アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のヘミシンク体験とスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

自殺の名所 東尋坊、実は暴れん坊の僧侶が突き落とされた場所


 福井県の北端、若狭湾に面した断崖絶壁、「東尋坊(とうじんぼう)」をご紹介いたします。東尋坊は、福井県坂井市三国町安島に位置し、越前加賀海岸国定公園に属しており、昭和10年(1935年)に国の天然記念物、名勝(文化財として芸術上または観賞上価値が高い土地)に指定されました。また、平成19年(2007年)には日本の地質百選に選定されております。

とうじんぼうくん

東尋坊01

福井県東尋坊

若狭湾に面した東尋坊

東尋坊拡大写真


◇ 東尋坊の地形、成り立ち

 東尋坊の断崖は、今から約1200〜1300万年前の新生代新第三紀中新世に起こった火山活動で、マグマが堆積岩層(たいせきがんそう)[米ケ脇層(こめがわきそう)]中に貫入し、これが冷えて固まってできた複輝石安山岩(ふくきせきあんざんがん)の柱状節理(ちゅうじょうせつり)が、今から約50万年前頃に隆起して来たところ、日本海の波浪による侵食を受けて形成されました。この火山岩は、白色の斜長石(しゃちょうせき)の斑晶(はんしょう)や暗緑色の普通輝石(ふつうきせき)、紫蘇輝石(しそきせき)の斑晶を含む安山岩で、マグマが冷えて固まる時にできた五〜六角形の柱状節理(柱状の割れ目)がよく発達しています。断崖の高さは25 m、周囲150 mに及び、これほど大きな規模を持つ柱状節理の安山岩は日本では東尋坊岳、世界でも朝鮮半島の金剛山、スカンジナビア半島ノルウェーの西海岸と三箇所だけであり、地質上極めて貴重とされます。


◇「東尋坊」の由来

 この地が「東尋坊」と名付けられたのには、複数の由来がありますが、東尋坊の北に位置する雄島の大湊神社で記録されているものが最も一般的であります。

平泉寺白山神社
平泉寺白神神社

 福井県勝山市に、717年 泰澄によって開かれ、中世以降は比叡山延暦寺の勢力下となった平泉寺白山神社(へいせんじはくさんじんじゃ)があり、12世紀には数千人僧侶がおり、僧兵をも有して隆盛を極めておりました。その中に「東尋坊」という、怪力を頼りに民に対して極悪非道の振る舞いをしていた僧がおりました。東尋坊は暴れ出すと手がつけられず、まさにやりたい放題、好き勝手に悪行を重ねていたので、当然のように平泉寺の同僚の僧侶は困り果てていたとされます。また彼は「あや姫」という美しい姫君に心を奪われたそうで、恋敵である真柄覚念(まがらかくねん)という僧と激しくいがみ合っていました。

東尋坊看板

 1182年(寿永元年)4月5日、晴れ、平泉寺の僧たちは皆で相談して東尋坊を海辺見物に誘い出し、高い岩壁から海を見下ろしながらの酒盛りに及びました。東尋坊が酔っ払って寝入ったところで、一同に加わっていた真柄覚念が彼を絶壁の上から海へ突き落としました。東尋坊が波間に沈むやいなや、天候が悪化して、岸壁は豪雨と雷に包まれ、その後49日間にわたり、東尋坊の無念により、海は大荒れとなり、それからこの地が東尋坊といわれるようになったとのことです。


◇ 東尋坊 PHOTOギャラリー

東尋坊マップ

1.石碑および記念碑

東尋坊石碑

東尋坊入り口

2.大池

大池01

大池02

大池の谷底

3.海上から観た大池の絶壁

海上から見た大池

海上から見た絶壁01

海上から見た0絶壁2

4.ライオン岩

ライオン岩

5.ロウソク岩

ロウソク岩

6.雄島・大湊神社

大湊神社の鳥居

雄島 板状・柱状

雄島 板状・柱状02

雄島の灯台


◇ 東尋坊に「ポケストップ」!?

 東尋坊について執筆していたら、偶然にも東尋坊に「ポケストップ」が多数あって賑わっているとの記事が目に入ってきました。ブログの趣旨とは異なりますが、これも世相と言えるかと思い記録しておきます。

9:9 東尋坊ニュース

 *****

 スマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」の配信から1カ月半。福井県坂井市の東尋坊にはアイテムを入手できる「ポケストップ」が多数あり、今も昼夜問わず多くの利用者が訪れる。商店街の店主からはごみや無断駐車などの苦情が聞かれる一方、「若者が集まることで東尋坊が明るいイメージに変われば」などと歓迎する声もある。

東尋坊のポケストップ

 7日午後4時半すぎ。商店が次々とシャッターを下ろす中、スマホを手に散策する個人や若いカップルが目立つ。次第に人が増え、同9時ごろには四つのポケストップが集中する広場に50人ほどが集まり、暗闇でゲームに興じていた。

 訪れた利用者によると、インターネットなどで東尋坊に珍しいポケモンが出るとのうわさが広まったという。週3回ほど来る坂井市の男性(49)は「週末は100人ぐらいいることもある」と話す。愛知県から来た40代の男性会社員は「初めてのポケモンがいっぱい」と楽しんでいた。

 利用者の増加に伴い、店の外に置いたベンチが動かされたり、店舗駐車場に無断駐車されたりといった話が店主から聞かれるようになった。たばこの吸い殻や空き缶などのごみが増えたと困惑する店主もいる。

 一方、喫茶店「ダウンビート」を営む石森久雄さん(41)は、これまで午後6時に閉店していたが、客が多い日は閉店を約1時間繰り下げている。「コーヒーやソフトクリームがよく出ています」と効果を実感する。

 東尋坊で自殺防止活動に取り組む茂幸雄さん(72)は「8月の保護(自殺志願)者はゼロ。あちこちに人がいるため防止に影響しているのでは」という。坂井西署によると、アプリが配信された7月22日から9月7日まで周辺で身元不明死体は発見されていない。東尋坊観光協会の下影博副会長(47)は「これを機に、東尋坊が明るくてポジティブなイメージに変われば」と歓迎している。

 *****

スポンサーサイト

沖縄 久高島ツアー 追記:斎場御嶽 他


 安座真船待合所に戻った一行は、そのまま斎場御嶽を目指しました。ちょうど下の写真で、仰向けで寝て口を開けたようにも見える、山と山の間の谷間に見えるところに斎場御嶽があるとのことでした。

せいファ御嶽のあるところ


◇ 斎場御嶽;さすが世界文化遺産ともなると大きく異なる聖地

 日曜日の午後ですので、斎場御嶽は観光客で混雑しておりました。さすが世界文化遺産ともなると、観光地としてお金がかけられ、舗装された駐車場に入場券売場があって、その奥には「せーふぁキッチン」などと、レストランもありました。

せいファ御嶽入場券販売所

斎場御嶽入場券販売

 以下、斎場御嶽内にある看板の説明文をご紹介して参り、その周辺の写真を供覧いたします。

1.御門口(うじょうぐち)

 斎場御嶽の入り口で、神社で言えば拝殿にあたるところです。琉球最高の御嶽ゆえに。ここから入場できるのは王府関係者に限られていました。右側には、御嶽内にある6つの拝所を示す香炉が置かれ一般の人々はここで御嶽の中に向かって拝みました。

御門口にある石像

斎場御嶽内の道

2.大庫理(うふぐーい)

 首里城正殿の二階は大庫理(うふぐーい)と呼ばれ、祭祀的な機能を持つ格式の高い場所です。聞得大君のお新下り儀式での「お名付け(霊威づけ)儀礼が、首里城と同じ名前を持つこの場所で執り行われたのは、その名にふさわしいことと言えましょう。前面にある磚(せん)敷きの広間では、神女たちが聞得大君を祝福し琉球王国の繁栄を祈りました。

大庫理拝所001

3.寄満(ゆいんち)

 寄満(ゆいんち)とは首里城内にある建物の名前で、国王のために食事を作る厨房を指します。当時、ここには国内外からの海幸、山幸が集まりました。それが、「豊穣の寄り満つる所」と理解されていったのでしょう。同じ名前を持つ斎場御嶽のこの場所には、第二次世界大戦前まで、その年の吉兆を占う馬の形をした石(うまぐゎーいし)が置かれていました。

ゆいんち拝所

4.斎場御嶽の艦砲穴

 1945年の沖縄戦において、「鉄の暴風」と形容されるほどの砲弾が撃ち込まれ、終戦直後は沖縄本島内至るところに艦砲穴と言われる砲弾でできた穴が残っていたが、大半の艦砲穴は埋められるなどして残っていません。そのため、沖縄戦の様子を伝える戦争遺跡として保存されております。

斎場御嶽の艦砲穴写真

5.三角岩とその奥にある三庫理

 自然岩や洞窟に囲まれたこの場所には、いくつもの拝所が集まっています。正面に見える三角形の空間の突き当たりが三庫理(さんぐーい)、右側がチョウノハナの拝所で、いずれも首里城内にある場所と同じ名変えを持っています。また、左側からは太平洋と久高島が遠望できます。

三角岩

三角岩から入る

三庫理説明

三庫理


◇ 峠の茶屋にて

 斎場御嶽の観光が済んだところで峠の茶屋に寄りました。ツアーのリーダーがどうしても食べたいものがあるとのこと、それはマンゴーのアイスでありました。私はマンゴーのジュースをいただきましたが、5日分くらいの糖分を一気に摂取した心地になる、極めて甘い飲み物でありました。

マンゴーアイス

マンゴージュース

 さとうきびを棒のまま挿入して砂糖水を抽出する機械がありました。特注品で1台20万円とのことでした。さとうきびジュースはすっきりとした味わいですがフルーツの香りがなく、ただの砂糖水と言えなくもない液体でした。

さとうきびジューサー

さとうきびジュース


◇ ホテルにチェックイン、国際通りへ行くもすぐに逆戻り

国際通り

 有名な国際通りへ土産物を買いに出ましたが、買う物は決まっていたので速やかにホテルへ逆戻り、、、。前日の朝、羽田空港にて没収されて以来、約32時間ぶりにビールにありつけました。「サッポロ黒ラベル」から「オリオン生ビール」に変わりましたが、、、。

ホテルで飲んだビール


◇「首里天楼」にて琉球御膳

沖縄宮廷料理

沖縄舞踊あり


◇ 帰路

 浴びるほど飲んだ翌朝の朝食など入るはずもなく、チケットは手元に残りました。

朝食券チケット

 空港までのモノレール(ユイレール)は、モバイルSuicaが使えずチケット販売なのに驚いて、しかもバーコードを読ませるだけで乗り降りしたのに、もう一度軽く驚きました。

那覇空港行きチケット


 二泊三日、たいへん有意義な旅でありました。ツアーの企画をいただいた「姉妹」様に深く感謝申し上げます。

神の島、世界の中心、人類発祥の地?と、その歴史を伝承するある女性、沖縄 久高島ツアー記 – その4


 いよいよ沖縄 久高島の滞在時間が終わりに近づいてまいりました。


◇ 昼食はもずくの天ぷら定食

 特別なコメントはございません。

2日目昼食 もずく天ぷら定食


◇「7つの海」への祈り

久高港の高台から

 昼食後、久高港を見下ろす高台に井戸がありました。その脇に立って真栄田さんのお話が始まりました。

井戸
井戸

久高港
久高港

 この港では、毎年、7匹(種類?)の魚が用意されて天下安寧の祈願がなされたとの事です。言い伝えではこの「7」と言う数字は「7つの海」を意味しており、つまり「7つの海」の安泰を祈願したものであったとの事です。当時と今とで「7つの海」の範囲や意味に違いはあると思いますが、、、。

【現代の「7つの海」】
 ・北大西洋
 ・南大西洋
 ・北太平洋
 ・南太平洋
 ・インド洋
 ・北極海(北氷洋)
 ・南極海(南氷洋)

 沖縄および久高島は北太平洋上の島であり、交流があったとしてもせいぜい南太平洋やインド洋くらいまでだと考えられます。なぜ世界に「7つの海」があると知りえたのでしょう?、と真栄田さんは真顔で仰います。それは世界を知っている人物が久高に知識を授け、穀物をもたらし、人類の文明を発祥させたからです。もしかしたらその人物は宇宙人であったかも知れませんと、真栄田さんはさらなる真顔で仰いました。

ツーショット


◇ お別れ

 久高港より高速艇に乗り込んで島を後にする一行を、真栄田さんは港から腕を振ってお見送りして下さいました。不思議な現象と不思議な話に終始した久高島でしたが、「怪しい」とか「胡散臭い」と言った感覚は全くなく、すべてが自然に受け入れられる、そんな感覚を得ました。

港でさよなら

高速艇で島を後にする


◇ 真栄田さんの教えのまとめ

 時系列の日記形式で書いて参りましたので、話があちこちに飛んでしまいましたが、ここでは真栄田さんの、人類創世や神、ご先祖さまについての教えを簡単にまとめておこうと思います。

1.人類創世の地、世界の中心としての久高島

 真栄田さんは、アマミキヨとシネリキヨのご降臨を霊視にてはっきり見たと言われておりました。その昔、何千年もの前に、海の彼方にあるニライカナイより降り立ったのは女性であるアマミキヨと男性のシネリキヨであったとのことです。この男女二人が人類の最初の人間であり、この出来事が世界中に伝えられ、聖書に記されたアダムとイブであったり、日本神話では天照大神(あまてらすおおみかみ)と大国主命(おおくにぬしのみこと)となった、とのことです。

2.五穀の種子が与えられ農耕が発祥

 ニライカナイから五穀の種子が流れ着き、アマミキヨにより農耕が始められ、これが周囲に伝搬して行ったとのことです。

3.久高島より全世界の平和を祈願

 人類創世の地、神々の発祥の地である久高島の人々、神々は、この久高から全世界(五大陸七海)に向けて祈りを捧げているとのことでありました。

4.我々は先祖より守られる存在

 既に死んだご先祖さまは、たとえそれが1000年、2000年の時を隔てていようとも、常に生きている者の生活に影響を与えており、子孫のことを守っているのである、とのことでした。過去の人間に守られて今がある我々は、ご先祖さまへの供養を怠ってはならず、また、未来に向けて子孫を守る中継点の存在であることを自覚すべきである、とされました。


◇ 他の古代文明との共通点(!?)

 真栄田さん教えの中で、重要な位置を占めるのが、人類の創世に加えて、文化や文明が発祥し、周囲へ伝搬したとの考え方だと思います。これには心当たりがあって、古代エジプト、南米アンデス、そしてメキシコのマヤ文明には、それぞれ以下に示す、農耕や建築、天文学の知識をもたらす人物がいたとのことです。

 古代エジプト:オシリス(Osiris)
 南米アンデス:ビラコチャ(Viracocha)
 マヤ:ククルカン(Kukulcan)= ケツァルコアトル(Quetzalcoatl)

 
オシリス(左)、ビラコチャ(右)
オシリス(左)とビラコチャ

Quetzalcoatl.jpg
ケツァルコアトル

 これらの文明で言い伝えられている人物は、共通して、「背の高いあご髭をたくわえた白人の伝承者」とされ、真栄田さんの言われるところの、女性であるアマミキヨとは少し違う風貌だとは思いますが、特定の人物が、文化や文明が発祥し、周囲へ伝搬した、と言う考え方には共通点を見出します。古代文明発祥に迫るヒントが隠されているかも知れません。


神の島、世界の中心、人類発祥の地?と、その歴史を伝承するある女性、沖縄 久高島ツアー記 – その3


 久高島ツアー、2日目は05:30起床、海岸で来光観受の予定となっておりましたが、あいにくの雨でありました。真栄田さんは涼しい表情で宿泊交流館の玄関にお越しいただき、「雨ですけど、雲さんと風さんにお願いしてみましょうね!」と、何やら自信ありげです。


◇ 祈りで雲/風を動かす!?

 本日も真栄田さん運転の助手席、と言う特等席に乗り込んで、早速、「神の力で雨をやますことできませんかね?」などと聞いてみますと、真栄田さん、、、

 「神の力と言うよりも、自然にお願いするのです。
  太陽にお願いするのではなくて、
  日の光を遮る雲さんとそれを動かす風さんにですね」

 「農作物を作る人には雨は必要です。
  ですから、ずっと晴れれば良いと言うものではありません。
  皆さんが島に滞在するこの2時間のお願いをしてみましょう」

 車が海岸に着きましたが、風が強く、雨は横なぐりで、傘を地面に水平、風上に向けるあり様です。海は大時化(おおしけ)と言う状態ですが、ただ、風が強いと言うことは天気が変わりやすいとも考えられました。さあ、いよいよ雨合羽を被った真栄田さんの祈りが始まりました。

荒れる海

 「雲さ〜ん、風さ〜ん、2時間だけお天気、お願いよ〜!」

03060朝の真栄田さん01

 「雲さ〜ん、風さ〜ん」

03060朝の真栄田さん02

 「雲さ〜ん、風さ〜ん、2時間だけお天気、お願いよ〜!」

03060朝の真栄田さん03

 「雲さ〜ん、風さ〜ん」

03060朝の真栄田さん04

 「雲さ〜ん、風さ〜ん、、、雲さ〜ん、風さ〜ん」

03060朝の真栄田さん05

 この日が晴れであればこうした祈りをすることはなかったのですので、まさに雨のおかげと言えますが、真栄田さんが大自然に働きかける、今回のツアーのクライマックスのような感覚で見ておりました。すると、どんよりとした東の雲に動きが見られ、、、

日が差し込む01

少しずつですが雲が薄くなり、明るさが増してきて、、、

日が差し込む02

ついには雲の間からかすかな光が射して参りました。そして驚くことに、あれほど強く降っていた雨が完全に止みました。

日が差し込む03


◇ 第6チャクラへの太陽光の取り込み

 東の空からの朝日が我々を照らし始めて、一行が呆然と立ち尽くしているところへ、相変わらず涼しい表情の真栄田さんが、何事もなかったように語りかけてきました。

 「皆さん、太陽の光を第6のチャクラに受けて、
  エネルギーをもらいましょう!」

 そう言って、自らの手のひらで三角を作って額の前にかざし、太陽光を額の眉間(みけん)の部分に受ける仕草をしました。その後、一人一人に「こうするんですよ!」と言う感じで、同じ仕草をさせます。私を含む一同は東の空に向かって陽の光を眉間に受けました。

6第チャクラへの太陽光の0取り込み1

6第チャクラに太陽光を受ける

 「チャクラ(chakra)」と言う言葉が真栄田さんの口から出たのには実に驚きました。真栄田さんの教えは、日本の神話の沖縄バージョンのように感じておりましたので、インドのヒンドゥー教の教えに基づく身体論を取り入れていようとは!?、と言ったところです。以前、スピリチュアル一般として取り上げましたので、ここで「第6チャクラ」についておさらいをしておきます。

2014/04/21「チャクラ chakra、ヘミシンクにもパワーストーンにも応用されるその概念」

【第6チャクラ(chakra)】

 チャクラとは、サンスクリット語で「車輪、円」を意味し、インド起源の神秘的身体論における、物質的な身体と非物質的な身体に共通する複数の中枢とされます。ヒンドゥー教のヨーガにおいて、人体の頭部、胸部、腹部で、輪または回転する車輪のように光って感じられる6〜7箇所(一般的には7箇所)の部位をさします。
 さて、真栄田さんが太陽光を取り込むように仰った第6チャクラは、眉間、額と頭の後ろに位置し、先端部は頭の中心にあり、アージュナー/ブラウ チャクラと呼びます。インド人はこの部位にビンディをつけます。2枚の花弁の白い蓮華の形に描かれ、「アージュニャー」は「教令、教勅」を意味し、「意」(マナス)と関係があります。

第6チャクラ図

 第6チャクラは、判断を超えた気づきの意識に目覚め、二元性を超えた本質への扉を開くクリアな視点を司っています。人間が観ている世界は、あるかないか、正しいか間違っているか、良いか悪いかなど、今まで得た情報によって判断される二元性の世界です。第3の目に位置する第6チャクラは、判断をし続けながら表面的に世界を捉えているわたしたちに全く新しい視点をもたらしてくれます。それは判断を超えた視点、全てを統合した視点、そして本質からの視点で、 わたしたちを肉眼で捉えている世界よりもっと深みに気づかせ、新しい次元へと導いてくれるのです。

6第チャクラで目覚める図

 第6チャクラが開いてくると、判断を超えた気づきの意識が目覚めてきます。それにより、思考により偏っていた男性的な見方をしている右目を司る左脳と 女性的な見方をしている左目を司る右脳がバランスし、その機能が発揮されるようになります。気づきの意識の目覚めは、今までの価値観を壊し、全く新しい視点、新しい世界をもたらします。新しい時代を迎えています。このチャクラが開くことにより、本当に自分の望む人生への扉は開かれようとしています。

 第6チャクラの機能:
  二元性を超えた視点/知性と直感の統合、バランス/クリアな視点、洞察
  /思考を超えた気づき/本質への目覚め/霊性の目覚め


 太陽光を第6チャクラに受けると言う真栄田さんのご指導は、あんまりご説明が聞こえなかったのですが、「目覚め」とか「気付き」を促す行為であることは明白でありました。


◇ 朝食はバイキング形式

 充分な御来光を第6チャクラに受けた一行は宿泊交流館に戻り朝食となりました。特にコメントはございません。

久高バイキング朝食


◇ 伊敷浜では古代沖縄の男女についてのご説明

 宿泊交流館を引き払った我々は久高島ほぼ中央の東海岸、伊敷浜へと向かいました。ここは、アマミキヨご降臨の後、ニライカナイより五穀の種子が入った壺が流れ着いた場所とされます。もうすっかり雨は上がっております。真栄田さんはたいへんご機嫌なのが伝わって参りました。

伊敷浜入り口

伊敷浜の真栄田さん

 ここでは、まずちょっとした拝所に立ち寄って、島で生まれた男の子が祀られたところとご紹介されました。なぜ男の子なのか?と言うと、生物学的に男(オス)の方が弱いからとのことでありました。

伊敷浜の拝所

 久高島の男性は、島の女性と結婚して子供を作っても、本土(本州)の方に旅立って行き、そこでも複数の女性と関係を持つとのことでした。これはいわゆる「一夫多妻制」とは意味が違って、島では家族をしっかり守るけれども、本土に渡った際には「アマミキヨ」のDNAを広める意味があったと、そのような説明でありました(?)。

伊敷浜01

伊敷浜02

伊敷浜03

 それにしても、こちらの海岸は、一般的な沖縄のイメージとは異なる、清楚な雰囲気が漂うものでありました。またも真栄田さんは海に呼びかけて、今度は小魚を招待しておりました。

伊敷浜で魚を呼ぶ真栄田さん

伊敷浜の真栄田さん「ほらきたわよ」

伊敷浜の小魚


◇ 恐るべきクボー御嶽の呪い

 久高島最大の聖地、クボー御嶽に参りました。この御嶽の役割にかんする真栄田さんのご説明は、多くのネットに紹介されたものとあまり変わりはありませんでした。

クボー御嶽で説明する真栄田さん

クボー御嶽地図01

クボー御嶽地図02

 ただ、「何人(なんびと)たりとも、出入りを禁じます」とした但し書に反する行為を行った場合について真栄田さんからの厳しいご発言がありました。

クボー御嶽注意書き

 中に足を踏み入れた多数の人が精神病院に今なお収監されているとのことです。ある早稲田大学の学生たち、我先にとクボー御嶽に内部に入って出てきた女子大生は、出てきた瞬間から神の怒りに触れ、突然、精神に異常を来たして、衣服を全て脱ぎ、自らの排泄物を口にしたとのことでした。スマホの画面で拡大、内部を覗き見て撮影する己の手が震える感覚でありました。

クボー御嶽外観

クボー御嶽内部

神の島、世界の中心、人類発祥の地?と、その歴史を伝承するある女性、沖縄 久高島ツアー記 – その2


 久高島ツアー記の続きです。まだ2泊3日の初日、夕方であります。

◇ ある拝所にて

 ガベール岬を後にした一行は、真栄田さんの先導である拝所へと案内されました。

 ある拝所にて

1.記帳の文字を見て個人の問題を指摘

 6畳くらいの狭い部屋に入り、全員が記帳をしたところで、真栄田さんはその文字を見て、一人一人に話しかけて来ました。「◯◯さんと読むんですね?」と言って、顔をジッと見つめた後、目を閉じて霊視を行うようにして、私には「腸の具合が悪くて気にされているようですね?」と言われました。そう言われればそうかも知れませんが、最近、アンチエイジングの記事を書きながら、食物繊維や焼き海苔を食べる習慣を取り入れている、そうした腸への意識を読まれたのかも知れません。同じように、「肥満体質を治さないと成人病に罹りますよ!」と言われた男性は少し前に脳梗塞を患ったとのことでしたし、何かと自信なさ気で、オドオドした態度の男性には「1日1回、どこかで大きな声をあげるようにしたら良いですよ」とアドバイスされてました。

2.先祖に守られていることへの自覚について

 一人一人へのアドバイスに続いて、真栄田さんから、ご先祖様についての考え方のお話がありました。これは、先日、久高島について予習した際にご紹介した「祖霊信仰」、すなわち既に死んだ祖先が生きている者の生活に影響を与え得ると言う信仰に基づくものでありました。
 それは、「『ご先祖様』と言うと、何代前くらいまで思い浮かびますか?」との問いかけから始まりました。「せいぜい、おじいさん、おばあさんの親の代くらいまででしょう?」と続きます。確かに自分のご先祖様がどこにルーツがあるのかを正確に言える人は極めて少ないでしょう。真栄田さんの口から「1000年、2000年前のご先祖様」と言う言葉が発せられ、これは身近にはない、もっともっと壮大な意味が込められていることが伝わって参りました。

 「1000年、2000年前のご先祖様」と言う発想

 確かに、親から子供へ、そして孫へと言う命の連続性が絶たれない限り、血の繋がった「1000年、2000年前のご先祖様」は必ず確実に存在したはずであります。真栄田さんが言うには、すべてのご先祖様が個々の人間を守っているのであり、そうした過去の人間に守られて今があり、そして未来に向けて今度は自分の子孫を守って行く、そうした先祖と子孫を繋ぐ「中継点」に人はいるとのことでした。

 すべてのご先祖様が個々の人間を守っている
 過去の人間に守られて今があり
 未来に向けて今度は自分の子孫を守って行く
 人は誰でも先祖と子孫を繋ぐ中継点にある


 お彼岸では我々が先祖の元に出向いて供養し、お盆では先祖が我々の元に来てくれる、と一般的には言われておりますが、真栄田さんによると、2、3代前くらいの近いご先祖様はお墓にいるけれど、もっと前のご先祖様はもう自然界に溶け込まれた神であり、積極的にお呼びしなければならず、それが供養であり、ご先祖様(神様)に差し上げるお供えが必要である、とのことでした。
 
 さらに言えば、海の彼方にあるニライカナイよりガベール岬に降り立った、女性のアマミキヨと男性のシネリキヨが最初の人類であり、その二人こそが我々の2000年前のご先祖様かも知れないと、、、。


◇ 海ぶどう(クビレズタ)

 夕食は、島に2つしかない食事処の1つ「とくじん」で「海ぶどう丼定食」をいただきました。海の香りがほんのりとして、プチプチとした歯ごたえ、食感がなかなか美味でありました。ここでは、お土産で買って帰りました「海ぶどう(クビレズタ)」について勉強しました。

食事処とくじん
食事処「とくじん」

海ぶどう丼定食
海ぶどう丼定食

海ぶどう丼
海ぶどう丼

海ぶどう土産
お土産 海ぶどう(1箱600円、3箱で1000円)

海ぶどう中身
お土産 海ぶどうの中身

調理の仕方図
お召し上がり方
 1)食べる分だけ取り出して水気を切ります。 
   ※食べきれない分は袋に水気を残しておいて下さい。
 2)水に浸して味見をしながらお好みの塩加減に整えて下さい。
 3)サッとすすぐと歯ごたえが戻ります。
 4)お好みで酢醤油、ポン酢、ドレッシング等でお召し上がり下さい。
   ※調味料を直接かけると食感が失われしぼみます。
   ※つけてお召し上がり下さい。

海ぶどう土産内容
お土産 海ぶどう 但し書き

1.海ぶどう(クビレズタ)の概要

 海ぶどう(クビレズタ、学名:Caulerpa lentillifera)は、イワズタ科イワズタ属に属する海藻で、沖縄県や鹿児島県では、「海ぶどう」や「グリーンキャビア」と呼ばれ、食用にしています。日本では南西諸島に、海外では東南アジアやオセアニア等の浅海域に分布し、主に、潮間帯の下部から漸深帯の砂地に生育しています。長さ2-5m程度まで成長し、匍匐茎(ランナー)を伸ばし、匍匐茎の途中から直立する茎が生えます。この直立する茎が食用になる部位で、球状の小枝(葉のような形状)が密生しており、「海ぶどう」の由来にもなっています。また、和名のクビレズタ(くびれた蔦)は、直立する茎と小枝の間がくびれていることから名がついたとされます。

海ぶどう写真

2.食用として

 沖縄県では、昔から食べられており、生で醤油や三杯酢等をタレのように浸けながら食べますし、刺身の付け合わせにもされます。ご飯の上にのせて三杯酢をかけた「海ぶどう丼」や、味付けせずに沖縄そばの上に乗せて「海ぶどうそば」として食べることもあります。調味液に長く浸すと、プチプチとした食感をもたらす粒状の部分がしぼんでしまうので、食べる直前にタレをつけて食べるのが推奨されます。また低温に弱く、冷蔵庫で保存すると萎んでしまいます。

3.海ぶどうレシピ

 いくつかネットで拾った海ぶどうレシピをご紹介します。

海ぶどうサラダ
海ぶどうサラダ

海ぶどうとアボガドわさび醤油
海ぶどうとアボガドの海苔巻き(わさび醤油で食べます)

山芋と海ぶどうあえ
山芋の海ぶどうあえ

4.にぎり寿司を使った海ぶどう料理の試作

 磯の香りが強い海ぶどうですので、寿司メシや魚介類に合うのは当然のことですが、パックのにぎり寿司を買ってきて、以前も紹介した焼き海苔で巻く手法で海ぶどうをいただきました。素晴らしい味わいでした!

海ぶどう タコ
タコ:寿司メシ少々とわさびを加えています

海ぶどう エビ
エビ

海ぶどう エンガワ
エンガワ

海ぶどう マグロ
マグロ

海ぶどう だけ
寿司ネタなしで海ぶどうだけでも十分に美味しゅうございました


◇ 久高島宿泊交流館にて夜の勉強会

 夕食後、宿泊施設である久高島宿泊交流館に戻ったところで、真栄田さんによる夜の勉強会が開催されました。

1.禁酒・禁煙について

 やはり、久高島の夜は、酒と喫煙は禁止でありました。これはこの島自体がそうだと言うのではなく、実際、交流館内には「オリオンビール 冷えてます」と張り紙がしてありました。単純に真栄田さんが酒、タバコが嫌いだからのようにも思えますが、真栄田さんに言わすと「島が汚れるからダメ」だそうです。タバコはともかく、酒については、ちょっと納得がいかない気もしますが、ま、神々がおわす久高島ではありますが、バッカス(Bacchus:ローマ神話のワイン神)はいらっしゃらないご様子でした。

2.真栄田さんが島に戻った転機

 真栄田さん自身の話をうかがいました。ここでは、別に記載されている文章と併せてのご紹介となります。すでに中村文昭氏の文庫本にもなっている内容です。
 真栄田さんは、久高島で神に仕えるのに反発して15歳の時に島を出て、普通に結婚してお子さんにも恵まれました。どんな商売をやっても繁盛して、一時期は4店舗ほど同時にやりくりしていたとのことです。昔から不思議なことが当たり前で生きてきて、特別な努力とか勉強とかせずとも、直感だけで上手く行ったのではとされます。

 島を出て普通の家庭で商売繁盛

 ところが、約20年前頃になると、島に帰って来るようにと、盛んにシグナルを受けるようになったとのことです。そのシグナルは、屋根から落ちるような不測の事態や、体調不良と言うかたちで真栄田さんに降りかかり、ご自身が言われるには、「全く鎮痛剤が効かない体質」にて、ずいぶんと痛い思いをされたとのことです。

 「島に帰れ!」とのシグナルに苦しめられ

 50代くらいの頃でしょうか?、体調不良は、主として胃潰瘍と子宮筋腫だったようですが、病院に行っても一向に良くならず、最後の方は死神に憑りつかれたかのような形相をしていたそうです。そんなある日、とにかく栄養をとろうとある食堂に這うように出て行ったとき、先にいた一人の女性客が真栄田さんを見て言ったそうです。

 「あなた、大変なもの背負ってるわね。それ、あなたの病気じゃないから。
  逃げちゃダメ、決めなさい!」

 すべてを見透かされたような口調で、真栄田さん自身もその意味するところは解っていました。「島に帰れ!」、と言うこと、もう逃げられない、心の中で「はい!」と言って、食堂を出て家の玄関に着いた瞬間、まるで出産するかのようにボトッと子宮筋腫が落ちて、そこで出血もピタリと止まり病気を克服したそうです。それが今から19年前のこと、、、。

 こうして、久高島ツアー、長〜い1日目が、禁酒のままで終わりました。

神の島、世界の中心、人類発祥の地?と、その歴史を伝承するある女性、沖縄 久高島ツアー記 – その1


 さて私事、このブログを始めて今月の21日で丸3年となります。総記事数はちょうど300件との事で、3、4日に1件ずつ年に約100件ずつを積み上げて参った計算になります。実は「出来事」の記事など、更新して新しく掲載し、古いものは削除した記事がありますので、「300件目」と言う区切れに大きな意味はないのが本当のところです。あくまでも通過点ではありますが、せっかくの記念の「300件目」でありますので、それに相応しい内容で(?)、スピリチュアル・ツアー体験記を、写真を多数掲載してご紹介したいと存じます。先日、2月29日に予習を掲載した沖縄、久高島でありますが、時系列で説明して参りたいと存じます。


◇ ANA 995便 東京/羽田 発 沖縄/那覇 行;没収された缶ビール

 最寄り駅6:33発のJRで羽田に向かい、沖縄/那覇 空港行きは、全日空ANA 995便、9:10 東京/羽田 発、12:00 沖縄/那覇 着の便でありました。

 国の内外を問わず、幾多、無数の学会に出席して来た私にとって、それが仕事の出張であろうとも、必ず確実に行って来た、空港あるいは機内にて、缶ビールを「シュポっ!」て開けるのは至幸の瞬間であります。それが平日で、通常の勤務時間帯であればあるほど、その爽快感はこの上ないものであります。

 この日のフライトにおいては、羽田空港の「空弁(そらべん)」で柿の葉寿司の良いのが手に入りましたので、中途半端に搭乗口周辺で飲むのではなく、機内にてtake offから数分後のベルト着用サインが消えた瞬間が「シュポっ!」てタイミングだと思っておりました。
 ところが、あろうことか、ビニール袋に入った缶ビールを目ざとく覗き見て、騒ぎ出した女がおりました。久高島に向かう旅の途上で誰かが酒を飲むと天候が荒れて、島に渡れなくなるとのこと、、、。女はツアーのリーダーに報告(チクり)して、さらに騒ぎを大きくしました。「極めて、人としてどうか?」と言う行為でありましたが、なんと!、ツアーのリーダーからも、「他の人も島に渡れなくなってしまいます。貴方だけの問題ではないのです。」とのことで、缶ビールは没収となりました。

  「この、くそアマっ(怒)!」

 騒ぎを起こして、勝ち誇った表情の女に対して、捨セリフを吐いた私が、旅行の期間中、彼女とは一言も口を聞かなかったのは言うまでもないことです。

機内より富士山
富士山上空を飛ぶ機内では「お茶」で(涙)お寿司を食べました

 それにしても、久高島に渡るのに何人たりとて飲酒は許されないとは!?、驚きでした。過去において、酒を飲んだ人間がいたために天候が崩れて船が出なかったケースがあったとのことですが、それは、たまたま天候不良で島に行けなかったので、怒りの矛先を酒を飲んだ人間に向けただけのように思われました。そもそも、自然科学に身を奉ずる「私メ」にとっては、「御ビール様」を飲んだくらいで天候が崩れるなんて科学的な根拠は全く見出せないことでありましたが、こうして、沖縄 久高島への異様なツアーは始まりました。

没収されたビール
沖縄からの帰路に常温で返され帰宅した缶ビールたち


◇ 那覇空港にて;沖縄そばとソーキそば

 12:00定刻に那覇空港着、現地はどんよりと曇った雨天でありましたが、さすがに東京よりはずいぶんと暖かでありました。

那覇空港写真

 空港のレストランで沖縄そばを食べました。実は今回が初めての沖縄でしたが、ソーキそばは知り合いからのお土産で食べた経験はありました。しかしながら、沖縄そばとソーキそばの違いを知らないままでありました。

沖縄そば写真
空港で食べた「沖縄そば」には豚バラ肉をトッピング(撮影)

ソーキそば写真
「ソーキそば」にはソーキ(豚のあばら骨の部分)をトッピング(ネットより)

テビチそば写真
「テビチそば」にはテビチ(豚足)をトッピング(ネットより)

 写真で見ての通り、「沖縄そば」、「ソーキそば」、「テビチそば」の違いはトッピングされているものによる違いであり、ダシや味付け、麺は共通でありました。味は、日本そば、うどんよりもラーメンに近いと思いますが、分類の仕方は「醤油」、「塩」、「味噌」のラーメンと異なり、「天ぷら」、「キツネ」、「たぬき」などの日本そば、うどんと同じ発想でありました。


◇ 久高島への唯一の玄関口、安座真船待合所

 那覇空港より専用車で移動したところは、沖縄本島南部の南城市の東の端、安座真船待合所と言うところでありました。

南城市地図
南城市地図

安座真港地図
安座真船待合所地図

1.久高島の案内

 安座真船待合所に、立て看板があって、久高島の案内が記載されておりました。以下の通りです。

 *****

 久高島は、知念半島の東方約5.5kmの太平洋上に位置する島です。面積は1.39km2、周囲は7.75km、最高標高が7.1m程の細長くて平坦な島です。琉球王国時代には、男性はその航海技術を活かし、海外貿易の船頭として活躍しました。
 東海岸には島の開びゃく神話の舞台であるイシキ浜があり、北のカベールとともに貴重な海浜植物群落がよく残っています。久高島は、琉球の祖神であるアマミキヨのや、五穀発祥伝説があり、伝統的な祭祀(さいし)を今に受け継いでいることから「神の島」と呼ばれています。

安座真港にある久高島の案内

 *****


2.久高島土産物;久高島イラブー

 安座真船待合所には久高島独自の土産物売り場がありまして、うちわや扇子、タオル、Tシャツ他、装飾品はいささかつまらないものばかりでありましたが、魚介類の瓶詰めには目を引きました。

様々な魚介類の瓶詰め
イカの塩辛、すくがらす、すみイカ、たこの塩辛、ワタガラス

 その中でも取り分け、沖縄、久高島を感じさせられたのが「久高島イラブー」であります。さすがに買いはしませんでしたが、久高島イラブーの捕獲から作り方、イラブー汁のレシピが記載されていましたのでご紹介いたします。

久高島イラブー

 *****

【久高島イラブー】

 ぬちぐすい(「命の薬」の意)、琉球王国の最高級食材として国王に献上するために作られ続けてきた久高島イラブー。島では今でも神聖な生き物とされ、素手で大切につかまえます。そして、決められた人によって、一週間ほどかけて自然の材料のみを使い神聖な小屋でくん製にされます。
 家族や大切な人の元気の為に、季節の変わり目や疲れたときに。命を頂く感謝を胸に、コトコト煮込んだ美味しいスープを召し上がれ。

【イラブー汁の作り方】

 材料:5人前イラブー250g、ソーキ(骨付き豚肉)かテビチ(豚足)、鶏肉 400g、
    昆布適量、塩、醤油

1)沸かしたお湯でイラブーが柔らかくなるまでもどす(約30分ほど)
2)1)からイラブーを取り出し、小麦粉をお湯でペースト状に溶かし、タワシや歯ブラシでススを綺麗に落とす。次にイラブーについた小麦粉を水でかるく洗い流し、酢を入れたお湯につけたふきんでさらにススを拭き取ります(とにかくススを落とす)。
3)沸騰した鍋にイラブーを入れ5分ほど煮立たせる。一度このお湯は捨てます。(残ったススを落とすため)
4)新しいお湯で、イラブーを1時間ほど煮ます。(中火で)
5)イラブーを取り出し適当な大きさに切り4)のお湯に戻します。
6)中火でくつくつ煮ます。今度は中から酸化した油が出てくるので、アクを取りながら弱火で4〜5H煮ます。(ここで圧力鍋があればイラブーを骨まで柔らかくしてもいいです)
7)別の鍋で肉をゆで柔らかくなったら水洗いしてアクを落とします。肉を6)に加えさらに2時間煮込みます。
8)結んだ昆布を加え、さらに1時間。人数分に見合うスープの量になるように水を加えて下さい。
9)塩としょう油などでお好みに味をつけて完成。

(NPO法人久高島振興会 078-835-8919)

 *****


イラブー汁
夕食でご馳走になったイラブー汁

 イラブー汁に入っているイラブーそのものについて、この後に出て参ります、真栄田さんは「鰊(ニシン)に似た食感よ」、と仰ってました。確かに歯ごたえは鰊の甘露煮に近いかも知れません。ただ、鰊と言う魚はすごく脂が多く、また臭みが強いものであります。イラブー汁のイラブーはそれほどの臭みも癖もありませんでしが、おそらくはこのイラブーも蛇でありますから、アンモニア臭など、癖の強い食べ物なんだろうと思われ、鰊同様に前処置が必要な食べ物なんだろうと思いました。それにしても、東北、北海道の食べ物である鰊を、なぜに真栄田さんは知っていたのか不思議でもあります。


◇ 久高港到着、久高島宿泊交流館へ

1.高速艇「ニューくだか」で久高島へ

 久高島へは高速艇「ニューくだか」で渡ります。15:30発の高速艇は、「私メ」が「御ビール様」を飲むのを我慢したおかげで(??)、無事、定刻通りの出発となりました。あっと言う間の出来事で、10分もすると船は減速し、テトラポットに守られた久高港に近付いて参り、15:45、定刻の到着となりました。

高速艇にゅーくだか
高速艇「ニューくだか」

久高島に接近
久高島テトラポット

くだか港
久高港

久高島略図 のコピー
久高島簡易MAP

2.久高島民俗資料室

 久高港から車で数分、この日の宿泊場所である久高島宿泊交流館内には久高島民俗資料室がありました。久高島の祭祀の様子を収めた写真が、それほど広くはない部屋の壁に掛けられており、いかにも島の伝統的文化を肌で感じるものでありました。

久高島民俗資料室

 一つだけやや詳しくご紹介しますと、久高島における大漁祈願祭を「ヒーサチマティー」と言い、旧暦の1月か2月の吉日(ミンニー)を選んで実施されます。祝女(ノロ)とウメーギ(ノロの補佐役?)はヤグル川で身を清めた後、クボー御嶽に行き神衣装に着替えて、カベール岬に向かいます。岬ではハブイの束を振り上げて岩に叩きつける仕草を繰り返しながら神歌(ティルル)を歌うとされます。

大漁祈願祭
ヒーサチマティーの儀式


◇ ガベール岬へ

1.島の歴史を伝承するある女性

 先ほどの港にもいらしていましたが、改めて私どもに島を案内してくれる女性が久高島宿泊交流館にいらっしゃいました。その名を、

 真栄田 苗 さん

 と言います(以下「真栄田さん」)。

真栄田さん登場

 この方が、どういう方なのか?、生い立ちや詳しい略歴を存じ上げませんので、詳しい島での立場には触れませんけれど、仰ることに耳を傾けますと、久高島には、ある1地域の神話や言い伝えに留まらない、もっと壮大な、人類の起源にも迫る神秘が隠されているようにも思えて参ります。幾つか記憶に残っている範囲内でご紹介して参ります。なお真栄田さんについては、以下の本の中でも紹介されております。

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!  本
中村 文昭 氏著「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ! 2(出逢い編)」

2.久高島ガベールの植物群落

 もう80近くにもなろうかと言う女性の真栄田さんが運転する車に乗り込んで、我々はガベール岬へと向かいました。砂利道ながら、道路の形態をした道を北上して行くと、そこには多数の木々が生い茂っておりました。そのあたりのご紹介を加えます。

ガベール岬への道

ガベール岬への道2

 久高島の北東端に位置する地域一帯をガベールと呼び、ここにはアダンやオキナワシャリンバイなどが優占する風衛植物群落が発達しています。亜高木層、低木層、草木層の三つの階層が認められ、学術上極めて貴重で、自然を記念するものとして、沖縄県の天然記念物に指定されております。

ピロウ(ヤシ科)
ピロウ(やし科、方言名:フバ)
常緑高木で高さは10m程度です。幹はほぼ直立し、色は灰褐色を呈しています。花序は春に横出し、果実が熟すると下垂します。葉は扇や笠、ひしゃくなどに利用されます。

くるつぐ(ヤシ科)
クロツグ(やし科、方言名:マニ)
常緑の低木で高さは4m前後です。幹は直立し、黒色の粗い繊維で密に覆われています。長さ2-3mの葉が多数束生します。果実は径2cmほどで橙赤色に熟します。

アダン たこのき科
アダン(たこのき科、方言名:アダン)
高さは3-5mくらいです。幹は太い枝をまばらに分枝し、多数の太い支柱根を垂れます。葉は線状披針形で硬い革質、緑には鋭い棘があり、果実は球状楕円形です。防風、防砂、食用、薬用に利用されます。

トウツルモドキ
トウツルモドキ(とうつるもどき科、方言名:ハブイ)
大型の常緑ツル性低木です。茎は緑色で、長さは10数mにもなります。葉の先端は巻きひげとなり他の物に巻きついていきます。

アカテツ
アカテツ(あかてつ科、方言名:チーギ)
常緑の高木です。幹は上方で多数分枝し、高さは10m内外になります。葉は互生して小枝の先端付近に密集し、初夏の頃に白い小花を数個つけます。

もんぱの木
モンバノキ(むらさき科、方言名:マシューキ)
海岸の砂地や岩上によく見られる亜高木で、高さは2-5mくらいが普通です。枝や葉には長毛が密生し、夏には白い小さな花が密集して咲きます。水中眼鏡枠の材料や薬用に利用されます。

ヤエヤマアオキ
ヤエヤマアオキ(あかね科、方言名:ブッカカー)
海岸近くの林に生える低木です。幹は直立し高さは1-3m程度です。葉は楕円形で革質、表面につやがあります。集合花は熟すると卵円形になります。樹皮や根は染料になります。

3.真栄田さんの自然との一体感、調和

 ガベール岬への道中、不思議なことに、盛んにツバメのような鳥が低く飛んで来ては車の前を横切ります。その都度、真栄田さんは「ありがとうね〜」を口にして、いかにも自然との一体感、調和が感じられます。岬に着いて、車から降りますと、今度は蝶が我々の目の前でダンスを踊ります。実に不思議な光景ですが、真栄田さんは「ありがとうね〜」と平静でありました。

海ガメを呼ぶ真栄田さん

海ガメを呼ぶ真栄田さん2

 真栄田さんは、岬から海に向かって「カメさん、カメさん、出てきておくれ!」と声をかけました。すると、全部で8-10匹くらいでしょうか?、小さな海ガメが水面にひょこひょこと顔を出します。岸壁から覗き込む形で、被写体が小さくて、なかなか写真には収められませんでしたが、確かにあれは海ガメでありました。

海ガメがそこかしこで首を出す水面

 そういう時間帯にそういう場所に来たので海ガメと遭遇したと思えば思えなくもないのですが、真栄田さんが、大自然の鳥や蝶、カメたちに語りかけているのは確かでありました。「神は常に自然を通じて我々にメッセージを発しているんです」と真栄田さんは仰いました。また、すべての人間に遠い昔の先祖がいて、長い時間を経て、先祖たちは自然の中に存在するとも言われました。

 神は常に自然を通じて我々にメッセージを発している
 我々の先祖たちは自然の中に存在する


 真栄田さんの自然との一体感や調和、会話と言うものは、結局のところ、自然の中に存在する先祖であり、神であるものとの交信を意味するものと思われました。

4.アマミキヨとシネリキヨが降り立った「世界の中心」

 ガベールの岬は、ネットでも文献でも、遠い昔、琉球の創世神、海神(アマミキヨ)が天から降り立った地とされますが、これについて真栄田さんからのご説明がありました。真栄田さんは、アマミキヨとシネリキヨのご降臨を霊視にてはっきり見たと言われておりました。
 その昔、何千年もの前に、海の彼方にあるニライカナイより降り立ったのは女性であるアマミキヨと男性のシネリキヨであったとのことです。この男女二人が人類の最初の人間であり、別の言い方をされているのが、聖書に記されたアダムとイブであったり、日本の本土で神話として伝わる天照大神(あまてらすおおみかみ)と大国主命(おおくにぬしのみこと)である、とのことです。
 真栄田さんは、人類創世の地である久高島を「世界の中心」とも呼んでおり、神々の発祥の地であるこの久高から全世界(五大陸七海)に向けて祈りを捧げているとのことでありました。

5.ガベール岬 PHOTOS

ガベール岬
ガベール岬

ガベール岬の沖
ガベール岬の沖
海水の流れが異なる境界線があって海の色が異なって見えます

大漁祈願祭「ヒーサチマティー」あと
本年の大漁祈願祭「ヒーサチマティー」の跡


琉球王朝の聖地 久高島と、神々と交信する祝女(ノロ)


 知る人ぞ知る、とてつもないパワースポットなのか?、あるいは宇宙の真理にも及ぶスピリチュアリズムに触れることが可能なのか?、「世界の名所」のカテゴリで沖縄、久高島および本島南部の斎場御嶽を勉強して、あくまでも客観的にご紹介いたします。もちろん訪れたことはないのですが、来月、ツアーに参加する予定で、実際に現地で取材して来ます。言うなればその予習であります。


◇ 久高島・斎場御嶽(セイファウタキ)の概要

 本論に入る前に呼び方でありますが、久高島は普通に「くだかじま」で良いのですけれど、斎場御嶽は「セイファウタキ」と読みます。このように随所に沖縄の言語が出てきますので、読み方を、現代日本語はひらがなで、沖縄の言語はカタカナで示すようにいたします。キー・ワードは以下の6つで、これらの沖縄言語については全てにおいて読み仮名をつけるようにいたします。

【久高島キー・ワード】
 久高島           =「くだかじま」
 クボー御嶽         =「クボーウタキ」
 斎場御嶽          =「セイファウタキ」
 三庫理           =「サングゥイ」
 海神            =「アマミキヨ」
 海の彼方のニライカナイ
 天空のオボツカグラ
 祝女            =「ノロ」
 神人            =「カミンチュ」
 おなり神信仰
 イザイホー


1.久高島・斎場御嶽(セイファウタキ)の地理

 久高島は、沖縄本島東南端に位置する知念岬の東海上5.3kmにある、周囲8.0kmの細長い島であります。北東から南西方向にかけて細長く、最高地点でも海抜17mと平坦な島であり、土質は島尻マージと呼ばれる赤土で保水力には乏しく、河沼はなく水源は雨水と湧き水を貯めるカーと呼ばれる井泉に依存しています。海岸沿いには珊瑚礁で出来た礁湖(イノー)が広がっております。
 これに対して、斎場御嶽(セイファウタキ)は久高島を望む沖縄本島南東部の岬の山間にあり、久高島までの距離は約6kmであります。

沖縄本島地図
沖縄本島

0沖縄本島南部地図2
沖縄本島南部

久高島航空写真01
久高島の航空写真

2.歴史:琉球王国と久高島、斎場御嶽(セイファウタキ)

 久高島、斎場御嶽(セイファウタキ)が歴史に記録されるようになったのは琉球王国時代からであります。この琉球王国とは、1429年から1879年の450年間、沖縄本島を中心に存在した王国で、正式名称は琉球國(りゅうきゅうこく、ルーチュークク)であります。最盛期には奄美群島と沖縄諸島および先島諸島までを統治しました。

 【先島諸島】
  ・宮古列島
    宮古島、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島
  ・八重山列島
    石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島、西表島、鳩間島、由布島、波照間島、与那国島
  ・尖閣諸島
    魚釣島、久場島、大正島

 勢力圏は小さな離島の集合で、総人口17万に満たない小さな王国ではありましたが、隣接する大国である明、清と鎖国政策の日本との間にあって、東シナ海の地の利を生かした中継貿易で大きな役割を果たしました。1609年に日本の薩摩藩の侵攻を受けて以後は、薩摩藩による実質的な支配下に入りましたが、対外的には独立した王国として存在し、中国大陸、日本の文化の影響を受けつつ、交易で流入する南方文化の影響も受けた独自の文化を築き上げました。1871年、明治政府は廃藩置県によって琉球王国の領土を鹿児島県の管轄としましたが、1872年には琉球藩を設置、琉球国王、尚泰を琉球藩王として華族に列しました。しかし、1879年、明治政府により琉球藩の廃止および沖縄県の設置がなされ、完全に日本に帰属することとなりました。

那覇首里城
那覇 首里城

 久高島は、琉球の創世神、海神(アマミキヨ)が天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話における聖地の島であります。琉球王国時代、国王が琉球神道における最高神女である祝女(ノロ)、聞得大君(きこえのおおきみ、チフィジン)を伴って島に渡り礼拝を行っておりましたが、後には斎場御嶽(セイファウタキ)から久高島を遙拝するようになりました。この斎場御嶽(セイファウタキ)は、前出の海神(アマミキヨ)が造った御嶽の1つと考えられており、久高島からの霊力(セジ)を最も集める、沖縄最高の霊地とされ、2000年12月には世界文化遺産に指定されております。

久高島01


◇ 琉球神話における久高島と斎場御嶽(セイファウタキ)

1.琉球神話の聖地としての久高島

 上述の如く、久高島は、琉球の創世神、海神(アマミキヨ)が天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話聖地の島であります。島内には御嶽(ウタキ)、拝み所(ウガンショ)、殿(トゥン)、井(カー)などの聖地が散在しており、中でも島中央西側にあるクボー御嶽(うぶうがみ、クボーウタキ)は久高島第一の聖域であり、琉球開びゃく神話にも登場する琉球の七大御嶽の一つであり、祖先の魂が宿る所とされています。昔から霊威(セジ)高い御嶽として、琉球王府からも大切にされてきました。奥にある円形広場はイザイホーやフバクワ行事などの祭祀場となっており、普段は草木一本ですら穫る事を許されない、人々にとって最高の聖域です。以前は男子禁制でありましたが、現在は、何人たりとも、出入りを禁じられております。
 久高島の道は、北東に進んでいくと白い一本道になり、最先端のカベール岬へと繋がっています。琉球神話で、沖縄の祖神である海神が初めて白馬の姿で降臨したとも伝わる聖地であります。壬の日には神がこの岬に白馬の姿で降り立ち、そのまま島の周りを巡視して回り帰っていくと言われていて、その馬を見るのはなぜか縁起が良くないと言われています。旧暦の2月、ヒータチといわれる豊漁祈願をする時には、神女達は白装束を着て集落からクボー御嶽を通り、カベール岬につくと神歌(ティルル)を歌い、その年も豊漁であるように祈ります。と言うように、この島ではもっとも神聖な場所の一つでもあります。

久高島略図
久高島簡易MAP

うぶうがみ写真
クボー御嶽(クボーウタキ)の入り口

カベール岬 写真
カベール岬

2.久高島巡礼で国王が立ち寄る最高の聖地、斎場御嶽(セイファウタキ)

 斎場御嶽(セイファウタキ)は15-16世紀の琉球王国、尚真王時代の御嶽であり、「セイファウタキ」の「セイファ」は「最高」の意味であり、沖縄本島最高の聖地とされました。久高島に巡礼する国王が立ち寄った御嶽であり、久高島からの霊力(セジ)を最も集める場所と考えられておりました。

斎場御嶽 写真
斎場御嶽(セイファウタキ)、三庫理(サングゥイ)

御嶽から望む久高島
斎場御嶽(セイファウタキ)、三庫理(サングゥイ)から眺む久高島


◇ 祝女(ノロ)制度

 久高島には、琉球王朝に作られた神女組織「祝女(ノロ)」制度を継承し、12年に一度行われる秘祭イザイホーを頂点とした祭事を行うなど、女性を守護神とする母性原理の精神文化を伝えております。祝女(ノロ)とは琉球王国の第二尚氏王朝の第三代国王、尚真王時代に制定された神職とされます。

1.琉球王朝の霊魂や他界についての信仰

 祝女(ノロ)の説明の前に、琉球王朝の信仰について軽く触れておきます。琉球王朝の信仰は以下に要約しましたアニミズム(animism)と祖霊信仰を基本とするものでありました。

 アニミズム:生物、無機物を問わず全ての物の中に霊魂または霊が宿っているという考え方
 祖霊信仰: 既に死んだ祖先が生きている者の生活に影響を与え得ると言う信仰に基づく宗教体系

 琉球王朝の信仰では、死後の世界として他界が存在し、それは海の彼方にあるニライカナイと、天空にあるオボツカグラの2つがあると考えられていました。

 死後の世界・他界:海の彼方のニライカナイと天空のオボツカグラ

 これらの他界にティダと呼ばれる太陽神をはじめとする多数の神がおり、また生者の魂も死後にニライカナイに渡って肉親の守護神になるとされました。こうした神々は、時を定めて現世を訪れて豊穣をもたらし、人々を災難から守護すると考えられております。
 久高島は海の彼方の他界、ニライカナイにつながる聖地であり、穀物がニライカナイからもたらされたと言われています。「琉球国由来記」(1713年)によりますと、島の東海岸にある伊敷(イシキ)浜に流れ着いた壷の中に五穀の種子が入っていたと記載されており、五穀発祥の地とされます。島の伝承では流れ着いたのは壷ではなく瓢箪であり、それをアカッチュミとシマリバという名の夫婦が拾ったともされます。
 こうした言い伝えから、年始に男子1人につき伊敷浜の石を三個拾い、お守りとして家に置き、年末に浜に戻す儀式があります。また、かつて琉球時代に執り行われた「麦の穂祭り」など多くの五穀発祥にまつわる祭祀が年中行事として現在も残っております。

2.おなり神信仰

 祝女(ノロ)制度と切っても切れない関係にあるのが「おなり神信仰」であります。古来、琉球では女性の霊力が強いと考えられており、「おなり神(おなりがみ)」または「をなり神(をなりがみ)」とは、妹(をなり、おなり、うない)が兄(えけり)を霊的に守護すると考え、妹の霊力を信仰する琉球の信仰であります。また、兄(男性)の守護者としての妹(男性の血族の女性)を神格化して呼称するものであります。

3.信仰における祝女(ノロ)の位置付け

 おなり神信仰が基本にあって、霊力が強いと考えられる女性、とりわけ祝女(ノロ)は海の彼方のニライカナイや天空のオボツカグラの神々と交信することのできる存在であり、また祭祀の間はその身に神を憑依し、神そのものになる存在とされております。そのため、祝女(ノロ)は神人(カミンチュ)とも呼ばれます。

ノロ写真
昭和初期のノロ

3.イザイホー

 久高島のクボー御嶽(クボーウタキ)内で、12年に1度、午(うま)年の旧暦11月15日からの6日間に行われる、島の30歳から41歳までの既婚女性が神人(カミンチュ)=祝女(ノロ)の地位につくための儀礼をイザイホーと言います。基本的にその要件を満たす全ての女性がこの儀礼を通過することになっております。
 儀式の観念は、ニルヤカナヤ(ニライカナイと同様の他界概念の久高島での呼称)からの来訪神を迎え、新しい神人(カミンチュ)=祝女(ノロ)をその神々に認証してもらい、島から去る来訪神を送るというものであります。この儀式より神人(カミンチュ)=祝女(ノロ)となった女性は、一人前の女性として認められ、家族を加護する神的な力を得るとされます。
 ただし、このイザイホーは、後継者の不足のために1978年に行われた後、1990年、2002年、2014年は行われておりません。

1954年に行われたイザイボー
1954年に行われたイザイボー


◇ おわりに

 知るひとぞ知る、日本の最後の聖地とも言われる久高島と祝女(ノロ)の制度を軽くご紹介しました。久高島は自然に囲まれた美しい島ではありますが、ある少数民族の信仰に基づくシャーマニズムでは方付けられないスピリチュアリズムがこの地にはあるのかも知れません。

ニューヨーク 9.11 悲劇の地「グラウンド・ゼロ」


 今年の夏はニューヨークに行って来ました。先日の自由の女神の写真もその時に撮影したものです。今日はマンハッタンの南、ワールドセンター跡地、911 Memorial Museumに隣接するグラウンド・ゼロをご紹介します。Museumの解説は他に譲ります。

メモリアル博物館看板


◇ グラウンド・ゼロへの道のり

 ニュージャージー(New Jersey)のラマダプラザ・ニューアーク国際空港(Ramada Plaza Newark Liberty International Airport)に宿をとり、レンタカーでの移動、ホーボーケン(Hoboken)にある駅(Hoboken Terminal Light Rail Station)から地下鉄でワールド・トレード・センター(World Trade Center)駅までは10数分でありました。駅を出てすぐ東に見えるのは高くそびえ立つワン・ワールド・トレード・センター(One World Trade Center, 1WTC)であります。

1WTC写真

 その1WTCに隣接しているのが、かつてのワールド・トレード・センター跡地に作られたメモリアル・パーク、別名「グラウンド・ゼロ」であります。ちなみに、同パークよりブロードウェイをさらに南下したところのバッテリー公園(Battery Park)から自由の女神があるリバティ島へのフェリーが出ております。

ワールドトレードセンターとバッテリー公園


◇ 写真で見るワールド・トレード・センターの昔と今

 ワールド・トレード・センターは、2001年9月11日の「アメリカ同時多発テロ」の際に旅客機の突撃を受け、多くの被害者を出してビルそのものが崩壊しました。それから13年、2014年5月15日に911 Memorial Museumがオープンし、同年11月3日、ワン・ワールド・トレード・センターが開業しております。

1.ブルックリン橋から見たマンハッタン:事故当時と現在

911当日ブルックリン橋

現在のブルックリン橋

2.北から南方を見たマンハッタン

マンハッタンを北から見た写真2000年頃

マンハッタンを北から見た写真 今

3.エンパイア・ステート・ビルと新旧のワールド・トレード・センター

エンパイアステートビルとツインタワー

エンパイアステートビルとフリーダムタワー

4.崩壊したワールド・トレード・センターの瓦礫とそこに作られた二つのプール

2つのタワーの残骸

サウスとノースのプール


◇ メモリアル・パークとメモリアル・プール

 同時多発テロの起きたグラウンド・ゼロに再建設されたメモリアルパークは、2,983名のテロ犠牲者の冥福を祈ると同時に犠牲者のことを忘れ無い為に作られました。ワールド・トレード・センターの跡地には、まさにツイン・タワーが建っていたその場所に、2つの大きな滝のモニュメント(ノース・プールとサウス・プール)が建設されています。このプールの縁には2,983名の犠牲者の名前が1人ずつ彫られています。名前はアルファベット順ではなく、犠牲になった場所、日時などでわけられています。

メモリアルパーク 写真

911メモリアルプール

プールの淵に彫られた犠牲者氏名


◇ 雑感

 24時間休むことなく湧き出る滝の水が、地底に届くのではと思うほどに、深い底へと流れて行く景色には、多くの犠牲者の魂を鎮めるまさに「グラウンド・ゼロ」の精神を感じます。しかしながら、こうしたモニュメントを見るにつけ、実は上辺だけと感じる人、隠された真実に疑惑の目を持つ人、はっきりと怒りを覚える人が少なからずいることも忘れてはなりません。


Kingda Ka 「世界一怖い!、一生で一度は乗ってみたい」と評判の新時代 - 21世紀型コースターのご紹介


 夏休みの旅行シーズンにて、ちょっと変わった題材を「世界の名所へのご案内」のカテゴリとして取り上げます。「Kingda Ka」、米国、ニュージャージー州、ジャクソンにある「Six Flags Great Adventure & Safari」と言うテーマ・パーク内にあるローラー・コースターは、これまでのコースターの概念を覆す新時代のものと思われます。同タイプのコースターは、すでに世界に3つくらいはあるようですが、ここKingda Kaは「世界一怖い!、一生で一度は乗ってみたい」との口コミがあります。

SixFlags great Adventure Safari HP図
1 Six Flags Blvd Jackson NJ 08527
Six Flags Great Adventure & Safariのロケーション:1 Six Flags Blvd, Jackson, NJ 08527, USA


◇ これまでのローラー・コースターの概念と動力

1.概念

 ローラーコースター (Roller coaster) は、遊園地に設置されている遊具、アミューズメント・マシーン(ライド)の一種で、絶叫マシン(スリル・ライド)等と呼ばれる種類の乗り物の一つであります。日本ではジェット・コースターと呼ばれることが多いが、ジェットエンジンなどは使われていません。ローラー・コースターの乗客は、急勾配や角度の付いたカーブするレールの上を高速で駆け抜け、時には一回転して天地逆転するスリルを味わいながら一周することでこの遊具を楽しみます。

2.動力の仕組み

 基本的に、ローラー・コースターの乗客が乗る列車自体に動力は存在せず、一般的にはチェーン・リフトによってレールの最高到達点まで車両を巻き上げ、ここから下りの傾斜を走らせることで位置エネルギーを運動エネルギーに転換して速度をつける仕組みになっております。そして、ある程度下ったら再び傾斜を駆け上がらせて運動エネルギーを位置エネルギーへと転換します。この間、運動エネルギーは摩擦や空気抵抗などの要素によって減衰しているため、第二の山以降では頂上が徐々に低い位置におかれます。この動作を繰り返すことでローラーコースターは進んで行き、最後に車両に取り付けられた金属板をレールに設置されたブレーキパッドで挟んで摩擦を起こし、運動エネルギーを主に熱エネルギーとして放出して停止します。


◇ 新時代のコースター Kingda Ka

1.コースの概要

 Kingda Kaのコースは極めて単純で、仮に上空から見降ろした場合、半円と長方形 = □が合わさった形態であり、グルっと一周弱して来て終わりです。平地から行って上がって旋回して下って、帰って来る、そこにちょっとした山があって、終わり、とそんなコースであります。

Kingda_Ka 01 全行程
Kingda Kaの外観

Kingda Kaのコースシェーマ
Kingda Ka上空から見降ろした場合のコース・シェーマ

【Kingda Kaのスペック】
 開  業  2005年5月21日
 製  造  Intamin AG
 仕  様  Accelerator Coaster
 設  計  Ingenieur Buro Stengel GmbH
 全  長  950.0 m
 最高位置  139.0 m(世界第1位、地上45階相当)
 落  差  127.4 m(世界第1位)
 上昇角度  90°
 落下角度  90°
 最高速度  206.0 km/h(世界第2位)
 乗車時間  28秒

2.スタートからの急加速

 ホームで乗車して身体を固定した後に、20〜30 m移動してから停車します。スタートの放送が流れたところで動き出しますが、実はそこからの数秒がこのコースターにおいて最高の恐怖の瞬間と言えます。スタートからたったの3.5秒で最高速度の206.0 km/hにまで到達する時間は、顔面の皮膚が空気抵抗でのっぺりと拡げられて痛いような緊張を感じます。急加速に伴う反動で後頭部はヘッドレストに押し付けられ、小刻みながら強い振動が全身に伝わり、何か事故があれば確実に死に至る、「世界一怖い!」とのコメントが理解できます。

Kingda Ka 001

Kingda Ka スタート直後 02

3.勢いをつけた垂直上昇

 206.0 kg/hの速度で放たれた車両は速やかに地面との角度を上げて垂直まで行きますと、車両のスピードが徐々に低下しながら、恐怖心とは逆の、むしろ青空を見ながら昇天する爽快な感覚を得ます。

Kingda Ka 垂直上昇し始め 03

4.頂上に到達してからの水平移行

 一気に頂上付近まで登りつめたところで、右へ90°旋回して水平状態へと移行します。通常のローラー・コースターで遠心力によりしばしば感じる身体が浮く感覚よりも、ほとんどスピードが無い状態での無重力感で下降ラインへと向かいます。

Kingda Ka 頂上で反転 04

5.右旋回から下降ラインへ

 頂上から下降ラインへは右270°の旋回で移行します。一瞬ですがこの旋回には恐怖を覚えて、地面に真っ直ぐに向かう下降ラインでは、全くの垂直落下を体験しますが、これは従来のコースターでも実感できるものに近く、スタート直後の急速な加速感に比べると自然落下の感覚には安心感すら感じます。

Kingda-Ka 落下し始め05

Kingda Ka 落下中 06

6.垂直落下が終了した後

 落差127.4 mの垂直落下が終了したところで水平移行から緩やかな山がありますが、最初からほぼ全行程を知っていることもあって、もうこれは普通の子供用のコースターレベルの感覚で昇り降りしますが、それはそれで事故なく完了した爽快感があります。短い時間で様々な感覚が得られるKingda Kaに「一生で一度は乗ってみたい」気持ちは解ります。

Kingda Ka 落下した後 07

Kingda Ka もう一山超えて最後の下り 08

7.全行程の動画

 乗車中のYouTube動画をご用意しました↓
 Kingda KaのYouTube動画


◇ 付録:世界のローラー・コースター 速度ランキング

世界コースター速度ランキング

01 アブダビ フォーミュラ・ロッサ
アブダビ フォーミュラ・ロッサ

03 米国 トップ・スリル・ドラッグスター
米国 トップ・スリル・ドラッグスター

05 日本 ドドンパ
日本 ドドンパ

05 米国 スーパーマンエスケープ・フロム・クリンプトン
米国 SUPERMAN: Escape from Krypton

052 豪州 タワー・オブ・テラーⅡ
豪州 Tower of Terror II

07 米国 フューリー325
米国 Fury 325

072 日本 スチール・ドラゴン2000
日本 スチール・ドラゴン2000

09 米国 ミレニアム・フォース
米国 Millennium Force

10 カナダ レヴィアタン
カナダ Leviathan

フランスより寄贈された「自由の女神像」、正式名称は「世界を照らす自由」(更新)

 会社の仕事で、ニューヨークに1ヶ月も出張、と言う羨ましい話を聞き、ちょっと「自由の女神像」(Statue of Liberty)を勉強しました。今回はその覚え書きです。タイトルに記した如く、正式名称は「世界を照らす自由」(Liberty Enlightening the World)だそうですが、ここでは慣れ親しんだ「自由の女神像」の呼び名で統一させていただきます。

自由の女神像0001


◇ 自由の女神像の概要

 アメリカ合衆国のニューヨーク港内、リバティ島にある像、「自由の女神像」はアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人の募金によって贈呈され、1886年に完成しました。アメリカ合衆国の自由と民主主義の象徴であるとともに、19世紀以来絶えることなく世界各地からやってくる移民にとって新天地の象徴ともなっています。1984年にはユネスコの世界文化遺産に登録されました。


◇ 発案から完成までの歩み

1.背景と建造への呼びかけ

 1776年7月4日のアメリカ合衆国独立から100周年を迎えようとしている米国では、奴隷解放をめぐり勃発した南北戦争(1961年4月12日 - 1865年4月9日)後の混乱に苦しんでおりました。一方、海を隔てたフランスでは、ナポレオン3世(Napoléon III, 1808年4月20日 - 1873年1月9日;フランス皇帝ナポレオン・ボナパルトの弟ルイ・ボナパルトの息子)の専制下にあり、同国の法学者で政治家のエドゥアール・ド・ラブライエなる人物が、自由の象徴たる像を建造することで、両国民に真の自由を見て欲しいと考え、アメリカに対し両国の深い友情の証となりうるモニュメントの寄贈を提案し、寄付の募集を呼びかけました。この提案に賛同した彫刻家、フレデリック・オーギュスト・バルトルディらの助言を受けて、「世を照らす自由の炎を静かに掲げる女神像」の制作始まりました。

エドゥアール・ド・ラブライエ 図
エドゥアール・ド・ラブライエ

2.制作の開始と強度の獲得

 1874年、ラブライエよりフレデリク・バルトルディに設計が依頼されましたが、高さ46.5 m、重さ110 tにもなる建造物には強度の問題が懸念されましたが、パリのエッフェル塔を設計したアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェルが設計に加わり、像内部の鋼鉄を用いた骨組みで弾力性を持たせることで嵐などにも耐えうる設計をしたとされます。

エッフェルとエッフェル塔
アレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェルとエッフェル塔

3.像のデザイン

 像のデザインはウジェーヌ・ドラクロワの絵「民衆を導く自由の女神」とバルトルディの母親をモデルにしたものとされ、また一部では、バルトルディがフリーメイソン所属であったことから、フリーメイソンが崇拝している魔女メデューサであるとの説もあります。

4.建造の資金

 本体制作では、フランス国内で資金集めのため記念像建造キャンペーンとして、宝くじや、1878年の万国博覧会であるパリ万博に完成頭部を展示し約40万ドル相当の寄付金を集めたとされます。台座部分の建設資金は、「ニューヨーク・ワールド」紙社主ジョセフ・ピューリッツァが資金集めのキャンペーンを行い、アメリカ国民の寄付によってまかなわれました。

パリ万博に置かれた自由の女神
パリ万博に置かれた自由の女神

5.パリからニューヨークへの移動、そして除幕

 自由の女神像は1984年に完成、1985年まではパリのシャンゼリゼ通りに設置されていましたが、約350のパーツに解体され、フランス海軍軍用輸送船イゼール号でニューヨークに運ばれました。1985年6月に無事ニューヨークに到着しましたが、台座の完成が資金難のため遅れていたため港に待機、1986年4月台座完成により女神像の組み立てが開始されました。

建造中の自由の女神 図

 1886年10月28日に除幕式が行われました。当日はあいにくの雨でしたが、グロバー・クリーブランド大統領をはじめ100万人以上の観衆が集まり、顔にかけられたフランス国旗を製作者のバルトルディが除幕しました。


◇ 自由の女神像の仕様

1.性別・材質・サイズ・重量

 自由の女神像は、ローマ神話における自由の女神リーベルタースがモデルであり、性別は女性であります。銅製で、台座から像の頭の部分までの高さは33.86 m、台座から右手持つ松明(たいまつ)までの高さは46.05 m、台座の高さが47 mなので、台座部分も含めると全長は93 m、総重量は225 tであります。

2.右手の松明

 右手に握られ高く掲げられた松明は移民たちの希望を表す象徴とされます。元々は、その炎の部分は純金で作られておりましたが、現在は1984-1986年の修復工事の際に取り替えられたもので、24金の金箔で覆われています。オリジナルは台座のロビーに展示されております。

自由の女神 松明 図

3.王冠

 女神がかぶっている冠には7つの突起があります。これは7つの大陸と7つの海に自由が広がることを願って作られたとされます。各々3.7 mの長さです。

自由の女神 王冠 図

4.左手に持つ独立宣言書

 左手には独立宣言書を持っており、アメリカ合衆国の独立記念日である「1776年7月4日」とフランス革命が勃発したバスティーユ襲撃の日である「1789年7月14日」と、ローマ数字で刻印されています。

自由の女神独立宣言書 図

5.鎖と足かせを踏みつける足元

 自由の女神像の足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけています。全ての弾圧、抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しているのです。

自由の女神 足元 図

6.台座の記念碑

 自由の女神像はフランス系フリーメイソンリーとアメリカ系フリーメイソンリーの間に交わされた贈り物でありましたので、台座の記念碑には以下の文言が刻まれています。

 *****

AT THIS SITE ON AUGUST 5TH, 1884, THE CORNERSTONE OF THE PEDESTAL OF THE STATUE OF "LIBERTY ENLIGHTENING THE WORLD" WAS LAID WITH CEREMONY BY WILLIAM A. BRODIE, GRAND MASTER OF MASONS IN THE STATE OF NEW YORK. GRAND LODGE MEMBERS, REPRESENTATIVES OF THE UNITED STATES AND FRENCH GOVERNMENTS, ARMY AND NAVY OFFICERS, MEMBERS OF FOREIGN LEGATIONS, AND DISTINGUISHED CITIZENS WERE PRESENT. THIS PLAQUE IS DEDICATED BY THE MASONS OF NEW YORK IN COMMEMORATION OF THE 100TH ANNIVERSARY OF THAT HISTORIC EVENT.

仮訳:この地にて1884年8月5日、「世界を照らす自由の女神」の像の台座の礎石は、ニューヨーク州メイソン団のグランド・マスター、ウィリアム・A・ブロディーによる式典とともに設置された。グランド・ロッジの構成員ら、合衆国およびフランスの政府の代表ら、陸軍および海軍の将校ら、諸外国の使節団の構成員ら、ならびに名高い市民らが参列した。この銘盤はかの歴史的事件の第100周年を記念してニューヨークのメイソン団により捧げられる。

 *****



◇ 自由の女神像の観光

1.本体へのアプローチ

 台座部分にはエレベータが設置されており、エレベータの最上階(10階)からは像の中のらせん階段を上って王冠部分の展望台に登ることができます。

自由の女神王冠の中 図
自由の女神 王冠の中の様子

2.フェリーで行くリバティ島

 本体台座から内部へ入りたい、間近で見上げたいと言う人はマンハッタン島最南端にあるリバティ島・エリス島行きフェリー発着所、バッテリー・パークより、夏季は15-20分毎、冬季は30-40分毎にリバティ島への運行があります。

リバティ島行きフェリー

3.スタッテン島往復フェリーからの見学

 スタッテン島住民がマンハッタンへの通勤ルートとして利用している公共交通機関からも遠目に自由の女神像を眺めることができます。

4.ヘリコプターの上空から自由の女神像を見学

 様々のヘリコプターツアーがあって、自由の女神やエリス島を空から眺めるリバティ・ヘリコプターの「ビッグアップルツアー」(15分$150)が有名です。

ヘリツアー 自由の女神 図


◇ リバティー島に渡り自由の女神を反時計周りに撮影

自由の女神 反時計周り01

自由の女神 反時計周り02


◇ リバティー島から観たマンハッタン

NY.jpg

ナスカの地上絵

 ヘミシンクには体外離脱のエクササイズがあります。この体外離脱をして時空を越えてどこへでも行けるとしたらどこへ行こうと言った話になって、古代の文明を見てみたい、「ナスカの地上絵が気になりますね」と言う声が挙りました。ちょうど1月くらい前に、新たな地上絵発見の記事が掲載されたばかりでした。古代文明には永遠に解き明かされない謎があって、時として現代に訴えるスピリッツが隠されていることがあります。ナスカの地上絵、スピリチュアルの周辺記事として軽くまとめてみました。


◇ 新たに発見されたリャマの地上絵

ナスカ、リャマ絵の記事

 *****

 山形大は8日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られるペルーのナスカ市街地から北に約1キロの近郊で、ラクダ科のリャマとみられる地上絵を少なくとも17点確認したと発表した。

 山形大によると、絵の内側にある地表の小石を面的に取り除く手法などから、紀元前400~同200年の間に描かれたとみられ、ハチドリやクモといった有名な地上絵よりも古いという。リャマは当時から家畜として使われていた。

アンデス文明にリャマ
アンデス文明において荷運びに使われたリャマ(ラクダ科)

 地上絵はリャマの全身や一部が描かれ、最大のものは全長約15メートル。約1キロ四方の範囲で四つのグループに分かれている。このうち三つのグループの地上絵は初めて確認され、残る一つのグループは先行研究で存在が知られていたが、数や正確な位置が不明だったと説明している。

 山形大は2012年、現地にナスカ研究所を開設。今回の地上絵は13年度の調査で確認し、ペルー文化省に報告した。

ナスカ地上絵:リャマ

リャマたちの地上絵

 *****



◇ アンデス文明

 ナスカ弁明とその地上絵に触れる前に、その起源および周辺の古代文明をご紹介します。まずは、ナスカ文明が発生する母体となったアンデス文明です。

 紀元前10000年頃、ベーリング海を渡ってアジアからアメリカ大陸に移動して来た古モンゴロイド(黄色人種)により造られた、ペルーを中心とする太平洋沿岸地帯およびペルーからボリビアへつながるアンデス中央高地に存在した文明です。文字を持たず、鉄は製造せずに青銅器までであり、金・銀の鋳造が発達、家畜は行われたが車輪の原理は知らなかったとされます。紀元前3000-2500年頃より各地に遺跡が造られ、紀元前1800年頃になると、土器の利用が始まり、紀元前800年頃より各地にパラカスやナスカに文化が広がり、インカ帝国へと繋がって行ったものとされます。

アンデス文明の範囲
赤い楕円の地域にアンデス文明があったとされます


◇ パラカス文明

 紀元前800-100年頃、ペルー南部に発生した文明とされ、パラカス湾のなだらかな砂丘に、世界の大きな謎の1つ「三叉の大燭台」が描かれています。この地上絵の歴史はパラカスの農民たちの時代にさかのぼることができると言われています。農民たちは、漁を終えて岸に戻る方向を知るために燭台を使ったと考えられています。また、燭台がもう1つのペルーの大きな謎であるナスカの地上絵の方向をちょうど指していることから、宇宙人が描いたとする説もあります。地元の人たちの間では、旅の際の方向を知る目印とするためにナスカの天文学者がこの地上絵を描いたと言われています。

Paracas_gallery1.jpg


◇ ナスカ文明

 紀元前後から西暦800年頃まで現在のペルー共和国海岸地帯のナスカ市周辺に栄えた文明とされ、ナスカの地上絵で知られます。アンデス文明のうち、灌漑設備が整備され開拓の進んだ前期中間期ないし地方発展期にあたります。狩猟や農業を主な生業とし、わずかに漁業も行ったとされます。
 はじめは宗教的性格が強く、のちに軍事的性格が強まります。奴隷制は見られませんが社会階層は厳格であったとされます。庶民はフジの骨組みに泥を塗ったキンチャと呼ばれる住居に住み、宗教的なピラミッドなどの公共建築物を築き、灌漑用水路を整備しました。


◇ ナスカの地上絵の概要

 やっと地上絵まで到達しました。有名な世界遺産、「ナスカの地上絵」は、ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた、ペルー南海岸地方の北から南へ走る丘陵と東方のアンデス山脈の麓との間にあるパンパ・コロラダ、パンパ・インヘニオと呼ばれる細長い乾燥した盆地状の高原の地表面に描かれた、幾何学図形、動植物の絵であります。
 1939年6月22日、動植物の地上絵は考古学者のポール・コソック博士により発見され、その後ドイツの数学者、マリア・ライヒェが終生この地に住み着き、彼女を中心として、地上絵の解明作業と、保護が行われるようになりました。あまりにも巨大な絵が多く、上空からでないとほとんどの地上絵の全体像の把握が困難であり、このような巨大な地上絵を何故描いたのかというのが大きな謎となっております。

 上空からでないと全体像の把握は困難

 地上絵にはサル、リャマ、シャチ(クジラ)、魚、爬虫類、海鳥類が描かれ、ナスカ式土器の文様との類似点が指摘されてきました。描かれた直線のうち、土中に打ち込まれた木の棒についてC14法による分析が進められ、地上絵作製の時期は、先行するパラカス文化の終わる紀元前200年から紀元後800年のナスカ文化の時代であると確定されています。

ナスカ:全体図
ナスカの地上絵の配置


◇ ナスカの地上絵の目的(仮説)

1.暦法関連説

 地上絵の線についてはマリア・ライヒェが、夏至と冬至に太陽が日没する方向に一致するものがあることを明らかにし、平行でない一連の直線は数世紀にわたる夏至と冬至に日没する方向を示していると主張しました。これに対して、ホーキンズも線の方向についてコンピューター分析を行ったところ、1年の太陽と月の運行の方向に合うものが偶然と考えられる場合の2倍に達するという結果を得ました。ナスカの地上絵には暦学的性質があり、乾燥した南海岸地域の人々にとって夏至と冬至は、雨季と乾季の始まりで、農業を行う時期や祭儀などに深く関連することが推察されました。しかし、数百本という線から構成される地上絵で天体の運行と一致する物はあまりにも少なく、暦法関連説では、その一致しない地上絵の説明は全くつかないため、現在この説を単体で支持する学者は多くありません。

2.社会事業説

 ワリ「帝国」の研究で知られるW.イスベルの説、ナスカの社会には、ワリやクスコのような中央集権的な食料管理制度と食料貯蔵施設がなく、局所的、家族的なレベルで豊作時の食料を保管していたので、豊作時に人口が増え、不作時に死亡者がでやすい状況にありました。 そのため、豊作だった場合の個人貯蔵分について、大規模な労働力を投入する必要のある儀式活動に注意を向けさせ、祭祀「施設」の「建設」=地上絵を「描く」活動に従事する労務集団に食糧を供給するために強制的に取り立てるシステムができていて不作時に備えていた、とするものであります。「文字を持たないナスカ文明において、社会がどのように組織を動かすか」という重要な情報を貯えようとする試みが、地上絵に反映されていると考えております。

3.雨乞い儀式利用説

 「ナスカの地上絵は一筆書きになっており、それが雨乞いのための楽隊の通り道になった」という、ホスエ・ランチョの説であります。

4.成人試験説

 当時のナスカに住む人々にとって王になる者、また管理能力の有無を測る手段として地上絵の線上を歩かせて何の絵が書かれてあるかを当てる事ができるかどうかで判別するという手段が用いられたとする説です。回答は正解者、不正解者ともに秘密を守る事が義務付けられより高度な図柄を正確に回答できた者ほどより上位の管理職に命ぜられた。一種のIQテストと言うものです。

 +++++

 その他、「滑走路」として利用した、空からの道しるべなどと、宇宙人説も散見されます。


◇ ナスカの地上絵 写真集

ナスカ:手
「手」−1

ナスカ:手02
「手」−2

ナスカ:さぎ
「サギ」

ナスカ:くじら
「シャチ(クジラ)」

ナスカ:ペリカン
「ペリカン」

ナスカ:犬
「犬」

ナスカ:宇宙人
「巨人(宇宙人)」

ナスカ:さる02
「さる」

ナスカ:くも03
「くも」

ナスカ:コンドル
「こんどる」

ナスカ:ハチドリ
「ハチドリ」