FC2ブログ

アセンションへの道程 〜ある外科医のスピリチュアル〜

アセンションを目指したある1外科勤務医のスピリチュアルおよびその周辺事項への探求をご紹介します

《レシピ:コリアン>御飯>牛肉》和牛カルビ焼肉丼定食


 ちょっと風邪をひいて、体力つける栄養(エネルギー)が欲しいなと思い、まっさきに頭に浮かんで来たのは焼肉でありました。でも焼肉屋に行くほど食べたいわけではなく、ささっと作れて美味しい料理を考案することといたしました。タイトルの「和牛カルビ焼肉丼」とすると、ただ焼肉を焼いてご飯に乗せてと思われるかも知れませんんが、そこはひと工夫しております。


◇ 材料

 材料は以下の通りです。いつも通りお値段は税抜き価格で表示しております。

1.和牛カルビ 230g 1176円

 メインの食材はちょっと張り込みました。150gほどで十分と思っておりましたが、ちょうどいいのがなく少し高くつきました。

和牛カルビ

2.たまねぎ(国産)38円、にんにく(青森県産)100円

たまねぎ、にんにく

3.ぶなしめじ(国産) 98円

しめじ

4.焼肉のタレ ジャン(モランボン)160円

ジャン

5.ナムル盛り合わせ 198円

なむる

6.ユッケジャン 100円

ユッケジャン


◇ 前処置

1.ニンニク(左)とタマネギ(右)のみじん切り

にんにくたまねぎ

2.牛肉の分割

 1/3をご飯と一緒の炊き込み用にみじん切りとしまいした。残りはそのままで、いずれも焼肉のタレ、ジャンに漬け込みました。

牛肉 分割

3.牛肉とニンニク、タマネギの投入

 いつも通り米1/2合をといでタレに漬け込んだみじん切りの牛肉とニンニク、タマネギを投入しました。

牛肉投入


4.炊き込みのつゆ投入

 1番の問題はここです。焼肉のタレ、ジャンをそのまま入れるのですが、分量をどうするか迷いました。こんなものかな?、と思ってタレ30ml+水60mlで合計90mlといたしました。

つゆ

つゆ投入

5.ぶなしめじの投入

しめじ投入


◇ 炊き上がり

 例によって電気圧力鍋で圧力8分での炊き込みです。炊き上がりが以下の写真です。ずいぶんと濃い茶色のご飯ができました。これだけでも十分なおかずになりえます。

炊き上がり


◇ 焼肉

 さあ今度はメインディッシュの焼き上げです。タレに漬けていた牛肉を強火で一気に焼きます。表面に焦げ目を付けつつ火を通し過ぎないのがコツですね。焼き上がった焼肉は先ほどのご飯の上に乗せていきます。

焼肉


◇ 完成

 焼肉丼には紅生姜を加えて、用意していたユッケジャンのレトルトを湯煎で温め、ナムルを盛り付けて、自家製のカブの糠漬けを添えました。赤ワインで(一人)乾杯です。

定食完成

焼肉丼

 焼肉を避けたご飯の中身です。ぶなしめじと牛肉みじん切りがご飯に融合して散見されますが、ニンニクとタマネギは消失していました。

焼肉丼 中身


◇ 総評

 焼肉のタレに漬け込んだみじん切りの牛カルビをニンニク、タマネギと共にご飯に混ぜて炊き込む、「他には無い」(と言わせてもいらいたい)アイデアは売りだと思います。塩加減はちょっとオーバーです。焼肉のタレ、ジャンの分量は20mlでよかったと思います。また全体に甘い仕上がりでありました。そして最大の欠点は油濃さです。炊き込むつゆとして焼肉のタレを入れる際に、上に浮遊するごま油が多くなってしまい、それがそのまま米に染み込んで、随分と油が強いご飯となってしまいました。ただでさえ牛カルビの脂も加わるのですから、そこの加減は必要でした。あるいは「焼肉の生ダレ、ジャン」以外の商品が良かったかも知れません。以上からアイデアの斬新さ、他で食べたことがないことなどプラスの要素はありますが、味付けの失敗は大きく減点として次回に生かしたいと存じます。星3.5です。


星3.5


スポンサーサイト



2017年 平成29年 横浜DeNAベイスターズの記録(第一版)


◇ 2017年 監督・コーチ

 【一 軍】 
   監  督     A. ラミレス
   総  合     青山 道雄
   打  撃     小川 博文
   打  撃     坪井 智哉
   投  手     篠原 貴行
   投  手     木塚 敦志
   内野守備     万永 貴司
   外野守備     上田 佳範
   バッテリー    光山 英和

 【二 軍】 
   監督・外野守備  二宮  至 
   野手総合     福原 峰夫
   打  撃     高須 洋介
   打  撃     小池 正晃
   投  手     浅野 啓司
   投  手     島田 直也
   投  手     島田 直也
   内野守備     永池 恭男
   バッテリー    山下 和彦
   バッテリー    藤田 和男


◇ 2017年3、4月

03/31 ● 02-09 ヤ 負:石田(0-1) 本:ロペス(1)
04/01 ◯ 06-01 ヤ 勝:クライン(1-0)
04/02 ● 04-08 ヤ 負:田中健(0-1)
04/04 ● 02-05 巨 負:三上(0-1) 本:ロペス(2)
04/05 ● 02-04 巨 負:井納(0-1)
04/06 ◯ 04-02 巨 勝:パットン(1-0) S:山崎康(1)
04/07 ● 05-07 中 負:須田(0-1) 本:梶谷(1)
04/08 △ 01-01 中 
04/09 ◯ 02-01 中 勝:濱口(1-0) S:山崎康(2) 本:梶谷(2)
04/12 ● 06-08 神 負:今永(0-1)
04/13 ● 01-04 神 負:山崎康(0-1) 本:梶谷(3)
04/14 ◯ 04-03 ヤ 勝:パットン(2-0) 本:桑原(1)
04/15 ● 02-07 ヤ 負:石田(0-2)
04/16 ◯ 06-03 ヤ 勝:クライン(2-0) S:パットン(1) 本:ロペス(3)
04/18 ● 03-04 広 負:パットン(2-1)
04/19 ◯ 04-00 広 勝:今永(1-1)
04/20 ◯ 05-03 広 勝:三上(1-1) S:パットン(2)
04/21 △ 02-02 中 
04/22 ◯ 11-04 中 勝:石田(1-2) 本:戸柱(1), 桑原(2), 梶谷(4)
04/23 ● 00-01 中 負:クライン(2-1)
04/25 ◯ 01-00 神 勝:濱口(2-0) S:パットン(3)
04/27 ● 02-05 神 負:井納(0-2) 本:筒香(1)
04/28 ◯ 09-03 広 勝:ウィーラ(1-0)
04/29 ● 01-06 広 負:今永(1-2) 本:梶谷(5)
04/30 ◯ 10-09 広 勝:久保(1-0) 本:ロペス(4), エリアン(1), 石川(1)

 【勝敗】11勝12敗2分


◇ 2017年5月

05/02 ● 00-05 巨 負:濱口(2-1)
05/03 ● 01-04 巨 負:水野(0-1) 本:ロペス(5)
05/04 ◯ 05-02 巨 勝:ウィーラ(2-0) S:パットン(4) 本:宮崎(1), 梶谷(6)
05/05 ◯ 06-01 ヤ 勝:井納(1-2) 本:筒香(2)
05/06 ◯ 06-05 ヤ 勝:砂田(1-0) 本:梶谷(7)
05/07 ● 05-12 ヤ 負:久保(1-1)
05/09 ● 03-08 中 負:濱口(2-2) 本:ロペス(6)
05/10 ◯ 03-01 中 勝:平良(1-0) S:パットン(5) 本:筒香(3)
05/11 ◯ 04-03 中 勝:ウィーラ(3-0) S:パットン(6) 本:ロペス(7)
05/12 ● 01-04 神 負:井納(1-3)
05/14 ● 02-04 神 負:パットン(2-2)
05/16 ● 01-10 広 負:濱口(2-3)
05/17 ◯ 05-04 広 勝:山崎康(1-1) S:パットン(7) 本:ウィーラ(1)
05/18 ● 02-09 広 負:平良(1-1)
05/19 ● 03-05 巨 負:須田(0-2)
05/20 ◯ 06-04 巨 勝:加賀(1-0) S:山崎康(3) 本:ロペス(8)
05/21 ● 00-04 巨 負:今永(1-3)
05/23 ◯ 09-04 中 勝:藤岡(1-0) 本:筒香(4)
05/24 ● 02-04 中 負:ウィーラ(3-1)
05/25 ◯ 13-05 中 勝:熊原(1-0)
05/26 ◯ 05-02 神 勝:井納(2-3) S:山崎康(4)
05/27 ● 02-09 神 負:クライン(2-2)
05/28 ◯ 06-02 神 勝:今永(2-3) 本:戸柱(2)
05/30 ◯ 03-00 日 勝:濱口(3-3) S:山崎康(5)
05/31 ● 01-06 日 負:熊原(1-1)

 【勝敗】12勝13敗0分


◇ 2017年6月

06/01 ● 03-05 日 負:井納(2-4) 本:ロペス(9), 宮崎(2)
06/02 ● 04-06 ソ 負:クライン(2-3) 本:梶谷(8)
06/03 ● 03-07 ソ 負:平良(1-2)
06/04 ◯ 05-03 ソ 勝:今永(3-3) S:山崎康(6) 本:ロペス(10)
06/06 ◯ 09-01 楽 勝:濱口(4-3) 本:桑原(3), 筒香(5), 宮崎(3), ロペス(11)
06/07 ◯ 10-06 楽 勝:熊原(2-1)
06/08 ● 02-08 楽 負:三嶋(0-1) 本:梶谷(9)
06/09 ◯ 04-03 西 勝:パットン(3-2) S:山崎康(7) 本:田中浩(1), 宮崎(4)
06/10 ● 02-06 西 負:平良(1-3)
06/11 ● 00-01 西 負:今永(3-4)
06/13 ● 01-08 ロ 負:石田(1-3)
06/14 ◯ 05-02 ロ 勝:濱口(5-3) 本:筒香(6)
06/15 ◯ 06-02 ロ 勝:熊原(3-1) 本:ロペス(12), 宮崎(5)
06/16 ◯ 06-03 オ 勝:三上(2-1) S:山崎康(8)
06/17 ◯ 14-05 オ 勝:久保(2-1) 本:桑原(4, 5), 戸柱(4), 白根(1)
06/19 ● 04-07 オ 負:三上(2-2)
06/23 ● 07-08 ヤ 負:平田(0-1) 本:戸柱(5), 筒香(7)
06/24 ◯ 05-01 ヤ 勝:石田(2-3) 本:ロペス(15), 宮崎(6)
06/25 ◯ 06-00 ヤ 勝:今永(4-4) 本:嶺井(1), 筒香(8)
06/27 ● 03-04 広 負:パットン(3-3) 本:ロペス(16), 筒香(9)
06/28 ◯ 11-08 広 勝:久保(3-1) 本:梶谷(10), 筒香(10), 宮崎(7)
06/30 ◯ 03-01 巨 勝:井納(3-4) S:山崎康(9) 本:梶谷(11), ロペス(17)

 【勝敗】12勝10敗0分


◇ 2017年7月

07/01 ◯ 06-04 巨 勝:加賀(2-0) S:山崎康(10) 本:桑原(6, 7)
07/02 ◯ 09-01 巨 勝:今永(5-4) 本:ロペス(18), 筒香(11)
07/05 ◯ 04-01 神 勝:濱口(6-3) S:山崎康(11)
07/06 ● 05-10 神 負:飯塚(0-1) 本:石川(2)
07/07 ● 01-02 中 負:ウィーラ(3-2)
07/08 ◯ 09-00 中 勝:井納(4-4) 本:桑原(8)
07/09 ◯ 07-03 中 勝:久保(4-1) 本:ロペス(19), 桑原(10)
07/10 ● 01-05 広 負:今永(5-5)
07/11 ◯ 05-02 広 勝:石田(3-3) S:山崎康(12)
07/12 ● 01-05 広 負:濱口(6-4)
07/17 ◯ 02-01 ヤ 勝:今永(6-5) S:山崎康(13) 本:筒香(13)
07/18 ◯ 01-00 ヤ 勝:ウィーラ(4-2) S:山崎康(14)
07/19 ◯ 05-03 ヤ 勝:パットン(4-3) S:山崎康(15) 本:宮崎(8)
07/21 △ 03-03 巨
07/22 ● 01-03 巨 負:飯塚(0-2)
07/23 ◯ 08-06 巨 勝:山崎康(2-1) 本:桑原(10), 戸柱(6), 筒香(14)
07/25 ◯ 01-00 神 勝:今永(7-5) S:山崎康(16) 本:筒香(15)
07/26 ◯ 06-05 神 勝:ウィーラ(5-2) S:山崎康(17)
07/27 ● 03-10 神 負:石田(3-4) 本:桑原(11)
07/29 ● 01-05 巨 負:井納(4-5)
07/30 ● 04-05 巨 負:山崎康(2-2)

 【表彰】月間MVP野手 桑原 将志(初)
 【勝敗】12勝08敗1分

2017年桑原
2017年桑原 文章


◇ 2017年8月

08/02 △ 04-04 中 
08/03 ◯ 04-03 中 勝:今永(8-5) S:山崎康(18) 本:ロペス(20)
08/04 ◯ 13-03 広 勝:石田(4-4) 本:桑原(12), ロペス(21)
08/05 ● 04-07 広 負:井納(4-6)
08/06 ● 04-09 広 負:エスコバ(0-1) 本:倉本(2)
08/08 ● 05-08 ヤ 負:久保(4-2) 本:筒香(16), 戸柱(7), 梶谷(13)
08/09 ◯ 07-02 ヤ 勝:ウィーラ(6-2) 本:戸柱(8), ロペス(22)
08/10 ◯ 06-01 ヤ 勝:今永(9-5) 本:宮崎(9), ロペス(23)
08/11 ● 01-08 神 負:石田(4-5)
08/12 ● 01-02 神 負:砂田(1-1) 本:筒香(17)
08/13 ◯ 08-02 神 勝:濱口(7-4) 本:筒香(18)
08/16 ◯ 03-02 中 勝:山崎康(3-2)
08/17 ◯ 04-01 中 勝:今永(10-5) S:山崎康(19)
08/18 ● 07-09 巨 負:砂田(1-2) 本:梶谷(14)
08/19 ● 01-06 巨 負:井納(4-7) 本:桑原(13)
08/20 ● 01-06 巨 負:濱口(7-5) 本:梶谷(15)
08/22 ◯ 06-05 広 勝:尾仲(1-0) 本:嶺井(2), 筒香(19), ロペス(24), 宮崎(10)
08/23 ◯ 07-06 広 勝:エスコバ(1-1) 本:ウィーラ(2), 筒香(20), ロペス(25)
08/24 ◯ 05-04 広 勝:山崎康(4-2) 本:ロペス(26), 梶谷(16)
08/25 ◯ 08-06 ヤ 勝:井納(5-7) S:山崎康(20)
08/26 ● 04-05 ヤ 負:尾仲(1-1) 本:梶谷(17), 乙坂(2)
08/27 ◯ 07-03 ヤ 勝:濱口(8-5)
08/29 ● 06-07 中 負:エスコバ(1-2) 本:宮崎(11)
08/30 ◯ 06-03 中 勝:飯塚(1-2) S:山崎康(21) 本:ロペス(27)
08/31 ● 02-04 中 負:今永(10-6) 本:筒香(21), 梶谷(18)

 【表彰】月間MVP野手 筒香 嘉智(03)
 【勝敗】13勝11敗1分

2017年 筒香
2017年 筒香 文章


◇ 2017年9、10月

09/01 ● 00-03 巨 負:井納(5-8)
09/02 ● 01-03 巨 負:石田(4-6)
09/03 ◯ 01-00 巨 勝:濱口(9-5) S:山崎康(22)
09/05 ◯ 04-00 ヤ 勝:ウィーラ(7-2) 本:筒香(22)
09/06 ◯ 01-00 ヤ 勝:田中健(1-1) 本:宮崎(12)
09/07 ● 01-11 ヤ 負:今永(10-7) 本:乙坂(3)
09/08 ● 03-08 神 負:井納(5-9) 本:筒香(23)
09/09 ● 01-02 神 負:田中健(1-2)
09/10 ● 06-07 神 負:三上(2-3) 本:柴田(2)
09/12 ◯ 03-01 広 勝:ウィーラ(8-2) S:山崎康(23)
09/13 ● 04-12 広 負:飯塚(1-3)
09/14 ● 04-05 広 負:エスコバ(1-3)
09/16 ◯ 01-00 巨 勝:井納(6-9) S:山崎康(24) 本:梶谷(19)
09/17 ● 01-06 巨 負:濱口(9-6)
09/18 ◯ 04-02 ヤ 勝:三上(3-3) S:山崎康(25) 本:ロペス(28)
09/23 ◯ 13-05 中 勝:石田(5-6)
09/24 ◯ 02-00 神 勝:今永(11-7) S:山崎康(26)
09/25 ◯ 07-00 神 勝:ウィーラ(9-2) 本:宮崎(13), 本:筒香(24)
09/27 △ 04-04 神 本:ロペス(29)
09/28 ● 02-11 神 負:井納(6-10) 本:梶谷(20)
09/29 ◯ 06-02 神 勝:石田(6-6) 本:戸柱(9), 本:筒香(25)
09/30 ● 01-05 広 負:田中健(1-3) 本:宮崎(14)
10/01 ◯ 13-07 広 勝:ウィーラ(10-2) 本:ロペス(29), 筒香(27, 28), ウィーラ(3), 梶谷(21)
10/03 ◯ 03-01 中 勝:綾部(1-0) S:エスコバ(1) 本:細川(1)
10/04 ◯ 02-01 中 勝:濱口(10-6) S:エスコバ(2) 本:宮崎(15), 細川(2)

 【勝敗】13勝11敗1分


◇ 2017年 成績

 【勝敗】143試合73勝65敗5分
 【勝率】 .529
 【順位】3位


◇ 2017年 クライマックス シリーズ

10/14 ● 00-02 神 負:井納(0-1)
10/15 ○ 13-06 神 勝:三上(1-0) 本:乙坂(1)
10/17 ◯ 64-01 神 勝:ウィーラ(1-0) 本:ロペス(1)

10/18 ● 00-03 広 負:石田(0-1)
10/19 ○ 06-02 広 勝:濱口(1-0) 本:宮崎(1)
10/20 ◯ 01-00 広 勝:井納(1-0) S:山崎康(1)
10/23 ◯ 04-03 広 勝:ウィーラ(1-0) S:山崎康(2)
10/24 ◯ 09-03 広 勝:三嶋(1-0) 本:宮崎(2), 桑原(1), 筒香(1), 梶谷(1)


◇ 2017年 日本シリーズ

10/28 ● 01-10 ソ 負:井納(0-1)
10/29 ● 03-04 ソ 負:パットン(0-1) 本:梶谷(1), 宮崎(1)
10/31 ● 02-03 ソ 負:ウィーラ(0-1) 本:ロペス(1)
11/01 ○ 06-00 ソ 勝:濱口(1-0) 本:宮崎(2), 高城(1)
11/02 ○ 05-04 ソ 勝:砂田(1-0) S:山崎康(1) 本:筒香(1)
11/04 ● 03-04 ソ 負:エスコバ(0-1) 本:白崎(1)


◇ 2017年 表彰選手

 【ベストナイン】
   一塁手   J. ロペス(初)
   三塁手   宮崎 敏郎(初)
   外野手   筒香 嘉智(03)

 【ゴールデングラブ賞】
   一塁手   J. ロペス(03)
   外野手   桑原 将志(初)

 【打撃部門】
   首位打者  宮崎 敏郎(初)
   最多打点  J. ロペス(初)
   最多安打  J. ロペス(初)

 【連盟特別表彰】
   新人特別賞 濱口 遥大


2016年 平成28年 横浜DeNAベイスターズの記録(第一版)


◇ 2016年 監督・コーチ

 【一 軍】 
   監  督     A. ラミレス
   ヘッド      進藤 達哉
   打  撃     小川 博文
   打  撃     坪井 智哉
   投  手     篠原 貴行
   投  手     木塚 敦志
   内野守備     万永 貴司
   外野守備     上田 佳範
   バッテリー    光山 英和

 【二 軍】 
   監  督     二宮  至 
   総合・外野守備  青山 道雄
   打  撃     高須 洋介
   打  撃     小池 正晃
   巡回投手     浅野 啓司
   投  手     島田 直也
   投  手     島田 直也
   内野守備     永池 恭男
   バッテリー    山下 和彦
   バッテリー・育成 藤田 和男


◇ 2016年3、4月

03/25 ◯ 02-01 広 勝:井納(1-0) S:山崎康(1)
03/26 ● 01-03 広 負:久保康(0-1)
03/27 ● 03-06 広 負:須田(0-1) 本:戸柱(1), 筒香(1)
03/29 ● 02-06 巨 負:今永(0-1)
03/30 ◯ 06-03 巨 勝:モスコー(1-0) S:山崎康(2)
03/31 ● 04-06 巨 負:福地(0-1) 本:筒香(2)
04/01 ◯ 02-01 神 勝:須田(1-1) 本:筒香(3)
04/02 ● 00-05 神 負:久保康(0-2)
04/03 ● 03-08 神 負:石田(0-1)
04/05 ● 00-01 中 負:今永(0-2)
04/06 ● 00-03 中 負:モスコー(1-1)
04/07 △ 01-01 中 本:白崎(1)
04/08 ● 02-03 ヤ 負:井納(1-1) 本:筒香(4)
04/09 ◯ 10-05 ヤ 勝:山口(1-0) 本:井出(1), ロペス(1, 2, 3), 山口(1)
04/10 ◯ 06-05 ヤ 勝:石田(1-1) S:山崎康(2) 本:筒香(5)
04/12 ● 03-04 神 負:久保康(0-3)
04/14 ● 02-05 神 負:今永(0-3) 本:筒香(6)
04/16 ● 00-04 ヤ 負:井納(1-2)
04/17 ● 04-05 ヤ 負:山崎康(0-1)
04/19 ● 04-06 広 負:ペトリッ(0-1)
04/20 ◯ 10-00 広 勝:モスコー(2-1) 本:ロペス(4), 筒香(7)
04/22 △ 01-01 巨 本:乙坂(1)
04/23 ◯ 03-00 巨 勝:井納(2-2)
04/24 ● 00-03 巨 負:山口(1-1)
04/26 ● 03-07 中 負:藤岡(0-1)
04/27 ◯ 08-03 中 勝:久保康(1-3) 本:石川(1), 飛雄馬(1), 筒香(8), 桑原(1)
04/28 ● 02-09 中 負:砂田(0-1) 本:桑原(2)
04/29 ● 01-02 神 負:今永(0-4)
04/30 ◯ 03-02 神 勝:井納(3-2) S:山崎康(4) 本:宮崎(1)

 【勝敗】09勝18敗2分


◇ 2016年5月

05/01 ● 06-07 神 負:須田(1-2)
05/03 ● 00-06 ヤ 負:モスコー(2-2)
05/04 ◯ 03-02 ヤ 勝:石田(2-1) S:山崎康(5)
05/05 ◯ 04-02 ヤ 勝:砂田(1-1) S:山崎康(6) 本:ロペス(5)
05/06 ◯ 06-00 広 勝:今永(1-4) 本:梶谷(1)
05/07 ● 04-10 広 負:井納(3-3)
05/08 ◯ 07-01 広 勝:山口(2-1) 本:ロペス(6), 梶谷(2)
05/10 ● 03-06 中 負:モスコー(2-3) 本:筒香(9, 10), 白崎(2)
05/11 ◯ 02-00 中 勝:石田(3-1) S:山崎康(7)
05/12 ◯ 06-05 中 勝:山崎康(1-1) 本:下園(1)
05/13 ● 02-03 神 負:山崎康(1-2)
05/14 ◯ 03-01 神 勝:今永(2-4) S:山崎康(8) 本:筒香(11)
05/15 △ 05-05 神 本:ロペス(7)
05/17 ◯ 07-01 巨 勝:モスコー(3-3) 本:ロペス(8, 9)
05/18 ◯ 01-00 巨 勝:石田(4-1) S:山崎康(9) 本:梶谷(3)
05/20 ● 03-06 ヤ 負:井納(3-4) 本:宮崎(2), ロペス(10)
05/21 ◯ 04-01 ヤ 勝:今永(3-4) S:山崎康(10) 本:ロペス(11)
05/22 ◯ 11-03 ヤ 勝:山口(3-1)
05/24 ◯ 06-05 中 勝:須田(2-2) S:山崎康(11) 本:ロペス(12)
05/25 ◯ 04-01 中 勝:石田(5-1) S:山崎康(12) 本:梶谷(4), 桑原(3)
05/27 ◯ 06-01 広 勝:井納(4-4)
05/28 ◯ 03-01 広 勝:今永(4-4) S:山崎康(13) 本:筒香(12)
05/29 ● 00-06 広 負:山口(3-2)
05/31 ◯ 05-02 西 勝:モスコー(4-3) S:山崎康(14) 本:ロペス(13)

 【表彰】月間MVP投手 石田 健太(初)
 【勝敗】16勝07敗1分

石田

石田 文章


◇ 2016年6月

06/01 ● 00-07 西 負:石田(5-2)
06/02 ● 01-04 西 負:井納(4-5)
06/03 ◯ 02-01 ロ 勝:久保康(2-3) S:山崎康(15)
06/04 ◯ 06-05 ロ 勝:三上(1-0) 本:宮崎(3), 筒香(13, 14), ロペス(14)
06/05 ◯ 11-00 ロ 勝:山口(4-2)
06/07 ● 03-06 ソ 負:モスコー(4-4) 本:梶谷(5)
06/08 ● 01-04 ソ 負:石田(5-3)
06/09 ● 02-04 ソ 負:井納(4-6)
06/10 ◯ 03-01 オ 勝:久保康(3-3) S:山崎康(16) 本:桑原(4)
06/11 ◯ 07-00 オ 勝:今永(5-4) 本:宮崎(4)
06/12 ◯ 04-00 オ 勝:山口(5-2) 本:宮崎(5)
06/14 ● 00-04 日 負:モスコー(4-5)
06/15 ● 02-03 日 負:三上(1-1) 本:筒香(15)
06/17 ● 05-08 楽 負:久保康(3-4) 本:筒香(16)
06/18 ● 03-06 楽 負:今永(5-5) 本:桑原(5)
06/19 ● 03-05 楽 負:山口(5-3) 本:宮崎(6)
06/20 ● 02-05 日 負:砂田(1-2)
06/24 ◯ 12-06 巨 勝:井納(5-6) 本:桑原(6), 石川(2)
06/25 ◯ 07-06 巨 勝:ザガース(1-0) S:山崎康(17)
06/26 ● 04-09 巨 負:モスコー(4-6)
06/28 ● 03-05 神 負:山口(5-4)
06/30 ◯ 03-00 神 勝:久保康(4-4) 本:宮崎(7)

 【勝敗】09勝13敗0分


◇ 2016年7月

07/01 ● 02-06 広 負:井納(5-7)
07/02 ◯ 04-01 広 勝:石田(6-3) S:山崎康(18) 本:筒香(17)
07/03 ● 06-13 広 負:モスコー(4-7) 本:筒香(18, 19), 宮崎(8)
07/05 ◯ 04-00 ヤ 勝:山口(6-4) 本:倉本(1)
07/06 ◯ 08-07 ヤ 勝:田中(1-0) S:山崎康(19) 本:ロペス(15), エリアン(1)
07/07 ◯ 05-03 ヤ 勝:田中(2-0) S:山崎康(20) 本:筒香(20)
07/08 ● 01-03 巨 負:井納(5-8)
07/09 ● 02-05 巨 負:三上(1-2) 本:ロペス(16)
07/10 ● 07-10 巨 負:須田(2-3)
07/11 ● 03-13 中 負:三浦(0-1)
07/12 ◯ 06-05 中 勝:山崎康(2-2) 本:白崎(3), 筒香(21, 22), ロペス(17)
07/13 ◯ 07-02 中 勝:ペトリッ(1-1)
07/18 ● 03-09 ヤ 負:久保康(4-5) 本:宮崎(9), エリアン(2)
07/19 ◯ 09-08 ヤ 勝:三上(2-2) 本:筒香(23, 24), エリアン(3)
07/20 ◯ 09-02 ヤ 勝:熊原(1-0) 本:筒香(25, 26)
07/22 ◯ 03-02 巨 勝:ザガース(2-0) 本:筒香(27, 28)
07/23 ◯ 06-04 巨 勝:ザガース(3-0) S:山崎康(22)
07/24 ● 01-09 巨 負:今永(5-6) 本:ロペス(18)
07/26 ◯ 07-03 中 勝:久保康(5-5) 本:梶谷(6), ロペス(19)
07/27 ◯ 02-00 中 勝:ペトリッ(2-1) S:山崎康(23) 本:筒香(29)
07/28 ● 02-15 中 負:熊原(1-1)
07/29 ◯ 19-03 広 勝:石田(7-3) 本:筒香(30, 31), ロペス(20), 桑原(7), 梶谷(7)
07/30 ◯ 07-05 広 勝:井納(6-8) 本:梶谷(8, 9), 筒香(32)
07/31 ● 04-06 広 負:三上(2-3) 本:桑原(8)

 【表彰】月間MVP野手 筒香 嘉智(02)
 【勝敗】14勝10敗0分

2016筒香

2016筒香文章


◇ 2016年8月

08/02 ● 02-06 神 負:山崎康(2-3) 本:後藤(1)
08/03 ◯ 04-03 神 勝:山口(7-4) 本:梶谷(10), 筒香(33)
08/04 ● 05-07 神 負:ザガース(3-1)
08/05 ● 03-04 中 負:山崎康(2-4) 本:梶谷(11), 筒香(34)
08/06 ◯ 06-04 中 勝:須田(3-3) S:三上(1)
08/07 ◯ 04-01 中 勝:今永(6-6) 本:白崎(4)
08/09 ● 02-05 巨 負:久保康(5-6)
08/10 ● 02-05 巨 負:山口(7-5) 本:宮崎(10)
08/11 ◯ 05-04 巨 勝:ペトリッ(3-1) S:山崎康(26) 本:梶谷(12), 筒香(35)
08/12 ● 02-03 広 負:山崎康(2-5) 本:桑原(9)
08/13 ◯ 02-01 広 勝:須田(4-3)
08/14 ● 02-03 広 負:今永(6-7)
08/17 ● 01-09 ヤ 負:久保康(5-7)
08/19 ● 00-02 中 負:石田(7-4)
08/20 ◯ 02-01 中 勝:山口(8-5) S:山崎康(27) 本:筒香(36)
08/21 ● 00-03 中 負:今永(6-8)
08/23 ● 03-09 神 負:井納(6-9) 本:戸柱(2)
08/24 ● 01-05 神 負:久保康(5-8) 本:梶谷(13)
08/25 ● 03-09 神 負:ペトリッ(3-2) 本:ロペス(21)
08/26 ◯ 11-05 巨 勝:石田(8-4)
08/27 ◯ 07-03 巨 勝:山口(9-5)
08/28 ◯ 06-05 巨 勝:田中(3-0) 本:ロペス(22)
08/30 ● 02-08 広 負:井納(6-10) 本:筒香(37)
08/31 ● 00-03 広 負:三嶋(0-1)

 【勝敗】09勝15敗0分


◇ 2016年9月

09/01 ● 05-06 広 負:田中(3-1) 本:筒香(38)
09/02 ◯ 05-03 神 勝:石田(9-4) 本:ロペス(23), 梶谷(14)
09/03 ◯ 03-02 神 勝:山口(10-5) S:山崎康(28)
09/04 ● 01-03 神 負:田中(3-2) 本:ロペス(24)
09/06 ◯ 06-01 ヤ 勝:井納(7-10)
09/07 ◯ 07-03 ヤ 勝:三嶋(1-1) 本:梶谷(15), 筒香(39)
09/08 ● 03-05 ヤ 負:田中(3-3)
09/10 ◯ 01-00 中 勝:山口(11-5) S:山崎康(29) 本:ロペス(25)
09/11 ● 02-04 中 負:三上(2-4) 本:ロペス(26)
09/13 ◯ 11-03 ヤ 勝:今永(7-8) 本:桑原(10), エリアン(4), ロペス(27), 筒香(40)
09/14 ● 02-03 ヤ 負:井納(7-11)
09/15 ◯ 08-06 神 勝:須田(5-3) S:山崎康(30) 本:桑原(11)
09/16 ● 01-02 神 負:三浦(0-2)
09/17 ◯ 06-03 神 勝:モスコー(5-7) S:山崎康(31) 本:白崎(5)
09/18 ◯ 06-03 広 勝:田中(4-3) 本:ロペス(28, 29)
09/19 ◯ 03-01 広 勝:今永(8-8) 本:ロペス(30)
09/23 ◯ 12-04 巨 勝:砂田(2-2) 本:梶谷(16), ロペス(31, 32), 白崎(6), 筒香(41, 42)
09/24 ◯ 06-05 巨 勝:田中(5-3) 本:ロペス(33), 梶谷(17), 筒香(43)
09/28 ● 05-06 ヤ 負:今永(8-9) 本:筒香(43), 宮崎(11)
09/29 ● 06-11 ヤ 負:三浦(0-1) 本:梶谷(18), エリアン(5), ロペス(34)

 【表彰】月間MVP野手 J. ロペス(初)
 【勝敗】12勝08敗0分

2016ロペス

2016ロペス文章


◇ 2016年 成績

 【勝敗】143試合69勝71敗3分
 【勝率】 .493
 【順位】3位


◇ 2016年 クライマックス シリーズ

10/08 ◯ 05-03 巨 勝:井納(1-0) S:山崎康(1) 本:梶谷(1), 筒香(1), ロペス(1)
10/09 ● 01-02 巨 負:三上(0-1)
10/08 ◯ 04-03 巨 勝:田中(1-0) S:山崎康(2) 本:ロペス(2)

10/12 ● 00-05 広 負:モスコー(0-1)
10/13 ● 00-03 広 負:三嶋(0-1)
10/04 ◯ 03-00 広 勝:井納(1-0) S:山崎康(1)
10/15 ● 07-08 広 負:今永(0-1) 本:梶谷(1), ロペス(1) 


◇ 2016年 表彰選手

 【ベストナイン】
   外野手   筒香 嘉智(02)

 【ゴールデングラブ賞】
   一塁手   J. ロペス(02)

 【打撃部門】
   最多本塁打 筒香 嘉智(初)
   最多打点  筒香 嘉智(初)

 【連盟特別表彰】
   功労賞   三浦 大輔


《レシピ:和食>御飯>魚貝》たらこ飯と銀ダラ西京漬け焼き物、ハマグリのお吸い物 定食


 お料理レシピ、どうしても好みで《和食>御飯>魚貝》のパターンが多くなってしまいますが、鮭+イクラ、ホタテ、カニと来て、今回はたらこです。これでしばらくはネタ切れかと存じます。たいへんおいしくて、他所では食べたことがない一品が作れました。


◇ 材料

 材料は以下の通りです。いつも通りお値段は税抜き価格で表示しております。

1.たらこ 298/2円=149円

 1パック298円で1尾だけ使用しました。

たらこ

2.たけのこ 98円

 炊き込む別の具材としてしめじやエリンギなどのキノコ系や油揚げが挙げられますが、今回はたらこの風味を全面に引き出すことを考え、癖のないたけのこを選択しました。

たけのこ

3.塩昆布

 こちらは100円均一のダイソーで買いましたが、使ったのはごくわずかです。

くらこん

4.はまぐり 179円

 吸い物のはまぐりは中国産でしかも値引き商品と、品質を抑えて安くあげました(涙)。

はまぐり

5.三つ葉 98円

 炊き込みご飯もお吸い物にも三つ葉は不可欠です。一人前ですので半分も使わないのですが98円でした。

みつば

6.銀ダラ西京漬け 298円

 本来はこちらがメインディッシュと言うことになりますが、焼くだけです。

銀たら西京漬け


◇ たらこ飯の前処置

1.たらこ

 あらかじめ、たらこの中身、つぶつぶの卵部分だけを絞り出して皿に取りました。皮はたべちゃいました。

たらこ01

2.塩昆布 みじん切り

 そのままでもいいかと思いましたが、少し細切れに刻んでみました。

くらこん01

くらこん02

3.たけのこ みじん切り

 こちらもみじん切りです。

たけのこ01

4.炊き込み汁

 炊き込みの汁はたらこと塩昆布の塩分を考慮していつもより出汁を少なくしてみました。すなわち、昆布出汁を10cc、甘味を付けようとミリン10cc、酒10ccに水で合計90ccです。

炊き込み汁


◇ たらこ飯の炊き込み

 いつも通り、千葉県産こしひかり1合を使用しました。といだ米に塩昆布、たらこの順で混ぜ合わせ、炊き込み汁を入れてさらにかき混ぜて米と塩昆布とたらこが均等に分布するようにしました。その上からたけのこをならすようにまいて、圧力を8分かけました。

炊飯 くらこん

炊飯 たらこ

炊飯 かき混ぜ

炊飯 だし汁

炊飯 タケノコ

 炊き上がりです。

炊飯 炊き上がり


◇ はまぐりのお吸い物

 こちらが最も時間のかかるため実は最初に始めました。極々とろ火で出汁昆布とハマグリを水から煮て行きます。白い泡が発生したところで昆布は取り除きました。以下に完成形の盛り付けまで写真を掲載します。

はまぐり吸い物01

はまぐり吸い物02

はまぐり吸い物 盛り付け


◇ 完成、盛り付け

 銀ダラの西京漬けを焼いて、きゅうりとカブの自家製糠漬けを添えて定食の完成です。

 定食完成

たらこ飯 盛り付け

たらこ飯 拡大


◇ 総合評価

 たらこ飯は全く均等にたらこが米に付着しており、どこを食べても均一な味わいで、塩加減は丁度よく、みりんが効いてやや甘味を伴う磯の味わいが絶妙でありました。たらこのプリプリした感じに加えてたけのこのシャキシャキした食感も楽しめました。ハマグリの吸い物は絶品でした。まったく出汁を使わない塩とわずかな醤油だけで濃厚な味わい、そうそう食べられない一品です。銀ダラは予定通りでありました。以上、申し分ない味わいに822円の安価での完成、たらこ飯、生まれて初めて食べて、他所では食べられない(売っているのを見たことない)ことを加味して星5つ、満点といたします。

星5つ


《一品:中華>チェーン》どこにでもあるバーミヤンの五目そばにサプライズ


 中華の五目そばはけっこう好きなメニューで横浜中華街でもオーダーすることはしばしばです。ところが、なかなかそこらの中華料理専門とされる店舗で注文しても良いものに出会えません。例えばイオンモールによくある紅虎餃子房の五目中華は餡が多過ぎてどろっとした重苦しさを感じ、また味つけも甘過ぎ、塩辛過ぎと癖が強い一品であります。思わぬところでいい五目そばに出会えましたのでご報告です。

バーミヤン店舗

 なんと!、それはバーミヤンでありました。あまり期待しないで、ただ腹を満たすために入店して、メニューを見て思わず引き込まれました。

五目ラーメンの紹介

 きのこ類、なめことキクラゲですが、これがふんだんに使われているところに斬新なアイデアを感じましたし、具沢山の印象が強く、もしかして掘り出し物かも?、と思わせました。

五目ラーメン

 大正解です。具材は、豚肉、エビ、イカ、ホタテ、白菜、人参、中国菜までは普通ですが、なめことキクラゲはかなりの量が含まれます。特にキクラゲは細かく千切りになったものがあらゆる一口に含まれてきます。味はやはり餡の甘味があって、その下のスープは普通の中華スープでありますので、それほど珍しいものではありませんでした。それにしても、横浜中華街以外ではなかなか出会えなかった良い五目そばに、全国には無数に展開しているチェーン店で出会えるとはサプライズでありました。星3.5でお願いします。

星3.5


上手く負けられなかったラクビーW杯 イングランドの選手たち


 昨日、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝(横浜国際総合競技場)が行われ、準々決勝で日本を下した南アフリカがイングランドを32-12で勝利、3大会ぶり3度目の優勝を果たしました。日本での初開催に加えて日本チームの躍進があり国民の注目が極めて高かった同大会の終わりに少し残念な出来事がありました。

イングランドメダル拒否の記事

 *****

海外メディアはイングランド銀メダル拒否事件を一斉報道。批判的声伝える「不愉快な敗者」「敬意に欠く行為」

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が7日、横浜国際総合競技場で7万人を超えるファンを集めて行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たした。戦前は、名将、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。そのショックと悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェが銀メダルを首にかけられることを拒否。授与された直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも一斉に報じた。

 母国、英国のメトロ紙は、「マロ・イトジェがラグビーW杯決勝で敗戦後、銀メダルを首にかけることを拒む」との見出しを取り、表彰式での行為について報じた。記事は、「試合後、イングランドの選手たちは、ワールドラグビーの現会長で元イングランドとブリティッシュ・ライオンズのキャプテンだったビル・ボーモント氏から銀メダルを受け取るために並んだ。だが、イトジェはボーモントと握手を交わした後、あからさまに首に銀メダルをかけられることを拒否した」と伝えた。

 「マピンピとの衝突で倒され、試合開始わずか2分で退場となったプロップのカイル・シンクラーは銀メダルを受け取った後、即座に首から外した。一番最後に銀メダルを首からかけられたジョーンズ・ヘッドコーチも、南アフリカの選手がW杯トロフィーで祝う表彰台に上がる前にメダルを首から外した」と、その紳士的でない態度を伝えた。
 同じく英国のデイリーメール紙は、「『いりません!』イングランド選手がW杯決勝で南アフリカにこっぴどくやられた後、準優勝のメダルを首からかけられることを拒否して批判を浴びる」との見出しを取って報じた。「イングランドの選手たちがW杯決勝で南アフリカに12-32と圧倒されて敗れた後、準優勝のメダルを首にかけることを拒否し批判を浴びてしまった。シンクラーは試合後のセレモニーの間に(メダルを)むしり取り、キャプテンのオーウェン・ファレルは、南アフリカが優勝トロフィーを掲げる前にメダルを首から外した。イトジェに至っては(メダルを)首にかけることもなかった」と伝えた。
 記事は、「慣例として大会関係者は準優勝チームが銀メダルを受け取る前に表彰式の壇上に記念品をそろえる。(キャプテンの)ファレルに率いられ、チームはビル・ボーモント会長と握手し、慰めとなる表彰を受けた。ロックのイトジェは、銀メダルを首にかけることを拒否して手で受け取り、首にかけることをしなかった。頭の怪我で試合開始2分に交代したプロップのシンクラーは、彼のメダルをすぐに首からはぎ取った」と、表彰式の様子をレポート。
「大会の最後にメダルを即座に外すという汚名を残す行為を犯したイングランド選手に対してファンたちは『不愉快な敗者たち』、『スポーツマン精神に反する』と(SNSなどで)批判的な反応を見せた。ファンの1人は『イングランドはメダルをかけることを拒否するかんしゃくを起こしていた。哀れだ』とつぶやいた」と、ファンがツイッターなどSNSで発信した批判的な声を紹介した。

 ニュージーランドのニュースサイト「スタッフ」も、「イングランドのシンクラーとイトジェがメダルを冷たく扱う」との見出しを取り「イングランドの2選手は、W杯決勝で南アフリカに敗れ2位に終わったことを祝う気分にはならなかった」と伝えた。記事は、「ロックのスター選手、イトジェにとってイングランド代表としてキャリア最悪の1つとなる試合となり、大柄なプロップのシンクラーは、そのイトジェの肘が頭にぶつかったことで試合開始わずか2分に退場し、記憶から消したいような夕刻を過ごした」と、2人がメダルを拒否するに至った理由を説明。「2人はワールドラグビーのボーモント会長から準優勝のメダルを贈られたときに落胆の様子を見せた。ラシー・エラスムス・ヘッドコーチに率いられた素晴らしいスプリングボクスのチームに破壊的に敗れた敗戦を噛みしめる間、銀メダルを首にかけることを拒否した」と紹介し、SNSのユーザーからは「敬意に欠いている」、「無作法だ」といった批判の声が次々とあがったことを伝えた。

 だが、一方でイングランド選手の行為に同情的な声も伝えた。「オンライン上では彼らの行為に対して多くの批判が上がる中で、ウェールズのラグビージャーナリスト、サイモン・トーマス氏は、ツイッターで彼らの態度を擁護した」とし、そのトーマス氏の「(この行為は)どれだけイングランドが落ち込んでいるかを物語っている。彼らはさらに上のものを望んでいたのだ」というコメントを掲載した。

 記事は、最後に「イングランドのジョーンズ・ヘッドコーチもスプリングボクスが表彰台に上がりエリス杯で祝う前にメダルを外した」とし、ジョーンズ・ヘッドコーチの“今後”についても触れている。「オーストラリア人(のジョーンズ)は決勝での敗戦に落胆した。彼が2021年まで契約が残るイングランドを今後も引き続き率いるかどうかは定かでない。(オーストラリア代表ヘッドコーチの)マイケル・チェイカが退任することを受け、ジョーンズが母国のオーストラリアの指導者に復帰する話が取りざたされている。イングランドは今大会の準々決勝でオーストラリアを(40-16で)破った。59歳(のジョーンズ)は、以前に2001年から2005年までワラビーズ(オーストラリア代表の愛称)を率いて2003年のラグビーW杯の決勝へ導いている」とし、ジョーンズ・ヘッドコーチのオーストラリア復帰説をほのめかした。

 ノーサイド精神がラグビーの美徳のひとつ。それをラグビー発祥の地の選手たちが踏みにじったのは、なんとも残念な行為。大きな波紋を起こすことになり、母国だけでなく海外メディアが、これらの行為に注視し批判的に報じるのも当然なのかもしれない。

 *****


 本当の事情、心情は解りませんが、批判することも擁護することも簡単ではありますけれど、はっきり言えることはイングランドの選手たちには残念であったと言うことです。昔から、、、

 上手く勝てば  自信になる
 上手く負ければ 勉強になる

 下手に勝つと  慢心する
 下手に負けると 卑屈になる


 と言われてます。イングランドの選手たちは上手く負けることができなかった。負けを受け入れられない心情となってしまった。自分たちの銀メダルを受け入れられないのであれば、南アフリカの優勝も称えることはできなかったでしょう。それは残念でありました。特別、大会そのものを汚すものとは思いませんが、アスリートのスピリッツに触れる出来事だったと記事全文を記録させていただきました。

2015年 平成27年 横浜DeNAベイスターズの記録(第一版)


◇ 2015年 監督・コーチ

 【一 軍】 
   監  督    中畑  清
   ヘッド     進藤 達哉
   投  手    川村 丈夫
   投  手    篠原 貴行
   バッテリー   新沼 慎二
   打  撃    大村  巌
   打  撃    坪井 智哉
   内野守備    馬場 敏史
   外野守備    小池 正晃

 【二 軍】 
   監  督    山下 大輔
   総合・外野守備 二宮  至
   投  手    島田 直也
   投手・育成担当 有働 克也
   バッテリー   山下 和彦
   打  撃    高須 洋介
   打  撃    嶋村 一輝
   内野守備    万永 貴司


◇ 2015年3、4月

03/27 ● 02-03 巨 負:久保(0-1) 本:筒香(1),関根(1)
03/28 ◯ 10-02 巨 勝:山口(1-0) 本:ロペス (1),筒香(2)
03/29 ● 03-11 巨 負:三嶋(0-1)
03/31 ◯ 07-06 広 勝:国吉(1-0) S:山崎康(1) 本:バルディ(1)
04/01 ◯ 07-04 広 勝:モスコー(1-0) 本:ロペス(2)
04/02 ◯ 03-02 広 勝:林(1-0)
04/03 ● 00-08 ヤ 負:久保(0-2)
04/04 ● 02-06 ヤ 負:エレラ(0-1) 本:筒香(3)
04/05 ◯ 02-01 ヤ 勝:三嶋(1-1) S:山崎康(2) 本:バルディ(2)
04/07 ◯ 08-03 神 勝:井納(1-0) 本:ロペス(3)
04/08 ◯ 06-01 神 勝:モスコー(2-0)
04/09 ◯ 02-01 神 勝:高崎(1-0) S:山崎康(3)
04/10 ● 02-06 中 負:エレラ(0-2)
04/11 ◯ 08-06 中 勝:山口(2-0) S:山崎康(4) 本:ロペス(4,5),黒羽根(1)
04/12 ● 02-03 中 負:林(1-1) 本:ロペス(6)
04/15 ● 00-03 巨 負:モスコー(2-1)
04/16 ● 01-07 巨 負:高崎(1-1) 本:バルディ(3)
04/17 ● 01-03 ヤ 負:井納(1-1)
04/18 ● 00-04 ヤ 負:山口(2-1)
04/19 ● 08-09 ヤ 負:小杉(0-1) 本:荒波(1),筒香(4)
04/21 ● 03-05 神 負:山崎康(0-1) 本:後藤(1)
04/22 ◯ 07-04 神 勝:モスコー(3-1) S:山崎康(5) 本:筒香(5),荒波(2)
04/24 ◯ 08-01 中 勝:井納(2-1) 本:筒香(6)
04/25 ◯ 05-02 中 勝:山口(3-1) 本:嶺井(1)
04/26 ◯ 05-03 中 勝:国吉(2-0) S:山崎康(6)
04/28 ◯ 01-00 広 勝:久保(1-2) S:山崎康(7)
04/29 ● 02-09 広 負:高橋(0-1)
04/30 ◯ 01-00 広 勝:三嶋(2-1) S:山崎康(8) 本:梶谷(1)

 【表彰】月間MVP打者 梶谷 隆幸(初)
 【勝敗】15勝13敗00分

2015年 梶谷
2015年 梶谷文章


◇ 2015年5月

05/01 ● 01-03 中 負:井納(2-2)
05/02 ◯ 05-03 中 勝:エレラ(1-2) S:山崎康(9)
05/03 ◯ 04-03 中 勝:小杉(1-1) S:山崎康(10) 本:梶谷(2)
05/04 ◯ 06-01 ヤ 勝:久保(2-2) 本:筒香(7),白崎(1)
05/05 ◯ 05-04 ヤ 勝:三浦(1-0) S:山崎康(11) 本:高城(1)
05/06 ◯ 04-02 ヤ 勝:三嶋(3-1) S:山崎康(12)
05/08 ◯ 06-05 巨 勝:エレラ(2-2) S:山崎康(13)
05/09 ● 01-02 巨 負:小杉(1-2)
05/10 ◯ 04-02 巨 勝:田中(1-0) S:山崎康(14)
05/13 ◯ 06-03 中 勝:久保(3-2) S:山崎康(15) 本:ロペス(7),石川(1)
05/14 ◯ 04-03 中 勝:三嶋(4-1) S:山崎康(16) 本:井出(1)
05/15 ◯ 06-05 広 勝:長田(1-0) S:田中(1) 本:バルディ(4)
05/16 ◯ 02-01 広 勝:井納(3-2) 本:バルディ(5)
05/17 ● 01-02 広 負:須田(0-1)
05/19 ● 01-02 ヤ 負:久保(3-3)
05/20 ◯ 02-00 ヤ 勝:三浦(2-0) S:山崎康(17) 本:筒香(8,9)
05/21 ● 03-04 ヤ 負:小杉(1-3) 本:筒香(10)
05/22 ◯ 06-05 神 勝:山崎康(1-1) 本:筒香(11)
05/23 ● 02-04 神 負:安部(0-1)
05/24 ◯ 08-06 神 勝:須田(1-1) S:国吉(1)
05/26 ● 03-10 オ 負:久保(3-4) 本:井出(2)
05/27 ◯ 04-02 オ 勝:三浦(3-0) S:山崎康(18) 本:バルディ(6),ロペス(8)
05/28 ● 03-04 オ 負:三嶋(4-2)
05/29 ● 03-04 ロ 負:大原(0-1) 本:後藤(2)
05/30 ◯ 05-01 ロ 勝:井納(4-2)
05/31 ● 05-09 ロ 負:須田(1-2)

 【表彰】月間MVP打者 筒香 嘉智(初)
 【勝敗】16勝10敗00分

2015年 筒香
2015年筒香文章


◇ 2015年6月

06/02 ◯ 06-05 ソ 勝:国吉(3-0) S:山崎康(19) 本:梶谷(3),バルディ(7),井出(3)
06/03 ● 02-04 ソ 負:国吉(3-1) 本:井出(4)
06/04 ● 00-08 ソ 負:モスコー(3-2)
06/05 △ 03-03 西 本:ロペス(9)
06/06 ● 01-05 西 負:井納(4-3) 本:ロペス(10)
06/07 ● 03-09 西 負:三嶋(4-3) 本:ロペス(11)
06/09 ● 02-03 楽 負:山崎康(1-2) 本:白崎(2)
06/10 ● 04-05 楽 負:田中(1-1) 本:荒波(3)
06/11 ● 05-07 楽 負:岡島(0-1) 本:乙坂(1)
06/12 ● 07-08 日 負:国吉(3-2) 本:ロペス(12),梶谷(4)
06/13 ● 02-03 日 負:井納(4-4)
06/14 ● 01-03 日 負:砂田(0-1)
06/19 ● 01-03 広 負:井納(4-5)
06/20 ● 04-08 広 負:モスコー(3-3) 本:ロペス(13)
06/23 ◯ 07-02 巨 勝:久保(4-4) 本:筒香(12)
06/24 ◯ 03-01 巨 勝:田中(2-1) S:山崎康(20)
06/27 ● 03-05 神 負:田中(2-2)
06/28 ● 02-06 神 負:三浦(3-1)
06/30 ◯ 01-00 中 勝:久保(5-4)

 【勝敗】04勝14敗01分


◇ 2015年7月

07/01 ● 05-08 中 負:砂田(0-2)
07/03 ◯ 04-03 神 勝:長田(2-0) 本:後藤(3)
07/04 ● 06-07 神 負:山口(3-2) 本:倉本(1), 後藤(4)
07/05 ● 01-08 神 負:三浦(3-2)
07/07 ◯ 03-01 広 勝:久保(6-4) S:山崎康(21)
07/08 ◯ 07-01 広 勝:砂田(1-2) 本:倉本(2), 桑原(1)
07/10 ● 02-04 ヤ 負:井納(4-6) 本:バルディ(8)
07/11 ● 01-05 ヤ 負:山口(3-3)
07/12 ◯ 03-00 ヤ 勝:三浦(4-2) S:山崎康(22) 本:ロペス(14), バルディ(9)
07/13 ◯ 07-04 巨 勝:久保(7-4) S:山崎康(23) 本:梶谷(5), 松本(1)
07/14 ◯ 10-03 巨 勝:萬谷(1-0) 本:筒香(13), ロペス(15), 梶谷(6)
07/15 ◯ 03-02 巨 勝:山崎康(2-2)
07/20 ● 06-08 ヤ 負:久保(7-5) 本:筒香(14), 白崎(3)
07/21 ● 03-17 ヤ 負:三浦(4-3) 本:筒香(15), 乙坂(2)
07/22 ● 01-02 ヤ 負:石田(0-1)
07/24 ● 00-03 神 負:井納(4-7)
07/25 ◯ 05-02 神 勝:小杉(2-3) S:山崎康(24) 本:白崎(4)
07/26 ● 00-03 神 負:山口(3-4)
07/28 ● 03-11 巨 負:久保(7-6)
07/29 ● 03-05 巨 負:エレラ(2-3)
07/30 ● 01-02 巨 負:エレラ(2-4)
07/31 ◯ 10-04 広 勝:小杉(3-3) 本:ロペス(16)

 【勝敗】09勝13敗00分


◇ 2015年8月

08/01 ◯ 02-01 広 勝:高崎(2-1) S:山崎康(25)
08/02 ● 04-05 広 負:平田(0-1) 本:梶谷(7)
08/04 ◯ 05-04 中 勝:久保(8-6) S:山崎康(26)
08/05 ● 04-06 中 負:平田(0-2)
08/06 ◯ 02-01 中 勝:石田(1-1) S:山崎康(27)
08/07 ◯ 07-04 神 勝:砂田(2-2) S:山崎康(28) 本:乙坂(3)
08/08 ● 02-05 神 負:高崎(2-2)
08/09 ● 02-03 神 負:モスコー(3-4)
08/11 ● 01-02 巨 負:久保(8-7) 本:ロペス(17)
08/12 ● 07-06 巨 負:三浦(4-4) 本:白崎(5), 筒香(16), バルディ(10)
08/13 ◯ 03-02 巨 勝:長田(3-0) S:山崎康(29) 本:筒香(17)
08/14 ● 04-08 広 負:砂田(2-3)
08/15 ◯ 02-01 広 勝:エレラ(3-4) S:山崎康(30)
08/16 ● 02-07 広 負:モスコー(3-5)
08/18 ◯ 03-01 ヤ 勝:エレラ(4-4) S:山崎康(31) 本:梶谷(8), 筒香(18)
08/19 ● 03-08 ヤ 負:三浦(4-5)
08/20 ◯ 02-01 ヤ 勝:石田(2-1) S:山崎康(32) 本:白崎(6), 嶺井(2)
08/21 ● 02-03 神 負:砂田(2-4) 本:下園(1)
08/22 ● 02-07 神 負:三嶋(4-4) 本:バルディ(11)
08/23 ● 01-03 神 負:モスコー(3-6)
08/25 ● 04-05 中 負:長田(3-1)
08/26 ● 03-04 中 負:山口(3-5) 本:ロペス(18)
08/27 ● 03-05 中 負:石田(2-2) 本:ロペス(19)
08/28 ◯ 06-03 広 勝:三嶋(5-4) 本:筒香(19), ロペス(20)
08/29 ● 02-03 広 負:山崎康(2-3)
08/30 ◯ 08-04 広 勝:須田(2-2) 本:ロペス(21), 嶺井(3)

 【勝敗】10勝16敗00分


◇ 2015年9、10月

09/01 ◯ 06-05 中 勝:エレラ(5-4) S:山崎康(33) 本:ロペス(22)
09/02 ◯ 03-02 中 勝:三浦(5-5) S:山崎康(34)
09/03 ● 01-04 中 負:石田(2-3)
09/04 ● 07-08 巨 負:山崎康(2-4) 本:梶谷(9, 10), ロペス(23), バルディ(12)
09/05 ◯ 06-05 巨 勝:砂田(3-4) S:須田(1) 本:荒波(4), 梶谷(11), ロペス(24)
09/10 ● 01-03 ヤ 負:石田(2-4) 本:宮崎(1)
09/12 ● 03-06 巨 負:三嶋(5-5)
09/13 ● 00-03 巨 負:井納(4-8)
09/15 ● 01-02 ヤ 負:岡島(0-2)
09/16 ● 01-09 ヤ 負:ビロウ(0-1)
09/18 ◯ 03-02 神 勝:三上(1-0) S:山崎康(35)
09/19 ◯ 07-05 神 勝:井納(5-8) S:山崎康(36) 本:筒香(20), 嶺井(4)
09/20 ◯ 06-04 広 勝:長田(4-1) S:山崎康(37)
09/21 ● 02-03 広 負:山口(3-6)
09/22 ◯ 10-06 中 勝:三浦(6-5) 本:筒香(21), 嶺井(5)
09/23 ● 01-04 中 負:高崎(2-3)
09/24 ● 02-04 ヤ 負:石田(2-5) 本:梶谷(12)
09/26 ◯ 03-02 中 勝:須田(3-2) 本:筒香(22), バルディ(13)
09/28 ● 03-08 広 負:砂田(3-4) 本:飛雄馬(1)
09/29 ● 03-04 神 負:三上(1-1)
10/02 ● 01-04 巨 負:石田(2-6) 本:ロペス(25)
10/03 ● 05-07 巨 負:三浦(6-6) 本:梶谷(13), 筒香(23, 24)

 【勝敗】08勝14敗00分


◇ 2015年 成績

 【勝敗】144試合62勝80敗01分
 【勝率】 .437
 【順位】6位


◇ 2015年 表彰選手

 【最優秀新人】
       山崎 康晃

 【ベストナイン】
   外野手 筒香 嘉智(初)

 【連盟特別表彰】
   特別賞 山崎 康晃



 

《レシピ:和食>御飯>魚貝》カニ飯と紅鮭、しじみのすまし汁定食


 御飯物第三弾、ホタテ飯の成功に気をよくしてカニ飯に挑戦です。最近、なかなか良いカニ缶に恵まれず、つまらないズワイガニのほぐし身を使用しました。例によって一人前、値段は税抜き価格です。


◇ 材料

1.ズワイガニほぐし身 498円x2個、996円

 1つでは足りないのでは?、贅沢して2缶としました。これだけで1000円です。

ズワイガニ

2.カットぶなしめじ 94円

 炊き込みご飯の具材、タケノコ、舞茸、油揚げを使って来ましたが、今回はカニの風味を生かす脇役としてしめじかエリンギを考えました。ちょうどカットされて安いのがありましたのでこちらで決定です。

しめじ

3.紅鮭 216円

 おかずですので本来はメインディッシュなのですが、こころは完全にカニ飯へ行っており、適当に美味しげなのを買ってきました。

紅鮭

4.しじみ 413円

 千葉県産で粒が大きいものが手に入りました。カニ飯に対して味噌汁ではどうかな?、と考えすまし汁を作ってみました。

しじみ

5.もずく 94円

 添え物として黒酢もずくをご用意しました。

もずく

6.三つ葉 138円

 これまで、無駄になってしまうから、と言う理由で炊き込みご飯に添える香菜は省略しておりましたが、今回はしじみの汁もありますし三つ葉を追加いたしました。

みつば


◇ カニ飯の下準備から炊き込みまで

1.ズワイガニ缶の分離

 まず、ズワイガニ缶を皿に取り液体を絞り分けました。もちろん液体成分は米を炊く汁にするためです。

かに前処置

2.炊き込み汁の作成

 今回は、これまでの経験を踏まえ「昆布つゆ塩だし」を20ccとして、出汁対その他を2:7にしました。

だし汁計測

 さらに色つけと醤油風味のため「伊勢醤油」を1ccほど加えて、先に分離したカニ缶の汁、そこに日本酒を添加してトータル90ccとしました。従って水は一切入れませんでした。

伊勢醤油

醤油と酒を追加

3.炊き込み

 ここで一工夫をこらしました。カニのほぐし身を全部入れるのではなく半分を米と一緒に炊き込んで、半分は炊き上がったご飯のうえにまぶす方針としました。お米と炊き込み汁にカニを入れてかき混ぜます。

米にかに追加

 しめじを上に添加してならします。

しめじ追加

 いつもの電気圧力鍋で8分の圧をかけて出来上がり、かき混ぜます。

炊き上がり

かき混ぜ


◇ しじみのすまし汁

 こちらは一気に盛り付けまで、、、。

1.しじみの煮込み

 洗ったしじみに適当な水と昆布を加えて、火力最小のとろ火で煮てまいります。沸騰したら昆布を取って味付けは適当です。塩をメインに醤油を数滴垂らす程度です。

しじみ煮込み01

しじみ汁完成

2.出来上がり

 お椀に入れて三つ葉を加えれば完成です。肝臓に良さそうですね!

しじみすまし汁


◇ ご飯の盛り付けと定食の完成

 お重にカニ飯を入れて、その上からよけておいたほぐし身の残りをまぶします。最後に三つ葉を添えてカニ飯の盛り付け完成です。

かに飯完成

 別に用意した焼き紅鮭ともずく、さらには自家製のきゅうりのぬか漬けを添えて定食の完成です。

かに飯と紅鮭、もずく添えの定食


◇ 総評

 これまでに経験ないほどにリッチで美味しくできました。カニの分量、味付けともに大成功!、砂糖は入れていないのにカニの甘みを感じる豊かな味わいでした。しじみ汁はちょっと出汁が弱かったかな?、と思われましたが、こちらもなかなか食べられない一品です。ちょっと費用がかかりすぎは減点として、自分で作ったものですが、星4.5とします。

星4.5

2014年 平成26年 横浜DeNAベイスターズの記録(第一版)


◇ 2014年 監督・コーチ

 【一 軍】 
   監  督    中畑  清
   総合・内野守備 馬場 敏史
   打撃・作戦担当 進藤 達哉
   打  撃    小池 正晃
   投  手    川村 丈夫
   投  手    篠原 貴行
   バッテリー   新沼 慎二
   外野守備    蓬莱 昭彦

 【二 軍】 
   監督・打撃   大村  巌
   総合・外野守備 二宮  至
   投  手    木塚 敦志
   バッテリー   山下 和彦
   打  撃    嶋村 一輝
   内野守備    万永 貴司
   投手・育成担当 岡本 克道
   育  成    高浦己佐緒


◇ 2014年3、4月

03/28 ● 01-09 ヤ 負:三嶋(0-1)
03/29 ◯ 05-04 ヤ 勝:井納(1-0) S:ソーサ(1) 本:バルディ(1), 山崎(1)
04/01 ● 01-02 巨 負:長田(0-1)
04/02 ● 09-15 巨 負:山口(0-1) 本:梶谷(1), 石川(1), 井出(1)
04/04 ● 01-02 広 負:菊地(0-1)
04/05 ◯ 09-06 広 勝:井納(2-0) S:ソーサ(2)
04/06 ● 00-01 広 負:モスコー(0-1)
04/08 ◯ 06-05 神 勝:久保(1-0) S:ソーサ(3) 本:ブランコ(1)
04/09 ● 03-04 神 負:長田(0-2) 本:ブランコ(2)
04/10 ● 05-06 神 負:ソーサ(0-1) 本:荒波(1)
04/11 ● 05-06 ヤ 負:三浦(0-1) 本:梶谷(2)
04/12 ◯ 05-04 ヤ 勝:井納(3-0) 本:筒香(1)
04/13 ● 02-04 ヤ 負:モスコー(0-2)
04/15 ● 06-11 中 負:久保(1-1) 本:バルディ(2)
04/16 ● 01-07 中 負:尚成(0-1)
04/17 ● 05-06 中 負:ソーサ(0-2) 本:バルディ(3)
04/18 ● 02-11 広 負:三浦(0-2)
04/19 ● 01-07 広 負:井納(3-1)
04/20 ◯ 12-02 広 勝:モスコー(1-2) 本:筒香(2, 3), バルディ(4)
04/22 ● 01-04 巨 負:久保(1-2)
04/23 ● 01-04 巨 負:長田(0-3)
04/25 ● 04-14 神 負:三嶋(0-2) 本:バルディ(5), 梶谷(3)
04/26 ● 01-07 神 負:井納(3-2)
04/27 ◯ 08-04 神 勝:モスコー(2-2)
04/29 ◯ 06-02 中 勝:藤江(1-0) 本:荒波(2)

 【勝敗】07勝18敗


◇ 2014年5月

05/01 ◯ 12-06 中 勝:大原(1-0)
05/03 ◯ 09-04 広 勝:井納(4-2) 本:梶谷(4, 5)
05/04 ● 02-05 広 負:モスコー(2-3) 本:石川(2)
05/05 ● 02-05 広 負:加賀美(0-1) 本:石川(3), 梶谷(6)
05/06 ◯ 02-01 巨 勝:久保(2-2) S:三上(1)
05/07 ● 02-10 巨 負:尚成(0-2) 本:後藤(1), バルディ(6)
05/08 ◯ 07-06 巨 勝:大原(2-0) S:三上(2) 本:筒香(4, 5), 山崎(2)
05/09 ◯ 05-03 ヤ 勝:井納(5-2) S:三上(3) 本:梶谷(7)
05/10 ◯ 02-01 ヤ 勝:モスコー(3-3) S:三上(4) 本:バルディ(7)
05/11 ◯ 03-02 ヤ 勝:長田(1-3)
05/13 ● 02-07 中 負:久保(2-3) 本:バルディ(8)
05/14 ● 02-07 中 負:尚成(0-3)
05/15 ● 02-06 中 負:加賀(0-1) 本:筒香(6)
05/16 ◯ 03-01 神 勝:井納(6-2) S:三上(5)
05/17 ● 00-04 神 負:モスコー(3-4)
05/18 ● 01-04 神 負:藤江(1-1)
05/20 ◯ 03-02 楽 勝:久保(3-3) S:三上(6)
05/22 ● 00-04 楽 負:尚成(0-4)
05/23 ◯ 05-00 日 勝:井納(7-2) 本:ブランコ(3)
05/24 ● 00-08 日 負:モスコー(3-5)
05/25 ● 01-07 オ 負:加賀美(0-2)
05/26 ◯ 05-04 オ 勝:長田(2-3)
05/28 ● 04-06 ソ 負:長田(2-4)
05/29 ◯ 06-05 ソ 勝:長田(3-4) 本:ブランコ(4), 柳田(1)
05/31 ◯ 04-01 ロ 勝:国吉(1-0) S:三上(7) 本:乙坂(1)

 【表彰】月間MVP投手 井納 翔一(初)
 【勝敗】13勝12敗

2014年 井納
2014 井納文章


◇ 2014年6月

06/01 ◯ 01-00 ロ 勝:山口(1-1) S:三上(8)
06/03 ◯ 05-02 西 勝:久保(4-3) 本:筒香(7)
06/04 ● 00-01 西 負:三浦(0-3)
06/08 ◯ 05-01 楽 勝:山口(2-1) 本:筒香(8)
06/09 ● 00-10 楽 負:久保(4-4)
06/11 ● 05-08 オ 負:井納(7-3) 本:グリエル(1), 下園(1)
06/12 ● 05-09 オ 負:国吉(1-1)
06/14 ● 02-04 ソ 負:三浦(0-4)
06/15 ◯ 05-01 ソ 勝:山口(3-1) S:三上(9)
06/17 ● 04-06 ロ 負:ソーサ(0-3) 本:井出(2)
06/18 ◯ 11-06 ロ 勝:井納(8-3) 本:後藤(2), 井出(3)
06/21 ◯ 08-07 西 勝:林(1-0) 本:グリエル(2), 後藤(2), 多村(1)
06/22 ◯ 04-03 西 勝:萬谷(1-0) S:三上(10)
06/25 ● 02-04 日 負:山口(3-2)
06/26 ◯ 02-01 日 勝:久保(5-4) S:三上(11)
06/27 ● 00-06 広 負:井納(8-4)
06/28 ◯ 07-04 広 勝:モスコー(4-5) S:三上(12) 本:後藤(4), グリエル(3), 筒香(9)
06/29 ● 05-07 広 負:三上(0-1) 本:グリエル(4)

 【表彰】月間MVP投手 山口  俊(02)
 【勝敗】9勝9敗

2014年 山口01
2014年 山口01文章


◇ 2014年7月

07/01 ● 04-12 中 負:山口(3-2) 本:筒香(10), 山口(1)
07/02 ◯ 06-02 中 勝:久保(6-4)
07/04 ● 02-03 楽 負:井納(8-5)
07/05 ● 00-03 楽 負:モスコー(4-6)
07/06 ● 06-12 楽 負:加賀美(0-3) 本:石川(4)
07/09 ◯ 03-00 巨 勝:久保(7-4) S:三上(13) 本:後藤(5)
07/11 ◯ 10-01 ヤ 勝:井納(9-5) 本:梶谷(8, 9), 黒羽根(1)
07/12 ◯ 07-01 ヤ 勝:モスコー(5-6) 本:グリエル(5), 筒香(11), モスコー(1)
07/13 ◯ 08-04 ヤ 勝:三浦(1-4) 本:グリエル(6)
07/14 △ 05-05 広 本:筒香(12)
07/15 ◯ 10-07 広 勝:久保(8-4) S:林 本:筒香(13, 14)
07/16 ● 07-11 広 負:土屋(0-1) 本:筒香(15, 16)
07/21 △ 04-04 中 本:ブランコ(5)
07/22 ● 03-07 中 負:久保(8-5) 本:ブランコ(6)
07/23 ● 03-06 中 負:林(1-1) 本:石川(5)
07/25 ◯ 03-02 ヤ 勝:井納(10-5) 本:筒香(17)
07/26 ◯ 07-01 ヤ 勝:モスコー(6-6) 本:バルディ(9), 柳田(2)
07/27 ◯ 10-01 ヤ 勝:三浦(2-4) 本:荒波(3), ブランコ(7), 後藤(6)
07/29 ◯ 09-01 巨 勝:久保(9-5)
07/30 ● 02-03 巨 負:山口(3-3) 本:バルディ(10)

 【勝敗】10勝8敗02分


◇ 2014年8月

08/01 ● 04-05 神 負:大原(2-1) 本:バルディ(11)
08/05 ◯ 07-06 巨 勝:林(2-1) 本:ブランコ(8)
08/06 ◯ 06-02 巨 勝:山口(4-3) 本:多村(2)
08/07 ◯ 10-01 巨 勝:三浦(3-4) 本:石川(6)
08/08 ● 03-12 ヤ 負:井納(10-6)
08/09 ◯ 05-04 ヤ 勝:モスコー(7-6) 本:筒香(18)
08/10 ◯ 06-03 ヤ 勝:高崎(1-0) S:三上(14) 本:ブランコ(9), 多村(3)
08/12 ◯ 06-04 中 勝:久保(10-5) S:三上(15) 本:石川(7)
08/13 ● 04-05 中 負:長田(3-5) 本:バルディ(12)
08/14 ◯ 02-00 中 勝:三浦(4-4) S:三上(16)
08/15 ● 04-07 神 負:国吉(1-2)
08/16 ◯ 08-02 神 勝:モスコー(8-6) 本:梶谷(10)
08/17 ● 02-05 神 負:高崎(1-1) 本:ブランコ(10), バルディ(13)
08/19 ● 00-08 広 負:久保(10-6)
08/20 ● 09-11 広 負:小林太志(0-1)
08/21 ◯ 03-00 広 勝:三浦(5-4) S:三上(17)
08/23 ● 02-04 ヤ 負:ソト(0-1) 本:多村(4)
08/24 ● 01-02 ヤ 負:井納(10-7) 本:バルディ(14)
08/26 ◯ 07-00 中 勝:久保(11-6) 本:グリエル(7), 梶谷(11), ブランコ(11), 柳田(3)
08/27 ◯ 08-01 中 勝:山口(5-3)
08/28 ◯ 06-05 中 勝:大原(3-1) S:長田(1)
08/29 ● 00-03 巨 負:尚成(0-5)
08/30 ◯ 05-04 巨 勝:長田(4-5) 本:ブランコ(12), グリエル(8)
08/31 ◯ 05-03 巨 勝:井納(11-7) S:三上(18) 本:ブランコ(13)

 【表彰】月間MVP投手 三浦 大輔(04)
 【勝敗】14勝10敗

2014年 三浦
2014年 三浦文章


◇ 2014年9、10月

09/02 ● 03-04 神 負:三上(0-2)
09/03 ◯ 03-01 神 勝:山口(6-3) 本:バルディ(15)
09/04 ● 03-05 神 負:三浦(5-5) 本:ブランコ(14)
09/05 ● 00-08 広 負:尚成(0-6)
09/06 ● 00-01 広 負:モスコー(8-7)
09/07 ◯ 11-04 広 勝:加賀(1-1) 本:グリエル(9), ブランコ(15)
09/09 ◯ 03-00 ヤ 勝:久保(12-6) 本:梶谷(12), バルディ(16)
09/10 ◯ 02-00 ヤ 勝:山口(7-3) 本:梶谷(13)
09/11 ● 02-03 ヤ 負:三上(0-3)
09/12 ● 00-04 巨 負:三浦(5-6)
09/13 ● 00-02 巨 負:モスコー(8-8)
09/14 ◯ 03-00 巨 勝:長田(5-5) S:三上(19) 本:グリエル(10)
09/15 ◯ 04-03 中 勝:三上(1-3) 本:梶谷(14), ブランコ(16)
09/16 ● 00-06 中 負:山口(7-4)
09/17 ● 01-02 中 負:高崎(1-2) 本:グリエル(11)
09/19 ◯ 08-05 広 勝:モスコー(9-8) 本:梶谷(15)
09/20 ● 01-03 広 負:井納(11-8)
09/21 ● 02-03 広 負:林(2-2)
09/23 ◯ 02-01 神 勝:田中(1-0) 本:ブランコ(17)
09/24 ● 04-06 神 負:三上(1-4) 本:筒香(19)
09/25 ◯ 05-04 神 勝:加賀(2-1) S:国吉(1) 本:筒香(20)
09/26 ● 03-06 巨 負:井納(11-9)
09/27 ◯ 07-05 巨 勝:高崎(2-2) S:国吉(2) 本:バルディ(17)
09/28 ◯ 04-03 巨 勝:ソト(1-1) 本:桑原(1), 柳田(4)
09/29 ● 00-01 神 負:国吉(1-3)
09/30 ◯ 01-00 神 勝:山口(8-4)
10/01 ● 02-04 中 負:モスコー(9-9) 本:黒羽根(2)
10/02 ● 01-04 中 負:須田(0-1) 本:後藤(7)
10/03 ◯ 06-03 巨 勝:三嶋(1-2) S:三上(20) 本:筒香(21), 梶谷(16)
10/04 ● 00-04 巨 負:高崎(2-3)
10/06 ● 06-07 ヤ 負:山口(8-5) 本:筒香(22)
10/07 ◯ 04-03 ヤ 勝:国吉(2-3) S:三上(21) 本:白崎(1)

 【表彰】月間MVP投手 山口  俊(03)
 【勝敗】14勝18敗

2014山口02
2014年 山口02文章


◇ 2014年 成績

 【勝敗】144試合67勝75敗2分
 【勝率】 .472
 【順位】5位


◇ 2014年 表彰選手

 【打撃部門】
   盗塁王     梶谷 隆幸(初)

 【連盟特別表彰】
   スピードアップ 三浦 大輔

2013年 平成25年 横浜DeNAベイスターズの記録(第一版)


◇ 2013年 監督・コーチ

 【一 軍】 
  監  督    中畑  清
  野手総合    二宮  至
  チーフ・打撃  高木  豊
  投  手    友利  結
  投  手    川村 丈夫
  バッテリー   山下 和彦
  打  撃    波留 敏夫
  内野守備    馬場 敏史
  外野守備    蓬莱 昭彦

 【二 軍】 
  監  督    山下 大輔
  チーフ・打撃  高木 由一
  投  手    木塚 敦志
  投  手    岡本 克道
  バッテリー   高浦己佐緒
  打  撃    大村  巌
  内野守備    万永 貴司
  内野守備    中根  仁
  育成バッテリー 新沼 慎二


◇ 2013年3、4月

03/29 ◯ 04-03 中 勝:吉川(1-0) S:山口(1)
03/30 ◯ 04-02 中 勝:三浦(1-0) S:山口(2)
03/31 ● 03-08 中 負:鄭(0-1) 本:ブランコ(1)
04/03 ● 08-10 巨 負:加賀(0-1) 本:ブランコ(2)
04/04 ● 04-07 巨 負:井納(0-1) 本:中村(1)
04/05 ◯ 02-01 ヤ 勝:高崎(1-0) S:山口(3)
04/06 ◯ 06-03 ヤ 勝:土屋(1-0) S:山口(4) 本:ラミレス(1), 石川(1)
04/07 ● 06-10 ヤ 負:吉川(1-1) 本:ブランコ(3, 4, 5), 中村(2)
04/09 ● 02-09 広 負:ソト(0-1) 本:ブランコ(6)
04/10 ● 01-05 広 負:井納(0-2)
04/11 ◯ 06-02 広 勝:小杉(1-0) 本:多村(1)
04/12 ● 00-02 神 負:高崎(1-1)
04/13 ◯ 06-01 神 勝:藤井(1-0)
04/14 ● 00-04 神 負:三浦(1-1)
04/16 ◯ 06-03 広 勝:山口(1-0)
04/17 ● 00-01 広 負:井納(0-3)
04/18 ● 05-06 広 負:山口(1-1) 本:ブランコ(7)
04/19 ◯ 04-01 中 勝:山口(2-1) 本:ブランコ(8)
04/20 ◯ 04-02 中 勝:加賀(1-1) S:山口(5) 本:ブランコ(9)
04/21 ◯ 04-03 中 勝:吉川(2-1) 本:ブランコ(10)
04/23 ● 07-08 巨 負:ソト(0-2) 本:ブランコ(11, 12)
04/24 ● 01-17 巨 負:井納(0-4)
04/25 ● 03-05 巨 負:小杉(1-1) 本:石川(2)
04/26 ● 05-10 神 負:高崎(1-2) 本:後藤(1)
04/27 ◯ 09-01 神 勝:藤井(2-0) 本:ブランコ(13)
04/28 ● 03-05 神 負:三浦(1-2) 本:松本(1)
04/29 ● 03-12 ヤ 負:土屋(1-1) 本:松本(2), ブランコ(14)
04/30 ◯ 05-04 ヤ 勝:山口(3-1) S:ソーサ(1) 本:ブランコ(15), 中村(3)

 【表彰】月間MVP打者 ブランコ(03)
 【勝敗】12勝16敗

2013年 ブランコ
2013年 ブランコ文章


◇ 2013年5月

05/01 ◯ 05-04 ヤ 勝:山口(4-1) 本:中村(4), ブランコ(16), 金城(1)
05/03 ● 00-04 中 負:高崎(1-3)
05/04 ◯ 11-01 中 勝:藤井(3-0) 本:松本(3), 金城(2)
05/05 ◯ 09-04 中 勝:藤江(1-0)
05/06 ◯ 03-02 広 勝:三浦(2-2) S:山口(6)
05/07 ◯ 07-03 広 勝:井納(1-4)
05/08 ● 02-03 広 負:小杉(1-2)
05/10 ◯ 12-10 巨 勝:ソーサ(1-0) 本:ブランコ(18), 中村(5), 多村(2, 3), モーガン(1)
05/11 ● 04-05 巨 負:藤江(1-1) 本:多村(4)
05/12 ● 00-01 巨 負:ソーサ(1-1)
05/14 ● 03-07 楽 負:三浦(2-3) 本:ブランコ(19)
05/15 ● 05-07 楽 負:小林寛(0-1)
05/17 ● 05-06 日 負:山口(4-2)
05/18 ◯ 08-04 日 勝:高崎(2-3) 本:ブランコ(20)
05/19 ● 01-02 オ 負:三嶋(0-1)
05/20 ◯ 04-01 オ 勝:三浦(3-3) S:ソーサ(2)
05/22 ● 01-07 ソ 負:鄭(0-2)
05/23 ◯ 04-03 ソ 勝:井納(2-4) S:ソーサ(3) 本:中村(7), 山崎(1)
05/25 ● 04-09 ロ 負:藤井(3-1) 本:ブランコ(21), 金城(3)
05/26 ● 01-04 ロ 負:三嶋(0-2)
05/28 ● 02-04 西 負:三浦(3-4)
05/29 ● 01-02 西 負:ソーサ(1-2)
05/31 ● 03-10 楽 負:井納(2-5) 本:後藤(2)

 【勝敗】09勝14敗


◇ 2013年6月

06/01 ◯ 04-03楽 勝:藤井(4-1) S:山口(7)
06/02 ◯ 11-03日 勝:三嶋(1-2) S:鶴岡一(1), ラミレス(2), 宮崎(1)
06/03 ● 01-07日 負:神内(0-1)
06/05 ● 00-02ソ 負:三浦(3-5)
06/06 ● 03-06ソ 負:菊地(0-1) 本:ブランコ(22), 中村(8)
06/08 ● 08-09オ 負:加賀(1-2) 本:ブランコ(23)
06/09 ● 03-05オ 負:吉川(2-1) 本:鶴岡一(2)
06/12 ◯ 03-00ロ 勝:三浦(4-5)
06/14 ● 01-03ロ 負:高崎(2-4)
06/15 ◯ 07-02西 勝:三嶋(2-2) 本:モーガン(2), 中村(9)
06/16 ● 01-07西 負:藤井(4-2)
06/22 ◯ 05-03神 勝:大田(1-0) S:ソーサ(4)
06/23 ◯ 06-04神 勝:三浦(5-5) S:ソーサ(5) 本:ブランコ(24)
06/25 ● 04-07ヤ 負:三嶋(2-3)
06/27 ◯ 07-06ヤ 勝:須田(1-0) S:ソーサ(5) 本:モーガン(3), ブランコ(25)
06/28 ● 00-09中 負:井納(2-6)
06/29 ● 01-06中 負:藤井(4-3)
06/30 ◯ 03-02中 勝:三浦(6-5) 本:中村(10), 多村(5)

 【勝敗】08勝10敗


◇ 2013年7月

07/02 ● 00-05 ヤ 負:三嶋(2-4)
07/03 ● 06-08 ヤ 負:高崎(2-4) 本:モーガン(4, 5)
07/04 ◯ 07-00 ヤ 勝:須田(2-0) 本:モーガン(6)
07/05 ● 07-12 巨 負:コーコラ(0-1) 本:中村(11), 山崎(2)
07/06 ◯ 04-03 巨 勝:ソーサ(2-2) S:大原(1) 本:ブランコ(26), 筒香(1)
07/07 ● 00-02 巨 負:三浦(6-6)
07/09 ● 02-04 広 負:三嶋(2-5)
07/10 ◯ 17-08 広 勝:小林寛(1-1) 本:ブランコ(27)
07/11 ● 03-07 広 負:須田(2-1) 本:石川(3)
07/12 ● 02-03 神 負:コーコラ(0-2)
07/13 ◯ 06-00 神 勝:藤井(5-3) 本:金城(4), ブランコ(28)
07/14 ● 04-08 神 負:三浦(6-7) 本:ブランコ(29), 中村(12)
07/15 ◯ 04-03 ヤ 勝:長田(1-0) S:ソーサ(7) 本:モーガン(7)
07/16 ◯ 13-01 ヤ 勝:三嶋(3-5)
07/17 ◯ 11-04 ヤ 勝:長田(2-0) 本:ブランコ(30)
07/24 ◯ 04-00 中 勝:三浦(7-7) 本:鶴岡一(3)
07/25 ● 01-02 中 負:大田(1-1)
07/26 ◯ 05-01 神 勝:藤井(6-3)
07/27 ◯ 04-01 神 勝:コーコラ(1-2) S:ソーサ(8)
07/28 ◯ 10-00 神 勝:三嶋(4-5) 本:ブランコ(31), 多村(6)
07/30 ◯ 06-01 広 勝:須田(3-1) 本:多村(7)
07/31 ● 03-11 広 負:三浦(7-8) 本:山崎(3), 宮崎(2)

 【勝敗】12勝10敗


◇ 2013年8月

08/01 ● 06-07 広 負:加賀美(0-1) 本:モーガン(8)
08/02 ● 02-04 中 負:藤井(6-4)
08/03 ● 07-08 中 負:加賀(1-3) 本:石川(4), 梶谷(1)
08/04 ● 10-12 中 負:三嶋(4-6) 本:多村(8)
08/06 ● 00-06 巨 負:三浦(7-9)
08/07 ● 06-12 巨 負:大田(1-2) 本:中村(13)
08/08 ● 06-07 巨 負:ソーサ(2-3) 本:荒波(1)
08/10 ● 02-03 ヤ 負:大田(1-3) 本:ブランコ(32)
08/11 ◯ 13-07 ヤ 勝:国吉(1-0) 本:梶谷(2)
08/13 ◯ 10-07 巨 勝:三浦(8-9) S:ソーサ(9)
08/14 ● 01-04 巨 負:須田(3-2)
08/15 △ 07-07 巨 本:石川(5),梶谷(3,4),多村(9)
08/16 ● 02-05 広 負:三嶋(4-7) 本:梶谷(5), モーガン(9)
08/17 ● 04-06 広 負:コーコラ(1-3)
08/18 ◯ 06-02 広 勝:国吉(2-0) 本:梶谷(6)
08/20 ◯ 09-08 神 勝:大田(2-3) 本:モーガン(10), 後藤(3), 梶谷(7)
08/21 ● 03-09 神 負:加賀(1-4)
08/23 ◯ 11-02 巨 勝:三嶋(5-7) 本:中村(14), 多村(10), 梶谷(8)
08/24 ● 02-08 巨 負:藤井(6-5) 本:ブランコ(33)
08/25 ● 02-16 巨 負:国吉(2-1)
08/27 ● 01-08 広 負:三浦(8-10)
08/28 ◯ 02-00 広 勝:須田(4-2) S:ソーサ(10)
08/29 ◯ 02-00 広 勝:加賀美(1-1) S:ソーサ(10) 本:ブランコ(34)
08/30 ● 02-08 ヤ 負:三嶋(5-8)
08/31 ◯ 12-09 ヤ 勝:山口(5-2) 本:黒羽根(1), ブランコ(35), モーガン(11)

 【勝敗】08勝16敗01


◇ 2013年9、10月

09/01 ◯ 02-01 ヤ 勝:大原(1-0) S:ソーサ(12) 本:梶谷(9)
09/03 ● 01-10 神 負:三浦(8-11)
09/04 ◯ 08-03 神 勝:大原(2-0) 本:金城(5)
09/05 ◯ 01-00 神 勝:藤江(2-1)
09/06 ◯ 05-04 広 勝:井納(3-6) S:ソーサ(13) 本:後藤(4)
09/07 ● 01-05 広 負:ソト(0-3)
09/08 ◯ 10-01 広 勝:須田(5-2) 本:梶谷(10), ブランコ(36), 松本(4)
09/10 ● 01-02 巨 負:三浦(8-12) 本:ブランコ(37)
09/11 ● 01-02 巨 負:加賀美(1-2)
09/12 ● 01-03 巨 負:三嶋(5-9)
09/14 ◯ 02-00 中 勝:井納(4-6) S:ソーサ(14)
09/15 ● 07-08 中 負:小林太志(0-1) 本:梶谷(11)
09/16 ◯ 03-02 中 勝:三浦(9-12) S:ソーサ(15)
09/17 ● 06-08 ヤ 負:加賀美(1-3) 本:金城(6)
09/18 ● 04-05 ヤ 負:大田(2-4) 本:多村(11), 後藤(5)
09/19 ◯ 03-02 ヤ 勝:ソト(1-3) S:ソーサ(16)
09/21 ● 01-05 中 負:井納(4-7)
09/22 ◯ 08-01 中 勝:須田(6-2) 本:荒波(2)
09/23 ● 04-07 中 負:ソーサ(2-4) 本:後藤(6)
09/24 ● 01-06 神 負:加賀美(1-4) 本:梶谷(12)
09/25 ◯ 04-02 神 勝:三嶋(6-9) S:ソーサ(17) 本:多村(12)
09/26 ◯ 06-04 神 勝:藤江(3-1) S:ソーサ(18) 本:梶谷(13, 14), ブランコ(38)
09/28 ◯ 07-02 巨 勝:井納(5-7) 本:梶谷(15)
09/29 ● 02-04 ヤ 負:三浦(9-13)
09/30 ◯ 06-03 ヤ 勝:土屋(2-1) 本:ブランコ(39, 40)
10/03 ● 03-07 神 負:須田(6-3) 本:ブランコ(41)
10/05 ◯ 04-03 中 勝:ソーサ(3-4)
10/08 ◯ 07-05 神 勝:小林寛(2-1) 本:黒羽根(2), 小池(1, 2), 梶谷(16)

 【勝敗】15勝13敗


◇ 2013年 成績

 【勝敗】144試合64勝79敗1分
 【勝率】 .448
 【順位】5位


◇ 2013年 表彰選手

 【ベストナイン】
  一塁手  T. ブランコ(03)

 【ゴールデングラブ賞】
  外野手  荒波  翔(02)

 【打撃部門】
  首位打者 T. ブランコ(初)
  打点王  T. ブランコ(04)

2012年 平成24年 横浜DeNAベイスターズの記録(第一版)


 記憶と言うものはどんどん薄れていくものであり、失われた記憶を呼び戻すために古い記録を探し求めることは時として厳しいこともあります。せっかく個人のブログをやっていますので、大洋〜横浜の歴史を少しでも記録していこうと考えました。お目を煩わせますが少しずつ残して参ります。


◇ 2012年 監督・コーチ

 【一 軍】 
  監  督  中畑  清
  ヘッド   高木  豊
  投  手  木塚 敦志
  投  手  友利  結
  打  撃  石嶺 和彦
  打  撃  井上  純
  内野守備  白井 一幸
  外野守備  二宮  至
  バッテリー 山下 和彦

 【二 軍】 
  監  督  山下 大輔
  投  手  川村 丈夫
  投  手  岡本 克道
  打  撃  波瑠 敏夫
  打  撃  高木 由一
  内野守備  馬場 敏史
  内野守備  水谷新太郎
  外野守備  中根  仁


◇ 2012年3、4月

03/30 △ 05-05 神 
03/31 ● 02-03 神 負:ブランド(0-1)
04/01 ◯ 06-02 神 勝:三浦(1-0) 本:金城(1)
04/04 ● 00-04 中 負:国吉(0-1)
04/05 ● 00-03 中 負:山本(0-1)
04/06 ● 00-02 広 負:ジオ(0-1)
04/07 ● 00-01 広 負:菊地(0-1)
04/08 ● 02-05 広 負:ブランド(0-2)
04/10 ● 01-02 ヤ 負:山口(0-1)
04/11 ◯ 07-00 ヤ 勝:山本(1-1) 本:小池(1)
04/12 ◯ 04-00 ヤ 勝:三浦(2-0)
04/13 ● 00-06 巨 負:ジオ(0-2)
04/15 ◯ 03-01 巨 勝:篠原(1-0) 本:中村(1)
04/17 ● 00-03 広 負:国吉(0-2)
04/18 ● 01-08 広 負:高崎(0-1)
04/19 ● 03-01 広 負:山本(1-2)
04/20 ◯ 03-01 神 勝:ジオ(1-2) S:山口(1) 本:中村(2)
04/21 ◯ 04-03 神 勝:小杉(1-0) S:山口(2)
04/22 ● 03-11 神 負:ブランド(0-3)
04/26 ● 03-15 巨 負:高崎(0-2)
04/28 ● 01-03 中 負:三浦(2-1)
04/29 ● 00-03 中 負:国吉(0-3)
04/30 ● 00-01 中 負:ジオ(1-3)

 【勝敗】06勝16敗01分


◇ 2012年5月

05/01 ● 00-07 ヤ 負:山本(1-3)
05/03 ◯ 03-01 ヤ 勝:高崎(1-2) S:山口(3)
05/04 △ 03-03 中 本:ラミレス(1),中村(3)
05/05 ◯ 12-01 中 勝:三浦(3-1) 本:吉村(1, 2)
05/06 ◯ 04-02 中 勝:国吉(1-3) S:山口(4) 本:筒香(1, 2)
05/08 △ 07-07 巨 
05/09 ● 05-08 巨 負:ジオ(1-4) 本:ラミレス(2)
05/10 △ 01-01 巨 
50/11 ● 01-03 神 負:高崎(1-3)
05/12 ◯ 02-01 神 勝:三浦(4-1)
05/13 ● 03-08 神 負:国吉(1-4)
05/16 ● 01-03 西 負:加賀(0-1)
05/17 ● 00-03 西 負:藤井(0-1)
05/19 ● 02-04 ロ 負:高崎(1-4)
05/20 ◯ 06-01 ロ 勝:三浦(5-1) 本:中村(4), 筒香(3)
05/22 ● 02-06 日 負:小林太(0-1)
05/23 ● 01-03 日 負:ジオ(1-5)
05/26 ◯ 08-01 楽 勝:高崎(2-4) 本:ラミレス(3)
05/27 ● 02-09 オ 負:三浦(5-2)
05/28 ◯ 02-01 オ 勝:藤井(1-1) S:山口(5) 本:筒香(4)
05/30 ◯ 05-04 ソ 勝:菊地(1-1) S:山口(6)
05/31 △ 02-02 ソ 

 【勝敗】08勝10敗04分


◇ 2012年6月

06/02 ● 04-07 西 負:高崎(2-5) 本:ラミレス(4), 森本(1)
06/03 ◯ 07-05 西 勝:三浦(6-2) S:山口(7)
06/05 ● 02-04 ロ 負:藤井(1-2)
06/06 ● 02-03 ロ 負:王(0-1)
06/08 ● 01-04 日 負:ブランド(0-4)
06/10 ◯ 06-02 楽 勝:藤江(1-0)
06/11 ● 01-05 楽 負:田中(0-1) 本:筒香(5)
06/13 ◯ 02-01 オ 勝:菊地(2-1) S:山口(8) 本:中村(5)
06/14 ● 04-05 オ 負:王(0-2) 本:ラミレス(5)
06/16 ◯ 01-00 ソ 勝:ブランド(1-4) S:山口(9)
06/17 ● 00-01 ソ 負:三浦(6-3)
06/18 ● 03-07 日 負:須田(0-1) 本:ラミレス(6, 7)
06/20 ◯ 06-02 楽 勝:藤井(2-2)
06/22 ◯ 02-01 神 勝:高崎(3-5) S:山口(10)
06/23 ● 03-07 神 負:ブランド(1-5) 本:中村(6)
06/24 ● 02-05 神 負:三浦(6-4)
06/26 ● 06-08 ヤ 負:須田(0-2)
06/27 ● 04-09 ヤ 負:ジオ(1-5) 本:ラミレス(8)
06/29 ● 01-02 広 負:高崎(3-6)
06/30 ◯ 06-02 広 勝:藤井(3-2)

 【勝敗】07勝13敗00分


◇ 2012年7月

07/01 ● 01-02 広 負:篠原(1-1)
07/04 ◯ 04-03 巨 勝:三浦(7-4) S:山口(11)
07/05 ● 03-06 巨 負:加賀美(0-1)
07/06 ● 00-01 中 負:藤江(1-1)
07/07 ● 05-09 中 負:ブランド(1-6)
07/08 ● 01-02 中 負:山口(0-1) 本:ラミレス(9)
07/10 ◯ 06-01 ヤ 勝:藤井(4-2) 本:森本(2)
07/11 ● 06-07 ヤ 負:藤江(1-2)
07/12 △ 06-06 ヤ 本:鶴岡一(1)
07/13 ● 04-12 広 負:高崎(3-7)
07/14 ● 03-08 広 負:山本(1-3) 本:ラミレス(10)
07/15 ● 01-07 広 負:国吉(1-5)
07/16 ◯ 07-05 ヤ 勝:大原慎(1-0) S:山口(12) 本:ルイーズ(1), 石川(1)
07/17 ◯ 06-02 ヤ 勝:三浦(8-4) 本:中村(7, 8), ラミレス(11), 小池(2)
07/18 ◯ 04-00 ヤ 勝:小林太(1-1)
07/25 ● 02-06 巨 負:国吉(1-6) 本:ラミレス(12)
07/26 ● 04-06 巨 負:篠原(1-2) 本:ラミレス(13)
07/27 ◯ 05-01 神 勝:高崎(4-7) 本:小池(3)
07-28 ◯ 03-01 神 勝:藤井(5-2) S:山口(13)
07/29 ● 02-09 神 負:三浦(8-5) 本:ラミレス(14)
07/31 △ 04-04 広

 【表彰】月間MVP打者 ラミレス(09)
 【勝敗】07勝12敗02分

2012年7月ラミレス
2013年ラミレス文章


◇ 2012年8月

08/01 ● 00-12 広 負:クレイマ(0-1)
08/02 ◯ 05-02 広 勝:高崎(5-7) S:菊地(1)
08/03 ● 01-04 巨 負:国吉(1-7)
08/04 ● 02-09 巨 負:ブランド(1-7) 本:後藤(1)
08/05 ● 01-02 巨 負:三浦(8-6) 本:後藤(2)
08/07 ◯ 10-01 ヤ 勝:藤井(6-2) 本:中村(9)
08/08 ● 02-03 ヤ 負:小林太(1-2)
08/09 ● 00-01 ヤ 負:高崎(5-8)
08/11 ◯ 09-02 中 勝:国吉(2-7) 本:後藤(3)
08/12 ◯ 10-06 中 勝:加賀美(1-1) 本:ルイーズ(2), ラミレス(15)
08/14 ● 01-03 神 負:三浦(8-7)
08/15 ◯ 11-05 神 勝:藤井(7-2) 本:後藤(4), 筒香(6), 中村(10)
08/16 △ 04-04 神 本:後藤(5)
08/17 ● 03-04 中 負:小林太(1-3)
08/18 ● 03-04 中 負:国吉(2-8)
08/19 ◯ 02-00 中 勝:加賀美(2-1) S:山口(14)
08/21 ◯ 03-02 広 勝:菊地(3-1) S:山口(15) 本:後藤(6), 筒香(7)
08/22 ● 00-03 広 負:藤井(7-3)
08/23 ● 01-02 広 負:高崎(5-9)
08/24 ● 01-03 巨 負:国吉(2-9) 本:森本(3)
08/25 ◯ 05-04 巨 勝:山口(1-2)
08/26 ● 03-11 巨 負:加賀美(2-2) 本:筒香(8)
08/28 ◯ 04-02 神 勝:藤江(2-2) S:山口(16) 本:ラミレス(16)
08/29 ● 01-02 神 負:藤井(7-4)
08/30 ◯ 04-03 神 勝:藤江(3-2) S:山口(17) 本:梶谷(1)
08/31 ● 01-02 巨 負:国吉(2-10)

 【勝敗】10勝15敗01分


◇ 2012年9、10月

09/01 ● 01-09 巨 負:田中(0-2) 本:ラミレス(17)
09/02 ● 01-02 巨 負:加賀美(2-3)
09/04 ◯ 02-01 ヤ 勝:三浦(9-7) S:山口(18)
09/05 ● 01-03 ヤ 負:藤井(7-5)
09/06 ● 01-03 ヤ 負:高崎(5-10)
09/07 ◯ 01-00 広 勝:国吉(3-10)
09/08 ● 00-03 広 負:王(0-3)
09/09 △ 03-03 広
09/11 ● 02-03 中 負:藤江(3-3) 本:筒香(9)
09/12 ● 04-06 中 負:藤井(7-6) 本:筒香(10)
09/13 △ 06-06 中
09/14 ● 02-06 ヤ 負:国吉(3-11) 本:ラミレス(18), 中村(11)
09/15 ● 03-06 ヤ 負:藤江(3-4)
09/16 ● 01-02 ヤ 負:篠原(1-3)
09/17 △ 04-04 神
09/19 ● 00-01 神 負:加賀(0-2)
09/21 ◯ 03-01 広 勝:国吉(4-11) S:山口(19)
09/22 ◯ 07-04 広 勝:小林太(2-3) S:山口(20) 本:梶谷(2)
09/25 △ 02-02 中
09/26 ◯ 08-02 中 勝:加賀美(2-3) 本:金城(2)
09/27 ◯ 02-01 中 勝:高崎(6-10) S:山口(21) 本:ラミレス(19)
09/28 △ 03-03 巨
09/29 ◯ 04-03 巨 勝:ブランド(2-7) S:山口(22)
09/30 ● 02-13 中 負:王(0-4)
10/01 ● 02-06 中 負:藤井(7-7) 本:金城(3)
10/02 ● 02-06 ヤ 負:三浦(9-8)
10/03 ◯ 07-04 ヤ 勝:高崎(7-10) S:藤江(1) 本:井出(1)
10/05 ● 01-08 巨 負:国吉(4-12)
10/06 ● 00-06 巨 負:ブランド(2-8)
10/07 ● 01-02 巨 負:藤江(3-5) 本:井出(2)
10/08 ● 01-08 広 負:菊地(3-2)
10/09 ● 00-03 神 負:三浦(9-9)

 【勝敗】08勝19敗05分


◇ 2012年 成績

 【勝敗】144試合46勝85敗13分
 【勝率】 .351
 【順位】6位


◇ 2012年 表彰選手

 【ゴールデングラブ賞】
   外野手 荒波  翔(01)

《レシピ:和食>御飯>魚貝》ほたて御飯と鯛とタコの刺身定食


 レシピ投稿、しかも御飯物が続きます。今回はホタテを使ってみました。今回も一人前です。値段は税抜き価格です。

◇ 材料

1.ホタテ 169円

 生の刺身用もありましたが、大きな貝柱部分のみで貝ひもの部分が取られており、しかもお値段が少し張るので、8個入りの蒸したものを選択しました。出汁があまり出ないのでは?、と言う危惧はありました。

蒸しホタテ

2.油揚げ 100円、舞茸 100円

 一緒に炊き込む具材として今回は油揚げと舞茸を選択しました。いずれもカットタイプの小袋、お求めやすいものがありました。でも使用したのはいずれも2/5ほどです。

刻みあげ

舞茸

3.鯛とタコの刺身 580円

 メインディッシュのお刺身、こちらはお皿に盛るだけです。

タコと鯛の刺身


◇ 下準備

 炊き込む食材を刻む作業ですが、ホタテは一工夫いたしました。

1.ホタテ

 米と混ぜ合わすものと上に乗せるものを分けました。すなわち、形の良いもの4つほど濃口醤油に漬け込んで、残る4個は細切れにいたしました。

ホタテ前処置

2.油揚げ

 もともと刻んだものを買いましたがさらに細かく刻んで5mm角ほどのチップとしました。

あげ前処置


◇ ホタテの炊き込み

1.米

 米は前回同様1/2合です。

かま入れ01

2.味付け

 味付けには前回と同じ「昆布つゆ 白だし」を使いましたが、今回は濃厚な味付けをプランして つゆ 1:5 水 としてつゆを15ccとして、さらにホタテを漬け込んだ醤油も入れてしまいました。

つゆの素の利用

出汁

3.具材

 細切れのホタテを入れて米と混ぜ合わせました。

コメセット01

 ついで油揚げ、舞茸の順に入れますが、こちらは上を覆うように投入して表面を馴らすだけに留めます。

コメセット02

コメセット03

 最後に醤油漬けにしたホタテをそっと上に載せます。

コメセット04

4.炊き込み

 炊き込みは、今回もシロカ製の電気圧力鍋を用いました。白米モード、加圧時間は8分です。

電気圧力開始


◇ 炊き上がり

 8分の圧力後、約10分ほどで上がっていたピンが落ちて炊き上がりです。表面に乗せたホタテ4個を別の皿にとります。

炊き上がり

 米、細い切れのホタテ、油揚げ、舞茸を入念にかき混ぜます。

かき混ぜ


◇ 盛り付け

 お重に御飯を盛って、別に避けていたホタテ4つを盛り付けます。

盛り付け

 鯛とタコの刺身を盛り付け、生わさび、吸い物(即席)を添えて完成です。

ホタテごはん、お刺身の定食


◇ 総評

 大変、上手にできました。材料費のみで合計949円、1000円以下ですので経済的には合格です。ちょっと御飯が濃い味となり、刺身を醤油で食べますので、そこは一方向性の料理となってしまいました。前回同様、三つ葉や山椒の葉と言った香りものを添えませんでした。なぜかと言うと、一人前であるため無駄になってしまうためですが、なければ無いで良いかな?、と思います。今回は筍を使いませんでしたが、醤油を入れた濃い味には筍があったほうがいいと思われました。今回も星3.5ですね。

星3.5


《レシピ:和食>御飯>魚貝》鮭の親子飯 定食


 最近、横浜中華街を中心にグルメに関するご投稿が続きました。今後もこの分野には力を入れて参る所存ですが、私は外食のみならず料理も好きで、時々、時間をかけてやっております。自分の料理の記録ではないですが、しばしば作り方を忘れてしまって最初から調べ直しと言うこともよくあり、ここにレシピの記録を残すことといたしました。グルメに関するカテゴリ、「食:グルメとレシピの頁」とタイトルを変更いたします。

 早速ですが、「鮭の親子飯」、秋鮭を材料に御飯物を考案いたしました。これは東北新幹線、盛岡駅の駅弁、「鮭のはらこ飯」にヒントを得ており、もう少し贅沢に作ってみました。「長芋の鰹節あえ」を添えております。1食分です。


◇ 材料

 食材としてスーパーで購入したものと、もともと自宅にあるものは以下の通りであります。材料に記載の値段は税抜き価格であります。

1.沖獲り熟成塩紅鮭 229円

 1つか2つかで迷いましたが、塩分を考慮して見た目で上品なもの1つとしました。

鮭

2.有機筍トップカット 189円

 炊き込みご飯に筍は外せないと思われ、カットされた少ないものを選択しました。

タケノコ

3.生いくら(北海道産)748円→598円(20%引き)

 鮭の炊き込み御飯の上を覆う大切な食材です。

いくら醤油

4.長いも(青森県産)198円

 付け合わせの食材です。

ながいも

5.米

 千葉県産こしひかり、1食分ですので1/2合としました。

こめ二分の一合

6.調味料その他

 味付けにはつゆの素のみを使用し、付け合わせに鰹節をふりかけ、市販のたくあん、お吸い物(即席)を加えました。


◇ 下準備

1.いくらの醤油漬け

 買って来たものは生いくらであり、いくら醤油漬けの素が入っておりましたので、まずは醤油漬けの作成です。ただ混ぜ合わせただけで、冷蔵庫保存です。もちろん、醤油漬けとして売っているものを求めてもいいと思います。

いくら醤油漬け下作り01

いくら醤油漬け下作り02

2.鮭の塩焼きとフレーク処理

 鮭を魚焼きで皮に焦げ目ができるくらいまで両面をグリルしました。

鮭焼き01

鮭焼き02

 焼きあがった鮭を半分に分け、腹側はぶつ切りとして皿にとり、背側を細かく刻んでフレークを作りました。

鮭調理

3.筍の細切れ

 筍を10mm角くらいに細切れとしました。

たけのこ下作り

4.米

 白米1/2合を研いで10分ほど水につけました。

といだ米


◇ 長いもの鰹節あえ

 ピーラーで長いもの皮を剥いてぶつ切りとして、鰹節とつゆの素をかけるだけ、2分でできる付け合わせです。一気にやってしまいました。

長芋料理

長芋鰹節あえ


◇ 鮭の炊き込み御飯

 鮭の炊き込み御飯は以下の手順で行いました。

1.材料投入

 先ほど研いだ米1/2合を入れたところで水を加えます。その際に味付けです。

かま入れ01

 味付けにはつゆの素「昆布つゆ塩だし」を使用しました。

つゆの素の利用

 分量は「うどんのかけつゆ」に従い、つゆ1:7水 といたしました。すなわち1/2合の米に対して水は90ccですのでつゆ13cc、水77ccであります。

だし汁13g

水90g

 水を加えたところで鮭のフレーク、筍の順に投入し、表面をならします。

鮭投入

たけのこ投入

2.炊き込み

 炊き込みはシロカ製の電気圧力鍋を用いました。白米モード、加圧時間は8分です。

電気圧力開始

 ピンが上がり加圧が終了しました。中を開けてかき混ぜです。

炊き上がり

かきまぜ


◇ 盛り付け

 炊き込み御飯を丼に取り、先に作って冷蔵していた焼き鮭の切り身を乗せ、空いたところにいくら醤油漬けを被せました。長いもの鰹節あえとお吸い物、たくわんを添えて完成です。

セット全貌

鮭親子飯01

鮭親子飯02


◇ 総評

 今回の料理、材料費は総額1214円で、鮭の親子飯だけですと1016円であり、盛岡駅、「鮭のはらこ飯」約900円に比べると少しだけ値段がはりました。ただ大量生産の駅弁に比べて一般家庭で1食を作る費用から考えるとリーズナブルであり、いくらの分量が駅弁よりはるかに多く、総合的には割安な料理でありました。
 味ですが、鯛飯に比較して鮭の場合は魚の風味が飯に移りにくい印象であり、御飯そのものは淡白な味わいでありました。筍の分量から考えて、もう少しつゆの素の量を増やす、あるいは醤油を加えるのも一案でしたが、鮭の塩辛さを考えるとちょうどいいのかも知れませんでした。魚臭さを緩和する目的で生姜を入れることも考えましたが、これは不要でありました。一方、味に深みを付ける目的で日本酒を添加するのはありだと思いました。焼き鮭といくら醤油漬けの組み合わせ、駅弁で経験済みですが、これはもう絶品でありました。工夫の余地は十分ありますが、とりあえず成功!、星3.5といたします。

星3.5


気候サミットにて「よくもそんなことができる」16歳グレタさんの演説


 9月23日、ニューヨークの国連本部で開かれた気候行動サミットで、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥベリさん(16歳)が、十分な温暖化対策をしてこなかった各国への怒りをこめた演説を行いました。その全文をここに記録します。

グレタさん写真

 *****

 私が伝えたいことは、私たちはあなた方を見ているということです。そもそも、すべてが間違っているのです。私はここにいるべきではありません。私は海の反対側で、学校に通っているべきなのです。

 あなた方は、私たち若者に希望を見いだそうと集まっています。よく、そんなことが言えますね。あなた方は、その空虚なことばで私の子ども時代の夢を奪いました。

 それでも、私は、とても幸運な1人です。人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。生態系は崩壊しつつあります。私たちは、大量絶滅の始まりにいるのです。

 なのに、あなた方が話すことは、お金のことや、永遠に続く経済成長というおとぎ話ばかり。よく、そんなことが言えますね。

 30年以上にわたり、科学が示す事実は極めて明確でした。なのに、あなた方は、事実から目を背け続け、必要な政策や解決策が見えてすらいないのに、この場所に来て「十分にやってきた」と言えるのでしょうか。

 あなた方は、私たちの声を聞いている、緊急性は理解している、と言います。しかし、どんなに悲しく、怒りを感じるとしても、私はそれを信じたくありません。もし、この状況を本当に理解しているのに、行動を起こしていないのならば、あなた方は邪悪そのものです。

 だから私は、信じることを拒むのです。今後10年間で(温室効果ガスの)排出量を半分にしようという、一般的な考え方があります。しかし、それによって世界の気温上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は50%しかありません。

 人間のコントロールを超えた、決して後戻りのできない連鎖反応が始まるリスクがあります。50%という数字は、あなた方にとっては受け入れられるものなのかもしれません。

 しかし、この数字は、(気候変動が急激に進む転換点を意味する)「ティッピング・ポイント」や、変化が変化を呼ぶ相乗効果、有毒な大気汚染に隠されたさらなる温暖化、そして公平性や「気候正義」という側面が含まれていません。この数字は、私たちの世代が、何千億トンもの二酸化炭素を今は存在すらしない技術で吸収することをあてにしているのです。

 私たちにとって、50%のリスクというのは決して受け入れられません。その結果と生きていかなくてはいけないのは私たちなのです。

 IPCCが出した最もよい試算では、気温の上昇を1.5度以内に抑えられる可能性は67%とされています。

 しかし、それを実現しようとした場合、2018年の1月1日にさかのぼって数えて、あと420ギガトンの二酸化炭素しか放出できないという計算になります。

 今日、この数字は、すでにあと350ギガトン未満となっています。これまでと同じように取り組んでいれば問題は解決できるとか、何らかの技術が解決してくれるとか、よくそんなふりをすることができますね。今の放出のレベルのままでは、あと8年半たたないうちに許容できる二酸化炭素の放出量を超えてしまいます。

 今日、これらの数値に沿った解決策や計画は全くありません。なぜなら、これらの数値はあなたたちにとってあまりにも受け入れがたく、そのことをありのままに伝えられるほど大人になっていないのです。

 あなた方は私たちを裏切っています。しかし、若者たちはあなた方の裏切りに気付き始めています。未来の世代の目は、あなた方に向けられています。

 もしあなた方が私たちを裏切ることを選ぶなら、私は言います。「あなたたちを絶対に許さない」と。

 私たちは、この場で、この瞬間から、線を引きます。ここから逃れることは許しません。世界は目を覚ましており、変化はやってきています。あなた方が好むと好まざるとにかかわらず。ありがとうございました。

 *****


グレタさん演説記事

世に言う「爆買い」とは異なるマナーの問題


 「消費税増税前のお買い物」などと称してアウトレットに行って来ました。写真はNIKEのお店です。

爆買い中国人

 写真の赤い服の女性、話す言葉は中国語でした。床に3つの赤い箱が置かれてますが、写真の向こう側の椅子の上にももう2つあって、四人がけのフィッティングの椅子の二人分を占拠して試着する靴を5つも持って来てあ〜でもない、こ〜でもないと店開きです。
 こういうことをする日本人はいませんね。一度にいくつもの靴を持って来て一気に試着する、そりゃあ効率的ですし、何度も履き直して比較しやすいでしょう。彩みどりでワクワクしたお買い物かも知れません。でも、場所を占拠して商品をいくつも床において、こんなことをすれば日本人なら「他人からどうみられるか?」、「店の人から注意されるのでは?」、そしてなにより「マナーに反する行為はしたくない!」など、大凡、自分を見直す客観的な意識が働くものです。

 嫌な光景を見ました。これは中国人富裕層観光客によくある「爆買い」ではありませんでした。なぜなら、この赤い服のお客さんは長々と試着を繰り返した後、ついに一つに決めて、その一個を持ってレジに向かいました。残の箱はその場に置き去りでありました。店員が回収して元の場所を探して歩き回っておりました。ただの「マナー」の問題でありました。

 分類はありません。独り言ですね。

《一品:中華>広東料理>横浜>あさりそば》「活あさりそば」で実はかなり有名!広東料理店 吉兆(きっちょう)更新


 横浜中華街、広東料理 吉兆(きっちょう)に2回目の訪問となりました。「活あさりそば(蜊香湯麺)」はあまりにも有名でここで取り上げるのには勇気がいるほど、と前回は申し上げました。以下は外観、ホームページ、食べログ情報です。

吉兆外観

吉兆HP

吉兆 食べログ

吉兆 地図


◇ 活あさりそば(麺蜊香湯麺)910円

 多くの口コミが様々なサイトに掲載されている、それくらい有名な一品です。元々は従業員へのまかないとして作られたものだったとのことで、恐らくは遊び気分で試しに作ってみた、そんな始まりだったと思います。

あさりラーメン01
 
 見た目、華やかさはなく、パッと見はあさりの味噌汁のようでありましたが、あさりがまあまあ大粒な印象です。香りはほとんどありませんでした。スープを飲んで、これは胡椒や酢、ラー油、にんにくなんか入れてはいけないとすぐに思いました。鶏ガラスープに豚骨風味があって、あさりの出汁、エキスが十分に溶け込んだ、濃厚な味わいですが、くどさや油っこさ、臭みはありません、すばらしいサプライズ、始めて経験する味です。

あさりラーメン02

 麺は細麺のストレートで癖がなく、スープと具材であるあさりを引き立てる、脇役的は存在でありました。具はあさり、ネギ、生姜が少々で、メンマもチャーシューも、ナルトもなしです。あさりは柔らかい食感で噛むと中身がとてもジューシーでありました。口コミで見つけましたが、このあさり、三河産の大粒の活き浅蜊を紹興酒で蒸し焼きにしてから、鶏ガラスープを注いで完成とのことですが、この柔らかさジューシーさはスープに出汁を取りつつ具材自身の食感を引き出す、ぎりぎりの火加減と時間が工夫されていると思われました。

あさりラーメン03

 あさりは13粒でした。全てのあさりが殻の中に収まっておりかしたが、貝柱で剥がれ辛いことはありませんでした。これも口コミ、残ったスープにご飯を入れて!、との提案もありましたが、それはさすがにしませんでした。でもつゆはほとんど飲んでしまいました。

 チャーシューやメンマの入っていない、100%あさり であるところに、この品の良さと物足りなさはあろうかと存じます。また行きたいし誰かに教えたい!、すばらしい一品に、悩みましたが、星4つでお願いいたします。

星4つ


◇ あさりと玉子の焼きそば(蜊香旦炒麺)920円

 あさりを使った焼きそばであります。こちらは上の「活あさりそば」とはまったく違うコンセプトです。そばの方が焼豚、野菜など他の具を入れない、あさりのみのシンプルな形式であるのに対し、「あさりと玉子の焼きそば」では、パリパリの細麺に薄焼きの玉子が被せられその上にあさりを含む、野菜の餡がかけてある、三段階の五目焼きそば形式でありました。あさり以外の具材は、タケノコ、白菜、キクラゲ、人参で、イカ、ホタテなどの海鮮や豚肉は使われておりません。

あさりと卵の焼きそば01

 とっさに思いついた食べ方として、そのまま食べに行ってはいけない!、と言うものです。餡をよけて、玉子を露出させ、それを破いて中の麺を露出させ、そこに餡が流れ込むようにして初めて、三層構造を合わせて食べる方法です。

あさりと卵の焼きそば02

あさりと卵の焼きそば03

 あさりは10個でありましたが、どれも大粒で火の通し方が素晴らしい、中身がジューシーな味わいでした。あさりの味がなんとも言えないインパクトを与えます。一方で餡については、あさりの風味が反映されていず、それでいて肉も海鮮も入っていないので、方向性の無い、ただの中華風餡かけでありました。薄焼きの玉子と一緒に食べるところが家庭的な風味でありこれは楽しく感じました。たいへん美味しくいただきましたが、あさりの風味が餡に出ていないところが残念です。そうするのであれば、豚肉、海鮮が含まれてもいいところで、このままだと中華風餡かけ焼きそばにあさりが乗っかっている、感じでありました。星3.5でお願いします。

星3.5


◇ 空芯菜のにんにく炒め 1300円

 愛群の「空芯菜の海老味噌炒め」がとても美味しかったのでここでも空芯菜の炒め物を注文してみました。にんにく炒めなのにたいへん上品な味わいで空芯菜のシャキシャキ感がとても楽しい一品です。もちろん愛群のものは海老味噌炒めであるところが全然違う味わいでありましたが、にんにく炒めも悪くはない、楽しい料理だと思いました。

空芯菜炒め

 ただ、シンプルに思うこと、愛群の「空芯菜の海老味噌炒め」は海老味噌であるため絶対に家庭では作れない貴重な味、これは星5つ、最高の評価に値するものと思いました。こちらのにんにく炒めは空芯菜が手に入らなくとも別の青野菜で代用して作れるものである、そうなると材料費から考えても1300円はちょっと高価かなと思いました。

IMG_4702.jpg

 ちなみに空芯菜は大手スーパーにはおいてありました。今度、うちでも作ってみよう!、ということで、星3つとしておきます。

星3つ


◇ 2019年09月21日 巨人戦

IMG_4700.jpg

ついに始まった 韓国の 福島原発 放射能汚染への追求、そしてその後の予想


 16日、ウィーンにおける国際原子力機関(IAEA)総会にて韓国政府の代表が、東京電力福島第一原発にたまり続ける、放射性物質を含んだ汚染水の扱いについて「今も解決されていないままで、世界中に恐怖や不安を増大させている」として国際的な問題であると強調しました。

IAEA日韓応酬

 ****

韓国「原発汚染水は国際問題」 IAEA総会で日韓応酬
9/17(火)

 国際原子力機関(IAEA)の総会が16日、本部のあるウィーンで始まった。韓国政府の代表は、東京電力福島第一原発にたまり続ける、放射性物質を含んだ汚染水の扱いについて「今も解決されていないままで、世界中に恐怖や不安を増大させている」などと述べ、国際的な問題であると強調した。これに対し、日本政府の代表が反論し、IAEAでも日韓が応酬することになった。

 総会には韓国政府の代表として文美玉(ムンミオク)・科学技術情報通信省次官が出席。日本の原田義昭前環境相が処理済みの汚染水について「海洋放出しかない」と発言したことに触れ、「もし海洋放出するなら、もはや日本の国内問題ではない。世界全体の海洋環境に影響しかねない深刻な国際問題だ」と訴えた。IAEAの積極的な関与を求め、「日本は十分かつ透明な措置をとるべきだ」とした。

 これに先立ち、日本の竹本直一・科学技術担当相は福島第一原発事故後の情報提供で「国際社会に対して透明性をもって丁寧に説明してきている」と述べ、汚染水についても「議論の共有を含め、取り組みを継続していく」としていた。

 *****


 これまで、韓国、文在寅政権は、慰安婦や徴用工など日本が受け入れられない問題をぶり返し、レーダー照射や旭日旗辞退・削除要求、竹島での軍事演習など常軌を逸する行動に出て、ついにはGSOMIA(軍事情報に関する包括的保全協定)を破棄すると言う暴挙に出てきました。次に日本を叩き、半日感情を燃え上がらせるネタは何か?、と考えた時、「福島原発の放射能汚染」ではないかと思っておりました。全く予想通りの展開です。


◇ すでに始まっている「日本は危険」という情報発信

 すでに韓国々内向けにはメディアを通じて日本叩きが始まっておりました。歴史の捏造、半日教育と同じ手法です。

1.中央日報の記事(8/14)

 韓国主要メディアの一つである中央日報に、「韓国政府『原発汚染水対策を要請』 安倍首相の最も痛いところを突く」と言ったタイトルの記事が掲載されました。記事には「『福島汚染水処理問題』と『東京オリンピック』を結び付けたような今回の立場表明は安倍晋三政権の最も痛いところを狙った模様だ」などの記述が並んでいます。

2.韓国MBC放送(8/14)

 「7ヵ月後には、済州に達する 私たちの海の汚染、あっという間に」というタイトルで、福島の「汚染水」が海を広く汚染するかのような動画付きの記事を配信しました。

福島汚染に関する動画

3.2020東京放射能オリンピック

 韓国の国会議員で、文在寅 大統領候補総括特報団長でもある閔丙梪(ミン・ビョンド)氏の認証付きツイッターアカウントに、オリンピックのシンボルに旭日旗と放射線警告マークを重ね「2020東京放射能オリンピック」と書かれた投稿も確認されています。

東京オリンピックと放射線

 別の韓国語ユーザーのツイートには、韓国の公共放送KBSのロゴが入った画像と共に「東京オリンピックを照準」とし、韓国メディアが福島の「危険性」をよりアピールしていくかのような内容が書かれております。

福島原発についての韓国の記事


◇ 韓国政府の動き

 8月17日、韓国政府は廃プラスチックなどリサイクル用廃棄物3品目について日本とロシアの2か国から輸入する際、放射性物質などの検査を強化すると発表しました。19日には、韓国外務省がソウルにある日本大使館の公使を呼び、「(トリチウムを含む水の)環境への影響を懸念する韓国国内の声を伝えた」こと、21日になると日本から食品を輸入する際に行っていた放射性物質の検査について、23日から17品目の検査を強化すると発表されたことなどが報道されました。


◇ 今後 起こりうること

 今後の韓国、文在寅政権がやりそうなことを考えてみました。文在寅 大統領 のみならず韓国のいつものことです。反日を煽ることで国民の意識を国外に向けさせて自分の身を守る、支持率を上げる、、、。日本に未来永劫、謝罪させる環境、日本から少しでも保証金やら損害賠償と言ったお金を引き出す環境、そうしたものを作って行くのでしょう。

1.さらなる危険報道

 まず、世界中に対して、放射能汚染から日本の製品は危険であるとの発信をして行くものと思われます。同時に、日本の放射能対策の不備を追求する姿勢を変えないでしょう。従軍慰安婦像を各国に設置したように、欧米諸国が韓国に追従せざるを得ない環境作りも水面下で行って行くでしょう。日本を陥れる世論作りです。

2.捏造されたウソのデータ発信

 これも必ずやって来ること、、、。韓国で捕獲された魚介類や収穫された農作物に放射能が検出された、と騒ぎ出すでしょう。実際には微塵も検出されていなくともです。中国から来たものが自国のものか、判定不能のものに対して福島原発の放射能汚染が韓国に及んでいる証拠としてウソのデータです。竹島が韓国領であるとか、作り出された従軍慰安婦問題、様々な文化、スポーツが韓国起源であるとか、捏造して自分に有利な歴史を作るのはなんとも思わない国家です。

3.賠償と謝罪の請求

 そしてこれまで通り、福島原発からの放射能汚染により韓国の産業は多大な損害を受けたとして、日本に対して賠償金を要求して謝罪を迫ってくると思われます。なんとか「日韓○○条約」まで結びつけてお金を引き出そうとするでしょう。

4.司法の立場から損害賠償判決

 国と国の外交上解決した問題であっても、さらに韓国の司法は、東京電力に対して福島原発放射能汚染により被害を受けたとされる人々への損害賠償を求める判決を言い渡すものと思われます。韓国内にあるかどうか知りませんが、東京電力の施設を差し押さえたりするかも知れません。

ムンジェイン盗人たけだけしい

 恐ろしい国です、、、。


《店舗:中華>四川料理>横浜>コース料理》景徳鎮(けいとくちん)の3000円コース料理


 以前も取り上げた横浜中華街の「景徳鎮」に再び参りましたので更新させていただきます。食べログの評価3.75と高評価な当店で、本来は四川料理が専門ですのでピリ辛系に力を発揮するお店です。前回「3000円コース(1人3000円)」に引き続き、今回は「飲茶コース(1人3000円)」を選択しました。ちなみに、「景徳鎮」とは、中国、江西省北東部の都市のこと、中国第一の陶磁器(ボーンチャイナ Bone china)の生産地として世界的に有名であります。

景徳鎮 外観

景徳鎮食べログ


 場所は中華街大通りを浜スタから西へ向かい香港路の次、市場通りで右に曲がってすこし歩いたところにありました。名前が珍しいのですぐに判ります。

景徳鎮 地図


【3000円コース(1人3000円)】

◇ 二種冷菜盛り合わせ

 バンバンジーとクラゲの冷製でありました。どちらもお味は上品で、癖のない風味で、辛味はありませんでした。個人的な希望を申さば、中華街独特の焼豚を加えて欲しかった。バンバンジーもクラゲもちょっと量が多いかな?、と思いました。それにしてもクラゲの太さに上品さを感じる一品でした。星3.5でスタート。

1二種冷菜盛り合わせ

◇ 牛肉とピーマンの細切り炒め

 極めてポピュラーな中華料理の定番、クックドゥーを使って家庭でも簡単に作られる料理ですが、流石は本場の名店ともなると違います。牛肉の柔らかさと筍、ピーマンのシャキシャキ感が対照的で、いずれも火の入れ方が絶妙でありました。素晴らしい仕事です。これ以上の青椒肉絲はありません。星4.5です。

2牛肉とピーマンの細切り炒め

◇ 鶏肉とカシューナッツの炒め

 これも中華の定番ですが、けっこう自分で作ると面倒で難しい料理です。こちらも火の通し方に目を見張りました。鶏肉の柔らかさとピーマンのシャキシャキ感の対比ですね。味付けは醤油風味で辛味はありませんでした。ちょっとフクロダケの量が多くて、筍が少ないのが少し残念でした。その分だけ減点で、この料理としては星4ですね。

3鶏肉とカシューナッツの炒め

◇ 海老のチリソース煮

 カジュアルなコース料理だから仕方ないのですが、これも中華の王道、エビチリです。やはり火の通し方が天才的で、大きなエビの柔らかさと深部に及ぶ火の通しが感じられました。ここでやっと四川料理専門の片鱗が見られ、他店よりもピリ辛が強い印象でありました。やはりエビチリとしては最高の一品、星4.5です。

4海老のチリソース煮

◇ 三種具材入りフカヒレスープ

 他店よりもフカヒレの分量が多い印象で、とても贅沢感を感じるスープでした。ちょっと平凡な味に星4つでお願いします。

5三種具材入りフカヒレスープ

◇ 五目チャーハン

 薄味で誠に上品な味わい、カニと焼豚が散りばめられた風味豊かな一品でありました。もう少し具が豊富でもいいかな?、とは思いましたが、コースの一部だからなのかも知れません。こちらは星3.5とします。

6五目チャーハン

◇ タピオカ入りココナッツミルク

 杏仁豆腐ではなくてタピオカであるのは、今のブームだからかと存じます。こちらは可もなし不可もなしで、星3つです。

7タピオカ入りココナッツミルク

◇ コースの評価

 家庭でも作れる中華料理の定番を揃えたコースでありますが、やはりプロの味は違う!と思わせる品々でありました。料理の完成度を高く評価して星4つといたします。

星4つ


 *****

【飲茶コース(1人3000円)】

 浜スタ観戦まえの3:15の予約ですので軽い食事のつもりで飲茶コースを選択しました。メニューは以下の通りであります。

飲茶メニュー

◇ 前菜三種盛り合わせ

 前菜、3000円コースは二種で、イクラと棒棒鶏のボリュームがありましたが、飲茶コースでは焼豚が加わっての三種、ちょっと焼豚の風味がよろしくなく、これはマイナスポイントでありました。棒棒鶏はゴマだれにピリ辛が加えてありましたが、クラゲは辛くはありませんでした。焼豚の分マイナスで星3つです。

前菜3種

◇ フカヒレ餃子とエビ餃子

 たいへん美味しくいただきました。フカヒレはしっかりとフカヒレが詰まっており、磯の風味も感じられました。エビ餃子はプリプリとしたエビの食感が素晴らしく、どちらの餃子も星4つでいいかと存じます。

フカヒレ餃子(左)とエビ餃子(右)
フカヒレ餃子(左)とエビ餃子(右)

◇ インゴット蒸し餃子とかぼちゃ五目蒸し餃子

 「インゴット」とは何か?、Googleで調べたところ「金塊、金、貨幣」の意味でありました。恐らくは「インゴット蒸し餃子」とは中国のお金に似せた形の餃子と言うことだと思います。中身はホタテとのことでした。ちょっと特徴のない味わいで、こちらは星3.5します。「かぼちゃ五目蒸し餃子」は皮を作る段階でかぼちゃを混ぜ込んだものです。皮だけ食べるとまさにかぼちゃの風味が感じられます。中身はひき肉、イカ、タケノコなどかと思われ海鮮の香りがして、それをかぼちゃの皮で食べる何とも言えない食感でありました。これはサプライズもあって星4.5です。

インゴット蒸し餃子(手前)とかぼちゃ五目蒸し餃子(奥)
インゴット蒸し餃子(手前)とかぼちゃ五目蒸し餃子(奥

◇ もち米の揚げ餃子

 カリッとした歯ざわりで中身はフワッとしているとても楽しい一品です。皮部分はもち米とのことで、そう言われると普通の餃子と違って揚げた餅を連想します。中身までは分かりませんでしたが大変美味しくいただきました。星4つ。

もち米の揚げ餃子

◇ 大根もち

 あまり期待しなかったのですが、この一品がもっともサプライズでありました。食感は韓国のチヂミに似た感覚を持ちましたが、大根のシャキシャキ感があって、ごま油はごくわずか、酸味はなく、塩と醤油、恐らくは中華スープで味付けられたと思われました。これはまた食べたい、日常でも食べたい一品でした。星4.5です。

大根もち

◇ カニ肉チャーハン

 申し分ありませんでした。カニ肉が豊富に散りばめられて塩加減がちょうどよく、磯の香りを感じつつとても上品な仕上がりです。星4つです。

カニ肉チャーハン

◇ チャーシューまんじゅう

 こちらは平凡な味わいでした。そこらの食べ歩きでもいただける一品で、中身の細かく刻んだチャーシューに八角の香りは薄く、前菜三種盛りのチャーシューと同じものと思われました。もしかしたらこの店はチャーシューはあまり得意でないのかも知れません。星2.5です。

チャーシューまんじゅう

◇ スープ餃子

 スープがない代わりに最後はスープ餃子となっておりレタスと肉餃子1つが入っており、塩味の中華スープであります。ちょっと味が濃い目ですが最後に強いインパクト、と言う意図かも知れません。星3.5とします。

スープ餃子

◇ タピオカ入りココナッツミルク

 個人的には杏仁豆腐の方が好きですが、デザートとして申し分ない一品です。星3つ。

タピオカ入りココナッツミルク

◇ コースの評価

 「飲茶コース」ですので、どうしても飲茶のみの品々となりますが、単調になることはなく、飽きさせることもない、バラエティを感じました。料理の完成度、味付けに申し分なく、星4つのコースと思います。

星4つ


 *****

◇ 総合評価

 四川料理であるのに麻婆豆腐抜きのコース料理で店を評価する大雑把さにご容赦いただいて、今回のところは星4つでお願いいたします。店の清潔さ、接客もよろしく、たいへん客が多くて賑わっているのにも関わらず料理の進行が速く、そうしたマネージメントにも好感を持ちました。加えて料理の味わいは一級品であります。必ずまた行く店であり、また別のコースを頼んでみたいと思います。

星4つ

《現地レポート》シャンゼリゼ通り〜エトワール凱旋門〜コンコルド広場 −4–


 エトワール凱旋門を出た一行はシャンゼリゼ通りを東に進み、コンコルド広場へと向かいました。太陽が西に傾き始めたところで東に向かうのですから陽の光が目的地を照らしてなかなか良い街並みが目の前に広がっておりました。

コンコルド広場へ向けて01

 背後を振り返るとエトワール凱旋門ははるか彼方でありました。

コンンコルド広場へ向けて02

 コンコルド広場にやって来ました。

コンコルド広場入り口


◇ コンコルド広場の概要

 コンコルド広場 Place de la Concorde はセーヌ川右岸(北岸)の中心部界隈に位置し、テュイルリー庭園と、同広場が起点となるシャンゼリゼ通りとに挟まれた場所にあります。1755年、アンジュ=ジャック・ガブリエルによって設計され、当初ルイ15世の騎馬像が設置されていたため「ルイ15世広場」と呼ばれておりました。その後、フランス革命の勃発により騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められております。フランス革命中には、ルイ16世やマリー・アントワネットのギロチン刑が行われた場所であります。1795年のヴァンデミエールの反乱において、当時ポール・バラス軍司令官副官であったナポレオン・ボナパルトが王党派を鎮圧後、現在の「コンコルド広場」という名前で呼ばれるようになりました。


噴水01

噴水02


◇ オベリスク

 コンコルド広場の中央にはエジプトから贈られたオベリスクが立っております。「クレオパトラの針 L'aiguille de Cléopâtre」とも呼ばれますが、クレオパトラとは何の関係もなく、一般的には「ルクソールオベリスク」呼ばれます。元々はルクソール神殿の入口に対で立っていましたが、1826年、エジプトとスーダンを統治していたムハンマド・アリーがフランスに贈り、1833年、ルイ=フィリップ1世の命でコンコルド広場の中央に立てられました。ラムセス2世の治世を褒め称えるヒエログリフが刻まれており、また、当時の技術レベルでは輸送は困難を極めたため、台座には輸送の際にどのような機械を使ったかを説明する図が彫られております。

オベリスク

オベリスクの壁04

pベリスクの壁03

オベリスクの壁02

オベリスクの壁01

オベリスク02






《店舗:中華>広東料理>横浜>店舗》「牛バラ煮込み」だけではなかった 愛群(アイチュン)更新


 「牛バラ煮込み」で有名な広東家庭料理の「愛群(アイチュン)」、二度目の来店となりました。このように2回目以降の訪問で追加の記事がある場合には(更新)としてアップさせていただきます。営業時間 11:30〜21:00 となっておりますが、夕は17:00からで、16:30に現地到着した時には3組の客が列を作っておりました。人気店であります。

愛群外観01

愛群外観02

 食べログの評価は3.72と高く、場所は中華街大通りから中山路に入り関帝廟通りに出たところで左です。大きな看板で分かりやすかったです。店の中は狭くて4卓しかなく、私が入ってすぐに別の3卓も埋まってしまい、そこへ1人の客が来たので相席となりました。さすがは人気のお店です。

愛群食べログ

愛群地図


◇ メニュー

 ある一品をご紹介したい場合と、店そのものをご紹介して、今後も品を追加する場合と思われ、それで題名に《中華/一品》とする場合と《中華/店》とする場合を分けております。そのうち気が変わるかも知れませんが、、、。メニューは大きく更新いたしました。

メニュー01

メニュー02

メニュー03

メニュー04

メニュー05

メニュー06

オススメ料理

愛群メニュー02

メニュー07


【牛肉】

◇ 牛バラ煮込み(ハーフ)1000円

 全く評判通りの一品でありました。食べログの口コミと全く同じ、気さくなおかみさんが「甘めの味付けだから、これ付けて食べると美味しいよ」と特製の山椒辛味噌を勧めてくれました。実際に食べてみると、それほど強い甘味ではなく、オイスターも八角もその存在を誇示することはない、塩加減と併せて、全てがバランスよい味付けでありました。そこの山椒辛味噌を付けて食べると、これまた別の食べ物になったような強いアクセントが加わり、味噌を付けない時と付ける時と、交互に食べて、二つの異なる味わいを楽しみました。

牛バラ煮

サンショペースト

 「牛バラ煮込み飯」や「牛バラ煮込み湯麺」と言うメニューもあり、そういう食べ方も楽しいかな?、と強く思わせました。食べログでは「トロトロに柔らかい」との表現が多数見られましたが、自宅で圧力鍋を多用するようになってから、柔らかい肉は極めて日常であり、それから考えると肉の柔らかさはそれほどでもない印象を受けました。圧力を使わずに!、と言うのであれば、それはそれですごいことではありますが、、、。星4つの一品とさせていただきます。

星4つ


【青菜】

◇ 空芯菜(くうちんさい)の海老味噌炒め 1730円

 メニューには列挙されていないものの、「おすすめ」の中に「炒青菜(1300円)」と言う青菜をニンニクで炒めた料理があり、それが夏季限定で空芯菜(くうちんさい)に代わりしかも味付けは海老味噌炒めになるんだそうです。

空芯菜01

空芯菜02

 自分の味覚を疑うほどの途轍もない絶品でありました。しっかりとした塩味、海老味噌のなんとも言えない懐かしくもある香ばしさ、ニンニクの風味、空芯菜のシャキシャキとした歯ごたえ、どれを取っても、こんな料理には出会ったことがない、それほどのサプライズがありました。他の料理が霞んで見えるほどです。

空芯菜03

 おかみさんのお勧めで、具を食べ終わった後のタレに白ご飯を入れていただきます。見た目はニャンコご飯のようで下品ですが、これがまた合います! この料理は星4.5です。

星4.5


【ご飯物】

◇ 五目炒飯 870円

 評判ほどではありませんでした。大きな揚げエビが二つ入っているのと、焼豚が豊富に使われている、それは口コミ通りの「売り」でしたが、全体として大きく評価するものではありませんでした。エビ2匹が単発で入っていても、カニは含まれず海鮮の風味はありませんでした。焼豚には八角の香りが乏しく、全体として「五目」ではありますが、海鮮も焼豚も互いの良さを消しあっている、そんな感覚を受けました。火加減やパラパラ感はさすがであり、丁寧な仕事であることに変わりはなく、値段はリーズナブルでありました。こちらは星3.5とさせていただきます。

五目チャーハン


◇ 五目かけ飯 870円

 醤油味のいわゆる広東風 五目うま煮ご飯です。中国菜、きくらげ、タケノコ、イカ、エビ、豚肉で構成されており、八角の風味(香りと味)はほんのりと感じられる程度で、全体として上品な味わいでありました。難を言えばもう豚肉は一切れしか入っていず、もう2、3切れ欲しかったかな?、と言うところです。火の通し方、味付けなど申し分なく、星3.5とさせていただきます。

五目うまにご飯


【天心】

◇ 春巻き(3本) 650円

 食べログで高評価の春巻きは、(スーパーなどの)ちまたで見かけるものより太くて小さものでありました。おかみさんより「味が付いているから辛子をつけるくらいね!」と言われて、ねり辛子のみでいただきました。ひとかじりしたところでサプライズです。衣が厚く、しかししっかり火が通っているのでバリ!っという感覚でありました。中には、全部細切りの牛肉、タケノコ、しいたけがぎっしりと詰まっており、食べ応えのある一品です。あまり日頃から春巻きと言うものを食べませんので比較しようがないのですが、これまで食べたものの中では最高であったと思います。星4つです。

春巻き01

春巻き02


◇ 総合評価

 前回星4つとしましたが4.5に繰り上げさせていただきます。「空芯菜の海老味噌炒め」に驚かされたと言うこともありますが、この店の看板料理は「牛バラ煮込み」であったはずですが、五目炒飯や五目かけ飯のご飯系や春巻きに至るまで、一級品の料理ばかりです。大きなチェーン店もある横浜中華街において、中小企業と言うか、屋台にも近い小さなこの店が誇りをもって頑張っているその姿に星4.5、お願いいたします。全メニュー制覇を目指す店舗となりました。

星4.5


◇ 2019年09月03日 阪神戦

 前から二列目と言う素晴らしい席を取ったのに、雷で中断の後に豪雨がやって来て中止となりました。ビールは1杯のみでした。

浜スタ190903

天気190903


◇ 2019年09月10日 巨人戦

 首位攻防の直接対決はバックネット裏からの観戦となりました。超満員の横浜ファンの応援虚しく、なんとエース今永を立てて逆転負け!、これも一つの記録として残します。

190910 バックネット裏

190910 超満員

190910 結果

《現地レポート》シャンゼリゼ通り〜エトワール凱旋門〜コンコルド広場 −3–


 昼食を終えた一行はシャンゼリゼ通りを西へ、いよいよエトワール凱旋門へと向かいました。8月20日の晴天でありますが暑さは全く感じられない、過ごしやすい陽気でありました。

凱旋門へ向かう

凱旋門へ向かう02

凱旋門〜コンコルド広場


◇ エトワール凱旋門へのアプローチ

 エトワール凱旋門は太いロータリーの中央に建っており、横断歩道も陸橋もありませんので、シャンゼリゼ通りから向かって凱旋門の右側にトンネルの入り口があります。そこから地下道を抜けて凱旋門直下へと出ます。トンネル内では、東洋人風のバイオリンの流しがいて、とても良いメロディーを奏でておりました。

凱旋門への入り口

凱旋門へのトンネル

凱旋門下から


◇ 入場〜階段〜中二階

 ここからが有料となります。入り口から入って螺旋階段を登り中二階まで来ました。どこにでもある土産もの売り場があります。

凱旋門 階段

凱旋門内部01

凱旋門内部02


◇屋上

 さらに螺旋階段を登り屋上へと進みました。まずは凱旋門直下から、東方、シャンゼリゼ通りからコンコルド広場方面に目を向けて、ズームをかけて行きます。手前左がわに赤い屋根、先ほど行きましたBrioche Dreeが見えます。

シャンゼリゼ通り01

シャンゼリゼ通り02

シャンゼリゼ通り03

シャンゼリゼ通り04

 少し南側に移動しますとエッフェル塔が見えますね。

南側


◇ 無名戦士の墓

 螺旋階段を降りて、土産物をいくらか求めたところで外に出ました。そこには無名戦士の墓があり、チロチロと火が灯っておりました。主に第一次世界大戦ほか、フランスの為に亡くなった兵士たちを祈念しています。

無名兵士の墓


◇エトワール凱旋門の概要

 エトワール凱旋門 Arc de triomphe de l"Etoile(正式名称「エトワール広場の凱旋門 Arc de triomphe de l'Etoile」)は、フランス・パリのシャンゼリゼ通りの西端、シャルル・ド・ゴール広場にある凱旋門であります。冒頭の地図で示します通り、12本の通りが放射状に延びたその中央にあり、その形が地図上で光り輝く「星=etoile」のように見えるので、この広場が「星の広場(エトワール広場 la place de l'Etoile)」と呼ばれたことに由来しております。
 エトワール凱旋門は、前年のアウステルリッツの戦いに勝利した記念に1806年、ナポレオン・ボナパルトの命によって建設が始まり、ルイ・フィリップの7月王政時代、1836年に完成しました。建設を命じたナポレオンは完成する前に既に死去しており、彼がこの門をくぐったのは1840年にパリに改葬された時でありました。1885年のヴィクトル・ユーゴー国葬における遺体安置、あるいは1919年7月14日の第一次世界大戦の同盟国の勝利のパレードなど、国家の歴史的な出来事を執り行う場所として機能してきました。


《一品:中華>広東料理>横浜>豚足そば》評判以上でサプライズ! 徳記(トッキ)の「徳記豚足湯麺」


 「豚足麺」で有名な「徳記」に行って来ました。横浜中華街の記事が続いており恐縮いたしますが、理由は簡単、横浜DeNAベイスターズが優勝争いをしており浜スタに日参せざるを得ないからです。ブログのタイトルから離れつつあるようですが、しかし、料理やグルメと言うものも立派なスピリチュアルだとは思っております。
 広東料理の「徳記」は昭和37年創業の老舗ですが、最近になって店主が体調不良となり店を閉めていたところに、新しい料理人を迎えて今年の4月に再オープン、伝統の「豚足そば」を復活!、との触れ込みです。

入り口

チラシ

特記食べログ

 場所は横浜中華街の端っこの方、横浜中央病院方面から門をくぐって関帝廟通りに進み、少し先の右の路地に入ったところです。夕方は17時開店です。

特記地図

門


◇ 徳記豚足湯麺 950円

 料理を運んできたおかみさんから「どうやって食べるかご存知ですか?」との質問、大丈夫ですとお答えしました。おそらくは食べログ口コミに見かける、豚足のタレに麺を付けて食べる食べ方とか、豚足を麺の上に乗せて食べる、と言うことだと思いました。

料理01

 写真の如く、丼に細切れネギだけを振りかけた素ラーメンと豚足x2の皿が別々に出されます。ピクルスが口直しに添えてあります。まずは麺の方をいただきます(1)。薄味でしかししっかりと出汁が効いた上品なスープにモチモチの平打ち太麺です。これだけだと麺が強すぎてスープが大人しすぎかな?、と言う印象です。もちろんこの単体だけでの判断は無意味でありますね。

料理02

料理04

 さて豚足ですが、驚くほど柔らかく、驚くほど濃厚な味わいです(2)。足関節の部分ですので、軟骨部分などコラーゲンが豊富であり、牛にしろ豚にしろバラ肉とは部位が違いますが、それにしても柔らかい、箸だけでも骨が取れます。濃厚な味については、最近の中華街は日本人の味付けに合わせてか?、比較的薄味で上品っぽく感じさせる味付けが増えている印象でありました。先日の「牛バラ煮込み」(愛群)しかり、獅門酒楼 の「海鮮入りつゆそば」もそうでした。この豚足はしっかり甘く、しっかり塩辛く、そして八角の香りと味が強いインパクトを与えます。これだけでは強すぎると思っているところに、太切りの麺を口にしますと、豚足の強い味覚を太麺がしっかりと受け止めて負けていません。この豚足あってこの麺がある!、そんな印象を受けます。

料理03

料理05

 一つ目の豚足を平らげたところで、食べログ口コミにある麺を豚足のタレにつけて食べました(3)。これまたサプライズです。豚足単体以上に汁の味覚を味わえます。ここでも太麺は負けていない!、そんな主張を感じます。

つけ麺

 そしていよいよ豚足を丼の麺の上に乗せていただきました(4)。少し温度が下がっていた豚足が湯麺の温度で活性化します。汁が薄味で癖がないので、豚足の強さを優しく包むような、これまた新しい食感です。麺を丼からそのまま食べて、豚足にかぶり付き、麺を豚足のタレにつけていただいて、本当は一つのメニュー、料理なのに3通りも4通りも味わえる一品です。

豚足乗せ

 夢中になって豚足麺に集中していて忘れていました、添えられたピクルス、これがまた料理を引き立てます(5)。塩分はほとんどなく、甘すぎず、酸味も抑えてあり、香ばしくもあります。

ピクルス

 人間では片側7個あります足根骨ですね。

骨

 (1)〜(5)と番号をふりました、一つのメニュー、麺類の一品であるのに、味わいにバリエーションが豊富で、食べログの口コミで予想をはるかに超えたサプライズでありました。「豚足湯麺」、創意工夫、アイデアと味付けの妙、調理の完璧さに星4.5とさせていただきます。

星4.5


◇ 餃子 450円

 食べログ口コミで高い評価があった餃子を追加注文しました。腹はキツかったですが、これも小さなサプライズでありました。はっきり申して「小籠包風餃子」です。おそらく小籠包と同じ技法、スープの煮こごりを餃子ネタとして入れておいて火を加えて、煮こごりが溶けて餃子の袋の中でスープとなる、そんな技法だと思います。「噛むと肉汁が出て来てジューシーな」って表現がありましたが、肉汁というよりスープだと思います。焼売や小籠包にはない、焼き餃子独特の香ばしさと、酢醤油にラー油を付ける風味に小籠包にスープの風味を味わえる、これも星4つ相当の料理として評価いたします。

餃子


◇ 2019年09月05日 阪神戦 ライトゴロを見るためだけに行った浜スタ

 はい!、阪神相手にぼろ負けでした。でも大変、珍しいライトゴロが見られましたので動画を供覧いたします。

浜スタ190905




《現地レポート》シャンゼリゼ通り〜エトワール凱旋門〜コンコルド広場 −2–


 パリ、シャンゼリゼ通りでマカロンのおやつを食べた一行は昼食に予定していたフランスパンの店へと向かいました。エトワール凱旋門方面、西へと向かいます。

凱旋門へ01

凱旋門へ02

Briche Dorreへの地図

 横断歩道を渡って反対側へ、さらにエトワール凱旋門に近付いて参りました。

凱旋門へ03


◇ フランスパンを楽しむなら "Brioche Dree"

 いよいよ目的地、"Brioche Dree" のお店、「フランスパンを楽しむならここ!!」って店だそうで、観光客のみならず地元の人もふらった入る名店とのことです。

Bruche Gorre外観01

Briche Doree外観02

 店内に入るとすぐ右手にサンドウィッチが陳列されており、指で刺して "This one!" で通じますので、フランス、パリとは言え注文はいたって簡単です。

店内 ウインドウ01

店内ウィンドウ02

店内ウィンドウ03

 ハムサンドとエクレア、飲み物はHeinekenのビールをいただきました。フランスパンですので硬いですが、日本にあるものよりは柔らかい印象で、とっても香りがいいですね。

フランスパンのサンド、エクレア

《店舗:中華>北京料理>横浜>店舗》偵察がてら訪れて次回に期待!、北京飯店


 夏季旅行から帰って最初の横浜スタジアム、北京料理のお店を開拓しようと中華街へ参りました。食べログの口コミ3.66と高評価の「北京飯店」で、口コミの文章で絶賛されていた五目汁麺を注文いたしました。

北京飯店 看板

北京飯店 外観

北京飯店食べログ

北京飯店地図

 場所は浜スタより中華街大通りを抜けてすぐの十字路で左に曲がったところにあって、看板が目立つのですぐに判ります。けっこう広い店内でありました。


◇ 五目汁麺 1300円

 たいへん美味しゅうございました。スープを一口、化学調味料は一切使われていず、香り高くやや薄口の上品な醤油味は混じり気なしの透き通るような味わいでありました。具材はエビ、イカ、豚肉、筍、白菜、小松菜?とごく一般的でありましたが、全体にやや食感として硬い歯ざわりでありました。麺は食べやすい細麺でありました。
 ちょっと残念だったのは、事前に調査できなかったので店内に入ってから知ったのですが、1300円というお値段ですね。横浜中華街の五目そばの相場は800〜950円くらいまでで1300円は高いです。エビは1尾のみと具材にお金をかけてはおりませんし、なにか特別な工夫がある様子もなく、ここでしか食べられない料理と言う感じはいたしませんでした。

五目そば01

五目そば02


◇ 総合評価

 こちらのお店には、「アド街ック天国で紹介されました! 中華街ランキング一位『鷄の白湯煮込みそば』(1500円)」と言う看板料理があります。同じ中華そばでもそういうものであれば1500円も惜しくないかと、次回はそちらを楽しもうと思います。今回の五目汁麺は値段と合わせて総合的に星3つでお願いします。今後の評価が上向きとなることは間違いないと思います。

星3つ


《現地レポート》シャンゼリゼ通り〜エトワール凱旋門〜コンコルド広場 −1–


 フランスのパリ旅行、初日は北駅近くのホテルから歩いてシャンゼリゼ通りへと向かいました。その記録です。


◇ 北駅近くのホテル〜セント・ラザール駅

 ホテルを出て西に向かうと大通りサン=ラザール通りに出ます。これをセント・ラザール駅方面へと歩きました。おおよそ10分ほどの歩みでセント・ラザール駅が右手に見えて来て、その少し前はオスマン通りと名前を変えてさらに西へと向かいます。

セントラザール駅01

セントラザール駅02

オスマン通り


◇ ショートカットでシャンゼリゼ通りへ

 そのまま真っ直ぐもう10数分も歩けばエトワール凱旋門到着!、と言う時、喉乾いた、トイレに行きたいとの声、進路を変えてシャンゼリゼ通りへとショートカットのルートを取りました。

オスマン通り02

オスマン通り〜凱旋門 地図

路地へ入って

シャンゼリゼ通りへのショートカット地図

遠目に凱旋門


◇ シャンゼリゼ通りに到着、まずはマカロン専門店へ

 シャンゼリゼ通りに合流しました。右手のエトワール凱旋門が見えますが、まずは当初予定していたマカロンの専門店、ラデュレ・シャンゼリゼ店(Laduree Champs Elysees)に入りました。こちらはシャンゼリゼ通りとランコン通りが交わった場所にあるカフェで、店内は左手にテイクアウト専門のショップになっております。

ラデゥレー外観

ラデゥレー看板

ラデュレーテイクアウト

 マカロンが有名で、20種類以上から4つを選択しました。ビスタチオ(緑)、ストロベリー(ピンク)、パッションフルーツ(オレンジ)、マリーアントワネット(ピンクの茶色の粉)の4つです。マリーアントワネットは紅茶風味でありました。隣の席の客が食べていたケーキがとても美味しそうで、"That one, please!" とこっそり指差して、併せて注文しました。もちろん英語が通じました。コーヒーはExpressoと筆頭にあり、これは日本で言うエスプレッソのことで、いわゆる普通のコーヒーはありませんでした。

ラヂュレマカロン

ラヂュレケーキ



《店舗:フレンチ>パリ シャンゼリゼ通り>カジュアル店》パリに見つけた日本人経営のカジュアル・フレンチ Restaurant Makoto Aoki


 パリ旅行記を書く前にグルメを一つご紹介です。旅行に行かれるフランス語に自信のない方には是非ともお勧めの店です。

外観1

外観2

Makoto Aoki HP

あおき地図

 場所はシャンゼリゼ通りの、エトワール凱旋門よりもコンコルド広場寄り、凱旋門に向かって右の路地に入ったところです。こじんまりとした店内に30席くらいだったと思います。日本人の女性(真理子 青さん?)が出迎えてくれて日本語で対応、心から安心感があります。


◇ メニュー

 メニューを列挙します。ワイン他、ドリンク以外は日本語の表記があって助かります。

前菜、メイン メニュー

スイーツメニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー2


◇ 前菜

 ここからは実際に注文した料理のみをご紹介して参ります。前菜、メイン、デザートのいずれも選択のコースメニューで39€でありました。なお、成田空港の両替では1€=121円でありました。

1.ビール:一番搾り 6€

 フランスのビールなど知る由もなく日本の銘柄にホッといたしました。

ビール

2.白ワイン:Chinon 7€

 ビールで乾杯してすかさず前菜には白ワインをグラスでいただきました、一番安いやつ。甘くなく酸味も軽く、飲みやすさが売りですね。

白ワイン

3.鶏肉のテリーヌとタブナード

 前菜の前にサービスのお通しが出ました。このタブナードにはアンチョビーが入っているため香ばしい魚の風味が日本人には嬉しく感じられる一品です。不思議な味わいにサプライズがあって、量がちょこっとであるとこのに上品さが加わって食欲をそそります。小さな料理ですが、星4.5相当と考えました。

サービス前菜

4.フォアグラのテリーヌ イチジクのコンポート 粒マスタード(+10€)

 前菜からフォアグラは重い印象でしたが、フランスパンに塗りつけて食べればそれほど脂っこくなく、元々、薄味で、イチジクが爽やかな味わいですので、全体としては食べやすい料理となっておりました。一緒について来たチェリーのシェリー酒漬けはちょっと味が強すぎて、一口でやめました。星3.5と言ったところです。

前菜 フォアグラ

5.赤ピーマンの冷製スープ

 オマールエビのゼリーとナスのピューレなるものが上に乗っておりました。オマールエビのゼリーはとても香ばしく懐かしい風味でありましたが、赤ピーマンのスープは味がほとんどなく、これは全体として味わうものなんだろうと思いました。冷製ですので爽やかな感覚には違いなく、星3.5です。

前菜、赤ピーマンの冷製スープ


◇ メイン料理

1.赤ワイン ボトル:Sancerre 32€

 メインに肉料理を注文しましたので赤ワインのボトルをオーダーしました。

ボトル赤ワイン

赤ワイン

2.牛肉のステーキ じゃが芋のコンフィー

 本日の牛肉は横隔膜、サガリまたはハラミと呼ばれる部分とのことでした。味は普通のデミグラスソースでしたが、ちょっと肉が硬いです。予め肉の部分の説明があったのはこのことか?、と思わせました。添えてあるじゃが芋がボリューム感を呼びます。メインのステーキとしてはちょっと?、星3つにします。

牛肉ステーキ

3.子羊のステーキ 野菜のプレゼ

 じゃが芋、ズッキーニ、きのこ、キャベツが添えられ、牛ステーキと同じデミグラスに擦り下ろした玉ねぎが加えられたソースでありました。こちらの子羊肉はなんとも柔らかい!、子羊の上品な香りをソースが包んで野菜を添えることでより一層の爽やかさを加えております。これは星4つです。

子羊ステーキ


◇ デザート

1.本日のチーズ(トスカーナ地方 ベコリーノ、羊のチーズ)

 デザートにチーズをいただいた意図はまだワインを飲み続けたい気持ちからですが、ちょっとくどい印象となりました。チーズそのものは、三種類の味わいにコントラストがあって、レタスとフランスパンが添えられて、デザートと言うよりも前菜に戻る感覚でありましたが、味そのものは星3.5でありました。

チーズ盛り合わせ

2.ブラックチェリーのヴァシュラン イチゴのシャーベット

 たいへん美味しそうですが、口にしませんでしたのでコメントは控えます。

ブラックチェリー

3.自家製アイスクリームとシャーベット(アプリコット、イチゴ、チェリー)

 フランス料理にしては、アイスクリームは甘すぎず、脂濃くなく、日本のそれに近い印象で、果物がマッチして爽やかな一品ですね。星3つです。

デザート

4.Cafe creme 6€

 デザートにコーヒーはついておりませんでしたので追加の注文です。この国のコーヒーは総じて濃い味ですね。

Cafe creme


◇ 総合評価

 パリの街は英語さえ話せればそれほど苦労しない世界でありました。しかしながらフレンチ・レストランのメニューはフランス語オンリーであることが多く、Googleで調べるか単語の雰囲気で察するしかなく、そんな状況でシャンゼリゼ通りからすぐのところに日本語が通じるフレンチがあって、予約も日本語で可能、それがなにより助かりました。値段がリーズナブルで、量的にはボリューム感が強いとの口コミが多いですが、フルコースとして魚料理と肉料理が別々ではない分、お通しと前菜にボリュームを分散させている印象でありました。またパリに行くことがあればランチまたはディナーで利用すると思われる、星にして3つ半とさせていただきます。

星3.5


大船渡高、佐々木朗希 投手の登板回避に対する、論外な廣岡氏のコラム


 数日前の週間ベースボールで、夏の高校野球予選、岩手県大会の決勝戦における大船渡高校の160 km/m右腕、佐々木朗希 投手の登板回避に関する 廣岡 達朗 氏のコラムが掲載されました。一般的に「識者」と言われている廣岡氏の文章にしてはあまりに稚拙で中身の無さ、現実を直視していないと思われ、筆を取り、もといキーボードを打ちました。

広岡コラム 記事

 まずは全文を供覧いたします。

 *****

佐々木朗希の登板回避に私は反対である/廣岡達朗コラム
8/9(金) 11:01配信 週刊ベースボールONLINE


ダルビッシュには同意できない

 大船渡高の佐々木朗希投手が岩手大会決勝での登板を回避したことが、物議を醸した。私に言わせれば(國保陽平)監督は何も分かっていない。

 高校野球は甲子園だけではない、そういう意見もあったが、私の考えは違う。甲子園があって初めて高校の野球部というのは存在しているのではないか。越境入学にしても甲子園に出るためだ。高野連は、それを許している。ルールで禁じていないのだから、いいじゃないかと。越境入学するなら家族も一緒に引っ越せと言いたい。越境入学の是非はここでは置いておくとして、夏の甲子園に行くために球児たちは懸命に練習をやっていると、われわれは思っている。

 甲子園は夢だ。球児だけではない。選手の親兄弟、地元の夢がかかっている。その夢にあと一歩のところまでたどり着きながらチャンスを手放した。これ以上投げさせたら故障するかもしれない? 故障というのは、投げ方が悪いか、登板過多でアフターケアができていない場合に生じる。投げ方が悪かったら160キロなど投げられない。

 実際に投げさせてみて、「監督、少しおかしいのですが」と言ってマウンドを降りれば誰も文句は言わなかった。百歩譲って事を穏便に済ませようとすれば、「校長、野球部長、本人と話し合ったところ、本人は出たいと思っているのですが、状態が悪いので休ませました」と表向き発表すればよかった。そこを佐々木に「投げたい気持ちはもちろんあった。そこも監督の判断」と大人の発言をさせてしまうのは、間違っている。

 大谷翔平が「高校野球は甲子園へ行くために地方大会がある」と言っていたのは正しい。一方、「監督の英断だった」というダルビッシュ(ダルビッシュ有)には同意できない。

 メジャー・リーガーを中心に、いまの選手は、手術をすれば治ると思っている。私に言わせれば、治るのではない。人間が治すのだ。たとえば睡眠。寝ている間は痛みを感じない。それは無になってエネルギーを吸収しているからだ。こうした自然治癒力というのを人間は持っているのに、気持ちが消極的になったら、その力をもらえないのだ。

 現実に、連投して甲子園に行った投手が故障しているだろうか。故障する年齢ではない。そういうところを指導者が分かっていないため、“たられば”でマイナス思考に陥って、もしケガをしたらこの子の人生が……と考えてしまう。結果、決勝戦で投げさせないという選択をした。國保監督はもっと勉強すべきだ。

物事の本質を考えるべき

 アメリカにおける100球理論は、少年野球からメジャーまで統一したルールの下に成り立っている。指導者は、投げさせたい気持ちを抑えて体が大人になるまでは大事に扱う。45球を放って1日休ませたら回復するというのが原理原則なのだ。そこを監督もスポンサーも全部納得している。投げさせて負けが込んだら即クビだ。だから100球以上、投げさせないのだ。

 日本はそれをマネするが、意味合いがまるで違う。なぜ球数制限を設けるのかということを、情緒に流されて、きちんと説明できる人間がいない。アメリカ流の、自分たちに都合のいいところだけつまんでいる。それをアナウンサーが意味も分からずに100球まであと何球と実況する。日本は、うわべだけのモノマネではなく、物事の本質を考えなければいけない。

 いずれにしても佐々木の問題はいろんな要素を含んでいて面白い。賛否両論、自由に言ったらいいのだ。

 *****



◇ 添削

 ここで一文一文添削させていただきます。ものすごい、ほぼ全文におよぶ山ほどの添削箇所があります。

>大船渡高の佐々木朗希投手が岩手大会決勝での登板を回避したことが、物議を醸した。私に言わせれば(國保陽平)監督は何も分かっていない。

>高校野球は甲子園だけではない、そういう意見もあったが、私の考えは違う。甲子園があって初めて高校の野球部というのは存在しているのではないか。越境入学にしても甲子園に出るためだ。高野連は、それを許している。ルールで禁じていないのだから、いいじゃないかと。越境入学するなら家族も一緒に引っ越せと言いたい。

 投手の故障を避けるための登板回避に「越境入学」を持ち出すのは論点がズレ過ぎでしょう。しかも「越境入学するなら家族も一緒に引っ越せ」ってなんの話でしょう? 投手の故障予防の話なんですけど。ちなみに佐々木朗希投手は岩手県陸前髙田市出身で越境入学ではありません。

>越境入学の是非はここでは置いておくとして、夏の甲子園に行くために球児たちは懸命に練習をやっていると、われわれは思っている。

 「越境入学の是非は置いておくとして」って、じゃあ触れるなよ!、字数制限のあるコラムで無駄な記述をする余裕はないはず、と思いますね。「懸命に練習をやっている」って、どの分野でもそうです。同じスポーツならバレーボールでもサッカー、ラクビー、卓球でも、スポーツでなくとも、合唱部や吹奏楽、百人一首の果てまでも、懸命にやっている高校生は数多おります。それと故障予防の登板回避となんの関係があるのか?、どうしう識者なのか?、と疑問に思います。

>甲子園は夢だ。球児だけではない。選手の親兄弟、地元の夢がかかっている。その夢にあと一歩のところまでたどり着きながらチャンスを手放した。これ以上投げさせたら故障するかもしれない? 
>故障というのは、投げ方が悪いか、登板過多でアフターケアができていない場合に生じる。投げ方が悪かったら160キロなど投げられない。

 故障は投げ方が悪いから?、投げ方が悪かったら160キロなど投げられない?、つまり160キロ投げる投手は投げ方が良いから故障しないと? これまでどれだけの速球投手が登板過多で故障した?、ここで列挙するまでもありませんし、知らないわけないと思います。身近な例で大谷は手術を受けました。廣岡さんの時代で最も球速が早かったのは阪急の山口高志投手だと思いますが、いかにも故障しそうな投球フォームでやはり短命でした。我が大洋〜横浜の平松政次投手から巨人の廣岡さんは何本ヒットを打ったやら?、おそらくは全く手も足もでない安パイだったと思いますが、平松投手も登板過多で身体を蝕んだ投手でありました。

>実際に投げさせてみて、「監督、少しおかしいのですが」と言ってマウンドを降りれば誰も文句は言わなかった。百歩譲って事を穏便に済ませようとすれば、「校長、野球部長、本人と話し合ったところ、本人は出たいと思っているのですが、状態が悪いので休ませました」と表向き発表すればよかった。そこを佐々木に「投げたい気持ちはもちろんあった。そこも監督の判断」と大人の発言をさせてしまうのは、間違っている。

 「投げさせてからおかしいと言わせて降ろす?」、「大人の発言をさせた」、何の話をしているのか分かりません。少なくとも本質は全く違う話です。実際に投げさせてすぐに下ろせば良いって?、発表の仕方が悪いって?、本人の発言のさせかた?、そんなん野球少年の身体を守る考え方とはかけ離れた話です。なにを考えてそれをコラムに載せてるのか?、お話になりません。

>大谷翔平が「高校野球は甲子園へ行くために地方大会がある」と言っていたのは正しい。一方、「監督の英断だった」というダルビッシュ(ダルビッシュ有)には同意できない。

 情けない、心から情けないですね。今現在、大リーグで活躍する二人の、何十年も年下の後輩を引き合いに出して、片方に賛成、片方に反対、そういうかたちでの自分の、何の中身もない意見を正当化、賛否に参加する姿勢は、恥ずかしいにも程がある、その程度の人間だったのかと今頃知る自分も恥ずかしいです。

>メジャー・リーガーを中心に、いまの選手は、手術をすれば治ると思っている。私に言わせれば、治るのではない。人間が治すのだ。たとえば睡眠。寝ている間は痛みを感じない。それは無になってエネルギーを吸収しているからだ。こうした自然治癒力というのを人間は持っているのに、気持ちが消極的になったら、その力をもらえないのだ。

 睡眠の効果と自然治癒力って、どこまで医学をご存知なのか?、「寝る子は育つ」って児童教育は知っているようですけど、気持ちが消極的だとその(自然治癒)力がもらえないそうで、なんの話でしょう? 癌患者が寝ることで自然治癒力を得られるなら、末期癌でほぼ一日寝ている人には有利となりますが、それはありません。しかも、ここでの問題は怪我が治る話ではなく、怪我を予防するための登板回避の話であり、ここでも論点がどこかへ飛んでることにお気づきでしょうか?

>現実に、連投して甲子園に行った投手が故障しているだろうか。故障する年齢ではない。そういうところを指導者が分かっていないため、“たられば”でマイナス思考に陥って、もしケガをしたらこの子の人生が……と考えてしまう。結果、決勝戦で投げさせないという選択をした。國保監督はもっと勉強すべきだ。

 連投で故障した投手、いっぱいいますよ。プロ入りしたものの甲子園での力強い投球がプロではできずに終わった投手、故障してしまってプロ入りを断念した投手、なにを見てきたのか?、と思います。「故障する年齢ではない」って、まだ身体が出来ていない年齢だから故障しやすい、って発想はないでしょうか? 「國保監督はもっと勉強」と仰いますけれど、その監督の勉強ぶりは知りませんが、少なくとも廣岡達郎って方は全く勉強していないし、論理に説得力はない、文章の作り方にも問題あり、もっと勉強が必要です。

>アメリカにおける100球理論は、少年野球からメジャーまで統一したルールの下に成り立っている。指導者は、投げさせたい気持ちを抑えて体が大人になるまでは大事に扱う。45球を放って1日休ませたら回復するというのが原理原則なのだ。そこを監督もスポンサーも全部納得している。投げさせて負けが込んだら即クビだ。だから100球以上、投げさせないのだ。

 したり顔で何を言っているのか分かりません。人種的、遺伝的に身体が大きくて強い肉体のアメリカ人が少年野球時代から「100球理論」を取り入れているのであれば、それは見習うべきことだと思います。最近は身体能力が伸びている日本人でありますが、どう考えてもアメリカ人よりは劣りますから、「体が大人になるまでは大事に扱う」ことは素晴らしい発想です。

>日本はそれをマネするが、意味合いがまるで違う。なぜ球数制限を設けるのかということを、情緒に流されて、きちんと説明できる人間がいない。アメリカ流の、自分たちに都合のいいところだけつまんでいる。それをアナウンサーが意味も分からずに100球まであと何球と実況する。日本は、うわべだけのモノマネではなく、物事の本質を考えなければいけない。

 何を言いたいのか、ここまで来ても分かりませんが、あえて言えば、日本プロ野球と米国大リーグの先発投手起用には少し違いがあります。大リーグは中4日の先発が基本であり、そのためには100球が原則です。それに対して日本は中6日、つまり1週間に1回の先発が基本となっております。ですから、日本の方が現状、先発投手に対して米大リーグよりも擁護的な流れとなっております。

>いずれにしても佐々木の問題はいろんな要素を含んでいて面白い。賛否両論、自由に言ったらいいのだ。

 問題は重大ですが、そんなに多くの要素はありません。少なくとも、ここで無意味な説論をする言い訳のように「賛否両論、自由に言え!」、と言ってますが、お金をとってまで掲載する内容のコラムではありませんでした。

 張本 勲 氏の「喝!」が話題になってますおり、「スポーツ選手に故障は付き物!」って怒鳴る張本氏の方がそれはそうだ!、と思いますが、全く筋が通らない理論武装でのトンチンカンなコラムに廣岡氏にはただの「老害」を感じます。


◇ 故障から守られつつある投手

 ここで廣岡氏の時代と現在の打者の違いを供覧します。あまりにも極端でちょっとびっくりしますが、王貞治氏と現横浜ベイスターズ4番打者(最近は2番)の筒香嘉智選手の打撃スタイルです。

王貞治打撃

筒香 打撃

 一目瞭然、王選手は手袋をしていません。左打者で自打球が当たる右足首や投手寄りの右肘にプロテクターは無し、帽子に耳あてはありません。それに対して筒香選手の重装部、これが昭和と平成から令和に至る打者のスタイルの違いです。全ては故障予防の方策です。王選手が裸一貫、日本刀1本で敵に相対する忍者かヤクザであるのに対し、現代の打者は鎧を身にまとった中世の武士やら騎士のようです。

 これに対して投手はどうでしょう? 選手の身体を守る術はあるのでしょうか? 投球の後のアイシングやマッサージは以前よりも向上した技術です。でも、投球に際して肩や肘を守るサポーターなんてないでしょう。飛ぶボールやバットって話はあっても、肩や肘に負担が少ないボールって聞いたことがありません。
 結局のところ、「権藤、権藤、雨、雨、権藤」って時代の弊害を経験して、投手の選手寿命を守る、ほとんど唯一の方策は登板過多の抑制、投球数の制限しかなく、「球数100球」や「中6日」が現在、実践されているのです。

 大船渡高校、佐々木朗希投手の故障予防のための岩手県大会決勝における登板回避、これはもうすでにプロの世界でやられている、現在の時流に沿った采配であります。

フランス ヴェルサイユ宮殿の予習


 夏の旅行に備えた予習、第二弾はヴェルサイユ宮殿です。パリ市内のホテルから徒歩でサン・ラザール(Saint-Lazare)駅、国鉄(SNCF, Société Nationale des Chemins de fer Français)でヴェルサイユ・リヴ・ドロワ(Versailles Rive Droite) 駅下車、徒歩1 kmほどで到着する予定です。別の方法として、パリ市内、ミュゼ・ドルセー(Musée d'Orsay)駅からイル=ド=フランス地域圏急行鉄道網(RER, Réseau express régional d'Île-de-France) C線に乗り、ヴェルサイユ=シャトー駅(Versailles Château Rive Gauche)下車、ソー通り(l'avenue de Sceaux)を歩いて約500 mと言う方法もあります。

Place-of-Versailles.jpg

庭園側からのヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユへの道のり


◇ ヴェルサイユ宮殿の概要

1.建造

 ヴェルサイユ宮殿 Palais de Versailles(ヴェルサイユ城 Château de Versailles)は1682年、フランス王ルイ14世((Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日、在位 1643年5月14日 - 1715年9月1日))が建てた、フランス絶対王政の象徴的建造物であります。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによって行われ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造られた、バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名な世界文化遺産です。

ルイ14世写真
ルイ14世

2.沿革

1624年 ルイ13世の狩猟の館として建てられる
1661-65年 ルイ14世が建築家ルイ・ル・ヴォーを招き増築
1667-70年頃 ル・ノートルによる造園
1675-82年 セーヌ川にダムを築き噴水工事
1670年 トリアノン宮殿改築
1678年 マンサールによる増築開始、「鏡の間」建設
1699-1710年 礼拝堂建設
1753-1770年 オペラ劇場建設
1768年 ルイ15世が小トリアノン宮殿を建設
1837年 ルイ・フィリップ王が「戦いの間」を開設
1871年 ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式
1919年 パリ講和会議 対独・ヴェルサイユ条約、対ハンガリー・トリアノン条約


◇ 噴水庭園

 宮殿の建設よりも労力を費やされたとされる噴水庭園の噴水にはルイ14世の三つの意図が込められているとされます。

ヴェルサイユ噴水庭園

1.水なき地に水を引く

 ヴェルサイユには近くに水を引く高地がありません。ルイ14世は10 km離れたセーヌ川の川岸にマルリーの機械と呼ばれる巨大な揚水装置を設置し、堤の上に水を上げさせました。そして古代ローマに倣って水道橋を作り、水をヴェルサイユの巨大な貯水槽に引き込みました。こうして水なき地で常に水を噴き上げる噴水庭園を完成させ、自然をも変える力を周囲に示したとされます。

2.貴族を従わせる

 ルイ14世は10歳の時にフロンドの乱で、貴族たちに命を脅かされたことがあり、彼はこの体験を一生忘れず、貴族をヴェルサイユに強制移住させました。
 「ラトナの噴水」は、ギリシャ神話に登場するラトナ(レートー)が村人に泥を投げつけられながらも、息子の太陽神アポロンを守っている銅像と、その足元にある蛙やトカゲは神の怒りに触れて村人たちが変えられた像を、模った噴水です。ラトナとアポロンはフロンドの乱の時、彼を守ってくれた母と幼いルイ14世自身を示し、蛙やトカゲに変えられた村人は貴族たちを表しています。王に反抗をする者は許さないという宣言を示します。
 「太陽神アポロンの噴水」は、アポロンは天馬に引かれて海中から姿をあらわし、天に駆け上ろうとしているものを模った噴水であります。アポロンはルイ14世自身であり、彼が天空から地上の全てを従わせると示しています。

3.民衆の心をつかむ

 ルイ14世は民衆の誰もがヴェルサイユに入るのを許し、民衆に庭園の見方を教える「王の庭園鑑賞法」というガイドブックを発行しました。民衆は、ガイドブックに従って庭園を鑑賞することで、貴族と自然を圧倒した王の偉大さを刷り込まれていきました。夏、ヴェルサイユでは毎晩のように祭典が催され、訪れた民衆はバレーや舞劇に酔いしれたとされます。


◇ 宮殿内

1.王室礼拝堂

 ヴェルサイユ宮殿の最も高い建物が1710年に完成した王室礼拝堂(Royal Chapel)であります。この礼拝堂が建てられる以前から、現在のヘラクレスの間の位置に礼拝堂がありました。その礼拝堂は1682年に建てられたのですが、完成してすぐに狭すぎることが判り、今回の礼拝堂の建設が決まったとのことです。

王室礼拝堂

 正面の祭壇の上にはパイプオルガンが配置されており、地上階には身廊や側廊や周歩廊、階上廊には王の特別席が設けられているそうです。ゴシック建築様式の名残りとバロック様式の美的感覚が共存する独特な礼拝堂であります。天井には聖書をモチーフとした絵画が描かれております。

2.ヘラクレスの間

 ヘラクレスの間は宮殿と北翼が交差する場の中心にあります。現在の礼拝堂が出来る前に王室礼拝堂があった場所でこの部屋の1階と2階部分を礼拝堂が占めていたそうです。1710年に現在の礼拝堂が出来て、長い工事の末に国王の大きな居間に変身いたしました。壁に飾られている大きな絵は「シモン家の宴」で、巨大な天井にフランソワ・ルモワンヌによって描かれてた「ヘラクレスの栄光」がありました。ヘラクレスの間と呼ばれているのは天井画に由来している思われます。

ヘラクレスの栄光 写真

3.鏡の回廊

 儀式や外国の賓客を謁見するために使われた鏡の間(The Hall of Mirrors)は、1871年にドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の即位式が行われ、また第一次世界大戦後の対ドイツとの講和条約であるヴェルサイユ条約が調印された場所であります。たくさんの銀製品が飾られていたとされますが、ルイ14世が晩年になって、スペインとの王位継承争いが続いて戦費の捻出に困り、破産を免れるためにこれらを売って戦費に充てた言われております。

鏡の間


◇ 小トリアノン宮殿とハムレット

 小トリアノン宮殿(le Petit Trianon)は、1768年、ルイ15世の公妾、ポンパドゥール夫人のために建てられたヴェルサイユ宮殿の庭園にある離宮の一つで新古典主義建築であり、建物の形は正方形、内装はロココ様式の最高峰とも評されます。宮殿が完成した時には、ポンパドゥール夫人はすでに亡くなっており、その後ルイ16世により王妃マリー・アントワネットに与えられました。

小トリアノン宮殿

 彼女は庭をイギリス式とし、そこに農村に見立てた小集落(ハムレット)であるル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ(Le Hameau de la Reine、日本語訳「王妃の村里」)を作らせました。アントワネットが生前に一人静かに田園生活の風情を楽しんだ、宮殿で最も愛した場所であり、死後に彼女の幽霊に出会ったという目撃談が相次ぎました(トリアノンの幽霊)。

アントワネット画

王妃の村里

《店舗:中華>広東料理>横浜>店舗》まずは「海鮮いりつゆそば」から、偵察に訪れた 獅門酒楼(しもんしゅろう)


 ついに3連続のグルメ記事となりますが、どうしても早めに記録しないと味を忘れてしまいます。連休2日目の昨日も横浜スタジアムに行きました。さすがに中華が続いているので、あっさりとした味わいで軽いものを選択しました。もちろん、いずれまた訪れたいお店の偵察を兼ねております。「あっさり軽いもの」として考えたのは海鮮の塩味の麺で、すぐに見つかりました、海鮮を中心とした広東料理の店「獅門酒楼(しもんしゅろう)」です。食べログでは星3.72と、これまた高評価、中華街大通りから中山路に入ってすぐの右側にありました。

獅門酒楼 外観

獅門 食べログ

獅門酒楼 地図


◇ メニュー 一覧

 広東料理の名店ですので一品の紹介だけでなくメニューの写真を撮って来ましたので供覧します。見えづらいところはご容赦ください。

獅門酒楼メニュー01

獅門酒楼メニュー002

獅門酒楼メニュー003

獅門酒楼メニュー004

獅門酒楼メニュー005

獅門酒楼メニュー006


◇「海鮮入りつゆそば」1300円

 今日の一品は「海鮮入りつゆそば」1300円です。横浜中華街の一般的価格からは3割ほどお高い値段でありますが、料理が運ばれて来てすぐに納得、他店のものとは使っている具材が違います。すぐに目に付くのはカニのハサミ、大きなイカ、エビです。ホタテも隠れておりました。
 スープは魚臭くない、脂っこくもない、ちょうどいい塩加減で海鮮風味の効いたスッキリとした味わいの塩味です。ちょっと難を言えばとろみの割合がもう少し多くてもいいかな?、と思いました。具材は「新鮮」そのものです。これまで食べて来た海鮮五目麺の具材が冷凍ものであったことがすぐに分かります。とりわけイカの歯に吸い付くような柔らかさ、かまぼこよりも粘稠で餅のよりは切れやすい、なんとも言えない食感は、つまり新鮮なものに上手に火を加えた結果と推察しました。もう少し、タケノコや野菜、キクラゲなんかを加えてボリュームをつけてもらってもいいかな?、と思いました。味わいとしては絶品です。

海鮮入りつゆそば

海鮮入りつゆそば02

 今後、他の海鮮料理を食べに来るのが楽しみな、星4つの一品とさせていただきます。

星4つ

《店舗:中華>広東料理>横浜>店舗》「牛バラチャーハン」と「牡丹園特性ヤキソバ」で有名な横浜ベイ戦士が集う 牡丹園(ぼたんえん)


 対巨人、首位攻防 横浜スタジアムの前に腹ごしらえ、食べログで3.52、高評価の人気店「牡丹園」に行って参りました。横浜ベイスターズ戦士 御用達のお店で、多くの写真やサイン色紙が壁を飾ります。

牡丹園 外観

食べログ 牡丹園

牡丹園 地図

 場所は中華街大通りを東に向かって香港路で右、数十メートル先の左側、占いの先にあります。

中華街 香港路


◇ 壁を彩るベイ戦士の写真やサイン色紙

牡丹園 壁写真 三浦

牡丹園 壁写真 001

牡丹園 壁写真 002

サイン色紙 桑原


◇ 牛バラチャーハン 1000円

 玉子、ネギ、チャーシューが入った薄味のチャーハンに、牛バラが乗っかっています。牛バラ肉は八角の香りが上品で、角煮のような味付けで柔らかく仕上がっております。当店の代表的料理とされており、全く非の打ち所のない完成度ではありますが、ま、ちょっとサプライズに欠ける、写真で見たそのまま、想像できるお味、と言う印象でありました。また食べてもいいけどやみつきになるほどではない、そんな感覚を持ちました。星3つ半でお願いいたします。

牡丹縁牛バラチャーハン

星3.5


◇ 牡丹園特性ヤキソバ

 こちらは「ルルブ横浜」の麺類のコーナーで紹介されているものです。金属の皿に盛られており、焼豚とイカ、キャベツ、人参、きのこを合わせてオイスターソース味のヤキソバです。海鮮+オイスターの濃厚な風味は、どんどん入り込んで来る!、グッと心を掴む!、そんな料理でありました。難を言えばイカに火が通り過ぎててやや硬いかな?、とも思いましたが、星4つです。

牡丹園 特製焼きそば

星4つ


◇ あとがき

 一般的に芸能人や有名人の写真、サイン色紙が多数壁を飾る店は味が落ちるとされますが、こちらの店舗は横浜DeNAベイスターズの選手ばかりですので私的には許せますね。もう少しいろんな料理をいただいて店舗としての評価を考えたいと思います。


日韓関係に米国が仲裁?、日本のとるべき道は!?


 久しぶり珍しく時事問題に触れます。安全保障に関連する物品の輸出管理で手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正が閣議で決定されました。これに対して韓国は激しく反発、米国が仲裁に入ることが噂されております。日本政府は否定しておりますが、今回の決定を徴用工問題への韓国政府の誠意の無さに対する報復措置との考え方があります。真意はともかく、そうした背景がある今、仮に米国が仲裁に入ったとしても日本は毅然とした態度をとるべきであります。もし歩み寄る姿勢を見せると徴用工問題やひいては従軍慰安婦問題、竹島問題をも容認することになりかねません。それはそのまま、国内に反日感情を煽り、日本に対しては謝罪を求める、韓国政府の姿勢がこれからも繰り返されることとなるでしょう。そんなふうに思っておりましたところ、我が意を得たりと感じる文章に触れましたのでここに記録しておきます。

韓国に対する記事

 *****

現代ビジネス 2019.08.02

韓国・文在寅政権のデタラメに、日本が「休戦」を選ぶべきでない理由

長谷川 幸洋


米国の仲裁には応じる必要ナシ

 米国が日本と韓国の対立に介入してきた。安倍晋三政権は8月2日にも、輸出許可を簡略化する「ホワイト国」のリストから韓国を外す方針だが、米国は日韓両国に「一時休戦」を提案する見通しだ。日本はどうすべきか。結論を先に書こう。いくら米国の仲裁だからといって、日本が既定方針を変える必要はない。日本は韓国のホワイト国指定を取り消すべきだ。それで日米同盟が揺らぐこともない。逆に、方針転換すれば、韓国がますますつけ上がるだけだ。

 事態は今週に入って急展開した。まず「これ以上、日韓関係を悪化させないように、米国が日韓両国に現状維持を求める協定に署名するよう要請する」という報道が流れた。問題解決を目指すのではなく、あくまで現状のまま一時休戦する提案である。菅義偉官房長官は7月31日、報道内容を否定した。だが、米国のポンペオ国務長官は東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議が開かれるバンコクに向かう機中で「米国は日韓両国が前向きな道筋を見つけられるように手助けする」と語り、仲裁に意欲を示した。協定に署名するかどうかは措いても、静観する構えだった米国がここへきて仲裁姿勢に転じたのは、この発言ではっきりした。米国とすれば、日韓の対立がこれ以上、激化するのは、北朝鮮に対する日米韓の連携を考えても望ましくない、という判断だろう。

 だが、日本は仲裁に応じるべきではない。なぜか。

 言うまでもないが、対立の発端は韓国側にある。慰安婦問題に始まって自衛隊機に対する火器管制レーダー照射事件、いわゆる徴用工問題など異常な反日姿勢を連発してきたのは、文在寅(ムン・ジェイン)政権だ。日本が仕掛けたわけではない。そうであれば、なにより韓国が反日姿勢を改めるのが先だ。これが1点目。

約束を守れない国なのだから…

 そのうえで、相手はそもそも「約束」とか「合意」をまったく守らない政権である。この点は重要だ。慰安婦問題では、日韓両政府が「最終的かつ不可逆的な解決」を合意して「和解・癒やし財団」を作ったのに、文政権が一方的に解散した。
 徴用工問題もそうだ。日韓両国が1965年に日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決したことを確認」したのに、韓国側が蒸し返した。そうだとすれば、日韓が一時休戦に合意したところで、いずれ韓国が反故にするのは、ほとんど確実である。これが2点目。

 それから、米国が仲裁しても、韓国のデタラメ姿勢は変わらない。それは慰安婦問題で証明されている。日韓両国は2015年12月28日、当時の岸田文雄外相と尹炳世(ユン・ビョンセ)外相がテレビカメラの前で合意内容を共同記者発表した。すると、米国のケリー国務長官がすかさず合意を歓迎する声明を出した(https://jp.usembassy.gov/ja/secretary-kerry-comfort-women-ja/)。日韓外相だけの発表では信頼できなかったので、米国を事実上の「立会人」として引き込んだのだ。ケリー長官の声明は「この問題を『最終的かつ不可逆的に』解決することを明確にした」と、しっかり書き込んでいる。にもかかわらず、韓国は一方的に破棄した。今回も米国が仲裁に入ったところで、なんの保証にもならない。これが3点目。

 ある意味、韓国の傍若無人というか、ふてぶてしさというか、立場をわきまえないというか、礼儀知らずというか、首尾一貫したデタラメさには感心する。さらに、一時休戦そのものに意味がない。仮に、両国が休戦に合意したとしよう。それで何か問題が解決されるのか。これまでの文政権の姿勢を見れば、根本的な問題の解決に意欲があるとは、とても思えない。
 今回に限らず、およそ休戦に意味があるとすれば、休戦中に話し合いが進んで、やがて停戦につながり、平和状態が回復できる期待があるからだろう。だが、文政権が続く限り、そんな見通しはない。韓国が狙っているのは、ホワイト国の指定外し回避だけだ。休戦中に話し合いが始まる見通しがないなら、休戦したところで意味はない。日本が一方的に反撃の手を縛られてしまう状態が残るだけだ。これが4点目。

これは「戦い」ではない

 正確に言えば、日本の「ホワイト国指定外し」は韓国に対する「報復」でも「反撃」でもない。輸出管理をどのようにするか、という国内問題である。指定を外したところで、輸出が閉ざされるわけでもない。個別に審査して問題がなければ、輸出はできる。今回の措置は単に、相手の輸出管理が信頼できないから、安全保障上の観点から優遇措置をとりやめて通常の審査体制に戻すだけだ。政府の立場に立てば、報復でも反日でもない。つまり「戦い」ではないから、そもそも休戦する話ではない。これが5点目。

 誤解がないよう注釈すれば、私は「報復」に賛成である。

 私は輸出管理強化を有効な「報復」「反撃」と認識しているが、それはあくまで「私の勝手な認識」だ。「政府の認識」ではない。政府は粛々と事務手続きを進めているにすぎないが、傍から見れば、報復になっている。そういう事態である。およそ現代の国際関係において、ある国が他国に対して「報復する」とか「反撃する」といった事態を極力避けるべきなのは、当然である。すべての外交行動は相手国への敬意と礼儀をもってするのが望ましい。それを失ったら、単なるケンカだ。
 だから、安倍政権はけっして、これを報復とか反撃とは言っていない。淡々と国際的に認められた手続きに沿って、輸出管理の運用を見直しただけだ。しかし、外から見ると、立派な報復になっている。7月19日公開コラムで書いたように、そこが実にエレガントなのだ(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65967)。

 日本は韓国と「戦っている」わけではない。貿易相手国にふさわしい、きちんとした手続きを整えようとしているだけだ。この点は米国に誤解があるかもしれない。(真の意図はともかく)米国には日本がいかに礼儀正しいか、よく説明すべきだ。過去の約束も道理も、礼儀もわきまえていないのは、文政権の韓国である。そういう国に、日本がそれなりのふさわしい扱いをするのは、当然である。安倍政権はぜひ、毅然とした姿を見せてほしい。

 *****


医療講演:「がん治療 現状と展望・がんの告知について」


 医療講演:「がん治療 現状と展望」、最終章まで参りました。このブログ内でもしばしば取り上げました、「がんの告知について」です。

がんの告知について001

がんの告知について002

がんの告知について003

がんの告知について004

がんの告知について005

がんの告知について006

がんの告知について007

がんの告知について008

がんの告知について009


フランス パリ ルーヴル美術館 の予習


 夏の旅行に備えた勉強、おまとめです。もちろん、旅行で訪れた後には自分の言葉と写真を加えて更新いたしたく存じます。
 今回はフランス、パリにある国立美術館、ルーヴル美術館(Musee du Louvre)です。世界最大級の美術館、博物館であるとともに最大級の史跡でもあり、収蔵品380,000点以上、先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されております。世界で最も入場者数が多い美術館で、毎年800万人を超える人が訪れ、2018年には始めて1000万人を超えたとされます。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸に包括登録されております。

ルーヴル美術館 外観

ルーヴル美術館 地図


◇ ルーヴル美術館の起源とその発展

1.ルーヴル城(宮殿)の建造

 フランス、カペー朝第7代王であるフィリップ2世(Philippe II、1165年8月21日 - 1223年7月14日、在位 1180年9月18日 - 1223年7月14日)が、1190年頃、パリを防御する目的で要塞化した城壁の建設を決めました。十字軍参戦で国を離れる際に示した都市計画の一つであり、権力の象徴でありました。要塞の弱点の一つであったセーヌ川との接合部分を防御するために、城の建設を考えなければならず、そこで建造されたのがルーヴル城(宮殿)であり、その一部が現在のルーヴル美術館であります。

フランス王フィリップ2世

ルーヴル宮殿 写真

2.王宮から王室美術品コレクションの収蔵・展示場へ

 ルーヴル城(宮殿)は歴代フランス王の王宮(宮殿)として使用されてきましたが、1682年、ブルボン朝第3代国王、ルイ14世(Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日、在位 1643年5月14日 - 1715年9月1日)が自身の王宮にヴェルサイユ宮殿を選んだため、ルーヴル宮殿の主たる役割は古代彫刻などの王室美術品コレクションの収蔵・展示場となりました。

3.美術館として開館

 1692年、ルーヴル宮殿にフランス学士院碑文・美文アカデミーと王立絵画彫刻アカデミーが収容され、1699年に最初のサロンが開催されました。アカデミーはその後100年にわたりルーヴル宮殿に設置され、1789年のフランス革命の下に開かれた憲法制定国民議会で正式に美術館との使用が決定、1793年、開館しました。

4.歴代国王の下に拡大

 開館当時は、元々、王室所有だったものと、キリスト教の教会財産から没収されたものの537点の絵画が展示されているのみでありました。フランス皇帝、ナポレオン1世(Napoleon I、1769年8月15日 – 1821年5月5日、在位 1804年 - 1814年、1815年)の時代には諸国から美術品を収奪したことにより所蔵品は増大していき、一時期、名称を「ナポレオン美術館 (Musee Napoleon)」と改名したこともありました。
 ナポレオン失脚後、軍が収奪していた美術品の多くが、元の持ち主たちに返還されましたが、王政復古で王位となったブルボン朝、ルイ18世(Louis XVIII、1755年11月17日 - 1824年9月16日、在位: 1814年4月6日 - 1815年3月20日、1815年7月8 日 - 1824年9月16日)、シャルル10世(Charles X、1757年10月9日 - 1836年11月6日、在位 1824年9月16日 - 1830年8月2日)の統治時代、さらにフランス第二帝政時代(1852年 – 1870年)で、ルーヴル美術館の所蔵品はさらに増え続け、20,000点を超える美術品が集められました。その後に成立したフランス第三共和政時代(1870年 – 1940年)にも、ルーヴル美術館の所蔵品は遺贈や寄贈などによって着実に増えていきました。

ナポレオン、ルイ18、シャルル10
左からナポレオン1世、ルイ18世、シャルル10世


◇ ルーヴル美術館 来場のご案内

 以下はルーヴル美術館公式HP(https://www.louvre.fr/jp)の画面を供覧いたします。

ルーヴル美術館公式HP

1.開館時間

ルーヴル美術館開館時間

2.入館料

ルーヴル美術館拝観料

3.アクセス

ルーヴル美術館アクセス


◇ ルーヴル美術館の構造・見取り図・展示物分類

1.入口

 ルーヴル美術館には複数の入口があり、時間帯によって混雑具合が異なる模様です。代表的な入口は以下の2つで、他にもチケットにより入れる入口があるようです。
 1)ピラミッド中央入口
 2)地下街カルーゼル・デュ・ルーヴルから続く逆さピラミッドの横

ルーヴル美術館入口 図

2.3つの翼

 ルーヴル美術館は以下の3つの翼で構成され、各々、-2階、-1階、0階、1階、2階の、地下2階から地上2階までの5階建ての構造となっております。
 1)リシュリュー(RICHELIEU)翼
 2)シュリー(SULLY)翼
 3)ドゥノン(DENON)翼

ルーブル3つの翼

3.-2階見取り図

ルーヴル見取り図-2階

4.-1階見取り図

ルーヴル見取り図-1階

5.0階見取り図

ルーヴル見取り図0階

6.1階見取り図

ルーヴル見取り図1階

7.2階見取り図

ルーヴル見取り図2階

8.ルーヴル美術館の8部門

 ルーヴル美術館は、中世から1848年までの西洋美術の作品、西洋美術に先立ち影響を与えた古代文明の作品、イスラム美術の作品を、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」、「古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門」、「イスラム美術部門」、「彫刻部門」、「工芸品部門」、「絵画部門」、「素描・版画部門」の8部門に分類して展示しております。

部門配置
各部門の美術館内配置


◇ 古代エジプト美術部門(142作品)

 ナイル川流域に発展した文明の、紀元前4,000年から4世紀にわたる50,000点以上の美術品が所蔵されております。エジプト美術コレクションとしては世界最大規模であり、古代、中王国時代、新王国時代、初期キリスト教時代(コプト美術、ローマ属州時代、プトレマイオス王国時代、ビザンティン帝国時代の美術品が網羅されています。

古代エジプト美術部門 写真

 エジプト美術品は20以上の展示室で公開されており、美術品の他に、パピルスの巻物、ミイラ、工具、衣服、宝石、遊戯盤、楽器、武器なども展示されています。古代エジプトの所蔵品では「ゲベル・エル・アラクの短刀」、「書記坐像」、「タニスの大スフィンクス」などが有名です。中王国時代の美術品は「金細工と彫像」で知られ、それまでの写実的表現から理想化表現へと移行して行き、この様式の好例として、片岩製の「アメンエムハトアンクの彫像」、木製の「供物を運ぶ女性」などがあります。新王国時代、初期キリスト教時代では、「女神ネフティスの彫像」や、「女神ハトホルの石灰岩彫刻」などがこの時代の様式をよく表しております。

書記坐像 写真
書記坐像

タニスの大スフィンクス 写真
タニスの大スフィンクス

アクエンアテン王とネフェルトイティ王妃 写真
アクエンアテン王とネフェルトイティ王妃

死者の書 パピルス断片 写真
パピリス断片「死者の書」

アメンヘテプ3世の巨像の頭部 写真
アメンヘテプ3世の巨像の頭部

イシス女神に供物を捧げるクレオパトラ女王 写真
イシス女神に供物を捧げるクレオパトラ女王

ウンスーの墳墓の壁画 農作業場面 写真
ウンスーの墳墓の壁画 農作業場面

ジェドエフラー王スフィンクスの頭部 写真
ジェドエフラー王スフィンクスの頭部


◇ 古代オリエント美術部門(38作品)

 古代オリエント部門のコレクションは、先史時代からイスラム教の到来までの9千年に及ぶ歴史と、北アフリカからインダス川、中央アジアまで、黒海(アナトリア)から(インド洋までの)アラビア半島までの広大な地域に及び、ユーフラテス川西側地域(キプロス、レヴァント、アナトリア半島、アラビア半島、北アフリカ)、古代メソポタミア、ペルシアの三地域別に細分化されております。

古代オリエント部門 写真

 古代オリエント美術部門では、初期メソポタミア文明ともいわれるシュメール文明の美術品と、アッカド帝国の出土品であるラガシュ王国王子の碑文「禿げ鷹の碑」(紀元前2,450年頃)、アッカド王ナラム・シンの戦勝記念碑などが展示されております。1901年に発見された、高さ2.25メートルの閃緑岩に古代バビロニアの「ハンムラビ法典」が楔形文字で刻まれた石碑も有名です。紀元前18世紀のマリ王国王宮壁画や、紀元前25世紀の「エビフ・イルの像」も、この古代オリエント美術部門の展示室で公開されております。
 古代ペルシアの所蔵品では、「射手のフリーズ」などが有名で、ペルセポリスからの貴重な出土品も所蔵されております。
エビフ・イルの像 写真
エビフ・イルの像

アッシュルナツィルパル2世王(紀元前883-859年)と彼に従う従臣 写真
アッシュルナツィルパル2世王(紀元前883-859年)と彼に従う従臣

壁画 紀元前2千年
壁画 紀元前2千年頃

鬼神パズズの銘の入った小像 写真
鬼神パズズの銘の入った小像

ホルスの誕生
ホルスの誕生

雷雨神タルフンダ 写真
雷雨神タルフンダ


◇ 古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門(236作品)

 ルーヴル美術館でも最古の部局の一つで、新石器時代から6世紀までのギリシア、エトルリア、ローマの3つの文明の作品を収めています。そのコレクションは、ギリシア、イタリア、地中海沿岸地域全体まで、新石器時代の紀元前4千年から紀元後6世紀までと、地理的、歴史的に非常に広い範囲の芸術活動に及びます。時代区分としてはキクラデス文明からローマ帝国衰退までとなります。

古代ギリシア・エトルリア・ローマ美術部門 写真

 コレクション初期に重点が置かれた大理石彫刻の「ミロのヴィーナス」は有名です。古代ギリシア・アルカイック期の収蔵品には、宝飾品、「オーセールの婦人」(紀元前640年頃)や「サモスのヘラ」(紀元前570年 - 560年頃)のような石灰岩彫刻があります。紀元前4世紀以降の収蔵品は、「ボルゲーゼの剣闘士」に代表されるような、人体を写実的に再現した彫刻が多くなっております。
 長大なカンパーナ・ギャラリーには、1,000点を超えるギリシア陶器の一大コレクションが展示されており、セーヌ川沿いのドゥノン翼の各展示室には数多くの古代ローマ彫刻が展示されています。肖像彫刻のコレクションも有名で、アグリッパやマルクス・アンニウス・ウェルスらの大理石彫刻、「ピオンビーノのアポロン」などのブロンズ像が知られています。

カラカラ帝(在位 211-217年)写真
カラカラ帝(在位 211-217年)

アッティカ赤像式スキュフォス 写真
アッティカ赤像式スキュフォス

ミロのヴィーナス 写真
ミロのヴィーナス

オーセールの婦人 写真
オーセールの婦人

サモトラケのニケ 写真
サモトラケのニケ

ディオニュソスとアリアドネの神話を描いた石棺 写真
ディオニュソスとアリアドネの神話を描いた石棺

マルクス・アウレリウス帝(在位紀元161-180年)写真
マルクス・アウレリウス帝(在位紀元161-180年)

座った女性、通称「バルベリーニの懇願する女」 写真
座った女性、通称「バルベリーニの懇願する女」

戦う戦士 写真
戦う戦士


4.イスラム美術部門(49作品)

 2003年に創設されたルーヴル美術館では最も新しい部門で「13世紀にわたる三つの大陸」の美術品が収蔵されており、コレクションには、陶磁器、ガラス工芸品、金属工芸品、木製品、象牙工芸品、絨毯、織物、ミニアチュールなど、5,000点以上の美術品が含まれます。

イスラム美術部門 写真

 アンダルシア由来の「アル=ムギラの銘のある小箱」(968年)と呼ばれる象牙の筒状の箱や、「サン・ルイの洗礼盤」(13世紀から14世紀頃、マムルーク朝)と呼ばれる金属製のボウル、イラン由来の「サン=ジョスの屍衣」、ペルシア語で書かれたフェルドウスィーの「シャー・ナーメ」3ページ分などが有名です。

アル=マリク・アル=ナーシル、サラー・アル=ディーン・ユースフ・イブン・アル=マリク・アル=アジーズの銘のある壺
アル=マリク・アル=ナーシル、サラー・アル=ディーン・ユースフ・イブン・アル=マリク・アル=アジーズの銘のある壺

サン=ジョスの屍衣 写真
サン=ジョスの屍衣

トゥクズティムールの紋のある瓶 写真
トゥクズティムールの紋のある瓶

獅子の香炉 写真
獅子の香炉


◇ 彫刻部門(97作品)

 1824年に創設された彫刻の展示室は、当時の「現代」彫刻作品を集めていましたが、時が流れ、中世、 ルネサンス、現代の彫刻作品を集めた部門となりました。

彫刻部門 写真

 ロマネスク様式のフランス彫刻には「獅子の穴の中のダニエル」(11世紀)や「オーヴェルニュの聖母」(12世紀)などが所蔵されております。16世紀にはルネサンスの抑制表現の影響がフランス彫刻にも表れ始め、ジャン・グジョンの浮彫や、ジェルマン・ピロンの「十字架降下」や「キリスト復活」などにその影響を見ることができます。17世紀から18世紀のフランス彫刻として、エティエンヌ=モーリス・ファルコネの「水浴する女」や、フランソワ・アンギエの「オベリスク」など、新古典様式の彫刻には、アントニオ・カノーヴァの「キューピッドの口づけに目覚めたプシュケ」(1793年)があります。

獅子の穴の中のダニエル 写真
獅子の穴の中のダニエル

エヴラール・ドルレアン作 2つの小瓶をもつ天使 写真
エヴラール・ドルレアン作 2つの小瓶をもつ天使


◇ 工芸品部門(270作品)

 形や素材、時代も様々な作品が織りなす世界を紹介しています。宝飾品、金銀細工、エマイユ(七宝)、象牙細工、ブロンズ作品、堅石細工、陶磁器、ガラス細工、ステンドグラス、調度品、タピスリーなど、中世初期から19世紀前半までの作品を所蔵しています。

工芸品部門 写真

 中世の工芸品コレクションには、ルイ14世が戴冠式に使用した王冠や、シャルル5世の王笏、「斑岩の壺」など、ルネサンス期の工芸品コレクションには、ジャンボローニャが制作したブロンズ像「ネッソスとデイアネイラ」、タペストリー「マクシミリアンの狩猟のタピスリー」などがあります。ルネサンス以降の時代のコレクションで有名なものとして、ポンパドゥール夫人が所有していたセーヴル磁器のコレクションや、ナポレオン3世のアパルトマンなどが挙げられます。

ピエール・グティエール(1732-1813年)-フランソワ=ジョゼフ・ベランジェ 1対のろうそく立て
1対のろうそく立て

国王シャルル9世の兜 写真
国王シャルル9世の兜


◇ 絵画部門(238作品)

 13世紀から1848年に至るまでのヨーロッパ絵画のあらゆる流派を代表する7,500点を超える作品群によって、ルーヴル美術館の百科にわたる規模を反映しています。各々のコレクションの研究とその展示配置は、著名な専門家から成る12人の学芸員に委ねられています。

絵画部門 写真

 初期のフランス絵画に、アンゲラン・カルトンの「アヴィニョンのピエタ 」(1455年頃)があります。フランス王ジャン2世の肖像で、作者未詳の「善良王ジャン」(1360年頃)は、古代以降の作品としては、おそらく最古の個人肖像画と言われます。その他フランス絵画には、リゴーの「ルイ14世」、ダヴィドの「ナポレオン1世の戴冠」、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」などがあります。アルプス以北の北方絵画には、フェルメールの「レースを編む女」や「天文学者」、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの「カラスのいる木」、レンブラントの「エマオの晩餐」、「ダビデ王の手紙を手にしたバテシバの水浴」、「屠殺された雄牛」などがあります。イタリア絵画では、特にルネサンス期のコレクションに重要な作品が多く、ルネサンス初期の画家マンテーニャとベッリーニの「キリスト磔刑」には写実主義と詳細表現の萌芽がみられ「精神世界を表現した重要な場面が描かれている」とされています。ルネサンス盛期の絵画コレクションには、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」、「聖アンナと聖母子」、「洗礼者ヨハネ」、「岩窟の聖母」、ティツィアーノの「田園の合奏」、「キリストの埋葬」、「荊冠のキリスト」などが所蔵されています。バロック期の絵画コレクションにはカラヴァッジョの「女占い師」、「聖母の死」などが所蔵されています。
 美術品収集家の医者ルイ・ラ・カズ (en:Louis La Caze) が1869年に遺贈した絵画584点は、通称「ラ・カズ・コレクション」と呼ばれ、個人が寄付した絵画点数としてはルーヴル史上最大のコレクションとなっている。ラ・カズ・コレクションには、ヴァトーの「ピエロ」が含まれます。

民衆を導く自由の女神 写真
民衆を導く自由の女神

エマオの晩餐 写真
エマオの晩餐

シャルル・ル・ブラン 《アレクサンドロス大王のバビロニア入城》
シャルル・ル・ブラン作 アレクサンドロス大王のバビロニア入城

モナ・リザ 写真
モナ・リザ


◇ 素描・版画部門(173作品)

 デッサン、パステル画、細密画、版画、本、写本、書簡、リトグラフ(木、銅、石版)などの紙を素材とした美術品コレクションを所蔵しています。その制作技術や光に弱い材質などから、作品の保管方法も特別です。所蔵庫で整理され大切に保管されている作品は、閲覧室での閲覧の際と企画展の際にのみ、所蔵庫から出されます。企画展の会期は3ヶ月に限られ、会期中は、作品に向けられる照明を50ルクスに、展示室の気温は20度、湿度は約50%に抑えられます。会期後、作品は所蔵庫で3年間の眠りにつきます。

素描・版画部門 写真

せせらぎに橋が架かっている森の風景 写真
せせらぎに橋が架かっている森の風景

医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法 温泉 編」


 医療講演:「がん治療 現状と展望」民間療法の一つとして温泉をご紹介します。

温泉編001

温泉編002

温泉編003

温泉編004

温泉編005

温泉編006

温泉編007

温泉編008

温泉編009

温泉編010

温泉編011

温泉編012


医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法 笑い/リラックス 編」


 医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法」の笑い/リラックス編です。

民間療法 笑いリラックス001

民間療法 笑いリラックス002

民間療法 笑いリラックス003

民間療法 笑いリラックス004

民間療法 笑いリラックス005

民間療法 笑いリラックス006

民間療法 笑いリラックス007

医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法 食品編」


 医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法 食品編」です。概ね免疫力を高めるものが紹介されております。高価なサプリメントを買い求めるよりも身近の安価なもので無理なく続けられるものがお勧めんですね。

免疫療法食品001

免疫療法食品002

免疫療法食品003

免疫療法食品004

免疫療法食品005

免疫療法食品006

免疫療法食品007

免疫療法食品008

免疫療法食品009


医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法 緒言」


 医療講演:「がん治療 現状と展望・民間療法」について、まずはそのさわりの部分からです。(?)マークがついているのは怪しいものも少なくないからです。

民間療法001

民間療法002

民間療法003

民間療法004

民間療法005

民間療法006

民間療法007


医療講演:「がん治療 現状と展望・免疫療法」


 医療講演:「がん治療 現状と展望・放射線療法」です。ちょっとしたトピックス、オブジーボの周辺知見にさらりと触れております。

免疫療法001

免疫療法002

免疫療法003

免疫療法004


医療講演:「がん治療 現状と展望・放射線療法」


 医療講演「がん治療 現状と展望」、放射線療法の項目です。膵癌術後の局所再発に対する自験例をご紹介しております。

放射線001

放射線002

放射線003

放射線004

放射線005

放射線006

放射線007

放射線008

放射線009

放射線010


《一品:中華>広東料理>横浜>焼きそば》横浜中華街 唯一と謳われる 酔楼(すいろん)の「鳥の巣 焼きそば」


 グルメの記事、しかも麺類が続きますが、実際、15日の月曜祭日に佐野ラーメン、16日(火)夜は横浜中華街で旅行雑誌にも掲載されている酔楼の「鳥の巣 焼きそば」を試してみました。店メニュー全部については今後も興味ありますが、とりあえずこの一品についてご紹介します。

酔楼 外観

酔楼 食べログ

酔楼 地図

酔楼 内部

 メインストリートである中華街大通りから市場通りに入ってすぐの左手ですのでたいへん解りやすいです。店内はかなり綺麗な印象でゆったりとした空間でありました。夕方とは言え平日だからか客は私一人でありました。


◇ 鳥の巣 焼きそば 980円

 店内の壁に張り紙がありまして、「中華街唯一」を謳って(うたって)おります。

酔楼 はりがみ

 メニューでは“海鮮フカヒレあんかけ鉄板おこげヤキソバ”と説明されております。まず、「鉄板おこげヤキソバ」の部分が運ばれてきます。熱した鉄板に、カリッと焼かれ鳥の巣状(ドーナッツ状)に作られた焼きそばが置かれ、その中に4片のおこげが入っておりました。

酔楼 前

 直後に海鮮や野菜などの具が入ったあんが運ばれ、店員がそれを一気に“鉄板おこげヤキソバ”の上にかけました。ジューっという派手な音とともに蒸気が立ち込めます。思わぬ興奮を促すパフォーマンスでありました。



酔楼 できあがり01

酔楼 できあがり02

酔楼 麺

 具は海老、いか、ホタテ、豚バラ薄切り肉、うずら玉子、銀杏、ねぎ、しめじ、マッシュルーム、白菜、ブロッコリー、ニンジン、セロリなど、たいへん豊富で冷凍の香りはしませんでした。味付けは濃すぎず薄すぎずです。鳥の巣状の焼きそばとおこげをあんに浸して食べます。焼きそばは揚げたかた焼きそばではなく、カリッと焼かれたもので、あんと合わせるとしなっとなって香ばしくて美味しかったです。おこげもカリッとした部分とフニャッとした部分の食感のコントラストを楽しめました。あんをかける際に具をこぼしてしまったためフカヒレ入りスープがサービスで着きました。

サービス スープ


◇ 評価

 たいへん美味しくいただけましたし、パフォーマンスは楽しかったです。また気が向いたら行ってもいいし、誰かに見せてあげたい料理です。ただ、食後しばらくたってからの感想、心に残る感覚を申しますと、要するに海鮮あんかけの焼きそばでありおこげであることには違いはなく、あんをかけるパフォーマンスがなければ他の店でもいただける味と思いました。またエビは豊富でしたが、イカと豚肉は少なく、キクラゲが入っていないのが残念でした。以上から星3つ半でお願いします。

星3.5

《店舗:ラーメン>佐野》佐野ラーメンの代表的存在「青竹手打ち 大和」


 祭日の昼間、足利でテニスの大会があって応援に行った帰りに寄りました、佐野ラーメンの代表的存在である「青竹手打ち 大和」のご紹介です。「青竹手打ち」とは、小麦粉を練り打ち台の上にのせ太い青竹にのり、前後に移動しながら伸ばしていく製麺技法のことで、佐野ラーメンでは、こうして作られた自家製麺がよく用いられております。

大和外観01

大和看板

大和旗


◇ 食べログ情報

 以下に食べログの情報を供覧いたします。東北自動車道、佐野藤岡インターを出て、50号線を西に向かい、佐野アウトレットをやり過ごして9号で右折、270号と交差するところで左折すれば着きます。駐車場が第三まであり苦もなく駐車できました。店の入り口には記名する紙が置いてあって、来た人から順に名前を記載する形式でした。私が到達した段階で入店を待っている人は53人でありました。食べログの評価は3.71ですから行列はうなづけますね。

食べログ 大和

大和店舗情報

大和地図


◇ メニュー

大和メニュー


◇ ラーメン 630円

ラーメン


◇ 味卵ラーメン 750円

煮卵ラーメン


◇ チャーシューメン 830円

チャーシューメン


◇ 辛ねぎラーメン 750円

ネギラーメン


◇ 総合評価

大和 麺

 塩加減はしょっぱ過ぎず薄過ぎず、あまり魚臭くない薄い醤油味で、油が浮いてますが、そんなに油っぽくない、たいへん上品な味わいでありました。辛ねぎラーメンはさらに油っぽさをねぎが打ち消していて、香ばしさが加わっております。麺は太めの手打ちで、硬過ぎず、柔らかすぎず、もちもちとしっかりした食感でこれまた最高の味わいです。ほんの少し難を言えば、チャーシューが当たり前過ぎ、どこにでもある味でありました。これほどのラーメンですから特別なチャーシューを期待しました。高評価、星4.5でお願いいたします。

星4.5


◇ 店長の自己紹介

 最後に店長の自己紹介が張り紙されてましたのでこちらも供覧いたします。

大和説明01

大和説明書き02

医療講演:「がん治療 現状と展望・化学療法」

 医療講演「がん治療 現状と展望」、化学療法のページです。

化学療法001

化学療法002

化学療法003

化学療法001

大腸ガン症例002

大腸ガン症例003

大腸ガン症例004

化学療法 膵癌001

化学療法 膵癌002

化学療法 膵癌003

化学療法 膵癌004

化学療法 膵癌005

化学療法 膵癌006

化学療法 膵癌007

化学療法004

化学療法005

化学療法006

医療講演:「がん治療 現状と展望・外科的治療 肝胆膵がん 編」


 医療講演:「がん治療 現状と展望」肝胆道膵臓がん の外科治療を供覧します。

がん治療 かんたんすい001

がん治療かんたんすい002

がん治療かんたんすい003

がん治療かんたんすい004

がん治療かんたんすい005

がん治療かんたんすい006

がん治療かんたんすい007

がん治療かんたんすい008

がん治療かんたんすい009

がん治療かんたんすい010

がん治療かんたんすい011

がん治療かんたんすい012


ジャニー喜多川 氏(87歳)死去、この人物が創り出した数々の「you」たち


 9日、ジャニー喜多川 氏 がくも膜下出血で他界されました。享年87歳でありました。ジャニーズ事務所を創設し多数の男性アイドルを世に排出して、時代を彩った人物でありました。ここに氏が「you」と呼んで世に出したアイドルの面々をご紹介いたします。できるだけ多くの名前を載せましたが漏れがあることをご容赦ください。

ジャニー喜多川 死去のニュース


◇ 1962年 初代ジャニーズ

 真家ひろみ、飯野おさみ、中谷良、あおい輝彦(4名)

1962年 初代ジャニーズ


◇ 1967年 フォーリーブス

 北公次、江木俊夫、おりも政夫、青山孝(4名)

1967年 フォーリーブス

 
◇ 1970年 ジューク・ボックス

 円谷弘之、小谷典由、吉本暁弘、近藤昌、行田和彦(5名)

1970年 ジューク・ボックス


◇ 1971年 郷ひろみ

1971年 郷 ひろみ


◇ 1974年 JOHNNY'Sジュニア・スペシャル

 板野俊雄、林正明、畠山昌久(3名)

1974年 JOHNNYS ジュニア・スペシャル


◇ 1974年 井上純一

1974年 井上 純一


◇ 1974年 豊川誕

1974年 豊川誕


◇ 1975年 リトル・ギャング

 松原秀樹、曽我泰久(2名)

1975年 リトルギャング


◇ 1976年 川﨑麻世

1976年 川﨑 麻世


◇ 1978年 ジャPAニーズ

 細野謙治、吉野明男、乃生佳之、板野俊雄(4名)

1978年 ジャPAニーズ


◇ 1979年 たのきんトリオ

 田原俊彦、近藤真彦、野村義男(3名)

1979年 たのきんトリオ


◇ 1980年 ひかる一平

1980年 ひかる 一平


◇ 1982年 シブがき隊

 薬丸裕英、布川敏和、本木雅弘(3名)

1981年 シブがき隊


◇ 1982年 イーグルス

 中村繁之、大沢樹生、宇治正高、石川博文(4名)

1982年 イーグルス


◇ 1983年 THE GOOD-BYE

 野村義男、曽我泰久、加賀八郎、衛藤浩一(4名)

1983年 THE GOOD-BYE


◇ 1985年 少年隊

 錦織一清、植草克秀、東山紀之(3名)

1985年 少年隊


◇ 1985年 男闘呼組

 小竹正人、小関純匡、江口信夫、平山牧伸、田中厚(5名)

1985年 男闘呼組


◇ 1987年 光GENJI

 内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、赤坂晃、佐藤敦啓(7名)

1987年 光GENJI


◇ 1988年 CHA-CHA

 勝俣州和、中村亘利、松原桃太郎、西尾拓美、木野正人(5名)

1988年 CHA-CHA


◇ 1988年 SMAP

 中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、森且行(6名)

1988年 SMAP


◇ 1990年 忍者

 柳沢超、正木慎也、遠藤直人、高木延秀、志賀泰伸、古川栄司(6名)

1990年 忍者


◇ 1990年 TOKIO

 城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也、小島啓、山口達也(6名)

1990年 TOKIO


◇ 1993年 KinKi Kids

 堂本光一、堂本剛(2名)

1993年 KinKi Kids


◇ 1995年 V6

 坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一(6名)

1995年 V6


◇ 1999年 嵐

相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔(5名)

1999年 嵐


◇ 2001年 KAT-TUN

 亀梨和也、上田竜也、中丸雄一、赤西仁、田中聖、田口淳之介(6名)

2001年 KAT-TUN


◇ 2002年 タッキー&翼

 滝沢秀明、今井翼(2名)

2002年 タッキー翼


◇ 2002年 関ジャニ∞

 横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義、渋谷すばる、内博貴(8名)

2002年 関ジャニ∞


◇ 2003年 NEWS

 小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、錦戸亮、山下智久(9名)

2003年 NEWS


◇ 2005年 Kis-My-Ft2

 北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣(7名)

2005年 Kis-My-Ft2


◇ 2007年 Hey! Say! JUMP

 山田涼介、知念侑李、中島裕翔、岡本圭人、有岡大貴、髙木雄也、伊野尾慧、八乙女光、薮宏太(9名)

Hey!Say!JUMP.jpg


◇ 2008年 A.B.C-Z

 橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一(5名)

2008年 ABCZ


◇ 2009年 中山優馬 w/B.I.Shadow

 中山優馬、中島健人、菊池風磨、松村北斗、髙地優吾(5名)

2009年 中山優馬 w:B I Shadow

◇ 2010年 NYC

 中山優馬、山田涼介、知念侑李(3名)

2010年 nyc


◇ 2011年 Sexy Zone

 中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、松島聡、マリウス葉(5名)

2011年 Sexy Zone


◇ 2011年 ふぉ〜ゆ〜

 福田悠太、松崎祐介、辰巳雄大、越岡裕貴(4名)

2011年 ふぉ〜ゆ〜


◇ 2014年 ジャニーズWEST

 重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望(7名)

2014年 ジャニーズWEST


◇ 2015年 King & Prince

 平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹(6名)

2015年 King Prince


 上にご紹介しただけで、57年の間に38組(1.5年に1組)、延べ165人(1年に2.9人)のアイドルを創造されたことがわかります。紛れもなく、昭和〜平成、そしてこれからの令和の時代に大きく影響した人物でありました。ご冥福をお祈りいたします。

医療講演:「がん治療 現状と展望・外科的治療 胃がん・大腸がん 編」

 医療講演:「がん治療 現状と展望、ここでは外科的治療のうち胃がんと大腸がんについて供覧します。

外科治療001

外科治療002

外科治療003

外科治療004

外科治療 胃がん

外科治療006

外科治療007

外科治療008

外科治療009

外科治療010

外科治療011

外科治療012

外科治療013


現代の「ひきこもり」の現状、法医学教室 解剖医の目から


 本日づけ現代ビジネスの記事です。法医学教室の解剖医から見た現代の「ひきこもり」の現状を語っております。正確かつ冷静に現状を描写した文章を記録に残します。

ひきこもりと法医学教室

 *****

解剖医が「ミイラになった遺体」から考えた、この国の厳しすぎる現実
7/8(月) 9:00配信

ミイラになった遺体

 この日、運ばれてきたのは40代の男性。解剖台に載せられた遺体を見ると、手足は乾燥してミイラ化している。死後2週間ほど経過しているように見える。法医解剖の現場では、死後2週間経過した遺体を解剖することは、珍しいことではない。最近は、私たちのところに運ばれてくる遺体の約半数は一人暮らしの人になった。
 一人暮らしをしていて何かの原因で急に亡くなれば、遺体が発見されるまでに時間がかかることになる。遺体が見つかった時には、体が腐敗していたり、ミイラ化していたり、中には白骨になっていたりすることもある。解剖台のミイラ化した遺体をながめながら、この男性も一人暮らしをしていたのではないかと思った。
 だが、遺体が見つかった時の状況を警察の人から聞くと、意外なことがわかった。男性は一人暮らしをしていたわけではなかった。両親と同居していた。
 親と同居していたのに、なぜ、体がミイラ化するまで遺体が見つからなかったのだろうか。20代の頃から、男性はほとんど自分の部屋にひきこもる生活をしていたらしい。大学を卒業して就職したのだが、職場の人間関係の不具合で退職した。その後、いろいろと仕事はしたようなのだが、結局のところ、部屋にひきこもるようになってしまった。ここ数年の間は、ほとんど両親と顔をあわすこともなかった。男性の部屋から物音がしないことを不審に思った親が部屋に入ってみると、ベッドからずり落ちるような格好で男性は亡くなっていた。
 体がミイラ化するほど時間が経っているので、解剖しても死因を明らかにすることは難しいだろう。そう思いながら、解剖を始めた。だが、死因はすぐにわかった。男性の死因は、肺炎だった。左右の気管支をメスで切り開くと、黄白色の膿汁がたまっていた。肺の中からも同じような膿汁が出てきた。
 男性は40代とまだ若い。病院で治療を受けていれば、肺炎で亡くなることはなかったかもしれない。だが、この男性は、病院で治療を受けることもなく、また、だれにも看取られることもなく、部屋でひっそりと亡くなってしまった。

ひきこもりをめぐる状況

 先日、元官僚の父親が、仕事をせずに同居していた息子を殺害するという事件があった。父親は、息子から暴力を受けていたともいわれている。亡くなった息子は44歳。父親は76歳。
 この事件が起こる前には、川崎で小学生の児童ら20人が路上で次々に刺され、小学生の女児一人と外務省の職員一人の計2名が亡くなるという事件があった。犯行後に自殺した犯人の男性は、51歳。最近10年以上、犯人はひきこもりの生活をしていたという。
 息子を殺害した元官僚の父親は、川崎の事件を知って、自分の息子も同じような事件を引き起こすのではないかと不安だったといっているようだ。

 内閣府の調査によると、自宅で半年以上閉じこもっている15~39歳の「ひきこもり」の人は約54万人。40~64歳の「ひきこもり」の人は約61万人にのぼる。最近では、ひきこもりの人の高齢化が進んでいる。80代の親が無職の50代の子の面倒をみる、いわゆる「8050問題」が話題となっている。法医学教室に運ばれてくるひきこもりの人には、こうした事件に関係して亡くなった人もいるが、その数はとても少ない。解剖台の男性のように、自宅でひっそりと亡くなった人が多い。
 今のところ、ひきこもりの人を解剖する時には、ひきこもりの人だけを解剖している。しかし、そのうち、状況は変わってくるだろう。ひきこもっている子が親よりも先に亡くなれば、ひきこもりの子だけを解剖することになる。だが、時間が経つと、ひきこもりの子を抱える親が先に亡くなるようなことがおこってくる。親が亡くなった時、ひきこもっている子は親の死を周りの人に伝えることができるのだろうか。もしそれができなければ、ひきこもっている子は生きていくことはできない。そうなれば、ひきこもりの子とその親の遺体が同時に見つかることになる。私たちのところへは親子二人が同時に運ばれてくることになるだろう。

老老介護の現場で起こっている現実

 ひきこもり問題の今後を考える時、老老介護の現状が参考になると思われる。今では、法医解剖の現場には、老老介護世帯の人が運ばれてくることが多くなった。しかも、老老介護の当事者である二人、つまり、介護する人と介護される人の二人が同時に運ばれてくることが珍しくなくなった。
 認知症の妻を介護していた夫が、自宅の浴槽で死亡しているところを見つかった。夫婦はともに80代。この夫婦を見つけたのは、定期的に訪問している看護師だった。浴槽の中で亡くなっている夫を看護師が見つけた時、亡くなっている夫のそばで、妻は裸のままだったという。この夫婦の状況から考えると、妻の入浴を補助していた夫が何かの拍子に浴槽に頭から逆さまに落ち込んでしまったらしい。解剖すると、夫の死因は溺死だった。妻は同じ場所にいたのだが、そのことを家の外のだれにも連絡することができなかった。ただその場にたたずんでいるだけだった。妻は夫の死を理解することができなかったらしい。
 だが、この夫婦の場合は、まだ幸運だったと言うべきかもしれない。妻が見つかったのは、夫の死からそれほど時間が経っていないうちだった。夫の遺体が見つかったとき、幸いにも妻は生きていた。だが、発見が遅れていれば、妻はおそらく同じ浴槽で亡くなっていただろう。私たちのところへは、夫婦が二人とも運ばれてきていたにちがいない。

ひきこもりの人を抱える世帯の今後

 一般的なことをいうと、介護している人が何かの原因で急に亡くなると、介護されている人が、そのことを周りの人に連絡できないことがある。何かの原因で亡くなった後、ミイラ化したり、白骨化したりするまで時間が経ってしまった介護人が運ばれてくることもある。そうした介護人のそばで、介護されていた人が生活しているところを見つかることもある。
 ひきこもりの人を抱える世帯について、今のところ、法医解剖の現場に運ばれてくるひきこもりの人の年齢はまだ若い。同居している親が、まだ生きているからだ。だが、ひきこもりの子の面倒を見ている親も高齢化する。親が亡くなった時、そのことをひきこもっている子が周りの人に連絡することができなければ、子は生きていくことはできないだろう。
 老老介護世帯の解剖の経験からいうと、亡くなっている親の遺体と同居するひきこもりの人が見つかるようなことがまずおこるだろう。すでにミイラ化していたり、白骨化が進んでいたりする遺体のそばで、何事もなく生活しているようなひきこもりの子が見つかることになる。その後、子がひきこもり生活を続けていれば、やがて、子も亡くなる。その場合、二人とも死亡しているところを見つかって、二人とも解剖されることになる。

法医解剖から見える今後の死の光景

 最近、ひきこもり生活をしていた40代の男性を解剖した。男性は親と暮らしていたわけではない。男性は勤めていた銀行を辞めてから、一人で家にひきこもるようになった。男性が亡くなったのは、ひきこもりの生活を始めてからわずか3年後だった。遺体の体を見るとやせていて、垢で皮膚が茶色になっている。遺体は腐敗していて、解剖しても死因はわからなかった。男性は、名前を聞けばだれでも知っているような大銀行に勤めていた。そこを辞めてからわずか3年で、一人ひっそり亡くなるようなことが現実に起こっている。ちょっとしたことが原因で、だれでもひきこもり生活をはじめることになる。

 決して人ごとではない。

 この国では、いま高齢化や単独世帯数の増加、少子化、老老介護、ひきこもりといった問題が話題になっている。解剖台に運ばれてくる人たちは、当たり前の話だが、全員、死亡している。法医解剖の現場では、今日この国が抱える社会問題が遺体というもっとも深刻な形で現実化している。法医解剖の現場で起こっていることをまずは多くの人に知ってもらうことが必要だろう。解剖する時に、いつもそう感じている。
 老老介護の世帯で、亡くなっている二人が見つかるということは、法医解剖の現場では、今やありふれた光景になってしまった。老老介護の現場で起こっていることが、今後ひきこもりの世帯でおこることが予想される。ひきこもりの人を抱える家庭では、今後、亡くなってからだいぶん時間が経った親の遺体とそれと比べればあまり時間が経っていない子の遺体が同時に見つかることになる。
 ひきこもりの問題をこのまま放置すれば、今後、そういった死のありさまが、この国の死の光景として、ありふれたものになっていくことになるだろう。

西尾 元

 *****

医療講演:「がん治療 現状と展望・がんの原因論」

 医療講演「がん治療 現状と展望」原因論について、食生活、発がん物質、遺伝性、感染症、免疫低下、そしてストレスの方面からご紹介しております。

原因論001

原因論002

原因論003

原因論004

原因論005

原因論006

原因論007

原因論008

原因論009

原因論010

原因論011

原因論012

原因論013

医療講演:「がん治療 現状と展望・がんの疫学」

 医療講演「がん治療 現状と展望」のスライド、続きです。緒言で現代のがん患者の多さをご紹介したところで具体的な疫学の数字を供覧いたします。

スライド009

スライド010

スライド011

スライド012

スライド013

スライド014

スライド015

スライド016

医療講演:「がん治療 現状と展望・緒言」


 己のルーチンワークとしている一般向け医療講演の2019年版ができましたので少しずつこの場を借りてご紹介して参ります。スライドのみの供覧で、お目を煩わせますし、質問は受け付けできませんが、悪しからず。

0001.jpg

0002.jpg

0003.jpg

0004.jpg

0005.jpg

0006.jpg

0007.jpg


大洋〜横浜の あの年 あの日、そして あの時間 VOL. 001 1978年春先の浜スタ 巨人戦


 ネットとはありがたく便利なもので、FaceBookの友人がある写真を公開していて、どうやって入手したのかと尋ねると、やはりネットで検索したらたくさんあったとのことでした。タイトルにしました、ある時の横浜大洋 vs 読売巨人の試合の電光掲示板です。もしかしてこうした写真が簡単に手に入るならちょっとしたシリーズを組めるかも?、と思っています。

62487471_871953673169085_863335014006259712_n.jpg

 さてこの試合、いつのものかを推理して参ります。もちろん出展を探るとか、当時の新聞記事などを閲覧すれば簡単に特定できるかも知れませんが、記憶を辿り、個々の選手の略歴、個人記録から推察することはできます。

 これは1978年、横浜移転初年度のおそらくはシーズン1/3を経過したころの写真です。その根拠は、場所が横浜スタジアム、シピンが巨人にいてミヤーンが横浜大洋にいます。間違いなく横浜移転(1978年)以降でありますが、この両選手ともに1980年まで日本におりました。1978、79、80年のいずれかと言うことになります。そこで巨人の投手に目を向けると故 小林 繁 投手の名前があります。実は、彼は有名な江川問題で1979年より阪神に移籍します。と、言うことで写真は1978年と言うことが判明いたしました。
 「シーズン1/3を経過したころ」としたのはかなりアバウトであります。打席のミスター・ホエールズ、松原 誠 選手の本塁打が5本となっており、シーズンのトータルでは16本でありましたので、おおよそ「1/3」とした次第です。その松原さん、打率が .304となっておりますが、この年は164安打のセリーブ最多安打で打率は .329でありました。本来は「春男」(春先ばかりによく活躍する選手)であった彼がこの試合の後の夏場、秋口でさらに打ったことが伺われます。加えて言えば、「無冠の帝王」であった松原さんは、当時は「最多安打」のタイトルがありませんでしたけれど、今の時代であれば立派なタイトルホルダーであった、そんな年でした。

松原誠カルビー

 冒頭でご紹介した フェリックス・ミヤーン 選手は、この年の開幕の中日戦で故 星野 仙一 投手から2安打して順調な滑り出しでありました。しかしこの試合では7番と下位を打っております。来日前の大リーグ、ニューヨーク・メッツ時代に右鎖骨を骨折しており、来日してすぐの頃はその古傷で力が発揮できないでおりました。そんな時期であったかと思います。
 横浜大洋のマウンドが 平松 政次 投手ですので、この試合ではないと思いますが、ちょうどこの頃、斎藤 明雄 投手(入団2年目の当時は「明夫」ではなく「明雄」でありました)が投げていて、ランナー1、3塁、王 貞治 選手の打った打球はショートゴロ、6-4-3のダブルプレーかと思われた瞬間、ミヤーン選手の一塁送球が力なくワンバウンドとなって1点を献上したシーンがありました。

ミヤーン

 横浜大洋の得点は4回に一挙7点でありました。安打数がたったの4安打ですので、おそらくは四球やエラーで出たランナーをホームランで返す豪快な攻撃だったと思われます。ただ、とても不思議に思うのは、この翌年、江川問題で阪神に移籍する先出の 故小林 繁 投手、横浜に7点取られたマウンドにいたようです。この年の彼は13勝12敗2セーブ、敗戦処理で出てくるような投手ではなかったはずです。先発して7点取られつつ続投していたものと思われます。今では考えられない投手起用だったようですね。

巨人 小林繁

 今、横浜スタジアムは球団誕生から70周年を祝うイベントが続いております。先日の土曜日は 松原 誠 氏と 平松 政次 氏、日曜には 山下 大輔 氏と 遠藤 一彦 氏がゲストとして盛り上げてくれました。私のファン歴は現時点での歴史の4/7の40年とちょっと、「大洋〜横浜の あの年 あの日、そして あの時間」、少しずつ紹介して参りたく存じます。

浜スタライトスタンド

70thDeNA旗