495安打 8本塁打 143打点 42盗塁 285三振 .230

3.指導者時代

 1969年(昭和44年) 巨人 二軍内野守備コーチ(〜1973年)
 1974年(昭和49年) 巨人 一軍内野守備コーチ
 1975年(昭和50年) 長島 茂雄 監督で球団史上初の最下位で責任を取る形で退団

 1976年(昭和51年) 埼玉県川口市の鉄建用丸棒メーカー「向山工場」に入社

 1980年(昭和55年) 大洋GM 故 別当 氏の誘いで横浜大洋ホエールズ 二軍監督(2年間)

 1983年(昭和58年) 巨人 二軍守備走塁コーチ
 1985年(昭和60年) 巨人 一軍守備コーチ
 1986年(昭和61年) 巨人 二軍監督 以後イースタン・リーグ4連覇達成(〜1989年)

巨人時代の須藤氏

 1990年(平成02年) 横浜大洋監督 7年ぶり、ホエールズ最後のAクラス、セリーグ特別功労賞
 1991年(平成03年) 前年と同成績(64勝66敗)で5位 佐々木主浩 投手を抑えに抜擢
 1992年(平成04年) 開幕からチームは低迷、5月2日休養を申し出てそのまま退団

横浜大洋時代の須藤氏

 1993年(平成05年) 巨人 長島 茂雄 監督のヘッドコーチ(〜1995年)

 1996年(平成08年) NHK解説者

 1997年(平成09年) 西武 ヘッドコーチ(1999年)

 2004年(平成16年) 巨人 ヘッドコーチ 同年オフ退団

4.ユニフォームを脱いで現在まで

 2005年(平成17年) より、ラジオ日本などの解説者、四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグスのアドバイサリースタッフ、日本テレビ「ズームイン!!SUPER」のレギュラーコメンテーター、同「ズームイン!!サタデー」のレギュラーコメンテーター


◇ 横浜大洋監督(90〜92年)前後で起こったこと

 当時の横浜大洋ファンであった人なら誰でも知っていることですが、上述の略歴を見ますと、不思議な感覚に陥る人がいると思います。読売巨人でコーチ、横浜大洋では二軍監督、読売巨人に復帰してコーチ、二軍監督になった、指導者としての道を歩んでいた 須藤 氏が横浜大洋ホエールズの監督となって、チームをAクラスに導いて、そんな彼が92年のシーズン序盤でチームを去ることになりました。そんなに簡単に当時の選手たちを放り出すような(無責任な)人物が、その直後に読売巨人、その後には西武ライオンズのヘッドコーチに就任した違和感です。

1.現代まで賛否両論分かれる大洋〜横浜ファンの評価

 ファンの間で横浜大洋時代を振り返るにあたり、須藤監督の話題となることはしばしばです。ガッツ溢れる親分肌の監督としての評価と、シーズン途中の辞任とその後の巨人入団に話しが及ぶ場合と、須藤 氏については賛否両論が正面からぶつかります。「須藤はチームを放り出した」と公言する横浜大洋ファンは少なからずいて、その根拠に、春先に休養、退団した監督が翌年には巨人のユニフォームを着たこと、そもそも現役時代に大洋ホエールズにはゆかりの無い選手であったことが挙げられています。
 さて、ファンの多くの思惑とは別に、私の個人的意見を盛り込んで、須藤 豊 氏の横浜大洋監督(90〜92年)前後の歴史を紐解いてまいります。

2.1990年(平成02年)横浜大洋ホエールズ監督就任

 須藤 氏は80、81年に二軍監督を勤められて、90年、横浜大洋に復帰する形で一軍監督就任でした。大洋〜横浜はネームバリューのある人を監督に招聘する傾向にありますので、二軍監督であった人物が9年の歳月を経て一軍を指揮するのは珍しいことだったと思います。しかしそれは本来あるべき姿かも知れません。80、81年当時二軍を経験した若手選手と言えば、新人であったドラフト3位 高木 豊、同4位 市川 和正、ドラフト外、「こけしバット」で有名な 山崎 賢一 選手や、その2年前に入団した 屋鋪 要 選手であり、彼らにとっては若い時分に厳しく指導された須藤 氏とまた同じ釜の飯、彼らが成長した自分を見て欲しいと発憤し、チームの意気が上がるのは想像に堅くないところであります。またそれが、古葉 竹識 監督最終年に80敗もした最下位で、人間関係がぎくしゃくした後であればなおさらだったと思います。

高木市川屋敷山崎
左から高木 豊、市川 和正、屋鋪 要、山崎 賢一 各選手

 90年の3位は、打撃成績1、2位がジェームズ・パチョレック、高木 豊 選手で、ジョーイ・マイヤー 選手のとてつもないパワーに驚かされ、斎藤 明夫 投手が先発で久々の10勝、故障が癒えた遠藤 一彦 投手が抑えに周り21セーブでカムバック賞と、若手の横谷 彰将、清水 義之 両選手の抜擢と、進藤 達哉 選手、佐々木主浩 投手の台頭をベテランが上手くカバーした、そんな、前年とは比べ物にならないほど、明るい印象でありました。親分肌で、若手育成に長けた須藤監督ならではの、チームのよみがえりでありました。

斉藤 遠藤 写真
斉藤 明夫 投手(左)と遠藤 一彦 投手(右)

3.高知商業の後輩への思い入れ

 須藤 監督が就任する前より高知商業の後輩がおりました。中山 裕章 投手(85年 ドラフト1位)であります。彼のプロ初勝利は87年で、この年、規定投球回に達しましたが5勝止まりの防御率5.17でありました。当時の古葉 監督は、彼を疲れが見えてきた斎藤明投手の代わりに抑えに回しました。88年の中山 投手は、恐るべき、全てリリーフの70試合142イニングを投げて10勝6敗24S 防御率 2.28とプロ生活最高のシーズンを送りました。今は死語となっている「ファミコン」の「89年版ファミリースタジアム」で彼は最速155 km/hでフォークが切れる投手として設定されており、日本プロ野球を代表する投手と言っても過言ではありませんでした。
 ところが、その中山 投手、89年には思わぬ不調に見舞われ、1勝10敗17S 防御率 .410の成績でありました。そんな矢先に須藤 監督誕生だったのです。90年当時53歳であった須藤 氏が、当時23歳であった、この高知商業の後輩を息子のようにかわいがり、大きな期待を寄せていたことは間違いありません。前年に大不調であった彼を先発に転向させ、90年、91年は二年連続で開幕投手に指名しました。大抜擢です。
 90年4月28日の阪神戦の試合中、未だに勝ち星がない先発転向の中山 投手の前で、須藤 監督は突然、歌を歌い始めました。高知商業の校歌です。一小節だけ歌ったところで、中山 投手に「この次はどうだった?」、と尋ねてきて、中山 投手は続きを一小節だけ歌ったところ、監督が「その次は?」と続き、結局、中山 投手は校歌を最後まで歌ったそうです。中山 投手はその試合、シーズン初勝利を3年ぶりの完封で飾り、「開幕から不調でした。この試合もだめだったらファームに落とされるかもしれないと思ってた。だけどプレッシャーが歌っているうちになくなっちゃって・・、監督が先輩に見えてきたんですよ」とコメントしております。

4.涙をのんで二軍降格の後の不祥事

 当時、高校の後輩に対する格別な待遇を「中山贔屓」とされる方もいましたが、私は当時の横浜大洋における必然性を感じておりました。70年代の大洋ファンは優勝なんて思いもつかないものでありました。それが78年横浜移転から79年の2位躍進で希望の光が見えて来て、斎藤 明夫、遠藤 一彦 投手、屋鋪 要、高木 豊、田代 富雄 各選手が一人前となって、外国人選手獲得は順調でありましたし、80年代は「斎藤・遠藤がいるうちに優勝を!」が合い言葉でありました。それが翳りを見せて来た90年代初頭、次世代として中山 投手と、野村 弘樹 投手(PL学園、87年 ドラフト3位)の両輪が開花することが何より求められておりました。加えて、90年の中山 投手、先発転向は抑えとして遠藤 投手の復活と、佐々木 投手がその後を継ぐ目算があったのでしょう、流れとしては悪くない方針でした。
 しかしながら、先発2年目、91年の中山 投手は、序盤はまずまずでしたが、秋口になって全く勝てなくなりました。ゆったりとした、巨人OBの堀内 恒夫 氏曰く、「最高の理想的な投球フォーム」から切れの良い速球、フォーク、スライダー、シュートを制球良く投げる彼が、しかしながら先発での力配分を修得できず、打者との駆け引きも未熟であり、言わば殻を破れない状態でありました。これは秋元 宏作 捕手と谷繁 元信 捕手の併用で正捕手が決まらないのも大きな要素だったかと思います。
 何試合かKO負けが続いたある日、須藤 監督は初めて中山 投手に二軍行きを通達しました。あの時、何か気の利いた言葉とか、ファームでの課題でも伝えてやれば良かったのでしょうが、須藤氏には上手い言葉が浮かばなかったのでしょうか?、あるいは、前年3位からこの年は下位に低迷し、心に余裕が無かったのかも知れません。シーズンオフの11月12日、中山 投手は不祥事を犯してしまい、12月25日、逮捕され、即刻、横浜大洋球団は彼を解雇としました。

5.自戒の念で迎えた92年シーズン

 須藤 監督は92年のシーズンを迎えるにあたり、高校の後輩であり未来ある若者を正しく導くことができなかった自戒の念で、気力充実とはかけ離れた状態だったと思います。須藤氏が休養を申し出たのが92年5月2日、まさにペナントはこれからというゴールデンウイークのまっただ中でした。この日は広島戦で先発、野村 投手が10点のリードをひっくり返されたとんでもない試合でしたが、この時点での横浜大洋の成績は7勝15敗であり、まだまだちょっとスタートダッシュにつまずいた程度でありました。
 彼の辞任は、チームの不成績に対して責任を取ったものではなく、あくまでも精神的理由、気力が続かない、あるいは苦しい心境から不眠に陥っていたような、そんな状況ではなかったか?、少なくとも92年開幕当初、監督として横浜大洋に留まることができる精神状態ではなかったのではないかと推察する次第です。

6.翌年の巨人ヘッドコーチ就任は長島 茂雄 監督の配慮

 春先に休養、退団した監督が翌年には巨人のユニフォームを着たことを責める声が聞かれます。もちろん尤もな意見だと思います。しかし逆を言えば、巨人としても、シーズン開始当初でチームを放り出すような人間としての評価ならコーチ就任を要請したりはしないでしょう。恐らくは、思い悩んだ末に休養、辞任して落ち込んでいる須藤 氏を野球人として終わらせてはならない、との巨人軍関係者、具体的には、75年に球団史上初の最下位で責任を取らせてしまった長島 茂雄 監督の配慮があったのではないか?、と思います。それはそれで、貴重な人材を球界から失わない一つの方法であったと思いますし、当時、私自身は指導者としてやり直すチャンスが与えられた須藤 氏に対しエールを送ったのを記憶しています。


◇ 決して裏切り者ではない!

 長嶋 監督に拾われるように巨人軍のヘッドコーチに就任した須藤 氏は、監督より依頼された「若手を育てる」という大目標を掲げておりましたが、FAで選手をかき集める、今でもやっている巨人軍の方針に納得が出来ずに退団することになります。そして、横浜大洋の監督を「途中下車」した時のことを思い出すと今でも胸が痛むと言います。92年の須藤 氏の休養から退団は、チームを放り出したのではなく、指導者としての失敗を心から悔やんだ結果であり、それ以前の経緯があっての翌年の巨人入閣であって、この流れにおいて彼について「決して裏切り者ではない!」と強く主張するものであります。

須藤豊氏

 これからもお元気で、若手育成の持論を展開していただきたく存じます。

大洋〜横浜を盛り上げた主役たち VOL.001 福嶋 久晃 捕手


 せっかく「大洋〜横浜を観て40年」なるカテゴリーを作っておきながら、 今年は(も)横浜はペナント・レースで最下位に喘いでおり、リアルな横浜DeNAに語るものはあまりない状況です。私が思うに、横浜ナインは、中畑 監督 がいなくなって寂しさを覚えている、喪失感に気が抜けているように思えます。人一倍、声を出して、激励して、最後まで諦めない、そんな戦う姿勢を前面に出していた中畑さんのリーダー・シップがありました。若い ラミレス 監督 にリーダー・シップが無いとは申しませんが、昨年とは違った雰囲気に横浜ナインはまだ戸惑っているように思います。

 ところで、以前から、少しずつ昔の大洋/横浜の選手、監督、コーチなどを取り上げて想い出話を記録したいと思っていました。でも、誰から始めよう?、などと躊躇していて始められないでおり、先日のゴルフの記事をきっかけに、福嶋 久晃 捕手 からスタートすることにしました。 今後、必ずしも歴史に残る名プレーヤーではなくとも、(私の)記憶に残る、選手に限らず、監督、コーチ、裏方であっても、思いつくままに取り上げて参りたく存じます。まずは、以下は国内女子ツアー「サイバーエージェント レディス」の記事です。


◇「晃子の影になれ」を乗り越えて 福嶋浩子が流した初めてのうれし涙

福島浩子優勝の記事

福嶋浩子と暁子
福嶋浩子38歳の春、姉晃子に涙で「苦しかったよ」
初優勝を決め号泣する福嶋浩子は姉晃子(左)から涙をぬぐってもらう

日刊スポーツ 5月2日(月)9時53分配信

 プロゴルフに疎い私は、福嶋 晃子 プロ(日米ツアー通算26勝)に4歳年下の妹がいて、同じプロゴルファーであったとは知りませんでした。もちろん、姉妹での優勝が史上初と言うのも初耳です。でも、福嶋姉妹のお父さんがどういう人かは存知上げております。大洋〜横浜大洋ホエールズの捕手、福嶋 久晃 氏 であります。さぞや、次女の初優勝に目を細めていることでしょう。


◇ 福嶋 久晃 氏 略歴

 福嶋 久晃(ふくしま ひさあき、1947年4月10日〜)氏 は、大洋〜横浜大洋ホエールズ、広島東洋カープに所属した捕手、内野手で、引退後は広島・大洋でコーチを務めました。旧名は「福嶋 久」で、長女はプロゴルファーの 福嶋 晃子 さん、次女は同じくプロゴルファーの 福嶋 浩子 さんです。

1.プロ入り前

 和歌山県東牟婁郡太地町の出身ですが、当時、この地は捕鯨が盛んであり、大洋ホエールズの親会社、大洋漁業の関係者が多数いらしたため、後のドラフト外入団では後押しされたのことでした。
 大阪PL学園時代に投手から捕手に転向し、3年生の1965年 春の甲子園に出場しますが、準々決勝で高松商に敗れました。同年夏は府予選準決勝で敗退しています。高校同期に、ロッテオリオンズで活躍した 得津 高宏 外野手、ヤクルトに在籍した 長井 繁夫 内野手 がいます。
 高校卒業時に広島よりドラフト8位で指名されましたが、これを拒否、社会人野球の大昭和製紙に入社、1966年の都市対抗に出場しました。この年のドラフト外で川崎球場を本拠地とする大洋ホエールズに入団しました。

2.大洋時代

 川崎球場を本拠地とした大洋ホエールズは1978年に横浜スタジアムに移転しましたので、1967年の入団の 福嶋 選手 は、大洋〜横浜大洋18年、広島で1年の19年の現役生活でありましたが、そのプロ野球人生の半分以上、11年間を川崎球場の大洋ホエールズで過ごしたことになります。なお、本名は 福嶋 久 でありますが、大洋入団後の1972年、名前を「久晃」に改名しております。

福嶋久晃 大洋時代の写真

 福嶋 選手 が入団した頃の大洋は、1960年の初優勝時の正捕手であり、当時の 故 三原 脩 監督 に「グラウンドの指揮官」と呼ばれた 土井 淳 選手 から故 伊藤 勲 選手 が正捕手の座を奪ったばかりでありました。後述の 故 秋山 監督 が 福嶋 選手 を起用するようになった理由として、Wikipediaでは 伊藤 選手 の「打率の低さがネックとなり」と記載されておりますが、それでは 故 伊藤 選手(生涯打率 .231)に比較して 福嶋 選手(同 .239)が大きく打率が高いかと言えば、そうでもなかったと思います。故 伊藤 捕手 は1969年のシーズン、23本塁打を記録し、これは大洋〜横浜大洋〜横浜〜横浜DeNAの現在に至るまで、捕手としての最多本塁打記録であります。小学生の頃、代打で本塁打を打った 故 伊藤 選手 の打撃に惚れ惚れしたものでした。

大洋 故伊藤勲 選手
故 伊藤 勲 選手 の打撃

 さて、故 秋山 登 監督 が就任した1975年、福嶋 選手 は、故 伊藤 捕手 とほぼ同等に起用されるようになりました。これについて、私の記憶の中では、故 伊藤 選手 に比較して、福嶋 選手 の方が捕手としての技量が上であったと考えます。細かいリードまでは分かりませんが、故 伊藤 捕手 は強肩でしたが二塁送球のコントロールが今ひとつで、また後逸も多かったように記憶しています。故 伊藤 選手 の前に正捕手であった 土井 選手 が得意としたとされる、マウンドの投手に顔を向けたまま一塁に矢のような送球でランナーを刺す送球や、バックホームの送球が目の前に迫ってくるまで、知らぬ顔して棒立ちになり、ランナーがスピードを緩めると、いきなり捕球体制をとり、タッチアウトにする「棒立ちタッチ法」は、私が記憶する 福嶋 捕手 は日常に多用しておりました。故 秋山 監督 は、もしかしたら、福嶋 捕手 の中に、岡山東商業から明治大学、大洋と18年間にわたりバッテリーを組んだ 土井 選手 と同等な捕手としての力量を見抜いたのかも知れません。

大洋 故秋山監督
故 秋山 登 監督

 こうして1975年より(1981年まで)年間100試合以上にマスクを被るようになった 福嶋 選手 が最高の成績を修めたのは横浜移転の2年前、1976年で、生涯で唯一の100安打とシーズン18本塁打を放ち、強打の捕手としてポジションを確立しました。


3.横浜大洋時代

 福嶋 選手 は、横浜移転の前年、1977年に第二期監督となった 故 別当 薫 氏 から、捕手として、スラッガーとして絶大な信頼を受けたと記憶しております。その証拠に、抑え投手がいなかった横浜大洋は南海の 佐藤 道郎 投手 を獲得するために、かつての正捕手で、スター・プレーヤーであった 故 伊藤 捕手 を放出しております(田村 政雄 投手とともに1:2の交換トレード)。

福嶋久晃 横浜大洋時代の写真

 横浜移転の1978年は、川崎最後である前年の借金17から貯金7を記録し、大洋にとして3位になった1971年以来7年ぶりの勝ち越しでありました。故 別当 監督 の花道となる1979年、横浜大洋は2位と躍進し、横浜スタジアムができて間もない頃に、確かな輝きを放った横浜大洋ナインの扇子(おうぎ)の要が 福嶋 捕手 でありました。

福嶋本塁死守

 先述の、1960年、初優勝の際に正捕手であった 土井 淳 監督 が就任したペナントレース開幕戦、1980年4月5日、横浜スタジアムの9回裏、代走で出た 屋鋪 要 選手が二塁盗塁を決めたところで、平松 政次 投手と投げ合った、巨人 江川 卓 投手 から 福嶋 選手 はレフトにサヨナラ・ヒットを打ち、この年も大いに期待されるスタートとなりました。

福嶋打撃

 ところが、土井 監督 は、福嶋 捕手 のことをあまり買ってはいなかったように思えました。なぜなら、監督は無線を使って 福嶋 捕手 に投手の配球の指示をする、変わった采配を始めました。いつまで続けたかは知りませんが、バッターと最も近いところに守り、投手と正対して、ダイヤモンドの中心に位置する捕手を信用しない 土井 監督 の采配はチームを大きく迷走させました。1980年は4位、1981年には42勝80敗、勝率 .344と記録的大敗で最下位、土井 監督 は9月24日に休養となりました。
 1982年、横浜大洋は 関根 潤三 監督 を招聘し、ヤクルト、日本ハムで活躍、パリーグを代表する捕手であった 加藤 俊夫 選手(44歳)を 岩井 隆之 内野手 との交換トレードで獲得、この年は、もとよりいた 辻 恭彦 選手(40歳)、福嶋 選手(35歳)とともにベテラン三人捕手体制でありました。この年、再生を目論んだ 平松 投手 や、新人、若手投手の球を主として最年長の 辻 捕手が受けるなど、バラエティに富んだ捕手起用が話題となりました。

福嶋、加藤、辻捕手
1983年 自主トレにて 左から 福嶋 久晃、辻 恭彦、加藤 俊夫 選手

 しかし、若手が育たず、ベテランに捕手を依存していた、1983年当時の横浜大洋が取った方策は、日本中をびっくりさせるものでした。阪神の 江本 孟紀 投手 退団より、同球団への批判を繰り返し、1982年に自由契約となり、米国マイナー・リーグの特命コーチをしていた 若菜 嘉晴 捕手(30歳)を獲得したのでした。若菜 選手 はいとも簡単に横浜大洋の正捕手となり、辻 選手 は1984年で引退、加藤 選手 は1984年のシーズンは代打で活躍しましたが1985年を限りに引退となりました。福嶋 選手 は、関根 監督 の下、1984年より一塁を守るようになりました。

4.広島移籍から引退へ

 1985年、福嶋 選手 にとって最後のシーズンは広島に移籍となりました。この年の開幕、阪神戦では代打で出場し、抑えの 山本 和行 投手 からサヨナラヒットを放つなど右の代打としても活躍しましたが、同年限りで引退となりました。

5.引退後〜現在

 福嶋 氏、引退直後、1986年の広島の二軍バッテリーコーチ補佐を経て、古葉 竹識 氏 が監督に就任したのを期に横浜大洋へ復帰、1987年から1989年まで一軍バッテリーコーチを務めました。その後は神奈川県内でフランス料理店を経営するかたわら、娘、晃子のキャディーを務めております。また、晃子、浩子姉妹のマネージメントを行う株式会社インタープレイスの代表取締役でもあります。野球解説は一時期、J SPORTSで行なっていましたが、現在は活動していません。2016年には、アマチュア野球指導資格を回復し、岡山の関西高等学校のコーチを務めております。


◇ 福嶋 久晃 氏 記録

1.背番号

 56 1967-69年 大洋
 10 1970-77年 大洋
 10 1978-84年 横浜大洋
 10 1985-85年 広島
 85 1986-86年 広島
 87 1987-89年 横浜大洋

2.年度別打撃成績

福嶋久明選手年度別打撃成績

3.オールスターゲーム出場

 3回:1976年、1977年、1981年


◇ ファンマガジン 横浜大洋 81総集号「特集 福嶋 久晃」

 さて最後になりましたが、横浜大洋ホエールズのファンマガジン、1981年 総集号に「特集 福嶋 久晃」が掲載されておりましたので、少しだけご紹介します。

福嶋特集表紙

 多くのご自宅での生活が写真入りで紹介されていて、目を引いたのが奥様、静江さんの中学時代の写真が 福嶋 氏 のアルバムに保管されておりました。

奥様スナップ写真

 その奥様、静江さんとご一緒のインタビューも掲載されておりました。全文は長いので、ほんの一部をご紹介いたします。

 *****

助け合い、信頼の“二人三脚”

夫婦対談記事

 〜〜 ご結婚は何年ですか?
 夫人 子供が49年ですから…
 福嶋 47年だな。
 夫人 結婚したとき蓄えが4万しかなくってそんなところからのスタートだったんです。
    大変なときに結婚しちゃって。
    3 年待ってくれって主人に言われたんですけど、押しかけてきちゃって(笑)。
 〜〜 “押しかけ女房”でしたか(笑)
 夫人 わたしの母が、女の子3人も家に置いとけない(笑)、早く決めた方が良いって。
    母は福嶋さんで決めてたんですけど、父はまた別に考えていたみたいで。
    多少は反対はあったのね。
 〜〜 福嶋さんの3年待ってくれ、というのは?
 福嶋 ぼくの腹には、とにかくまだ給料が安いし、生活もできない。
    それが取れるようになるまで、あと何年か待ってくれ、ということだね。
 〜〜 47年(1972年)というと、まだレギュラーをつかんでいないときですね。
    奥さんが内職されたという…。
 夫人 もう、恥ずかしいんです。
    そういうのばかり取り上げられて、“内助の功”っていわれて…。
    主人には内緒で始めたことなんです。
 福嶋 やっぱり男として辛いものねえ。
    遠征から帰ったら内職してたなんてね。
 夫人 押入れに隠したりしてね。
    わたしにもっと能力があれば、他にいくらでも仕事があるんでしょうけれど…。
 〜〜 今はたいがいある程度名をなして、それからお嫁さんを迎えようという風潮のようですが。
 夫人 いいときに結婚したら分からないこと味わっちゃったのね。
 福嶋 そうだな、一番苦しいときに一緒になっちゃったものな。
    ほとんど金なかったものな。
    用具代も随分いったしな。
 夫人 だから今の若い人たちが、はたして落ちたときガマンできるかどうかよね。
    よく二人で話すの、苦しい時代を踏んできたんだから、何があっても怖くないって。

 (以下略)

 *****


 どうも、ごちそうさまでした(笑)。

 今年の横浜は、捕手固定を目論み、新人の 戸柱 恭孝 捕手(26歳、2015年ドラフト4位)をほぼ全試合に起用しています。そのことの是非は、もう少し、経過を見ないと判定はできませんが、この新人、実によく頑張っていると思います。そして、その彼の背番号が「10」と 福嶋 捕手 と同じなんですね。約30年の時を経て、背番号「10」の扇子の要が再現されております。


17年ぶりに首位でオールスター突入の横浜DeNAベイスターズ、そのジェットコースターのような前半戦の戦いぶり


 史上初、5割のチームが首位でオールスターを迎えることになったプロ野球セントラルリーグ、その主役は、なんと言っても横浜DeNAベイスターズだと思います。このチームの、前半戦における浮き沈みの激しさをここで記録しておこうと思います。


◇ セ・リーグ順位表、個人成績から見えるもの

 まずは、セントラル・リーグ、現在における順位表と、得失点、本塁打、盗塁、打率、防御率などの成績を供覧いたします。青字で示したものはリーグ最高(良)、赤字はリーグ最低(悪)の成績です(D:横浜DeNA、巨:読売巨人、神:阪神、ヤ:東京ヤクルト、広:広島東洋、中:中日)。

【セントラル・リーグ順位表(7月15日現在)】
 D 85試合42勝42敗1分 勝率.500 勝差0.0 313得点337失点66本40盗 打率.259 防御率3.57
 巨 86試合42勝43敗1分 勝率.494 勝差0.5 283得点275失点55本63盗 打率.237 防御率2.92
 神 84試合41勝42敗1分 勝率.494 勝差0.0 269得点355失点50本30盗 打率.240 防御率3.85
 ヤ 84試合40勝43敗1分 勝率.482 勝差1.0 307得点299失点57本30盗 打率.249 防御率3.27
 広 81試合38勝40敗1分 勝率.475 勝差0.5 311得点274失点60本45盗 打率.256 防御率3.06
 中 86試合38勝46敗2分 勝率.452 勝差2.0 280得点297失点41本59盗 打率.257 防御率3.06

 「ドングリの背比べ」などと言われていますが、球団によってチーム編成、戦力、戦い方が異なることが分かります。首位の横浜が得点(313)、本塁打(66)、打率(.259)ではトップ、失点(337)、防御率(3.57)はいずれも阪神に次いで下から2番目であるのに対し、2位の巨人は得点(283)、打率(.237)ともに下位、失点(275)、防御率(2.92)は上位です。つまり、横浜が打高投低に対し巨人は投高打低
となっております。直近まで横浜は巨人に6連勝しておりましたが、巨人の投手力を横浜の打力が上回った結果でありました。不思議なのは、阪神と広島で、阪神は打力(269得点、打率.240)、投手力(355失点、防御率3.85)ともに6球団では最悪であるのに先日までは首位にいて、現在も3位につけております。広島は、打力は横浜に次いで強力で(311得点、打率.256)、投手力は巨人の次に良好であるのに(274失点、防御率3.06)、序盤のスタート・ダッシュにつまずいたのが今の成績となっております。

 続いて、打撃部門と投手部門の個人成績をいくつかご紹介します。打撃成績は打率順を20傑まで並べますが、安打、本塁打、打点、得点、三振、四球、盗塁、出塁率についてはリーグ・トップを青字で示します。投手成績は、防御率の順で規定投球回到達投手全員を列挙し、試合、完投、完封、勝敗、勝率、投球回、被安打、三振、四球、自責点について、リーグ・トップを青字で示します。最後にセーブ数の順を6位まで表にしました。

【打撃成績20傑(7月15日現在)】
 筒 香(D)293打数099安打13本56打点48得点52三振37四球00盗塁 打率.338 出塁率.413
 川 端(ヤ)342打数112安打03本31打点42得点44三振21四球02盗塁 打率.327 出塁率.370
 ル ナ(中)325打数088安打06本42打点40得点55三振40四球08盗塁 打率.318 出塁率.400
 山 田(ヤ)330打数101安打19本48打点64得点66三振46四球15盗塁 打率.306 出塁率.399
 梶 谷(D)298打数088安打06本37打点39得点82三振31四球16盗塁 打率.295 出塁率.361
 新 井(広)227打数067安打04本42打点36得点38三振31四球01盗塁 打率.295 出塁率.378
 ロペス(D)313打数092安打15本39打点38得点46三振29四球01盗塁 打率.294 出塁率.355
 平 田(中)277打数080安打06本26打点42得点57三振39四球08盗塁 打率.289 出塁率.379
 田 中(広)317打数090安打05本28打点45得点60三振17四球05盗塁 打率.284 出塁率.325
 バルデ(D)279打数079安打09本40打点27得点37三振28四球00盗塁 打率.283 出塁率.325

 ゴメス(神)309打数087安打12本45打点26得点78三振40四球00盗塁 打率.282 出塁率.369
 畠 山(ヤ)288打数080安打19本58打点41得点78三振39四球00盗塁 打率.278 出塁率.369
 マート(神)312打数086安打04本30打点27得点49三振18四球00盗塁 打率.276 出塁率.315
 福 留(中)295打数081安打15本45打点34得点48三振36四球01盗塁 打率.275 出塁率.349
 亀 井(巨)252打数069安打05本23打点27得点42三振25四球05盗塁 打率.274 出塁率.337
 大 島(中)334打数091安打03本18打点46得点40三振25四球12盗塁 打率.272 出塁率.332
 石 川(D)311打数084安打01本18打点39得点73三振15四球06盗塁 打率.270 出塁率.316
 坂 本(巨)279打数075安打07本40打点25得点41三振35四球05盗塁 打率.269 出塁率.347
 鳥 谷(神)326打数087安打04本24打点30得点46三振46四球05盗塁 打率.267 出塁率.357
 菊 地(広)322打数085安打06本19打点36得点48三振11四球10盗塁 打率.264 出塁率.290

【投手成績 規定投球回投手(7月15日現在)】
 菅 野(巨)15試合4完投7勝6敗 勝率.538 109.1回095安打064三振20四球20自責 防1.73
 前 田(広)16試合4完投8勝5敗 勝率.615 119.1回102安打103三振21四球21自責 防2.04
 大 野(中)17試合5完投9勝4敗 勝率.692 131.0回100安打092三振31四球31自責 防2.13
 ジョン(広)15試合1完投7勝4敗 勝率.636 103.0回075安打068三振41四球26自責 防2.27
 藤 波(神)16試合4完投7勝5敗 勝率.583 113.1回100安打120三振40四球33自責 防2.62
 黒 田(広)14試合1完投6勝4敗 勝率.600 094.0回090安打062三振19四球28自責 防2.68
 井 納(D)15試合2完投4勝6敗 勝率.400 102.0回120安打073三振31四球33自責 防2.91
 高 木(巨)16試合1完投6勝6敗 勝率.500 108.0回088安打082三振30四球35自責 防2.92
 ボレタ(巨)14試合0完投6勝4敗 勝率.600 090.1回086安打063三振24四球31自責 防3.09
 岩 田(神)16試合2完投5勝4敗 勝率.556 102.2回105安打076三振35四球37自責 防3.24

 久 保(D)15試合2完投7勝4敗 勝率.636 093.1回081安打072三振22四球34自責 防3.28
 メッセ(神)16試合0完投5勝7敗 勝率.417 107.0回095安打111三振36四球40自責 防3.36
 バルデ(中)15試合0完投2勝7敗 勝率.222 093.2回094安打068三振27四球36自責 防3.46
 小 川(ヤ)16試合0完投4勝6敗 勝率.400 097.0回091安打068三振22四球38自責 防3.53
 山 井(中)16試合0完投3勝8敗 勝率.273 097.2回091安打059三振33四球45自責 防3.69
 能 見(神)15試合1完投6勝9敗 勝率.400 095.0回107安打077三振21四球41自責 防3.88
 杉 内(巨)16試合0完投6勝5敗 勝率.545 090.0回082安打089三振34四球40自責 防4.00
 山 口(D)15試合2完投3勝3敗 勝率.500 085.1回095安打088三振32四球45自責 防4.75

【投手成績 救援投手 10セーブ以上(7月15日現在)】
  呉 (神)39試合2勝2敗24S 43.1回42安打47三振14四球14自責 防2.91
 山 崎(D)38試合2勝2敗23S 36.2回22安打49三振06四球07自責 防1.72
 バーネ(ヤ)33試合1勝0敗21S 36.2回20安打27三振12四球02自責 防0.49
 澤 村(巨)35試合4勝3敗20S 39.1回36安打34三振14四球07自責 防1.60
 福 谷(中)38試合3勝3敗18S 35.2回33安打22三振16四球14自責 防3.53
 中 崎(広)37試合0勝5敗12S 40.1回39安打35三振14四球17自責 防3.79

 個人成績を見ても各チームの傾向が見て取れます。横浜の、打者が打率10傑内に4人が入っているのに対して、投手は防御率10傑内には井納ただ1人となっております。巨人の場合、打者で打撃順位に入って来るのは亀井の15位が最高ですが、投手は防御率10傑内に3人が入っております。阪神も巨人同様、打撃陣は不良で、ベストテンには1人も入っておらず、また投手陣は横浜と同じく防御率10傑内は藤波ただ1人となっております。広島の前田、ジョンソン、黒田と言った投手陣は素晴らしく、同チームの規定投球回投手はこの3人のみなのですが、いずれも10傑に名を連ねております。ただし、先発投手に難のある横浜と阪神ですが、抑えが横浜は山崎(23S、防御率1.72)、阪神は呉(24S)と盤石であるのに対し、広島は中崎が12Sで防御率3.79と成績を残せていないのが苦しいところのようです。


◇ 横浜DeNAベイスターズ 2015年 前半戦日程と勝敗

 今年の横浜DeNAベイスターズ、前半戦日程と勝敗を列挙いたします。なお、記載する選手名は横浜の選手のみといたします。

 03/27 ● 02-03 巨 負:久保(0-1)本:筒香(1)、関根(1)
 03/28 ○ 10-02 巨 勝:山口(1-0)本:ロペス(1)、筒香(2)
 03/29 ● 03-11 巨 負:三嶋(0-1)
 03/30
 03/31 ○ 07-06 広 勝:国吉(1-0)S:山崎(1)本:バルデ(1)
 04/01 ○ 07-04 広 勝:モスコ(1-0)本:ロペス(2)
 04/02 ○ 03-02 広 勝:林(1-0)
 04/03 ● 00-08 ヤ 負:久保(0-2)
 04/04 ● 02-06 ヤ 負:エレラ(0-1)本:筒香(3)
 04/05 ○ 02-01 ヤ 勝:三嶋(1-1)S:山崎(2)本:バルデ(2)
 04/06
 04/07 ○ 08-03 神 勝:井納(1−0)本:ロペス(3)
 04/08 ○ 06-01 神 勝:モスコ(2-0)
 04/09 ○ 02-01 神 勝:高崎(1-0)S:山崎(3)
 04/10 ● 02-06 中 負:エレラ(0-2)
 04/11 ○ 08-06 中 勝:山口(2-0)S:山崎(4)本:ロペス(4,5)、黒羽根(1)
 04/12 ● 02-03 中 負:林(1-1)本:ロペス(8)
 04/13
 04/14
 04/15 ● 00-03 巨 負:モスコ(2-1)
 04/16 ● 01-07 巨 負:高崎(1-1)本:バルデ(3)
 04/17 ● 01-03 ヤ 負:井納(1−1)
 04/18 ● 00-04 ヤ 負:山口(2-1)
 04/19 ● 08-09 ヤ 負:小杉(0-1)本:荒波(1)、筒香(4)
 04/20
 04/21 ● 03-05 神 負:山崎(0-1)本:後藤(1)
 04/22 ○ 07/04 神 勝:モスコ(3-1)S:山崎(5)本:筒香(5)、荒波(2)
 04/23
 04/24 ○ 08-01 中 勝:井納(2−1)本:筒香(6)
 04/25 ○ 05-02 中 勝:山口(3−1)本:嶺井(1)
 04/26 ○ 05-03 中 勝:国吉(2-0)S:山崎(6)
 04/27
 04/28 ○ 01-00 広 勝:久保(1−2)S:山崎(7)
 04/29 ● 02-09 広 負:高橋(0-1)
 04/30 ○ 01-00 広 勝:三嶋(2−1)S:山崎(8)本:梶谷(1)
 05/01 ● 01-03 中 負:井納(2−2)
 05/02 ○ 05-03 中 勝:エレラ(1-2)S:山崎(9)
 05/03 ○ 04-03 中 勝:小杉(1-1)S:山崎(10)本:梶谷(2)
 05/04 ○ 06-01 ヤ 勝:久保(2-2)本:筒香(7)、白崎(1)
 05/05 ○ 05-04 ヤ 勝:三浦(1−0)S:山崎(11)本:高城(1)
 05/06 ○ 04-02 ヤ 勝:三嶋(3−1)S:山崎(12)
 05/07
 05/08 ○ 06-05 巨 勝:エレラ(2-2)S:山崎(13)
 05/09 ● 01-02 巨 負:小杉(1-2)
 05/10 ○ 04-02 巨 勝:田中(1-0)S:山崎(14)
 05/11
 05/12
 05/13 ○ 06-03 中 勝:久保(3−2)S:山崎(15)本:ロペス(7)、石川(1)
 05/14 ○ 04-03 中 勝:三嶋(4-1)S:山崎(16)本:井出(1)
 05/15 ○ 06-05 広 勝:長田(1-0)S:田中(1)本:バルデ(4)
 05-16 ○ 02-01 広 勝:井納(3−2)本:バルデ(5)
 05/17 ● 01-02 広 負:須田(0−1)
 05/18
 05/19 ● 01-02 ヤ 負:久保(3−3)
 05/20 ○ 02-01 ヤ 勝:三浦(2-0)S:山崎(17)本:筒香(8,9)
 05/21 ● 03-04 ヤ 負:小杉(1-3)本:筒香(10)
 05/22 ○ 06-05 神 勝:山崎(1-1)本:筒香(11)
 05/23 ● 02-04 神 負:阿部(0−1)
 05/24 ○ 08-06 神 勝:須田(1-1)S:国吉(1)
 05/25
 05/26 ● 03-10 オ 負:久保(3−4)本:井出(2)
 05/27 ○ 04-02 オ 勝:三浦(3−0)S:山崎(18)本:バルデ(6)、ロペス(8)
 05/28 ● 03-04 オ 負:三嶋(4−2)
 05/29 ● 03-04 ロ 負:大原(0−1)本:後藤(2)
 05/30 ○ 05-01 ロ 勝:井納(4−2)
 05/31 ● 05-09 ロ 負:須田(1−2)
 06/01
 06/02 ○ 06-05 ソ 勝:国吉(3−0)S:山崎(19)本:梶谷(3)、バルデ(7)、井出(3)
 06/03 ● 02-04 ソ 負:国吉(3-1)本:井出(4)
 06/04 ● 00-08 ソ 負:モスコ(3−2)
 06/05 △ 03-03 西 本:ロペス(9)
 06/06 ● 01-05 西 負:井納(4−3)本:ロペス(10)
 06/07 ● 03-09 西 負:三嶋(4−3)本:ロペス(11)
 06/08
 06/09 ● 02-03 楽 負:山崎(1-2)本:白崎(2)
 06/10 ● 04-05 楽 負:田中(1−1)本:荒波(3)
 06/11 ● 05-07 楽 負:岡島(0−1)本:乙坂(1)
 06/12 ● 07-08 日 負:国吉(3−2)本:ロペス(12)、梶谷(4)
 06/13 ● 02-03 日 負:井納(4−4)
 06/14 ● 01-03 日 負:砂田(0−1)
 06/15
 06/16
 06/17
 06/18
 06/19 ● 01-03 広 負:井納(4−5)
 06/20 ● 04-08 広 負:モスコ(3-3)本:ロペス(13)
 06/21
 06/22
 06/23 ○ 07-02 巨 勝:久保(4−4)本:筒香(12)
 06/24 ○ 03-01 巨 勝:田中(2-1)S:山崎(20)
 06/25
 06/26
 06/27 ● 03-05 神 負:田中(2−2)
 06/28 ● 02-06 神 負:三浦(3−1)
 06/29
 06/30 ○ 01-00 中 勝:久保(5−4)
 07/01 ● 05-08 中 負:砂田(0−2)
 07/02
 07/03 ○ 04-03 神 勝:長田(2−0)本:後藤(3)
 07/04 ● 06-07 神 負:山口(3−2)本:倉本(1)、後藤(4)
 07/05 ● 01-08 神 負:三浦(3−2)
 07/06
 07/07 ○ 03-01 広 勝:久保(6−4)S:山崎(21)
 07/08 ○ 07-01 広 勝:砂田(1−2)本:倉本(2)、桑原(1)
 07/09
 07/10 ● 02-04 ヤ 負:井納(4−6)本:バルデ(8)
 07/11 ● 01-05 ヤ 負:山口(3−3)
 07/12 ○ 03-00 ヤ 勝:三浦(4−2)S:山崎(22)本:ロペス(14)、バルデ(9)
 07/13 ○ 07-04 巨 勝:久保(7−4)S:山崎(23)本:梶谷(5)、松本(1)
 07/14 ○ 10-03 巨 勝:萬谷(1−0)本:筒香(13)、ロペス(15)、梶谷(6)
 07/15 ○ 03-02 巨 勝:山崎(2−2)


◇横浜DeNAベイスターズ 2015年 前半戦の貯金と借金

 日程と勝敗に基づいて、この前半戦の貯金と借金の変動を図にしてみました。併せて4つ以上の連勝、連敗を矢印で示しました。今年の横浜は、よく序盤の7連敗と交流戦中からの12連敗が指摘されておりますが、連勝の方も4連勝以上が5回あり、オールスター直前も4連勝で5割と首位に復帰してきたのでした。

横浜の貯金借金の図


◇ あとがき

 大洋〜横浜に激しい連勝連敗があるのは元来のチームカラーと言えますが、とりわけ今年はそれが色濃く出ております。その原因に、元々力不足の先発投手陣に安定感がなく、また真のエース、柱となるローテーション投手がいないことが挙げられます。野手の方は、2軍から上げた選手をすぐにスタメンで使い、また前日に活躍した選手をベンチに控えさせてそのライバル選手を出場させるなど、中畑監督の選手起用が見事に当たっていて、怪我人が出てもその穴を上手に埋められる状況にあります。
 後半戦の展望として、もう1枚、新入団の外国人左腕投手が加わりますし、もう1人くらいローテをうかがう新しい投手が出現する可能性はあると思います。8月9月に首位争いをした経験者は三浦大輔くらい、ほとんどの選手が未経験の次元へと突入する中、新星が登場してでも、チーム全体として大きな経験から、一段階、大人の集団になってもらえればと思います。

三浦 大輔(横浜DeNAベイスターズ)、歴代1位タイとなる23年連続勝利


 プロ野球、一昨日、子供の日である5月5日、東京ヤクルトスワリーズとの試合で横浜DeNAベイスターズの「ハマの番長」こと、三浦 大輔 投手(以下、三浦)が今季、初登板初先発で6回を投げ、3失点(自責点は2)、勝ち投手となりました。これは、入団2年目の1993年(平成5年)から23年連続の勝利であり、工藤 公康(現ソフトバンク監督)、山本 昌(中日、現役)のプロ野球記録に並びました。この息が長い選手を「アスリートのスピリッツ」のカテゴリで取り上げます。

三浦投球フォーム写真002

三浦投球フフォーム写真001


◇ 三浦 年度別成績

 まずは、三浦の、横浜大洋〜横浜〜横浜DeNAにおける一昨日までの24年間の投手成績を供覧いたします。ちなみに、大洋〜横浜大洋〜横浜〜横浜DeNAのファン歴40年の私は、今から21年半前の1993年9月、広島戦でプロ初勝利を初完投で上げた試合はスポーツニュースで観たのをはっきりと憶えております。その2年前のドラフト6位の入団は、高卒でありました。昔も今も、桑田(巨人)や中山(横浜大洋)、現代なら大谷(日本ハム)のようなドラフト1位クラスはともかく、高卒のドラフト下位の投手が、2年やそこらで、1軍で勝ち星を上げるのは珍しく、活躍することもないまま引退するケースも多いと思います。思わぬ「拾い物!」と喜びました。

*****

三浦 大輔

1973年12月25日生、183 cm 88 kg、右投右打、高田商、1991年ドラフト6位
1992年 横浜大洋ホエールズ、1993〜2011年 横浜ベイスターズ、2012年〜 横浜DeNAベイスターズ

三浦大輔 通算成績 JPEG
(NPBオフィシャルサイトより)

【三浦 大輔 投手 タイトル】
 最高勝率1回(1997年)、最優秀防御率1回(2005年)、最多奪三振1回(2005年)、
 月間MVP4回(2000年8月、2005年8月、2007年7月、2014年8月)
 オールスター出場6回(2002、2004,2006、2009、2012、2013年)


◇ 三浦 大輔 投手 経歴

 三浦は41歳、奈良県橿原市出身で、横浜大洋〜横浜〜横浜DeNA一筋、24年目の投手です。昨年より兼任コーチとなり、今年の年俸は1億3500万円とされます。「リーゼント」、「ハマの番長」など風貌から来るネーミングに加え、「開幕戦で勝てない」(7戦全敗)、「巨人に弱い」、「「打線の援護がない」、「超スローカーブ」、「二段モーション」など、大洋〜横浜ファンからは良きにつけ悪しきにつけ長年に渡り話題となって来た投手です。

1.プロ入り前

 高田商業高校3年生時の1991年、県大会は春、夏ともに決勝で、同年ドラフト1位で巨人に入団した谷口 功一 投手がエースでいた、天理高校に敗れました。三浦は秋のドラフトにて阪神からの指名を期待していたようですが、横浜大洋よりドラフト6位で指名され入団しました。背番号は46でした。

2.1991年ドラフト指名リスト

 1991年の日本プロ野球ドラフト会議指名リストを以下に示します。実はこの年の横浜大洋のドラフト1位は斉藤 隆 投手であり、彼は東北福祉大学からプロ入りしましたが、現在、45歳になっても東北楽天ゴールデンイーグルスにて現役であり、今年もこれまで2試合に登板しております。

【西武ライオンズ】
 1位  竹下  潤  投 手  駒沢大学
 2位  新谷  博  投 手  日本生命
 3位  熊澤当緒琉  外野手  所沢商業高
 4位  松田 和哉  投 手  長崎南山高
 5位  神野 信也  投 手  新居浜商業高
 6位  千原 淳弘  投 手  日高高中津分校
 7位  渡辺 孝男  捕 手  札幌篠路高
 8位  日月 哲史  外野手  関東高卒

【近鉄バファローズ】
 1位  高村  祐  投 手  法政大学
 2位  江坂 政明  投 手  神戸製鋼
 3位  品田 操士  投 手  花咲徳栄高
 4位  中村 紀洋  投 手  大阪 渋谷高
 5位  背尾 伊洋  投 手  大阪桐蔭高
 6位  森山 一人  投 手  邇摩高
 7位  上山  勲  内野手  北嵯峨高

【オリックス・ブルーウェーブ】
 1位  田口  壮  内野手  関西学院大学
 2位  萩原  淳  内野手  東海大学甲府高
 3位  本東  洋  投 手  三菱重工長崎
 4位  鈴木 一朗  投 手  愛知工業大学名電高
 5位  北川  晋  投 手  浪速高
 6位  西  芳弘  外野手  寺井高
 7位  山本 大貴  投 手  元阿部企業

【日本ハムファイターズ】
 1位  上田 佳範  投 手  松商学園高
 2位  片岡 篤史  内野手  同志社大学
 3位  徳田 吉成  捕 手  東洋大学
 4位  島崎  毅  投 手  NTT北海道
 5位  仲光 秀記  内野手  別府大学附属高
 6位  根本 隆輝  内野手  小松島西高
 7位  金子 貴博  投 手  船橋法典高
 8位  高野 慎哉  捕 手  原町高卒

【福岡ダイエーホークス】
 1位  若田部健一  投 手  駒澤大学
 2位  作山 和英  投 手  東北福祉大学
 3位  浜名 千広  内野手  東北福祉大学
 4位  三井 浩二  投 手  足寄高  ※入団拒否
 5位  山口 信二  投 手  新日本製鐵君津
 6位  本田 明浩  捕 手  新日本製鐵大分
 7位  林  孝哉  内野手  箕島高
 8位  市原  圭  外野手  上宮高
 9位  久保 孝之  内野手  上宮高
10位  田畑 一也  投 手  元北陸銀行

【千葉ロッテマリーンズ】
 1位  吉田 篤史  投 手  ヤマハ
 2位  河本 育之  投 手  新日本製鐵光
 3位  丹波 健二  内野手  東芝
 4位  花島 寛己  投 手  習志野高
 5位  樋口 一紀  内野手  住友金属
 6位  服部 文夫  投 手  九州三菱自動車
 7位  市場 孝之  内野手  国際海洋高卒
 8位  小林  至  投 手  東京大学

【広島東洋カープ】
 1位  町田公二郎  外野手  専修大学
 2位  徳本 政敬  内野手  木本高
 3位  佐藤 貞治  投 手  鎮西高
 4位  金本 知憲  外野手  東北福祉大学
 5位  杉田  勇  捕 手  富士学苑高
 6位  伊藤  真  投 手  八千代国際大学
 7位  小畑 幸司  捕 手  所沢商業高
 8位  大石 昌義  投 手  鳴尾高卒

【中日ドラゴンズ】
 1位  落合 英二  投 手  日本大学
 2位  佐々木健一  投 手  徳島商業高
 3位  若林 隆信  内野手  佐賀学園高
 4位  若林 弘泰  投 手  日立製作所
 5位  井手元健一朗 投 手  四日市工業高
 6位  佐野  心  外野手  いすゞ自動車
 7位  永川 満寿  内野手  西淀川高

【ヤクルトスワローズ】
 1位  石井 一久  投 手  東京学館浦安高
 2位  西岡  洋  投 手  大阪ガス
 3位  増田 政行  投 手  国士舘大学
 4位  津川  力  内野手  明徳義塾高
 5位  高梨 利洋  内野手  札幌第一高
 6位  鮫島 秀旗  捕 手  日生学園第二高

【読売ジャイアンツ】
 1位  谷口 功一  投 手  天理高
 2位  小原沢重頼  投 手  城西大学
 3位  松岡 正樹  捕 手  平安高
 4位  伊藤 博康  外野手  東北福祉大学
 5位  三好 正晴  投 手  川口工業高
 6位  羽根川 竜  投 手  東北高

【横浜大洋ホエールズ】
 1位  斎藤  隆  投 手  東北福祉大学
 2位  永池 恭男  内野手  福岡工業大学附属高
 3位  有働 克也  投 手  大阪経済大学
 4位  斉藤  肇  投 手  静岡 星陵高
 5位  石本  豊  外野手  藤代柴水高
 6位  三浦 大輔  投 手  奈良 高田商業高
 7位  山根 善伸  捕 手  新日本製鐵名古屋
 8位  川北 和典  内野手  元プリンスホテル

【阪神タイガース】
 1位  萩原  誠  内野手  大阪桐蔭高
 2位  久慈 照嘉  内野手  日本石油
 3位  弓長 起浩  投 手  熊谷組
 4位  桧山進次郎  内野手  東洋大学
 5位  中川 申也  投 手  秋田経済法科大学附属高
 6位  工藤 慎明  投 手  筑陽学園高
 7位  木立 章成  内野手  専修大学北上高
 8位  中村 公信  投 手  元田村コピー

 こうして見ると、この年のドラフトは、新谷(西武)、高村(近鉄)、中村紀(近鉄)、田口(オリックス)、鈴木 = イチロー(オリックス)、片岡(日本ハム)、若田部(ダイエー)、浜名(ダイエー)、河本(ロッテ)、金本(広島)、石井(ヤクルト)、斉藤隆(横浜大洋)、久慈(阪神)、弓長(阪神)、桧山(阪神)など日本プロ野球ならびに米大リーグでも活躍した選手を多く排出した年でありました。でも、その中にあってドラフト6位以降で100勝以上は三浦ただ一人ですし、現在まで現役なのは、先にも申し上げた斉藤(楽天)と世界のイチロー(MLB マリーンズ)と3人のみであります。

3.プロ野球選手名鑑のコメント

 正式名「'92プロ野球 12球団 全選手 百科 名鑑」(日本スポーツ出版社)に三浦について以下のように紹介されております。

 *****

46 投手 三浦 大輔

三浦大輔 入団時写真

(生)73・12・25(歳)19(出)奈良県橿原市(利)右投右打(長)181(重)74(歴)高田商ー大洋(92年D6位)(給)400万(評)契約金3500万、140キロの速球とフォークボールが武器。強豪天理高がいるため、昨年の春季大会では、その、天理に敗れて、準優勝。夏の県大会でも決勝で天理と対戦、12奪三振の力投をみせたが、1対3で敗れてしまった。右の本格派で、じっくり鍛えれば面白い。(血)B

 *****


 まず、最初に気づくのは、今年の公式発表では183 cm 88 kgとのことでしたが、24年前の入団時は181 cm 74 kgとのことで、身長が2 cm、体重では14 kgも増加しております。

3.初登板からローテーション入りまで、「二段モーション」獲得へ

 横浜大洋ホエールズ最後の年となった1992年、三浦にとって入団1年目の10月7日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)に3番手としてプロ初登板を果たすと、打者6人を完璧に抑える好救援を見せました。実はこの試合、最多勝2回、最多奪三振を3回、83年には沢村賞、ベストナインにも選ばれた、1980年代の横浜大洋ホエールズの大エースであった、遠藤 和彦 投手の引退試合であり、横浜スタジアムは超満員の大観衆でありました。まさに、緩やかな新旧交代のターニング・ポイントであったわけです。
 球団名が「横浜ベイスターズ」に変更された1993年9月4日、上でも触れました通り、対広島東洋カープ戦(北九州市民球場)でプロ初勝利を初完投で上げ、この年は3勝3敗の成績でありました。翌1994年はやや伸び悩みの感がありましたが(2勝2敗)、1995年には先発ローテーション入りを果たし、初の規定投球回達成、8勝8敗の成績でありました。
 なお、この年から、振りかぶった後、上げた左足を一瞬空中で静止させる独特のフォームに変更しました。これは練習の遠投から生まれたもので、何気なく試していたら、うまくタメが出来たためそのまま使う事になったとのことです。2006年以降にボークに関する規定の厳格化(2段モーションの禁止)によって投球モーションの変更を余儀なくされましたが、今なお以前の投球フォームの名残が残っております。

4.最高勝率から主力投手入り

 1996年(22歳時)は、5勝10敗と主力投手としては不本意なシーズンとなり、1997年もキャンプで足を痛めてリハビリからのスタートとなり、開幕しても6月が終って1勝3敗と全く調子が上がりませんでした。しかし、7月15日に巨人戦初勝利を上げると勢いに乗り、8月20日のヤクルトとの天王山で1失点完投勝利を記録するなど、終わってみれば、9連勝を達成して10勝3敗で最高勝率に輝きました。同年のオフには背番号を46から18に変更、いよいよ主力投手となりました。

5.1998年、38年ぶりのリーグ優勝

 1998年については別の機会に詳述しますが、この年の横浜の先発投手陣は、三浦(12勝7敗、防御率3.18)の他に、左の野村 弘樹(13勝8敗、3.34)、右の斎藤 隆(13勝5敗1S、2.94)、川村丈夫(8勝6敗、3.32)、戸叶 尚(7勝8敗、5.17)ら各投手がおり、実績と球の力では野村、斎藤が秀でていましたが、川村が開幕投手を担ったことからも分かる通り、誰がエースと言うわけではなく、とにかく権藤 博 監督の「中継ぎローテーション」を駆使して、大魔神、佐々木主浩 投手(1勝1敗45S、0.64)に繋ぐ、そんな戦いぶりでありました。
 この年の三浦は、開幕から絶好調で8月4日の阪神戦に勝って10勝4敗、目標と語っていた15勝も見えていましたが、突然の肝機能障害を発病し、8月22日の中日戦での敗戦後、8月25日に登録抹消、チームが優勝争いをする中、入院生活を送ることになりました。「顆粒球減少症」などと報道されましたが、EBウイルス感染による「伝染性単核球症」であったのでは?、と思います。安静にしていれば自然に治りますし、慢性化することはなく、後遺症は残りませんが、ある一定期間、発熱と咽頭痛があって、休まざるをえない病態です。
 三浦は病院を抜け出し、横須賀のグラウンドで黙々と走っていたそうで、1月後に復帰したところで、マジック3で迎えた10月6日のヤクルト戦の先発では素晴らしい好投を見せました。最終的には、自己最高の12勝を上げ、十分、優勝に貢献した印象でしたが、本人からすれば、最後の正念場である9月を欠場したことは負い目となったでしょうし、もしかしたらその後の選手生活におけるトラウマとなったかも知れません。

横浜セリーグ優勝の記事

6.日本シリーズでは思わぬ大乱調

 38年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした横浜ベイスターズは西武ライオンズとの日本シリーズに臨みました。1戦目の10月18日(横浜スタジアム)で、石井 琢朗 選手のバントヒットから横浜の先制点で始まった試合は、野村 — 阿波野 — 佐々木のリレーで9-4で勝利、第2戦目(10月19日)は斉藤 隆の4-0完封勝利と好調な滑り出しでありました。
 第3戦は雨で順延となった10月22日、西武ドームで行われ、シーズンの成績通りに権藤監督は三浦を先発のマウンドに送りました。ところが、2回裏に4四球を出してノーヒットで2点の先制を許すと、3回裏にも無死から連続四球を与えるなど2回1/3で6四球という大乱調、4失点降板となりました。試合は、その後にリリーフした福盛、戸叶も四球を重ねてシリーズ記録となる11四球を与えて大敗となってしまいました(2-7)。実は、三浦は第6戦の先発も予定されていましたが、この乱調で川村に大役を奪われてしまったとされます。
 第4戦(10月23日)は、野村を立てるも2-4で敗戦、対戦成績が2対2のタイとなりましたが、第5戦目は斉藤隆の好投とマシンガン打線の爆発もあって17-5の大勝で、いよいよシリーズに大手をかけました。第6戦、10月26日は先発の川村が好投、阿波野、佐々木と繋いで2-1、横浜は日本一になりました。残念ながら、三浦の日本シリーズにおける登板は2回1/3のみで終わりました。

横浜ベイスターズ日本一 写真

7.1999年、開幕投手 三浦 とナインに意識の違い?

 セ・リーグ優勝、日本一の翌年、野村が肘の手術を受けて1年を棒に振ることになり、権藤監督は開幕投手に斉藤隆ではなく、三浦を指名しました。この時の両投手の状態がどうであったかは分かりませんが、権藤氏の思惑として、前年のシーズン終盤と日本シリーズで思うような仕事ができなかった、斉藤隆より4歳若い三浦をエースに擁立して、今後の横浜ベイスターズの投手陣の柱と考えたのだろうと思います。
 ところが、権藤氏の思惑は大きく外れました。三浦は開幕戦で敗戦投手となって、なんと、この年14試合目の登板で初勝利を上げることとなり、シーズンでは9勝10敗と平凡な成績で終わりました。これにはちょっとしたカラクリがあって、前年の優勝、日本一に貢献できなかった三浦と、その他のナインに意識の違いがあったのでは?、と考えます。

 1999年、三浦と他の横浜ナインの意識の違い?

 この年のチーム打率は当時の日本記録である .294 と、マシンガン打線は最盛期を迎えました。以下に、横浜のスターティングラインアップ、規定打席選手を列挙いたします。

 1番 石 井 131試合537打数157安打 8本 58打点39盗塁 .292
 2番 波 留 130試合568打数169安打15本 70打点21盗塁 .298
 3番 鈴木尚 134試合542打数178安打17本 92打点 7盗塁 .328
 4番 ローズ 134試合521打数192安打37本153打点 3盗塁 .369
 5番 駒 田 129試合519打数151安打 9本 71打点 0盗塁 .291
 8番 谷 繁 122試合427打数126安打11本 51打点 0盗塁 .295

 1番から5番までがシーズン150本安打以上、8番谷繁(現中日選手兼任監督)を含む、6人の規定打席到達選手が打率2割9分以上と、とてつもない打撃陣だと思います。しかしながら、この年の横浜は、前年の優勝、日本一の慢心から雑な野球が目立ちました。三浦が先発した開幕から6連敗のスタートでしたし、佐々木は肘の手術で離脱しました。打撃陣は、言い方は悪いですが、「個人打撃成績のための」シーズンのようでした。そして、それに上手に便乗したのが川村(17勝6敗)と斉藤隆(14勝3敗)でありました。逆に三浦が登板している時は打線が沈黙と言うことが、この時期より起こり始めました。

 三浦と他のナインの意識の違い、それは三浦にはやり残したことがあったのに対して、多くの横浜の主力選手に「達成感」、「慢心」と言った気持ちがあったと思います。三浦がどこまでも野球に対して真面目であったのに対して、優勝後の横浜ナインは野球を楽しむ感覚が感じられました。

 大袈裟な言い方ですし、実際のところはもっともっと多くの要素があるのですが、この1999年の戦い方が、その後の横浜が昨年までの16年間、優勝から遠ざかった原因かと思いますし、逆を言えば、三浦が優勝から17年目の今シーズンまでも現役でいるのは、彼には「やり残したことがあった」からではないかと思う次第です。

8.開幕戦未勝利/巨人戦に弱い

 1999年の開幕投手に選ばれた三浦は以後も6回の開幕投手を務めますが、結果は0勝7敗といずれも敗戦投手となっており、開幕登板での7連敗は日本記録となっております。

 【三浦の開幕投手成績=全て敗戦投手】
  年 度  対戦相手  球 場      相手投手
  99年  ヤクルト  横浜スタジアム  石井 一久
  02年  広  島  広島市民球場   佐々岡真司
  04年  ヤクルト  神宮球場     ペバリン
  05年  中  日  ナゴヤドーム   川上 憲伸
  06年  巨  人  東京ドーム    上原 浩治
  07年  巨  人  横浜スタジアム  内海 哲也
  08年  中  日  ナゴヤドーム   浅尾 拓也

 三浦はセ・リーグ優勝の大詰めで病気欠場となり、日本シリーズでも乱調でKOされました。期待された99年の開幕でも敗戦投手となりました。いつの間にか、「ここ一番で力を発揮できない投手」とのレッテルを貼られてしまい、これを本人も意識したのか?、開幕戦では好投できず、また注目度が集まる巨人戦でも成績は不良でありました。もっとも、三浦が月間MVPを4回獲得したのはいずれも7月8月の真夏であり、春先はスロー・スターターであるとも言えます。また、プロ入り前に入団を希望していた阪神に対しては闘争心があるためか、非常に好成績を残しております。

9.2005年、短い「真のエース」

 2000年からは、優勝の投手陣から、野村が故障、引退、斎藤隆が故障とストッパー転向(2001年、森監督)、川村の不調、低迷があって、1番手の先発ローテーション投手として頑張らざるを得ない状況となりました。2000年は11勝6敗、2001年も11勝6敗と、まずまずの成績ではありましたが、チームで1番であっても、「真のエース」と言えるかどうか?、疑問符が付く投球でありました。2002年からの3年間は、2002年と2004年の開幕投手を務めながら、故障もあって、4勝、5勝、6勝と奮いませんでした。
 そんな彼が、短い間でしたが、「真のエース」と思える時がありました。2005年(27歳時)7月13日から後半戦の投球であります。この年、7月13日以前の14試合では3勝7敗であり、前年(6勝)とほぼ同等な内容でありました。ところが、7月13日からシーズン終了までの14試合では9勝2勝、14試合中13試合で3失点以下、12試合で8イニング以上を投げて5完投、防御率に至っては1.89という驚異的な数字を記録しました。8月には自身2度目の月間MVPを受賞し、9月20日広島戦では完封で4年ぶりの二桁勝利を達成、そして10月12日広島戦でも2失点完投勝利をあげてチームを4年ぶりのAクラスに導きました。結局、三浦は最優秀防御率(2.52)、最多奪三振(177)で球団史上2人目となる投手二冠王に輝き、球団としては86年の 遠藤 一彦 投手 以来19年ぶりとなる200投球回も達成しました。

10.2006年からの「1年おき投手」の4年間とFA残留

 2005年の後半に「真のエース」と思われる投球をした彼ですが、2006年には8勝12敗 防御率 3.45と平凡な成績でした。2007年は少し挽回して、11勝13敗 3.05、2008年はまたも二桁勝利に届かず、7勝10敗 3.56、2009年は11勝11敗 3.32と、俗に言う「1年おき投手」の4年間を過ごしました。この間の2008年オフ、FA権を行使すると、阪神がトラキラーの三浦獲得に動き横浜を上回る契約条件を提示しましたが、三浦は「強いチームを倒したい」と残留を決意しました。

11.引退の危機から復活

 2010年(32歳時)、開幕直前の巨人とのオープン戦で4回、8本塁打を含む14被安打で14失点という大炎上で二軍スタートとなりました。4月9日の広島戦で復帰登板、6回無失点で勝利投手になると、阪神戦、ヤクルト戦と好投を続けましたが、4月30日のヤクルト戦では初回に5失点を喫するなど徐々に打ち込まれる試合が目立つようになりました。5月21日の日本ハム戦では8回を自責0に抑えてダルビッシュに投げ勝つなど意地を見せましたが、続くロッテ戦で移籍した吉見に投げ負けると、そこからシーズン終了まで白星を掴めず、終わってみれば3勝8敗、防御率7.23という大不振のシーズンでした。

 2011年(33歳時)も5月4日の広島戦で初回に梵の先頭打者本塁打から4連打を集中されて3点を失うと2回表の打席で代打を送られ、アクシデント以外では15年ぶりとなる初回KOとなってしまいました。翌日に登録抹消となった三浦は、大きなショックを受けて一時は引退も考えたとされますが、妻の「三浦大輔がこのまま終わっていいの?そんな姿は見たくない」という言葉で三浦はもう一度がんばろうと決意したとのことです。

 妻の「三浦大輔がこのまま終わっていいの?そんな姿は見たくない」との発言

 2軍での三浦は、長距離走中心だった調整を見直して、ショートダッシュで徹底的に下半身をいじめ抜きました。これによって130キロ台中盤まで落ち込んでいた球速が140キロ台中盤まで回復し、7月9日に一軍昇格、翌日の中日戦で先発すると初回に大島、岩崎、森野から3者連続三振、4回裏に小池のタイムリーで先制を許したが、6イニングで9つの空振り三振を奪うなど「三浦復活」を印象付けました。7回表には三浦の代打稲田が勝ち越打を放って三浦に415日ぶりの白星が記録されました。
 8月7日の中日戦では白星は付かなかったが7回を4安打、1四球で無失点に抑えて勝利に貢献、続く14日の中日戦では7回一死までノーヒットノーランという素晴らしいピッチング、その後も21日の阪神戦で7回を自責1、28日の中日戦で6.2回自責1、9月4日の阪神戦で7回自責0(降雨コールドで完封)と5試合連続で自責1以下を記録しました。打線の援護に恵まれず白星は伸びませんでしたが、この年、5勝6敗、防御率2.91という好成績を残し復活しました。

12.2012年、横浜DeNAベイスターズになってから昨年まで

 2012年(38歳時)、親会社がTBSからDeNAとなり、開幕3戦目の4月1日、対阪神戦(京セラドーム大阪)で三浦は勝利投手となり、横浜DeNAベイスターズとしての球団初勝利となりました。7月4日の対巨人戦では2005年8月23日以来となる2507日ぶりの巨人戦勝利を上げ、同時に通算150勝を達成しました。以後も好調を続けて前半戦だけで8勝をあげ、3年ぶりのオールスターに出場しました。最終的にはチームトップの9勝をあげリーグ最多の6完投を記録しました。

 2013年(39歳時)、6月12日のが対ロッテ戦(QVCマリン)で3対0で完封勝利し、小山 正明 投手の39歳1カ月での球団最年長完封記録を39歳3カ月で更新するなど、チームトップの9勝をあげました。

 2014年(40歳時)、投手兼任コーチに就任、開幕から4連敗を喫しますが、7月13日のヤクルト戦で5回1失点で勝利投手となり、米田哲也に並ぶ歴代3位タイとなる22年連続勝利を達成、その後5連勝を挙げてチームの後半戦の巻き返しに貢献しました。8月は1完投を含む3勝0敗、セ・リーグ唯一の防御率1点代(1.20)の活躍で月間MVPに選ばれました。最終的に5勝6敗でしたが、投球回数はチーム5位と健闘しました。


◇ 2015年(41歳時)5月5日の勝利

 5月5日の試合結果は、産経新聞、スポーツ報知およびデイリースポーツの記事をご紹介いたします。その前に、三浦の4回表の投球を動画にいたしました。球威は落ちましたが、コントロールはさすがです。

[広告] VPS


 *****

産経新聞三浦の記事

 今季最多の2万8960人で埋まったこどもの日の横浜スタジアム。主役は今季初登板の41歳、DeNAの三浦だ。

 「1カ月遅れの開幕。何年やっても緊張するけど、この緊張の中でやるために準備してきた」

 二回に先制されたが、四回に逆転。六回に勝ち越されて、三浦はマウンドを降りたが、その裏に再逆転。試合前のロッカーで「三浦さんに勝ち星をつけよう」と気勢を上げた野手陣がバックアップしブルペン陣も最後は1点差で振り切った。

 歴代7位となる実働24年、23年連続勝利は工藤(西武など)、山本昌(中日)のプロ野球記録に並び右腕では最長。「振り返れば長いけど、一年一年の積み重ねですから」と語った。

 くしくもこの日は麻由子夫人の誕生日。ウイニングボールは「家族にプレゼントします」と照れくさそうに笑った。(芳賀宏)

5:5三浦投球 写真


三浦の記事 コピー

◆DeNA5―4ヤクルト(5日・横浜)

 DeNAが、先発・三浦大輔投手(41)の23年連続勝利のプロ野球タイ記録で4連勝を飾り、単独首位に浮上した。女房役の高城がプロ初アーチを放ち、打線もベテランの好投に報いるために奮起。中畑監督も大興奮で、チームの貯金も今季最多の5となった。

 初夏を思わせる日差しを浴びて、ハマの番長がまばゆいばかりの輝きを放った。今季初登板の三浦は、6回7安打3失点(自責2)で今季初勝利。プロ2年目の93年から23年連続の勝利は、プロ野球タイ記録だ。チームも単独首位に浮上。「やっと開幕できました。みんなに勝たせてもらって感謝してます。ご来場ありがとうございます!」。お立ち台から声を張り上げると、今季最多の2万8960人が押しかけたハマスタのボルテージは、最高潮に達した。

 待ちに待ったマウンドだった。24年目の今季は、開幕ローテ争いに敗れて5年ぶりの開幕2軍スタートに。イースタンでは3戦3敗、防御率4・76と結果は出なかったが、ゴールデンウィークの9連戦中ということもあり、巡ってきた先発のチャンス。「同じ気持ちでマウンドに上がってるつもりだけど、やっぱり雰囲気が違う。こういう緊張感の中で投げたかった」。アドレナリン全開で、別人のような投球を披露した。

 山本昌と工藤という、球界のレジェンドに肩を並べた。「1年1年やってきたことの積み重ねなんでね。今は2015年をどう戦うかしか頭にない」というが、胸にある野望を秘めている。「おふたりが作ってくれた新しい道を太くできれば、という思いはある。野球は年齢じゃない、というところは見せたいね」。まだまだ老け込むつもりはない。

 この日は麻由子夫人の誕生日で「こどもの日」。スタンドには高校3年の長女も観戦に訪れていた。「勝ててよかった。女房と子どもに、いいプレゼントになりました」。ウィニングボールを手に、番長は上機嫌で球場を後にした。(片岡 泰彦)

 中日・山本昌投手「素晴らしい記録、おめでとうございます。僕より8つ年下だし、まだこの先、何年も勝ち投手として(記録を伸ばせるように)頑張ってほしい。個人的にも親しいし、200勝まで突っ走ってほしいですね」

5:5ヒーローインタビューに臨む三浦


デイリースポーツ記事

「DeNA5-4ヤクルト」(5日、横浜)

 千両役者には大歓声が包むハマスタのマウンドはよく似合う。DeNAの「ハマの番長」三浦の今季初登板。24年目の“開幕”に、心地よい緊張感が全身を伝った。

 「これを求めていたし、この緊張感の中で投げたかった」。思いは初回の投球から表れる。先頭の山田、続く上田を空振り三振に仕留める滑り出し。中畑監督が「こちらにも伝わるものがあった」と舌を巻く気迫だった。

 同点の六回に味方失策で勝ち越しを許すが、その後の2死一、二塁をしのぐと、打線が右腕の粘りに応える。その裏に女房役・高城の勝ち越し右翼線二塁打など計3得点で逆転。三浦にプロ野球タイ記録となる23年連続勝利をプレゼントした。

 逆境を力に変えてきた。昨季は開幕直後から長い2軍生活を経験。ようやくの初勝利は7月に入ってから。「それも修業。苦しみの先に勝った喜びがある。去年を経験したから前向きにできている」。開幕を2軍で迎えたベテランは、目の奥に強い光を宿していた。

 チームは4連勝で首位に浮上。貯金5と5月以降の単独首位は、ともに8年ぶり。だが三浦が目指す頂は、まだ先だ。「今日は良かったけど、これで終わりじゃないので」。麻由子夫人の誕生日に手にしたウイニングボールを家族の元に届け、次なる戦いへと歩みを進める。

5:5高城と三浦 写真

 *****



◇ 今シーズンの横浜ベイスターズと今後の展望

 さて、長くなりましたが、横浜DeNAベイスターズについては必ずどこかでご説明して参りたいぞ存じますが、今シーズンのベイスターズはまさに「絶好調」です。

DeNAベイ20勝1番乗り記事

 いちいち記事を拾うまでもなく、両リーグ20勝1番乗りは球団史上初の出来事ですし、4月の月間MVPに選ばれた梶谷や本塁打と打点でトップを走る筒香らを中心とした打線に、久保、山口、三嶋、そして今日、巨人戦に予告先発の井納が元気で、不調の高崎、故障のモスコーソは2軍落ちしていますが、そこに三浦が入って来ますと、まだまだ奮闘できる状況であります。

 三浦のプロ入り前から、主戦投手になるまで、セ・リーグ優勝と日本一、そしてその後の浮き沈みをご紹介しました。必ず確実に引退の日は来ますが、ここまで頑張った彼に、最後のチャンスが巡りつつあります。それは、1998年以来、17年ぶり、優勝争いの中で活躍すること、そして前回、2回1/3で降板せざるを得なかった日本シリーズでの登板、勝ち星を上げることであります。それだけはなんとしても、実現させてやりたい、大洋〜横浜ファンの共通した感覚だと思います。

過去3年で42%増! 横浜DeNAベイスターズのファンが増えている理由

 私事、実を言いますと私は千葉市に生まれ育った小学校時代からのプロ野球 大洋〜横浜のファンであります。私が大洋のファンになったのは横浜スタジアムに移転する前の川崎球場の頃で、故 秋山 登 監督の元、現 野球解説者の「カミソリシュート」平松 政次 氏がエースピッチャーで、松原 誠 氏や、ジョン・シピンという外国人がクリーンアップを打っておりました。その後、様々な時代を経て、1998年、実に38年ぶりのセリーグ優勝、日本一となり、2002年には親会社がマルハからTBSへ移行し、2011年オフには現在のディー・エヌ・エーへとバトンタッチされました。
 10年くらい前にはYahoo 横浜ベイスターズの掲示板で、随分と激論をしていた時代がありましたが、このブログではあえて横浜球団については触れずにおりました。特に理由はなく、あえて言えば、最近の横浜はあまりにも弱いため、話題性に乏しいと言うのが本当のところです。98年の権藤監督での優勝、「横浜フィーバー」からは程遠い球団の体たらくが続いている次第です。

 ところが、最近、少し変わって来ました。中畑監督の元、少しずつではありますが、選手が力をつけてきて、また補強においても大胆かつ力強い方針が打ち出されているように思えます。そんな感触を得ているところに、本拠地である横浜スタジアムの観客動員が増えているとの記事が目につきました。ちょっと、嬉しさもあって、全文でご紹介いたします。

 *****

「過去3年で42%増! 横浜DeNAベイスターズのファンが増えている理由」

 プロ野球のペナントレースが終了した。3年前に誕生した「横浜DeNAベイスターズ」の成績は6位、5位、5位と低迷しているが、観客動員数は増え続けているという。その理由について、同社の池田純社長に聞いた。


 2014年、プロ野球のペナントレースが終了した。セ・リーグは巨人(日本シリーズ出場は阪神)、パ・リーグはソフトバンクの優勝で幕を閉じたが、ちょっと気になる数字がある。それは、セ・リーグ5位だった横浜DeNAベイスターズ(以下、横浜DeNA)の観客動員数が増えていることだ。

 観客動員数はチームの成績に影響されることが多いが、横浜DeNAの過去3年の成績をみると、6位、5位、5位――。“最下位争い”をするほど低迷しているのに、観客動員数が右肩上がりで伸びているのだ。

 主催試合の観客動員数は昨対比110%の156万4528人、1試合平均で2万1730人。今年は雨天中止や雨予報の中での開催が多かったのにもかかわらず、昨年に引き続き、観客動員数を伸ばした。2012年に新生「横浜DeNA」としてスタートしてから、実に42%も増加。また12球団の総動員数ランキングでも、2012年は最下位だったが、今年は8位に躍進している。

横浜 年間総動員数の推移
横浜DeNAベイスターズの観客動員数が増えている

 チームの成績はパッとしないのに、なぜファンはスタジアムに足を運ぶようになったのか。“横浜DeNAを応援したくなる”ような仕掛けが施されているのだろうか。理由を探るために、同社の池田純社長に話をうかがった。聞き手は、Business Media 誠編集部の土肥義則。


◇ 観客動員数が伸びた要因

土肥: 今季のチーム成績は5位でしたが、年間の観客動員が増えましたね。横浜DeNAが球団を運営されてから3年連続で伸びているのですが、その要因はどこにあると分析していますか?

池田: 理由は2つある思っています。1つはチームが成長していること。今季のチーム成績は5位に終わりましたが、勝率をみると上がっているんですよ。2012年の勝率は.351、2013年は.448、そして2014年は.472。

 もう1つはマーケティング戦略の効果が出ていること。さまざまなイベントを行うことで、年間1~2回来場されるライト層が増えてきました。チームの成長+事業――この2つのの両輪がしっかりとかみ合ってきた結果、観客動員数が伸びているのではないでしょうか。

横浜DeNAベイスターズ 池田 純 社長
横浜DeNAベイスターズ 池田 純 社長

土肥: マーケティング活動にチカラを入れているようですが、具体的にどんなことをされたのでしょうか?

池田: 特に目新しいことはしていません。2011年に事業を譲り受けたとき、どういったお客さんがスタジアムに来ているのか分かりませんでした。そうしたデータがなかったんですよ。なので、まずどういったお客さんが来ているのか調査しました。その結果、男性の30代が最も多く、次いで40代、20代でした。また、居住地も調べたところ、横浜スタジアムの近くに住んでいる人が多いことが分かってきました。

 お客さんが何を求めているのか、何に満足しているのか。そうした声を集めて、イベントをしたり、施設をつくったり。ただ、それで満足してはいけません。再び、お客さんが何を求めているのか、何に満足しているのか。そうした声を集めて、イベントをしたり、施設をつくったり。いわゆる“PDCAサイクル(計画→実行→評価→改善を繰り返すことによって、業務を改善すること)”を行っているだけですね。


◇ アクティブサラリーマン戦略を実行

土肥: スタジアムに足を運んでいるのは、20~40代の男性が多いようですが、そうした層にどのようなことをされたのでしょうか?

池田: 2013年の調査分析を基に、マーケティング戦略を立てました。これは「アクティブサラリーマン戦略」と呼んでいて、20代後半~40代前半の社交性の高い男性(アクティブサラリーマン層)をメインターゲットに据えて、新規ファンの獲得を図りました。

 どんな強いチームでも3回に1回ほどは負けます。野球だけを見に来るのではなくて、スタジアムの雰囲気を好きになってもらえるように、イベントの数を増やしました。中でも「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」(8月8日、9日、10日に開催する予定だったが、天候の関係で一度しか行えなかった。10月2日の本拠地最終戦で「エレクトリカル・ファイヤーショー THE FINAL」を実施)は好評でした。試合後に花火を打ち上げるのですが、そのときに音楽も流して。セレモニーのような形ではなくて、ショーの雰囲気を打ち出したことが支持されたようで、チケットがすぐに完売しました。

 なぜアクティブサラリーマン層に注目したかというと、彼らは周囲への影響力がスゴいんです。家族、同僚、女性などに「スタジアムに一緒に行かない?」と誘って連れてきてくれるので、観客動員数が増えたのではないかと分析しています。

人気が高い「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」01

人気が高い「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」02
人気が高い「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」

池田: 増えましたね。2014年8月に行った調査によると、伸び率が最も高かったのは男性30代(3.2%増)ですが、女性30代(1.4%増)も伸びていることが分かりました。また、観戦頻度をみると、男女ともに、年1~2回のライト層が昨年よりも増えていました。

 「初めてスタジアムに来た」「野球のルールはよく分からない」「どのようにして楽しめばいいのか分からない」といった女性も多いので、そうした層を対象にしたイベントも増やしました。例えば、スタジアムの外にカフェを設けて、そこでカフェラテやスイーツなどを楽しんでもらう。「また行きたい」と感じていただいた女性が、今度は友だちの女性を連れてくる。その結果、この3年間で女性客は2割ほど増えました。

横浜スタジアムに来場したのは男女
横浜スタジアムに来場したのは男性30代(3.2%増)が最も増えたが、女性30代(1.4%増)も増えている


◇ 競合相手はスタジアムの外

土肥: 先ほど「2011年に事業を譲り受けたとき、どういったお客さんがスタジアムに来ているのか分かりませんでした。そうしたデータがなかったんですよ」と話されました。想像の範囲ですが、親会社の「DeNA」といえば、データを重視する会社ですよね。なので、球団を運営される立場になられて驚いたのではないでしょうか? 「客のデータがないなんて……」といった感じで。

池田: 昔は、試合がテレビで放送されて、その収入でなんとかやってこれた部分がありました。しかし、今は違う。横浜DeNAの場合、テレビ放映権料の収入になかなか期待できないので、“お客さんにスタジアムまで足を運んでもらう”ビジネスに変わりました。感覚でビジネスをやっていくのには限界があるので、マーケティングが必要になってきたのではないでしょうか。

 例えば、横浜DeNAでは女性客が増えていますが、そのことを分析しなければいけません。なぜルールも知らない女性がスタジアムに来てくれるのか。実際に来てみて、彼女たちは何が楽しかったのか。何に不満を感じたのか。といったデータがものすごく大切だと思っています。

土肥: 例えば、スタジアムのトイレって「汚い」といったイメージがあります。こうした不満の声も多かったのでは?

池田: 女性にとってトイレはものすごく重要です。横浜スタジアムではトイレの数を増やして、既存のモノはすべてリフォームしました。

土肥: 飲食もイマイチですよね。ビールに焼き鳥……といった感じで、オジサンが楽しめそうなメニューは充実しているのですが、女性が好きそうなモノは少ない。

池田: そこも大きな課題です。スタジアムに来られるお客さんを見ていると、コンビニでお弁当を買って入場される人が多いんですよ。

土肥: あー、私もそのひとりですね。

池田: 本拠地の横浜スタジアムは、私たちが運営していないのですぐに変えることはできないのですが、いろいろな提案をさせていただいています。ビールに焼き鳥……といったメニューでは、ちょっと残念ですよね。「今日はスタジムでおいしいモノを食べようよ」といった人が増えてくると、まだまだ観客数を伸ばすことができると思うんですよ。

 大リーグのスタジアムをみると、本当にこれ必要なの? と思うくらい、食べるところが多いんです。米国と日本ではスペースに違いがあるので、すぐに米国の方式を取り入れることはできません。ただ、限られたスペースの中で、できることはやっていかなければいけません。

 球団を運営してみて、分かったことがあります。それは「競合相手は、スタジアムの外にある」ことです。

競合相手はスタジアムの外
「競合相手は、スタジアムの外にある」という


◇ 「飲食」「接客」に関する満足度

土肥: なるほど。横浜市に住んでいる人は、食経験が豊富だと思います。東京や横浜にはおいしい店がたくさんあるので、スタジアムで売っている焼き鳥には満足できませんよ。あっ、先ほどから「焼き鳥」のことばかり言っていますが、横浜スタジアムの焼き鳥が「おいしくない」という意味ではありません。あくまで、例えのひとつなので。(汗)

池田: あと「接客」の数値も、以前は低かったんですよ。でも、研修などを行って、スタッフには接客方法を学んでもらいました。例えば、自分の席がどこか分からないお客さんに対して、ただ誘導するだけではいけません。困っているお客さんがいたら、「何かお困りですか?」「どちらに行かれたいのですか?」などと自然に接しなければいけません。いわゆる“おもてなし”によって、お客さんには心地良さを感じてもらう。こうした試みを続けていると、「接客」の満足度はもっと上昇するのではないでしょうか。

 また、来年からは「拡声器」を止めることも検討しています。現在は、拡声器を使って「入口は右にありますので、そのまま進んでください」「出口は左にありますので、そちらに行かないでください」「そちらに並ばないでください」といった感じで誘導しているのですが、これって“おもてなし”ではないですよね。

土肥: 考えてみたら、押しつけ感がありますね。

池田: どうやったら押しつけではないコミュニケーションができるのか。これまでにない誘導方法を考えていかなければいけません。


◇ スタジアムを「開放」したい

土肥: 少しイジワルな質問をさせてください。スタジアムに足を運ぶ客は横浜市民が多いようですが、「チーム=横浜」というイメージが弱いのではないでしょうか。うまく言えないのですが、阪神や広島などと比べて地域の人たちとの密着度が低いような気がするんですよ。

池田: ご指摘いただいたように、アンケート調査でもそのような結果が出ています。「横浜」と聞いて何を想像しますか? と聞いても「横浜スタジアム」を挙げる人が少ない。話は少し変わりますが、もしドイさんが外国人観光客に横浜を案内するとき、どこを紹介しますか?

土肥: うーん、山下公園やベイブリッジかな。

池田: ドイさんのような人が多いんですよ。でも、球団を経営する立場の人間として、それではいけないと思っています。例えば、米国のボストンは違うんですよ。ボストンの観光ガイドブックをみると、大リーグ・レッドソックの本拠地「フェンウェイ・パーク」が紹介されています。なんだそれだけのこと? と思われるかもしれませんが、この違いは大きいんですよ。横浜にはプロ野球の球団があって、スタジアムがあって、野球を楽しむことができる――といった感じで文化的な存在に変わっていかないと、“プロ野球が好き”という人しか来てくれません。

 やっぱりそれではいけないと思うんですよ。存在価値が伝わっていなければ、その価値をこちらから伝えていかなければいけません。

土肥: どのように伝えていかれるのでしょうか?

池田: 「街づくり」をしっかりやっていく必要があるのではないでしょうか。横浜公園の中にスタジアムがあるのですが、横浜公園をもっと魅力的な公園にできないかなあと思っています。交通量調査をしても、試合がない日は人が少ない。そうではなくて、普段の日でもたくさんの人を集めることができないか。その方法のひとつとして、スタジアムを開放できないかと。近くで働くサラリーマンが昼休みに「ちょっと横浜スタジアムに行って、キャッチボールをしない?」といった会話がでてくると、街が変わっていくと思うんですよ。

土肥: それはいいですね。それにしても、なぜ「開放しよう」と思われたのですか?

池田: その昔、ライブ会場の中に録音機を持ち込んではいけなかったですよね。でも、今は違う。もちろん禁止のケースもありますが、録音可のライブが増えてきました。こうした動きをみていると、今の時代は「外に見せる」「開けていく」ことが重要なキーワードになっていると思うんですよ。

 試合がない日、横浜スタジアムは閉じていますが、なんとか開けることができないか。現在関係者と調整中ですが、開けることによって公園の雰囲気がよくなるかもしれない。そうすると、イベントが増え、人が集まるかもしれない。

土肥: 試合がないからといって、使わないというのはもったいないですよね。

池田: もったいないですよ。


◇ 「チーム」と「事業」をうまく回す

土肥: 池田社長はこれまでマーケティング関連の仕事が長かったので、その経験を球団経営に生かしているなあという印象を受けました。球団を運営する立場になられたのは初めてということですが、この3年間を振り返ると、どういった感想をお持ちですか?

池田: やればやるほどこのビジネスは、「チーム」と「事業」の両方がうまく回っていないといけないなあと感じています。「チームが弱くても、観客が増えればそれでいいじゃないですか」という人がいらっしゃいますが、それは違うと思っています。もちろん、「チームが強くて、観客が少ない」のもダメだと思っています。

 横浜DeNAの場合でいうと、観客動員数が増えているのに、チームがこれまでのように低迷していてはいけません。観客が増えているからそれでいい……というのは、このビジネスの本筋から目をそむけていることになりますから。

土肥: チームを強くすることが大きな課題ですね。

池田: はい。これまで球団を運営してきて「勝つ」ことの難しさが分かってきました。ただ、今季は後半成績がよかったんですよ。ようやくチームの歯車がかみあってきたので、できるだけ早い段階で「優勝」したいですね。

女性ファンに人気のショコラガーデン
女性ファンに人気の「ショコラガーデン」


http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1410/22/news013_2.html